好きな人と目が合う理由・心理は?好意を確かめる方法・脈ありなしの理由・好意のサインは?

好きな人 目が合う

女性でも男性でも好きな人ができたら、相手の心理を知りたいと思うものです。

特に意識してしまうのは、好きな人からの視線です。

よく目が合うとか目が合う時の仕草はどういう意味なのか気になることもあるので、あなたを見ている時相手がどう思っているのかを解説していきます。

男性が好きな人を目を合わす理由・心理

男性が好きな人と目を合わせる理由や心理というものは、どのようなものなのか?

男性も女性も好きな人をずっと見ていたい!という気持ちは当然ありますし、目が合うかもしれないという緊張感もあります。

そうだとしても、女性と目が合うくらいに相手を見ている理由は、色々あるのです。

やはり、見つめている理由は、とにかく相手の一挙一動を見ていたいという気持ちと話しかけたいけど恥ずかしくて声をかけられないので見ているという気持ちの両方があります。

年齢関係なく、好きな人との距離感や好意というのはなかなか表現できないので、目で追ってしまうのです。

男性は好きな人を無意識に目で追いかけてしまう

男性は好きな人を無意識に目で追いかけてしまう生き物です。

好きな人のことは、男性も女性も見ていたいですし、特に男性は女性をこの手で捕まえたい!という気持ちも強いので、どこか目で追いかけていなければいけないような感覚になってしまう。

そのため、どこか相手から目が合うような場面を望んでいます。

目が合うことによって、照れてしまう人も多いですが、心理的には「あなたを見ていたい」という気持ちの表れです。

男性は好きではなくても可愛い・タイプと思えば目で追いかける

男性が好きな人ではなくても、可愛い女性・タイプの女性であれば目で追いかけてしまう生き物です。

目が合うな、と女性が感じる時、男性が好きな女性だから見ている場合もありますし、可愛いなタイプだなと思っている場合もあります。

ただ、どちらにしても目が合うということは、ある種の好意を持っていることがほとんどです。

なので、目が合う心理というのは基本的にあなたに興味がある証拠だと言えます。

男性が好きな人と目を合わす理由は狩猟本能

男性が好きな人と目を合わす理由は、狩猟本能です。

女性が男性とやたら目が合うな?と思った時、やはり自分が好きな人だからなのでは?と思うと思います。

たしかに、男性は好きな人を見てしまう生き物ですが、その心理の中には狩猟本能が影響しているのです。

本能的に獲物を目で追ってしまう習性があり、女性に対してもある意味獲物としてとらえています。

ただ、実際に食べてしまいたいという思いよりも守ってあげたいとか、何か変化があればすぐに駆けつけたいという心理が働いていて、目が合うのです。

つまり、好きな人の一瞬たりとも逃したくないという気持ちの表れでもあります。

スポンサーリンク



男性が好きな人と目が合った瞬間目を逸らすのは自分が傷つかないようにするため

男性が好きな人と目が合う瞬間に目を逸らすのは、自分が傷つかないようにするためでもあります。

目が合う時に、男性側から目を逸らされると女性としては、嫌いなのかな?とか嫌だったのかな?と思うかもしれません。

ですが、基本的に好きな人以外を見つめるケース自体が少ないので、好かれていると思っていいでしょう。

なので、目が合ったのに逸らされるというのは、恥ずかしいという心理です。

目が合った時に、女性から「なんで見てるの?」と不審に思われてしまわないように、目を逸らす場合が多いです。

相手のことを知りたいと思って目を合わせる

男性は好きな人のことを知りたいと思う時もよく目が合うようになります。

男性は、女性と違って相手の全体像をつかむことができません。

だからこそ、何度も見ては確認しているのです。

好きな人じゃなければあまり目が合うこともないかもしれませんが、好きな人の場合、男性は相手のことを知りたいという心理のもと非常に見てしまいます。

視線を隠すことが下手な男性が多いので、すぐに女性と目が合ってしまって困惑する人も多いんです。

よく目が合うのには、あなたを知りたい気持ちが込められています。

スポンサーリンク



女性からの好意が分かると目で追いかける

男性は、女性からの好意が分かると目で追ってしまいがちです。

誰でも自分を好きな人に悪い気持ちはしませんし、まだ女性の気持ちが確定的ではないと、相手の行動から真実を見極めようとする男性が多いです。

好きな人に対する態度は女性も変化があるので、目が合うくらいに追ってしまいます。

心理的に、相手の本心を知りたい、好意を確信したいという思いが、あなたを目で追ってしまう原因となります。

目が合うなぁと感じた男性に対して好意を持っていたら、もしかするとあなたの好意に勘付かれているのかもしれませんよ。

会話中には好きな人に自分を分かってほしくて目を合わせる

目が合うのは、無意識の感情もありますが、男性は好きな人に自分の存在を知ってもらいたくて、女性を見続けている場合もあります。

例えば、多くの人で会話をしている時に、好きな人にだけ目線を向けることがあります。

それは、心理的に好きな人への好意と自分に気付いて、という意思表示を感じることができるのです。

なので、会話中にあなたとよく目が合うとすれば男性は自分に気付いて欲しい、意識して欲しいという感情がそうさせています。

ボーッとしていたりただ見ているだけの場合もある

よく目が合うからと言って、絶対に好きな人だという確証はありません。

なぜなら、男性は時々ぼんやりしてしまうこともありますし、何も考えずに女性の服装等をただ見ているだけということもあるのです。

女性からすると肩透かしのような気持ちになってしまうかもしれませんが、あなたに興味がないけど見ていたということもでもないのです。

ボーッとしていただけ、ということでなければ興味があって無意識に見ていたということもあります。

好きな人と目が合った時の女性の心理

好きな人と目が合う時、女性はどんな心理状態なのでしょうか?

どこか、男性よりも女性の方が無意識に目が合う、というよりも心なしか意図がある場合が多いです。

あなたによく視線を送ってくれる女性も、きっと意味があって視線を向けていますよ。

脈ありサインではない場合が多い

女性とよく目が合うと感じると、自分のことを好きなのでは?と思うかもしれません。

たしかに、好きな人のことをついつい目で追ってしまうというのはよくあることです。

しかし、男性の場合はこうした傾向が高いですが、女性の場合はそういうわけでもないことがあります。

そもそも、女性は視野が広く、まんべんなく周りを見渡すことができるので、色々な場面を見ています。

なので、好きな人があなたのことをじっと見ているから目が合うというのは、女性心理から推測すると判断が早いかもしれません。

あなたへの信頼の気持ちから目を合わせることが多い

女性と目が合う場合、男性に対してとても信頼感があるから目が合うということも多いです。

なぜなら、女性はよく目で会話をするからです。

「あなたなら、わかってくれるよね?」という意味合いで視線を送っていることが多いと言えます。

心理的に、こうした視線を送ってくるのは、好きな人というよりもあなたを全面的に信頼している証でもあります。

好きな人の一歩手前、くらいに考えておくといいですよ。

スポンサーリンク



女性は目を合わせることで男性を見極めている

女性がじっと男性を見て、目が合うような状況が続く場合は、本当に信頼してもいい男性なのかを見極めている時もあります。

心理的に、男性と違って女性はしっかりと相手を観察します。

あなたがどんな人なのか、という点を見極めたいからじっと見つめていることが多いのです。

なので、目が合うなと感じても好きな人だから見ているというよりも、好きな人になりそうだけど、本当に信じていいのかな?という不安な気持ちからこうした視線の向け方になります。

相手の男性を信じられないときも目を合わせる

女性とよく目が合う時、男性を信じられないのかもしれません。

女性は、「何か嘘をついてるのでは?」と感じた時に相手を観察するためにもじっと見ていることがあります。

例えば、目が合うと笑ってくれる女性はこの傾向が高く、多くの男性はこうした女性の行動を心理的に気付くことができずに、好きな人に向ける視線はなのかな?と感じるかもしれません。

女性はその場その場で自分をコントロールすることができるので、好きな人じゃなくても愛想をふりまくことができます。

あなたを好きなのかどうかの見極めは、難しいです。

好きな人と会話をして楽しそうなら脈ありかも

女性は、自分の気持ちを隠すことに長けています。

ですが、やはり好きな人と話していたら楽しいものです。

好きな人に対する態度とそうじゃない人に対する態度はわずかな違いだとしても男性のように分かれます。

そのため、よく目が合う女性があなたと話していて楽しそうであれば、脈があるかもしれません。

目が合った時の女性の心理状態を理解するためには、しっかりと相手が楽しんでいるかどうかも見極めた方がいいです。

好きな人と目があったときに本当に好意があるか確かめる方法

好きな人と目が合った時に、好かれているかも!と嬉しくなります。

ですが、好きな人とよく目が合うけど実は好意がなかったなんてことになれば、ちょっと恥ずかしいです。

そこで、相手の心理を見極めて、あなたに好意があるかどうかを確かめましょう。

好きな人と目が合ったときの反応・顔色・表情を見る

好きな人と目が合う時、相手があなたをどう思っているのか判断する材料として、目が合う時の相手の反応・顔色・表情を見てください。

比較的女性の方が男性よりもポーカーフェイスなので、わかりにくいかもしれませんが、目の奥の嬉しそうな表情などは隠しきれません。

心理的に、好きな人と目が合うというのは非常に嬉しいことなので、あなたと目が合った時の相手のわずかな変化を見逃さないようにしてみてください。

スポンサーリンク



鏡を見て好きな人が自分を本当に見ているのか確かめる

好きな人と目が合うと自分も緊張や照れてしまって、うまく好きな人の目や表情を見ることができない、という人もいます。

そのような場合は、自分が持っている鏡でもいいですし、職場であれば置いてある鏡を利用して、相手の表情を見てみましょう。

女性であれば、さりげなくこちらを見ていますし、男性であれば意外に大胆に見つめていたりします。

大事なことは、その視線の先はあなたを見ているのか、ということです。

自分の隣の席の人だったり、別の誰かを見ている視線を自分に向けられたものだと勘違いしてしまう可能性もあるからです。

心理的に人間は自分に都合よく物事を整理することも多いので、鏡を利用して視線の行く末を把握しておきましょう。

好きな人が目をそらすまで見続ける

男性は女性よりも、見つめている時間が長いほど好きな人だという可能性が高いです。

平均的な長さは3秒程度ですが、目が合うくらいに見つめているということになるので、体感時間としては長いです。

そして、目が合う時に人によっては見つめ合う時間がある場合もあり、その際に恥ずかしくてあなたから目をそらしたくなるかもしれませんが、そこは少し我慢をして、見つめてみましょう。

見つめた時にすぐに目をそらすようであれば、相手は好きな人として見つめていた可能性がありますよ。

スポンサーリンク



好きではないことをアピールするために目を逸らすこともある

男性は好きな人をどうしても見つめてしまいがちですし、女性は好きな人じゃなければ見ることがありません。

ですが、たまたま見ていた、ということはよくあります。

その時、目が合う人に対して「勘違いしないでね」という心理で目をそらすことが多いです。

目が合う=脈ありというようなイメージが強くなっているので、相手に対してあなたに好意はないと伝えたい気持ちからすぐに目をそらすこともあります。

好きな人と目が合ったときの脈ありのサイン

好きな人と目が合うととても嬉しくなりますよね。

心理的に「これは脈ありサインなのでは?」と感じるかもしれません。

ただ、好きな人だから目が合うという簡単な話ではなく、男性も女性もしっかりとあなたにしか送らないサインがあります。

好きな人を見ると高い確率で目が合う

男性は、女性に対して好きな人だと認識した途端に、視線が追うのをやめられなくなります。

さらに、見ている時間もかなり長いので、目が合う確率が高くなるのです。

なので、あなたが好きな人を見た時に高い確率で目が合うようであれば、好きな人を見ていたい心理が働いている、と思って良いです。

頭の中が恋愛でいっぱいになっている時も目で追ってしまうので、わかりやすいです。

スポンサーリンク



好きな人が目を見て話をしてくれる

好きな人が目を見て話をしてくれる、というのも相手があなたに対して脈ありなことがわかります。

女性も男性も好きな人のことを見ていたいという気持ちが強く、特に女性は男性よりも目が合うことをコミュニケーションツールとして利用しているんです。

だからこそ、好きな人はより目が合うように会話をしたいという心理になり、目を見て話をします。

こうした部分から、脈ありのサインだと言えますよ。

ふとしたときに好きな人と目が合う

脈あり行動として、ふとした時に目が合うという行動が挙げられます。

よく目が合う、ということも大事ですが、不意に顔を上げた時にこちらを見ている、とか、ふと気を抜いた時でも目が合うような状況であれば、あなたを好きな可能性が高いです。

好きな人のことを常に見ていたいという気持ちは、女性も男性も同じなので、いつも見ているため、不意打ちでも視線が好きな人に向いているというのは、当然の心理だといえます。

スポンサーリンク



好きな人と一日に何回も目が合う

好きな人と一日に何回も目が合うというのも脈ありの証拠です。

やはり、男性も女性も好きな人のことはいつだって見ていたいという心理が働くので、どうしても常に目で追ってしまいます。

なので、何度も目が合うというのは、どうでも良いと思うような相手ではないと考えていいです。

あなたのことが気になるから、相手は見ているということです。

好きな人と目が合うと恥ずかしそうに目を逸らされる

好きな人が、あなたと目が合うと恥ずかしそうに目を逸らされる場合、脈ありの可能性があります。

好きな人と目が合うと当然、女性も男性も恥ずかしい!という思いが出てきます。

特に男性は恥ずかしがり屋の人が多いので、好きな女性と目が合うと照れてしまって、どうしても目を逸らしてしまうという心理状態になるため、目を逸らしてしまうんです。

好きな人と目が合うと目をみつめられる

好きな人と目が合うと目を見つめられるようなことがある場合は、脈ありの可能性が高いです。

女性も男性も好きな人と目が合う時に、パッと逸らしてしまうかそのまま見つめてしまうかの2パターンがあり、見つめる人もいるのです。

みんながみんな恥ずかしがり屋なわけではなくて、目が合った時に自分の気持ちを伝えたいという心理のもと、あなたを見つめていることもあるのです。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったときに顔が赤くなる

好きな人と目が合ったときに、顔が赤くなるというのはあからさまな脈ありサインに感じます。

男性はあまり赤くなるようなことはないと思いますが、女性の場合は好きな人と目が合うと心理的に緊張感と恥ずかしさで赤くなってしまうんです。

好きでもない異性に対して、赤面症であれば別ですが、通常は目が合うとしても赤くなるようなことはありません。

そのため、あからさまかもしれませんが目が合ったときに顔が赤くなるというのは、あなたを好きな証拠かもしれません。

好きな人と目が合ったときに笑顔・微笑んでくれる

好きな人と目が合ったときに笑顔・微笑んでくれるのは脈ありサインかもしれません。

男性も女性も目が合うと好きな人であれば、好感を持って欲しくて笑顔を作ったり、軽く微笑むことがあります。

ある意味、好きだという心理が働かせているというよりも、条件反射のように女性は笑ってくれる人が多いです。

男性としては「あなたが好き」と言われているような気持ちにもなります。

たしかに好意を持ってくれている確率は高いですが、絶対ではないことだけはオボ言えておきましょう。

好きな人が遠くから見つめているときは脈あり

好きという気持ちを持っていても、積極的に相手のことを見ることができない人もいます。

そんな時は、友人等に好きな人が自分を見ているのか聞いてみてください。

遠くから、好きな人があなたを見つめているという情報が入ったら、脈ありだと考えてもなんら不思議ではありません。

なぜなら、近くで見ることは恥ずかしくてできないけれど、遠くからならできるということなのです。

そして、不意に目が合うような状況の時はより好意があります。

目が合うというのは、男性も女性もそれだけ見ている時間が長く好きだという心理なので、脈ありだと考えるのが普通です。

好きな人の目の奥がほほ笑んでいる・喜んでいる

好きな人の目の奥がほほ笑んでいる・喜んでいる、というのも脈ありサインで、好きな人と話している時に、目の奥が嬉しそうな表情を見せていたら脈ありです。

目が合う時に感じられる場合もありますし、目が合う前から感じられる場合もあります。

男性も女性も好意のある人が目の前にいると、嬉しさを隠しきれないので、心理的にも隠しきれない部分だと言えます。

あなたと話をしたり、見ていることが嬉しいのです。

スポンサーリンク



グループ・大勢の人と話しているときに好きな人と目がよく合う

グループ・大勢の人と話しているときに好きな人と目が合うことも脈ありサインの1つです。

やはり、たくさんの人の中でも、自分が好きな人は何をしているのか、どんな表情をしているのか、というのは気になるものなので、男性も女性も自然と視線を向けてしまいます。

特にあなたが他の誰かと楽しく会話をしているときに目が合うと、相手の心理は嫉妬しているような状態かもしれません。

男性の友達と会話しているときに目が合うのは嫉妬のサイン

男性の友達と会話をしているときに、よく目が合うこともあるかもしれません。

これは、男性だけの心理ではなく、女性にも同じことが言えますが、自分以外の異性と好きな人が楽しく会話をしているというのは、嫉妬してしまいます。

そのため、好きな人が他の人と会話をしているときはより一層見つめてしまいます。

なので、あなたが異性と話しているときによく目が合うな、と感じるのです。

好きな人が帰り際に見つめるのは脈あり

好きな人が帰り際に見つめてきて、目が合うというのは脈ありのサインです。

好きな人とは男性も女性も離れたくなく、できれば本当はこの後2人でどこかに行きたいなという心理からも相手を目で追うというような感覚です。

そのため、目が合うときにあなたの方から「この後どうする?」と言ったような声かけも良いと言えます。

好きな人と目が合うときの脈なしのサイン

好きな人と目が合うと、あなたのことを好きな人も気になっているのかな?と思いますが、脈なしサインの時もあります。

よく目が合うことと好意があることは心理的に違う場合があるので、男性も女性もよく理解しておきましょう。

すぐに視線をそらされるのはただ気まずいだけ

目が合う時に、すぐに視線をそらされるのはただ気まずいだけということがあります。

これは、女性に多く、男性よりも女性は好きな人ではない人のことを基本的に目で追うことはありません。

そのため、好きな人ではないのに目が合うと、心理的に好意があると勘違いされたくないという気まずい思いからすぐに視線をそらします。

あなたとしては恥ずかしいから?と思うかもしれませんが、女性の場合はそういうわけでもないのです。

じっと見つめられるのはあなたに違和感を感じているからかも

目が合うとき、すぐに目をそらす人もいますが、逆にそのまま見つめている人もいます。

これは、好きな人だからというわけではなくて、何かあなたに違和感を感じているからという場合もあるのです。

例えば、衣服に何かがついていたり、 気になる部分があるという場合、男性も女性も好きな人ではなくとも、じっと見つめてしまう傾向にあります。

心理状態としては、ただ気になっているだけなので目が合うときに、「どうしたの?」と聞くと違和感を話してくれるので、すぐに脈なしだと理解できます。

好きな人と目が合ったときに逸らす理由

好きな人と目が合うとすぐにそらされてしまう、と悩んでいる人もいます。

目が合うのにそらされるというのは、嫌いだからなのかな?と思うかもしれませんが、男性も女性もあなたに複雑な心理があって、そらしているのです。

好きな人に自分の好意を気付かれるのが恥ずかしいと思っている

目が合うのにそらされる理由で最も多いのは、好きな人に自分の好意を気付かれるのが恥ずかしいと思っている心理です。

こうした感情は男性も女性も多く持っていて、見つめていたいけど、目が合うと相手に自分の気持ちを見透かさそうで怖いと感じています。

そのため、目が合う回数をよく確認しましょう。

回数多ければ多いほど、目をそらされてもあなたのことを好きな人だと言えます。

スポンサーリンク



好きな人に自分の悪い印象を与えたくない

好きな人と目が合うのに、逸らしてしまう理由としては、好きな人に自分の悪い印象を与えたくないという心理が働いています。

あなたは何度も目が合うと、何を見ているのだろう?と不思議に感じるかもしれません。

こうした印象が悪いものなのでは?と思ってしまい、男性でも女性でも目が合ってもそらしてしまうのです。

好きだからこそ、変な風に思われたくないという気持ちの表れですよ。

シャイな性格なので嬉しくても目を逸らしてしまう

好きな人と目が合うのに、逸らしてしまう理由で、男性で多い理由が、シャイな性格なので嬉しくても目を逸らしてしまうという心理です。

女性よりも男性の方が口ベタだったり、シャイな人が多いので、どうしても好きな人の前では緊張してしまいます。

さらには目が合うという状況になるとどうしたらいいのかわからずにすぐに目を逸らしてしまうのです。

よく目が合っている人がシャイな人かどうかがあなたに好意があるかないかの見極めにもなります。

好きな人と目が合ったときに振り向かせる方法・モテテク

好きな人と目が合うというのは、とても嬉しいことですよね。

ですが、好きな人と目が合うときに、あなた自身はどんな態度を取ればいいのかわからないかもしれません。

そこで、男性・女性の心理を利用して、自動的に好意を伝える方法をお伝えします。

好きな人に偶然を装って目を合わせてみる

好きな人と目が合うときに使いたいテクニックで、好きな人に偶然を装って目を合わせてみるという方法があります。

これは、あなたがいつも相手を見ているというような印象を持たせないことが大事で、目が合うときに「たまたま合っちゃった」というような感覚で、照れてみるのです。

そうすると、相手は自分を見ていてくれたのかな?と好意を感じます。

この方法は女性よりも男性に効果的です。

好きな人と目が合ったら3秒・数秒見つめる

男性よりも女性に効果的な好きな人と目が合うときに使いたいテクニックは、好きな人と目が合うときは3秒以上見つめるという方法です。

男性はもともと、好きな人を見るときに平均的に3秒以上見つめています。

なので、その視線を目が合うときにも利用するのです。

あまりにも真剣な表情で見ていると、見られている側は怖いという心理になるので、基本的に優しい表情でいましょう。

あなたが自分を気になっていると相手も気付くはずです。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったら笑ったりほほ笑んでその気にさせる

好きな人と目が合うときに、笑うという方法は、男性でも女性でも心理的にドキドキします。

この方法は、男性でも女性でも効果的で、目が合うときに笑いかけられるとあなたが自分を見ていたのだという意識を持つので、好きな人は好意を認識します。

そうすると、相手側もあなたを意識してくれる可能性がかなり高いですよ。

好きな人と目が合ったら照れた態度をとってみる

好きな人と目が合うときに、照れた態度をとってみると好きな人に好意が伝わりやすいです。

この方法は男性よりも女性が使うと効果的で、目が合うと照れた態度をとる女性に対して、悪い気持ちにならず「可愛い」という心理になります。

さらい、よく目が合っているような状況を作れば、あなたの好意がより伝わりやすいです。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったら敢えて逸らしてみることでドキドキさせる

好きな人と目が合うときに、あえて逸らしてみることでドキドキさせるという方法もあります。

好きな人と目が合うと意識していなくても恥ずかしくなると思いますが、その気持ちを逆手にとるのです。

目が合ったら、明らかにさっきまで見つめていました、というような顔をしてから逸らしてください。

あなたが自分を見ていたのに目が合ったら逸らした、と思うと心理的に無意識に気にしてくれる人が多いです。

この方法は、男性でも女性でも効果が出やすいです。

ふとしたときに好きな人をチラッと見てみる

好きな人と目が合うように仕向けるというのも、1つのテクニックです。

例えば、仕事中やみんなで会っているときに、ちらっと見てみるとなど不意に目が合うようにするというのは、男性も女性もあなたが自分を気にしているという印象がつき、気になってしまいます。

それは、相手の気持ちがまだわからないけど、好きな人なのかな?という疑惑から気になってしまうという心理状態です。

そのため、知らぬ間に相手のことを好きになっていた、なんてこともよくある話です。

好きな人と目が合ったら可愛く首をかしげてみる

好きな人と目が合うとき、可愛く首をかげてみましょう。

この方法は、もちろん女性が男性に対して行うと効果的で、男性は不意にこうした仕草をされると、心理的にドキドキしてしまいます。

なぜなら、目が合うときに首をかしげられると相手は、自分を見ていたのか?という印象になるので、好意を感じられて、気になるのです。

あなたの好意を単純に伝えるには、とても効果的な方法です。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったら「私?」と自分を指を指してしてみる

好きな人と目が合うときに、「私?」と自分を指さししてみるのも1つの方法です。

目が合うのは、あなたを見ていたのではないけど、そちらが見てきたのだよという心理的な印象をつけることができるので、あれ?自分が見てたのかなと勘違いさせられます。

勘違いというのは恋愛にとって非常に良い効果を与えるので、男性よりも女性がこの方法を使うと、好きな人が意識してくれやすくなります。

好きな人と目が合ったときにそのまま話しかける

好きな人と目が合うとき、そのまま話しかけてしまうというのも好感をもたれる方法の1つです。

普段であれば恥ずかしくて声をかけることができなかったとしても、目が合うときに話しかけてみると、あなたがもともと自分に用事があったのだろうか?と思い、自然と話すことができます。

好きな人だからこそ、話したいと思うのは男性も女性も同じ心理なので、きっかけの1つとして視線を合わせてみてもいいかもしれません。

好きな人と話すときは目を見てオーバーリアクションをとる

好きな人と話すときに、目が合うようにするというのは非常に効果的です。

男性も女性も聞き上手な人が好きなので、好きな人が話をしているときはわざわざ目が合うようにして、オーバーリアクションをしてください。

きちんと話を聞いている印象も付けられますし、楽しんでいるという印象も付けられます。

人は、一緒にいて楽しいと思う人と恋愛をしたいという心理が強く、自分と一緒にいて楽しそうな人が好きです。

なので、あなたと一緒にいてとても楽しいという面を見せると良いですよ。

好きな人と目が合ったら敢えて気が付かないフリをして相手を惑わせる

好きな人と目が合う瞬間に、目が合っているのにわざと知らないフリをするというのも相手を惑わせてあなたが気になるようになります。

男性も女性も目が合うのに、何も知らないような顔をされると、自分の勘違いだったかな?目が合ったような気がするのに、と不思議に思い、また見てしまうという心理になります。

そのため、好きな人と目が合っても嬉しさを隠す事がポイントです。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったら同じ行動をとってみる

好きな人と目が合うとき、同じ様な行動をしてみてください。

心理学では、ミラー現象と呼ばれるもので、男性も女性も自分と同じ行動をする人を無意識に気の合う人だと感じる傾向にあります。

なので、好きな人と目が合うときに例えば飲み物を飲んでいたとしたらあなたも同じように飲み物を飲んだりしてみると、親近感が湧きます。

右手で左耳と触るなどクロスを意識してみる

心理学のモテテクとして、クロスの法則というものがあります。

右手で左耳を触るなどして、クロスをイメージさせるような仕草をすることを指します。

特に、クロスしている時に目が合うようにすると、好きな人はドキドキしてしまうかもしれません。

目が合うときにそのような色っぽい仕草をされていると、あなたの知らなかった魅力に気付くかもしれないからです。

また、好きな人に対してこうした仕草をして効果的なのは、男性よりも女性の方が高いです。

ピアス・ポニーテールなど揺れるものを身に着けると目が合いやすくなる

男性は、いつの時代も好感を持つ女性のタイプというのは固定されています。

特にピアスやポニーテールなど揺れるようなアイテムが非常に好感をもたれます。

なので、好きな人に意識してもらいたい時は、何かしら揺れるアイテムを取り入れましょう。

そして、よく目が合うようにしていると、目が合うときに揺れるアイテムを身につけている女性というのは心理的に魅力的に見えるのです。

好きな人と目が合った後に会話を盛り上げる方法

好きな人と目が合うとき、そのまま会話に流れ込む場合も多々あります。

実際、目が合うときに話しかけてみた方が会話のきっかけとしても入りやすいですし、好きな人も心理的に笑顔になりやすいです。

また、あなたの声のかけ方によってはより場を盛り上げる事が可能です。

好きな人と目が合った後に「私のこと見てた?」と告げる

好きな人と目が合うときに、盛り上がる話しかけ方としては、目が合う瞬間ではなく少し間が空いてから、「私のこと見てた?」と明るく伝えてみましょう。

好きな人の反応であなたに対する気持ちも見極めることができますし、自分が見ていたことを心理的にカモフラージュすることもできます。

そのため、男性でも女性でも出来る限り明るく振る舞うことが大事です。

あまり真剣に伝えてしまうと、嫌な気分にさせてしまいますよ。

「私のこと見てた!」とツッコミを入れて笑いをとり親近感をもたせる

好きな人と目が合うときに、ニコニコしながら「私のこと見てた!」とジョークのように話すと、好きな人との距離感が近くなっておすすめです。

「見ないよー」と言われながらも会話のきっかけをつかむことができますし、心理的にどこか仲良くなったような気分になります。

男性よりも女性がこの方法を使うと、思わず笑って会話がは流れていくような良い雰囲気を出すことができます。

「照れるんだけど……」と恥ずかしそうに伝えてみる

ジョークめかすことも1つの方法ですが、目が合うときに「照れるんだけど……」と恥ずかしそうに伝えてみるのも男性に効果的です。

女性が照れている姿というのは、好きな人じゃなかったとしてもとても新鮮で可愛く感じられるので、好きな人の前でちょっと照れてみるというのは非常に効果的です。

また、心理的に男性は照れている女性をみると守ってあげたいと感じるので、目が合うときに照れる女性を意識しやすいです。

スポンサーリンク



好きな人と目が合ったらウインクしてみる

好きな人と目が合うときに、ウインクをしてみるのも相手の印象をガラッと変えるのでおすすめです。

男性でも女性でも好きな人と目が合うときに、ウインクをしてみると当然「え?どうしたの?」と向こうから声をかけてきます。

そこで恥ずかしがるのではなく、ちょっとジョークめいた雰囲気を作ることによって、話しやすい環境を作ることができるんです。

あなたがいつもクールな印象であれば、ギャップに興味をもってくれるかもしれません。

好きな人と目が合ったら変顔をして笑わせてみる

好きな人と目が合うときに、男性が女性にしてみると印象が良いのが「変顔」です。

女性は、心理的に楽しくて落ち着く人が好きです。

外見よりも内面の面白さに女性は惹かれるので、好きな人と目が合うときは、ぜひ変顔をして笑わせてみるとあなたの印象がよくなりますよ。

好きな人と目が合ったら敢えて「見てたのバレた?」と伝えてみる

好きな人と目が合うときに、「見てたのバレた?」なんて小悪魔のように言ってみてください。

男性は、女性に茶化されると心理的にとてもドキドキします。

このドキドキを恋愛のドキドキだと感じる人も多く、好きな人に変化していきますよ。

目が合うというのは、もともとそんなにたくさんあることでもないので、勇気をだして、あなたの可愛らしい面を出してみてくださいね。

好きな人と目を合わせることで得る効果

好きな人と目が合うことによって、いろいろな効果を得ることができます。

好きな人の気持ちや性格、さらには目が合うときにあなたの気持ちをさらっと伝えられるんです。

心理学を使わなかったとしても目が合うというのは男性女性にとって、非常に恋愛の一歩になりやすいのです。

好きな人と目を合わせることで相手の特徴を知れる

好きな人と目が合うことによって、好きな人の特徴を知ることができます。

例えば、あなたと目が合うときにすぐに目を逸らす人であれば、照れ屋で恋愛に消極的なのかなとか、脈がないのかな?などです。

ただ、あまりにもじっくり見てしまうと好きな人自身が困惑してしまうので、心理学的には3秒程度見つめるくらいがちょうどいいと言われています。

目が合ったときの相手の反応は非常に相手を知る上で大事なことですよ。

好きな人と目を合わせることで言葉を使わないで自分の気持ちを伝えられる

好きな人と目が合うことによって、自分の気持ちを言葉にせずに伝えられるという効果もあります。

何度も好きな人に向けて視線を送り、目が合う回数を増やしていくと心理的に相手は「もしかしてこの人は、自分のことが好きなのかな?」とあなたを意識します。

そこからは、男性と女性として徐々に関りあえるようになってくるので、目は口ほどにものを言うという昔の言葉どおりの形になりますよ。

目が合う回数が多くなるだけで好きになる場合がある

好きな人と目が合う回数が増えたら増えただけ、好きな人もあなたを好きになってくれます。

相当嫌いな人ではない限り、目が合う回数の多い男性や女性に惹かれるというのは心理学的に信頼の高い見解です。

いつも見ている、というのは相手からの愛情表現にも感じられるので、恋愛に発展する見込みが高いと言えます。

まとめ

お伝えしたように、目が合うという1つのことでも男性や女性での意識の違いがあります。

また、好きな人と目が合うことによって得られるメリット心理学的にはたくさんあるのです。

好きな人に対しての思いを言いにくいと悩んでいる人は、視線を送りながらあなたの気持ちを伝えていきましょう。

【関連記事】

好きな人を振り向かせる方法・LINE術・おまじない

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


×