付き合う前の電話の頻度は?時間帯・内容・注意するべきこと

好きな人との電話は、ドキドキする反面とても楽しいですよね。

まだ付き合う前だからこそ、好きな人との距離を縮めるためにも電話は重要だと言えるでしょう。

好きな人との距離を縮めるためにも、電話は積極的にしたいもの。

しかしながら、付き合う前だからこそ電話をかけるときには気を付けるべきこともあります。

ここでは、付き合う前の電話の頻度や時間、話す内容や注意点について紹介したいと思います。

まだ付き合う前の好きな人がいるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

付き合う前の電話の頻度はどれくらい?

付き合う前 電話

付き合う前の電話の頻度は、どれくらいがいいのでしょうか。

付き合う前にどのくらいの頻度で電話をしているのかで、今後の2人の関係を左右するといっても過言ではありません。

付き合う前の電話の頻度については、あなたと好きな人の「現在の関係性」によって変わります

1,知り合ったばかりでは3週間に1回ぐらい

付き合う前 電話

好きな人と付き合う前の電話の頻度は、知り合ってばかりでは3週間に1回くらいがいいでしょう。

知り合ったばかりということは、まだお互いのことをよく知りません。

つまり、好きな人の中でのあなたの評価もそこまで高くはなく、あなたに対しての好感度もまだ高くはないはずです。

この状態のときに頻繁に電話をかけてしまうと、大抵の場合男性はあなたのことを迷惑に感じ、うんざりしてしまいます。

電話はリアルタイムに行われるもので、お互いの時間を拘束するもの。

よく知らない人から頻繁に電話が来ては、「自分のしたいことができない」と感じてしまうのも無理はありません。

知り合ったばかりの頃は、相手の負担にならないように「たまにする」くらいがちょうどいいのです。

頻繁に電話をするよりも、LINEや直接会うなどして2人の距離を縮めていくことが先決かもしれませんね。

2,仲が良い・打ち解けているのであれば1週間に1回

付き合う前の電話の頻度は、好きな人と仲が良い、打ち解けているのであれば1週間に1回くらいがいいでしょう。

普段から仲良し!というレベルに達しているのであれば、このくらいの頻度でもお互いに負担だと感じることはありません。

適度な頻度ですよね。

また、1週間に1回程度だと、話したいことがほどよく溜まるのです。

1週間分の「話したい」が溜まるので、電話をしたときに盛り上がるというメリットもありますよ。

3,何回かデートしていたら3日に1回

付き合う前の電話の頻度は、好きな人と何回かデートしていたら3日に1回くらいがおすすめ。

何回かデートしているとしたら、告白がまだなだけで、事実上は付き合っていることもあまり変わりはないでしょう。

お互いに好意があることは、誰から見ても明らかですよね。

そんな状態であるなら、お互いに「話したい」と思っているため3日に1回の頻度でも負担になることはありません。

日常の愚痴を含めて、あなたも好きな人も「話を聞いてほしい」という欲求があるのではないでしょうか。

ただし、このペースだとかなり頻繁に電話をすることになるので、都合が悪いときにははっきりと伝えることも忘れずに。

疲れているときや忙しいときに無理をして電話をしていると、次第に電話をすることが苦痛になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク



4,付き合ってから毎日電話しよう

好きな人と毎日話したいという女性は多いと思いますが、付き合ってから毎日電話をするようにしましょう。

なぜかというと、付き合う前に毎日電話をすることには、

・言い出せないだけで実は負担になっている

・話すことがなくなる

というリスクが潜んでいるからです。

毎日話していると、いつか話のネタは底を尽きることでしょう。

また、付き合う前に楽しくなりすぎてしまうことで、彼に「今のままの関係でいいかな」と思われてしまったり、恋愛対象から外されてしまうこともあるのだとか。

毎日の電話は付き合ってからにし、付き合う前は適度な頻度を保つことがおすすめです。

付き合う前の電話はどの時間帯がいい?

付き合う前の電話は、どの時間帯がいいのでしょうか。

付き合う前にする電話では、その頻度も重要ですが、同じくらい重要なのが、電話をかける時間帯。

いわゆるタイミングです。

電話は相手の時間を拘束するものだからこそ、相手の負担にならない時間帯にかけるようにしなくてはなりません。

1,お互いが次の日休みの前の夜

付き合う前に電話の時間帯は、お互いが次の日休みの前の夜がおすすめです。

次の日が休みであるなら、少しくらい寝るのが遅くなっても問題ありません。

次の日のことを気にせずに電話ができますので、お互いに気持ちに余裕をもって話ができるのではないでしょうか。

次の日が休みなので、「休みの日は何してるの?」「明日の予定は?」など、会話が弾みやすいのもおすすめするポイントです。

2,時間帯は22時~23時がベスト

付き合う前の電話の時間帯は、22時~23時がベストです。

なぜこの時間帯がいいのかというと、多くの人はこのくらいの時間にはお風呂や食事も終わり、リラックスタイムに入っているから。

そろそろ寝るかとベッドに入り込むくらいの時間なら、相手に迷惑になりにくいですよね。

ただし、誰でも22時~23時ならばOKというわけではありません。

生活リズムは人によって異なりますし、仕事によっては夜勤がある人もいるでしょう。

あらかじめ好きな人の生活リズムを聞いておくなどして、「寝る前の時間帯」に電話をかけるのがいいと思います。

スポンサーリンク



3,LINEのラリー中に電話をかける

付き合う前の電話は、LINEのラリー中に電話をかけることもいいですね。

何度かLINEのやりとりをしていて会話が盛り上がっているなぁと感じているときに、電話をかけます。

「書くより話す方がいいかなーと思って」と、いきなり電話をして来た理由を聞かれたら答えておきましょう。

LINEで話が盛り上がっていた流れで、その続きから電話でのトークが始まるため、電話が得意ではない男性が相手でも比較的会話が盛り上がりやすいこともポイント。

話が弾むので、楽しいひとときを過ごすことができるでしょう。

4,休みの日にはお昼

好きな人と付き合う前の電話の時間帯は、休みの日にはお昼を狙ってみるのもおすすめです。

普段ならば仕事をしているはずのお昼頃は、休みの日には連絡があまり来ない時期。

好きな人の時間を独り占めできる、おすすめの時間帯なのです。

ただし、休みの日ならどこかに出掛けていることも考えられますから、「今電話しても大丈夫?」という気遣いを見せましょう。

いきなり電話をかけるよりも、LINEなどで「今いい?」と聞かれてからの方が、好きな人はあなたのことを「気遣いのできるいい人だな」と感じるはず。

些細なことではありますが、付き合う前だからこそこういう気遣いは忘れないようにしたいですね。

付き合う前の電話の内容は?

付き合う前の電話の内容について、紹介します。

好きな人と話したい、電話をしたいと思う気持ちはあるものの、「何を話せばいいんだろう?」と悩んでしまうこともありますよね。

好きな人と付き合う前の電話の内容に困ったら、こんな内容はいかがでしょうか。

1,相手が興味がある話題にする

好きな人と付き合う前の電話の内容は、相手が興味がある話題にすることを心がけましょう。

自分がまったく興味のない話を延々と聞かされるとしたら、あなたはどう感じますか?

おそらく「めんどくさいな」「早く終わらないかな」と思うことでしょう。

興味のない話ほど、つまらないものはありません。

特に好きな人と付き合う前であるのなら、好きな人にあなたとの電話を「楽しい」と感じてもらわなくてはなりません。

そのためにも、電話の話題は相手が興味があるものにしましょう。

相手が食いついてくることを話題にして、できるだけ好きな人に話をさせるのです。

付き合う前の電話では、好きな人に話をさせて、自分は聞き役に回るのがベスト。

そのほうが、相手に好印象を与えることができるからです。

2,電話だからこそ質問攻めしてみる

付き合う前の電話は、電話だからこそ質問攻めしてみるのもアリ。

付き合う前ということは、好きな人について知らないこともたくさんありますよね。

そうして、好きな人について「知りたい」という気もちも高まってきているはず。

しかしLINEで質問攻めにしてしまうと、相手は「まるで尋問されているよう」に感じてしまい、うんざりしてしまうことでしょう。

LINEは文字として残るので、あまりに質問ばかりが並ぶと「どこから返信したらいいのか?」と感じてしまうこともあります。

電話ならばこちらが1つ質問をしたら、相手が答えるという流れができますので、文章にするほど負担にはなりません。

自然に会話が弾むようになりますので、電話ならば、聞きたいことはこれでもか!と言わんばかりに聞いてしまいましょう。

ただし、一度にたくさん質問するのではなく、1つ質問したら彼が答えるまでは次の質問はしないようにしてください。

スポンサーリンク



3,お互いの恋愛観の話

付き合う前の電話の内容は、お互いの恋愛観の話もいいですね。

いきなり恋愛観について聞くのは変ですから、まずは「恋愛相談がある」と話を切り出すのがおすすめ。

友達の話、と切り出してもかまいません。

「友達の彼氏が、○○ばかりするんだけど、これって男性としてはどういう気持ちなの?」

「参考までに聞かせてほしいんだけど、こんなとき○○くんならどうする?」

このような聞き方をして、好きな人の恋愛観について聞き出しちゃいましょう。

好みのタイプなどをさりげなく聞き出したり、彼女には何を求めているのかなど、好きな人の考えを知ることができます。

4,仕事の悩み相談

好きな人と付き合う前の電話の内容は、仕事の悩み相談がおすすめです。

仕事の悩みは誰にでもあることなので、話題としては挙げやすいですよね。

よくある話題でもあるので、好きな人も答えやすいのではないでしょうか。

お互い社会人であるなら、仕事の話題は話が弾むので、付き合う前でもしやすいですよね。

男性は「女性に頼られたい」という願望が強いので、相談をされてイヤな気持ちになる人などいません。

ただし、相談があるといって、実際には仕事の愚痴や上司の悪口ばかりにならないように気を付けましょう。

スポンサーリンク



5,プライベートの悩み相談

付き合う前の電話では、プライベートの悩みを相談することもあります。

友人や家族には言えなくて、と切り出しましょう。

プライベートな相談は「2人だけの秘密」になりますし、なんだかドキドキしますよね。

また、自分のことを好きな人に知ってもらうチャンスでもあります。

ただし、いくらプライベートな相談といっても、重すぎる内容はNG。

好きな人が聞いて引いてしまうようなヘビーな内容は避け、誰でもアドバイスできるような内容の相談をしてみましょう。

6,相手の自慢話を引き出す

好きな人と付き合う前の電話では、相手の自慢話を引き出すことがおすすめです。

男性は、自分の自慢話を誰かに聞いてほしいと思っているもの。

好きな人が得意なことが何なのかをリサーチしておき、そのことについて話題を振ってみましょう。

「わたし××について全然分からないんだけど、○○くん詳しかったよね?」

という流れでOK。

好きな人も、自分の知っていることや得意なことならたくさん話せますし、詳しいことを自慢できるためいい気分になってくれるはずです。

こういう男性の自慢を自然に引き出すことができると、男性は「あなたといると楽しい」と感じるようになるのです。

スポンサーリンク



7,直接確認したいことを聞く

好きな人と付き合う前の電話では、直接確認したいことを聞くこともあります。

大したことではなくてもいいので、「明日の会議って何時からだっけ?」「○○の提出日って、いつまでだったか分かる?」など、好きな人が簡単に答えられそうなことを聞きましょう。

LINEだと返事がいつ来るか分からないので、今すぐ知りたくて電話したという流れにすれば、違和感もありません。

8,友人関係や好きなこと

好きな人と付き合う前の電話では、好きな人の友人関係や好きなことについて聞きましょう。

特に、趣味についての話題がおすすめ。

好きな人が夢中になっていること、好きなことについての話なら、自然とたくさん話すことができますよね。

好きな人がたくさん話してくれれば、それだけで話が弾むのです。

また、好きな人の趣味に自分も興味が持てそうなら、次からは「○○(好きな人の趣味)ってどうやるのか教えて」「今度一緒にやらない?」と、次の話題にも繋げやすくなりますよ。

9,食事の話題

付き合う前の電話で欠かせないのは、やはり食事の話題です。

グルメの話、○○がおいしかったというような話題は、盛り上がれる鉄板ネタですよね。

好きな人の好きな食べ物を知っているのなら、そのことについて話しましょう。

「駅前に新しくできたラーメン、もう食べた?」

「今日行ったお店、大盛りメニューがすごくたくさんあったよ!」

など、食事の話題は「デートに繋げやすい」ことが最大のメリット。

食事の話題で盛り上がっていると、「じゃあ今度一緒にいく?」と誘われるかもしれません。

スポンサーリンク



10,デートに誘う

付き合う前の電話の内容は、デートに誘うこともおすすめです。

電話で直接デートに誘われると、相手もちょっと断りにくい雰囲気になりますよね。

先程のような食事の話で盛り上がってきたら、「一緒に行こう!」と思いきって誘ってみましょう。

話が盛り上がっていればデートに誘うのも自然な流れですし、相手もOKしやすいです。

デートは、LINEで誘うよりも電話で誘った方がOKしてもらえる確率が高いと言われていますので、好きな人とデートをするためにも、電話は上手に活用していきましょう。

付き合う前の電話で注意すること

続いて、好きな人と付き合う前の電話で注意することについてお話しします。

好きな人と関係を進展させたい、恋愛関係になりたいという気持ちがあるのなら、ぜひ以下のことには注意していきましょう。

1,リアクションを大きくする

好きな人と付き合う前の電話では、リアクションを大きくすることを心がけます。

好きな人が話しているとき、きちんと返事をすることが大切です。

多少大げさかな?と思うくらい、大きめのリアクションをしましょう。

ただし、あからさまなリアクションは「バカにされてる?」と思われてしまう恐れがあるため、NG。

相手の話に対し、「へー、そうなんだ!」ときちんとリアクションしてあげましょう。

2,平坦な声で話さない

好きな人と付き合う前の電話では、平坦な声で話さないようにします。

電話は、直接会って話しているのとは違い、「声」しか相手の感情を知る手段がありません。

表情が見えない分、声のトーンで自分の気持ちを伝えたり、また、相手の気持ちを読み取るしか方法がないのです。

喜怒哀楽を声のトーンだけで表現するのは難しいかもしれませんが、しっかりとリアクションをしていれば大丈夫。

平坦な声で話していると、好きな人から「つまらないのかな」と思われてしまうかもしれません。

3,非常識な時間帯に電話をかけない

好きな人と付き合う前の電話は、非常識な時間帯に電話をかけないようにします。

たとえば仕事の支度をしている朝や、大抵の人は寝ている深夜などは避けましょう。

よほど緊急の用件でない限り、非常識な時間帯の電話はイラッとしてしまいます。

お互いの生活リズムが異なる場合は「何時ごろにかけたらいいのか」がより分からないので、そういうときにはあらかじめ都合のいい時間帯を聞いておきましょう。

できるだけ、好きな人の都合のいい時間帯に合わせて電話をかけることがおすすめです。

スポンサーリンク



4,緊張する場合にはメモを用意して話すことを前もって考えておく

好きな人と電話をするとき、緊張する場合には、メモを用意して話すことを前もって考えておくようにしましょう。

なんの話をしようと考えていても、いざ電話をすると、緊張して頭が真っ白になる…なんてこともあります。

電話はお互いの時間を拘束するものなので、「好きな人の時間を拘束している」ことをしっかりと自覚しましょう。

わざわざ電話に出てくれているのに、話したいことが分からなくなってしまったのでは、好きな人に申し訳ないですよね。

緊張から会話が続かなくなった、ということを避けるためにも、慣れるまでは話したいことをメモにまとめておくことをおすすめします。

もちろん、話しているうちにメモの内容と違う話をしていたということもあるでしょうが、それはそれでOK。

付き合う前の電話で避けたいのは、意味のない沈黙なので、沈黙が起こらないようにしていきましょう。

5,電話が終わった後はLINEでフォローする

好きな人と電話が終わった後は、LINEでフォローするのがおすすめです。

電話を切ったらそれでおわり、ではなく、フォローのLINEがあるかどうかで印象は大きく変わります。

大げさなフォローLINEでなくていいので、

「電話に出てくれてありがとう」

「電話楽しかった!また明日、職場でね!」

など、一言でOK。

わざわざ自分の時間を使って電話に出てくれたのですから、電話のあとに感謝のメッセージが送れるといいですね。

難しく考える必要はないので、電話を切ったらすぐに一言フォローのLINEを送りましょう。

付き合う前の電話で嫌なことは?

付き合う前の電話は、好きな人との距離を縮めるためにも欠かせないものです。

しかしながら、付き合う前の電話で「嫌だな」「もう電話したくないな」と思われてしまうことも…。

付き合っている間柄ならまだしも、まだ付き合っていないのなら、このような内容の電話にはならないようにしましょう。

1,プライベートすぎる内容の電話

プライベートすぎる内容の電話は、相手にイヤだなと思われてしまいます。

イヤというよりも、むしろ「めんどくさいな」という気持ちの方が強いかもしれません。

プライベートすぎる内容を話されても、相手はなんて答えたらいいのか困ってしまいます。

「そんなこと俺に言われても…」

というのが、このときの彼の正直な気持ちではないでしょうか。

プライベートすぎる内容には、下ネタも含まれます。

「わたし元カレに感度が悪いって言われたんだけど、どうしたら感度って良くなるのかな?」なんていきなりいわれても、困りますよね。

もしも付き合っていて、そういう場面になったときに「前にこう言われたことがあって、悩んでいる。○○くんにもイヤな思いさせたらごめん」と半ばカミングアウト的に言われるのなら、「彼氏」という立場からアドバイスもできるでしょう。

やはり付き合う前は下ネタも含め、プライベートすぎる内容は避けた方が無難です。

2,ネガティブな内容・悪口の電話

好きな人と付き合う前には、ネガティブな内容や悪口の電話はやめましょう。

こちらも、付き合っているのなら慰めたりアドバイスをすることもできるでしょうが、付き合う前では聞くのも憂鬱になってしまいますよね。

ネガティブなことや人の悪口を、あえて聞いていたいと思う人などいないでしょう?

ネガティブな話、人の悪口は聞いているひと悶着不快にさせてしまいます。

付き合う前の電話は、好きな人にも「楽しい」「また話したい」と思ってもらわなくては意味がありません。

ネガティブな話や人の悪口ばかりいう人と電話をしていても楽しくないばかりか、「もう二度と電話なんてしたくないし、話したくない」と思われてしまうかもしれません。

また、「俺のことも誰かに悪く言っているのかな」と思われてしまうことも。

良からぬ誤解を生まないためにも、好きな人との電話ではポジティブで楽しい内容を心がけるようにし、ネガティブな話や人の悪口は言わないようにしてください。

まとめ

好きな人と付き合う前の電話の頻度や時間帯、内容、注意することについてお話ししました。

女性は長電話が好きな人も多く、相手が好きな人であるなら、なおさら「たくさん話したい!」と思うことでしょう。

しかしながら、電話は相手の時間を拘束しているということを忘れてはいけません。

あなたと同じ様に、好きな人も長電話が好きとは限らないのです。

これから恋愛関係に発展するかどうかは、この電話にかかっているといっても過言ではありません。

自分本意の電話にならないよう、相手のことを気遣えるようにしましょう。

適度な頻度で好きな人と電話をして、2人の距離を縮めていってくださいね。

【関連記事】

付き合う前にやるのはあり?なし?男性心理・対処法は?

付き合う前に好きな人を見極めるポイントや女性がしてしまいがちな行動

好きな人を落とす方法31選!男性心理からアプローチする!

付き合う前のライン!頻度・恋愛関係になりやすい内容は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク