好きな人にむかつく理由や原因や対処法は?

好きな人だからいつも気になるのは自然なことです。

好き過ぎてニアミスすることもあります。

好きな人だからこそ、時には何かの理由で衝突してしまうこと、些細なもめ事や喧嘩をしてしまうことだってあります。

好きなのにむかついてしまうという経験は、意外と誰にでもあるはずなのです。

男性であれ女性であれ、相手やパートナーにむかつくことは一つや二つあって、暗黙の了解のうちにスッとなくなっていると言えます。

もしお互いが恋人ともなれば、喧嘩をして言いたいことを言いあって、自然とスッキリしたり解決策が見えてくることもありますが、まだ恋愛に発展していなくて片思いの相手の場合には、むかつくような気持ちをどこにぶつければいいのでしょうか?

今回は、好きな人へのむかつく、好きな人だからこそむかつくといった心の状態についての特集です。

その原因や理由が何にあるのかや対処方法も併せてご紹介いたします。

好きな人にむかつく理由や原因は?

好きな人 むかつく

本当は心から好きで堪らないと恋焦がれている女性がいる男性、あるいは、心から思いを寄せている憧れの男性がいるという女性、その双方ともに共通な心の動きがあります。

どういうわけか好きな人だというのにむかつくという気持ちが生じてしまうということです。

これはなぜか時折起こるものです。

相手の異性が好きで好きで仕方ないはずなのに、その反面、些細なことで気持ちが揺れてしまい憤りを感じるという状態です。

好きなのにむかつくのだから発端が必ずあります。

好きな人がむかつくという経緯は、それなりに何かの理由や原因があるのだろうと想定できます。

ここでは、好きな人なのにどうしてむかつくのかという主な理由や原因を探っていきましょう。

ほぼ理由や原因は分かり切っています。

しかし一時的に見失っている可能性があります。

以下の内容のどれかに該当していませんか?

好きな人にむかつくのは構ってほしいから

好きな人 むかつく

好きな人にほど自分を構ってほしいという欲求が働きます。

好きな人にだからこそ、必要以上に大きな期待や関心を相手に寄せてしまいがちです。

自分だけを見ていて欲しいという強い気持ちが高まっていきます。

しかし様々な理由から自分の考えや思惑が外れてしまうことが起こった場合に、何だか一人取り残されて裏切られた気持ちに襲われます。

思った通りの人ではないことで、相手の言動にもがっかりしてしまうものです。

でも少しだけ冷静になってみてほしいのです。

その時の相手の男性は、偶々何か別な事情を抱えていて頭がいっぱいだったのかもしれません。

相手の女性は、あなたの言動についてをさほど重要なことだと解釈していないだけなのかもしれません。

しかし人は誰しも構ってほしいという心理が働くことで、なおさら考えごとをしがちになります。

自分が好きな人だからこそつい構ってほしいという心の現れによって、自分だけを見ていてくれたらという願望が少しずつ芽生えてしまいます。

益々相手への期待の妄想が大きく強くなり過ぎてしまい、現実とのギャップを知ってしまったら、いつしかむかつくという心理状態に陥ってしまいます。

好きな人にむかつくのは嫌な面が見えてしまうから

好きな人だからこそ、その人の細かい個所について色々と注意深くなって余計なことを見つけてしまうものです。

まるで適性をチェックする試験官や面接官のような視線を送ってしまいがちです。

本当はそんなつもりは全くないはずだったのに、あの人は今頃どこで何をしているのかなど、考えれば考えるほど気になってしまいます。

自分が望むとおりの理想の男性、もしくは理想の女性であって欲しいと感じて止まなくなります。

しかし誰しも、好きな人であろうとなかろうと、どのような人でも必ず一つや二つ欠点を抱えているものです。

人は完璧ではないことなど理屈では分かっていながらも、好きだからこそ理想像を壊したくないと考え、なぜか苛立ってしまうほど嫌な面が浮き彫りになってしまうからです。

相手の男性、もしくは女性だって、ごく普通の人間として日々あなたと同じように暮らしています。

理想ばかりを押しつけることは誰にもできません。

好きな人にむかつくのは関心の現れ

人は自分が興味を持つもの、関心を抱くものにこそ反応を示す生き物です。

関心が強ければ強いほど、それを特化したくなります。

この心理は恋愛だけに留まらず、あらゆる考え方に適応します。誰しも最初に刺激を外部から与えられます。

その刺激に対する答えとして反応するという流れが自然と出来上がっていきます。

常に人は刺激と反応との間に、理屈では言い表せないスペースを持っていると言われています。

むかつく、嬉しい、あるいは悲しいなどの感情というのは、そのスペースから湧き出るように誕生するとされています。

男性女性問わずに、誰しもこのスペースを必ず保持しながら常にコントロールして生きています。

平常時で何もなければ、そのスペースは静かなままで何も影響はありません。

その証拠に自分があまり興味がないものについては、全く心が乱れることなどありません。

心に刺激的だとは認知していないので反応をしないわけです。

しかし何らかの原因と進展があってむかつく気持ちが働いてしまった場合、その相手への感情や関心が他の誰よりも強くあるからこそ、余計に心が動き出します。

好きな人にむかつくことがあると、刺激と反応のスペースで関心の強さが膨れ上がっていくことで、ますます感情をむき出してしまうわけです。

スポンサーリンク



好きな人にむかつくのは期待値が上がってしまうから

好きな人にむかつく理由の中に、好きな人だからこそ大げさに何かを期待する傾向があり、関心があってますます期待値が高くなってしまうことが原因の一つです。

その人に対する理想を自分で勝手に思い描いてしまい、必要以上に大きく揺れ動くようになってしまいます。

あの人はきっとこういう女性だ、ああいう男性だというような自分だけの概念を作り上げてしまうようになるからです。

しかしそれは、概ね何の根拠もなく勝手に作っただけの幻想にすぎません。

本来のあなたが好きな人というのは、実はあなたとは全く違った価値観や考え方、ものごとの捉え方で毎日行動しているのかもしれません。

あなたが思っているような性格や特徴の人ではないのかもしれません。

そのため、相手が自分の思った通りに動いてくれないようなことが生じてしまうと、そのショックによって心が動揺し始め、抑えが利かなくなってついついむかつくことになってしまいます。

好きな人に自分の思う通りに動いてほしいと思うから

好きな人に対しては、もちろんお互いがハッピーでいたいし、何でも納得している状態でありたいと願いつづけるものです。

そう頭では考えていながらも、自分の望むように行動をしてほしいとまでいつしか決めつけてしまいがちです。

好きな人だからこそ自分の理想に近い存在であって欲しい、なおさら強くそう念じてしまう傾向があります。

そのため、自分が思ったように行動してくれない相手には、いつしか苛立ちを覚えてしまい、心がざわつき始めむかつくようになります。

これは、好きな人や関わりが強い人だからこその特有な強い現象です。

しかし相手の男性、もしくは女性だってあなたと同じ人間の一人です。

自分が得手不得手や好き嫌いがあるのと同じなのだと理解しておく必要があります。

なぜなら、あなただって必ずしも誰かの言いなりになって行動などしたくないだろうし、そうできないことは一番分かっているはずです。

全くその気持ちと一緒なんだと理解してください。

好きな人の言動に嫉妬してしまう自分にむかつくから

好きな人の言動が気にくわない時、がっかりさせられる出来事があった時などは嫉妬心が芽生えます。

好きな人にむかつく理由として、自分自身に向けて不満を持っている場合も想定されます。

自分に自信がないとも受け取れます。嫉妬している自分に対して嫌気をさしてしまうことが原因とされています。

これは男性でも女性でも抱えてしまう心理状態です。

もし好きな人が周囲に関わる誰にでも優しく接していると知った時、自分が好きなその人には元々他に誰か好きな人がいるような時、あるいは自分にはまったく興味も関心も当初から持ってくれていないと気づいてしまった時など、つい嫉妬心を抱いてしまい、色々なところへ八つ当たりをしたくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク



好きな人にむかつく部分があるが嫌いになれない自分に苛立ちを覚えるから

好きな人がなかなか自分を認めてくれないという理由からつい苛立ってしまいむかつくのは、実は裏を返すと、そんな相手であろうとも、いくらなじられたりどうしても嫌いになれないという不安定な自分の感情に苛立っていることが原因かもしれません。

むかついているのは相手よりも自分自身の不甲斐無さが原因なのかもしれません。

そんなにむかつく男性、あるいは女性なら、いっそのこと諦めて次に行くなり新たに別なスタートを切ったほうがすっきりするはずです。

しかしそれは極力したくない、そんな簡単に気持ちの整理がつかない、と悩んでしまうのも事実です。

嫌いになれなくてどうしていいか分からないから、心ここにあらずで彷徨っているような感覚です。

自分がこれからどこへ向かっていけばいいのか、どこを目標にしていけばいいのか、その答えがまだ見つかっていない状態です。

好きな人にむかつくときの対処法は?

好きな人にむかつくという心理はポピュラーな感情です。

それほど意外なことではありません。

案外と誰でも心に持っている要素とも言えます。

そんなにむかつくくらいに好きな男性や女性がいるという方は、そのままな宙ぶらりんな状態で辛く困り果てていることも珍しくはありません。

むかつくからこそ愛おしい人です。

むかつくほど好きな人がいるとしたら、自分は何をどう対処して気持ちを落ち着かせたらいいのでしょうか?

好きだからこそ生じてしまう心の葛藤を、どうしたらなだめることができるのでしょうか?

どんなことをすれば、好きな人にむかつかないで済むのでしょうか?

ここでは、好きな人にむかつく時の対処の仕方をご紹介します。

好きな人にむかつく自分を受け入れる

好きな人にむかつくという心の状態は、それだけ相手の異性に関心があることの裏返しともいえます。

心に刺さった刺激に対して何かしら反応へと変換する際に、さまざまな感情が芽生える隙間が生じていることを示しています。

その隙間はまだ何も決定しておらず、どうにか埋めたいと思い始めます。

隙間を埋めるためには、イライラとした自分をそのまま素直に受け入れるしかありません。

気に入らないことがあったらむかつくのは当然のことだと、自分を許すことで心に余裕が生まれていきます。

どうしてもネガティヴな気持ちが先行していると、むかつく自分を認めたくないという心理が働き始め、わざとらしいことをしたり誰かへ責任を押しつけたくなります。

好きな男性であれ女性であれ、相手の言動そのものを善し悪し関係なく広く受け止めれるようになるまでは、まず自分をいかにして丸ごと受け入られるかを考えることが大切です。

好きな人のどこにむかついているのか冷静に考えてみる

好きな人なのに何についてどうむかついているのかを、客観的に観察する習慣を持つようにしていくと、やがて自分らしい成果が見出せます。

好きな人のどんなことに自分はむかついているのでしょうか?

むかつく時というのは、誰しも判断力が鈍っていて、ただ感情に押し流されていることのほうが多いようです。

そのむかつく原因がどこにあってどうすれば納得できて最良な解決を得られるのかを、はっきりとさせておく必要があります。

おそらくむかついている自分がこだわっていることは、もう変えられない過去か、まだ見えてこない未来にばかり気持ちが向いている可能性があります。

好きな男性、もしくは女性のことも含めて、今のこの時点で、この瞬間に一番どうあるべきなのかを、一度冷静に考えてみることをおすすめします。大切なのは現在の姿や態度です。

スポンサーリンク



好きな人にむかつく気持ちが自分本位がどうか考える

好きな人にむかつく時というのは、大概気持ちのベクトルが相手に向けているようでいて、本当は自分のほうにしか向いていません。

好きな人のことを考えているようでいて、実は自分が良ければそれでいいというわがままで保身な状態に陥っていると言えます。

あなたも自分ばかりどうして、何で私が、という言い訳で一時的に頭の中を支配されてしまうことはありませんか?

そのような時はあって然りです。しかし憤りを感じている時は、いつしか冷静さも失っています。

すっかり自分本位になってしまった心の闇にすら気づいていない可能性があります。

あなたの好きな相手の男性、女性、その各々にだって個人としての考え方や生き方があり毎日暮らしているのですから、本当に相手のことを思うのであれば、いつでも相手へリスペクトする心掛けを忘れてはなりません。

好きな人にむかつく気持ちが大きいのを自覚する

好きな人にむかついたら、今自分がむかついていることを観察してみるような習慣にすると良いでしょう.

相手のことが好きだからこそ気になるのは言うまでもありません。

相手の男性や女性への思い入れが強くないのならば、その人が普段から何を考えていようがどう過ごしていようが、自分にとっては関係がないことときっぱり言えるはずです。

その人のことなどあっさりと右から左へと受け流すことができます。余程のことがない限りむかつくこともあまりありません。

言い換えれば、好きな人というのは掛け替えのない特別な存在なのだという意味にもなります。

気持ちがますます大きくなっていくことによって、相手のちょっとしたことでも、何だか自分でも分からないままむかつくようになってしまいます。

そのような時には、あなたの好きな人への気持ちというのは、相当大きいものに発達したのだと自覚しておくことは大切です。

なかなか他人を信用することができない世の中で、あなたは大きくて計り知れない豊かな気持ちを得たんだと、そう言えるのではありませんか?

好きな人にむかつく原因と対処法を紙に書き出す

好きな人にむかつく原因を多角的に判断するような工夫をすると、対処法が見えてくることがあって役立ちます。

よく、冷静さを失っている状態の時に、その対処方法の一つとして頭を冷やすという言葉が用いられます。

頭を冷やすための主な方法としては、好きな人との些細な出来事やむかつくと思った具体例などを回想してみるといいでしょう。

簡単で誰でもできる方法として、それらの詳細や経緯などを、自分なりな書式で紙に書き出してみることをおすすめします。

書き出すという処方はかなり強力です。紙に書くことによって、一旦心の中のものをアウトプットすることになり、それらの出来事を静かに分析できて、今後参考になる要素へと変換できます。

いつしか客観的に思えるようになって解決案が見出せる可能性があります。言いたいことを紙に向かって吐き出すように書けば、気持ちが相当楽になります。

なんで自分が悩んでいたのかも忘れるくらいです。

紙に書くという方法は、男性女性といった性別には一切関係なく使える解決策でもあります。

好きな人がむかつくときに許すべきではないポイントは?

好きな人に関心があるからこそ、好きな人の言動が気になってしまい自分をないがしろにされてしまったり、ちょっとした勘違いでむかつく気持ちが生まれてしまいます。

本当に好きで好きで仕方ないからこそ、むかつく時があるのだと言えます。

しかしむかつく相手にも、その人なりな考えや性格があるのは当然なことです。

誰にでも個人としての意思があり価値観があります。その相手の男性、もしくは女性とは本来相性が合わなかったのだという可能性も考えられます。

お互いの今後を考えたら相性が全く合致しないので無味乾燥な付き合い方になりかねません。

膨大にむかつく気持ちに心が占領されすぎて、メンタル面とフィジカル面の両方で害を感じるようなら、一旦距離を置くべきかもしれません。

以下、これをされたら、たとえどんなに好きでも許せないというポイントについてご紹介します。

言ってはいけない・傷つく冗談を言う

ユニークな冗談交じりで会話が楽しく、場を和ませることができる人は魅力的です。

しかし冗談にも程がある場合があり、言ってはいけなこともあります。

もし好きな人がデリカシーのない人だとしたら、あなたや他者が傷つくような発言や行動ばかり繰り返すようなタイプの相手だとしたら、いち早く関係性を断ったほうが良いでしょう。

そのような他人を労われない人物は残念な人です。

あなたが日頃気にしていて決して誰かに言われたくないことなのに、軽い気持ちで冗談混じりな言い方をする人とは、一緒にいてもきっと後悔するようなことのほうが多くなってしまいます。

特に気をつけていなくてはならないのは、見かけや身体的な欠点、家族の事情などを口走ってしまう人です。

言っていい冗談と悪い冗談の区別とは、男性や女性を問わずに考えなくてはなりません。

他人の不幸に喜んでいる人とは縁を切るほうが正解です。

自分の好意を利用するような言動をとる

好意に甘えるというのは、ある種のコミュニケーションの一つです。

おごったりおごられたりといったことで、お互いの調和が保たれることもあります。

かなり親しい間柄では成立します。しかしその好意を逆手にとってしまっては良くありません。

もし男性でも女性でも、好きな人が好意に甘えてばかりいてあなたを利用しようとするようなら、その相手とは無理に付き合わないほうが無難です。

特に金銭面は顕著になっていきます。

お金がからみだすと都合の良い人として扱われてしまっている懸念があります。

いずれむかつく気持ちを通り越していくことになって、相手への不満が膨れ上がり憎しみや恨みにまで発展します。

どうあれ、相手の気持ちに託けて利用しようとするのは犯罪に近い行為ですし、時間や心身的にも熱量を奪われ、あなた自身を蝕まれてしまう恐れがあります。

好意があることを他人に言いふらす

口が軽い人は信用がないものです。

それは恋愛の際に最も身近でも起こりやすい間違いでもあります。

もし自分が密かに好きな人について、関係のない人々へリークされてしまうと、とても恥ずかしい気持ちに陥ってしまうものです。

しかもそのリークの出所が、あなたの好きな人だったらかなりショックなことです。

あなたが好意を抱いていることを自ら周囲に漏らしているわけです。

それを知ったら、普通は悲しい気持ちになるはずです。そのような他人にあることないことを言いふらすようなタイプの人というのは、自己中心的な人物であると判断できます。

他者への気配りや配慮ができない男性、もちろん女性だって、あまり信用に値しない人物だと解釈したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

好きな人ほどむかつくという心理について、概ねのことがおわかりいただけたでしょうか?

相手のことが好きなだけに気になってしまうからこそ、ちょっとした言動に敏感になって反応してしまいます。

好きな人の言動そのものを細かくチェックし始め、ちょっとでも腑に落ちない点が見えてくると、ついむかつくというそんな心の状態になってしまいます。

しかしそれは決して妙なことなどではありません。

あなただけがそんな状態だというわけでもありません。人として男性女性問わず自然な心の流れなんだと受け止めてもいいことだからです。

それほどにまで、あなたは好きな人に夢中なんだという裏返しにもなります。

いつかあなたの思いが、好きな人に伝わることを切に願っています。

【関連記事】

好きな人がモテる男!心理や本命の彼女になる方法は?

好きな人と連絡するときのポイント!脈ありサインは?

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

好きな人に可愛いはNG?可愛いと思う心理や瞬間

好きな人の笑顔の心理は?好意の相手に男性が見せる顔は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク