豆腐メンタルな人の特徴!克服するためには?

現代人はメンタルが弱い人が多いとよく言われますが、その典型的な例えでもあるのが「豆腐メンタルな人」。

豆腐メンタルとは比喩的表現ではありますが、一体どんな人のことを豆腐メンタルな人というのでしょうか。

ここでは、豆腐メンタルな人の特徴について詳しく見ていきたいと思います。

また、豆腐メンタルの意味や発祥、克服する方法についても紹介しますので、「豆腐メンタルな人って私のことかも…」と思った人は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

豆腐メンタルな人の特徴

豆腐メンタルな人

まずは、豆腐メンタルな人の特徴から見ていきます。

豆腐メンタルな人には、どのような特徴があるのでしょうか。

豆腐メンタルな人に当てはまる20個の特徴は、こちらです。

1,豆腐メンタルな人は心が折れやすい

豆腐メンタルな人

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は心が折れやすいことが挙げられます。

ほんの少しのこと、些細なことであっても、豆腐メンタルの人は心が折れてしまいます。

障害にぶつかったとき、困難なことや試練とも思えることが起こったとき、豆腐メンタルな人というのは、すぐに心を支えていた何かが失われてしまうのです。

周りからすると、たった1回の失敗でそんなに落ち込む?と驚いてしまうほど、極度に落ち込んでしまうのは豆腐メンタルな人と言えるでしょう。

2,豆腐メンタルな人は物事をマイナスに受け止める

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は物事をマイナスに受け止めることが挙げられます。

豆腐メンタルな人は、何に対しても自分への批判などマイナスなように受け止めてしまいがち。

物事は、受け取り方次第で良くも悪くもとれますよね。

すべてをマイナスに受け止めてしまうため、たとえばやったことのないジャンルの新しい仕事のオファーが来たとき、「こんなのどうせできるはずがない」「失敗するのが目に見えているのに、やりたくない」と思ってしまいます。

やる前から絶対に無理と思い、やる前から否定したり失敗することを恐れているのです。

3,豆腐メンタルな人は大きなトラウマがある

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は大きなトラウマがあることが挙げられます。

トラウマというのは、何年経っても肉体的、精神的にダメージを与え続けるもの。

たとえば幼少期に暴力を受けた、親が厳しかった、学生時代にいじめを受けていたなどのトラウマがあると、精神的に不安定にもなりやすいのです。

こうした過去のトラウマから、少し注意されただけで泣いてしまったり、自分はダメな人間だから生きている資格がないんだと思ってしまう人もいるのです。

トラウマのせいで消極的になってしまい、豆腐メンタルになってしまう人も少なくありません。

4,豆腐メンタルな人は人の顔色を伺う・気にする

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は人の顔色を伺う、気にすることが挙げられます。

周りから自分がどう思われているか、他人からどう評価されているかが気になる、というのは当たり前のことです。

しかし豆腐メンタルな人は、人の顔色を気にしすぎてしまい、いつもビクビクしていることも。

そのため、自分の本当の気持ちややりたいことも、人の反応を見て言うかどうかをきめているのです。

人から否定されることを恐れているので、人の目が気になって「自分」をコントロールできなくなっています。

スポンサーリンク



5,豆腐メンタルな人は他人を信用できない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は他人を信用できないことが挙げられます。

他人を信用できないというより、他人の言うことが信じられない、といった方がいいかもしれません。

「すごいね」「さすがだね」などと褒められても、「そんなこと言っても本当は…」と、素直に受けとることができないのです。

親切にされても裏がある?と、人を疑ってしまいます。

また、豆腐メンタルな人が他人を信用できないのは、恋人に対しても同じことが言えます。

ほんの少しラインの返事が遅かったり、家に来る時間が遅かったりしたとき、「もしかして浮気?」なんて疑ってしまうことも。

裏切られることが不安でしかたがないだけなのですが、信用できずに相手との関係に亀裂が生じてしまうことも否定はできません。

このタイプは、過去に大切な人から裏切られたという経験のある人が多いようです。

6,豆腐メンタルな人は自分の心に逆らって他人に合わせようとする

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は自分の心に逆らって他人に合わせようとすることが挙げられます。

人から良く思われたいという気持ちは、少なからず誰にでもあるもの。

しかし豆腐メンタルな人は、その気持ちが人一倍強く、本音を隠して周りに同調してしまいます。

自分の意見を言わないため、「意思のない人」と周りから思われてしまうこともあるでしょう。

豆腐メンタルな人は決して意思がないわけではないのですが、否定されたり嫌われたりしたくないため、意見を言えずに合わせているだけなのです。

スポンサーリンク



7,豆腐メンタルな人は店員に話しかけられるのが苦手

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は店員に話しかけられるのが苦手なことが挙げられます。

豆腐メンタルな人は、人の反応を恐れている部分があり、店員に話しかけることさえも「怖い」と感じてしまうことも。

店員さんは、仕事だから当たり前なのですが高いテンションで声をかけてきますよね。

こちらが聞いていないことまで話してくる人もいるでしょう。

この積極的さに、豆腐メンタルな人はついていけないのです。

自分が心を開いていない人と接することに極度の緊張を覚える他、他人が自分のなかに土足で踏み込んでくることに耐えられないのです。

8,豆腐メンタルな人は常に受け身である

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は常に受け身であることが挙げられます。

豆腐メンタルな人は、積極的なアプローチができません。

失敗することが怖いからこそなのですが、恋愛でも積極的なアプローチはゼロ。

自分から告白することなど絶対になく、誰かに声をかけてもらうのを待っているのです。

9,豆腐メンタルな人は断られることを恐れて誘えない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は断られることを恐れて誘えないことが挙げられます。

異性でも友人でも、「遊びたい」という気持ちはあるのですが、自分から誘うことはできません。

誘って断られたら嫌なので、そんな悲しい気持ちになるのなら一人でいた方がいいや、と思ってしまうのでしょう。

豆腐メンタルな人は常に受け身なこともあり、人から誘ってもらうのを待っています。

10,豆腐メンタルな人は自分のペースが乱されるとパニックになる

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は自分のペースが乱されるとパニックになることが挙げられます。

豆腐メンタルな人は、自分の中で処理できる量が少ない、いわゆるキャパシティが狭いのです。

そのため予定していたこと以外のことが起こると、一気にパニックになってしまうことも。

予定外のことが起こっても冷静に対応できる人とは違い、どこから手をつければ良いのかが分からなくなってしまいます。

スポンサーリンク



11,豆腐メンタルな人は新しいことに取り掛かることができない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は新しいことに取り掛かることができないことが挙げられます。

新しいことにチャレンジすることは、自分自身のスキルアップのためには欠かせません。

しかし、新しいことにチャレンジするというプレッシャーや、失敗したときのことを考えると不安になり、新しいことに取り掛かることができないのです。

「どうせ私なんてムリ」と思ってしまうことも、新しいことに取り掛かれない原因の1つでしょうね。

豆腐メンタルな人は、こういう考えの自分に嫌気が差し、さらに悪循環に陥っていることもあるでしょう。

12,豆腐メンタルな人は努力が嫌い

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は努力が嫌いなことが挙げられます。

努力をしてもムリと思っているタイプの場合、成功が確実に分かっていることにしか挑戦しません。

努力をしない人は、自分の可能性に自分で限界を作ってしまっているのです。

守りに入ってしまっているので、今より成長することはないでしょう。

また、過去に努力をしたけれどもその努力を認めてもらえなかった、なんて経験のある人は、「努力」という言葉を聞くだけで嫌悪感を示すこともあります。

13,豆腐メンタルな人は嫌なことを忘れられない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は嫌なことを忘れられないことが挙げられます。

辛い経験は誰でも一度はしていると思いますが、そういう嫌なことを忘れることができません。

いつまでも引きずってしまうのは、自分の中で解決できていないから。

ただし、繰り返し思い出すとより忘れにくくなりますから、ネチネチと思い出すのはやめた方がいいでしょう。

スポンサーリンク



14,豆腐メンタルな人は褒められたことが少ない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は褒められたことが少ないことが挙げられます。

小さい頃に褒められた経験がないと、自尊心は育ちません。

そのため何をしても「自分はダメな人間なんだ」「どうせダメだ」と思ってしまうのです。

褒められたことが少ない人は、

・不安になりやすい

・他人に依存しやすい

・落ち込みやすい

・人を疑いやすい

など、豆腐メンタルになりやすいと言えるでしょう。

15,豆腐メンタルな人は親に怒られて育った

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は親に怒られて育ったことが挙げられます。

幼少期の経験というのは、大人になってからも人格に影響を及ぼすと言われています。

怒られてばかりいた人は、自信を失います。

そうして人が怖くなり、怒られることを恐れ他人の評価ばかり気にするようになってしまうのです。

怒られないように頑張る癖ができてしまい、「自分」を作ってしまうことも。

今さら幼少期のことを変えることはできませんが、親に怒られて育った人は、豆腐メンタルになりやすいと言えるでしょう。

16,豆腐メンタルな人は睡眠が浅い

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は睡眠が浅いことが挙げられます。

睡眠は、心や体の疲れをとるため、またストレスを取り除くためにも必要不可欠なもの。

しかし、精神的に不安定な人というのは、寝る前に

・今日1日に起こった出来事

・明日のこと(心配事)

などを延々と考えてしまい、なかなか眠れないなんてことも少なくありません。

健康な成人男性を対象にした臨床実験では、たった5日ほど睡眠不足の状態が続いただけで、うつっぽい症状が確認されたというデータもあります。

数日睡眠不足になっただけでも、精神的に不安定になってしまうわけです。

豆腐メンタルな人は考えすぎてしまうあまり睡眠が浅くなり、より精神的にもろくなるという悪循環に陥ってしまっているのかもしれません。

スポンサーリンク



17,豆腐メンタルな人は大声で話す人が苦手

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は大声で話す人が苦手なことが挙げられます。

大声で話す人がいると、ビクッとなってしまうこと、ありますよね。

声が大きい人は、それだけで周りの人への圧を感じるもの。

さらに自己アピールが強い、自信に満ち溢れているなんて印象も受けます。

つまり、豆腐メンタルな人からすると、大声で話す人というのは「自分とは真逆なタイプ」なのです。

自分とは真逆、対照的でエネルギー全開な人、ちょっとがさつといえる人は苦手。

自分の良くないところ、悪いところがより鮮明に見えてしまうからこそ、対照的なタイプの人が苦手なのかもしれませんね。

18,豆腐メンタルな人は外出したくない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は外出したくないことが挙げられます。

本当に疲れているときや精神的にきついなと思うときは、誰にも会いたくないと思いますよね?

豆腐メンタルな人はいつも精神的に疲れているので、いつも「人に会いたくない」のです。

人の反応を見ることや、人と関わることでも精神的に消耗してしまうため、それらを避けたいと思っています。

外出すれば嫌でも人に会いますよね?

「人」という外的刺激から自分の心を守るために、外出しないという強行突破に出ているのかもしれません。

出掛けなくてすむのなら出掛けたくない、部屋に引きこもっていたいと思うのは、典型的な豆腐メンタルの持ち主だと言えるでしょう。

19,豆腐メンタルな人は他人と自分を比べたがる

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は他人と自分を比べたがることが挙げられます。

私たちは、小さい頃から誰かと比べられて生活してきました。

友人やきょうだいなど比較される対象は様々ですが、豆腐メンタルな人は大人になってからも常に他人と自分を比較してしまいます。

誰かと比べるというのは、正直なところメリットはありません。

自信をなくすか、自分を過大評価してしまうかのどちらかだからです。

自分を過大評価した場合でも、すぐに自分よりもすごい人が現れて自信をなくすことでしょう。

豆腐メンタルの人は他人と自分を比べて、「どうせ私なんて…」と落ち込んでしまうのです。

20,豆腐メンタルな人は開き直ることができない

豆腐メンタルな人の特徴には、豆腐メンタルな人は開き直ることができないことが挙げられます。

まじめで、すべてに100%の力で取り組むことは、決して悪いことではありません。

しかし、「完璧に仕上げなくてはいけない」と思ってしまうと、自分の能力を超えて無理をしてしまいがち。

厳しいことをいいますが、いくら頑張っても自分の能力を遥かに超えているものはできません。

頑張っても成果が出ずに、落ち込むことになるでしょう。

責任をもって最後まで取り組む姿勢は大切ですが、同時にできないことはできない、と素直に認めることも大切なのです。

豆腐メンタルとは?

豆腐メンタルな人の特徴について紹介しましたが、そもそも「豆腐メンタル」とはどんな意味があるのでしょうか。

調べてみたところ、豆腐メンタルには

・精神面が非常に弱いこと

・精神面が豆腐のように柔らかく、崩れやすいこと

・豆腐のように極端に精神面が弱い人

などという意味があるようです。

その人の精神面を豆腐に例え、慎重に扱わないと崩れて(壊れて)しまうほど精神的にもろい様子を表している言葉と言えるでしょう。

確かに豆腐は、少しでも雑に扱うとすぐに崩れてしまいますよね。

豆腐メンタルは、そんな精神的に弱い人を指す言葉として使われているのです。

また、「豆腐メンタル」の対義語には「こんにゃくメンタル」があります。

こんにゃくも一見すると柔らかくてすぐに崩れてしまいそうですが、こんにゃくは弾力があり、ちょっとやそっとのことでは崩れません。

このことから、豆腐メンタルとは逆で「どんなことでも柔軟に対応できるメンタルの持ち主」として、こんにゃくメンタルという言葉があるようです。

「豆腐メンタル」という言葉の発祥

豆腐メンタルという言葉がどこから生まれたのか、あなたは知っていますか?

豆腐メンタルという言葉の発祥は、なんと大人気アニメ「遊☆戯☆王デュエルバスターズ」。

このアニメに出てくるキャラクター、闇遊戯(主人公・武藤遊戯の別人格)のメンタルが豆腐のように崩れやすいとネットで話題になったことが、始まりだと言われています。

アニメ遊☆戯☆王デュエルバスターズのドーマ編は、この闇遊戯の心の闇をテーマにしているのですが、突然怒ったり叫んだり…と、とにかくメンタルが弱い!

元々原作にも精神的に未熟という設定はあったものの、ここまでの心の弱さを描いたドーマ編は、アニメのオリジナルストーリーだそうです。

闇遊戯の心が「豆腐のように崩れやすい」「豆腐メンタル」として、ネットユーザーから呼ばれるようになったことが、豆腐メンタルの始まりと言われています。

豆腐メンタルを克服するためには?

最後に、豆腐メンタルを克服するための方法について紹介します。

豆腐メンタルであることは、あまりメリットはありません。

そのため、できることなら豆腐メンタルは克服したほうがいいでしょう。

豆腐メンタルを克服するための方法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1,人生を楽しむことを意識する

豆腐メンタルを克服する方法には、人生を楽しむことを意識することが挙げられます。

人生は、一度きりしかありません。

つまり、「今」しかないのです。

そのことを常に意識して、一度しかない人生を楽しむようにしていきましょう。

自分の人生は自分でコントロールしなくてはなりません。

他人を中心に生きていたのでは、人生も楽しくないですよね?

1日1日を楽しむこと、それを意識するだけで豆腐メンタルを克服することができるでしょう。

2,ポジティブな思考を意識する

豆腐メンタルを克服する方法には、ポジティブな思考を意識することが挙げられます。

人は、完璧ではありません。

誰にでもダメなところはあるものです。

しかしながら、豆腐メンタルな人は、つい自分と他人を比べて「あの人はすごいのに自分はダメだ」と思ってしまいがち。

人は完璧ではなく、誰にでもダメなところや悪いところはあります。

できるだけポジティブに考えることを意識してみましょう。

「あの人は○○ができるけど、自分は××ができる」

豆腐メンタルの人はネガティブなことばかり考えてしまいますが、まずは自分の得意なことを見つけて、それを認めてあげましょう。

また、ポジティブ思考の人と一緒に行動するなど、周りの環境を変えていくこともおすすめです。

3,冷静さを心がける

豆腐メンタルを克服する方法には、冷静さを心がけることが挙げられます。

落ち込んでいるときや心が乱れたときには、冷静になることはできないかもしれません。

そんなときは、物事が去って気持ちが落ち着いてからでかまわないので、自分自身を冷静に観察してみてください。

そうして、「自分はショックを受けやすい」「落ち込みやすい」ことを認めるのです。

事実を認めることは、実はとても勇気が必要なこと。

事実に気づけたことを、褒めてあげましょう。

一度事実に気づけたのなら、心が乱れたときこそ冷静になり、立ち止まってみてください。

「もしかしたら、物事を悪い方に考えすぎていたかも」と思えるかもしれませんよ。

4,自分の長所を評価する

豆腐メンタルを克服する方法には、自分の長所を評価することが挙げられます。

豆腐メンタルな人は、つい自分の短所ばかりを見てしまいがち。

なかには、「自分には長所は1つもない」と言い放つ人までいます。

しかしながら、長所がない人間などいません。

同時に短所がない人間もいないんですけどね。

長所がないと思っている人は、友人に長所を挙げてもらうのもいいでしょう。

人の言葉をなかなか信じられないかもしれませんが、友人を信用するつもりで友人の言葉も信用してみてください。

また、長所と短所は表裏一体。

紙一重であり、考え方次第で長所にも短所にもなるのです。

たとえば失敗を引きずる、忘れられないという短所は、言い方を変えれば「記憶力がいい」という長所になります。

逆に、連絡がマメでまじめな長所は「しつこくて鬱陶しい」という短所になることも。

あなた自身が感じている自分の短所を、長所に言い換えてみるのもいいかもしれませんね。

5,目標を設定して達成する

豆腐メンタルを克服する方法には、目標を設定して達成することが挙げられます。

豆腐メンタルな人は自分に自信がなく、自尊心もないことが多いです。

そのため、まずは簡単に達成できそうな目標を設定し、それを達成することで自信につなげていきましょう。

少し頑張れば、手が届くようなことを目標にすることがポイントですよ。

あまりにも難しいことを目標にしてしまうと、達成できなくて余計に落ち込むことにもなりかねません。

スポンサーリンク



6,自意識過剰を捨てる

豆腐メンタルを克服する方法には、自意識過剰を捨てることが挙げられます。

他人の目が気になって仕方がない、他人からどう思われているか気になるという人も多いのですが、はっきりといいます。

あなたが思っているほど、周りの人はあなたのことを気にしていません。

周りの人は、あなたが思うほど他の人のことなど気にしていないのです。

一度自意識過剰になるのをやめ、完璧な自分を演じることをやめてみましょう。

そのとき、思っていたほど周りに指摘されることもないなと思えることができるはずです。

7,体を鍛える

豆腐メンタルを克服する方法には、体を鍛えることが挙げられます。

体を鍛えることと心になんの関係が?と思うかもしれませんが、体と心には深い関係があるもの。

体の調子が整うと、精神的にも前向きになれると言われているのです。

また、体を鍛えるためには「毎日○○をする」などといった目標を設定することにもなりますから、まさに一石二鳥ですね!

軽く運動をする、規則正しい生活習慣を意識するなど、できることから始めていきましょう。

8,ハードな環境に身を置いてみる

豆腐メンタルを克服する方法には、あえてハードな環境に身を置いてみることが挙げられます。

あえて厳しい環境下で、精神を鍛えるのです。

最初のうちは、大きくへこむこともあるでしょう。

しかし次第に、その環境でやっていくためにどうすればいいか?を考えられるようになるはず。

そうして努力ができるようになることで、少しずつ豆腐メンタルも克服できていくでしょう。

まとめ

豆腐メンタルな人の特徴や、豆腐メンタルを克服する方法について紹介しました。

豆腐メンタルな人は現代人には多く、精神的にかなり弱い人のことを言います。

物事は考え方、捉え方次第で良くも悪くもなるもの。

まずは豆腐メンタルな人の特徴を理解し、自分に当てはまるかどうかを客観的に見てみましょう。

そうしてできるところから克服していき、「こんにゃくメンタル」になれるといいですね。

【関連記事】

図太い人の特徴!なるために・対応方法は?

ヒモ男の心理や特徴は?見抜き方・好かれる女性や別れ方は?

ストーカー気質のある男女の特徴!対処法は?

無機質の人の特徴は?意味は?

安心感のある人の特徴!男性・女性・恋愛・仕事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク