付き合うのがめんどくさい心理は?

将来のことも考えてしっかりと付き合っていきたいという思いはあっても、いざ付き合うのがめんどくさいと感じてしまうタイプではありませんか?

男性と付き合うことは、恋愛として楽しいこともたくさんありつつ、喧嘩や衝突をすることも時には生じてしまいます。

場合によっては、相手のことを嫉妬してしまうといった行為もあり、とにかくめんどくさいこともあります。

やはり付き合う以上はめんどくさいことだけはないようにと、願っている女性は多いはずです。

今回は、恋愛関係での付き合うのがめんどくさい心理とその特徴を中心に、めんどくさいけど恋愛として成就させたいと考えている方への対処方法などもご紹介していきます。

付き合うのがめんどくさい心理は?

付き合う めんどくさい

彼氏ができて付き合うことになったとしても、常に顔を突き合わせて会ったりするのがめんどくさいと思ってしまう、そんな恋愛関係など長続きしないと悩んでいるのなら?

付き合うのがめんどくさいというその心理について、深く考察しておく必要があります。

付き合うのがめんどくさいというのは、どのような心の働きから生じるものなのでしょうか?

ここでは、男性と付き合うことがめんどくさいと思ってしまう心理についていくつかご紹介します。

付き合うのがめんどくさいのは気遣うのが疲れるから

付き合う めんどくさい

男性と付き合う場合には、相手から良く見られ気に入られたい、嫌われたくないという心理が働くものです。

とくに女性ならば、美しいとか可愛いという姿を男性に見てもらいたいと願うものです。

常に身構えて気を張ってしまう人は少なくありません。

付き合うのがめんどくさいのは、相手に気を遣っているがため、その反応を気にしてしまうからです。

それがストレスになる原因だと言われています。

精神的な疲れによって恋愛がうまくいかない経験が度重なると、恋愛そのものがめんどくさいという心理に変わっていってしまうからです。

付き合うのがめんどくさいのは1人の時間を楽しんでいるから

付き合うのがめんどくさいという人の中には、自由気ままに好きな場所へと行動できる「おひとりさま時間」の充実に焦点を絞っている場合があります。

もし男性と恋愛をしていたら、相手のペースや好みに合わせなきゃいけなくなることも多くなります。

誰かといることの楽しさもありつつ、やはり時として1人になりたい時もあります。

誰にも邪魔されず気楽な時間が削られてしまうことを懸念しています。

自分の時間を有意義に使うことができている女性ならば、わざわざ恋愛をして相手に合わせないほうが楽だと考えます。

どこへ行くにも1人で堂々と行けるから、パートナーの必要性など感じないのです。

しかしおひとりさま時間を楽しみ過ぎたあまりに、婚期を逃してしまい最終的には取り残されてしまう可能性が高まります。

もしも、やっぱり正式な恋愛や結婚をしたいという気持ちがあるのなら、付き合うのがめんどくさいという感情と向き合いながらも、どこかでお互いの妥協点を見出す必要性もあります。

付き合うのがめんどくさいのは同性といる方が楽だから

普段は気兼ねなく同性といるほうが、付き合うのがめんどくさいという現実から逃れらるから都合が良いということです。

実は性別によって脳の仕組みが違うことをご存知でしょうか?

男性脳と女性脳の違いというのがあります。男性脳には解決や結論を導く癖があり、女性脳には共感や過程を楽しむ癖があるとされています。

なので、一般的に男性とは手短に答えを求めようとする傾向があるのに対し、女性の場合には仲間と一緒に共感を求めあう傾向があります。

女性の多くが思うのは、男性と一緒にいる時に、自分話を最後まで聞いてくれない、話が盛り上がらないという気持ちになることがあります。

その結果、男性と恋愛感情を持って付き合うと疲れてめんどくさいというイメージが無意識に出来上がってしまい、いつしか女性同士でいるほうが楽だという心理になっていきます。

スポンサーリンク



付き合うのがめんどくさいのは穏やかな気持ちで毎日を過ごしたいから

付き合うのがめんどくさいと考えるのは、男性と付き合うと嫉妬したりされたり、気を使うなど、あまりにもめまぐるしくて醜い争いごとに巻き込まれたり、何とも言えない息苦しさを覚えてしまうからです。

仮に、彼氏と会えない日が続いてしまった場合、自分のことなどもう好きじゃないのかも、あるいは他に誰か好きな女性ができたのかな?といった余計な考えが過ることもあって、何となく心が落ち着かなくなっていきます。

また、相手の男性から束縛されてしまうことも考えられるため、自分が好きな時に自由に遊びに行けなくなることも重なってしまいます。

恋愛とはそのように、いつでもザワザワするのが当たり前ではあります。

しかし現実的にそうなってしまうと、付き合うことに対してめんどくさいと感じてしまいます。

できれば穏やかに過ごしたいと思う人は、わずらわしい付き合いを抜きにしてながら、快適に毎日暮らすほうを選択し始めます。

付き合うのがめんどくさいのは相手のことが大して好きではないから

付き合うのがめんどくさいという心の状態とは、その相手など最初からいてもいなくてもいいって思っているのかもしれません。

決して嫌いな人ではないのですが、心の底から愛している人物でもないということも考えられるためです。

1人でいることへの不安や寂しさを感じるからと、その穴埋め的な付き合い方をしてしまい、実は本気で好きではなく、正直めんどくさいと思っているのかもしれません。

大して好きじゃない男性と付き合うと、めんどくさいという感情が芽生えるのも無理はありません。

自分の時間を割いて会いたいと思うほど、相手に価値観を感じないわけです。

きっと風潮に流されたり、寂しい自分への恐怖心から解放されたいというだけの理由で、只なんとなく付き合う相手だからです。

めんどくさいと思うことが目立っているのです。

このまま付き合うのは時間の無駄になってしまいます。

虚しい恋愛を続けるのは、自分自身に良くないし相手に対しても失礼なことです。

本当の運命的な出会いやチャンスを掴みましょう。

付き合うのがめんどくさいのは仕事や趣味が忙しいから

恋愛や男性との付き合いをめんどくさいと思う人の心理として、仕事や趣味にもっと時間を充てているほうが楽しいからという理由があります。

恋愛は仕事や趣味と違って、自分の思いどおりにならないこと、常に相手との関係性をコントロールしないと成り立たないという欠点があります。

例えどんなに自分が尽くしたり思いを寄せている相手でも、それを必ず同じ温度で考えて返してくれているとは限らないのが恋愛です。

不確実なことに対して身を持て余すのは時間の無駄となってしまい、結局めんどくさいと感じてしまうのです。

恋愛とはどうしても自分の努力だけで成就するとは限らないこと、最悪な時には失恋することもあり得ます。

一方、結果が出て評価もつくのが仕事の長所ですし、やればやるほど楽しめるのが趣味の魅力です。

恋愛などに無駄な努力や時間を費やすよりも、仕事や遊びなどで確実なことを積み重ねて精進したいという気持ちがあるからです。

付き合うのがめんどくさいのは相手に求める理想が高いから

付き合いがめんどくさいと感じてしまうのは、益々自分の理想が高くなってしまったからという人もおられます。

特に結婚を意識し始めてしまうと、相手に求める条件が高騰していく傾向があります。

高身長、高年収、高学歴など、相手に求める理想が高くなるほど、物欲では満たされようとするかもしれませんが、メンタル面で理想的な恋愛をするのが難しくなるものです。

恋愛をしようと理想にあった男性を探そうとしても、あまりに理想がかけ離れ過ぎて、現実的には恋人が見つからないまま疲弊し、異性と付き合うのがめんどくさいといつしか感じるようになるという流れです。

それなりに理想を持つことは大切ですが、それにも限度はあります。

かえって高い理想は甘い考えであり、相手もそれを見破ってあなたのことを相手にしなくなります。

やはりお互い人間同士なので、どこかに長所短所を併せ持つことを理解しなくてはなりません。

付き合うのがめんどくさいと感じる人の特徴

普通ならば異性と付き合うことに憧れてポジティヴに考えるものですが、やはり相手ありきな恋愛なので、ついめんどくさいかもしれないという余計な考えも付いて回ってくることになります。

もし付き合うのがめんどくさいという人がいたら、その心理状況はどのような特徴があるのでしょうか?

恋愛感情を持って付き合うのがめんどくさいと感じる人の、主な事例をみていきましょう!

スポンサーリンク



自分のペースを大事にする人

恋愛として異性と付き合うのがめんどくさいと思う女性に見られる特徴の一つは、とにかく自分のペースを他人に乱されることだけはされたくないという考えの人です。

誰にも左右されないで、自分の計画を予定どおりにこなすことを最優先とし、少なく見積もっても、大げさに範疇から外れたくないという考えがあります。

ところが、恋愛となるとそう簡単ではありません。自分だけのことでは済まないアクシデントも多くあります。

気分で物事が左右されてしまうことも多々あります。

そこで、付き合うのがめんどくさいので自由気ままに日々を歩みたいタイプの人には、マイペースな部分が多いと言えます。

1人で行動することが平気な人

どこへ行くのにも、どんなお店に入るにも、1人だって全然平気だという女性は、異性と恋愛で付き合うのがめんどくさいと感じるようなタイプが多く見受けられます。

お一人様ならば、好きな時に好きな場所に行けるわけです。わざわざ相手の男性へ気を使って無理に合わせる必要もありません。

その気になれば旅行にだって1人で行けて、その気ままさや解放感を楽しめるからです。

そう考えたらグループでの付き合いは窮屈に感じてしまうようです。

仮に彼氏とどこかへ行く場合も、ペースの違いが見えてきて疲れてしまうというのが本音です。

1人でどこでもアクティブに活動できる女性にとって、恋愛はめんどくさいのかもしれません。

尽くすのが苦手だと感じる人

付き合うのがめんどくさいのは、相手に尽くすことに疲れているという場合も考えられます。

相手の男性の好みに合わせて髪形を変えてみたり、好みの服装で身を包みデートをする、彼の好みな映画を一緒に観るいった行動様式に、いよいよ疲れを感じてきた女性ならば、もう恋愛体質な自分ときっぱりお別れを告げて、自分のしたいことを最優先にするという傾向があります。

恋愛がめんどくさいと思う女性の本音は、相手の男性の好みに合わせなければならない制約めいたことへの不満からです。

尽くすのが苦手な女性のことを可愛げがないと思われがちです。

そのネガティヴな空気感の中では、余計に恋愛するのがめんどくさいと益々思うようになっていきます。

髪型や服装のチェックが面倒だと感じる人

恋愛に発展するとデートの度に髪形や服装を気にすることがめんどくさいと思うようになり、男性との付き合うことが億劫になってしまい、ついどうでもよくなってしまうというケースもあります。

本来なら好きな男性から可愛い女性だと思ってもらいたいものですが、それでも自分の好きな服装や髪形のままでありたいと思うのが自然です。

あまりラフな格好をしていると、女らしくするようにと言ってきたりするような男性では、常に気を張っていながら過ごさなくてはならなくなりどんどん疲弊してしまいます。

どうあれ、自分を丸ごと受け止められる男性とだからこそ、良好な関係を築けるはずなのです。

性格や気が合うフリーの友達がたくさんいる人

付き合うのがめんどくさいと思うのは、何をするにしても気の合う仲間たちと一緒にいた方が楽だからという考え方があります。

女友達がたくさんいてその周辺との付き合いのほうが、よっぽど異性との恋愛よりも楽しいという場合、あえて男性と付き合うなんて、色々と嫌なことが起こりそうで益々めんどくさいという本音があります。

波長があって後腐れがないのが同性同士の友達との良さです。恋愛をするには遠くなりますが、恋愛だけでは味わえないものも友達同士での付き合いにはたくさんあります。

特に趣味が多い女性にかぎって、女友達との付き合いが楽しいと感じるような傾向が伺えます。

付き合うのがめんどくさいことへの対処法は?

恋愛対象として男性と付き合うのがめんどくさいと感じる女性には、ある程度の一貫した特徴と原因があることが分かってきました。

では、恋愛をするために男性と付き合うことはめんどくさいと感じるようになった場合には、遂に恋愛を諦めてしまう予兆なのでしょうか?

そのほうがよいのでしょうか?

ここでは、付き合うのがめんどくさいという時への対処方法についてご紹介します。

相手の良いところを探すように意識する

付き合うのがめんどくさいと思う前に、せっかく恋愛対象として巡り合って付き合うことになったのだから、相手の男性の良さを見つけて意識することは大切ですしごく自然な振る舞いなはずです。

楽しめるかどうかは、自分の感じ方次第です。

どんな事でも自分の心を通して判断しています。しかしその判断基準は個人差があるので正確な答えなど存在しないものです。

つい相手の男性との会話の中でマイナスな面ばかりに注目するから疲れてしまいます。

できれば加点法に則っていいところを発見する習慣を持てば、他人に対する優しさが育まれ、めんどうなことでも案外と楽しいと感じることがあります。

異性だけというよりも、通行人や店員さんといった不特定多数の人々の良さを普段から見抜ける訓練をしていくといいでしょう。

誰しも褒めるポイントが存在します。

それを発見する目を持つことは、あなたにとって将来的にも役立つはずです。

ひとりの相手に執着しない

ひとりの相手だけとの恋愛を進めていくから、常に気を張ることになってしまい疲れを感じ、いつしか付き合うのがめんどくさいと思うようになってしまいます。

もし他の男性とも友達付き合いをしていられるのであれば、いい意味で心に余裕を持つことができます。

性別に関係なく余裕を持っている人ほど魅力を感じますし、めんどくさいという感覚も軽減していきます。

ある程度まで余裕な気持ちを持ったまま恋愛をしていかば、心身ともに疲れることが減っていきます。

恋愛をする際は、相手に固執し過ぎて何でも言動をその人に合わせるのではなく、他にも素敵な人がいるということを念頭に置いておくのは大切なことです。

ただし、その度を越えて浮気性な性格になってしまうと、かえって信用をなくしていきますので、その点だけは気をつけなくてはなりません。

とりあえず付き合う

付き合うのがめんどくさいと思うのは、相手に対して完璧を求めるあまりに、期待を損ねてしまったことへの落胆があります。

そうさせてしまうのは期待が上回ったからかもしれません。

相手の男性への期待値が高過ぎるあまり、現実とのギャップにがっかりするという流れです。

あなたを含めて完璧な人など存在しません。

存在しないものを探すことは無益です。

仮に、完璧な男性が見つかったとしたら、今度はあなた自身が彼と肩を並べるほどに完璧でなくてはなりません。

あなただけ欠点だらけで許されるほど甘くはありません。

それはあまりにも不公平なことです。

そもそもそのようなことを追求するのは虚しいものです。

であれば、まず自分に興味を持ってくれた男性と付き合うことも必要です。

めんどくさいという気持ちを捨てて、付き合えるチャンスやタイミングを得たことを最大限に活かしましょう。

恋愛の楽しさを実感するのです。

当初は理想と違ってピンとこなかったかもしれませんが、付き合う歳月の中で、その人の良さだって見えてくるものです。

☆自分とペースが合う男性を選ぶ

男性との恋愛や付き合うのがめんどくさいと思う女性にとっては、自分の生活スタイルやペースに合う男性を選ぶと良いかもしれません。

付き合うのがめんどくさいのは、お互いのペースや立場を尊重し合うということについて疲れや疑問があるからです。

過去に遡ってみた時、ペースを合わせてもらった恋愛のほうが多かったというのなら、そのほうが安心して付き合うことができると思い込んでいるからです。

男性のほうは多少大変な思いをするかもしれませんが、それでもあなたを本当に愛している相手であれば、きっとあなたとの日々を楽しいと感じてくれるはずです。

ただ、あまり自分本位になり過ぎて過剰な行動や失礼な態度で振る舞ってしまうと、さすがに男性のほうから嫌気がさす危険性も伴いますので、最低限の礼儀だけはわきまえた上での言動を心がけてください。

恋愛はめんどくさくて当然だと考える

恋愛をすると何もかもがまばゆく輝いて見えるものですが、現実的に最初からめんどくさいものだという自覚をしてから付き合うようにしましょう。

つまり、覚悟を決めるということです。相手の男性とあなたとは全く違う環境で育ってきたことは言うまでもありません。

恋愛がめんどくさいのは当たり前なことです。

そのことを踏まえ前向きに捉えて、相手の男性を受け入れる努力をするのが、そもそも恋愛のマナーではないでしょうか?

自分に性格や考え方と合うところ、また、彼にしかない魅力を探す努力をすることで、案外と新鮮なポイントが見つかる可能性があります。

受け入れようとする姿勢を示すことで、必ずその行いは相手にも伝わるはずです。

あなたといる時間が自然と楽しいと思えるようになるでしょう。

ただし、どうあがいても相性が合わない人もたくさんいます。

そんな時は手遅れになる前に、良く考えて判断するしかありません。

外に出てみる

恋愛について苦手意識があって、過去のトラウマや失恋を繰り返すよりも1人でいるほうが慣れてしまったという際、誰かと行動を共にしたり付き合うのがめんどくさいと感じるものです。

そこで、なるべく些細な理由でも構わないので、外に出て友達と一緒に過ごすことに意識を働かせてみましょう。

おひとりさまも気楽で楽しい時間です。

しかし誰かと時間を共有することだって新しい発見や感動があるはずです。

付き合うのがめんどくさいと思うようになると、誰かと過ごす楽しさを忘れてしまっています。

一度外に出て誰かを尋ねるということも定期的に行うようにしましょう。

恋人ができたらやりたいことを見つける

なんとなく男性と付き合うのがめんどくさいなと感じているとしたら、恋人ができたことを想定して、どのようなことをしたいのかを洗い出しておくと良いでしょう。

例えば、相手の男性と旅行に行く、お家デートをする、手料理を振る舞ってみるなど、恋愛事情として楽しめることならなんでも構いません。

ピックアップして眺めながら具体的なイメージをしてみることで、恋愛をしたいと思えるようになります。

確かに付き合うことがめんどくさいと感じる時もありますが、それでも異性と付き合うことが楽しくて幸せなんだと、気づくことが大切です。

まとめ

以上、付き合うのがめんどくさいという心境、その特徴や対処方法などをご紹介しました。

相手との距離感やタイミングも含めて、思い通りにならないのが恋愛です。

それをめんどくさいと取るか、ドラマティックな展開と取るのかは個人差があります。

きっと誰でも一度くらいは相手の男性をめんどくさいと思ったことがあるのではないでしょうか。

思い通りになるのは嬉しいでしょうけど、それだけでは人生の彩りには足りません。

めんどくさいという気持ちを自覚しながらも、恋愛を楽しんでいくことが大切です。

とにかく誰かと付き合ってみながら、恋愛の楽しさを再発見するというのも工夫の一つです。

【関連記事】

付き合うの定義は?

付き合うまでの期間・流れ・男性心理は?

付き合う前に温泉に誘う男性心理・身体目的か見極め方は?

付き合う前の遠出デートに誘う男性心理は?メリット・デメリット・注意点は?

付き合う前は割り勘がいい理由は?男性心理は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク