好きな人からラインが来ない!心理や対処法は?

好きな人からラインが来ない、これほど不安で気持ちがヤキモキすることはありません。

女性は特に返事が来るかこないか、また返事の速度も気になります。

仕事などで忙しいことは分かっていてもなかなか返事が来なかったり、既読スルーや未読スルーなど心配材料はたくさんあります。

もし少しでも好きな男性の気持ちが分かっていれば気持ちが楽になるかもしれません。

そこで今回はそんな男性心理を掘り下げて紹介していきます。

今まさに好きな人からのラインのやり取りで悩んでいる女性はぜひ読んで参考にしてみてください。

そして悩む気持ちを少しでも払拭していきましょう。

好きな人からラインが来ない!男性心理は?

まずは好きな人からのラインが来ないときの心理状態を見ていきましょう。

ラインは好きな人とつながる手っ取り早いツールですが、簡単だからこそいろいろな憶測をしてしまうことは間違いありません。

少しでも男性の心理を知って理解をしてみましょう。

必要なとき以外はラインする必要がないと思っている

ラインを返さない男性心理として、必要なとき以外はラインする必要がないと思っていることが挙げられます。

これは男性と女性との価値観の相違とも言えますが、そもそも必要性があるときだけ連絡が取れればよいと考える男性がほとんどです。

女性のように無駄話をするようなツールではありません。

必要なことを必要なときに使うツールということが男性の考えの中にあるのです。

もちろんそうではない男性もいるので一概には言えることではありませんが、もしあなたの好きな人がなかなか返信してくれない人であればそのような考えである場合があります。

また付き合っているかいないかでもラインを通してのやり取りに違いがあります。

あなたの好きな人がどのような考えであるのかはさり気なく聞いてみることも良いでしょう。

もやもやして返事を待っているよりも好きな人の気持ちを知ることも大切です。

仕事や勉強・趣味が忙しくてラインできない

ラインを返さない男性心理として、仕事や勉強、趣味が忙しくてラインできないことが挙げられます。

そもそも男性は器用ではありません。

一つのことに集中していると同時進行で他のことをするのはとても苦手です。

一方女性は同時にいくつものことができるという特性があります。

そこが大きな男女の差であると言えますし、仕事や趣味に集中しているときにいちいちラインできないということが男性の考えです。

ただ返信しないということではありません。

時間があればそのときにラインしてくれる気はありますし、仕事が終わって落ち着いた時間にしようと思う気持ちがあります。

多くの男性はそのような考えであるので返信が遅いからと言ってヤキモキしてはいけません。

もし急を要する内容である場合は、彼が返信しやすいように短文で送るように気を付けてあげると良いでしょう。

連絡すると迷惑と思われないか気になってラインしない

ラインを返さない男性心理として、連絡すると迷惑を思われないか気になってラインしないことが挙げられます。

男性は受け身である人が多いです。

そんな男性がラインするのは意外と勇気がいることなのです。

もしラインを送って相手に深いに思われるのではないだろうか、迷惑なのではないか、いろいいろなことを考えるとラインすることに躊躇してしまいます。

自分からラインするのは勇気がいることではありますが、ラインを送られるのはウェルカムです。

ではなぜ自分からラインすることに相手の気持ちを考えてしまうのでしょうか。

それは自分に自信がないということにつきます。

つまり自分を拒否されるのが怖いのです。

自分からは積極的になれない気の小さい男性は多いということでしょう。

ラインしたいと思っているけど話題が分からない

ラインを返さない男性心理として、ラインしたいと思っているけど話題が分からないことが挙げられます。

男性は必要な用事がある以外は他愛無い話をするような話題性がある人は少ないです。

話題が豊富な人はいくらでもラインのやり取りを長くすることができますが、そうではない人はラインで何の話をすれば良いのか分かりません。

そのためどんな内容のラインを送ると相手が喜んでくれたいり、楽しいと感じてくれるのか分からないでいます。

もし自分の話題が相手にはつまらなく感じていて面白くないと思われるのが嫌なのです。

それは男性としてのプライドが許しません。

そのプライドがラインを送ることを躊躇してしまうということです。

相手の気持ちや脈ありかどうかを確認したいときは、ぜひ女性のほうからラインを送ってみてください。

女性からのラインで長くラインのやり取りが続く場合は男性が話題がなくて送れないのだということを理解してあげましょう。

スポンサーリンク



関心がないからラインしない

ラインを返さない男性心理として、関心がないからラインしないことが挙げられます。

これはラインそのものに関心がないということよりも相手に関心がないということになります。

つまりあなたに対して関心がない=脈なしパターンということになります。

関心のない相手にはラインのやり取りも真剣になれないことに男女の差はありません。

男性は特に興味を引かないことに積極的にはなれません。

もしラインに興味がなくても好きな相手であれば興味のないラインも相手と繋がるツールとして必要性を感じます。

ですが相手に関心がなければいつまでたってもわざわざ関心を持とうとは思いません。

好きな人にラインをしてもなかなか返事が来なかったり、既読スルーや未読スルーされる場合は残念ながら脈なしと察することが大切です。

返事に困る内容だからラインしない

ラインを返さない男性心理として、返事に困る内容だからラインしないことが挙げられます。

女性はとかく返事に困る内容のメッセージを送りがちです。

つまり女性は自分の話ばかり優先にしてしまうため、その日にあったことなど他愛ない話をメッセージで送ったりします。

それが面白い内容であったり、興味深い内容であれば良いのですがほとんどは男性にとってつまらない話です。

そのようなラインが来ても男性としては困惑してしまいます。

特に自分とは何の関係もないような話は送ってこられても迷惑で返信しようがありません。

また何と返せば良いのか理解に苦しんでしまうことでしょう。

女性としては好きな人に自分のことを知って欲しいという意図で送っていても男性の気持ちは冷めてしまうだけです。

返事を忘れているから

ラインを返さない男性心理として、返事を忘れているからということが挙げられます。

男性は仕事中や取り込み中にラインがくると後で返信しよう、とそのまま忘れてしまうことがあるのは珍しいことではありません。

特にたいした内容であればなおさらです。

思い出せばその時点での返信はしますが、時間が経つと相手も返事を待っていないであろうと思ったり、そのままスルーしてしまうこともあります。

ですが反対に女性は意外と返信をやきもきしなら待っている人が多いのではないでしょうか。

そしてなぜ返信してくれないのか思い悩んでいるかもしれません。

女性がどんなにやきもきしていても男性側からすると返信しない理由は忘れているから、ということにつきます。

もし彼が返信をくれないことが気になる場合は、まったく違う話題でラインしてみましょう。

彼にその気があれば返信してくれるときに先のラインを返信しなかったお詫びも入れてくれるかもしれません。

スポンサーリンク



駆け引きをしている

ラインを返さない男性心理として、駆け引きをしていることが挙げられます。

恋愛には駆け引きはつきものですが、ラインのやり取りでも駆け引きは例外ではありません。

男性も女性の気を引きたいと思いすぐの返信をしなかったりスルーをしてみたり焦らしていること十分あり得ます。

好きな人がいる女性にとってはその駆け引きほど辛いものはありません。

彼から返信がこないことでいろいろな憶測が女性の中で駆け巡ります。

嫌われているのかも、他に好きな人がいるのだろうか…など悪いことばかりが頭の中でいっぱいになるのです。

当然女性側からの駆け引きというパターンもありますが、男性に盲目的に集中している女性にとっては駆け引きは残酷なものとなります。

ただこのような盲目的な時だからこそ女性も冷静にならなければなりません。

お互いに駆け引きしつつ、焦らずにいくことが大切です。

恋愛を諦めてほしい・連絡しないでほしい

ラインを返さない男性心理として、恋愛を諦めてほしい、連絡しないでほしいということが挙げられます。

男性は女性を傷つけたくない気持ちから相手にその気がない場合は直接的に断るということができません。

逆に言えば自分を悪者にしたくない、ということだと言えます。

また他に気になる好きな人がいたり、まったく興味がない女性に対して脈なしだということを分かって欲しい気持ちから敢えてラインを返してこないということがあるのです。

察しが良い女性であればそこでラインは途絶えますが、そうではない女性は何かとラインをしてきたり、平然と接してくる人もいます。

ですがまったくその気がない女性に対しては既読スルーするだけではなく、ブロックされることもありますので、女性は男性が脈ありかどうかを見極めることが必要でしょう。

好きな人からのラインが来ないときの男性心理の見抜き方

ここでは好きな男性からラインが来ないときの心理状態を詳しく紹介していきます。

なかなか返信してくれない、と悩むよりも少しでも男性心理を理解しておくと気持ちに余裕が生まれます。

ぜひ参考にして男性心理を見抜いていきましょう。

男性はコミュニケーションツールとしてラインを使っている

ラインを返してくれない男性心理の見抜き方として、男性はコミュニケーションツールとしてラインを使っているということが挙げられます。

女性はラインを多方面でコミュニケーションツールとして駆使しますが、男性は女性ほど重要なツールだとは思ってはいません。

男性にとってラインはあくまでも相手と連絡を取る手段であり、便利なツールとしか感じていないのです。

そのためもし好きな男性からラインの返信がなくても深く考える必要はないでしょう。

それよりも男性は好意がある女性とはラインで済ませるよりも直接会いたいと思います。

彼が脈ありかどうか見極めるにはラインでのコミュニケーションより直接的に誘ってみてください。

もし誘いに乗ってくれるとおおいに脈ありだと言えます。

ですがその逆にラインをしても返信がないときは残念ながら脈なしの可能性は大きいでしょう。

ラインを送ってすぐに返事をくれるのは男性もラインしたいと思っているがなかなか送れない

ラインを返してくれない男性心理の見抜き方として、ラインを送ってすぐに返事をくれるのは男性もラインしたいと思っているがなかなか送れないことが挙げられます。

男性は臆病な人が多いのでもし自分からラインをして相手に嫌がられるのではないだろうか、ウザイと思われるのではないだろうか、と頭の中で考えてしまいます。

そのためラインをなかなか送ることはできません。

ですが女性から送ってくることはとても嬉しくすぐに返事はできるのです。

じぶんからはなかなか送ることはできないけれど相手からはウェルカム、ということです。

こうした男性にはいつも「気軽になんでもラインして」「ライン待ってるね」と促すことを毎日言っておくと良いでしょう。

それだけでも男性もラインしやすくなります。

ただそうは言っても軽々しくラインしてくる男性もいます。

ここで男性が脈ありなのか脈なしなのかは女性がよく見極めることも大切です。

男性は相手の気持ちを察知するのが苦手な傾向がある

ラインを返してくれない男性心理の見抜き方として、男性は相手の気もっちを察知するのが苦手な傾向があるということが挙げられます。

男性は女性ほど敏感ではありません。

どちらかと言うと人の気持ちに鈍感であり、言われるまで気が付かない傾向があります。

ライン然り、恋愛となると特にそのような傾向が男性にはあります。

いつもそんな男性にやきもきするのは女性側です。

もしラインを待っているのになかなか男性から返事がこないときはあなたの気持ちにまったく気が付いていないかもしれません。

そうしても好きな男性に気持ちに気付いて返信して欲しいときはやはりストレートに気持ちを伝えることが必要なようです。

「こっちの気持ちに気付いてるはずなのに」などと思ってはいけません。

女性は受け身になるよりも積極的になるようにして気持ちを伝えましょう。

ラインしても返事が遅かったり反応が悪いのは関心を持たれていない可能性が高い

ラインを返してくれない男性心理の見抜き方として、ラインしても返事が遅かったり反応が悪いのは感心を持たれていない可能性が高いことが挙げられます。

男性の中には会話やラインに非常に淡泊な人がいます。

むしろ男性は多いと言っても過言ではありません。

ですがそんな中でもさらにラインの返事が遅かったり、たとえ返事が来ても一言程度で終わってしまう男性は脈なしの可能性が高いです。

もしラインで反応が悪くても直接会ったり電話での会話でそれなりに話が弾むときは脈ありの可能性がありますが、直接的な会話で盛り上がらない、会話が途切れると言ったときは相手はあなたに関心を示していない証拠です。

いくら話下手な男性でも好意のある女性にはいろいろなことを聞きたいという気持ちになりそれなりに会話は途切れることはありません。

ですがラインだけではなく会話でも相手の反応が悪いと感じたときは、それはあなたに関心度が低いことを示しています。

そういう男性にあまりしつこく求めてしまうとウザイと思われたい面倒だと思われてしまいます。

どうしても彼に関心を持って欲しいときは方向転換する必要があります。

ここはラインではなくもっと直接的なコミュニケーションを取るなど切り替えていきましょう。

好きな人からラインが来ないときの対処法は?

ここでは好きな人からラインが来ないときの対処法を紹介していきます。

実際に彼からラインの返事を待っている人は多いことでしょう。

どのような対処法が効果的であるのか、自分のパターンと照らし合わせてぜひ参考にしてみてください。

いちいち悩まない

好きな人からラインが来ないときの対処法として、いちいち悩まないことが挙げられます。

確かに好きな人からのラインは待ちに待っていることでしょう。

それなのに返事がなかなか来ないことはとても時間が長く感じてしまいます。

そんなときはまず悩まないことです。

悩んでいても悩んでいる時間が勿体ないですし、何より身が持ちません。

案外自分が思っているよりも彼はラインに興味がないかもしれませんし、そのうち返事しようと軽い気持ちでいることもあり得ます。

あれこれ詮索しても相手の気持ちを知り得ることは難しいことです。

何より相手との価値観は違うものです。

男性は連絡を取るためだけにラインやメッセージを使う人も多いです。

女性とはラインの使い方が違うことも知っておくことも大切です。

ラインだけに固執せずにまた受け身だけにならずに違うコミュニケーションの方法も考えていきましょう。

幹事や連絡係になって連絡しやすいようにする

好きな人からラインが来ないときの対処法として、幹事や連絡係になって連絡しやすいようにすることが挙げられます。

これはまだライン交換をしていない時にも多いに使える方法です。

幹事や連絡係になることは労力を必要とするのであまり好んでしたい人はいませんが、ここは好きな人と近づくために敢えて幹事などを買って出ることもしてみましょう。

「お店が決まったら連絡するからライン交換しない?」「待ち合わせ時間決めるのにラインするね」と連絡しやすくなります。

また一度やり取りをすると今度は彼から何かあったときに連絡してくるなど、ラインしやすくなります。

まずは彼と繋がることが必要です。

そのためには嫌な役も積極的に引き受けて彼と近づけるように頑張りましょう。

ラインの会話術を学んで楽しいと思わせる

好きな人からラインが来ないときの対処法として、ラインの会話術を学んで楽しいと思わせることが挙げられます。

男性は口下手である人がとても多いです。

カップルであると女性が話しをして男性が頷くだけや聞き役になるパターンが多いことでしょう。

そのことからも会話は女性がリードするほうが会話が弾みます。

ただなかなか直接的に話すよりも今はラインやメールなどのやり取りでコミュニケーションを取ることが多いため、実際の会話よりもラインでいかに彼を楽しませることができるのかがポイントとなってきます。

そのためには彼が興味あることや好きなことなどリサーチもしていくことが必要です。

ラインのやり取りが少し続くようになったら、彼のほうからデートの誘いもあるかもしれません。

男性はラインのコミュニケーションよりも直接会いたいと思う人が多いのです。

ぜひ自分の話だけに偏った話題だけではなく、会話を広げていけるように学ぶこともしてみましょう。

スポンサーリンク



返事しやすいラインを送る

好きな人からラインが来ないときの対処法として、返事しやすいラインを送ることが挙げられます。

長々とした文面は男性は苦手とします。

よくとても長い文を送る女性がいますが、男性はまずひと目で全体が分かる文面でなければ返信しにくくなってしまいます。

そうなると返事が面倒になってそのままスルーすることのにもなり兼ねません。

既読スルーを避けるためにも返事しやすいラインを送ることはとても大切です。

まずは男性はあまり文字を入力することが面倒であることから何か答えを問うようなメッセージを送ったり、しつこく答えを求めるようなラインはしないようにしましょう。

もし返答が長くなりそうな内容はラインでやり取りすることは好ましいことではありません。

言葉のやり取りが必要な場合は電話や直接会って話すことに切り替えることを考えてください。

ラインを送って彼から返事が来なかったら、何か返信しずらいと思っているかもしれないと察知してあげましょう。

既読無視や未読無視に対して文句を言わない

好きな人からラインが来ないときの対処法として、既読無視や未読無視に対して文句を言わないことが挙げられます。

人はラインをした相手に既読スルーや未読スルーされるととても悲しくなります。

相手の状況が分からないため、「もしかして嫌がられてる?」「嫌いになっちゃった?」とありもしないことを想像しがちです。

ですがそんなことをいちいち気にしていては時間の無駄です。

相手にも都合があります。

もしかすると仕事や取り込み中で返信は後ほど、と思っているかもしれません。

ましてや「返事まだ?」「なぜ返信してくれないの?」などと送るのも絶対NGです。

好きな人を気遣うことも大切なので、「返事は後でいいからね」と付け加えてあげると彼も気が楽になります。

独りよがりなラインはしないように気を付けましょう。

もう一度同じ内容のラインを送ってみる

好きな人からラインが来ないときの対処法として、もう一度同じ内容のラインを送ってみることが挙げられます。

もしラインをして返信がなくても相手の状況まで把握できません。

もしかするとスマホが壊れたり、紛失していたり、あるいは充電切れで電源が入っていないこともあり得ます。

そのときはすぐに何度もラインするのはNGです。

もし電源を入れてラインがいくつもされているのを見て彼もドン引きするかもしれません。

急ぎの用ではないときは少し時間を置いて頃合いを見計らってもう一度同じ内容でラインを送ってみましょう。

それでも返信がない場合は数日彼から何かしらラインするのを待ってみてください。

まったく反応がないときは脈なしの可能性が大きいです。

それでもどうしても彼のことが気になるときは、まったく違う内容でラインしてみましょう。

そこで返信があったら返信しずらい内容であった場合もありますし、彼の気持ちの中でいろいろ考えていたことも察知してあげてください。

スタンプを送ってみる

好きな人からラインが来ないときの対処法として、スタンプを送ってみることが挙げられます。

ここではスタンプのみを送ることをしてみましょう。

スタンプ以外にメッセージを入れることはせず、「元気?」「がんばれ!」などが分かるスタンプを送ってみてください。

彼もスタンプのみだと返信しやすくなります。

意外とスタンプだけでもお互いの気持ちは通じ合うものです。

何気なく相手のことが気になったときはスタンプのみの効果は大きいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

SNSをしてみる

好きな人からラインが来ないときの対処法として、SNSをしてみることが挙げられます。

もしかすると相手はスマホを紛失したり、買い替えてアドレスが消えてしまったり、あらゆる状況が人にはあり得るものです。

もしラインしてずっとスルーされていたり、未読スルーは特に何かあったことを示しています。

そんなときはSNSを使ってみることも方法です。

SNSでダイレクトメッセージをしてみたり、コメントを書き込んだりしてみましょう。

特に更新が頻繁にされていると必ず見てくれるはずです。

「ラインしたけど未読だから気になって」「心配でこっちにメッセージしました」と気遣い程度のメッセージを送っておくと相手も重く感じないはずです。

ここで相手の反応を見て、距離を置きたいのか否かを見極めることもしてみましょう。

共通の友達に探りを入れる

好きな人からラインが来ないときの対処法として、共通の友達に探りを入れることが挙げられます。

ラインをしてもスルーされる状況が続くようであれば共通の友達を利用しましょう。

もしかすると彼はメッセージを読む状況ではないのかもしれません。

急病であったり、何か環境が大きく変わったということもあり得ます。

それを知らずに諦めてしまったり、嫌われてしまったと思い込むよりは自分を納得させるためにも共通の友達にお願いしてみるのも方法です。

ただ大切なことは友達を使ってこちらの気持ちを代弁したもらったり、必要以上のことを探ったりすることはNGです。

あくまでも好きな人のことに気遣いをするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

好きな人だからこそ相手の状況を把握したいと思ってしまうのは当然のことです。

ですが女性と男性とのラインに対する価値観は大きく違うことがあるため、女性が思うようにならないことがあります。

そのようなときは相手がたとえ返信してくれなくても気持ちを押し付けることをしてはいけません。

必ずお互いの思いが同じ方向へ向いているとスムーズにやり取りができるはずです。

それがスムーズにいかないということは価値観にズレがあるかもしれません。

大切なことはあくまでも独りよがりにならないことです。

好きな人だからこそ気持ちを大切にしてラインできるようになりましょう。

【関連記事】

デート前日のラインはどうする?時間帯・内容は?

付き合う前のライン!頻度・恋愛関係になりやすい内容は?

初デート後のLINE!男性・女性から?嬉しい内容は?

好きな人と連絡するときのポイント!脈ありサインは?

好きな人の返信が遅い理由は?脈なし診断・待つ方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク