好きな人の前でぎこちないときの対処法は?

好きな人と話すとき、好きな人が近くにいるときなどに、緊張してうまく話せなくなる‥という人も多いと思います。

好きな人を前にすると、どうしても「いつも通りの自分」ではいられなくなってしまうんですよね。

しかし、そんなふうに感じているのはあなただけではありません。

恋愛をしている人の多くは、同じように感じていることでしょう。

むしろ、誰もが一度は経験すると言っても過言ではないのです。

とはいえ、「好きな人の前でぎこちなくなるのを何とかしたい!」と思っているときは、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、好きな人の前でぎこちないときの対処法を紹介していきます。

好きな人の前でぎこちなくなるのを何とかしたい!と思っている方、必見ですよ。

好きな人の前でぎこちないときの対処法は?

それでは早速、好きな人の前でぎこちないときの対処法について見ていきましょう。

好きな人の前でぎこちなくなるのは、好きな人のことを好きという気持ちが強いから。

だからこそ自分をよく見せたいという気持ちもあり、結果としてぎこちなくなってしまうのでしょう。

当たり前のこととはいえ、ぎこちないことが続くと好きな人から「自分と話すのは嫌なのかも」なんて誤解されてしまうかもしれません。

そうならないように、好きな人の前でぎこちなくなってしまうときは、これらの方法を試してみてください。

1,恥ずかしい気持ちを捨てる

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは恥ずかしい気持ちを捨てることが挙げられます。

好きな人の前でぎこちなくなってしまうのは、あなたの心に「恥ずかしい」という気持ちがあるから。

この恥ずかしいという気持ちは、

  • 好きな人に自分の気持ちがバレたら恥ずかしい
  • 周りに冷やかされたら恥ずかしい

などでしょうか。

確かに、自分の気持ちを他の人に知られてしまうのは恥ずかしいですよね。

しかし、まずはこの恥ずかしいという気持ちを捨てましょう。

バレたら恥ずかしいという気持ちを捨てることで、好きな人の前で自然に振る舞うことができるようになります。

好きな人の前では自分をよく見せたいという思いから、普段とはちょっと違ってしまうこともあるもの。

猫をかぶるまではいかなくても、それに近いものはあるのではないでしょうか。

その気持ちも分かるのですが、実は自然に出る表情ほどグッとくるものはないのです。

自然に出る表情を隠さないように、好きな人の前で過ごすようにしてみてください。

どうしても難しいときは、好きな人の前でぎこちないことが続いて、そのせいでライバルに取られてしまったら‥と考えてみましょう。

後悔しないためにも、恥ずかしさを捨てる努力から始めてみてくださいね!

2,好きな人の前でぎこちないときは何を話すかを前もって決めておく

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは何を話すかを前もって決めておくことが挙げられます。

好きな人の前でぎこちなくなってしまうのは、「好きな人と何を話せばいいのか分からなく」なってしまうから。

会話はコミュニケーションの基本ですから、会話が続かないことには話になりません。

だからこそ好きな人と話がしたいと思うわけですが、好きな人の前では緊張して頭が真っ白になり、言いたいことや聞きたいことが分からなくなってしまう‥なんてこともあるもの。

そういうときのために、あらかじめ好きな人と何を話すかを決めておきましょう。

ただし、あまりに細かく自分のセリフを決めてしまうと、好きな人の返答次第では受け答えがおかしくなってしまうので、おおまかに決めておくことがポイント。

たとえば、

  • 休日の過ごし方
  • 好きな食べ物
  • 最近見た映画
  • 好きなアーティスト

といった具合に、箇条書きで話すことを書き出してみるといいですよ!

あらかじめ何を話すかをある程度決めておけば、好きな人を前にしても会話ができなくて焦ってぎこちなくなることも、少なくなるのではないでしょうか。

3,好きな人の前でぎこちないときは目ではなくおでこや口、鼻を見て話す

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは目ではなくおでこや口、鼻を見て話すことが挙げられます。

小さい頃、「人と話すときは目を見て話す」と親や先生に言われた、という経験のある人も多いのではないでしょうか。

確かに、まったく違う方を見て話をするのは、相手に対しても失礼ですよね。

しかし、好きな人を前にしてぎこちなくなってしまうのは、好きな人と目が合うことで、より緊張してしまうからかもしれません。

好きな人と目が合うと赤面してしまったり、軽いパニック状態になったりして、口調がどんどんおかしくなっていく‥なんてことも。

そんなときは、あえて目を見ることを避けましょう。

目ではなく、目を中心とした顔全体(おでこや口、鼻)を見るようにすれば、その人の方を見ているので失礼にはなりません。

目を見ていないので、当然ながら目が合うことはありませんから、必要以上に緊張してしまうこともなくなりますね。

目を見ているように見せかけて、本当は目を見ていない状態にすれば、ぎこちなくなるのもマシになるはずです。

4,好きな人の前でぎこちないときは相手の話をしっかり聞く

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは相手の話をしっかり聞くことが挙げられます。

好きな人の前でうまく話せないときには、自分が話すのをやめましょう。

とはいえ、シーンと黙ってしまうのとは違いますよ!

ここはあえて、聞き役に徹するのです。

聞き役に徹すれば、好きな人との会話は相づちや軽い質問の答えなどですむので、短い言葉ですみますよね。

自分の話をしなくてすむので、ぎこちなくなるのも避けられるでしょう。

さらに聞き役になるということは、好きな人が自分の話をする、ということ。

つまり、好きな人のことを知るための良いチャンスでもあるのです。

聞き上手な人は男性からも好印象ですので、一石二鳥どころか一石三鳥なんですよ~!

ただし、いつまでも聞き役になっているだけではいけません。

彼もあなたの話を聞きたいと思っているはずですし、いつまでも聞いてばかりでは「自分の意見が言えない人」と思われてしまう恐れがあるからです。

2~3回ほど聞き役になることが続いたら、次はあなたの話をするようにしてくださいね。

何度か話をしていたら、きっと緊張も解けてくるはずですよ。

5,好きな人の前でぎこちないときは緊張しても仕方がないと割り切る

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは緊張しても仕方がないと割り切ることが挙げられます。

好きな人の前でぎこちなくなるのは、ある意味仕方がないことでもあります。

好きな人の前で、自分を少しでもよく見せたいと思うのは当然の気持ちですからね。

好きな人の前で上手に振る舞おう、ぎこちなくならないようにしようと意識すればするほど、普段の自分とはかけ離れていき、どんどんおかしくなってしまうことも‥。

そうなると、まさに悪循環の始まりです。

「またうまく話せなかった」

「どうすればちゃんとできるんだろう」

なんて考えてしまい、自分に自信が持てなくなってしまうかもしれません。

そんなときは、好きな人の前で緊張するのは当たり前なんだから仕方がない!と割り切ってみるのも、1つの方法です。

  • ぎこちなくてもいい
  • 緊張してもいい

と割り切ることで、意外と吹っ切れることも多いもの。

好きな人の前で、緊張しない人などいませんからね。

緊張するのは仕方がないと割り切ると、かえって一生懸命さが伝わって好印象を与えられることも!

逆に、良い結果が得られるかもしれませんよ。

6,好きな人の前でぎこちないときは笑顔を意識する

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは笑顔を意識することが挙げられます。

笑顔には、ものすごいプラスのパワーがあることをご存じですか?

笑顔でいることは、相手だけでなく自分の気持ちも前向きに変えることができるのです。

好きな人の前でぎこちなくなってしまう‥と悩んでいると、どうしても気持ちがネガティブになりがち。

色々なことを考えすぎてしまい、必要以上に落ち込んでしまうこともありますよね。

そんなときこそ、笑顔を意識するのです!

笑顔でいれば、たとえうまく話ができなかったとしても、好きな人に「楽しい気持ち」や「嬉しい気持ち」は伝えることができるでしょう。

そうすれば、好きな人も「つまらないわけではないんだ」と分かりますよね。

それだけではなく、「自分のことをこんなに意識してくれてるなんて、もしかして?」と、好きな人があなたのことを女性として意識するきっかになるかもしれません!

人は、自分に好意を持ってくれている人のことを意識したり、好意を抱くようになるもの。

だからこそ、笑顔でいることは大切なことなのです。

もしも好きな人の前でぎこちなくなってしまって、うまく話せない‥と思ったときは、そういうときこそ笑顔を意識するようにしてみてください。

笑顔がきっと、あなたを助けてくれるはずです。

7,好きな人の前でぎこちないときは相手も緊張していると考える

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは相手も緊張していると考えることが挙げられます。

あなたはなぜ、好きな人の前でぎこちなくなってしまうのでしょうか。

友達やなんとも思っていない男性の前でなら、こんなふうにぎこちなくなることもないはずです。

それが特定の人の前でだけぎこちなくなるのはなぜなのか‥?

それはずばり、相手が好きな人だからですよね。

そう、人は誰でも、好きな人の前では緊張してしまうものなのです。

それはあなたに限ってではありません。

人は誰でも好きな人の前では緊張してしまうもの、つまり、好きな人も緊張しているはずだと考えてみましょう。

特に知り合って間もない関係であったり、お互いのことをまだよく知らない関係であるのなら、緊張するのも当然です。

相手が好きな人ではなかったとしても、よく知らない人と話すときは緊張してしまうもの。

それはあなただけではなく、好きな人も同じはずです。

自分だけが緊張していると思うから、余計に緊張してぎこちなくなってしまうのでしょう。

ここはあえて、好きな人も緊張しているはず、緊張しているのは私だけじゃないと思うようにしてみてください。

相手も同じなんだと思うだけで、気持ちがスッと軽くなった気がしませんか?

大丈夫、好きな人の前で緊張するのは、あなただけではありません。

8,好きな人の間でぎこちないときは友達を交えて会う

好きな人の前でぎこちないときの対処法には、好きな人の前でぎこちないときは友達を交えて会うことが挙げられます。

好きな人の前でどうしてもぎこちなくなってしまうという場合は、好きな人と2人きりで会う前に友達を交えて複数人で会ってみましょう。

2人きりでなければ、そこまで緊張しないという人も多いものですよ。

仲の良い友達がいれば、いつも通りの自分でいられるような気がしますよね!

その際、女性の友達はもちろん、男性の友達にも根回しをしておくとgood。

あなたが彼のことを好きだということを知っていれば、それとなく話すチャンスを作ってくれることでしょう。

もしものときにはフォローもしてくれるでしょうし、自分の気持ちを知っている友達が近くにいるということほど、心強いものはありませんよね!

友達を交えて何度か会い、比較的スムーズに話ができるようになってから2人で会うようにしましょう。

そうすれば、好きな人と2人きりになってもぎこちなくならなくてすむのではないでしょうか。

お互いを知らないとぎこちなくなりやすいので、複数で会う間に「好きな人のことをある程度知っておく」ことが大切なのです。

まとめ

好きな人の前でぎこちないときの対処法について、紹介しました。

好きな人の前でどうしてもぎこちなくなってしまう人は、前もって「緊張してうまく話せないかも」と好きな人にカミングアウトしておくのも1つの方法。

そうすれば好きな人に変な誤解を与える心配もありませんから、少しは気楽になるのではないでしょうか。

好きな人の前で毎回ぎこちなくなってしまうと、どうしたらいいのか悩みますが、それはそれで仕方がないことでもありますよね。

どんなふうに「ぎこちなさ」を対処していくかはあなた次第ですが、後悔のないように今できることをしっかりとやっていきましょう。

【関連記事】

好きな人が笑うのはなぜ?男性・女性心理は?

好きな人と付き合いたい!方法や必要なことは?

初デートで緊張する理由は?ほぐす・対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク