【消極的な人】特徴・性格15選&仕事・恋愛の特徴&性格を変える方法は?

こんにちは!消極的な人の記事へようこそ!

あなたの周りに消極的な人はいませんか?

もしかしたらあなた自身が消極的だと感じているかもしれませんね。

この記事では消極的な人の特徴・性格、仕事、恋愛、消極的な性格を変える方法について紹介していきます。

消極的な人の特徴・性格

消極的な人の特徴・性格

それでは消極的な人の特徴について解説していきます。

消極的な人の特徴・性格1:まず根本的に自分に自信がない

消極的な人はまず根本的に自分に自信がない

消極的な人の特徴・性格にまず根本的に自分に自信がないのがあります。

人間は自分に自信があれば「できる!」という気持ちが大変強くなっていくので積極的になります。

積極的な行動が挑戦心、冒険心を生みます。

消極的な人はその対極にある人です。

自分に自信がなく何か物事に取り組む前には頭に浮かぶのは「できない」「失敗したらどうしよう」「もう終わりだ」というネガティブな感情です。

ネガティブな感情が負のエネルギーになりますので何をしても失敗するといった状態になりやすいのです。

消極的な人に対して「自分に自信を持て!」と言っても根本的に自分に自信がなく

自信を持とうとすると今までの自分とは違う自分になる必要があるので

強い違和感を感じてしまってまた普段の消極的な自分に戻ってしまうといった状態に陥りやすいです。

消極的な人の特徴・性格2:成功体験がなくて自信がない

消極的な人の特徴・性格に成功体験がなくて自信がないのがあります。

人間は何かチャレンジした結果、自分が望むような結果を得ることができると成功体験として深く心の中に刻まれていきます。

成功体験は「俺(私)はできる」という自信になり次の挑戦へと駆り立てていきます。

一方の消極的な人は自分の自信を支えるための成功体験がありません。

何かに成功した経験がないために何かに挑戦するときも不安や恐れ、怯えの感情が生まれてきて行動の足かせになり「自分はできない」と自信を失っていきます。

自信がない状態で何かにチャレンジしても大体うまくいかない結果に陥ってしまうため更に否定的な感情ばかりが頭の中に浮かんできて自信をなくしてしまうのです。

スポンサーリンク



消極的な人の特徴・性格3:過去にいじめを受けたなどで自信がない

消極的な人の特徴・性格に過去にいじめを受けたなど人間関係においてトラブルを抱えてしまった経験が自信を失わせたのがあります。

いじめは一方的に相手の自尊心を打ち砕く行為です。自尊心が打ち砕かれると自信を失うのは当然かもしれません。

いじめを乗り越えようとして強くなっていく人もいます。

そのような方は他人の痛みが分かる強い人間になっていくでしょう。

ただ乗り越えられなかった人は「自分は人から必要とされていない」と自分を卑下する感情が強くなっていくので自分を信じる気持ちが失われて自信がなくなっていきます。

消極的な人の特徴・性格4:オナニーのしすぎ

https://www.flickr.com/

消極的な人の特徴・性格にオナニー、自慰行為のしすぎなのが挙げられてきます。

オナニーは自信を失わせます。

オナニーをするとジヒデロテストステロンという体をだるくしたり、やる気を失わせたり、震えを誘発するようなホルモンが発生します。

オナニーをし過ぎるとやる気がどんどんなくなって自信を失わせていきます。

あなたの周りで一日何回もオナニーをしているような人を見てください。

日々だるそうでやる気を感じさせない人が多いのではないでしょうか。

オナニーをしすぎると体が男性としてのやる気を終えたと判断するので消極的な人間になっていくのです。

スポンサーリンク



消極的な人の特徴・性格5:承認欲求が強い

消極的な人の特徴・性格に承認欲求が強いのが挙げられます。

多くの人が「認められたい」といった気持ちを持っています。

人の喜びになるのは自分の存在意義を満たすことに繋がります。生きている実感を得るでしょう。

ただ「認められたい」という気持ちが強くなると自分の行動が人から「認められるのか」「認められないのか」といった基準で物事を考えるようになります。

そうなると「認められない」と思われるような行動はとらないように注意をするので自分でも知らぬ間に消極的になります。

認められないのは自分を否定されたかのような気持ちになるのです。

承認欲求が強すぎると消極的な人になります。

消極的な人の特徴・性格6:人に話しかけず自分を表に出せない

消極的な人の特徴・性格ですが人に話しかけるのを苦手としています。

人見知りで初対面の人に対してはかなり引っ込み思案になります。

自分から人に話しかけないので自分を表に出すこともありません。

自分の内面の感情の話をするのも苦手としているのです。

消極的な人の特徴・性格7:嫌われるのを極度に恐れ個性がない

消極的な人の特徴・性格に嫌われるのを極度に恐れているのがあります。

さきほど消極的な人は「認められたい」という承認欲求がとても強いと紹介しましたが

裏を返すと「嫌われたくない」という思いが強いということです。

嫌われるのをとても恐れているので行動が無難なものになっていきます。

行動が無難になると相手から嫌われることはなくなるでしょう。

ただ行動が無難になると自分が出ないので個性が無くなります。

個性がなくなるといてもいなくてもどっちでも良い人のような状態になるので人からすごく好かれることはなくなってきます。

スポンサーリンク



消極的な人の特徴・性格8:友達がいない

消極的な人の特徴・性格に友達がいないのがあります。

消極的な人は自分から人に対して話しかけず行動が無難になるので一緒にいて面白くないと思われる傾向にあります。

面白くないと思われると友達や知り合いは少なくなります。

また過度に消極的になると完全に自分の世界、殻に閉じこもったような状態になるので極端に友達がいなくなっていきます。

自分の世界に入り人から受け入れられないので「俺(私)の気持ちなんて誰も分かってくれない」と思うようになり益々消極的になり人と話すのが嫌になって友達を失っていくのです。

消極的な人の特徴・性格9:声が小さい

消極的な人の特徴・性格に声が小さいのがあります。

自分に自信があって積極的な人は声が大きい人が多いのは経験的に感じたことがある方も多いと思います。

一方の消極的な人は自分に自信がないので全てにおいて一歩目が遅れてくるので声が小さくなります。

もちろん声は歯並びの問題などで変わってきますので一概に声が小さいと消極的と言えませんが消極的な傾向にあるのが特徴です。

消極的な人の特徴・性格10:行動することができない

消極的な人の特徴・性格ですが行動することができません。

行動する、足を動かすのを忘れています。

消極的な人は行動する前に頭の中で色々なことを考える傾向にあります。

ちょっと考えてから行動した方が答えは出やすいのですが消極的な人は頭の中で自分が納得できる答えを出してからでないと行動できません。

現状をしっかりと分析してメリット、デメリットを洗い出してデメリットを避ける方法を考え、更なる状況分析に励むといった感じでいつまでたっても行動できません。

考えている間に行動する人は結果が出ているのでどんどん先を越されてしまうでしょう。

消極的な人の特徴・性格11:何をするにしても言い訳が多い

消極的な人の特徴・性格ですが何をするにしても言い訳が多いのがあります。

「だって○○なんだもん」「もし○○じゃなかったら」とできない言い訳を考えるプロです。

できない言い訳を考えるプロなので口達者です。

ただ誰だってできない理由はいくらでも生み出すことができます。

できないのをどのようにしたら面白くできるかが分かっていないのが消極的な人です。

また言い訳は「できない」という感情で頭の中をネガティブでマイナスなイメージにしていきます。

頭の中がネガティブイメージで支配されてしまった人が積極的になることはありません。

どんどんネガティブな感情を増大させて消極的な人になるのです。

スポンサーリンク



消極的な人の特徴・性格12:挙動不審

https://www.flickr.com/

消極的な人の特徴・性格に挙動不審なのがあります。

自信のなさから挙動不審になるのか、オナニーのしすぎで挙動不審になるのか理由は謎ですが目線がきょろきょろしていたり下を向いていたり深く帽子をかぶっていたりして変な雰囲気を醸し出しています。

消極的な人の特徴・性格13:姿勢が悪い

https://www.flickr.com/

消極的な人の特徴に姿勢が悪いのが挙げられてきます。

姿勢が良いか悪いかで人間の積極性が分かります。

姿勢が良い人は胸を張って堂々としています。

堂々とした姿は交感神経を強め人間を積極的にしていくのです。

姿勢が悪いと頭が下がってきます。

頭が下がってくると下を向いて歩くようになり体がだんだん不自然な状態になります。

体が歪んでくると自律神経に乱れが生じてくるようになり不安を感じやすくなったりとメンタル面に問題が生じるようになり消極的な人になるのです。

自分の姿勢が悪いと思っているのであれば整体などにいって自分の姿勢を矯正してもらいましょう。

姿勢が良い状態が続けば自分の気分が変わってくるのが分かるでしょう。

消極的な人の特徴・性格14:就活での印象が悪い

消極的な人の特徴に就活での印象が悪いのがあります。

就職面接は間違いなく積極的な人が有利です。

「御社の○○なところに惹かれました!」そうはっきり言うことができる人間の印象は間違いなく良いです。

積極的に生きていると人に話すことができる経験も多くなるので話の引き出しは増えていきます。

また就活の面接では「できないと思われたことどうやって乗り越えたか」のかを問われる一面があります。

消極的な人は困難な状況に陥ってしまうと「できない」と思って逃げてきた傾向にあるので就活でも「今までどんな事を乗り越えてきましたか?」と聞かれても上手に答えるのを苦手としています。

よって面接でもうまくいかないのです。

消極的な人の特徴・性格15:プライドが高い

消極的な人の特徴・性格にプライドが高いのがあります。

成功体験がなくてもプライドが高いと「俺は何もしなくてもできる人間なんだ」という謎のプライドが生まれてきます。

ただ謎のプライドが高くなればなるほど自分が行動して失敗したときの絶望感を受け入れられなくなります。

謎のプライドを持っている人は自分が行動しても結果を出すことができないタイプの人間であるのを知っているので行動しません。

その結果より消極的な人間になっていくのです。

消極的な人の仕事

あなたの職場には消極的な人がいると思います。

ここからは消極的な人の仕事の特徴について解説していきます。

消極的な人の仕事1:嫌々仕事をしている

消極的な人の仕事の特徴ですが嫌々仕事をしているのがあります。

消極的な人は仕事に対して主体的に行動していくことができません。

元々主体的に行動するのを苦手としていたり、自分の仕事が好きになれない、結果を出せない、職場での人間関係に問題を抱えているなどの様々な理由から仕事に喜びを感じることができなくなっているのです。

これは元々積極的な性格だった人も外的環境から積極性を失う場合があります。

人生に時間の大部分を占めるのが仕事なので仕事を嫌々していると消極的な人になるのは自然の流れだといえます。

消極的な人の仕事2:挑戦をしないためどんどん追い抜かれていく

消極的な人は仕事において挑戦をしません。

人間は自分ができないと思う事に対して挑戦していくときそれを乗り越えたときに大きな人間的な成長を感じられて実際に自分も成長していくことが多くなります。

消極的な人は挑戦をしない人なので成長しません。

また本人も成長する気がなくその日が何となく安心して終わってお金を貰えればいいやと思っています。

消極的な人は現状維持を心がけようとしていますが、周りは成長していくので結局は追い抜かれてしまい立場をなくしていく傾向にあります。

現状維持は死を意味するのを知らないのです。

スポンサーリンク



消極的な人の仕事3:粘り弱く努力が足りない

https://www.flickr.com/

消極的な人は物事を悲観的に捉える人です。

物事を悲観的に捉えているために「ああ俺は無理だ」と思う気持ちが強くなります。

できないことを考えてしまうために成功するイメージを頭の中に浮かび上がらせることができなくなり粘り弱くなります。

粘り弱くなるとあとひと踏ん張りができなくなるので努力が足りないという結果に陥ってしまうのです。

努力が足りないと仕事で結果を残すのも難しくなるのは当然の流れです。

消極的な人の仕事4:報告・連絡・相談が苦手

消極的な人は報告、連絡、相談を大変苦手としています。

消極的な人は普段人と積極的にコミュニケーションをとろうとしません。

人とコミュニケーションをとるのを苦手としていて自分の中に籠る傾向があるのでこまめに報告、連絡、相談ができません。

上の人間から見ればホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)ができないのは大事な情報が自分の耳に伝わらず意思決定、戦略決定の足枷になる可能性があるので消極的な人の仕事に対する向き合い方は大問題です。

消極的な人の仕事5:後輩からの人望がない

消極的な人の仕事の特徴に後輩からの人望がないのが挙げられます。

全うな人間であれば心のどこかに「今の自分よりも成長したい」という気持ちを持っている一面があると思います。

努力して自分の人生をよくしようと思う人に対して尊敬の念を抱くのは当然かもしれません。

消極的な人は「成長したい」という気持ちが薄くまた人の意見に左右されやすく自分を持っていないので後輩からの人望や信頼はありません。

悪い言い方をすれば「金魚のフン」と思われている場合もあります。

消極的な人の恋愛

ここからは消極的な人の恋愛について解説していきます。

消極的な人の恋愛1:まず自分からアプローチする事はない

消極的な人の恋愛ですがまず自分からアプローチとすることはありません。

男性であれば所謂草食系男子というやつで常に女性からアプローチされるのを待っています。

相手が誘わなければそのまま関係は発展しません。

常に相手任せのスタイルなので男らしさはありません。

自分からアプローチすることがないので常に彼女はいない状態で文句を垂れています。

プライドが高くて消極的な人だと「俺のよさを分かる女はいないのか」と自分勝手に考えている面があり嫌な雰囲気を醸し出しているので女性が寄ってくることはほとんどないと言っても良いです。

消極的な人の恋愛2:付き合ったとしても相手まかせで態度がはっきりしない

消極的な人は恋人ができた場合でも相手任せで態度がはっきりしません。

恋人の前では積極的になれる人は別です。

ただ消極性が自分の頭と体に染みついている人は常に恋人の意見に左右されがちな関係になります。

人間は相手が自分に対して従順だと「つまらない」「張り合いがない」と感じてしまうので飽きられて別れに発展する可能性があります。

また消極的な人の恋人任せの態度は「もっとはっきりしろよ」とイライラさせる可能性があります。

スポンサーリンク



消極的な人の恋愛3:長く付き合うことはかなり少ない

消極的な人の恋愛ですが恋人と長く付き合うことはかなり少ないです。

主体性がなく人生を前向きに進める事ができないタイプの人間と一緒にいても長続きしないのは当然でしょう。

悪い人ではないと分かっていながらも知れば知るほど相手の欠点ばかりが目についてきて別れへと至るでしょう。

消極的な人間が長くお付き合いをするとしたら似た者同士である消極的な人です。

人生を前に進めることはできないかもしえませんが心地よいと感じる状態になるかもしれません。

消極的な人が性格を変えるために

消極的な人の中には自分の消極性に嫌気がさしていて自分を変えたいと思っている方もいらっしゃると思います。

ここからは消極的な人が自分を変えるためにはどうすればよいのかを紹介していきます。

消極的な人が性格を変えるために1:服装・姿勢から変えてみる

https://www.flickr.com/

消極的な人が性格を変えるためには服装・姿勢から変えてみる必要があります。

消極的な人は基本的に地味で個性がないファッションをしている傾向にあります。

まずは服装から変えていきましょう。

赤、青などの色を色がはっきりとした服を着ても良いでしょう。

服を変えるだけでも少し自分が変わっていくのを実感できるでしょう。

また姿勢を正すのも消極的な人から脱却するための方法です。

さきほども紹介しましたが姿勢が悪いと自律神経が乱れてストレスを溜めやすくなりネガティブで消極的な人間になる恐れがあります。

姿勢を正すのを心がけていきましょう。

姿勢を正そうと思っても上手くいかないと感じる人は整体などに通ってみるのもひとつの方法です。

消極的な人が性格を変えるために2:自分を意識するトレーニングをする

消極的な人が性格を変えるためには自分を意識するトレーニングをした方が良いです。

消極的な人は「自分」を意識できていません。

大体が人任せ、頼る傾向にあり自分という主体が無くなっています。

知らぬ間に自分を失っている一面があるので自分を取り戻す必要があります。

自分を意識するトレーニングはやはり挑戦心を取り戻す行動をとることが大事になります。

自分にはできないと思う挑戦をする事によって嫌でも自分と向き合う必要があります。

「なぜ自分はできないのか」「怖い」と思うケースが増えてきます。

そのような状態になったときに一歩を踏み出すためには「俺(私)はできる」と気持ちを奮い立たせる必要があります。

それは自分を意識することでもあり挑戦心、積極性を呼び起こす事に繋がります。

また自分を意識するためのトレーニングには自分が好きな事をしてみる必要があります。

自分が好きなことを徹底的にしてみることによって自分の中の「好き」が意識されていきます。

「好き」が意識するのは自分を意識することにも繋がっていくのです。

スポンサーリンク



消極的な人が性格を変えるために3:積極的で憧れの人になる練習をする

消極的な人が性格を変えるためには積極的で憧れの人になる練習をしましょう。

まずは自分がなりたい人を徹底的にイメージします。

そして目をつむって憧れの人が自分の頭の中から入り込んでいる姿を朝起きてからと夜寝る前にイメージします。

朝起きてからと夜寝る前にイメージすることによって潜在意識の中に理想の人が吸い込まれていきなりたい自分に近づくことができます。

一年中イメージトレーニングをすることによって消極的な自分を脱却して積極的な自分を作ることができるでしょう。

消極的な人が性格を変えるために4:営業など人に関わる仕事をしてみる

消極的な人が性格を変えるためには営業や販売、接客などの人との関わりを必要とされる仕事に取り組んでみると良いです。

消極的な人はただぼんやりと生きている状態では自分を変えようとしないために積極的な人間になるのは到底難しいです。

そのため積極性が求められる仕事をして強制的に積極的な人間になる必要があります。

営業をして強制的に自社製品をアピールする必要に迫る状況に自分を置く、

飲食店で接客をして絶対にお客さんと話をしなければならない状況に自分を置くことで

自分を変えることができる可能性があります。

消極的な人が性格を変えるために5:オナニーを止める

消極的な人が性格を変えるためにはオナニーを止める必要があります。

先ほども紹介しましたがオナニーをすると男性を消極的にするホルモンが出ます。

そのホルモンが出ないようにオナニーを止めておな禁に徹するのもひとつの方法でしょう。

消極的な人だからできることがある

消極的な人はデメリットだけではありません。

消極的な人にはメリットもあります。

ここからは消極的な人だからこそできることについて解説していきます。

消極的な人は細かい点に気が付きやすい

消極的な人は細かい点に気が付きやすいです。

物事を悲観的にみる癖や言い訳をする癖がありますが裏を返せばそれは人が気が付かない点に気が付くということでもあります。

細かい点に気が付いてそれを理由に行動するのを止めていてはいけませんが、

きちんとデメリットを把握してそれに対処する能力を身に着けていくことができればリスク管理能力は大変に高まります。

消極的な人は専門的な技能を身につけて大活躍できる

消極的な人は専門的な技能を身に着けて大活躍する事ができる可能性を持っています。

人間は何か自分の実力をつけたいと思うのであれば一定期間人に合わず籠って実力を身に着けていく必要があります。

パソコンのプログラミング、英語、スポーツの技術、アナウンサーの発音練習などは1人で何度も練習を重ねることによってはじめて身に着くものです。

消極的な人はあまり前に出ずに自分で技術を高めることに時間を費やす事ができたならばその技能を活かして社会で大活躍する事ができるでしょう。

技能を身に着けても消極的のままであれば本末転倒ですが自分の実力をつける事で自信が生まれてくる可能性もあります。

まとめ

ここまで消極的な人について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

消極的な人は人生における数多くのデメリットを抱えており損をしている事が多いです。

消極的なために多くの苦杯を感じた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ただ人生は泣いても笑っても一回限り。消極的だからといって報われる訳ではありません。

消極的な人生を変えて明るい人生にしていきましょう。

takajinではポジティブな人の特徴について紹介した記事を用意しておりますので是非一度ご参考にしてみてくださいね。

ポジティブな人の特徴・考え方・恋愛・ポジティブな人になる方法を超一流スポーツ選手から学ぶ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク