好きな人が冷たい態度をとる理由・心理・対処法・してはいけないことは?

好きな人がいると、その人の言動に一喜一憂してしまいがち。

優しくされれば嬉しいですし、冷たくされれば悲しくなりますよね。

そもそもなぜ、好きな人が冷たい態度をとってしまうのでしょうか。

好きな人が冷たい態度をとる理由や心理、冷たい態度をとられたときの対処法についてお話ししていきます。

また、好きな人が冷たいときにしてはいけないことについてもまとめているので、参考にしてみてくださいね!

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由

好きな人 冷たい

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由とは、一体何なのでしょうか。

冷たくされた=嫌われていると考えるのは、少し早いかもしれませんよ!

好きな人に冷たい態度をとる理由2:好きだというアピールをしている

好きな人 冷たい

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、好きだというアピールをしていることが考えられます。

冷たくしてアピール?と不思議に感じるかもしれませんが、男性は大人になってもどこか幼いもの。

冷たい態度をとることであなたに気にしてほしく、あなたの近くにいたいという気持ちの現れなのです。

好きな人に冷たい態度をとる理由3:自分の好意を隠したい・照れ隠し・恥ずかしい

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、自分の好意を隠したい、照れ隠し、恥ずかしいということが挙げられます。

好きだからこそ、恥ずかしくて冷たい態度をとってしまいます。

あなたのことを好きだという気持ちを、あなたを含め他人にも知られたくない、知られるのは恥ずかしいと思っているのです。

このケースでは、あなたが知らないところやあなたにバレないところであなたのことを見ていることが多いでしょう。

スポンサーリンク



好きな人に冷たい態度をとる理由4:かっこつけている

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由は、単純にかっこつけているから。

男性は、心のどこかで「クールな男がかっこいい」と思っています。

女性を冷たくあしらうことをかっこいいと思っているケースも多く、好きな人に冷たい態度をとるのも「かっこいい」と思ってほしいからに他なりません。

この場合はかっこつけているだけなので、あなたのことが嫌いなわけではありませんよ。

好きな人に冷たい態度をとる理由5:余裕のある男を演じている

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由は、余裕のある男を演じていることが挙げられます。

些細なことで動じない、女性の一挙一動に左右されない「余裕のある男」をかっこいいと思っています。

その余裕のある男というのが、女性の言動に一喜一憂しない人、ということなのでしょう。

感情を表に出さないようにすることで、余裕のある男を演じているだけなのです。

こちらのケースでも、余裕があってクールな男がかっこいいと思っているのでしょうね。

好きな人に冷たい態度をとる理由6:駆け引きをしている

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、駆け引きをしていることも考えられます。

あなたのことが好きなので、「こっちを向いてほしい」という気持ちからあえて冷たくしているのです。

駆け引きをしているケースでは、冷たい態度をとったあとにあなたの反応を見るということが多いです。

また、冷たくするだけではなく、時には優しくすることも。

優しかったり冷たかったり…という場合は、あなたの気を引きたくて駆け引きをしている可能性が高いです。

スポンサーリンク



好きな人に冷たい態度をとる理由7:プライドが高い

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由は、プライドが高いから。

男性は女性よりもプライドの高い人が多く、好きだという気持ちを悟られたくないという気持ちがあります。

なんとなく、「好きになったほうが負け」だと思っているのかもしれません。

また、あなたのことを好きな気持ちが、まだ自分自身の中でも整理がついていないことも多いです。

どちらにせよ、好きだということを悟られたくないほどプライドが高いために、好きな人に冷たい態度をとってしまうのです。

好きな人に冷たい態度をとる理由8:見てほしい・構ってほしい

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由は、自分のことを見てほしい、構ってほしいと思っているから。

これはわりと女性がすることが多いのですが、冷たくすることで「何かあったのかな?」「どうしたの?」と自分のことを気にしてほしいのです。

自分に関心を持ってほしくて、あえて冷たい態度をとっているのでしょう。

この場合は、冷たくされたからと放っておくと相手の機嫌を損ねてしまいますので、適度に構ってあげることが大切です。

好きな人に冷たい態度をとる理由9:付き合うことを考えて躊躇している

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、付き合うことを考えて躊躇していることが挙げられます。

どういうこと?と思った人もいるでしょう。

付き合うことになったとき、好きになるより好きになられた方が優位に立てる(立場が上になれる)と思っているのです。

そのため好きだという気持ちを表に出さないように冷たい態度をとり、付き合うことになったときに自分が優位に立ちたいと思っているわけです。

スポンサーリンク



好きな人に冷たい態度をとる理由10:好きだから意地悪をしている

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、好きだから意地悪をしていることもあります。

よく、小学生くらいの男の子が好きな子に意地悪をすることがあるでしょう?

これは、意地悪をすることで相手の視界に入りたいという気持ちの現れでもあります。

意地悪をするのは嫌いだからではなく、あなたの反応を見て楽しんでいる部分もあるでしょう。

好きな人に冷たい態度をとる理由11:嫉妬心が強くなっているから

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、嫉妬心が強くなっているというのも挙げられます。

男性は、基本的にヤキモチ焼きです。

あなたが他の男性と楽しそうに話していたり、あなたの口から他の男性の話題が出たことに嫉妬して、イライラした結果から冷たくしてしまっています。

他の人からも言い寄られているんでしょ?という嫉妬心から、冷たい態度をとっているのです。

スポンサーリンク



好きな人に冷たい態度をとる理由12:他に好きな人ができた・実は彼女がいる

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、他に好きな人ができたり実は彼女がいるなんてケースもあります。

他に好きな人ができてしまい、その後ろめたさから冷たくしてしまっています。

好きな人が離れていく不安から追いかけたくなりますが、このケースでは追いかけるのはNG。

辛いかもしれませんが、静かに成り行きを見守るようにしましょう。

好きな人に冷たい態度をとる理由13:仕事が忙しくなってしまった

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、仕事が忙しくなってしまったこともあります。

仕事が忙しくて気持ちに余裕がないと、仕事以外のことはおろそかになってしまいます。

男性は特に冷たくしているつもりはないので、あくまでも「そう見える」だけ。

男性の仕事が落ち着くまでは、大人しく待つくらいの気持ちの余裕を持って接してあげましょう。

好きな人に冷たい態度をとる理由14:悩みがあって弱いところを見せたくない

好きな人に冷たい態度をとる理由には、悩みがあって弱いところを見せたくないという気持ちも挙げられます。

男性は女性に頼られたいと思っていて、女性に心配されることはカッコ悪いと思っている人も多いもの。

好きな人には特に頼りになる男でいたいと思っていますので、今抱えている悩みを悟られたくなくて冷たくしているのです。

スポンサーリンク



好きな人に冷たい態度をとる理由15:あなたのことが嫌いになった・嫌なことをされた

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、残念ながらあなたのことが嫌いになったり、あなたに嫌なことをされたということもあります。

あなたの身に覚えがなくても、もしかしたら彼を傷つけることをしてしまったのかもしれません。

もしもこのパターンであるのなら、無理に理由を聞こうとしたり彼に接近するのは逆効果になる恐れがあります。

ある程度時間が経てば状況にも変化が出てきますので、そのときを静かに待っていましょう。

好きな人に冷たい態度をとる理由16:あなたの悪い話・噂・評判を聞いてしまった

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由は、あなたの悪い話や噂、評判を聞いてしまったのかもしれません。

自分の悪い話や噂というのは、なかなか自分自身の耳には入ってこないもの。

やはり人間は誰でも、悪い噂を聞く人と親しくなろうとは思えません。

無理に接近しても良いことはありませんから、一度彼とは距離をおくことをおすすめします。

好きな人に冷たい態度をとる理由17:自分に自信がない

男性が好きな人に冷たい態度をとる理由には、自分に自信がないことも挙げられます。

自分なんかが好かれるわけがないというネガティブな気持ちがあるので、堂々と接することができません。

そのためできるだけ関わらなくてすむように、冷たい態度をとってしまうのです。

このケースでは、好きな人だけでなく好きな人以外にも冷たくしてしまうことが多いです。

好きな人が冷たいときの心理・男性は何を考えている?

好きな人が冷たいときの心理や、男性は何を考えているのでしょうか。

好きな人に冷たい態度をとってしまう男性心理や、そのときの男性の気持ちについて見ていきましょう。

好きな人が冷たいときの心理1:自分を見てほしい

好きな人が冷たいときの心理には、自分を見てほしいということがあります。

冷たくすることで関心を持ってほしい、自分のことを意識してほしい、気にしてほしいと思っているのです。

冷たくされると「どうしたのかな?」と気になりますから、まさにそこを狙った作戦といえるでしょう。

好きな人が冷たいときの心理2:もっと話したい・近づいてきてほしい

好きな人が冷たいときの心理には、もっと話したい、近づいてきてほしいという気持ちもあります。

恥ずかしがりやの男性に多いのですが、好きという気持ちの裏返しで冷たくしてしまっているだけの話。

できることならあなたから話しかけてほしい、近づいてきてほしいと思っているのです。

スポンサーリンク



好きな人が冷たいときの心理3:甘えん坊で素直になりたいと思っている

好きな人が冷たいときの心理には、甘えん坊で素直になりたいと思っていることもあります。

男はみな、どこかで甘えん坊な部分がありますが、意識しすぎて緊張し、うまく会話ができなくなってしまう人も。

本当は素直にあなたと接したいと思っているのに、気持ちとは裏腹に冷たくしてしまっているのです。

好きな人が冷たいときの心理4:かっこいい男性を演じたいと思っている

好きな人が冷たいときの心理には、かっこいい男性を演じたいと思っていることもあります。

何度かお話ししたとおり、男性はクールで余裕のある男をかっこいいと思っています。

そんなかっこいい男を演じたい、かっこいいと思われたいと感じています。

男性はあくまでも「かっこいい男」を演じているだけなので、冷たくしているという自覚はありません。

スポンサーリンク



好きな人が冷たいときの心理5:恥ずかしいと思っている

好きな人が冷たいときの心理には、恥ずかしいと思っていることもあります。

女性と話すことにあまり慣れていない人に多いのですが、単純に「女性と話すこと」に恥ずかしさを感じてしまうのです。

わざと冷たくしているつもりは更々なく、ただ単に恥ずかしさから女性を避けてしまっているだけの話。

あなたのことが好きで、話すのが恥ずかしいのかもしれません。

好きな人が冷たいときの対処法

好きな人が冷たいときの対処法について、お話ししていきます。

好きな人に冷たくされると悲しくなりますが、ただ悲しんでいただけでは関係は進展していきません。

好きな人が冷たいときの、おすすめの対処法を12個紹介しましょう。

1、好きな人が冷たくなった原因を何とかして知る必要がある

好きな人が冷たいときは、好きな人が冷たくなった原因を何とかして知る必要があります。

原因が分かれば対処法も見出だすことができますよね。

思い当たる節がない場合は、共通の友人を介してリサーチしてもらうのもおすすめ。

適切な対処法を知るためにも、ぜひ冷たくなった原因は知っておきたいものですね。

2、好きな人が冷たいときはいつも以上に優しくする

好きな人が冷たいときは、いつも以上に優しくすることを心がけていきましょう。

あなたに構ってほしくて冷たくしているケースの場合では、優しくすることで2人の距離はグッと縮まるかもしれません。

さりげなく優しい言葉をかけるなどして、いつもよりも気にしていることをアピールしていきましょう。

スポンサーリンク



3、好きな人が冷たくても堂々とする・笑顔を意識する

好きな人が冷たくても堂々としたり、笑顔を意識するようにしましょう。

冷たくされたとあなたは感じたとしても、男性は冷たくしているつもりはないのかもしれません。

あなたが堂々としていて、なおかつ笑顔を意識して過ごすことで好きな人も気持ちに余裕が戻ってくるかもしれませんよ。

冷たくされると気になってどう接していいか分からなくなってしまうかもしれませんが、「冷たくされたことなんて気にしない!」というくらいの態度で堂々と接していきましょう。

4、好きな人に悪いことをしたのであれば「ごめん」と謝る

好きな人が冷たいとき、好きな人に悪いことをしたのであれば「ごめん」と謝ることも必要です。

ケンカをした、好きな人のことを傷つけてしまったという自覚があるときは、素直に謝りましょう。

とはいえ、自分では悪いことをしたという自覚がないこともありますよね?

そんなときには、友人を介してさりげなく彼が怒っている理由を聞き出してもらいましょう。

自分が謝ってすむ問題であるなら、素直に謝ってしまうのも手ですよ。

5、好きな人が冷たいときは「おはよう」と挨拶したり話しかけてみる

好きな人が冷たいときは、「おはよう」と挨拶したり話しかけたりみるといいです。

好きな人が冷たいときに、しつこく話しかけたり理由を探るのは逆効果になることもあるのでやめましょう。

しかし、話をしないとそのまま関係が終わってしまう可能性もありますから、挨拶程度の会話は続けるのがベスト。

挨拶を無視する大人などそうはいませんから、毎日少しでも会話をして好きな人の気持ちの整理がつくのを待ちましょう。

スポンサーリンク



6、好きな人が冷たいときは相手に「ちょっと冷たくない?」とさりげなく聞いてみる

好きな人が冷たいときには、相手に「ちょっと冷たくない?」とさりげなく聞いてみるのもいいでしょう。

好きな人が急に冷たくなったときや、その理由が考えても分からないときには思いきって直別聞いてみるのもOK。

ただし、深刻な表情で「冷たくするのは何でなの?理由が知りたいんだけど」と責めるように言うのではなく、日常会話のついでのような感じで、さりげなく聞いてみてください。

ここでのポイントは、あくまでもさりげなくを意識して深刻さを出さないこと。

深刻な雰囲気を出してしまうと、男性は余計に心を閉ざしてしまうかもしれません。

7、好きな人が冷たいときは普段通りにして相手の反応を待つ

好きな人が冷たいときは、普段通りにして相手の反応を待ちましょう。

好きな人が冷たいなと感じても、もしかしたら好きな人は特に冷たくしている自覚はないかもしれません。

ただ単に機嫌が悪かったり、嫌なことがあっただけということもあります。

いつも通りにふるまっておくことで、相手もいつも通りになるかもしれません。

相手の出方を見て、その後で対策を練っていきましょう。

スポンサーリンク



8、好きな人が冷たいときはさりげなく好意をアピールする

好きな人が冷たいときは、さりげなく好意をアピールするといいでしょう。

あなたの好きな人は、もしかしたらあなたに嫉妬をして冷たくしているのかもしれません。

あなたが他の男性の話をしていることに嫉妬し、冷たくしているのだとしたら、さりげなく「私はあなたのことが好きなの」とアピールすることでうまくいくこともあります。

好きな人のモヤモヤも晴れますし、あなたは好きな人と両思いになることもできますね!

男性が女性に冷たくするのは大半が「好意の裏返し」であるため、こちらから好意を伝えることでうまくいくことも多いものです。

9、好きな人が冷たいときは自然に距離を置いておく・無理に連絡しない

好きな人が冷たいときは自然に距離を置いておいたり、無理に連絡しないようにします。

いきなり「好きな人が冷たくなった」と感じると、なんでなんだろうと不安になりますよね。

ついしつこく「私、何かした?」「何があったのか教えて!」と言い寄ってしまっていませんか?

何がなんでも理由が知りたいという気持ちも、わからなくはありません。

しかしながら、強引に理由を知ろうとすると火に油を注いでしまう結果になることも。

ほんの少しの些細なことで好きな人は冷たい態度をとっていただけかもしれないのに、あなたが強引に詰め寄ったことで好きな人も引き下がれなくなってしまうこともあるのです。

余計にイライラして、関係が崩れてしまうこともあるので好きな人が冷たくなったときには自然に距離を置き、彼の熱が冷めるのを待つことも必要です。

10、好きな人が冷たいときは少し落ち込んだ姿を見せる

好きな人が冷たいときは、少し落ち込んだ姿を見せることも効果的。

駆け引きや好きの裏返しであなたに冷たくしていた場合、あなたが落ち込んだ姿を見せることで「やりすぎた!」と思って態度を改めることもあります。

少し大げさかな?と思うくらい、あからさまに落ち込んでみせましょう。

彼は、あなたの落ち込んだ姿やあなたが傷ついている姿が見たいわけではありません。

そのため、焦って態度が変わる(冷たくしてこなくなる)ことは十分に考えられるのです。

11、好きな人が冷たいときはこれ以上マイナスポイントを増やさないことを意識する

好きな人が冷たいときは、これ以上マイナスポイントを増やさないことを意識することが大切です。

これは、あなたが彼の嫌がることをしてしまったり、あなたの悪い噂なども含みます。

本当かどうかは別にして、現時点で彼の中のあなたのイメージは決して良くはないのです。

なぜ悪いイメージがついてしまったのか?を少し考えてみましょう。

彼があなたに悪いイメージを持っていて冷たくしてきているときには、これ以上彼の中でマイナスポイントを増やさないように意識しなくてはなりません。

今までと同じ行動をしていたのでは、マイナスイメージを払拭するどころか更なるマイナスイメージを与えかねませんよね?

今一度行動を改めて、これ以上マイナスポイントを増やさないように努めましょう。

スポンサーリンク



12、好きな人が冷たいとき「嫌な人だな」と思ったら縁がなかったと思う

好きな人が冷たいとき、「嫌な人だな」と思ったら縁がなかったと思うことも1つの方法です。

いくら好きな人であっても、冷たくされたときに「何?この人」「こんな性格の悪い人だったなんて」など、彼を嫌な人だと思ってしまったら、その人とは縁がなかったのです。

本当に好きな人で縁がある人であるなら、冷たくされたときに「何かしてしまったのかな」「何があったのかな」と不安になったり心配したりするはず。

それを、彼自身を否定するような感情が芽生えたとしたら、今後もうまくいくはずはありませんよね。

スパッと見切りをつけて、次の恋愛を探すことも大切です。

好きな人が冷たいときにしてはいけないこと

では最後に、好きな人が冷たいときにしてはいけないことについてお話しします。

好きな人が冷たいときにこんなことをしてしまうと、より関係が悪化してしまうかもしれませんよ。

好きな人を繋ぎ止めたくて必死になる気持ちも分かりますが、こんなことはしてしまわないように気を付けましょう。

スポンサーリンク



1、好きな人が冷たいときに自分も冷たくするのは関係が終わる兆候

好きな人が冷たいときに、自分も冷たくするのは関係が終わる兆候です。

好きな人に冷たくされたからといって、同じ事をやり返してやろうと思うこともありますよね?

冷たくされて悲しい気持ちは、確かに同じ状況にならないと分からないかもしれません。

しかし同じように冷たくしてしまうと、関係を修復するのはほぼ不可能になってしまうでしょう。

男性は女性よりも子供っぽいところがありますので、彼が冷たくした原因をより大きくしてしまうことも。

あなたが冷たくし返すことで、小さな原因を大きなものにしてしまい、修復できないレベルにしてしまう可能性が高いです。

特に彼が冷たくしている原因があなたにある場合は、あなたが冷たくすることで、より失望されてしまうかもしれません。

2、好きな人が冷たいときに過激に「好き好き」アピールする

好きな人が冷たいときに、過激に「好き好き」アピールすることは逆効果になります。

好きな人があなたに冷たくするのには、何かしらの理由があります。

その理由も知らずに「好き好き」とアピールしてしまっては、彼はあなたのことを余計に避けるようになるでしょう。

彼が冷たくする理由があなたにある場合、ほぼ確実に「ウザイ」と思われてしまいます。

好きという気持ちの裏返しであったとしても、しつこく好きとアピールされると男性は逃げたくなるもの。

男というのは「逃げるものを追いたくなる」狩猟本能を持っていますので、しつこくアピールされるのは嫌いなのです。

3、好きな人が冷たいときに「私のこと嫌い?」はもっと嫌いになるかも

好きな人が冷たいときに、「私のこと嫌い?」と聞くのはもっと嫌いになるかもしれません。

好きな人が冷たくて、なおかつ解決方法が見出だせていないとき、それは恐らくあなたに原因があります。

彼もあなたのことが好きで冷たくしているのなら、あなたがどうしたらいいのか分からない…と悩むまで放っておくはずがありません。

それであなたが離れていけば、元も子もありませんからね。

そうではないのに「私のこと嫌い?」と聞いてしまうと、「はぁ…」という彼のため息が聞こえてきそうです。

スポンサーリンク



4、好きな人が冷たいときに一方的に感情を表に出すと嫌われる

好きな人が冷たいときに一方的に感情を表に出すと、嫌われる可能性が高いです。

このケースで好きな人が冷たくしているのは、少なからずあなたに幻滅している部分があるから。

そんな状態で「どうして冷たくするの?」「わたしに悪いところがあるなら治すから!」と、目の前でヒステリックに泣きわめいてみてください。

彼は余計にあなたに幻滅し、もう関わりたくないとすら思ってしまうかもしれません。

基本的に男性は、女性のヒステリックな部分を理解することができません。

お互いに感情的に話しているのならまだしも、一方的に感情を表に出すのは避けたいところですね。

5、好きな人が冷たいときに相手の悪い部分を指摘しない

好きな人が冷たいときに、相手の悪い部分を指摘しないようにしてください。

好きな人が冷たいことにイライラして、つい「そうやってネチネチしてないで、言いたいことがあるなら言ったら?」「はっきり言わないところはどうかと思うよ!」などと彼の悪口ともとれる発言をしてしまっていませんか?

感情まかせになって、良いことは1つもありません。

感情まかせになると、相手の悪い部分を次から次へと指摘してしまうこともありますが、そうなってしまうと十中八九2人の関係は終わります。

あなたに対して怒っている相手に対し、余計に怒らせることを言っては関係を修復するのは不可能ですよね。

相手の悪い部分が口から出そうになったら、深呼吸をして一旦落ち着くことをおすすめします。

まとめ

好きな人が冷たい態度をとる理由や心理、対処法、好きな人が冷たいときにしてはいけないことについてお話ししました。

好きな人が冷たい態度をとるのには、ちゃんと理由があります。

大抵はあなたのことが好きだという好意の現れなのですが、まれにそうではないケースもあるので見極めが重要だといえるでしょう。

その見極めをきちんと行い、適切な対処法をとっていけば、好きな人との関係を進展させていくこともできるはず。

冷たくされたと落ち込む前に、今何をやるべきなのかをしっかりと考えていきたいですね。

【関連記事】

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

好きな人とlineを毎日するのは脈あり?頻度・内容・脈なしのパターンは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク