好きな人と結ばれない理由は? 

好きな人 結ばれない

本当に好きな人と結ばれたいと誰もが思います。

ただ「この世で一番好きな人とは結ばれない運命である」とも言われています。

結ばれたいのに結ばれない、そんな悲しいことはありません。

一体なぜ好きな人とは結ばれないのか、今回はそのお話をしていきます。

ぜひチェックしてみてくださいね。

好きな人と結ばれない理由は?

好きな人 結ばれない

好きな人と結ばれない、そんなことは現実にあるのでしょうか。

「私は好きな人と結ばれたけど」と言える人も多いことでしょう。

実際好きな人と結ばれる人もいるので、ここでいう「結ばれない」と断言できるものではなく、「結ばれにくい」と解釈するほうが正しいかもしれません。

ですがまさに運命の赤い糸で結ばれたという人はほとんど稀です。

多くの人はどこか妥協点を見つけて結ばれることが多いのです。

ただ、人は思い込めるというそれは本能的な面でこの目の前の人は結ばれるべき人だった、と落としどころを見出していると言えるでしょう。

では本当に好きな人とはなぜ結ばれないのか、と疑問に思った人にその理由を紹介してみます。

自分に当てはめてチェックしてみてください。

好きな人と結ばれないのは好きのピークが早くてその後欠点が目につくようになるから

好きな人 結ばれない

好きな人と結ばれない理由として、ピークが早くてその後の欠点が目につくようになるからということがあります。

時として人は恋愛に慎重であるあまり二人のピークが思ったよりも早く来てしまい、あれよあれよと二人の関係はすでに終焉に向かっていた、ということはないでしょうか。

こんなはずじゃなかった、と思ったときはすでに遅し。

修復不可能な状態になっていることがあります。

それは相手に対して期待しすぎるために思ったほどの人ではなかった、という過剰な期待がそう思わせてしまうことがあるのです。

ただそうなるまでにそれほど時間は経っていないのに、これから熱が上がるどころかすでに冷めてしまっているということは男女の間にはあることです。

出会ったときがピークだった、つまりは縁が無かった相手であると言えるでしょう。

好きな人と結ばれないのは自分の素を出すことができないから

好きな人と結ばれない理由として、自分の素を出すことができないからということがあります。

カップルになると相手に自分のすべてを見せるようになります。

それは心を開くことができるからです。

ですが好きであるはずなのに心を開けない、そのような相手とは結ばれることは難しいです。

人はあまりに好き過ぎる相手に本当の自分を見せることができません。

好きであるから醜い自分を見せたくない、見せることができないのです。

自分の嫌な面を見せて嫌われたくないという思いもあるでしょう。

素を出せない相手と居るといずれ疲れてしまうことは否めません。

好き過ぎるということも結ばれない理由となり得るのです。

好きな人と結ばれないのは執着してしまうから

好きな人と結ばれない理由として、執着してしまうからということがあります。

恋愛で相手に執着してしまう人がいます。

つまりは相手に依存してしまうということがあるわけです。

「この人は運命の人」「この人を逃すともう恋愛できないかも」と勘違いしてしまう人はいます。

そしてそう思った先には「束縛」という手段に出る人もいるのです。

相手を束縛するということはもっとも二人の関係が壊れる近道となります。

恋愛を長く続けたいのであればそのことに気が付かなければいけません。

相手への執着は逆に相手を遠ざけることになることを知りましょう。

好きな人と結ばれないのは好きすぎて疲れてくるから

好きな人と結ばれない理由として、好き過ぎて疲れてくるからということが挙げられます。

恋愛で相手を好き過ぎるということはなぜか一人芝居をしてしまう傾向があります。

それはどういうことかと言うと、もしかすると相手は自分に飽きているのではないだろうか、自分と居て楽しいのだろうか、本当に自分のことが好きなのだろうか、と勝手に思ってしまうことがあることです。

相手の気持ちを聞いたわけでもないのに、一方的に思い込んでしまうということが恋愛にはあります。

つまりは不安があるからこのようなことを考えてしまうのですが、それを払拭することができる判断材料もないわけです。

あれこれ一人で考えてしまうと一人で勝手に疲れてしまいます。

こんな一人芝居をしていては必ずどこかで糸が切れてしまうことになるでしょう。

気が付いたときは勝手な思い込みで相手に求めすぎていた、ということにならないようにしましょう。

好きな人と結ばれないのは外見など表面的なことしか見ていないから

好きな人と結ばれない理由として、外見など表面的なことしかみていないからということがあります。

人を好きになるのはまず外見から、という女性は多いことでしょう。

また外見が良いとすべてがOKに思えてくるものです。

ですがあくまでも人は付き合ってみないと分かりません。

付き合ってみるとまったく思っていた人ではなかった、ということは普通にあることです。

価値観に違いなどは付き合う前では分からないこともあります。

あまりに外見に気を取られ過ぎて相手を知れば知るほどまったく表面的なことしか見ていなかった、などとならないように相手を見極めることが大切です。

まずは外見ではなく、人の内面を見ることができるようにしていきましょう。

好きな人と結ばれないのは好きすぎてちょっとしたことで嫉妬するから

好きな人と結ばれない理由として、好き過ぎてちょっとしたことで嫉妬することがあります。

女性の中には過剰な嫉妬をする人がいます。

その嫉妬としてはちょっとでも女性と会話をしていたり、酷いときは女性に落とし物を拾ってもらっている程度でも嫉妬をする人もいるほどでしょう。

さらにはコンビニでレジの店員が女性であるだけでも男性のレジに並ぶように促す場合もあります。

嫉妬する傾向のある女性は多くの場合はトラウマを抱えていることがあります。

過去に男性に浮気をされたり、友達に彼氏を取られてしまったなどという辛い思いをした人が過剰な嫉妬をする傾向があります。

ですが迷惑するのは彼氏です。

そのような気持ちが一切ないのに嫉妬されたり疑われたりすることは心外です。

信頼されていない気持ちになることでしょう。

こうなると男性から離れていくことになります。

好きな人と結ばれないのは相手がかっこよくて浮気すると思うから

好きな人と結ばれない理由として、相手がかっこよくて浮気すると思うからということがあります。

外見が良いということはモテるということも必然的に付いてきます。

いわゆるイケメンを好きになるとこうした不安が出てくるのは当然です。

そして絶対に逃したくないという思いから束縛してしまったり、他の女性を寄せ付けないように悪女になってしまうこともあるでしょう。

ただここがすでに考えてが間違っていることになります。

イケメン=浮気と思いがちですが、イケメンであっても浮気をしない人はたくさんいますしそれは女性次第です。

好きな人に息苦しさを与えてしまうと浮気をすることにもなり兼ねないのです。

まずはそういうことを考えないといつまでも好きな人と結ばれることはないでしょう。

好きな人と結ばれないのは好きな気持ちが相手に伝わりすぎるから

好きな人と結ばれない理由として、好きな気持ちが相手に伝わりすぎるからということがあります。

好き好きオーラを出し過ぎるとこれもまた彼には負担になるものです。

最初こそはその好き好きオーラは嬉しいものに違いありません。

彼もそれに応えたいと頑張っていたことでしょう。

ですがカップルは時間が経つとそれなりに気持ちが落ち着いてきます。

落ち着いてきて初めてお互いの使い方を考えていくことになります。

それが付き合ったばかりのような気持ちがずっと続いていると嬉しい反面、ドン引きしてしまう気持ちの方が強くなってくるものです。

好きで好きで仕方がないことは分かりますが、相手が負担に感じる好き好きオーラは心の中にしまっておきましょう。

結ばれないからこと本当に好きな人だと思うから

好きな人と結ばれない理由として、本当に好きな人だと思うからということがあります。

「一番目に好きな人とは結ばれない」と聞いたことがはないでしょうか。

そしてこんなことも聞いたことがないでしょうか、「人は二番目に好きな人と結ばれた方が幸せになれる」。

誰が言ったのか、そしてその真意は分かりません。

ただ一番好きだと感じる人には多くを求めてしまいます。

また自分が一番に好きだと思っていても相手はそうではないということもあるでしょう。

つまり一番目に好き人というのはあなたが好きな人、二番目に好きな人は相手があなたのことを一番好きな人、と考えてみてください。

「愛するよりも愛された方が幸せになれる」ということがあるのです。

恋愛というのは人の思いが交錯しています。

うまくパズルをはめるようにしていくとピッタリとくるものです。

いくら好きでも合わないパズルははまることはありません。

自分の思い、そして相手の思いを考えてみると自分は誰と結ばれるのが良いのか見えてくることでしょう。

好きな人と結ばれない・結婚できなかったときの対処法

好きな人と結ばれない、これほど辛いことはありません。

ですが考え方を変えてみると結ばれないことも自分のためになることもあるのです。

そう考え方を変えることは並大抵なことではないことも。

ここで対処法を知っておくと恋愛がちょっぴり辛いことから脱出することができます。

では好きな人と結ばれない、また結婚できなかったときの対処法を紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてください。

片思いのままでいる

好きな人と結ばれないときの対処法として、片思いのままでいることが挙げられます。

美しく楽しい思い出はあくまでも綺麗な思い出として心に留めておくことも大切なことです。

そうは言っても好きな人をそうそう片思いのままにしておくことはとても辛いことです。

ですがもし相手にパートナーがいたり、相手のことを思うとこのままでいる方がお互いのためになるはずです。

恋愛は自分本位になりがちですが、相手のことを第一に考えることも恋愛には必要です。

恋愛はお互いが幸せにならなければいけません。

それができないと思ったとき、自分で自制できる強い心を持つことも大切です。

諦める

好きな人と結ばれないときの対処法として、諦めることが挙げられます。

好きなのに諦めるなどという選択肢があることなど考えられないかもしれません。

ですが好きだからこそ諦めなければならないこともあります。

諦めることは片思いのままでいることに繋がりますが、ですが片思いでいることすら辛いこともあるのです。

そうであるならば諦めることを選択するほうが未来があります。

例えば許されない恋愛をしているときは諦めることが絶対的に必要になります。

今すぐ諦めろとは言いません。

自分の心に折り合いを付けていけるように時間を掛けていきましょう。

前向きに考える

好きな人と結ばれないときの対処法として、前向きに考えることが挙げられます。

恋愛にはポジティブ精神が必要です。

たった一度恋愛に失敗したからと言ってひどく落ち込む人がいますが、それは実にもったいないことなのです。

落ち込んでいる時間を無駄に過ごしています。

それだるなら「次に行こう!」と前向きに捉えてみましょう。

突き進むことで必ず運命の人に出会えることができます。

大切なことは立ち止まってしまうことはNGであることです。

周囲がどう思おうと自分のために立ち止まらず進んでいきましょう。

好きな人から勉強させてもらったと考える

好きな人と結ばれないときの対処法として、勉強させてもらったと考えることが挙げられます。

「恋愛で勉強?」と思った人はいることでしょう。

ですが恋愛は人の心を強くしてくれますし、多くのことを学んでいるのです。

その証拠として年齢を重ねていくうちに恋愛に対して客観的に見ることができるようになっていきます。

いろいろなパターンの恋愛を体験すると次は落ち着いて対処することができるようになるわけです。

たとえ恋愛に失敗したとしても失敗こそ大きなことを学んでいます。

決して恋愛をネガティブに捉えることはありません。

自分が成長していける糧だと思うことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

誰も好きな人と結ばれないと思って恋愛をしている人はいないものです。

好きな人と結ばれたいと思うからこそ自分磨きをしたり、いろいろな努力をすることでしょう。

ただ好きな人だからこそ結ばれないということもあるのです。

好きな気持ちだけでは恋愛は成就しないのです。

恋愛は人を強くしてくれます。

そして何より素敵な人にもしてくれます。

今は出会っていない人と出会えるための中間地点として捉えることも時には必要な時もあります。

ぜひ好きな人と結ばれないときがあっても、決して後ろ向きにはならず前へ突き進むことをしていきましょう。

必ず運命の人へと辿りつきます。

【関連記事】

好きな人の前でぎこちないときの対処法は?

好きな人に久しぶりに会うとき好感度アップの方法は?

好きな人に気持ちがバレる原因・対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク