好きな人への手紙の書き方・準備・渡し方・注意点は?

好きな人 手紙

好きな人に気持ちを伝えるとき、もしくはアプローチするときにはどんな方法を選びますか?

今はネットが普及し、LINEなどのSNSを使えば簡単にやり取りをすることができる時代です。

そんな時代だからこそ、あえて好きな人に手紙を書くというのはどうでしょうか。

手紙なんて今どき書く人いるの?

好きな人に引かれない?

などの疑問が生じることと思いますが、今の時代だからこそ好きな人に手紙を書くのはおすすめなんです!

とはいえ、普段手紙を書き慣れていない人からすると、どんなふうに書いたら良いのか分からなくて困ってしまうもの。

そこでここでは、好きな人への手紙の書き方や注意点などについて紹介したいと思います。

ばっちり準備をして、好きな人に気持ちを伝えていきましょう!

好きな人への手紙を書くこと・貰った男性心理は?

好きな人 手紙

まずは、好きな人への手紙を書くことや、手紙をもらった男性心理について見ていきます。

好きな人への手紙を書くことには、メリットがたくさん!

手紙をもらった男性がどう思うのか?についても、触れていきましょう。

1,好きな人に手紙で気持ちを伝えると相手にも伝わりやすい

好きな人 手紙

好きな人への手紙を書くことのメリットには、好きな人に手紙で気持ちを伝えると相手にも伝わりやすいことが挙げられます。

冒頭でも触れましたが、現代において手紙を書く人は決して多いとはいえません。

しかしながら、書く人が少ないからこそ、相手をドキッとさせられるのも手紙なのです。

手紙は不思議と貰った人の心に響きやすく、気持ちが伝わりやすいもの。

また、メールやLINEと違ってモノとして形に残るので、いつまでも余韻に浸ることができるのです。

2,好きな人への手紙はSNSが流行っているからこそ効果的

好きな人への手紙を書くことのメリットには、好きな人への手紙はSNSが流行っているからこそ効果的であることが挙げられます。

手紙は古風で、重く見られそうなイメージがありませんか?

確かにそういうイメージはありますが、SNSが流行っているからこそ、手紙の方が良いという点も見逃してはなりません。

SNSはその手軽さから、真剣さが伝わりにくいというデメリットがあるのです。

手紙は普段は書かない特別なものであり、ゆっくりと時間をかけて書くからこそ、真剣さも伝わりやすいと言えるでしょう。

SNSが流行っている今の時代だからこそ、手紙の方が伝わることもあるのです。

3,好きな人への手紙がラブレターだとより効果的

好きな人への手紙を書くことのメリットには、好きな人への手紙がラブレターだとより効果的なことが挙げられます。

ラブレターは、普通の手紙のように郵送したりはしません。

直接手渡し、もしくは机やロッカーなどに入れておくというのが王道です。

ラブレターは、パッと見でも「ラブレターだ!」と分かるもの。

手紙をもらうだけでも気分が上がるのに、その手紙がラブレターだと分かれば、さらにテンションが上がるのは言うまでもありません。

とはいえ、封を開けて中を見るまでは中身が分からないドキドキ感がありますよね。

こういうドキドキ感が気持ちを高めてくれるため、より効果的にアプローチすることができるのです。

4,ラブレターをくれた女性に女性らしさを感じる

好きな人への手紙を書くことのメリットには、ラブレターをくれた女性に女性らしさを感じることが挙げられます。

男性は、手書きの文字に女性らしさを感じる人が多いもの。

パソコンやスマホで変換される機械的な文字ではなく、手書きの文字にドキッとする人は意外と多いんですよ!

メールやLINEの文字では感じられなかった「女性らしさ」を感じ、手紙をくれたあなたへの関心が高まるのは言うまでもありません。

男性は女性からの手紙をとっておく人が多いので、何度も見返すたびにあなたに女性らしさを感じることでしょう。

5,手紙によって相手にしっかりと考える時間を与えることができる

好きな人への手紙を書くことのメリットには、手紙によって相手にしっかりと考える時間を与えることができることが挙げられます。

直接告白をすると、その場で何かしらの返事をしなくてはなりません。

勢いで本音とは異なる返事をしてしまう‥ということもあるでしょう。

しかし、手紙はすぐに返事をする必要はありません。

自分の中でゆっくりと考え、冷静に「答え」を出せるというのは最大のメリットかもしれませんね。

好きな人に手紙を書くための準備は?

好きな人に手紙を書くためには、しっかりと準備をすることが大切です。

そのへんにあった紙に適当に書いたのでは、せっかくの手紙も無駄になってしまいます。

気持ちが伝わらなければ、手紙を書く意味などありませんからね。

この項目では、好きな人に手紙を書くための準備について、紹介しましょう。

1,好きな人に手紙を書くときはまず便箋を選ぶ

好きな人に手紙を書くための準備には、好きな人に手紙を書くときはまず便箋を選ぶことから始めます。

便箋は、あなたの第一印象を決めるという意味でもとても大切なもの。

手紙をもらったとき、どんな便箋だったか?で印象は180度変わる可能性がある、ということを覚えておきましょう。

場合によっては、あなたのイメージとして定着してしまうこともありますから、便箋選びは非常に重要なのです。

文房具店や雑貨店などに便箋は売っていますから、自分の気に入るものを探してみてくださいね。

2,好きな人に手紙を書くときはシンプル・花柄が入ったものを選ぶ

好きな人に手紙を書くための準備には、好きな人に手紙を書くときはシンプル、花柄が入ったものを選ぶことが挙げられます。

ハデすぎる便箋は、いくら真剣な内容であっても真剣さが伝わりにくくなってしまう恐れがあるため、控えめな便箋の方がいいでしょう。

無地の便箋よりは、花柄が入っているもののほうがgood。

迷ったらパステルカラーの便箋にすると、ふんわりとした女性らしさをアピールすることができるのでおすすめですよ!

好きな人に手紙を書くときに必要なこと

続いて、好きな人に手紙を書くときに必要なことについてお話しします。

せっかく手紙を書くのですから、あなたの気持ちがきちんと伝わらなくては意味がありません。

気持ちをちゃんと伝えるためには、以下のことを徹底しましょう。

1,好きな人への手紙は絶対に自分で書く

好きな人への手紙は、絶対に自分で書くようにしてください。

字に自信がないからパソコンで打ち込む、というのはNG。

パソコンで機械的な文字にしてしまったら、手紙の良さが何もなくなってしまいます。

手紙の良さは、手書きのところにあるのですから、そこをなくしてはいけません。

手紙の方が気持ちが伝わりやすいというのは「手書きだから」であって、パソコンでは伝わるものも伝わらなくなってしまいますからね。

そのため、好きな人への手紙は必ず手書きで、自分の字で書きましょう。

2,好きな人への手紙は綺麗な字で書く

好きな人への手紙は、綺麗な字で書くようにしてください。

字が下手だと、それだけで魅力が半減してしまいます。

丁寧で綺麗な字だからこそ、手紙で女性らしさが伝わるもの。

汚すぎて読めないのでは、意味がありません。

字を書くのは苦手な人もいるでしょうから、そういう人は一度練習してから書くといいでしょう。

丁寧に頑張って書いたという事実は、きっと彼にも伝わるはずですよ。

好きな人への手紙の書き方

では続いて、好きな人への手紙の書き方についてお話ししていきます。

普段は手紙を書かないという人が大半だと思うので、いざ手紙を書こうと思っても、どうやって書いたらいいのか分からないですよね。

好きな人への手紙の書き方は、これから紹介することを意識してみてください。

1,好きな人への手紙は1~2枚に収める

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は1~2枚に収めることが挙げられます。

好きな人への気持ちが溢れてしまうと、ついズラズラと書き綴ってしまうもの。

しかし、好きな人への手紙は長ければ良いというものではありません。

手紙の長さ=好きという気持ち、ではないのです。

あまりにも手紙が長すぎると、読むことを億劫に感じてしまいますし、第一印象として「ちょっとキモい」と思われてしまうかも。

ストーカー?なんて思われてしまっては、せっかくの手紙も台無しです。

そのため、好きな人への手紙は長くても2枚目までには終わるよう、簡潔に書くことがポイントなのです。

2,好きな人への手紙は言いたいことを長すぎないように短くストレートに書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は言いたいことを長すぎないように短くストレートに書くことが挙げられます。

言いたいことをダラダラと書いてしまうと、結論が分かりにくく「結局何が言いたかったの?」と思われてしまいます。

顔が見えない文章だからこそ、確実に伝わるようにストレートに書くことがおすすめ。

一文を長くしすぎず、分かりやすい短文にすることを心がけていきましょう。

3,好きな人への手紙では自分の名前をしっかり書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙では自分の名前をしっかり書くことが挙げられます。

当たり前のことですが、差出人であるあなたの名前はきちんと書いておきましょう。

名前のない手紙はちょっと不気味ですし、読んでもらえたとしても返事をもらえる可能性がかなり低くなってしまいます。

このとき、下の名前や名字だけではなく、フルネームで書くことがおすすめ。

世の中には同姓同名の人もいますから、確実にあなただということが分かるように書きましょう。

4,好きな人への手紙は何で好きになったかを必ず書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は何で好きになったかを必ず書くことが挙げられます。

好きになったきっかけを伝えることで、より具体的になりますし、何より相手に好印象を与えることができるのです。

一言「好きです」と書くよりも、思いの強さが伝わる感じがしませんか?

好きになってくれたきっかけが書かれていたら、その手紙は強く印象に残ることでしょう。

手紙での告白は、やはり「どれだけ印象に残るか」がとても重要。

だからこそ、好きになったきっかけを簡潔に書くことをおすすめします。

スポンサーリンク



5,好きな人への手紙は「好き」と必ず書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は「好き」と必ず書くことが挙げられます。

「好き」という言葉を書くのは恥ずかしいから‥とはっきりと書かない人がいますが、それはNG。

好きという言葉がないと、「結局何なの?」と曖昧になってしまいます。

これでは、相手に気持ちが伝わりません。

飾らない言葉で、ストレートに「好き」と書くからこそ、相手の心に響く文章になるのです。

曖昧にしか伝わらないのなら、手紙を書く意味なんてありませんよね。

好きな人への手紙では、必ずストレートに好きと書くようにしましょう。

6,好きな人への手紙は相手の好きな部分を褒める

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は相手の好きな部分を褒めることが挙げられます。

人は、誰だって褒められれば嬉しいもの。

褒められて嫌な気持ちになる人などいません。

だからこそ、人は自分を褒めてくれる人に好感を抱くようになるのです。

好きな人への手紙では、好きな人のことを褒める内容を入れましょう。

ただし、あからさまに褒めると、ご機嫌取りのように思われてしまうこともあるので、褒めすぎには気を付けてくださいね。

好きな人の内面や、好きな人が頑張っていること、努力していることなど、パッと見では分からないことを褒めると、グッと印象が良くなるのでおすすめです。

7,好きな人への手紙はロマンティックで相手を尊重しているのを伝える

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙はロマンティックで相手を尊重しているのを伝えることが挙げられます。

手紙で好意があることを匂わせておいて、食事などに誘って改めて告白をする場合などは、相手の都合を第一に考えましょう。

相手の意見を尊重することで、良い印象を与えることができますよ。

8,好きな人への手紙は相手のことを書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は相手のことを書くことが挙げられます。

ときどき、「好きな人のことを好きな自分自身」について手紙に書く人がいますが、あなたのことばかりが書かれた手紙をもらっても、好きな人は困ってしまいます。

好きな人への手紙には、自分のことではなく「なぜ好きなのか」といった自分の気持ちを中心に書きましょう。

あなたのことがズラズラと書かれているだけでは、好きな人はどうしていいのか分からなくて、最悪途中で読むのをやめてしまうかも。

そうならないように、好きという気持ちを中心に書いていってくださいね。

9,好きな人への手紙で絵文字・顔文字は使わない

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙で絵文字、顔文字は使わないことが挙げられます。

SNSでは、絵文字や顔文字を使うのはむしろ当たり前ですよね。

文字だけでは素っ気ないため、明るい雰囲気にするためにも絵文字や顔文字を使うこともあるでしょう。

しかし、手紙の中に絵文字や顔文字を使ってしまうと、まじめな感じ、真剣な感じが伝わらなくなってしまいます。

絵文字や顔文字があるだけで、その手紙は「真剣な内容」として受け取ってもらえなくなってしまうわけです。

文字だけの方がまじめな手紙であることが伝わりますし、それによって相手も真剣に返事をしようと思ってくれることでしょう。

10,好きな人への手紙は口では伝えにくいことも思い切って書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は口では伝えにくいことも思い切って書くことが挙げられます。

手紙の良さは、直接口では言いにくいことも伝えられる、というところ。

言葉にするのは難しくても、文字にするのならできますよね?

また、自分自身も何をどんなふうに書くのか?をしっかりと考える時間があるわけですから、口でいうよりもスムーズに相手に伝えることができるでしょう。

口では言いにくいことこそ、手紙に書くべきなのです。

ストレートに書くことで、相手の心にもグッと響く手紙になりますよ!

11,好きな人への手紙は返事がしやすいようにLINEなどの連絡先を記入しておく

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は返事がしやすいようにLINEなどの連絡先を記入しておくことが挙げられます。

連絡先がなくて名前だけだと、相手は「どうやって返事をしたらいいのか?」と困ってしまうかもしれません。

返事を伝える手段がなくて、結果として返事がもらえなかったら残念ですよね。

電話番号やメールアドレス、LINEのIDなどを記入しておくことで、好きな人から手紙の返事をもらえる確率はグッと高くなるでしょう。

特にあまり話したことのない人であるなら、なおさら連絡先の記載がないと返事のしようがない‥ということも。

あなたの手紙をもらった好きな人が困らないように、連絡先を書いておくのは忘れないようにしてください。

12,好きな人への手紙は「最後まで読んでくれてありがとうございます」と書く

好きな人への手紙の書き方では、好きな人への手紙は「最後まで読んでくれてありがとうございます」と書くことが挙げられます。

実は、手紙の最後にこの文章があるかどうかで、相手の印象はガラリと変わるもの。

読んでくれた相手に対して労いの言葉を入れることで、「気遣いのできるいい子」「礼儀正しい人」という印象を好きな人に与えることができるでしょう。

良い印象は、与えておいて損はありませんね。

好きな人への手紙の文章はどうすればいい?

好きな人への手紙の書き方について紹介しましたが、好きな人への手紙の文章はどうすればいいのでしょうか。

便箋とペン、そして好きな人への気持ちがまとまっていれば、あとは手紙を書くだけ。

とはいえ、自分の気持ちをズラズラ、ダラダラと書くのはNGだと言いましたね。

好きな人に良い印象を与え、なおかつ自分の気持ちをきちんと伝えるためにはどんな文章にすれば良いのでしょうか。

好きな人への手紙の文章は、こんなことに気をつけていきましょう!

1,好きな人への手紙は相手に応じて内容を変える

好きな人への手紙の文章では、好きな人への手紙は相手に応じて内容を変えることが挙げられます。

あなたの好きな人は、どんな男性ですか?

年齢やタイプ、雰囲気によって手紙の文章は変えた方がいいでしょう。

自分のタイプに合う内容の手紙をもらうことで、より心に響きやすくなりますからね。

好きな人の年齢やタイプ、雰囲気にあわせて「明るい感じの文章にする」「落ち着いた雰囲気にする」など、変えていくことが大切です。

そのためにも、好きな人がどんなタイプなのか?は、あらかじめリサーチしておく必要があると言えるでしょう。

2,大人な男性には軽く見られないような手紙の内容にする

好きな人への手紙の文章では、大人な男性には軽く見られないような内容にすることが挙げられます。

大人な男性は、常に物事をまじめに考えています。

そのため、たとえ女性からの手紙であったとしても、そこにまじめさが感じられないような場合は論外。

少しでも「軽い女性」という雰囲気を出してしまうと、事実はどうあれあなたの気持ちは伝わらなくなってしまいます。

真剣な内容の手紙のみ、大人な男性には伝わるのです。

そのため、大人な男性への手紙では軽く見られないような内容を意識していきましょう。

3,大人の男性にはシンプルにストレートに自分の気持ちを伝える

好きな人への手紙の文章では、大人な男性にはシンプルにストレートに自分の気持ちを伝えることが挙げられます。

あれこれと長文で綴られるよりも、シンプルで分かりやすい言葉で伝えましょう。

恥ずかしいからといって、回りくどい言い方をするのはNG。

流れとしては、

突然の手紙であることを詫びる→伝えたいことがあったから、と手紙を書いた理由を述べる→本題(好きだということ)

というくらい、簡潔に分かりやすいものが良いでしょう。

大人な男性は回りくどいことを面倒だと感じる人もいますので、シンプルでストレートに伝えることがポイントです。

4,男らしい情熱的な男性には何度も文章の中で気持ちを伝える

好きな人への手紙の文章では、男らしい情熱的な男性には、何度も文章の中で気持ちを伝えることが挙げられます。

情熱的な男性へは、軽い言葉では伝わりません。

情熱的な男性自身が、告白するときには情熱的に何度も伝える傾向がありますので、たった1回「好きです」と書いただけでは、本気と受け取ってもらえない可能性も‥。

そのため、情熱的な男性に手紙で告白するときには、文章内に何度も「好き」の文字を入れ、何度も気持ちを伝えることが大切です。

5,男らしい情熱的な男性には好きな部分を気持ちを込めて褒める

好きな人への手紙の文章では、男らしい情熱的な男性には、好きな部分を気持ちを込めて褒めることが挙げられます。

情熱的な男性への手紙は、「濃い内容」であることが必要不可欠。

ただ何度も「好き」と言うだけでは、正直ちょっと薄っぺらいですよね?

だからこそ、あなたの○○なところが好きというように、具体的に良いところを褒めながら気持ちを伝えましょう。

先ほど言ったように、褒められて嫌な人などいません。

どこがどんなふうに好きなのかを書くことで、相手にも気持ちが伝わりやすくなりますよ。

6,仲の良い男性には真剣な気持ちを冗談を感じさせないように伝える

好きな人への手紙の文章では、仲の良い男性には真剣な気持ちを冗談を感じさせないように伝えることが挙げられます。

長い間仲良しの友人関係であると、告白をしても本気だと受け取ってもらえない可能性があります。

冗談ではなく本気なんだと伝えなくてはなりませんから、いつもとは違う、まじめな文章で書きましょう。

普段とはガラッと雰囲気を変えることがポイントです。

7,仲の良い男性には恋人としてずっと一緒にいたいことを伝える

好きな人への手紙の文章では、仲の良い男性には恋人としてずっと一緒にいたいことを伝えることが挙げられます。

友人としていつも一緒にいたけれども、今度は友人ではなく恋人として一緒にいたいということを伝えましょう。

あなたの中で、彼の存在がどれだけ大きなものになったのかを伝えることもできますね。

また、このとき「いつも一緒にいてくれてありがとう」と付け加えると、あなたの印象がグッと良くなるのでおすすめです。

8,連絡先を知らない男性には好意を持っていることを真剣に伝える

好きな人への手紙の文章では、連絡先を知らない男性には、好意を持っていることを真剣に伝えることが挙げられます。

あまり話したことのない人と恋愛に発展させるためには、自分の気持ちを知ってもらうことから始めましょう。

好意を持っていることを伝え、まずは連絡を取り合える仲を目指すのが正解です。

9,連絡先を知らない男性には仲良くなりたいと思っていることを伝える

好きな人への手紙の文章では、連絡先を知らない男性には仲良くなりたいと思っていることを伝えることが挙げられます。

始めから好きなことを書いてしまうと、相手に引かれてしまう可能性が高いです。

あなたも、よく知らない人から情熱的な手紙をもらったら、嬉しいよりもちょっと引いてしまうでしょう?

まずは気になっていることを伝え、友人になりたい、程度の控えめにアピールしましょう。

自分の連絡先をきちんと書き、連絡がほしいことを書くといいですね。

10,連絡先を知らない男性には自己紹介をする

好きな人への手紙の文章では、連絡先を知らない男性には自己紹介をすることが挙げられます。

相手があなたのことをよく知らないのであれば、自分を知ってもらうことから始めましょう。

名前や仕事(部署)、好きなことなどを簡単に書いて、自分について知ってもらうとgood。

お互いを何となくでも知っているのと全く知らないのとでは、恋愛に発展する確率もかなり変わってきますからね。

ただし、自己紹介はあくまでも簡潔に少しだけ書くようにし、手紙の半分以上が自己紹介にならないように気を付けてください。

好きな人への手紙の渡し方

好きな人への手紙が完成したら、いよいよあとは渡すだけです。

好きな人への手紙をどのようにして渡すのかも、あなたの印象を大きく左右するということを忘れずに。

好きな人への手紙を渡すときには、これらのことに気を付けましょう。

1,好きな人への手紙は絶対に直接渡す

好きな人への手紙は、絶対に直接渡すようにします。

恥ずかしくて友人に頼んだり、ロッカーなどに入れておいたり‥というのもダメではありませんが、直接渡すからこそ真剣さが伝わるもの!

人づてにもらうのと、本人からもらうのとでは印象もだいぶ違ってくるものです。

2,好きな人への手紙は相手が忙しくないときに渡す

好きな人への手紙は、相手が忙しくないときに渡すようにします。

手紙なんだからいつでもいいのでは?と思うかもしれませんが、手紙だからこそ相手の状況を考慮してあげましょう。

忙しいときに渡すと、目の前の忙しさによって手紙を読むことを忘れてしまうかもしれません。

また、ゆっくりと返事を考えることもできなくなってしまいます。

手紙を渡すときは、ぜひ好きな人の状況をよく見てみてください。

好きな人への手紙の注意点

最後に、好きな人への手紙の注意点についてお話しします。

気持ちを伝えるためにおすすめの手紙も、やり方を一歩間違えると気持ちを伝えることはできません。

それどころか、悪い印象を与えてしまうこともあるのです。

1,好きな人への手紙は重くなりすぎないようにする

好きな人への手紙は、重くなりすぎないようにすることが挙げられます。

手紙で告白することを懸念している人は、おそらく「手紙=重い」というイメージを持っているのだと思います。

確かに手紙は、書き方次第で重くなってしまうためご注意を。

例として、「いつも見ていました」ならセーフですが、「あなたのことしか見えません」はちょっと重すぎますよね。

もらった相手が引かないような内容を心がけましょう。

2,好きな人への手紙で自分の気持ちを押し付けるのはNG

好きな人への手紙で自分の気持ちを押し付けるのはNGです。

好きな人への配慮があって初めて、手紙での告白は良い印象を与えることができるのです。

自分の気持ちを書くだけでは、相手のことを考えているとはいえません。

それではなぜ好きなのか?が伝わりませんよね。

自分主体にならないよう、感謝の気持ちや気遣いの言葉を必ず入れるようにしましょう。

3,返事を急かさない

好きな人への手紙では、返事を急かさないようにします。

手紙を渡したら返事が気になりますが、返事を急かしてはいけません。

ここで急かすと、あなたの印象は一気に悪くなってしまいます。

「いつか返事が来るはず」と、広い心で待ちましょう。

4,書いたら1日置いて読み返してみる

好きな人への手紙は、書いたら1日置いて読み返してみることをおすすめします。

手紙を書いているときは、気持ちが高ぶっているためズラズラと書いてしまっていることも考えられます。

だからこそ、1日置いて冷静な状態で書いた手紙を読み返してみましょう。

自分で手紙を読んでみて、「しつこいな」「くどいかも」と思ったら、書き直してみてくださいね。

まとめ

好きな人への手紙の書き方や注意点について、お話ししました。

好きな人への手紙は、今の時代だからこそ気持ちが伝わりやすいというメリットがあるもの。

しかしながら、やり方を間違えると最悪の場合はストーカー扱いされてしまうこともあるので、注意しなくてはなりません。

ポイントを押さえ、好きな人にしっかりと自分の気持ちを伝えてくださいね。

【関連記事】

好きな人が冷たくなったのはなぜ?男性心理や対処法・NG行動は?

好きな人と気まずい原因は?解消法をご紹介!

好きな人が異動する!チャンスの理由や告白の方法は?

好きな人と喧嘩したら諦める?原因・仲直りする方法は?

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク