【友達がいない人】特徴30選!メリット・デメリット・作り方

友達がいない人は意外と多いです。

ではなぜ友達がいないのでしょうか。

変わり者なのでしょうか、いえ、実はごくごく普通で印象が良い人でも友達がいない人もいます。

今回はそんな友達がいない人の特徴を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

友達がいない人の特徴

友達がいない人

信頼できる友達がいる人にとって、友達がいない人は信じられないかもしれません。

ですが人間関係はとても複雑です。

友達がいないことは不思議なことではありません。

ここでは友達がいない人の特徴を詳しく紹介していきます。

友達がいない人の特徴1:寂しいと感じない・一人でも大丈夫

友達がいない人

友達がいない人の特徴として、寂しいと感じない、一人でも大丈夫であるということが挙げられます。

友達は寂しさを一緒に紛らわしたり、親密な関係であればあるほどお互いを補うことができる関係になります。

特に親友と呼べる人がいる人にとっては友達がいないことがあり得ないとさえ思うでしょう。

その反面、友達がいなくても寂しいと感じない人がいます。

むしろ友達という存在は煩わしい以外の何物ではありません。

一人であればそれなりに一人を楽しんでいられる人です。

友達がいない人の特徴2:無表情・人間味がないと思われる

友達がいない人の特徴として、無表情であったり人間味がないと思われることが挙げられます。

いつも一人で行動している人を傍から見ると寂しい人間だと思われます。

そして一人でいると変人であると思われたり、思いやりのない冷たい人間だと勘違いされる場合もわるわけです。

ですがそれはまったくの誤解です。

友達がいないと根暗だと思われがちですが、そんなことはありません。

ごくごく普通の人が友達がいないこともあります。

それだけ人間関係が希薄になっていると言えるでしょう。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴3:一人でご飯を食べている

友達がいない人の特徴として、一人でご飯を食べているということが挙げられます。

友達がいないということで必然的に一人での食事ということになりますが、むしろ友達がいないことのほうが快適に食事ができると感じています。

一人であることの方が好きなときに好きなものを好きなだけ食べられるわけです。

また友達との食事は相手のペースや相手の食事の好みを考えなければなりません。

そんなストレスを感じてまでも友達と食事をするということは苦痛以外の何物でもありません。

食事くらい美味しく気楽に摂りたいと思っています。

友達がいない人の特徴4:ミステリアスな雰囲気

友達がいない人の特徴として、ミステリアスな雰囲気であるということが挙げられます。

周囲に私生活が謎、という人はいないでしょうか。

最近は自己主張をする人がとても多いため、自分のことをあまり話さない人はとてもミステリアスです。

もちろん自分のことを話さなくても当人にとってプライベートは充実しているはずです。

それを敢えて誰かにアピールするということは必要ないわけです。

ミステリアスな人が友達がいないということはありませんが、友達がいない人は特に周囲に話題にするようなことがないためプライベートを話さないことは往々にしてよくあることです。

ミステリアスな人は謎の私生活として何かと陰で噂話で話題になることもあります。

つまり誤解されやすい面もあるということでしょう。

友達がいない人の特徴5:人と話すのが苦手・言葉に詰まりやすい

友達がいない人の特徴として、人と話すのが苦手であったり言葉に詰まりやすいということが挙げられます。

友達付き合いがないことで会話のキャッチボールも少ないことから人との会話が苦手になる傾向があります。

会話はとても頭を使います。

その頭を使わないということは言葉も咄嗟に出てこないこともあるのです。

人間関係は閉鎖的になり頭の回転も悪くなってしまうため、あまり良い傾向ではありません。

友達がいないからと家に籠るのではなく、積極的に社会の中に身を置くことも必要です。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴6:他人の気持ちを考えるのが苦手

友達がいない人の特徴として、他人の気持ちを考えるのが苦手であるということが挙げられます。

他人の気持ちを考えるのが苦手であるということから、もともといた友達側から離れていくこともあり得ることから、結果気付くと友達が居なかったということもあるでしょう。

人間関係は常に相手のことを考えなければなりません。

特に親密な間柄であればあるほど、喜怒哀楽を共有することも多くなります。

その喜怒哀楽を一緒に共感することができなければ友達側にとってはとても物足りない相手になってしまうわけです。

そのことからも友達が少なくなっていくことは必然です。

友達がいない人の特徴7:人の悪口が多くて次第に友達がいなくなる

友達がいない人の特徴として、人の悪口が多くて次第に友達がいなくなるということが挙げられます。

このタイプの人は人の悪口を言うことで周囲の気を引きたいという心理があります。

ですがそれが逆効果であることに気付けない人です。

もしその人にカリスマ性があると、たとえ悪口を言っていても表面的であっても周囲に人は集まります。

つまり周囲の人は損得勘定で人との付き合いを決めていることがこのことから分かります。

損得で集まってくる人は友達ではありません。

悪口を言っていると自分も必ず言われているということに気付くことが大切です。

友達がいない人の特徴8:自分に自信がない・ネガティブ

友達がいない人の特徴として、自分に自信がないことやネガティブであることが挙げられます。

誰しも自分に自信はありません。

自分に自信を持つために毎日必死です。

自分の弱さを見せないために強がったり、自己主張したり、人のアピール方法はさまざまです。

ですが過度に自信のない人がいます。

自分なんていなくてもいい、自分は必要とされていないなどネガティブに考えるとどん底生活が続きます。

またネガティブな人はそんな自分に酔っています。

そんな人には人は寄ってきません。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴9:コンプレックスや過去のトラウマがある

友達がいない人の特徴として、コンプレックスや過去のトラウマがあるということが挙げられます。

誰でもコンプレックスや過去のトラウマがあります。

ですがそんなことに囚われていては前に進むことはできません。

むしろそのコンプレックスをかき消すほどの自分の強さを普通の人は身に付けていきます。

そしてトラウマを払拭するためには自分で何とかするしかありません。

自分の身に起こっていることは自分でしか解決はできないのです。

いつまでもコンプレックスやトラウマにこだわっていると周囲から人は居なくなります。

たとえ最初は励ましてくれたり、一緒に共感してくれていても前を向こうとしない姿勢に周囲は呆れてしまいます。

そんな自分本位な姿勢に気付くことが大切です。

友達がいない人の特徴10:自己開示ができないので相手からも心を開かれない

友達がいない人の特徴として、自己開示ができないので相手からも心を開かれないということが挙げられます。

相手の懐に入るには自分のことを知ってもらうということが必要です。

自分のことを知らせずに相手からオープンにしてくることはまずほとんどありません。

人には2パターンあり、それは自分をオープンにするかしないかです。

よく自分のことを誰彼構わず話す人がいます。

そこまで話さなくても、というくらい自分アピールする人もいますがそこまでする必要はないにせよ、相手を知りたいと思ったら自分の話しはするべきです。

もし自分の話しをして引かれてしまったら、その相手はそこまでの人だと言っていいでしょう。

自分にとって必要だと感じた人にはぜひ自分のアピールをしてみてはどうでしょうか。

友達がいない人の特徴11:自意識過剰・自慢話が多く人から避けられる

友達がいない人の特徴として、自意識過剰や自慢話が多く人から避けられるということが挙げられます。

自意識過剰の人は自分が大好きな人です。

また自分アピールが大好きなので常に人の話しを聞くよりも自分の話しばかりしています。

その話が面白ければ良いですが、最初は面白くてもだんだんと周囲は引いてしまいます。

また誰に話したか忘れてしまうため、同じ人に何回も同じ話をしてしまうなど、まったく自分を理解していない傾向があります。

そういう人は周囲も適当にあしらうようになるので信用もなくなっていきます。

自意識過剰は友達をもドン引きさせることもあるので、少し自分を客観的に見ることも必要です。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴12:人を見下しているような印象を与える

友達がいない人の特徴として、人を見下しているような印象を与えるということが挙げられます。

友達がいない人は人に対する対応や人付き合いの礼儀がなっていない場合があります。

そのため相手に誤解を生むような話し方や対応をする人もいます。

たとえ悪意がなくても相手には印象を悪く感じさせる場合もあるため見下されているような気分になる人もいることでしょう。

そういう人だと理解してもらえれば良いですが、仕事上でそうした態度が出てしまうと仕事に支障が出ることもあるため、気を付けなければなりません。

まずは自分は人に対してどのような態度でいるのか理解をすることが必要でしょう。

友達がいない人の特徴13:他人に興味がなく冷たい

友達がいない人の特徴として、他人に興味がなく冷たいということが挙げられます。

他人に興味がないということは自分にしか興味がない、ということになりますが自分にも興味が無いという人は意外といます。

つまり人に一切興味がないということが挙げられます。

このようなタイプの人は生きることに必死であるということもありますが、まったく人の情を理解していないこともあり得ます。

人と人は情があればこそ付き合っていけますが、その情を理解していない人にとってはどのように人に接していけば良いのかわかっていません。

育ってきた環境も影響してきていますが、周囲に恵まれず人の情に触れてこなかったということがあるでしょう。

友達がいない人の特徴14:人に気を遣ってばかりで心を開けない

友達がいない人の特徴として、人に気を遣ってばかりで心を開けないということが挙げらえれます。

人のことばかりが気になって、自分を見失ってしまっているのがこのタイプの人です。

自分の言葉で相手が怒ったり嫌な思いをするのではないだろうか、相手に嫌われてしまうのではないだろうか、という気持ちばかりが先行して自分のことは置いてけぼりになってしまいます。

このような人はとても損をして生きています。

相手がどう思っていても関係ありません。

嫌われてしまえばそれまでの関係なので無理する必要もありません。

ぜひ自分のアイデンティティを大切にしましょう。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴15:嘘をつく・人を騙す

友達がいない人の特徴として、嘘をついたり人を騙したりする人ということが挙げられます。

世の中にはいろいろな人がいるもので、平気で嘘をつく人がいますし、人を騙しても自分が得をすればいいという考えの人がいます。

ですが嘘は必ずばれますし、騙されると相手も慎重になります。

平気で嘘をつける人はそうして生きてきたため、直すということはなかなか難しいことです。

また嘘をついているという意識が無い場合もあるので、誰かに手助けしてもらわなければ直していくことは無理でしょう。

問題は嘘を指摘して直すことを手助けしてくれる理解者が周囲から居なくなってしまっているということです。

友達がいない人の特徴16:疲れやすく一人の休憩時間が大事

友達がいない人の特徴として、疲れやすく一人の休憩時間が大事であるということが挙げられます。

誰かといると必ず疲労やストレスを感じます。

疲れやすい人にとってその休息を取ることは致し方ありません。

友達といて楽しい時間を過ごすと癒されて疲れも吹っ飛ぶ、などということはこのタイプの人には当てはまりません。

とにかく少しでも体だけではなく、メンタル面も休んで体調を回復したいという人は最近は増えています。

それだけ人間関係が希薄であり、面倒になっていると言っても過言ではないでしょう。

友達がいない人の特徴17:人に合わせるのは苦手・協調性が薄い

友達がいない人の特徴として、人に合わせるのは苦手であったり協調性が薄いということが挙げられます。

人に合わせるのは苦手という時点で友達がいないことは納得ですが、社会では通用することではありません。

特に仕事では協調性がないことは問題です。

このタイプの人は自分を曲げて相手に合わせるということがないため、友達も疎遠になっていきます。

自分のポリシーを貫くことも大切ですが、友達や周囲の人が離れていくような態度は改めてみましょう。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴18:歩くのが早い

友達がいない人の特徴として、歩くのが早いということが挙げられます。

友達がいない人は誰かのペースに合わせることが苦手です。

のんびり歩いている人に対して嫌悪感を抱くこともあり、せっかちで自己本位な性格であると言えます。

その自己本位な性格が友達ともうまくいかなくなってしまいます。

歩くペースを合わせることができないことだけではなく、友達と食事に行って友達が話しに夢中になり食事のペースが遅いことにも苛立ちます。

何かと誰かにペースに合わせることが苦痛になり、友達と会うことも減り結果友達からも次第に連絡がなくなっていきます。

友達がいないことは自分自らが生み出しているのです。

友達がいない人の特徴19:疑い深く人を信用することができない

友達がいない人の特徴として、疑い深く人を信用することができないということが挙げられます。

特に誰かに裏切られたというわけでもなく、もともとの猜疑心の強い性格が人を信用させなくしています。

疑う気持ちは相手を不愉快にさせます。

常に相手を先入観で見るため、友達も次第に付き合いづらくなり離れて行ってしまいます。

人を信用できないのは、自分を信用していないためです。

人を先入観で見ることは決して良いことではありません。

自分のうまくいくはずの人間関係をみすみす逃しています。

ぜひ自分を信じることをしてみてください。

信じることで周囲に人は集まってきます。

友達がいない人の特徴20:自分を向上させるのが好き

友達がいない人の特徴として、自分を向上させるのが好きということが挙げられます。

このタイプの人は自分の向上心について来れない友達を必要としないため、なかなか友達ができずらいところばあります。

同じような趣味や仕事を一緒に真剣に向き合う、いわば同志のような存在の友達を求めます。

またもともと友達がいてもどこかついていけないと感じることから、友達のほうから離れていく傾向があるのです。

どこか熱いタイプであると言えるので、その熱さについていける人が友達になれるということでしょう。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴21:本を読むのが好き

友達がいない人の特徴として、本を読むのが好きであるということが挙げられます。

読書がとことん好きだと言う人は意外と多いので、友達付き合いよりも本を読む時間を優先にしたいという気持ちがあることから次第に友達付き合いも減っていき疎遠になっていきます。

また同じ読書を趣味としている人とであれば本について話すことができるので、同じ趣味の人とは付き合っていけますが、同じ系統の本について話し合える人ということに限定されます。

とことん読書が好きな人は一日に何冊を読むということから、友達よりも本を選んでしまうのでしょう。

友達がいない人の特徴22:仕事・趣味が大好き

友達がいない人の特徴として、仕事や趣味が大好きということが挙げられます。

仕事が趣味であると思わせるほど寝ること以外は仕事をしている人はたまにいます。

それほど打ち込むことができる仕事であったり、趣味が仕事になっているなど、周囲から見ると羨ましい反面、仕事のことしか頭にない人とは付き合えなくなり次第に離れていきます。

それでも本人的には仕事ができる喜びを感じているので共感してくれる人がいなくても苦痛にはなりません。

友達がいない人の特徴23:お金を貯めるのが大好き

友達がいない人の特徴として、お金を貯めるのが大好きであるということが挙げられます。

人は裏切ますが、お金は裏切りません。

そんなお金をこよなく愛し、通帳を眺めながら毎日過ごすことが幸せに感じます。

またお金を友達との付き合いで使うことにためらってしまうため、だんだんと友達とは疎遠になっていきます。

お金を貯めることが趣味であるため、自分のためにもほとんど無駄遣いすることはありません。

必要最低限の生活であっても苦にはならないのです。

このような人はお金の大切さを痛感しているというよりは、通帳の金額が増えていくことが楽しみを感じています。

友達がいない人の特徴24:恋人との時間を大事にしている

友達がいない人の特徴として、恋人との時間を大切にしているということが挙げられます。

これは男性よりも女性のほうが圧倒的に多いです。

少しでも時間があれば恋人と過したいと思うので、友達よりも恋人優先になります。

このことから恋人ができると友達とは疎遠になり、恋人と別れると友達に連絡してくるというパターンになり、友達も連絡がくると別れたと分かります。

そんな女性の中でも友達との付き合いも大切にして恋人との両立をしている人もいますが、友達と合っていても彼氏の話題になってしまうなど、結局は恋人中心に動いています。

恋人のいない友達にとっては、実にそんなのろけ話を聞かされることほど苦痛に感じてしまうことは間違いありません。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴25:家庭が大事

友達がいない人の特徴として、家庭が大事であるということが挙げられます。

これは普通なことであり、家庭を持つとそれまでとはまったく別の忙しさになるため、友達とはどうしても疎遠になってしまいます。

特に子供ができるとさらに忙しさは増します。

子供中心になってしまいさらに友達と連絡を取ることもほとんどなくなるなどそれまでの友人関係はすべてなくなる人もいます。

ですが子育てもひと段落すると自分の時間が増えてくるので、仕事に復帰したり習い事をするとまた友達もだんだんできていくでしょう。

人生の通過点としてまた新たな友人関係を築くことができます。

友達がいない人の特徴26:ひとりごとが多い

友達がいない人の特徴として、ひとりごとが多いということが挙げられます。

ひとりごとを言っている人は傍から見るととても不気味です。

街中でひとりごとを言いながら歩いている人を見ると避けて歩いたりするなど、少々気味が悪いイメージがあります。

また職場ではひとりごとを言いながら仕事をしている人は周囲にとっては迷惑に感じることが

多くなります。

ひとりごとで何となく発している言葉程度であれば良いですが、明らかに悪意を持った悪態をつくようなひとりごとは周囲から人はいなくなっていきます。

ひとりごとは無意識で発している人が多いですが、意識して言っている場合はたちが悪いので止めるようにしましょう。

友達がいない人の特徴27:犠牲になることができない

友達がいない人の特徴として、犠牲になることができないということが挙げられます。

友達がいるといろいろなことを共有することになります。

普通の友達関係であると辛いこともお互いに助け合いたいという気持ちが芽生えますが、友達がいない人はそんな気持ちが芽生えることもなく、むしろ迷惑であると感じてしまいます。

そのため誰かのために一肌脱ぐなどという人情はなく、自分が犠牲になることは拒否する心理があります。

このような人は友達に対してだけではなく、恋人ができても情が薄いため気が付くと周りに人がいなくなっているタイプの人です。

スポンサーリンク



友達がいない人の特徴28:金銭感覚がおかしい

友達がいない人の特徴として、金銭感覚がおかしいということが挙げられます。

自分に対しての投資は惜しまないことが多いため欲望のままにお金を使うため、友達もついていけなくなります。

例えば食事など友達を誘いますが、友達も自分と同じ価値観であると勘違いしているので高額なレストランへ行ったり、費用がかかる旅行に誘ったり友達の懐事情を考えない面があります。

多くの人はたまの贅沢として少々値が張るレストランに食事に行ったり、自分へのご褒美として高額なバッグを買ったり、何かイベント的にお金を使います。

ですがお金に対する価値観は人それぞれであることを考えず、他人にも散財を強要する人には誰も付いてはいかなくなるでしょう。

友達がいない人の特徴29:不潔な印象を与える

友達がいない人の特徴として、不潔な印象を与えるということが挙げられます。

身なりもそうですが、食事の仕方が汚かったり、言葉遣いが悪いことも友達が居なくなる要因です。

たとえ毎日お風呂やシャワーに入るなど清潔にしていても、場を考えないファッションをしていたり、常識がない身なりや態度は嫌われます。

そして人として最低限の教養やモラルを守れない人も決して良い印象を与えません。

自己主張も大切ですが、社会の中に身を置くことを考えて誰が見ても常識ある人になることを心がけましょう。

友達がいない人の特徴30:ひきこもり

友達がいない人の特徴として、ひきこもりであるということが挙げられます。

ひきこもりであるので当然友達がいないことが考えられますが、たとえ昼間は仕事をしていても帰宅後や休日はほとんど外へ出ることがない半ひきこもり生活の人も友達ができない要因になります。

友達がいないからひきこもってしまうのか、友達との付き合いが嫌でひきこもるのか個人差がありますが、どちらにしても自ら人間関係を拒否していることです。

煩わしい人間関係から一線を引いてしまうとどんどん希薄になっていきます。

無理に人と付き合うことはしなくても良いですが、できる限り外へ出る努力をしてみましょう。

友達がいない人は周りが思うほど寂しいとは感じていない

友達がいないからと言って、それは自分が選択していることであり、周囲が思うほど寂しい人ではありません。

友達がいないことが寂しいということはないのです。

特に今はSNSなどで簡単に人と繋がることができる時代です。

それによって友達という言葉の重みもどこか軽くなってきてしまいました。

SNSやスマホが無い時代の絆の深い友達関係と今はまったく人間関係に変化が表れてきました。

特に今は若い世代ほど自立心があり、自分は自分、他人は他人というメリハリがはっきりあると言えるでしょう。

友達がいないことのメリット

友達がいないことのメリットはあるのでしょうか。

ここでは友達がいないことのメリットを詳しく紹介していきます。

友達をリセットしたい人はぜひ参考にしてみてください。

友達がいないことのメリット1:主体的な人生を送ることができる

友達がいないことのメリットとして、主体的な人生を送ることができることが挙げられます。

人はどこか他人と自分を比べてしまいます。

友達がいると友達の生き方を参考にしてみたり、いろいろな情報に惑わされて生きています。

ですがそれは自分らしい人生であるとは言えません。

主体的で後悔しない人生は自分が決めるしかないのです。

友達がこうしているから自分も、などというような考えは捨て、自分らしい自分が決めた人生を送りましょう。

友達がいないことのメリット2:人間関係の悩みが少なくなる

友達がいないことのメリットとして、人間関係の悩みが少なくなることが挙げられます。

人が生きていく上で一番のストレスが人間関係です。

友達や職場だけではなく、外へ一歩出ると人がいます。

電車の中でのストレスやコンビニの中でのストレス、とにかく生きていくためには人と接することは避けられません。

そんなストレスを少しでも減らしたいのであれば身近なことからしていくことになります。

仕事は辞めることはできませんので、一番人間関係の負担になる友達関係をリセットすることでストレスは軽減できます。

友達はいらぬ心配をしたり、気を使ったりすることは面倒です。

もし人間関係に疲れたら友達関係をまずリセットしてスッキリしてみましょう。

スポンサーリンク



友達がいないことのメリット3:自信が持てる・自己肯定感が強くなる

友達がいないことのメリットとして、自信が持てる、自己肯定感が強くなることが挙げられます。

人は疑心暗鬼で手探り状態で生きています。

自分に自信が持てず、誰かに依存し、常に悩みながら毎日を過ごしています。

誰かに依存することは悪いことではありませんが、自分の意思がなく誰かと一緒であるという安心感を得られることで自分は安心安全に生きていけると感じます。

ですが誰かに依存しない生き方も大切です。

人は結局ひとりです。

ひとりでいることの強さも身に付けることをしてみてください。

そして自分を受け入れることもしてみましょう。

友達がいないことのメリット4:洞察力・創造力が高まる

友達がいないことのメリットとして、洞察力や創造力が高まるということが挙げられます。

ひとりでいるといろいろな情報を目にしたり耳に入ってきます。

また集中力も上がるので自分の気持ちが上がるようなことに常にアンテナを張っています。

いろいろなことに興味を持ち、自分を高めることで人間力も上がります。

こういうことは友達がいてもできることですが、どこかで友達の目を気にしたり、馬鹿にされるのではないかという自分へのブレーキが掛かってしまいます。

ひとりでいることはそんなに寂しいことではありません。

洞察力や創造力で人間力を高めていきましょう。

友達がいないことのメリット5:本当に大事な友達ができる

友達がいないことのメリットとして、本当に大事な友達ができるということが挙げられます。

定期的に友達のリセットすることは大切です。

実際にスマホの住所録を定期的に全部消して、連絡が来た人を再び登録するなど人間関係を整理している人がいます。

自分の今の友達関係を考えてみてください。

自分からしか連絡を取らない友達などいないでしょうか。

そしてたまにしか連絡のこない友達はいませんか。

そんな友達は暇つぶしに連絡をしてくるとしか思えません。

友達は多ければ良いものではありません。

不必要な友達関係はどんどんリセットしていきましょう。

スポンサーリンク



友達がいないことのメリット6:無駄なお金が減りにくい

友達がいないことのメリットとして、無駄なお金が減りにくいということが挙げられます。

友達と会うとついつい無駄遣いをしがちです。

また友達に会う以前に友達と会いに出向くこと自体に出費を考えてしまうため、友達と会うためにお金を使いたくないと考えてしまいます。

そうして友達からの連絡で断ることも多くなり、結果友達が減ってしまうことは間違いありません。

友達と会ってお金を使うことは自分のための投資と考えればよいですが、そうは思えない人はお金を使うことに抵抗感が出てきます。

ですが確実に無駄にお金は減らないので散財しなくなるでしょう。

友達がいないことのメリット7:考えることで思慮深い人間になることができる

友達がいないことのメリットとして、考えることで思慮深い人間いなることができることが挙げられます。

人は流されるように日々を過ごしています。

考えることは後回し、自分の都合の悪いことは避けて通る傾向があります。

ですがひとりでいると自分についてよく考えるようになります。

誰かに流されるのではなく、自分自身で前へ進むことを考えるので人としては強くなっていくことは間違いありません。

流されて毎日をだらだらとやり過ごすのではなく、一瞬も無駄にしないようにしていきましょう。

友達がいないことのデメリット

友達がいないことのデメリットはもちろんあります。

何よりひとりでいる人生はつまらないと思う人は多いことでしょう。

ここでは友達がいないことのデメリットを紹介していきます。

友達がいないことのデメリット1:LINEや電話がない

友達がいないことのデメリットとして、LINEや電話がないということが挙げられます。

メールや電話がこないスマホはとても虚しく感じます。

鳴らないスマホは寂しさを感じることでしょう。

友達がいないということはそういう寂しさを目の当たりにしてしまうことです。

逆にSNSなどで友達が多い人はどんどん入ってくるLINEメールに嫌気が差すこともあります。

鳴らないスマホと鳴りやまないスマホ、どちらが自分にとって嬉しいでしょうか。

友達と適度に距離を取りながら付き合っていけることが一番理想的なことです。

友達がいないことのデメリット2:年をとってから寂しくなる

友達がいないことのデメリットとして、年をとってから寂しくなるということが挙げられます。

人は年を重ねるとどんどん友達が少なくなっていきます。

そして人付き合いが苦手な人にとっては友達を作ることができないため、年を取ったときに気が付くと友達がいなくなっていた、ということもあり得ます。

年を取ると仕事もリタイアし、考える時間が増えていきます。

そうすると孤独感に襲われ、寂しさが日に日に強くなってしまうのです。

一生付き合っていける友達がいれば良いにこしたことはありませんが、そうもいかないのが人生です。

友達がいないことのデメリット3:恋人がいないと寂しくなる

友達がいないことのデメリットとして、恋人がいないと寂しくなるということが挙げられます。

女性は特に恋人ができると友達と疎遠になることから、恋人と別れると自然と友達に連絡をします。

それを理解している友達であればウェルカムですが、そうではない友達は離れていくこともあります。

友達が離れて行ってしまうと恋人と別れた後に連絡をすることができず寂しくなることでしょう。

恋人がいても恋人に集中し過ぎずに友達も大切にしていくことが一番良いことなのかもしれません。

友達がいないことのデメリット4:相談できる人がいない

友達がいないことのデメリットとは、相談できる人がいないということが挙げられます。

やはり友達という存在は自分の愚痴を言ったり悩みを相談してアドバイスしてもらえる、言わば心のより所と言えます。

友達がいないということはその心のより所が無いわけです。

人は悩みがあると一人では解決できない場合もあります。

家族や恋人に相談するのも良いですが、やはり自分のことを理解してくれている友達という存在は大切だと痛感することでしょう。

友達という存在は自分の素を見せることができ、いろいろな表情を見てくれています。

自分のことを良い面も悪い面も見てくれる存在は有難いものです。

スポンサーリンク



友達がいないことのデメリット5:結婚式に呼ぶ人がいない

友達がいないことのデメリットとして、結婚式に呼ぶ人がいないということが挙げられます。

やはり結婚式に職場の人や学生時代の友達をたくさん呼ぶことはある意味ステータスです。

ですが最近では呼べる友達がいないため、友達や親戚を派遣してくれる会社があるほど人間関係が希薄になっているのです。

そこまでして結婚式をしなければならないのか、ということもありますがお互いの家族や親戚にアピールしなければならないオトナの事情というものがあります。

まったく無関係な友達役や親戚役の人を派遣している会社があること自体がもはや人間関係の希薄さを物語っていると言えるでしょう

友達がいないことのデメリット6:世間とズレた考えになる

友達がいないことのデメリットとして、世間とズレた考えになるということが挙げられます。

友達との会話から今の流行りや情報を取り入れることができますが、それがなければやはり時代に取り残された状態になっていきます。

自分自ら情報収集は今の時代はネットなどでいくらでもできますが、自分の周囲で起こっている出来事や話題はやはり自分の身の回りの人から聞くに限ります。

それを気にしない人であれば良いですが、時代の流れに敏感な人にとって世間とズレていくことは恥ずかしい思いをします。

友達はそうした話題を共有できる存在であると言えるでしょう。

友達がいないことのデメリット7:いざというときに協力したり助けてくれる人がいない

友達がいないことのデメリットとして、いざというときに協力したり助けてくれる人がいないということが挙げられます。

やはり多くの人にとって友達はいざという時に助けれてくれる存在です。

そういう存在がいると心強いです。

友達がいない人にとって心強い協力者がいないのは心細くなることは間違いありません。

ですが考え方を変えると友達はいざというときに助けてくれる都合の良い存在とも言えます。

最近では引っ越し作業を手伝ってもらったり、電球一つ交換をしてくれたり、飼っているペットの散歩をしてくれたり、なんでもしてくれる便利屋があります。

ここでも人間関係の希薄によって仕事が成り立っている人達がいるということです。

実に考えさせられる人間模様があります。

友達がいないことのデメリット8:つまらないと感じると苛立ちが増える

友達がいないことのデメリットとして、つまらないと感じると苛立ちが増えるということが挙げられます。

このように感じる人は基本的に友達は必要ないと考えている人です。

ですがフッと我に返る瞬間、友達がいないことがとてもつまらないと苛立ちが沸いてくる場合があります。

別に友達がいないことは自分のせいではない、友達が勝手に離れて行ったのではないか、と次第に自分の弱さを他人に向けるようになるのです。

こう感じてしまう人には友達はできずらいということが言えます。

まずは人間関係の在り方をよく考えてみましょう。

スポンサーリンク



友達がいないことのデメリット9:孤独感・疎外感がとても強くなる

友達がいないことのデメリットとして、孤独感や疎外感がとても強くなるということが挙げられます。

友達がいない=孤独感・疎外感ということに直結はしません。

孤独感や疎外感は自分の感情です。

では孤独感を感じないために自分は何をしているか、ということです。

孤独感や疎外感を埋めるためにはもっと自分を奮い立たせることが必要です。

受け身では決して孤独から逃れることはできないことを知りましょう。

友達がいないことのデメリット10:何かに依存することになる

友達がいないことのデメリットとして、何かに依存することになるということが挙げれらます。

これはとても矛盾していることです。

人は友達がいれば友達に依存しますし、恋人がいれば恋人に依存することがあります。

また家族に依存している人は実に多いでしょう。

ですが友達や恋人がいなくても、例えばアルコールに依存するなど自分の心のより所を求めてしまう人がいます。

自分の弱い心が何かにすがりたいと思ってしまうのです。

人として強くなることは非常に難しいことですが、弱い自分を変えることは大切です。

友達がいない人のための友達の作り方

友達を作ることは意外と難しいことです。

ましてや年を取るたびに友達を作ることは難しくなっていきます。

ここでは友達がいない人はどのように友達を作ることができるのか紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

友達の作り方1:本格的な習い事・趣味をする

友達の作り方として、本格的な習い事や趣味を持つということが挙げられます。

友達を作るためには家に閉じこもっていては絶対に無理です。

どんどん外へ出てたくさんの人と接することができるようにするのが大切です。

また同じくらいの年齢の人がいるなど話題が近い話ができる人がいるような習い事や趣味をすると打ち解けることができるでしょう。

どんどん習い事や趣味に挑戦してアクティブになっていってください。

アクティブに動くことで友達は自然と寄ってきます。

友達の作り方2:飲み会に参加する

友達の作り方として、飲み会に参加するということが挙げられます。

そもそも友達がいないのに飲み会にどう参加すれば良いのかということがありますが、そのような人はまずひとりで行きつけの店を見つけることからしてみてください。

ひとりで店に入ることが苦手な人は多いと思いますが、意外と入ってしまうと慣れるものです。

店員に女性が多い店やカウンターのある店で店員と仲良くなることからまず始めてみましょう。

飲みの場では他の客と仲良くなることができます。

他に常連として来ている人と顔見知りになると打ち解けていくことも次第にできます。

友達を自力で見つけていくと自信もついていくので、どんどん自分を打ち破っていきましょう。

スポンサーリンク



友達の作り方3:外に出かける

友達の作り方として、外に出かけるということが挙げられます。

友達のいない人は圧倒的に外に出かけることが少ないです。

外へ連れ出してくれる人がいないことが一番の要因ですが、まずはひとりであっても外へどんどん出てみることです。

映画を観に行ったり、食事に行ったり、誰かと接することができるおうな場へどんどん行ってみることです。

人の縁はどこに転がっているか分かりません。

縁を見つけて実行力を高めていきましょう。

友達の作り方4:SNSを使う

友達の作り方として、SNSを使うことが挙げられます。

SNSではサークルや同じ趣味を持つメンバーを募集していることもあるので、地元の掲示板などをチェックしてみましょう。

なかなか新しいことや知らない人の中に入っていくことは緊張します。

ですがその緊張を克服していくことが友達を作る一番の方法です。

掲示板などでメンバーを募集している人たちにとってはウェルカムで待っていてくれています。

新たな自分を見つけるためにもぜひ挑戦してみてください。

友達の作り方5:顔見知りの人に挨拶をする

友達の作り方として、顔見知りの人に挨拶をするいうことが挙げられます。

友達がいないと人見知りになりがちです。

知っている人を見かけると避けるように脇道に逸れてしまったり、知っている顔がいないような場所を選んだり、まるで人から逃げるようになっている人もいることでしょう。

そこで自分をアピールすることをしてみてください。

知っている人を見かけたら避けるのではなく、思い切って声を掛けてみましょう。

相手も最初は驚くと思いますが、常に声を掛けて人見知りを克服していくと次第に他の人からも声を掛けてもらえるようになってきます。

どんどん自分をアピールして存在を知らしめていくように努力しましょう。

スポンサーリンク



友達の作り方6:新たなコミュニティに参加する

友達の作り方として、新たなコミュニティに参加するということが挙げられます。

今はコミュニティサイトが数多くあります。

自分の趣味や趣向が同じ人と触れ合ってみることを増やしていくと知り合うきっかけも多くなってきます。

またネットだけではなく、いわゆる街コンなどにも参加してみることもおすすめです。

街コンはひとりでも参加できるので、出会いを求めてみるのも良いでしょう。

どんどんいろいろなことに顔を出してみるのも良い方法です。

友達の作り方7:相手が喜ぶ会話をする

友達の作り方として、相手が喜ぶ会話をするということが挙げられます。

そのためにもいろいろな情報を得る必要があります。

つまり雑談力を上げるということです。

友達ができないのは話題がなく話がつまらないということも一つの原因となります。

友達を作るためにもいろいろなことに耳を傾け、ものを知っていくことをしてみてください。

話が上手な人は人が寄ってきます。

ただ大切なことは、決して相手を下げるような話題や自分勝手に話さないことです。

常に相手のことを考えて話すようにしてみましょう。

芸能人も友達がいない

よくテレビなどを観ていると芸能界に友達がいない、と言っている芸能人を目にすることがあります。

芸能界は厳しい世界であり、信じていた人に裏切られたり、仕事を取られたりいろいろなことがあることがワイドショーなどからも見て取れます。

そんな厳しい世界で心底信頼できる人と出会えることはなかなか難しいことなのかもしれません。

華やかに見える芸能人もプライベートでは私たちと同じ感情を抱いていることは一緒です。

人はどんな世界においても満たされることはないということなのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

友達がいない、友達を作ることができないと嘆いている人は意外と多いです。

特に最近は人間関係が希薄になり、満たされない気持ちを抱く人がいます。

ただ人は支え合って生きていることは間違いありません。

友達ができないと嘆くよりも、自分が受け身であることにまず気づいてください。

そしてそこから少しずつ自分を前に進めていくことで見える世界は違ってくるでしょう。

【関連記事】

友達がいない人の特徴・性格14選&恋愛&成功するタイプの友達がいない人&対処法を解説!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク