【好きな人が既婚者】不倫・好きになる理由・障害や対処法

好きな人 既婚者

男性も女性も好きな人が既婚者だったら諦めますか?

たまたま好きな人が既婚者だったから諦められない、という人もいますし、不倫なんて絶対だめ!という人もいます。

恋愛は自由ではありますが、実際既婚者を好きになった場合は辛い事が多いのも現実です。

好きな人が既婚者だった場合どうしているのか?

好きな人 既婚者

好きな人が既婚者だった場合、どうしているのでしょう?

男性が既婚者の場合、女性はブレーキをかけられるのでは?と思うかもしれませんが、恋愛というのはそう簡単なものではなく、好きな人であれば不倫をしたいと思う人もいるのです。

好きな人が既婚者1:好きであれば不倫する

好きな人 既婚者

好きな人が既婚者でも、好きであれば不倫する!という人は女性でも意外に多いんです。

男性との関係が良好なものであれば、理屈抜きで恋愛をしてしまう人は多く、好きな人との関係を貫きたくなってしまうのです。

そういった場合、感情が先に来ているので、徐々に相手が既婚者だということを忘れてしまい、自分を1番にして欲しいとか自分ともっと一緒にいて欲しいなど、さまざまな感情が沸き起こってきます。

こうした自分の感情が先行してしまうと、不倫関係というものはうまくいきません。

男性側がいかに本気だと言ってきたとしても、結果的にいろいろな理由で離婚をしていないのあれば、そういった未来を期待するというのは不毛です。

好きなら結婚してても関係ないと思う女性は、進む前に一度冷静になる必要がありますよ。

好きな人が既婚者2:セックスが好きであれば不倫する

好きな人が既婚者でも、セックスが好きであれば不倫するという女性がいます。

男性との関係をそこまで深く重要視しておらず、恋愛よりもとにかくセックスがしたいというパターンです。

この場合、好きな人が既婚者でもお構いなしに不倫関係に発展することも多く、意外に関係が長続きする場合も多いのです。

ただ、セックスの関係というのはライトでかっこいいと思うかもしれませんが、自分が苦しんでいる時に力になってくれたり、支えになってくれることがないです。

それでもいいのであれば、自分の気持ちが続く限り関係を続けてみてもいいかもしれません。

好きな人が既婚者3:都合が良い・プライドがない女性は不倫する

好きな人が既婚者でも関係なく不倫をする女性は、実は若い年代の頃から既婚者の男性と不倫をしていたりします。

こうした気軽に好きな人ができるたびに既婚者というのは、男性にとって都合が良くてプライドがない女性が多いのです。

いわゆる「好きな人のためにはなんでもする」タイプがこのパターンに当てはまり、恋愛体質だと言えます。

相手が会いたいと言えばすぐに飛んでいきますし、相手の良いように行動します。全て、相手のためのみに行動するので自分の気持ちは後回しです。

そのような恋愛をしている人は、結果的に相手に振り回されて、気持ちがダメになってしまう人がほとんどです。

好きな人が既婚者4:倫理観がある・プライドがある女性は不倫をしない

好きな人が既婚者であれば恋愛関係にも不倫関係にもならない女性というのは、倫理観やプライドがある女性です。

女性から好感を持たれる男性というのは、既婚者が多く、結果的に好きな人が既婚者だったなんていうことが多いです。

だからと言って、良い男がいないからと不倫を開始してしまうのは、あまりにもプライドがありません。

女性としての倫理観やプライドがある人というのは、もっと自立心があり、自分の幸せを真剣に考えています。

たまたま好きになった人が、結婚していただけだから、と不倫を始めてしまう人は最終的な自分の幸せを見つけられない負のループに陥ってしまうんです。

独身女性は、徐々に結婚や恋愛に向けて焦ってしまう場合も多く、とにかく目の前の良い男に目が眩んでしまいがちです。

でも、軽率な行動をしない女性こそが良い出会いができるというものですよ。

好きな人が既婚者になる理由は何?

女性によっては、好きになる人がみんな既婚者という場合も多く、良い印象を持つ男性が全員既婚者で恋愛にならない!と困っているかもしれません。

それは、たまたまなのかもしかすると深層心理が働いている可能性だってあります。

好きな人だから、不倫しても仕方がない、と思う人も中にはいますが実際なぜ、結婚している人ばかり好きになるのでしょうか。

好きな人が既婚者の理由1:たまたま好きになった相手が結婚していた

好きな人が既婚者になってしまう理由の多くは、たまたま好きになった相手が結婚していたという場合です。

いつも良いなと思う男性が、既婚者だったという女性も本当にいます。

不倫はいけないことだとわかりつつも、どうしても自分の気持ちを止めることができなくて恋愛関係になってしまう、というパターンです。

こうなると、好きな人への思いが溢れていきなりふり構わず行動してしまいます。

やはり、女性側から言い寄られてそこまで嫌な気持ちになる男性はいないので、結果的に良い関係になるかもしれませんが、その先を考えるとやはり幸せになれるかどうか、という点は難しいです。

好きな人が既婚者の理由2:家族を養っている強さや余裕

好きな人が既婚者になってしまう理由は、家族を養っている強さや余裕を男性に感じるからです。

既婚者の男性を好きになる女性の多くが、父親との関係が不仲だったり、逆に良好過ぎて少々ファザコンの気配があります。

どうしても、そういった大人の余裕がある男性が好きになってしまうんです。

大人の男性に恋してしまうタイプの女性は、相手が結婚していようがいまいが関係なく突き進みます。

ある意味、子供がそのまま大人になったようなタイプがこのパターンなので、好きな人がどのような環境に置かれているかはあまり関係ないので、人を振り回してしまうかもしれません。

スポンサーリンク



好きな人が既婚者の理由3:手に届かない恋愛への憧れ・燃えてしまう・刺激的

好きな人が既婚者になってしまう理由は、手の届かない男性とする恋愛への憧れ心や刺激的な関係に対しての憧れ、そういった障害のある関係を成就させようと燃えてしまう女性なんです。

穏やかでよくある恋愛には飽きてしまい、不倫のような道ならぬ恋をすることによってどこか刺激的で毎日を楽しみたいという女性が不倫をします。

既婚者を狙っているわけではないのに、好きな人がいつも既婚者という人は、無意識にスリルを追い求めているのかもしれません。

ダメだと思えば思うだけ燃え上がっていくような感情が好きな人が多いです。

ただ、だからと言ってその感情だけを貫くと誰かが悲しむことだけは覚えておきましょう。

好きな人が既婚者の理由4:現在の相手の妻との関係が破綻している

好きな人が既婚者になる理由の1つとして、男性側から妻との関係が破綻していることを知った時です。

今まで、既婚者だから自分の気持ちを閉じ込めておこうと我慢していたところを例えば一緒に食事に行った時などに、「妻との関係はもう終わっているんだ」というようなことを言われた場合です。

そうなると、自分の気持ちを我慢しなくていいのでは?と思ってしまって、好きな人との恋愛に向けて動き出してしまいます。

不倫だとしても、いつかは自分と結ばれるとか、自分を選んでくれると強く信じ込んでいくのがこのタイプの特徴です。

しかし、妻との関係が破綻している、というのは浮気癖のある男性の常套句でもあるので、自分の好きな人を疑いたくない気持ちはわかりますが、不倫関係を続けていって、どのような結果を望んでいるのかは明確にしておきましょう。

その結果に向けてきちんと行動してくれる男性は信頼してもいいかもしれませんが、多くの場合が全く行動されないまま、妻とも別れず不倫関係のみ続けるというパターンです。

好きな人が既婚者の理由5:運命の相手だと思ってしまった

好きな人が既婚者になる理由として、運命の相手だと思ってしまったという場合があります。

女性の中には、男性に対して夢を持っている人もたくさんいるので、好きな人は既婚者だけど、きっと彼が運命の人なのだから不倫になっても仕方がないと思ってしまうのです。

運命の相手なのだから、絶対に最後は自分を選んでくれる!と信じて恋愛を続けていきます。

こういうタイプの場合は、周囲がどう言おうと自分の幸せや感情が先行してしまうので、なかなか現実を見ようとしないです。

ですが、相手の男性に子供がいたり、休みは家族との時間を優先されるというような状況が続くと徐々に我慢できなくなって爆発してしまうのもこのタイプの特徴です。

なので、お遊びで不倫をするような男性は、こうした女性と不倫して自滅してしまう場合が多いですよ。

 好きな人が既婚者の場合の恋愛には障害がいっぱい

好きな人が既婚者の場合、好きな人がたまたま既婚者だったというだけであとは普通の恋愛と違いはない、と思うかもしれません。

ですが、そこはやはり全く影響がないと言えばそれは違います。

不倫をするような男性は、どこか女性に妻にはないものを求めていたり、自分なりの癒しを求めているという場合も多く、その先を求めている女性との気持ちの相違があるんです。

また、もしも略奪できたとしてもさまざまな障害がありますよ。

既婚者の家族を傷つけてしまう

好きな人が既婚者で、恋愛関係になったとして、不倫という行為は遅かれ早かれ、バレてしまう可能性が高いです。

そうなると、絶対に既婚者側の家族を傷付けてしまいます。

妻との関係が破綻していたとしても、子供がいれば幼い子供の心に影を落とすことになりますし、子供の男性や女性に対しての価値観が歪む可能性があります。

好きな人がたまたま結婚していたとしても、何も関係ないとそのまま突き進みたくなるかもしれません。

ですが、結果的に自分せいで相手の家庭に悪影響を与えたり、傷付けてしまう可能性があることはきちんと理解しておいてください。

慰謝料や養育費を請求されるリスクがある

好きな人が既婚者だと生じる障害は、慰謝料や養育費を請求されるリスクがあることです。

不倫をただの恋愛だと思っている女性は多く、何も悪いことはしていない!と思っている場合も多いです。

好きな人の家庭のことを全く考えずに、自分の幸せやいっときの感情だけを信じていることは、恋に盲目状態なので仕方がないかもしれません。

しかし、既婚者なので相手の妻から精神的苦痛を与えたことによる損害賠償や離婚をするのであれば男性からだけではなく女性からも慰謝料を請求するという可能性もあります。

また、相手側に子供がいるのであれば、離婚した後も当然関わり合いはありますし、養育費を請求されることがほとんどなので、成就させた後にも苦しむ可能性があることだけは意識しておきましょう。

スポンサーリンク



略奪しても周りに祝福されない・後ろめたい気持ちになる

好きな人が既婚者だと生じる障害は、もしも不倫関係から実際の恋愛関係に発展させられたとしても、周りに祝福されないということです。

それどころか、後ろめたい気持ちになって、周囲に好きな人のことを話せない苦しみがあります。

家族とも不倫の末の交際ということがバレてしまえば、男性側も気まずいでしょうし、女性としても祝福されない恋愛や結婚をすることに意味を見出せないかもしれません。

やはり、女性としては結婚をするとか恋愛をしている時は、幸せな気持ちになりたいですし、周りから隠れて行動したり毎日を過ごすような関係だと最初のうちはそれでもいいかもしれませんが、徐々に心が苦しくなっていってしまいます。

ですが、既婚者を自分のものにするというのはそれくらいの覚悟が必要ですよ。

2人だけで幸せになる覚悟や人からは理解されなかったり、祝福されないということは仕方がないことだと考えてください。

仮に既婚者と結ばれても不倫されてしまう恐れがある

好きな人が既婚者だと生じる障害は、もしも既婚者と恋愛関係にあったり、結婚することができたとしてもまた不倫されてしまう可能性があるということです。

好きな人なので、当然信用したいでしょうし、たまたま出会う時期が遅すぎただけだったのだと思うかもしれません。

しかし、不倫をするような男性は、基本的に女性に対して寛容な人が多く、ちょっと素敵だなと思えばすぐに食事に誘ったり、関係を持ちたがる人がいます。

自分の相手は違う、と思っているのは最初のうちだけなんてこともよくある話です。

結局、略奪したもののまた別の女性と相手の男性が不倫する可能性がゼロになるということはありません。

さらに、自分が略奪をしたという心があるので、もしかしたら浮気されるのでは?と心のどこかで不安になることは避けられないですよ。

お互いの社会的な信用を大きく損ねてしまう恐れがある

好きな人が既婚者だと生じる障害は、お互いの社会的な信用を大きく損ねてしまう恐れがあることです。

人によっては、不倫をしたことが結果的に会社等にバレてしまうこともあります。

例えば、社内恋愛をしていて男性が既婚者で女性が同僚という場合です。

その際には、男性側が離婚したことはすぐにわかりますし、再婚したり新しい交際相手がわかれば、不倫をした人達だというレッテルを貼られてしまいます。

好きな人同士だからといっても、当人同士の間では良かったとしても社会的な立場から言えば良い印章を受けることが少ないです。

それだけ、不倫を貫くということは障害があることをきちんと理解しておかなくてはいけませんし、それらに耐えるだけのお互いの強い意思をもってください。

女性だけにその覚悟があったとしても、相手になければ成立しません。

なので、お互い社会的な信用を大きく損なう恐れを覚悟した上で次のステップに進むようにしてください。

スポンサーリンク



子供を作ることができない

好きな人が既婚者だと生じる障害は、子供を作ることができないということです。

もちろん、全ての場合がそういうわけではありませんが、もしも不倫の末に結婚したとしても、男性側にすでに前妻との子供がいた場合、もう作らないと決めている人もいます。

また、不倫関係の間は当然子供を作ることはできません。

女性はその間、好きな人と一緒にいる時は楽しいかもしれませんが、結局既婚者と一緒にいるうちは女性としての幸せを手に入れにくいと言えるのです。

恋愛モードの時はいいかもしれませんが、自分の最後の幸せやライフプランを考えた時に、それは本当に最善の方法だったのか、最適な相手だったのかを考えてみてください。

好きな人が既婚者の場合の恋愛しないための対処法

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないためにどう対処したらいいのか?

好きな人のことをそう簡単に諦めきれない!と思う女性もいるかもしれません。

しかし、それでも既婚者男性と不倫をしてしまうと、さまざまな苦しみがあります。

大人の女性であれば、そういった将来のことを見据えて行動しなくてはいけないので、対処法をよく理解しておきましょう。

好きな人が既婚者の場合叶わない恋だと諦める

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないためには恋だと諦めてください。

不倫をすること自体が、どこか理性が欠けていて、女性としてのプライドないと理解してください。

なぜなら、結局どれだけ好きな人が良いことを言ってきて、既婚者だとしても関係を持った後に自分の身が危ないとなれば男性はくるりと身を翻します。

そういった結果を大人の女性はしっかりと理解しているので、不毛な関係だと当たり前のように考え、すっぱりと諦めます。

そして、これ以上好きにならないように必要以上にその男性と関わらないように、距離を置こうとしますよ。

自立した大人の女性として、プライドが高く、自尊心の強さを持つはずです。

だからこそ、既婚者を好きになってしまった場合は、先々のことを考えて恋を諦めることが一番の対処法です。

好きな人が既婚者の場合一線を超えない関係を維持しようとしても難しい

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないための対処法で、一線を超えず友達で維持しようと思う女性がいます。

しかし、男性と女性の関係なので、好きな人と一緒にいる時の表情や態度で相手に自分の気持ちがバレてしまうことがほとんどです。

なので、男性によっては不倫関係に持ち込もうと甘い言葉で囁いてくるかもしれません。

そのような状況になると、結果的に既婚者と関係は進んでしまいやすくなります。

一線を超えないように女性側が努力しようとしても、なかなか難しいと言えます。

なので、友達関係を維持することは難しいと思ってください。

好きな人が既婚者の場合連絡をしない

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないための対処法は、連絡をしないことです。

とにかく、好きな人が既婚者の場合、恋愛を始めないためには仲良くならないことです。

進展をさせないためには、しっかりと距離感をはかって、不倫関係にならない努力をすることが大事なのです。

そうなると、結果的に会う頻度を減らすことと連絡をしないことが効果的です。

好きになった最初はもちろん辛いかもしれませんが、少しずつ気持ちの整理はできていきます。

やはり、どうしても好きだという気持ちに一生懸命になってしまうと、少しの話でいいから関わりたいとか、恋愛に関係のない話であれば連絡してもいいのでは?と思うかもしれませんが、話が盛り上がっていくにつれて、気持ちも強くなっていくので連絡をしないことが大事です。

女性がきちんとした態度を取っている限り、男性も手出しはできないので不倫には発展しにくいですよ。

スポンサーリンク



LINEをブロック⇒削除して絶対に連絡できない状況を作る

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないための対処法はLINEをブロック⇒削除して絶対に連絡できない状況を作ることも大事です。

連絡をしないことが不倫をしないために大事なことだと前出しましたが、女性側がどれだけ連絡をしないと決めていたとしても、既婚者の好きな人の方からグイグイ積極的に連絡をしてくる場合だってあります。

男性側から積極的になられると、女性としてはどうしても拒否しにくいのです。

嫌いな男性であれば別ですが、好きな男性ともなると連絡が来るだけでも嬉しいものです。

なので、ついつい返信をしてしまいがちですが、そうなると不倫関係に持ち込まれてしまうので、LINEをブロックして削除してしまうことが効果的です。

自分からも連絡できませんし、相手からも連絡がこなくなるので、関係を進めることがありませんよ。

好きな人が既婚者の場合友達に相談して冷静な意見を聞く

好きな人が既婚者の場合、恋愛をしないための対処法は友達に相談することです。

友達だとしても、不倫に積極的な人ばかりではありません。

ある程度理解をしてくれるかもしれませんが、多くの場合が不倫に未来はないと教えてくれることでしょう。

友達だからこそ、好きな人が既婚者と聞いても偏見なく冷静な意見を教えてくれるので、そんなに抵抗感なく話すことができます。

また、友達という第三者と話すことによって、自分が社会的にどう評価されるのかを理解することができるので、しっかりと意見を聞いて自分の気持ちと冷静に向き合ってみてください。

男性と女性どちらの友達に聞いてみてもいいですが、より冷静な意見をくれるのは女性の方ですよ。

好きな人が既婚者の場合の恋愛

好きな人が既婚者の場合、実際に不倫恋愛に発展する場合もあります。

好きな人が既婚者というのは、非常に特殊な相手なので、もしも恋人のような関係になれたとしても、決して安堵してはいけません。

男性側の家庭にバレないようにしなくてはいけませんし、嫉妬ばかりを全面に出しても女性としての魅力がどんどん減っていってしまうので、注意が必要です。

好きな人が既婚者の場合の恋愛1:絶対に周りに知られないルールを作る

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては、絶対に周りに知られないような2人だけのルールを作ることです。

好きな人が既婚者の場合、本当であれば不倫をしないことが大前提です。

自分の気持ちを諦めることが結果的に将来の幸せにつながるからです。

ですが、それでも男性側の愛情を感じるとか、女性側が諦めきれないという気持ちの揺るぎなさがあるのであれば、ルールなくして不倫は絶対にうまくいくものではないと理解しましょう。

例えば、絶対誰にも話さない、相手が家族と一緒にいる時は連絡をしないなど最低限のルールを決めて守ることが大事です。

好きな人が既婚者の場合の恋愛2:既婚者とのlineは残さない

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては既婚者男性とのlineは残さないようにするということです。

どうしても好きな人とのlineのやりとりは嬉しいものですし、愛情確認の意味でも絶対に残しておきたいという女性も多いですが、不倫をしていることを忘れてはいけません。

男性はきっとlineを消していると思います。

なぜなら、「証拠をみすみす残しておく必要はない」からです。

そのため、女性側も恋愛の楽しい記録としてlineを残すようなことはしないでください。

好きな人が既婚者の場合の恋愛3:既婚者と一定の距離を保つ

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては、既婚者男性と一定の距離感を保つことです。

自分は不倫をしているという意識をしっかり持ち、それでも好きな人と関係をしていたいと思っているのであれば、女性がきちんと自立している必要があります。

それは、一定の距離を保つことです。

距離がありすぎるのはよくありませんが、適度な距離感は大人の関係として魅力的な愛情を育てることができるんです。

べったり一緒にいることが良い関係というわけではありません。

不倫をするのであれば、できるかぎり毎日楽しく過ごしたいですよね。

だからこそ、もっと気持ちをラフにして緩やかに関係を築いてください。

スポンサーリンク



好きな人が既婚者の場合の恋愛4:相手中心の生活にならない

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては相手中心の生活にならないことです。

男性側が既婚者で女性側が独身者のパターンだと、どうしても女性は寂しさを感じやすく、何かしらのイベント行事や自分の誕生日など、一緒にいて欲しい時にいてもらえることがありません。

それは、不倫関係の一番苦しいぶぶんかもしれませんよね。

こんな時には好きな人にいて欲しい、と思うような時でも相手はそばにいてくれないのです。

その点を十分に理解して、さらには「自分は男性の都合のよい遊び道具ではない」ということ意識をしっかりともちましょう。

相手中心の生活になることによって、自分の魅力もどんどん消えていってしまうと思ってください。

好きな人が既婚者の場合の恋愛5:既婚者と2人でいる決定的な証拠を作らない

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては、既婚者と2人でいる決定的な証拠を作らないことです。

これは、絶対的なルールとして覚えておきましょう。

好きな人と一緒にいるのですから何か2人の楽しい記憶を残しておきたいと思いますよね。

でも、それは一般的な恋人同士でのはなしです。

やっぱり、不倫というのは別次元の話なので、2人でいた証拠は残さないようにしてください。

女性でよくあるのは、男性と一緒に写真を撮りたがることです。

これはもう「私不倫してます」と公言しているようなものなので、絶対にやめましょう。

好きな人が既婚者の場合の恋愛6:未来を期待しない・待たない

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては、未来を期待しないこと・待たないことです。

不倫ドラマでよく聞くセリフで「不倫に未来はないけど、今が楽しいから幸せ」というような言葉を耳にします。

このセリフは不倫の真実を告げていて、結局不倫をしている男性と女性に輝かしい未来は待っていません。

中には、最終的に結ばれる2人もいますが、それは非常に稀なことだと思ってください。

基本的には、既婚者の妻にバレてしまうか、不倫関係に疲れた女性が別れを告げることで終わりを迎えます。

なので、好きな人と交際できたと言えども、未来などはないと理解し、待つ身の女になることはやめましょう。

好きな人が既婚者の場合の恋愛7:相手の言葉を鵜吞みにしない

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては、相手の言葉を鵜呑みにはしないことです。

既婚者の男性というのは、非常に女性が慣れしていることも多いですし、久しぶりの恋愛で気持ちが高ぶっている人も非常に多いです。

そのため、「こんなに気持ちが入る好きな人は君が初めてだ」とか「君の方が好きだ」とか「妻との関係は破綻しているから、そのうち別れる」とか「子供が学校を卒業したら別れる」というような言葉をすぐに言ってきます。

歯の浮くような言葉を次から次へと吐いてくる人もいますが、そういった言葉は基本的にその場限りの言葉です。

その瞬間、女性が喜ぶような言葉を発して、気持ちよくなっているだけなのです。

恋愛状態になっていると不倫ということを忘れて、まるでヒロインになったような気分になりますが、あまり信じすぎないようにしてくださいね。

スポンサーリンク



好きな人が既婚者の場合の恋愛8:期限を決めた恋愛をする

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては「期限を決めた」恋愛をするようにしてください。

好きな人が既婚者だとしても、「いつかは自分と真剣に付き合ってくれるのでは?」と思うかもしれません。

ですが、不倫の恋愛というのはそういうものではなく、いつかは終わりが来るものなのです。

その点をよくよく理解していないと、女性だけが苦しい思いをしてしまい、男性はただ良い思いをして終わるという関係になります。

それって、女性の人生として楽しいでしょうか?

いつか、いつか、と思っているうちに年齢を重ねていってしまうし、大事な出会いを見逃してしまうことになりかねないので、期限を決めることが大事です。

好きな人が既婚者の場合の恋愛9:別れる可能性をお互いに理解しておく

好きな人が既婚者の場合、恋愛の方法としては別れる可能性があることをお互いにりかいしておくことです。

既婚者の男性は頭の片隅では思っているかもしれませんが、女性側としては好きな人と別れることなんて全く想像していないと思います。

不倫の恋愛というのはいつどこで別れるかわからないものですし、妻にバレてしまってあっという間にさようなら、ということだってあります。

だからこそ、こうした恋愛というのは永遠に続くものではなくて、いつかは別れる可能性があるものだ、と理解しておかないといざという時の悲しみは計り知れません。

まとめ

既婚者が好きな人に向けて解説してきましたが、多くの場合が好きな人が既婚者だった場合、一般的な恋愛とは違うと理解しておくことが大前提です。

そのため、もしも不倫関係がスタートしたとしても、きちんとお互いにルールを決めて男性も女性も悲しまないような関係を築くことが大事だと言えます。

大人同士の恋愛として遊ぶ程度ならいいですが、本気で愛したいと思うのであれば、相応の覚悟が必要です。

【関連記事】

好きな人に嫉妬する原因・理由・瞬間・嫉妬心との付き合い方

好きな人を嫌いになる方法22選!理由・リスクは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク