好きな人にとる態度【男女別】冷たい態度は脈あり?

好きな人を前にすると、男性でも女性でもどことなく態度が変わってしまうものです。

好きな人への態度は「大好き」とわかりやすいものから、「もしかして嫌われてる?」というようなものまでさまざまです。

そこで、どのような反応をするのか、男女別にご紹介していきます。

また、冷たい態度をとるような場合でも脈ありの可能性があるので、解説していこうと思うので、参考にしてみてください。

好きな人にとる態度は男性と女性で違う!

好きな人 態度

好きな人にとる態度は、どれだけ必死にこらえようとしてもこらえきれないものです。

気持ちが溢れ出し、結果的に表現してしまうものだからです。

ただ、男性側と女性側では、好きな人にとる態度がちょっと違うので、その点はよく理解しておきましょう。

とっても優しいから自分のことが好き、冷たいから自分のことを嫌っている、というような単純なものではありません。

人間は時として、自分でも抑えられない感情表現になってしまうものなのです。

男性が好きな人にとる態度

好きな人 態度

男性が好きな人にとる態度をご紹介します。

男性は、プライドの高い生き物なので、女性に対して「かっこいい自分を見せたい」という感情が強いです。

しかしその反面、好きな人に対して素直になれなかったり、消極的な態度になる場合も多いです。

ただ、結果的に比較的わかりやすい好意を向けてくれるので、女性も判断しやすいと言えます。

めちゃくちゃ褒める

男性が好きな人にとる態度は、めちゃくちゃ褒めることです。

男性は、基本的に態度で表現するのが恥ずかしいと思う生き物です。

しかし、好きな人ができて、女性に好感を持って欲しいと思えば、とにかく褒めるという人もいます。

普段だったらそんなにたくさん話さないような人でも、好きな女性の前だったら饒舌になって、服装から髪型、メイク方法にいたるまで褒めちぎることもあります。

チャラついた男性であれば、誰でも褒めるかもしれませんが、そういったこともないのに、自分にだけ褒めてくれるような相手であれば、脈ありの可能性は多いにありますよ。

脈ありなのか軽いだけなのか、というのは自分だけに言ってくれるのか誰にでも優しいのかで判断をしましょう。

目で追ってしまう

男性が好きな人にとる態度で、王道なのは、目で追ってしまうような態度です。

言葉で表現することや表情などで好きな人に自分の気持ちを知られたくない場合、とにかく好きな女性を目で追ってしまうのです。

もともと、男性は狩猟本能があり、好きな人がどこかにいかないよう見張る傾向が強く、それは無意識の行動だと言えます。

本能で視線を向けているため、本人も気付いていないことが多いです。

ただ、見ていることに間違いはないので、女性が困っている時や変化があった時にすぐに気付き、声をかけてくるような場合は目で追っていた証拠だと思ってください。

カッコつける・クールになる

男性が好きな人にとる態度で、カッコつける・クールになることが多いです。

好きな人の前では、男らしく頼り甲斐のある自分を演出したいので、積極的に女性をサポートしたり優しさやスマートさを見せたがります。

時々、自慢をしてくる可能性もあるので、それはカッコつけたい証拠だと少し優しく見てあげてください。

そういった自分を見せることによって、好きな人に頼って欲しいという気持ちがあるので、女性の前でカッコつけたり、クールな雰囲気を見せるような態度をとります。

その際は「カッコいいね」とか「頼りにしてる」と素直に教えてあげてください。

きっと、心の中では嬉しくて飛び跳ねてしまっているかもしれません。

スポンサーリンク



一対一で会おうとしてくる

男性が好きな人にとる態度で、一対一で会おうとしてくることが多いです。

女性と男性が2人きりで会う、ということは相当仲が良い場合以外はあまりありません。

しかし、好きな人のことをもっと知りたい、普段のラフな姿を見てみたい、自分のことを知って欲しいと思っている場合、男性は一対一で会おうとしてきます。

社交辞令で誘う場合もありますが、何度も言ってくるようであれば真剣に好意があることを態度で示しているので、自分の気持ちと相談して会ってみてください。

また、一度一対一で会った後もすぐに「次は◯◯に行こう」とか「次は◯◯を食べよう」というような提案をしてくれば、ますます脈ありの可能性が高くなります。

いじわるする・からかう

男性が好きな人にとる態度は、いじわるする・からかうといったものです。

男性というのは、幼い頃から好きな人にちょっかいをかけてしまう生き物で、それが女性にとって嫌だと思うことだとしても、それでも自分を見てくれたり話すきっかけになるのであればしてしまいます。

いくつになっても、好きな人に対していじわるしたりからかう態度をする男性は多いです。

ただ、通常大人は好意もない相手に対しては関わろうとはしません。

だからこそ、大人の男性が大人の女性に対していじわるやからかい行為をするというのは、好きという気持ちをうまく表現できない好意の表れだと判断できます。

スポンサーリンク



好きな人の前ではにやけている

男性が好きな人にとる態度は、好きな人の前ではにやけている場合が多いです。

やはり、好きな女性と一緒にいると気持ちが幸せになるので、どうしても態度で表れてしまいます。

男性というのは、愛想笑いのようなことをしませんので、いつも笑っているな?と感じたら、それは好意の表れです。

一緒にいると楽しくて、ついつい表情が緩みがちになるので、職場恋愛などの場合は男性側の態度で周りの人がすぐに気付くなんてこともよくある話です。

ボディタッチしてくる

男性が好きな人にとる態度は、ボディタッチをしてくる場合です。

好きな人に対して、「触れてみたい」とか「近くに感じたい」と思う時に表れる態度です。

女性は、好意がなくても無意識にボディタッチする人がいますが、男性ではほとんどいません。

セクハラだと思われてしまうかもしれませんし、その他にもリスクがつきまとうからです。

そういった面を考慮しても、ボディタッチしてくるのであれば、好きな気持ちが出ている証拠です。

ただ、気軽にボディタッチしてくるような場合は、体目的の可能性が高いので、注意が必要です。

体目的の場合は、誰にでも似たような態度をとっているので、よくよく見ているとわかりますよ。

スポンサーリンク



髪の毛を触ってくる

男性が好きな人にとる態度で、髪の毛を触ってくるという行為があります。

女性の髪の毛というのは、実は触れたいと思っている男性が多く、好きな人じゃないと触れたいと思わない傾向があります。

ボディタッチよりも態度としては、真面目な愛情表現だと感じていいです。

なぜなら、ボディタッチよりも髪の毛に触る方がハードルが高く、好意のある相手にしかしたいと思えないことが理由です。

髪の毛に触れられると一気にお互いの距離感が縮まったような気持ちになるので、2人きりの時に髪の毛にさりげなく触れるというのは、通常の友人関係ではできないことなので、好きな気持ちのアピールだと受け取ってください。

好きな人を褒める

男性は、好きな人を褒めることによって好意を態度にします。

触れたり、積極的にデートに誘うことが恥ずかしいと思っている人に多い態度で、さりげなく「可愛い」とか「今日の服似合っているね」と言った些細な言動で好意を伝えたいという態度です。

好きな人だからこそ緊張して常に素直な言葉を伝えられないかもしれませんが、恋人にしたい女性に対しては、少し大胆になれることも男性が好きな人にとる態度の特徴でもありますよ。

スポンサーリンク



何かと気遣ってくれる

男性は、好きな人に対して非常に気遣いが出てきます。

なぜなら、好きな人のことはいつでも見ているので、何かと気付いてしまうからです。

なので、女性が困った時に何かと気遣ってくれる男性は、脈ありな可能性が高いんです。

すぐに気付かないかもしれませんが、本当であれば男性というのは興味のない人の手助けはしません。

それくらい、態度ではっきり分けられるので、脈ありの態度だと思ってください。

真剣に話を聞いてくれる

男性が好きな人にとる態度は、真剣に話を聞いてくれるということです。

それは、どのような話でも真剣に話を聞いてくれますが、特に好きな人から相談を受けたときにわかりやすいく態度に出ます。

好きな人が困っていたり、悲しんでいる姿を見たくないと思う傾向が強く、どうにかして助けてあげたいという気持ちが強くなるからです。

か弱い女性の支えになってあげたい、と真剣に話を聞き、真剣に解決に向けて手助けをしたいと思っています。

また、相談に乗ることによって、相手に対して「頼りになる」とか「男性らしい」と思ってもらいたいという気持ちもあります。

好きな人に将来の夢を語る

男性が好きな人にとる態度は、将来の夢を語るということです。

当然興味のない人と将来の話をしたとしてもおもしろいわけではありません。

なので、好きな人であり、将来を一緒に過ごしたい女性に対して将来の夢を語ります。

その話に共感してもらえるのか、つまらなさそうに聞かれるのかという相手の態度を見て見る部分もあるので、好意のある人から将来の夢を語られたら、しっかりと共感して話を聞くようにしてくださいね。

スポンサーリンク



プライベートな話をする

男性が好きな人にとる態度は、プライベートな話をすることです。

女性と違い、男性は好きでもない人のプライベートを知りたいと思いませんし、自分の話もしたくありません。

ですが、好きな人のプライベートな話であればどんどんしたい!と思うものなんです。

自分の話をしたいとも思っていますし、そういったプライベートな話題からデートに行くきっかけを探っているとも言えます。

好きな人への態度は、誰とも違うものが多いので、男性の好意に女性は気付きやすいものなのです。

「おはよう」「おやすみ」のlineが続く

男性が好きな人にとる態度として、「おはよう」「おやすみ」のlineが続くこともわかりやすい態度です。

女性は用事がなくても気軽に連絡をするものですが、男性というのは本来は一切そういった行動はしません。

用事もないのに恋人じゃない人や好きな人でもない限り連絡しないのです。

合理的な生き物である男性は、全てにおいて無駄を省きたがります。

なのに、「おはよう」から始まり「おやすみ」で終わるようなlineがいつまでも続くとなると、本来の男性の思考とは変わってきます。

これは、好きだからこその行動なので、愛情表現だと受け取りましょう。

女性が好きな人にとる態度

女性が好きな人にとる態度をご紹介していきます。

女性は、男性と違って好きな人にとる態度がちょっとわかりにくいです。

みんなに笑顔を振りまいてみんなに好かれたい人もいますし、男性との出会いが少なくて、いざ好きな人ができても上手に表現できない人もいます。

ただ、小さな変化は必ずあることと態度もそうですが、体の自然な反応もよく見ておきましょう。

目が合う

女性が好きな人にとる態度は、目が合うことです。

これは、男性も女性も同じ好意の態度ですが、女性は近くで見つめるということはあまりありません。

逆に大勢で遊んでいる時や、職場での席が遠い時などに好きな人を見ています。

そのため、近くにいないのに目が合うなと感じた場合は、脈ありの可能性があります。

もちろん、近くにいても目が合う回数が多ければ、それだけ相手を目で追っているということなので、脈ありと考えていいです。

スポンサーリンク



悩みを相談する

女性が好きな人にとる態度は、悩み相談をすることです。

女性は笑顔の裏では非常に警戒心が強く、信頼している男性にしか自分の本当の悩みを打ち明けません。

好きな人だからこそ自分の悩みを知ってもらい、何か助言をして欲しいという頼っている態度と言えます。

自分の悩みを知った時に相手がどのような返答をし、どのような言い方をしてくるのかによって好意を感じたり、真意をはかろうとしているという面もあります。

女性の心は複雑にできているので、男性は真摯に悩みに向き合ってください。

髪型や服装の変化に気がつく

女性は、好きな人が髪型や服装が変わるとすぐに気が付きます。

変化に気付くというのは日頃から相手のことをよく見ているということに繋がるので、好きな人への態度だと言えます。

男性もそうですが、好意を表す態度として、変化に気付き褒めることをします。

性別関係なく、脈あり態度だと理解しておくといいですよ。

スポンサーリンク



頻繁にLINEしようとする

女性が好きな人にとる態度は、頻繁にLINEしようとすることです。

女性は、好きな人からのLINEは即返信が当たり前の態度となっているので、どのようなLINEだとしても好きな男性とはなんでもいいから頻繁にLINEしようとします。

女性から感じるわかりやすい好意を表す態度として覚えておくといいです。

返信の内容も短文ではなく、なにかと返信ができそうな内容であれば脈ありと考えていいかもしれません。

既読になるのが早い

女性が好きな人にとる態度は、LINEの既読になるのが早いことです。

好きな男性とのLINEはとっても嬉しく、楽しいものなので、返信を待ち望んでいます。

なので、返信が来ればすぐに既読になりますし、返信もすぐに送ります。

好きな人に気持ちがバレてしまうのは恥ずかしいと思っていても、ついつい態度で出てしまう部分です。

スポンサーリンク



質問をする

女性が好きな人にとる態度は、たくさん質問をすることです。

好きな人のことをもっと知りたい、できる限り会話を長くもたせたいという意味合いでとる態度です。

好きな男性との会話は楽しいので、女性は話が長くなりがちです。

それは全部、好きという気持ちがさせることなので、愛情表現として質問をたくさんするととらえてください。

自分を知ってもらいたくてよく話す

女性が好きな人にとる態度は、自分を知ってもらいたくてよく話すことです。

男性にたくさん質問することもそうですが、自分の話もたくさんします。

好きな人への態度が顕著になる女性は多く、相手のことも自分のこともよく話して知りたいという様子を感じるはずです。

例えば、普段はサバサバしている女性だとして、本当は料理が得意だったり可愛いものが好きという事実は、誰にでも知って欲しい話ではなく、好きな人だからこそ知ってもらいたいのです。

こうしたちょっとした乙女心で会話をしている女性は、男性から見ても可愛いですよね。

スポンサーリンク



笑顔が増える

女性が好きな人にとる態度は、笑顔が増えることです。

好きな人を目の前にすると、嬉しくて自然と笑顔になります。

男性に自分がどんな風に見えるのか、可愛く見てもらいたいな、という意識からたくさん笑うんです。

いつも笑顔で可愛い女性だと思ってほしくて、笑顔を見せる態度が多くなりますよ。

リアクションが大きくなる

女性が好きな人にとる態度で、リアクションが大きくなる人が多いです。

これは、好きな人との会話を盛り上げたいという気持ちから、普段よりも表情や相槌などがオーバーになります。

男性からすると、自分と話してこんなに楽しんでくれていると思うかもしれませんが、それは好きだからこその態度です。

女性は、笑顔を讃えることは多いですが、興味のない相手の話を聞いている時にリアクションが大きいことはほぼありません。

リアクションが大きくなるのは、それだけ心を開いている証なので、脈ありの可能性が高いです。

スポンサーリンク



テンションが高くなる・声のトーンがあがる

女性が好きな人にとる態度は、テンションが高くなる・声のトーンがあがります。

女性の声色は、男性側も要チェックのポイントで「自分をよく見せたい相手」の時に声のトーンが高くなるのです。

さらに、好きな人の前では嬉しさを表現する態度として、テンションが妙に高くなるなども挙げられるので、声もテンションも高い状態の時は、ほとんどとして脈ありなのです。

ただ、女性の性格によって少し違いが出てくることもあります。

普段からちょっと消極的な女性や恋愛慣れしていない女性の場合は、好きな男性の前だからこそ緊張してより一層声が小さくなったり、視線を合わせられないなどの態度に出ます。

なので、もともとの性格もよく考慮してください。

好きな人の好きなものに興味を持つ

女性が好きな人にとる態度は、好きな人の好きなものに興味を持つことです。

男性の好きなものを知りたいというのは、お互いの共通の会話を増やしたいという気持ちの表れですし、自分の知らない相手の顔を知りたいという態度の表れです。

もしも、好きなものに自分も触れてみて、面白いと思えばデートにも誘いやすくなりますし、気の合う女性として意識してもらえたら、恋人へ一歩前進だとも感じます。

職場などで、仕事以外の趣味などについて聞く場合も、ほとんどがあなたに興味があります、という脈ありサインだと受け止めてください。

スポンサーリンク



顔・頬が赤くなる

女性が好きな人にとる態度でわかりやすいのは、顔・頬が赤くなることです。

ポーカーフェイスな女性や気持ちを隠せると自信を持っている人でも、自然に起きる体の反応をごまかすことは難しいです。

好きな人の前にいるのですから、当然態度には出さないように気をつけるかもしれません。

ですが、やはり心は素直なので、その心に反応し頬や顔が真っ赤になってしまうことも多いです。

そんな女性の姿を見たらきっと、男性も可愛いと思うはずですよ。

見つめてくる

女性が好きな人にとる態度は、見つめてくるという行為でわかります。

男性の場合、好きな人と目が合うとさっと逸らす人が多いですが、女性の場合は、そのまま見つめている場合も多いです。

態度で気付いて欲しい、そのまま声をかけて欲しいという思いから目が合っても見つめ合うような状態になります。

どちらかと言えば、女性の方が恋愛に対して大胆になる可能性が高いかもしれません。

可愛くなる・キレイになる

女性が好きな人にとる態度は、可愛くなる・キレイになります。

態度、という意味合いで言えばわかりにくいかもしれませんが、好きな人ができた女性は努力を必死にします。

なぜなら、男性に少しでも可愛いとかキレイだな、と思ってもらいたいからです。

恋愛をすると女性はとてもキレイになります。

それは、心が前向きになり、明るくなった証拠で内から溢れる美への意識の高まりや恋愛をすることによってホルモン分泌のバランスの変化からも、キレイになれることは間違いありません。

自分を褒めた部分をより一層キレイにするような女性は、脈ありだと言えます。

スポンサーリンク



ボディタッチする

女性が好きな人にとる態度は、ボディタッチをします。

男性は触れられると、どこか距離感が縮まったように感じ、女性に対して親近感が湧きます。

ボディタッチは好きな人にとる態度として、好意を伝えるわかりやすい方法です。

ただ、寂しがり屋な女性やかまってちゃんのような場合は、誰彼構わず触れているので、よく触れてくるな?と思ったら、他の男性と同じかどうかをまず見極めましょう。

腕を組んでくる

女性が好きな人に対して、腕を組んでくるというのも好意を見せる態度です。

好きな人に対してボディタッチができない人がよくする態度で、腕を組むというのはぴったりくっつかなくても、何か話したいことやこっちへ来て、という時にできる方法なんです。

なので、自然に男性に対して腕なら組むことができますし、触れることができます。

どちらかと言えば恥ずかしがり屋の女性が、こうした態度になることが多いかもしれません。

交遊関係を聞いてくる

女性が好きな人にとる態度は、男性の交遊関係を聞いてきます。

好きな人が今、どのような友人がいるのか、仲の良い人の中に女性がいるのか、など気になることはたくさんあります。

だからこそ、さりげない態度で交遊関係を聞き出そうとしてくるんです。

「いつもどんな遊びしてるの?」とか「グループでよく遊ぶの?」など聞いてくるようだと脈ありの可能性が高いですよ。

スポンサーリンク



身体が好きな人の方向を向いてくる

女性が好きな人にとる態度で、体が好きな人の方向を向いてくる場合が多いです。

態度ではっきりと現れるポイントなので、男性がよく理解しておいた方がいいサインです。

心の底で「もっと知りたい」「自分を見て欲しい」という表れなので、自然と体が好きな人の方向に向き、距離感を近くします。

最初の頃は普通に話していたとしても、どんどん距離感が近づいたり、膝が男性の方を向くようになれば好きになった証拠と言っても過言ではありません。

好意のある人の方向に体は向くと覚えておきましょう。

電話しようとする

女性が好きな人にとる態度は、電話しようとすることです。

近年、LINEなどのメッセージのやりとりが主体となってきているので、電話をするような機会が減っています。

しかし、女性は好きな人の声を聞きたいと思う傾向が強く、男性に対して「電話してもいい?」という申し出をよくしてくることが多いです。

それは、何かしらの用事をつけて電話することもありますし、何の用事もなくかけてくることもあります。

通常、女性は受け身なので男性からのアプローチを待つものですが、自ら電話しようとするというのは勇気をもって話がしたいとアピールしていることになります。

それくらい、相手のことを好きだという態度の表れなんですよ。

2人で食事に行こうとする

女性が好きな人にとる態度で、2人で食事に行こうとする傾向があります。

通常、男性側が誘うものであり、女性から誘うことはまずありません。

2人きりで男女が同じ時間を過ごすというのは、リスクを背負うものなので、一般的には警戒しなくてはいけないのです。

しかし、女性の方から食事に行こうと誘うということは、信頼をしていて相手のことを知りたい、もっと一緒にいたいという態度や気持ちの表れです。

好きな人の細かい仕草や好みなどを知りたいと思う意味合いでも、女性は食事をしたいと思います。

好きな人の冷たい態度は脈あり?

好きな人にとる態度が全て甘い、優しい態度というわけではありません。

好きな人だからこそ、冷たくなってしまう場合もあります。

ただ、本当に「この人と距離を置きたい」と思っている可能性もあるので、脈ありかどうかはよくよく見極める必要があります。

また、男性と女性で冷たい対応の理由に違いがある場合もあるので、きちんと理解しておいてください。

好き避けするからこその冷たい態度

好きな人の冷たい態度は、どういう意味なのか?というと、好きだからこそ脈ありだからこそ冷たい態度をとってしまうこともあるんです。

いわゆる、好き避けと呼ばれるもので、好きなのにどうしても素直になれず、無意識に冷たくギクシャクした態度をとってしまいます。

不器用だったりプライドが高い男性や女性に多い特徴です。

本当は、好きな人と話をしたりLINEをしたりしたいのに、どうしたらいいのかわからないと悩んでいる人も多く、冷たくしてしまう自分に嫌気がさしたりもします。

好意を持っているから冷たくしてしまうのか、と思えばとっても可愛い人に印象が変わりますよね。

好きな人の前だと緊張するからこその冷たい態度

好きな人に冷たい態度をとってしまう理由は、好きな人の前だから緊張していて冷たい態度をとってしまうというものです。

男性も女性も好きな相手の前で口数が少なくなる人は多いです。

何を話せばいいのか、話してどう思われるのかが怖いからなので、嫌いだから冷たくなるというわけではありません。

2人きりでは話さずに大勢の前であれば話をすることができる、という場合は脈ありだからこそ、口数が減り冷たく感じられるんです。

スポンサーリンク



勘違いされたくないからこその冷たい態度

好きな人に冷たい態度をとってしまう理由は、勘違いされたくないからこそ、ということもあります。

職場の場合が多く、相手からの好意を感じて勘違いが生じないように距離を置きたいという態度です。

男性でも女性でも、大人になれば好意を持っていない人に好かれたとして、あからさまに嫌な態度はとりません。

相手との関係性を考慮して、少し距離を置くような対応をとります。

もしも、友人同士あれば集団以外では会わなかったり、みんなで集まった時でも離れた場所をキープするなど案外わかりやすいです。

そういう意味ではなく、好きな人だったとすれば、照れ隠しの可能性が高く

絶対に会わないとかそういうことはしません。

隣にいたくなるはずです。

冷たくても近くにいたら脈あり

好きな人に冷たい態度をとってしまっても、必ず近くにいます。

脈がない相手の場合は、絶対に近くにはいないので、自分に冷たくしてくる男性や女性が態度とは裏腹にいつも近くにいる、という場合は好き避け状態だと思いましょう。

好きな人だけど、冷たくしてしまっているのだともうとなんだか可愛いですよね。

まとめ

好きな人に対する態度の男性と女性の違いや好きな人に冷たい態度をとってしまう理由についてお伝えしました!

基本的に好きという気持ちは隠しきれるものではなく、些細な行動だとしてもなんとなく感じとれるものなので、しっかりと見極めるようにしてください。

自分が好意を持っている人が、自分をどう思っているのかわかりますよ。

【関連記事】

好きな人が職場にいるときに男性がとる態度・行動は?

好きな人とのlineの話題!関係を縮めるテクニック・NGな話題は?

好きな人に告白する方法・タイミング・場所&【男女別】嬉しかった・幻滅した告白は?

好きな人の脈なしパターン!脈ありにする方法・LINEでの注意点

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク