好きな人が2人できたときの理由・対処法・選び方

好きな人 2人

好きな人が2人できたことはあるでしょうか。

人は2人に同じような愛情を持てるのでしょうか。

カップルは1対1が普通です。そう思っている人がほとんどでしょう。

ですが好きな人が2人できてしまうことは誰でもあり得ることなのです。

その心理はどのようなことなのか、そして好きな人が2人できたときにどのようにすべきなのかをここでは紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

好きな人が2人できた理由は?

好きな人 2人

好きな人が2人できるのは不思議なことではありません。

ですが1人しか好きになったことがない人には信じられないことでしょう。

ここではどのような理由で好きな人が2人できたのか紹介していきます。

2人から告白された

好きな人 2人

好きな人が2人できた理由として、2人から告白されたということが挙げられます。

たとえ2人から告白されたらどちらか1人を選べば良い話ですが、両方ともに同じくらいの感情を抱いていた場合、どちらかに決めるということができなかもしれません。

それでも2人ではなく1人を選ぶべきだ、と思う人は多いでしょう。

そんなときにどちらか選ぶことを躊躇してしまうのは、人生で複数から告白されることなど無いに等しいにも関わらずまさか2人から告白されることは誰でも浮足立ってしまいます。

そしてどちらか一方を選ぶと、後で後悔するかもしれないという自分が頭の片隅で囁いているのです。

めったに2人から告白されるなどということは誰でも嬉しくて、逃したくはないと思うことでしょう。

ですが人として誠意を持って接していないと気付けばどちらも居なくなっていた、ということにもなり兼ねません。

2人のタイプが違ったとき

好きな人が2人できた理由として、2人のタイプが違ったときということが挙げられます。

多くの人は自分の好みのタイプというのがあるでしょう。

そして自分の好みの人と出会ってしまったらカップルになりたいと思うことは自然なことです。

ですが自分の好みとは全く別の人が現れたとき、普通は好みではないので興味は示さないはずですがあるとき自分の知らない自分がいることに気付くことがあります。

そのもう一人の自分が今までの好みではない人に惹かれていることがあるのです。

つまり自分が今まで出会ったことのない性格の人に興味を持ち始めたときでもあります。

それまでは自分の中の安全圏な性格にしか興味を示せなかったのに、安心を与えてくれる人ではなくある意味破天荒なタイプに惹かれることはむしろ自然なことです。

そんな人にもし出会ってしまったら、付き合ってみたいという気持ちが起きてしまうこともあるでしょう。

真逆のタイプの人を好きになるのは自分の殻から飛び出したいと思っている人にはあり得ることです。

スポンサーリンク



彼氏と会えなくて寂しいとき

好きな人が2人できた理由として、彼氏と会えなくて寂しいときということが挙げられます。

ですがこれは浮気ということになってしまう可能性があります。

女性は特に彼氏に放っておかれるとその寂しさを埋めたいとする感情がおきます。

その寂しさを埋めるにはやはり誰かに愛されるということです。

女友達と遊んだりすることで寂しさを埋める人はいますが、あくまでもそれは一時のことであり、ずっと女友達と過ごすことは無理に等しいのです。

やはり彼氏と一緒にいたいのが普通の心情です。

そんなところへもし気になる男性が現れたら、女性は誰でも心が揺らぎます。

そしてそんな男性からのアプローチがあるとその男性で寂しさを紛らわすことをしてしまうことがあり得ます。

心の中ではそんなことをしてはいけないことは理解しつつも、寂しさを埋めるには会えない彼氏よりも目の前の男性なのです。

本来であれば理性を働かせなければならないことですが、寂しさはそれ以上に辛いことだと言えるでしょう。

彼氏との恋愛がうまくいっていないときに

好きな人が2人できた理由として、彼氏との恋愛がうまくいっていないときであることが挙げられます。

彼氏との仲がうまくいっていないとき、ふとした心の隙間に彼氏ではない違う男性が現れるとそちらへ気持ちが動いしてしまうことは自然な流れです。

本来であれば彼氏との関係を修復するべく彼氏ときちんと向き合うべきです。

ですがこの場合すでに2人の間が修復できないほど関係がこじれていたり、修復する気力がなくなっていることがあります。

そんな時に目の前に男性が現れてしまうと気持ちはどんどん新しい男性へと向いてしまうことでしょう。

ここで新たな男性と付き合って彼氏とは別れる選択をするところですが、人生は皮肉なものでそんなときに限って彼氏が気持ちを入れ替えてくれたりと上手くいかないこともあるものです。

こうして2人好きな人の間で揺らいでしまう女性もいます。

好きな人が2人できたときの選び方

ここでは好きな人が2人できたときの選び方を紹介していきます。

実際に2人好きな人がいるとどちらかを選ばなければいけません。

「2人とも好きなのだからどちらかを選ぶ必要はないとも思うけど」とする人もいることでしょう。

ですが2人をずっと好きでいられる器用な人はそうは居ません。

ここではどう2人を選ぶべきなのかを紹介していきます。

自分のことを好きかどうか

好きな人が2人できたときの選び方として、自分のことを好きかどうかということが挙げられます。

これは当然のことですが、今のことよりも将来的にどうなのかということが大切です。

今現在は好きであることももちろんで、問題はずっとその好きという感情を持ち続けてくれる人であるのかを見極めることが必要です。

そのためには自分は相手に何を求めるのかということでしょう。

女性は相手に思われることよりも相手を思いたいという人が圧倒的に多いです。

その中で思ってくれる人を選ぶのか、自分が相手を思いたいとするのかそれが決め手になります。

ここで言えることはどちらかの一方通行では先は短いということです。

双方が思い合える相手を選ぶことが大切だということでしょう。

スポンサーリンク



どちらが脈があるか

好きな人が2人できたときの選び方として、どちらが脈があるかどうかということが挙げられます。

もちろん脈もない相手にアプローチしても振られてしまうだけです。

そんなことは誰でもわかっていることだと笑われてしまうかもしれません。

ですが女性は脈がない相手に魅力を感じるものなのです。

職場で仕事ができて素敵な男性がいたら、その男性を狙っているのは自分だけではないことに気付くでしょう。

もちろんその男性にアプローチしてカップルになれることもあり得ますが、やはり自分が魅力ある女性でなければ選んではもらえないわけです。

好きな人が2人できたときは、自分が選ぶというよりは自分がいかに魅力ある女性で選んでもらえるのかということを考えてみましょう。

そのためにはまずは自分を客観的に見て女性として素敵になることが先決です。

長所・短所から判断する

好きな人が2人できたときの選び方として、長所や短所から判断するということが挙げられます。

当然長所が大切ですが、短所も好きになれる人かどうかが選ぶことの大切なポイントです。

そのため恐らく長所の部分で好きになった人であっても、むしろ短所の面をこの先ずっと我慢できるのか、短所も含めって好きでいられるのかということが大切なのです。

人の短所は自分では分からないこともあります。また自分では短所ではないと思っていることもあり得ます。

人の長所や短所は意外にも他人から見ると決してそうではないことがあります。

人を好きで居続けられるのはいかにその人の本質を好きになるかということです。

長所も短所のすべてを受け止めることができるのかよく考えてみましょう。

スポンサーリンク



どちらを先に好きになったか

好きな人が2人できたときの選び方として、どちらを先に好きになったかということが挙げられます。

普通に考えれば先に好きになった人を選ぶべきです。

ですが何のいたずらか、先に好きになった人がいても後からもっと気になる好きな人が出てくることもあり得ます。

もしかしたら後から好きになった人が気になってしょうがない存在かもしれません。

そんなときはこう思ってください。

「自分は試されている」のだということを。

先に好きになった人はインスピレーションで好きになったはずです。

その自分の直感的なものを無視して後から気になる人が出てきたからと自分の直感を翻すことは良いことではありません。

自分の直感を信じて先に好きになった人を選ぶことが、結果自分を信じるということいなります。

どちらが誠実か・性格が良いか

好きな人が2人できたときの選び方として、どちらが誠実か、性格が良いかということが挙げられます。

当然誠実で性格が良い人とカップルになりたいと誰もが思うはずです。

ですが人は表面的なものだけでは判断しかねます。

ましてや一目ぼれということもありますが、それではその人の本質を見抜くことはまずできません。

その人がいかに誠実な人であるかはその人をしばらく見ていくことが必要です。

自分が本当にその人が好きであるのか、知人として見て接していくことで知ることができるでしょう。

そしてそれによって好きだという気持ちが確信に変わったとき、選ぶことをしてみてください。

スポンサーリンク



一緒にいて楽しいかどうか・心地よいか

好きな人が2人できたときの選び方として、一緒にいて楽しいかどうか、そして心地よいかということが挙げられます。

楽しくもないのに一緒にいることは当然できません。

ただしカップルになって付き合っていくことの理想は空気感です。

お互いが一緒にいるだけで心地よい関係を築けることが理想です。

もし一緒にいて楽しいということだけを求めると必ず楽しくないときがやってきます。

その楽しくないときがカップルにとってはその先どうなるかが決まると言っても過言ではありません。

2人好きな人ができたときはぜひ沈黙したときに心地よい関係でいられるかどうかで見極めてみましょう。

触れたときにドキドキするかどうか

好きな人が2人できたときの選び方として、触れたときにドキドキするかどうかということが挙げられます。

異性に触れられたら誰でもドキドキすることでしょう。

相手を落とす手段としてタッチすることはよくある常套手段です。

ですが本当に好きな人に触れられたら、そのドキドキ感は常套手段どころではありません。

その触れられた感触がいつまでも続くことが好きな人かどうかを選ぶ基準となるでしょう。

あまり気のない相手に触れられてもさほどドキドキはしないものです。

触れられた余韻が続くかどうか、好きだという気持ちを確認する自分の判断基準としてみてください。

どちらの匂いが好きかどうか

好きな人が2人できたときの選び方として、どちらの匂いが好きかどうかということが挙げられます。

これは意外と大切なポイントです。

人には必ずニオイがあります。

ニオイは家庭のニオイもありますし、その人の身体から出るニオイもあるものです。

たかがニオイと思うかもしれませんが、ニオイは慣れるニオイもあればそうではないニオイがあるわけです

自分がずっと一緒にいられるニオイは個人差があります。

カップルの中には相手の体臭が好きだとか髪の匂いが好きだという人もいます。

ニオイは次第に慣れていくものですが、慣れていくことができるのかそうではないニオイなのかはどちらかを無意識に選ぶ基準となるかもしれません。

スポンサーリンク



長時間一緒にいて見極める

好きな人が2人できたときの選び方として、長時間一緒にいて見極めるということが挙げられます。

長時間とは友達関係ということも含めて、好きだという気持ちを自分の中で確かめていくということです。

ただあまり長い友達関係はそれ以上の関係になることが難しくなることもあるので、ある一定期間ということが大切です。

一緒にいる時間があればあるほどその人の本質が理解できます。

グループなどで過ごすことができればいろいろな人との接し方やその人の良い面や悪い面が良く見えてくるので個人的に一緒にいることよりもより見極めることが楽になるでしょう。

好きな人のいろいろな面を見て選ぶ基準としてみてはどうでしょうか。

ずっと一緒にいれるかどうか・結婚を考えることができるかどうか

好きな人が2人できたときの選び方として、ずっと一緒にいれるかどうか、また結婚を考えることができるかどうかということが挙げられます。

当然ずっと一緒にいられるかどうかがカップルには一番大切なことです。

ある一定期間を過ぎるとカップルは結婚を考えることも自然な流れでしょう。

ですが好きな人が2人いると当然のことながら2人と結婚することはできません。

どちらかを選ぶことが必要になってきます。

誰かとずっと一緒にいるというのは意外と大変なことです。

なぜなら相手の嫌な面がどんどん見えてくるからです。

その嫌な面をどのくらい我慢できるのかが一緒にいられるポイントとなるでしょう。

相手の良いところばかりを見るだけではなく、嫌なところも見てみることも結婚を考えるための大切なことです。

将来性や経済力で選ぶ

好きな人が2人できたときの選び方として、将来性や経済力で選ぶということが挙げられます。

自分の将来を考えたとき、やはり経済力が一番大切なこととなります。

女性は特に男性のステータスに注目することが大きいので将来性や経済力に注目することは珍しいことではありません。

相手がどれくらいの将来性があるのかはそのときに決めることは時期尚早ではありますが、目先のステータスで決めてしまうのが女性です。

もし付き合って結婚してみたら事情が変わってくることもあり得ます。

そんなことにならないために女性も先見の明を養っておくことが大切かもしれません。

スポンサーリンク



価値観が合うかどうか

好きな人が2人できたときの選び方として、価値観が合うかどうかということが挙げられます。

よくカップルが別れる理由として、「価値観が違ったから」という理由で結論を出すことがあります。

価値観はそもそも誰もが違います。

問題はその価値観をお互いに受け入れることができるのかどうかということに限られます。

価値観が違ったから別れる、ではあまりにも安易な言い訳です。

その価値観を受け入れられる努力ができる相手であるのかが選ぶ基準となることがポイントとなります。

価値観は付き合っていくことで理解することができます。

いかにその価値観を理解し合える関係になれるのか、もっと性格を深く知ることも必要でしょう。

本当に好きな人は比べることができない

好きな人が2人できたときの選び方として、本当に好きな人は比べることができないということが挙げられます。

人が誰かを好きになって付き合っていくのはあくまでも1対1です。

ですが本当に好きで2人とも甲乙つけられないということは実際にあり得ることです。

どちらも同じくらい好きでどちらか1人を失うことなど考えられないとも思います。

ですがそれはのちのち2人とも失うことにもなり兼ねません。

つまりいくら自分が2人を好きであっても、相手はそうは思えないということです。

相手を思う気持ちがあるのであれば、誠意を持って好きな人を大切にするべきでしょう。

好きな人が2人できたときの対処法

好きな人が2人できたときの対処法はあるのでしょうか。

自分に限ってそんなことはあり得ない、また今の彼以外に好きな人などできるわけがないと思っているあなたにもあり得ないことではありません。

ここではもし好きな人が2人できたときの対処法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

好きな人を1人に絞る

好きな人が2人できたときの対処法として、やはりまずは好きな人を1人に絞るということでしょう。

それが当たり前のことですが、なぜ自分に好きな人が2人できてしまったのかということが考えなければならない点です。

普通に生活しているとそれほど出会いもありませんし、ましてや好きな人が2人できることなどそうあることではありません。

恋愛はタイミングです。

そのタイミングがたまたま運命的な出会いによって訪れてしまったとでも言いましょうか。

ことわざで「二兎追うものは一兎も得ず」と言います。

そんな運命的なタイミングはモテ期が到来したなどと油断してはいけません。

人はそんなに器用ではないので、必ず好きな人を1人に絞って大切にしていきましょう。

現実的に考える

好きな人が2人できたときの対処法として、現実的に考えるということをしてみましょう。

現実的に考えて2人と同時に付き合えることはあり得ません。

要するに二股ということですが、必ずバレますしどちらか一方に対しておざなりになっていきます。

彼は真剣に付き合ってくれているのに自分がおざなりでは相手をバカにしているとしか言えません。

またそんな自分にいつかはしっぺ返しがくることでしょう。

誠意をもって付き合ってくれる人には必ず誠意で返しましょう。

スポンサーリンク



2人とも諦める

好きな人が2人できたときの対処法として、2人とも諦めるということがあります。

せっかく好きな人が2人できたのにもったいない・・・などと思ったあなたはとても罪深い人です。

自分は同時に2人とうまく付き合っていけるなどと思っていたらそれは勘違いも甚だしいです。

1人とも真剣に付き合えないのに2人と付き合っていけるわけはありません。

まずは恋愛を一度リセットして、新たに好きな人を見付けましょう。

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動はどのようなものでしょうか。

自分のことばかり考えて相手のことなど考えていない人は必ず後からツケが回ってきます。

そんなことにならないようにここでは紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

2人同時に付き合う

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動として、2人同時に付き合うということが挙げられます。

恐らくどちらか選べない人にとって2人同時に付き合っていてもバレなければいいと思うことでしょう。

それは優しさでもあるかもしれませんが、身勝手であるとも言えます。

また自分は2人と付き合っていることに自惚れていることでしょう。

その自惚れは決して自分のためにはなりません。

周囲からも冷ややかな目で見られていることに気付いてください。

嘘をつく

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動として、嘘をつくということが挙げられます。

すでに彼氏がいるのに、告白されて彼氏がいないなどと嘘をつくことは言語道断な行動です。

確かに人から告白されることは誰にとっても嬉しいことです。

だからと言って嬉しさにかまけて嘘をついてはいけません。

嘘は必ずバレるということを知ってください。

名前を間違って呼ぶ

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動として、名前を間違って呼ぶということが挙げられます。

これは言語道断、絶対にしてはいけません。

このようなことがあるから二股は絶対にしてはいけないのです。

名前を間違って呼んでしまったことに言い訳はいくらでもできます。

ですが無防備なときに間違うことは相手に猜疑心を抱かせます。

自分は絶対に間違えないという根拠のない自信を持つ人もいますが、絶対ということはあり得ないことです。

言い訳などせずに自分の悪行を反省するべきでしょう。

自分の気持ちをはっきりさせずにキープする

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動として、自分の気持ちをはっきりせずにキープするということが挙げられます。

確かに2人と付き合えることは自分がモテているという変な自信を持ってしまいます。

またとないチャンスをみすみす逃すことはそんな幸せなモテ期を逃してしまうことになってしまう可能性があるわけです。

この幸せなモテ期を少しでも長くいられるように結論を出さずダラダラとしてしまうことはとても罪なことです。

相手にとってはキープされることはプライドを傷つけられます。

自分の幸せを優先せず、相手の気持ちをよく考えてあげるべきです。

他人の意見で決める

好きな人が2人できたときにしてはいけない行動として、他人の意見で決めるということが挙げられます。

これは優柔不断な人がすることです。

他人の意見で決めるようなことは恋愛にとって御法度です。

恋愛は他人によって決められることではありません。

ただし他人の意見をきくときはその相手が世間から見てどのように見えているのか、自分とその人が合うのか意見を聞く程度なら問題はありません。

ですが二股の選別を他人に委ねるようなことは絶対にするべきではありません。

いかに恋愛に真剣ではないのかが分かります。

もっと恋愛は前向きで相手のことを思いやれるような自分になれるようになるべきでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2人を好きになることは人としてなら十分にあって良いことですが、それを恋愛に置き換えると二股でありそのような適当な恋愛は決してしてはいけません。

恋愛には相手がいることです。

相手を思いやれるからこそ真剣に1人と付き合っていけるのです。

ぜひ自分の恋愛を思い返し、思いやりのある付き合い方をしていきましょう。

【関連記事】

好きな人と両思いになれる方法!高校生・大学生・社会人別・おまじないは?

好きな人のそっけない態度・理由・どうすればいい?

好きな人の誕生日プレゼント20選!選ぶコツ・注意点は?

好きな人に会いたい心理・思わせる方法は?

好きな人と両思いを感じる瞬間・両思いになる方法・おまじない

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク