付き合うまでの期間・流れ・男性心理は?

付き合うまで

出会ってから付き合うまでの期間はどれくらいが理想でしょうか。

一瞬で好意を抱いてすぐに付き合うカップルもいれば付き合うまで数か月かかるカップルもいるなどそれぞれです。

付き合うまでに時間がかかってしまうのは相手の気持ちを知りたいと思う慎重派がいたり、相手からアプローチしてもらえるのを待っているなど思いが葛藤したりお互いの気持ちが交錯するのが付き合うまでの期間です。

今回は出会ってから付き合うまでの流れや男性の心理はどのようなものか詳しく紹介していきます。

今まさに出会って付き合う前の期間に悩む人、これから出会ってどのようにすると良いのか分からないと感じている人はぜひ参考にしてみてください。

付き合うまでの期間は?

付き合うまで

付き合うまでの期間に年齢は関係あるのでしょうか。

学生であればまだ恋愛未経験ということもあり付き合うまでの流れがまだ分からないということもありますし、社会人になっても相手の気持ちを探るあまり告白するタイミングが分からないという人もいることでしょう。

ここでは年代別に付き合うまでの期間を紹介していきます。

高校生のときの付き合うまでの期間は?

付き合うまで

高校生のときの付き合うまでの期間として、2、3か月はかかります。

恋愛に対して興味を持ったり意識することを自覚するのはだいたい高校生くらいからです。

でもまだ恋愛は経験したことがない人も多いですし、恋愛に対する免疫力も備わっていない年齢です。

そんな高校生にとって付き合うまでに頼りにするのはすでに付き合った経験がある恋愛の先輩です。

恋愛経験者に告白のタイミングやアプローチの方法など伝授してもらうなど少しずつ恋愛を勉強していくことでしょう。

大学生の付き合うまでの期間は?

大学生の付き合うまでの期間として、出会いから早い段階で告白することが多いでしょう。

大学生になると高校生のときよりも圧倒的に行動範囲が広がります。

サークル活動やバイトなど人との出会いが格段にアップします。

また大学生になると精神的にもずいぶんと強くなることもあり、出会ってすぐ好意を持つと速攻で告白する人もいるのは珍しいことではありません。

色々な人と付き合てみたいと思う心理も芽生える人が多いので、付き合ってうまくいかなくてもまた次へ進もうと思う前向きな気持ちがあります。

30代、40代の付き合うまでの期間は?

30代や40代の付き合うまでの期間として、すぐに告白して付き合う人と長い時間を掛けて告白するという人の両極端になる年代だと言えます。

この年代になってくると結婚が視野にあるので、より慎重になり晩婚になる傾向があります。

また結婚を急ぐあまりなかなか縁に恵まれず、その結果出会いに慎重にならざるを得なかった人もいれば出会いがまったくないという人も増えてくるのは珍しくはありません。

さらに恋愛に対して客観的に見るようになるのがこの年代です。

より相手をしっかり見極めていこうと思う心理になっていきます。

付き合うまでの流れは?

恋愛経験が少ない人にとっては付き合うまでどのようにすると良いのか分からないと思うことでしょう。

もし恋愛のマニュアルがあれば参考にしたいところですが、相手も人であり、いろいろな気持ちがあります。

恋愛は一筋縄ではいかないものなのです。

ここでは少しでも付き合うまでの流れがある程度押さえることができるように紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

挨拶と雑談ができるようになる

付き合うまでの流れとして、挨拶と雑談ができるようになるようにしましょう。

何はともあれ、気になる人や好きな人と話すことができるようになっていなくてはいけません。

その最初の段階として挨拶から始めていきましょう。

会うと必ず挨拶できるような関係になることが大切です。

自然に挨拶ができるようになると、次の段階として雑談ができるようにしてみましょう。

もちろん雑談は会話力が必要になってきます。

共通の話題で盛り上がるようになるためには相手のことを引き出さなくてはいけません。

当然ながら最初はうまく話すことはできないかもしれませんが、会うたびに軽い会話でもできるようになっていけばどんどん話も盛り上がっていくことでしょう。

連絡先を交換する

付き合う前の流れとして、連絡先を交換することをしてみましょう。

挨拶や雑談ができるようになったら、次の段階は連絡先を交換することです。

いきなり連絡先を聞いても警戒されるだけです。

ですが会話がある程度できるようになっていれば連絡先も教え合うこともできるようになります。

ただ最初から付き合うということを前提にしてしまうと相手も警戒感を強くすることがあります。

まずはお互いの共通の話題や趣味で語れるようにきっかけとして連絡先を聞いてみるようにしましょう。

LINEや電話での連絡が増える

付き合う前の流れとして、LINEや電話での連絡が増えるようにしていきましょう。

連絡先をゲットできれば次はプライベートで連絡が取れるような仲になるのが理想です。

ですがいざ連絡先をゲットして浮足立ってしまい、いきなり意味不明なメッセージなどを送るのはNGです。

最初こそは業務連絡的な話題でやり取りで連絡していきましょう。

そのうちに会わないときも何気ないメッセージを送ったり、自然な会話ができるようになっていくように段階を踏んでいくようにしてください。

連絡先をゲットしただけでもう付き合っているような気分になってはいけません。

会ったときの延長戦でメッセージのやり取りをするように心がけていけば次第に雑談でのやり取りもできるようになっていきます。

返信は少し遅らせるのがポイント

LINEなどで連絡する際にポイントとなるのが、返信を少し遅らせることです。

恐らく好きな人にメッセージを送ってすぐに返信を待ってしまう人が多いことでしょう。

ですがそれは相手にとってプレッシャーとなる可能性があります。

相手からメッセージが届いたらあなたからの返信はタイミングを少しずらしてみてください。

嬉しさのあまりすぐに返信をするとうざいと思われたり、逆に返信をしてもらえなくなる可能性もあります。

かと言ってあまりに返信を遅らせ過ぎて逆に脈なしと思われることもあります。

あくまでも返信を少し遅らせるということを頭に置きタイミングをはかっていきましょう。

「実は〇〇」と秘密を共有するのがポイント

プライベートでどんどん連絡を取れるようになったら二人だけの秘密を共有するのが大切なポイントとなってきます。

好きな人の秘密を自分だけが知っている、自分の秘密も相手に知ってもらうことでより親密度が増していきます。

「今度飲みに行かない?」

「実はあまり飲めないの…でもスイーツが大好きです(笑)」

「じゃあ今度、美味しいスイーツの店知ってるから行かない?」

そんな会話ができれば二人で会うきっかけができますし、会うともっとお互いを知ることができるようになります。

もっとお互いを知ることができればお互いの「実は○○」な情報をもっと共有できるようになります。

ぜひうまく会話を引き出せるようになっていきましょう。

デートに行く

付き合う前の流れとして、デートに行くことをしましょう。

ここまでは付き合う前の序章と言ったところですが、ここからは実際にもっと踏み込んだ段階へと進んでいきます。

デートに誘うことは緊張しますし、もし断られたらどうしよう…と心が折れることを想像してしまいます。

ですがまずはデートという固定観念を捨ててみましょう。

デートというくくりを捨て一緒に出けてみると言った軽いものにしてみると誘いやすくなります。

例えば会ったときに軽くカフェに誘ってみたり、夜の食事よりもランチに誘ってみるなど好きな人の気持ちに負担にならず、なおかつその先にもっとちゃんとしたデートをにおわせる軽いデートにまずは誘ってみると良いでしょう。

付き合いたい相手とデートに行こう

付き合う前の流れのデートとして、付き合いたい相手とデートに行きましょう。

付き合いたい人と行くのは当然では?と思われるかもしれませんが、意外とその気もないのにフィーリングだけで誘ったりする人もいます。

またデートは付き合っているカップルがするもの、と思われがちですがそのようなことはありません。

付き合う前だからこそデートで相手のことを知るチャンスです。

相手の休日の様子やプライベートを知ることはとても大切なことです。

また告白するべきかどうかを見極めることができるのも付き合う前のデートだからこそです。

付き合いたいと思った相手をぜひ誘ってみましょう。

デート中に見せる男性の好意のサイン

付き合う前の流れのデートでは、デート中に見せる男性の好意のサインを見落とさないようにしましょう。

もしあなたに好意があるときは脈ありサインとして何らかのサインを出してきます。

ではどのようなサインがあるのでしょうか。

例えば「どんな人が好み?」「今好きな人いる?」など具体的に恋愛について聞いてくるようなときはあからさまにサインを出しています。

このときに答えをはぐらかしたり、きちんと答えないと逆に脈がないと思われてしまうので、もし好意を持っているのであればきちんと返事をするようにしてください。

せっかくのサインを見過ごすようなことがないようにしましょう。

デートは「3~5回」が目安

付き合う前の流れのデートとして、デートは3~5回が目安ということが挙げられます。

付き合う前のデートは何回行けばよいと考える人が多いのでしょうか。

もちろん何回でもOKですがお互いに好意を抱いていることが確信できているのであれば告白を先延ばしにすることはNGです。

告白を伸ばせば伸ばすほど恋愛関係はなしという方向へ進んでしまうことにもなり兼ねません。

目安として3~5回目で告白することが望ましいでしょう。

デートを重ねる

付き合う前の流れとして、デートを重ねるということが挙げられます。

ここまでくるとあと一歩のところまで来ています。

そうは言ってもデートに誘って断られては元も子もありません。

デートの誘いに乗ってくれるということはある程度のバロメーターであると言っていいのです。

ただ、たった一回だけデートしてくれたというだけでは脈ありの判断はできません。

食事程度であれば特に好意がなくてもデートしてくれることは十分にあり得ることなのです。

そのためデートを重ねていくということはとても大切な脈ありのサインと考えて良いと言えます。

デートはお互いの気持ちを確かめることもありますが、もっとお互いを知るための大切な時間です。

最終的な告白をするために、十分に見極める重要なチャンスを逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク



告白する

付き合う前の流れとして、最後は告白することが挙げられます。

ここまできたらゴールだと考えて良いでしょう。

なぜなら告白は相手の気持ちをはっきりと確認する最後の段階であるからです。

お互いの気持ちはここまでの流れで確認してきたはずです。

告白するということは何かしらの確信を持ってすることです。

デートの初回で告白すること以外は、デートを重ねて十分にお互いの気持ちを確認し合った結果が告白へと辿りついたということになります。

ある程度の相手の気持ちを知って、告白は確実にOKしてもらえるとなった段階ですることです。

告白に駆け引きなどは必要ありません。

ごくごくシンプルに「付き合ってください。」と思いを伝えましょう。

そのときは必ず言葉で向き合ってすることです。

間違ってもLINEなどですることがないように気を付けてください。

3回目の告白にこだわる必要はない

ここまで告白するまでにデートの回数は3~5回が目安であるとしましたが、多くの人の中では3回目のデートでの告白がターニングポイントだと考えられていることが挙げられます。

ですが決して3回目にこだわる必要はまったくありません。

それは多くの人の中で都市伝説的に感じられていることであり、3回目であるから告白が必ず成功するなどといったことはまずないのです。

ただ大体3回目のデートくらいでお互いの気持ちを十分に意識し合うことはできますし、お互いの気持ちの盛り上がりは3回目くらいでピークに達するということがあります。

告白するというタイミングは3回目くらいが適当だろうと漠然と思うのではなく、もっとはっきりとした気持ちで確信したタイミングですることが必要です。

相手の告白を促すコツは?

なかなか告白をしてくれない人、というのも意外に多いです。

そんな人に告白を促すことも恋愛の駆け引きには必要となってきます。

もちろん告白のタイミングを計ってのことかもしれないので、そのタイミングが今ではない、と判断していることは十分に考えられますが、あまりに付き合う前の期間が長いとお互いの気持ちは分かっているのに告白されずに待つ身にとっては辛いものがあります。

そのようなときは相手の告白を促すこともしてみましょう。

例えば他の男性の影をにおわせる、と言ったことです。

他の男性と楽しく話している場面を見せたり、他の誰かからデートに誘われたけど断った、などと言った男性の姿を思わせる話をしてみるのも方法です。

それによって焦って告白してくれるかもしれません。

ただ大切なことはあからさまに男性の姿をちらつかせることはしてはいけません。

逆に自分に気持ちが無いかも、と判断して諦めてしまうこともあるからです。

あくまでも告白させることが目的なので、軽い駆け引き程度にしておきましょう。

付き合うまでの男性心理は?

それではここでは男性が付き合うまでの間にどのようなことを考えているのか、その心理を紹介していきましょう。

男性は態度に出したり、言葉にすることが苦手な人が多いため、一体何を考えているのかよく分からないことがあります。

男性の心理は女性から見ると推測しずらいと思えるかもしれません。

ぜひ男性の心理を知って、付き合うまでに女性側からどうアプローチするべきか見極めるための参考にしてみてください。

付き合うまではどのように好印象を与えようか悩んでいる

付き合うまでの男性心理として、付き合うまではどのように好印象を与えようか悩んでいることが挙げられます。

男性はアプローチを苦手とする人が多いので、どのようにすると良い印象を与えることができるのか分からないと感じている人が多いです。

そのような中で色々考え試行錯誤しています。

まずは好意を持っている人には清潔感があると思われなければいけないので、洋服選びや髪型などから気を付けるようにするなど工夫しています。

女性は男性のそうした姿にすぐ気が付く人が多いので、もし男性の試行錯誤する姿を見たときはアドバイスをしてヒントを与えてあげると男性の気持ちも楽になっていくことでしょう。

付き合ってから面倒な女性かどうか見極めている

付き合うまでの男性心理として、付き合ってから面倒な女性かどうか見極めていることが挙げられます。

男性から見ると女性が一体どのような性格であるのか理解できないことが多いです。

印象だけでは判断できかねることもあり、いざ付き合ってみると思った人ではなかった、と裏切られることもあるでしょう。

そのため過去の恋愛のトラウマでなかなか新しい恋愛へ踏み込めないこともあります。

好意のある女性がいても面倒な性格ではないかどうかを見極めています。

そのために日頃からさりげなく女性を見ている男性も多いようです。

スポンサーリンク



付き合うまでは良い友達でいたい気持ちが強い

付き合うまでの男性心理として、付き合うまでは良い友達でいたい気持ちが強いことが挙げられます。

異性の友達関係が有りの人と無しの人は分かれるところがあります。

特に男性にとっては気になる人がいると付き合えるかどうかをすぐ考える人がいます。

そのため友達関係を築くことができず恋愛関係にもたどりつかないこともあるのです。

ですがそんな中でいきなり恋愛関係を考えるよりも良い友達として関係を築き、友達として相手の性格を見て恋愛関係になれるか見極めていくことが大切です。

いきなりの恋愛関係よりもじっくりと相手を見ることができるので、長く続く関係へとつなげることができるでしょう。

早く付き合いたい気持ちが強い

付き合うまでの男性心理として、早く付き合いたい気持ちが強いことが挙げられます。

男性の中にはとにかくハンターのようなタイプもいるので、直観的に好きだと思った女性を自分のものにしたいと強く思う人もいます。

そのため付き合う前の期間というのはとても長く感じてしまいます。

早く告白をして付き合いたいけれど、あまり早い段階で告白しても相手に引かれてしまうこともあるので、告白のタイミングをつねに考えています。

このようなタイプの人はアプローチも早い段階からしてくるのでとても分かりやすい性格だと言えるでしょう。

出会ってから付き合うまでは一定のフロー

付き合うまでの男性心理として、出会ってから付き合うまでは一定のフローだと考えていることが挙げられます。

恋愛関係の経験が増えていくと自分なりの恋愛の流れが出来上がります。

またいいなと思った女性に脈があるかどうかもそれとなく分かってくることもあります。

最初は脈ありかなしか分からない段階であっても、話してみるうちに好きになっていくパターンもあり、自分の性格も勘案しながら恋愛のフローが出来上がっていくことになることも十分にあります。

恋愛のパターンには個人差があるので自分なりのペースで好きな人との距離を縮めていくことも大切でしょう。

付き合うまでのプロセスはどんなものがある?

恋愛のプロセスは人それぞれです。

どこでどのように出会うのかは誰も分かりません。

だからこそ恋愛に同じパターンは無いとも言えます。

では付き合って出会うまでのプロセスはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

自分の恋愛のプロセスの参考にしてみてください。

バイト先で出会って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、バイト先で出会って付き合うということが挙げられます。

学生の頃は出会いがどんどん増える時期です。

サークル活動でも多くの人と出会うことができますし、何よりバイト先でも仕事を通して連帯感や親密感を得られようになります。

同じシフトで入っている女性とバイトで会うようになるとちょっとした空き時間に話をしたり、仕事について相談に乗っているうちに恋愛感情を芽生えることはごく自然なことでしょう。

特にバイトではシフトが合うと一緒になることが多いので帰るときなども一緒になることもあり、お互いを知ることにそれほど時間は掛かりません。

よって2、3か月程度でカップルになることができるでしょう。

友達の紹介で付き合う

付き合うまでのプロセスとして、友達の紹介で付き合うということが挙げられます。

人はそれほど出会いがあるわけではありません。

この場合の出会いとは恋愛へつながる出会いということになります。

もちろん仕事や趣味を通して多くの人との出会いはありますが、それが恋愛につながるのかどうかと言うとほとんどないわけです。

でも恋愛をしたい、そのようなときに相談するのは友達です。

「彼女が欲しいな~」と友達と飲みに行った席で相談すると友達に彼女がいる場合はその友達を紹介してくれることもあります。

友達であると好みの女性も知っているので信頼する友達の紹介ですぐ付き合う人は多いと言えるでしょう。

職場恋愛で付き合う

付き合うまでのプロセスとして、職場恋愛で付き合うということが挙げられます。

社会人になると圧倒的に職場恋愛や職場結婚が増えるのは絶対的に職場以外では出会いがないと言えるからです。

同じ職場ではなくても取引先の人ということもあり得ますが、それでも仕事を通しての出会いが多いことになります。

職場で恋愛するためには普通に告白することもできますが、もし自信がない場合は好意のある女性と仲が良い人や同僚を取り込むことも方法です。

周りから固めていくことでアプローチもしやすくなります。

ただ問題なのは付き合って別れてしまうとその後の職場でどのように接するべきかリスクもあるので相手をきちんと見極めてからの告白が望ましいかもしれません。

留学先で知り合って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、留学先で知り合って付き合うということが挙げられます。

留学は学生でも社会人でも語学の勉強や自分のスキルアップのために期間はそれぞれですが海外へ視野を広げる目的で行く人が多いでしょう。

ですが異国へ行くということはとても心細いことですし、馴染めるか不安なところだと思います。

そんな気持ちの中で理解し合える人と出会えるということは何にも代えがたいものです。

留学先で出会える人は同じ国の人もいえれば他国の人もいます。

お互いにスキルアップすることが目的で出会った人はより絆が強くなる傾向があります。

切磋琢磨しながら過ごすことで恋愛関係になることも自然なことでしょう。

ボランティアで知り合って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、ボランティアで知り合って付き合うということが挙げられます。

人のために何かしてあげたい、世の中のために自分の力を使いたい、そうした同じ志を持った人が集まって活動するのはとても思いやりを持つことができますし、同じ価値観の人と出会えることは恋愛関係になることに時間は掛からないでしょう。

ボランティア活動で一緒になる機会は多いですし、一緒にいる時間があればあるほどお互いをどんどん知って好きになっていくかもしれません。

ボランティアを通して話すこともたくさんありますし、会話が増えるとお互いに好意を持つのは早い段階で感じることでしょう。

フィットネスジムで出会って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、フィットネスジムで出会って付き合うということが挙げられます。

仕事が終わってフィットネスジムで一汗流してから帰宅する、そうした人は多いことでしょう。

そうした場では大抵は顔なじみの人が多いはずです。

顔は知っていてもそれぞれ汗を流して帰る、そうしたルーティンができ上っていると思います。

そんなときにちょっと話すきっかけができると一気に恋愛へつながる可能性があります。

職場以外で出会った人は自分の知らない世界の人ですし、魅力的に感じます。

お互いに好意を持つと時間を合わせてジムで落ち合ったり、帰りに食事をするなど発展することも十分にあります。

一緒の趣味があると一気に二人の距離は縮まるでしょう。

英会話カフェで出会って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、英会話カフェで出会って付き合うということが挙げられます。

最近では多くの場面で英会話を必要とすることが増えてきました。

海外との交流は今の時代では珍しいことではありませんし、もっともっと増えていくことになるでしょう。

そうした中で英会話カフェで勉強し合ったり、一生懸命学ぼうとしている人と出会うと交流することも多くなります。

一緒に教え合ったり、相談にのっているうちに恋愛対象として好きになることもごくごく自然な流れです。

同じことを共有するということはお互いを高め合うことができるということでしょう。

料理教室の体験で出会って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、料理教室の体験で出会って付き合うということが挙げられます。

最近では女性のみならず男性も料理をします。

そして料理教室でも男性の姿を見ることが増えてきました。

それまでは料理教室は女性だけの場所と思われがちでしたが、今はそのような時代ではありません。

同じものを作って食べるという作業は連帯感も生まれますし、出会いも十分にあり得ます。

また男性の中には料理教室の先生が好きになる人もいます。

先生から料理を教えてもらいながらアプローチするとより接近することができるので距離を十分に縮めることができるでしょう。

アプリで出会って付き合う

付き合うまでのプロセスとして、アプリで出会って付き合うということが挙げられます。

出会いというのは自分が積極的にならないとできないものです。

もちろん運命的な出会いというものがありますが、それがアプリで出会うことも運命であることは否めません。

特にあまり趣味もなく、職場でも女性と出会えることもない場合はほとんど出会いがないと言ってもいいでしょう。

そんな時に唯一すぐに出会うことができるのは出会い系アプリということになります。

うまく好みの人とマッチングできれば付き合うことも可能でしょう。

ただ気を付けるべきは、信用できるアプリに登録するということが大切です。

いろいろと情報もありますのでぜひ信用できるものを選んでみてください。

付き合うまでのデートで気をつけるべきことは?

ここまでは付き合うまでの流れやプロセスを紹介してきましたが、では付き合うまでのデートで気を付けるべきことは何でしょうか。

付き合うまでの期間だからこそいろいろとするべきことがありますし、注意することもあります。

具体的に付き合うまでのデートで気をつけるべきことを紹介していきますので参考にしてみてください。

出会ってからすぐに付き合うのは危険

付き合うまでのデートで気を付けるべきこととして、出会ってからすぐに付き合うのは危険であるということが挙げられます。

すぐにでも彼女が欲しい…そんな気持ちの状態では相手を見極めることができません。

このような状態では相手を冷静に見ることができませんし、いざ付き合ってみてこんなんじゃなかった…ともなり兼ねないのです。

気持ちが高まっているときは相手の欠点や自分との相性を見落としがちです。

少し冷静になって相手を見極める時間があれば相手の性格や欠点も見えてきます。

さらに時間を掛けることでその欠点をカバーできる良い面も見えてくる可能性もあるわけです。

良くも悪くも付き合う前の期間はいろいろ見えてくるものがあるので、すぐに付き合うということはしないほうが賢明でしょう。

相手をしっかり見極める

付き合うまでのデートで気を付けるべきこととして、相手をしっかり見極めるということが挙げられます。

付き合うまでの期間としては、あなたも見極めるときでもありますが、逆に見極められているということもあるわけです。

付き合う付き合わないの選択権は相手にもあるのです。

そうしてお互いに見極める時間があるからこそ、もっと好きになっていったり、逆に思っているのと違った…と思われたりすることもあるでしょう。

デートをしているからと言ってその先に告白されるという保証はありません。

常に見られていることも意識しながら、相手の動向もきちんと見極めていきましょう。

露出の激しい服装で歩かない

付き合うまでのデートで気を付けるべきこととして、露出の激しい服装で歩かないということが挙げられます。

どうしても勘違いしてしまうのは、身体のラインが出る服装や胸元が見えるようなファッションで男性が落ちると思ってしまうことです。

もちろんそのようなファッションを好む男性はいますが、付き合うまでの期間でそうしたファッションをすることはNGです。

むしろ遊んでいるイメージや男性関係が激しいように捉えられかねません。

それよりもいつもよりもセンスの良いメリハリのあるコーデを選んで、魅力のある女性を演出することを考えましょう。

急いで相手に答えを求めない

付き合うまでのデートで気を付けるべきこととして、急いで相手に答えを求めないということが挙げられます。

デート=付き合うということではありません。

男性の中にはただ食事に行っただけではデートだと感じていない人もいます。

またすでに付き合っているかのような振る舞いをされるのも嫌がる男性もいます。

あくまでも一線を引くことが大切なことなのです。

相手をせかすようなことはせず、じっくりと相手のペースに合わせてみることも必要でしょう。

付き合うまでに相手を見極めるべきことは?

ここでは付き合うまでに相手を見極めるポイントとして大切なことを紹介していきます。

ただ相手を好きだという気持ちだけでは付き合っていくことはできません。

それよりもずっと付き合っていけるかどうかを見極めることが大切になってくるのです。

これから紹介することを念頭に置いて、相手を見極めるための参考にしてみてください。

価値観

付き合うまでに相手を見極めるべきこととして、価値観が挙げられます。

よく別れるカップルが口にする言葉として「価値観が違った」と言うことがあります。

価値観がまったく同じ人はいませんし、お互いの価値観をカバーし合うことが大切なことではありますが、やはり価値観が似ている人と付き合うということが見極めるポイントとなります。

もし年の差カップルであれば合わない価値観も尊敬できるものと見ることができることもあり得ますが、やはりそれまでの人生観によって価値観は付き合うための大きなポイントとなることは間違いありません。

自分とはまったく違った価値観に興味を抱く人もいますが、そのような人とうまく付き合っていけるのかどうかも含めて考えてみることが必要でしょう。

金銭感覚

付き合うまでに相手を見極めるべきこととして、金銭感覚が挙げられます。

付き合っていくなかで大きなポイントと言っていいのが金銭感覚です。

付き合う前ではなかなか分かり得ないことも十分あり得ます。

なぜなら男性は見栄を張る人が多いので、付き合う前の段階ではケチったりはしません。

そのため付き合ってからのほうが金銭感覚が顕著になる場合が多いのですが、付き合う前の段階でお金を出すことを渋ったり、常に割り勘を求めるような人はケチであるのか、はたまた倹約家であるのか見極めることはしておきましょう。

またあなた自身も浪費家ではないかどうなのかということも考えて相手との金銭感覚を考えてみてください。

家庭環境

付き合うまでに相手を見極めるべきこととして、家庭環境が挙げられます。

家庭環境によって付き合う相手を選ぶことはするべきことではありませんが、やはり家庭環境は性格や価値観に大きな影響を及ぼすことがあります。

あまり付き合う前の段階で家族のことを話したがない人もいますが、付き合う前だからこそお互いの家庭環境を把握することが必要なのです。

相手のことを知るにはまずは自分の家庭のことを話すことが大切です。

似たような家庭環境で育ってきた人は価値観が合うことが多いので、そういう点もポイントとして見ていきましょう。

頑張っていることがあるかどうか

付き合うまでに相手を見極めるべきこととして、頑張っていることがあるかどうかということが挙げられます。

やはり女性は男性に対して尊敬できる人を望んでしまうのは間違いありません。

また何かに向かって一生懸命になっている姿に憧れるものです。

仕事もそうですが趣味や興味のあること、また生き方そのものを必死に頑張って毎日を過ごしていることが見極めるポイントとなっていきます。

かと言って相手にばかりそれを求めてはいけません。

自分自身も頑張っていることが大切なことです。

お互いに思い合える気持ちは何よりも重要な見極めポイントなっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

付き合うまでの期間は意外と重要な時間となります。

人によってその期間は短いか長いか差はありますが、きちんとした相手を見極めるためにもとても大切な時間となることは間違いありません。

またなかなか出会いがないともっともっと付き合うために必要な期間となっていきます。

恋愛は経験することによって学んでいくことが多いです。

そのためにも好意を持った相手と真剣に向き合っていきましょう。

【関連記事】

付き合う前の映画デートがおすすめの理由は?注意点は?

付き合う前に温泉に誘う男性心理・身体目的か見極め方は?

付き合う前に不安になる心理や原因・対処法や見分け方は?

付き合う前のハグの男性心理は?女性からはOK?Goodなタイミングは?

付き合う前の雰囲気の特徴は?チェックする・作る方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク