好きな人の呼び方で脈ありか分かる?

好きな人から「○○さん」とさん付けでずっと呼ばれていたのに、ある日突然下の名前で「○○ちゃん」や呼び捨てで呼ばれたらどのように思いますか。

嬉しいと同時に突然好きな人からの呼び方が変わったことにドキドキして、なぜ呼び方が変わったのか思いを巡らせることでしょう。

実はこの呼び方であなたへ好意があるか否かが分かることができるのです。

男性にとっては呼び方を変えるということはとても勇気がいることです。

では今回はそんな好きな人の呼び方で分かる脈ありなしサインについて紹介してみます。

好きな人の呼び方で脈ありか分かる?

好きな人 呼び方

恋愛において相手への呼び方はとても大切なポイントとなります。

なぜなら呼び方はお互いの距離を測るバロメーターであるからです。

好きな人であれば下の名前やあだ名、もっと親しくなるとお互いを特別な呼び方で呼ぶことはより相手の心に近づきたいという思いがあるからに他なりません。

ただ最近よく言われるのが、男性が女性に対して「お前」と呼ぶことについて女性の意見は分かれることでしょう。

「お前」呼ばわりは絶対イヤだとする人と「お前」と呼ばれて彼のものになったという実感を得ることができる女性がいます。

呼び方には人それぞれの思いがあるものなのです。

男性にとっては親しい人であるからこそ自分なりの特別な呼び方をしたいと考えることは当然の成り行きだと言えます。

ではここでは男性が好きな人への呼び方でどれだけの好意を抱いているのかどうかの脈ありなしサインを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

好きな人の呼び方1:名前を呼び捨てにされるのは脈あり度はかなり高い

好きな人 呼び方

好きな人の呼び方で名前を呼び捨てにされるのは、脈あり度はかなり高いと言えるでしょう。

名前を呼び捨てにするということはもっと親密になりたいという思いが強くなっている証拠です。

そうでなければ女性を呼ぶ時に名前を呼び捨てにすることはとても失礼なことになることもあり得ます。

そこを敢えて名前で呼び捨てにするというのはもう自分のものであるという主張をしていると受け取ることもできるのです。

好きな人から名前を呼び捨てにされたら、ほぼほぼ脈ありサインであることは間違いありません。

ここでもし好きな人から何かしらのアプローチがあれば、タイミングを見てあなたからもプッシュをしてみましょう。

好きな人の呼び方2:オリジナルのあだ名をつけられるのは脈あり度は高い

好きな人の呼び方でオリジナルのあだ名を付けられるのは、脈あり度は高いと言えるでしょう。

例えば、○○っち、○○てぃんなど名前や苗字にその人のオリジナルに変化させて他の人とは呼び方を変えて呼んでくる男性は好意を持っている可能性が高いです。

特別な呼び方で呼んでくるという心理には、とても親近感を持っているということもありますし、親密な関係になりたいという気持ちがあります。

相手に嫌味なくオリジナルの呼び方で呼ぶ男性は脈ありの可能性は大ですが、男性の中には嫌な呼び方をしたり、仕事の失敗などをあだ名にして変なあだ名を付けるような男性は要注意です。

そのような男性は好意を抱いている可能性もありますが、相手のことを気遣えるような性格ではない場合が多いため、よく見極めるようにしましょう。

好きな人の呼び方3:名前に「ちゃん」づけされるのは脈あり度は50%

好きな人の呼び方で名前に「ちゃん」づけされるのは、脈あり度は50%くらいと言えるでしょう。

「○○ちゃん」と呼ぶのはかなりの親密さを感じている証拠ですし、好意を抱いている可能性も高くなります。

ですが職場などでは従業員同士が仲良く雰囲気が良いと信頼を込めてあだ名で呼び合うこともあります。

ですから一概にちゃんづけで呼んでくることに脈があるかどうかを決めつけることはできませんが、例えばちゃんづけで呼んできてあきらかに態度でも脈ありサインを見せてくるなど分かりやすいサインがあると好意がある証拠であると言えます。

脈ありか否かを見極める方法としては、ちゃんづけされて相手の態度に注目して見てみることをしてみましょう。

好きな人の呼び方4:苗字に「さん」づけされるのは脈あり度は低い

好きな人の呼ぶ方で苗字に「さん」づけされるのは、脈あり度は低いと言えるでしょう。

奥手な男性であるとなかなか呼び方を変えて呼ぶということが苦手な男性もいます。

そんな男性は「さん」づけ以外で呼ぶ勇気が出ないということもあるでしょう。

ただ仲良くなって呼び方を変えてくる人もいます。

親しくなって「ちゃん」づけやオリジナルの呼び方で呼んでくるようになったら、そのときは脈あり度がぐんと上がります。

そのため最初はさんづけ以外で呼んでくれなくても、親密度によっては変化してくる人もいるので特別な呼び方をしてくれないからと言って脈がないと思い込むことはありません。

男性の出方をよく見ておくこともしてみましょう。

好きな人の呼び方5:苗字を呼び捨てにされるのは脈あり度は低い

好きな人の呼び方で苗字を呼び捨てにされるのは、脈あり度は低いと言えるでしょう。

最近は学校などでも男女問わず相手にさんづけするようになりましたが、昔はクラス内ではお互いを苗字で呼び捨てにするという風潮がありました。

それはクラスの中の狭い世界で親密度が高く、結束力があったからだと言えます。

今は相手を尊重するという風潮があり、苗字にさんづけすることが当たり前になっています。

職場などでもそれは同じです。

ですが人によっては苗字を呼び捨てにする人は稀にいます。

そのような人は仲間としてとても信頼している証として呼び捨てにする心理があります。

ただしそこに信頼関係が成立していればこそ、という条件があるわけです。

そんな中でも好意を持っている可能性はありますが、そうであればもっと他の脈ありサインがあるはずです。

最近では呼び捨てされることに抵抗がある人も多いです。

信頼関係も築けていないのに呼び捨てにしてくる人がいる場合は、きちんと嫌であることの気持ちを伝えることが大切です。

好きな人の呼び方を変えるタイミングは?

好きな人の呼び方を変えるタイミングはいつが良いのでしょうか。

突然呼び方を変えるのも変ですし、なかなかタイミングが見つからずずっとそのままで呼んでしまう人が多いのではないでしょうか。

好きな人の呼び方を変えることは相手との距離を示すバロメーターと言ってもいいものです。

ですからタイミングが見つからないと感じている人は自ら行動に移してみるのも方法です。

もし片思いの相手であればそこから加速して急接近できる可能性も高くなるかもしれません。

ぜひ勇気を出して自分からチャンスを作ってみることもしてみましょう

好きな人の呼び方を変えるタイミングは仲良くなってきた感覚を感じたとき

好きな人の呼び方を変えるタイミングとしては、仲良くなってきた感覚を感じたときにしてみましょう。

そこまでになるためには例えば話していて楽しかったり、会話も途切れることなく盛り上がって話せるような間柄になっていることが必要です。

十分相手と仲良くなってきたと感じたときにまずは苗字に「○○ちゃん」「○○っち」を付けて呼んでみることをしてみてください。

相手も同じような気持ちでいてくれると相手も同じように返してくれることもあります。

ここで注意すべきは、呼んでみて相手が嫌な素振りを見せたときは呼び方を変えることは止めましょう。

まだ相手にとってはそこまでの関係性ではない場合もありますし、たとえ関係性は築けていても呼び方を変えられることが嫌な人もいます。

ですがそんな人であっても親密度がより増してくると自ずと呼び方を変えてくれる人もいます。

やはりあくまでもタイミングがあるということが言えますし、十分仲良くなったという認識を持ってから呼び方を変えてみましょう。

好きな人の呼び方を変えるタイミングは冗談が言い合える関係になったとき

好きな人の呼び方を変えるタイミングとしては、冗談が言い合える関係になったときにしてみましょう。

冗談が言い合える関係になっているということはより親密度が高くなっている状態です。

よく冗談が通じない相手というのがいますが、まだそこまで心が開けていない相手であり冗談を受け入れる状態ではないということが言えます。

話が盛り上がって冗談が言えるようになったら、思い切ってタイミングを見て呼び方を変えてみましょう。

ノリが良い相手であれば必ず相手も呼び方を変えて呼んでくれるかもしれません。

冗談を言い合えるというのは、同じような考え方や話の波長が合う相手でなければなかなかできないことがあります。

こちらの冗談を冗談だと受け止められない人もいるからです。

そのような人とは波長が合わない可能性もあります。

相手が自分と波長が合うのか、それを見極めながらタイミングを見て呼び方を変えてみましょう。

好きな人の呼び方を変える恋愛の効果は?

では好きな人の呼び方を変えることでどのような恋愛の効果があるのでしょうか。

好きな人の呼び方を変えて、特に下の名前で呼ぶことによって相手の心理を動かす可能性がとても高くなります。

女性からすると突然男性から下の名前で呼ばれるとドキッとしますし、下の名前で呼ぶことで二人の関係性は大きく変化させることができるのです。

たかが呼ばれ方一つで相手からどう思われているのか、という距離感を計ることを女性はします。

「なぜ突然下の名前で呼んだんだろう。私に好意があるのかな」と考えることもあります。

つまり呼び方を変えることが相手へのアプローチとなるわけです。

もしなかなか恋愛の進行が進まずに悩んでいる場合は、まずは呼び方を変えてみることをおすすめします。

その効果は意外とありです。

好きな人の呼び方を変えることでお互いの距離感を縮めることができる

好きな人の呼び方を変える恋愛の効果としては、お互いの距離を縮めることができるということがあります。

それまではたとえ仲が良くてもお互いに「○○さん」と呼び合っていたのが、ある日突然「○○ちゃん」「○○っち」と呼ばれたらどうでしょうか。

男性にとっても女性にとってもうれしく感じる人は多いことでしょう。

もっと二人の距離を縮めたいと感じていた人にとっては嬉しさでいっぱいになるはずですし、それを待ち望んでいた人もいます。

ですが相手の呼び方を変えるということは簡単なようで難しいものです。

うまく相手も同じ思いをしていてくれると距離がぐんと縮まることは間違いありません。

相手の呼び方を変えることは相手にある意味相手に好意を持っているということを伝える手段にもなります。

好きな人の呼び方を変えることで素の相手を引き出すことができる

好きな人の呼び方を変える恋愛の効果としては、素の相手を引き出すことができることがあります。

つまり好きな人の呼び方を変えてみることで相手の反応をみることができるわけです。

多くの女性は突然「さんづけ」から「ちゃんづけ」されるだけでも嬉しくなります。

始めて呼び方を変えてみたときに相手の表情を見てみると、笑顔になって話しが饒舌になったり、相手も呼び方を変えてくると相手にとっても脈ありであったと見て取れます。

逆に無表情でペースも変わりなく、また相手はそれでも「さんづけ」で呼んでくる場合は脈なしである可能性が高くなります。

呼び方を変えてみてはっきりと目に見える効果は感じないにしても、相手の気持ちを動かすきっかけにはなることは間違いありません。

好きな人の呼び方を変えるときの注意点

好きな人の呼び方を変えるときは注意点があります。

今、まさに好きな人の呼び方を変えたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

相手の呼び方を変えることはデリケートな面に触れることもあります。

注意点があることを心に留めておきましょう。

好きな人の呼び方を変えるときはわざわざ了解をとらない

好きな人の呼び方を変えるときはわざわざ了解を取る必要はありません。

特に男性に多いのですが「○○ちゃんって呼んでいい?」と相手に問う人がいます。

もし聞かれても「いいよ」と良い返事をする女性は多いですが、中には「なんで?」と突っ込んでくる人もいます。

またあまのじゃくな性格な女性であると「ヤダ」と一刀両断されることもあります。

好きな人だからこそ了解を得たいという気持ちなることは理解できますが、出会ってから時間が経っている場合はなかなか名前を変えるという勇気が出ない焦りからこうした質問をしてしまいます。

タイミングを逃してしまったからこそ、了解を得ずに呼ぶ方を変えてみましょう。

好きな人の呼び方を変えるときはちょっとずつ呼び方を変えていく

好きな人の呼び方を変えるときは、ちょっとずつ呼び方を変えていってみましょう。

例えば一緒に食事に行って飲んだ勢いで冗談っぽく呼び方を変えてみて、次の日はケロっとして普通通りに呼んで見てください。

飲んだ勢いで言ってみると相手も軽く受けることができます。

また普通の呼び方に戻すと「やっぱり酔ってたんだ」とちょっと残念な気持ちになるかもしれません。

このようなことを繰り返して、ちょっとずつ、そして最終的には普段も変えてみると自然に変えていくことができるようになるでしょう。

好きな人の呼び方を変えるときは新しい呼び方を2〜3回は続けていく

好きな人の呼び方を変えるときは新しい呼び方を2~3回は続けていきましょう。

一回呼び方を変えられただけでは女性は「あれ?」と思ってしまいます。

つまり半信半疑な気持ちになるのです。

ですが続けて呼ばれると、「あ、呼び方変えてくれたんだ」と認識してももらうことができます。

女性にとっては呼び方を変えてもらえることは大いに恋愛を意識することになります。

相手に気持ちに気付いてもらいたいときは、しっかりと呼び方を変えてみましょう。

好きな人の呼び方を変えてツッコまれたときの注意点

好きな人の呼び方を変えることは相手の反応が心配になるところでしょう。

呼び方を変えてツッコまれた時にどう切り返すべきかも悩むところです。

女性の中には呼び方を変えられて不快に感じる人がいることも否めません。

ここではそんなときの注意点を紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてください。

好きな人の呼び方を変えてツッコまれたら冗談で返す

好きな人の呼び方を変えてツッコまれたら、冗談で返してみましょう。

冗談であればうまく切り抜けることができるのでお互いに嫌な思いをせずに済むことができます。

好きな人の呼び方を変えるときは自分の呼びたい呼ぶ方を優先に考えてしまいます。

それを冗談を呼んでみると相手も冗談に切り返してくる場合は、お互いに冗談で終わらせることができるわけです。

もし冗談で済めばよいですが、相手が冗談で返すことができないような雰囲気であればまだ二人の関係性は進んでいないと言えます。

この場合はまだ呼び方を変えるということはしないでおきましょう。

好きな人の呼び方を変えて違和感があるなら止めておく

また好きな人の呼ぶ方を変えて違和感があるようであれば、ひとまずは止めておくことをおすすめします。

女性の中には呼び方を変えられて違和感を抱く人は少なくはありません。

特に自立した女性であればあるほど呼び方を変えられるということに男性から下に見られているような気分になる人もいます。

たとえ好意があるわけではないけれど、親近感や信頼を持って呼ぶ方を変えられたことに嫌がる人もいます。

まずは相手の立場なども考えて、呼び方を変えて違和感を感じたら止める臨機応変さを持ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恋愛では付き合うとお互いに呼び方を変えることは当たり前のことですが、まだ付き合う前ではそれも難しさがあります。

好きな人と少しでも距離を縮めるためには、何かしらのアプローチは必要です。

男性から突然呼び方を変えて呼ばれたら、アプローチされているかもしれません。

女性はそんな男性の脈ありサインを見逃さないように見極めることもしていきましょう。

【関連記事】

好きな人が話しかけてくれない理由・どうすればいい?

好きな人と仲良くなりたいときの距離を縮める方法は?

好きな人がいると感じる幸せは?幸せにする方法は?

好きな人との距離を縮めるためにはどうすればいい?

好きな人が冷たくなったのはなぜ?男性心理や対処法・NG行動は?

好きな人と気まずい原因は?解消法をご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク