強がりな女性の特徴・心理は?

強がりな女性

強がりな女性は、意外と多いもの。

周りから見ると、何でそんなに強がるの?と思ってしまうことも多いですよね。

もちろん何でもかんでも甘えてしまうのはダメですが、強がりすぎもあまり良い印象は与えません。

ここでは、そんな強がりな女性の特徴や心理について紹介していきます。

強がりな女性でいることが良くない理由や、男性がキュンとする瞬間についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

強がりな女性の特徴・心理

まずは、強がりな女性の特徴と心理から見ていきましょう。

強がりな女性には、共通する特徴や心理があります。

周りの人からすると、なぜそんなにも強がってしまうのか気になるもの。

強がりな女性が強がってしまう理由を知るためにも、特徴や心理を理解しておきましょう。

1,強がりな女性は人に頼るのが苦手

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は人に頼るのが苦手なことが挙げられます。

本当は誰かに手伝ってもらいたいのに、どうお願いしたらいいのか分からず、手伝って、助けてほしい、と素直に言えないのです。

一言「手伝ってほしい」と言えばすむ話なのですが、強がりな女性にはその一言が難しいもの。

人に頼ることそのものが苦手であるため、誰にも頼れずに一人で抱え込んでしまうことも少なくありません。

特に仕事でその傾向は強く、どうしようもなくなるまで一人で抱え込んでしまい、最終的に周りに迷惑をかけてしまうことも…。

強がりな女性は、人に頼りたいのに頼れない、頼るのが苦手な人が多いのです。

2,強がりな女性は人に迷惑をかけるのがイヤ

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は人に迷惑をかけるのがイヤなことが挙げられます。

強がりな女性は、「自分が頼ったら相手に迷惑をかけるかもしれない」「相手が大変になってしまう」と考えてしまい、人に頼ることができません。

相手に迷惑をかけないようにと、自分なりに気を遣っているのです。

良く言えば相手の気持ちを考えて配慮できる人と言えるのですが、本当に相手が迷惑と感じているとは限りません。

強がりな女性は、「頼むと相手が迷惑」と思い込んでいる部分があり、頑なに頼むことを拒否してしまうこともあります。

3,強がる女性は負けず嫌い

強がりな女性の特徴と心理には、強がる女性は負けず嫌いなことが挙げられます。

強がりな人は男性も女性もいますが、女性の場合は、特徴として負けず嫌いであることが多いです。

ここでいう負けず嫌いとは、本音を言ったり人を頼ったりすることで「負けた気がする」というもの。

人を頼るということが、「自分はその人よりも劣っている」「その人は自分よりもすごい人」という気がしてたまらないのです。

このタイプの強がりな女性は、勝ち負けが頭の中を支配しているため、常に勝ち負けのことを考えてしまいます。

本音を言うことはすなわち負けることであるため、見栄を張ってストレスを溜めてしまうことも少なくありません。

仕事が山ほどあって周りの人から「手伝おうか?」と言われたとき、「大丈夫大丈夫!このくらい余裕だから!」と答えてしまうのが、負けず嫌いな強がりな女性といえるでしょう。

スポンサーリンク



4,強がりな女性は自分に厳しくしてしまう

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は自分に厳しくしてしまうことが挙げられます。

強がりな女性はまじめな人が多く、何でもかんでも「自分がやらないと」と思ってしまいます。

本来なら周りの人と分担していいような仕事であっても、「自分がやらないといけない」と思い、自分を追い詰めていくのです。

やや思い込みが激しい、ともいえるでしょう。

たとえ自分のキャパシティをオーバーしているとしても、自分に厳しくして周りの人を頼ろうとしません。

これは恋人に対しても同じことがいえますから、強がりな女性は恋人にもうまく甘えることができず、恋人から「俺はなんのためにいるわけ?」と怒られてしまうこともしばしば。

強がりな女性は、自分に厳しくするあまり、人を傷つけていることに気付いていないのです。

5,強がりな女性は自分で何でもしようとする気持ちが強い

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は自分で何でもしようとする気持ちが強いことが挙げられます。

仕事でも何においても、やりたがる人っていますよね?

新しい案件がきたとき、すかさず「私がやります!やらせてください!」という人です。

これで仕事を全うできるだけの能力やスキルがあればいいのですが、残念ながら、何でもやりたがる人というのは気持ちとは裏腹に能力のない人が多いもの。

そのため、いざ任されてみるとうまくできなくて、周りの人が尻拭いをするはめになることも少なくありません。

まるで小さな子供が、大人の真似をして何でもやりたい!というのと同じなのです。

子供の場合は成長過程として仕方がない部分もありますが、大人になってからでは困ったもの。

それでいて、強がりな女性は自分の能力が足りなかったことを認めなかったりするので、厄介といえるかもしれませんね。

6,強がりな女性は頑張り屋

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は頑張り屋なことが挙げられます。

強がりな女性は人知れず努力をして頑張っているのですが、その頑張りを人に知られるのは嫌がります。

本当はかなりの努力をした結果だとしても、あたかも「何もしていない」ように振る舞うのです。

朝早く起きてお弁当を作ったとき、そのお弁当を他の人に褒められても、「いえいえ、全然手抜きですよ」なんて言ってみたり。

褒められても顔に出さずに謙遜し、喜んでいる様子を見せないところも、強がりな女性の特徴です。

7,強がりな女性は我慢強い

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は我慢強いことが挙げられます。

弱さばかり見せて人に甘えてばかりというのはいかがなものかと思いますが、弱さを見せると楽になれることも多いです。

弱さを見せられれば今よりも楽になるのに、強がりな女性は決して弱さを見せることをしません。

どんなに強くても弱さを弱さを見せないのは、それだけ我慢強いからだといえるでしょう。

人に助けてもらうことが苦手なので、何でも自分でやろう、解決しようとします。

もちろん多少無理をしてでも、身体を壊してでも一人でやってのける強い精神と我慢強さを持っているのです。

8,強がりな女性はプライドが高い

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性はプライドが高いことが挙げられます。

ここまでの特徴と心理で何となくお分かりかと思いますが、強がりな女性というのはプライドが非常に高いです。

プライドが高いから、自分にできないことがあっても認めません。

プライドが高いから、人に何かを頼んだり人に弱みを見せることができないのです。

ただし、強がりな女性は、プライドが高いことも分かっていますし、このままでは良くないということもきちんと分かっています。

自分でも自分のプライドの高さに嫌気が指しているのですが、なかなか直すことができません。

性格を直すのはとても大変なことですからね。

スポンサーリンク



9,強がりな女性の口癖は「大丈夫」「平気」

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性の口癖は「大丈夫」「平気」であることが挙げられます。

強がりな女性は、どんなに辛い状況であっても、決して「ダメ」「ムリ」とは言いません。

強がって本当の気持ちを抱え込んでしまうので、ひどい場合は精神的な病気になってしまうことも…。

また、強がりな女性というのは、どちらかというとムードメーカー的な存在であることが多く、普段の明るさというイメージもあるため、余計に弱音が吐けなくなっているケースもあります。

本当の気持ちを押し殺してまで、盛り上げようと必死になってしまうのです。

10,強がりな女性は悩みがなさそうに見られがち

強がりな女性の特徴と心理には、強がりな女性は悩みがなさそうに見られがちなことが挙げられます。

強がりな女性というのは、本当につらいときこそ弱みを見せません。

そのため、周りから「悩みや辛いことなんてない」というふうに思われてしまいます。

「○○ちゃんは悩みなんてなくていいよね、うらやましい!」なんて言われたときには、口では笑っていても心では泣いているのです。

本当は人一倍思い詰める性格で抱え込んでしまうのに、なんでこんなに強がってしまうんだろう…と自問自答していることも少なくありません。

強がりな女性の悪い特徴

続いて、強がりな女性の悪い特徴について紹介します。

強がりなことは、必ずしも悪いことではありません。

しかし、強がりな女性には悪い特徴、すなわち損をする特徴があることも覚えておきましょう。

強がりな女性の悪い特徴は、こちらです。

1,強がりな女性は頑固で意思を曲げない

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は頑固で意思を曲げないことが挙げられます。

自分の意思や考えがあるというのは良いことですが、強がりな女性というのは他人の意見を一切聞き入れません。

自分と違う考えに目を向けることがなく、会話の節々で「いやでも、私は○○だと思うけど」などと自分の意見ばかりを口にしてしまうことも。

他の人の意見のほうが良いときもあるのに、自分が正しいと頑固になってしまうのは良くないところですよね。

頑固で意思を曲げないことが度々あると、人を遠ざけてしまうこともあるので、気を付けたいところです。

2,強がりな女性は誰かの助けを受け入れない

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は誰かの助けを受け入れないことが挙げられます。

たとえば仕事を山のように抱えていたとき、周りの人が「大丈夫?手伝おうか?」と声をかけてくれたとします。

そんなとき、強がりな女性というのは、間髪いれずに「大丈夫です!」と断ってしまいます。

せっかくの助けを、ピシャリとはねのけてしまうのは態度が悪いと思われても仕方がないかもしれません。

いつもいつも間髪いれずに断るので、次第に近寄りがたい雰囲気になってしまうのは、言うまでもないでしょう。

人は、助け合いをすることで信頼やコミュニケーションを築いていくもの。

関係性を深めるために助け合いは必要不可欠なのですが、強がりな女性は「助け合い」ができないので、信頼関係を築くことも難しいのです。

3,強がりな女性は素直に謝ることができない

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は素直に謝ることができないことが挙げられます。

強がりな女性は、たとえ自分に非があっても素直に謝ることができません。

なぜなら、謝ることは自分が間違っていたと認めること、すなわち「負けを認めること」と思っているからです。

そのため素直に謝れないだけでなく、明らかに自分に非があるような場面でも、苦しい言い訳ばかりすることも。

一言謝ってしまえばすむ話なのに、その一言がなかなか出てこないのは強がりな女性の悪い特徴ですね。

頑なに謝らないことよりも、素直に非を認める、謝れることのほうが強い人間だと思うのですが、強がりな女性はそれができません。

4,強がりな女性は褒められても否定する

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は褒められても否定することが挙げられます。

これは特に、男性との出会いの場でデメリットになってしまう悪い癖の1つ。

男性が、「その服すごく似合ってるね」「○○ちゃんって明るくていいよね」などと褒めてくれたとします。

そのとき、照れ臭くて「そんなことない」「私なんて、全然…」などと否定してしまうのです。

謙遜するのは日本人全体の悪い癖とも言われていますが、強がりな女性の場合は男性からのアプローチとしての褒め言葉も否定してしまうため、恋愛に発展しにくくなってしまいます。

男性はアプローチとして、好意があるから褒めているのに、それを頭ごなしに否定されたらどうですか?

「自分は脈なしなんだ」

「褒め甲斐がなくてつまらないな」

と思ってしまうのも無理はないですよね。

男性は女性に喜んでほしくて褒めるので、喜んでくれないと「次のステップには進めない」と思うよう。

強がりな女性の褒められても否定するところは、恋愛を遠ざけるだけだということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク



5,強がりな女性は恋愛しないことを楽しいと言い張る

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は恋愛しないことを楽しいと言い張ることが挙げられます。

先ほどお話しした通り、強がりな女性は恋愛のチャンスを自ら遠ざけてしまうことも少なくありません。

そのため、何年も恋人がいないなんてこともあるでしょう。

そんなとき、強がって「恋人なんていなくてもいい。私は恋愛以外が楽しいの」なんて言ってしまうのです。

こういう発言ばかりしていると、あなたは周りの男性から「恋愛をしたくない人」なんだと思われてしまい、知らず知らずのうちに恋愛対象外にされてしまうことも。

自分が蒔いた種ではありますが、「恋愛以外が楽しい」と言っておきながら、必死に恋人探しをしている姿はハッキリ言ってイタイですよ?

男性は、少しくらい甘えてくれる女性のほうがいいなと思うので、強がってばかりいないで、恋人がいなくて寂しいと素直に言ってみるのもいいかもしれませんね。

6,強がりな女性は仕事が中心になっている

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は仕事が中心になっていることが挙げられます。

初対面でも分かりやすいほど、仕事一筋な人っていますよね。

そういう人は、なんとなく恋愛対象外になってしまうこと、ありませんか?

「好きになっても、私より仕事をとるだろうな」なんて思ってしまい、諦めたという経験のある人もいるでしょう。

男性もそれは同じで、仕事が中心になっている女性のことは恋愛対象外にしてしまうことも少なくありません。

強がりな女性は弱音を吐かない分、仕事を徹底してやるので、仕事での信頼は高めであることが多いもの。

そのためいつしか仕事中心になっていた、というパターンも少なくないのです。

たまにはプライベートも充実させないと、気づいたときには一人だった、ということにもなりかねません。

スポンサーリンク



7,強がりな女性はSNSが苦手

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性はSNSが苦手なことが挙げられます。

SNSは現代人のコミュニケーションには欠かせないツールで、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどがそう。

強がりな女性というのは、そういったSNSをほとんどやりません。

アカウントは持っていてもほとんど使っていなかったり、見るだけで自分からは発信しなかったり。

流行に乗らないと強がるのですが、現代において人とのコミュニケーションを発展させるためにSNSは欠かせないものといえるでしょう。

初対面の人との会話のきっかけとしても、SNSは重宝しますよね。

初対面でうまく話せなくても、SNSの投稿を見ればなんとなくどんな人か分かりますから。

強がりな女性はSNSが苦手でほとんど使わないので、今の時代において新しい人間関係が築けないことも少なくないのです。

8,強がりな女性は女磨きをしない

強がりな女性の悪い特徴には、強がりな女性は女磨きをしないことが挙げられます。

強がりな女性というのは、女らしさをほとんど見せることがありません。

・男性が好きなフェミニンなファッション

・流行りのメイク

・ヘアアレンジ

・アクセサリー

・持ち物

これらすべてにおいて、どちらかというとボーイッシュな感じのものや、シンプルなものを好む傾向が強め。

男性は、見た目から入ると言われていますから、見た目で女らしさを伝えないと、女性として意識されにくくなってしまいます。

なぜ強がりな女性が女磨きをしないのかという理由は定かではありませんが、「女」である部分をアピールすることで男に媚びているように見えたりするからかもしれません。

どういった理由があるにしろ、女磨きをしないのは強がりな女性の悪い特徴といっていいでしょう。

強がりな女性でいることがダメな理由

強がりなことは決して悪いことではありませんが、度が過ぎる強がりな女性でいることがダメな理由についてお話しします。

強がりな女性でいることは、なぜダメなのでしょうか。

その理由には、このようなものがあります。

1,男性は女性に頼られたい

強がりな女性でいることがダメな理由には、男性は女性に頼られたいからというものがあります。

男性というのは、いつでも女性に頼られたいもの。

頼られると嬉しくなるものです。

それは、男性心理として好きな女性には頼もしいと思われたい、男らしいと思われたいという気持ちがあるからといえるでしょう。

男性には、そういう願望があるのです。

しかし、先述したとおり、強がりな女性は人を頼ることをしません。

それは男性が相手でも同じですから、男性が「手伝おうか?」と声をかけてくれたとしても、「自分でできるから大丈夫」「気持ちだけで十分だよ」と断ってしまいます。

強がりな女性としては、相手に迷惑をかけたくないという気持ちからかもしれませんが、男性に対してそんな気遣いは喜ばれません!

むしろ、「俺は必要とされていないのかな」なんて落ち込んでしまうかもしれません。

もちろん、何でもかんでも頼りっぱなしというのは良くありませんが、男性の得意分野であったり、少し頑張ればできるようなことであるなら、男性は頼られたいと思っているのです。

男性は自分を頼ってくれる女性に好意を抱きますから、強がりな女性は恋愛がしづらくなってしまいます。

2,自分の中に不満をためこんでしまう

強がりな女性でいることがダメな理由には、自分の中に不満をためこんでしまうことが挙げられます。

強がりな女性は、普段から気を張って強がっていますが、周りの人はあなたが「強がっていること」に気付きません。

あなたのことを、本当に強い人だと勘違いしている人もいるでしょう。

強がりな女性は、「本当は違うのに!」と心の中で思っていても、本音を言うことはありません。

そのため現状に不満があっても、それが相手に伝わらないのです。

そうして自分の中に不満をためていき、いつしか爆発するわけです。

相手からすれば、「何でそのとき言ってくれないの?」「言ってくれなきゃ分からないよ!」となりますから、ケンカの原因になることは明白でしょう。

3,優先順位を下げられる

強がりな女性でいることがダメな理由には、優先順位を下げられることが挙げられます。

たとえば恋人と会いたくても、「忙しいなら大丈夫だよ」と遠慮してしまっていませんか?

最初は相手のことを考えて身を引いていただけだとしても、そういうことが続くと男性はだんだんと鈍感になってしまうもの。

「彼女はどうせ怒らないから大丈夫」と、別の約束を優先されるようになってしまいます。

つまり、強がってわがままを言わない代わりに優先順位を下げられてしまうのです。

また、男性は「彼女は俺とは会いたくないんだ」と勘違いしてしまい、本音を伝えたときにはすでに他に好きな人ができている…なんてことも。

どちらにせよ、優先順位を下げられてしまうのは良いことではないので、強がりすぎるのも考えものですね。

強がりな女性の可愛い姿は?

では最後に、そんな強がりな女性の可愛い姿について紹介します。

強がりな女性は、ほどほどであれば男性から可愛いなと思われるもの。

一体どんな姿を、男性は可愛いと思うのでしょうか。

1,仕事で辛そうでも強がって頑張っている姿

強がりな女性の可愛い姿には、仕事で辛そうでも強がって頑張っている姿があります。

明らかに辛そう、しんどそうであるのに、けなげに「大丈夫」という姿にキュンとする男性が多発中!

ただし、けなげに大丈夫という姿が可愛いのであって、高圧的な態度で言ったりヒステリー気味に言うのでは可愛いとは思われませんので注意してくださいね。

2,泣くのを我慢しているとき

強がりな女性の可愛い姿には、泣くのを我慢しているときがあります。

泣くのを必死にこらえていたり、泣いているのに泣いていないと言う姿は可愛いと思うよう。

泣くのをこらえている感じに、萌える男性は多いのです。

3,しんどいのを我慢して強がっているとき

強がりな女性の可愛い姿には、しんどいのを我慢して強がっているときがあります。

風邪を引いているときや、不安なことがあるときなど、必要以上に頑張っている姿を見るときには、男性は守ってあげたくなるようです。

まとめ

強がりな女性の特徴や心理について紹介しました。

強がりな女性は可愛いと思われることもありますが、大抵の場合は男性を遠ざけてしまいます。

恋愛や人間関係もうまくいかなくなりがちなので、「自分は強がりなんだよね…」と思っている女性は、考え方や言動を少しだけ見直してみてはいかがでしょうか。

人に弱みを見せるのは勇気が必要ですが、弱い部分をさらけ出せるような、信頼できる人がいるって素敵ですよね。

ぜひ、強がりを卒業し、素直な女性を目指しましょう。

【関連記事】

強がりな人の心理・特徴は?原因・接し方・止める方法は?

好き避け男子の心理や特徴!対処法・アプローチは?

未練がましい男の特徴や心理!原因や見極め方・付き合い方

薄っぺらい人の特徴!ならない方法は?

口が軽い人の特徴や心理!男女別の違い・対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


×