付き合う前のドキドキする瞬間は?

今はまだ彼氏や彼女ではないんだけど一緒にいると楽しい相手。

そんな付き合う前の微妙な時期は何かとドキドキする場面が多いことでしょう。

こんなにドキドキする瞬間があって、もっともっと一緒にいたいと思うに違いありません。

付き合う前だからこそ一緒にいて一番楽しい時期なのかもしれません。

今回はそんな付き合う前にドキドキする瞬間を「あるある」として紹介していきます。

ぜひ一緒にドキドキしてみてください。

付き合う前にドキドキする瞬間

付き合う前だからこそトキメキは半端ないかもしれません。

まだ付き合っていない時期はいろいろなことを想像したり連想したり空想したり、とにかく会うたびにドキドキして「もしかして付き合ってる?!」と思わせることもしばしばでしょう。

付き合う前にお互いの盛り上がりのピークにずっと達している状態かもしれません。

ここではそんな付き合う前にドキドキする瞬間を紹介していきましょう。

ぜひ「あるある!」と思いながら読んでみてください。

好きな人との距離が急接近するときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、好きな人との距離が急接近するときにドキドキするということが挙げられます。

まだ付き合っていない時期はお互いの気持ちは見え隠れする状態でしょう。

そしてそんな時期だからこそ、2人が急接近するときはドキドキが止まりません。

もし片思いだと思っている人にとっては好きな人が自分の横を通るだけでもうドキドキして身体が固まってしまうに違いありません。

身体が固まった状態で目だけは好きな人を追ってしまうことなどは日常茶飯事かもしれません。

常に気が付くと視線を向けていることでしょう。

もし少し意識し合っている2人だけどもまだ付き合っていないという状態の場合は顔を近づけて話したり、内緒話など耳元で小声で話しかけられるともう心臓がバクバクです。

相手に顔を向けられませんし、手も震えてしまうかもしれません。

好きな人との急接近はドキドキが止まらなくなってしまうことでしょう。

そんなシチュエーションは何も手が付かなくなるかもしれませんが、このドキドキもそのときしか味わえないことなのでぜひドキドキ感を味わってみてください。

間接キスされたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、間接キスされたときにドキドキするということが挙げられます。

間接キスと言えばペットボトルなど飲みものを想像する人は多いでしょう。

もし好きな人から「飲む?」とペットボトルを渡されたらもうドキドキするだけではなく夢見心地な状態になるに違いありません。

でも内心はドキドキがピークに達していながらも顔は平静を保つことをしてしまうのが想像できます。

よく人から口をつけたペットボトルに自分の口を付けることが苦手な人がいます。

そのような人はこのシチュエーションは絶対にだめ!なんて思うかもしれません。

ですが好きな人からのこうした行為は不思議と嫌ではないかも。

そう思わせてくれるのが恋愛のパワーと言えます。

間接キスでドキドキはペットボトルに限らず、食べ物を「あ~ん」と言いながら食べさせてくれることなどもドキドキで気絶しそうになることでしょう。

最初はこんなことをされたら戸惑ってしまいますが、付き合う前の時期はなんでもありの心理状態です。

こうしたドキドキを楽しめるのも付き合う前だけかもしれません。

ぜひ間接キスのドキドキキュンキュンを体験してみてください。

スポンサーリンク



イヤホンを共有したときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、イヤホンを共有したときにドキドキすることが挙げられます。

最近はコードレスのイヤホンが流行っているのでそれではドキドキはあまりありませんが、コードのあるイヤホンで片方ずつ耳に付けるともう顔が接近することは一目瞭然です。

さりげなく男性からイヤホンの片方を渡されたら一瞬どうしたらよいのか分からなくなるかもしれません。

コードの長さは短いので確実に顔が接近することでしょう。

このままキスもあり?と思ってしまうことも。

男性から肩に腕を回されるとさらにドキドキが止まりません。

とにかくドキドキや赤面でイヤホンから聞こえる音が全然耳に入ってこないこともあるでしょう。

ですがそこで冷静になって。

イヤホンを片方渡されたらさりげなく髪をかき分け色っぽくイヤホンを耳に装着するなど、逆に男性をドキドキさせることも大切です。

ぜひこのチャンスでドキドキ返しをしてみましょう。

LINEやメールをしているとき

付き合う前にドキドキする瞬間として、LINEやメールをしているときが挙げられます。

付き合う前にまずはLINEやメールの交換をするのがほとんどではないでしょうか。

一番初めにメッセージが届くともうドキドキするのは間違いありません。

まだ付き合っていない状態なのでこのメッセージのやり取りでこの先の2人の状況はどんどん変化していくことでしょう。

お互いを知るためにはLINEやメールはなくてはならないツールです。

ですがまだ付き合う前なのでしつこくすることはNGです。

付き合う前にLINEやメールでその先の2人をドキドキ考えながら過ごしているともしかして告白も近い将来あるかもしれません。

最初はメッセージのやり取りは探り合いとなることもあります。

言葉一つで気持ちが揺れたり、嫌になることだってあるのです。

そうした探り探りのやり取りが2人の関係を作っていくに違いありません。

ぜひ軽い気持ちで始めたLINEやメールも思いを込めて返信していくようにしていきましょう。

スポンサーリンク



電話をしているとき

付き合う前にドキドキする瞬間として、電話をしているときが挙げられます。

最近はLINEやメールが主流になっているので電話は苦手な人が多いかもしれません。

ですが電話でしかお互いを近づけることができない時代はそんなに古いことではありません。

LINEやメールが手軽になり過ぎて言葉の重みもどこか軽いものになってきている中、電話で直接の会話は特別な時間となります。

もしかするとドキドキして思ったことが言えないかもしれません。

そして言葉がうまく出てこないこともあるでしょう。

ですがその言葉がうまく出てこないことをうまく察するということも電話でしかできないことです。

そんな電話での会話は2人をより近づけることができます。

電話をするたびにどんどん親しくなっていける感じは電話の特権です。

ぜひ電話での会話でドキドキを満喫していきましょう。

デートをするとき

付き合う前にドキドキする瞬間として、デートをするときが挙げられます。

デートはLINEやメール、電話よりもお互いを知ることができるチャンスです。

さらにその先には付き合うことができるかもしれない大きなチャンス到来と言えるでしょう。

デートは相手のいつも見られない性格や心理が見え隠れしたり、もしかすると嫌な面も見ることがあるかもしれません。

もちろんデートですからあまり自分を出すこともしないこともあります。

そして何よりデートは相手の良いところしか見えない場合があるということです。

そのような状態では相手のどんなことも受け入れられる気持ちになっています。

何よりデートはLINEやメール、電話よりも直接会うということがドキドキを最も感じるシチュエーションです。

ましてや初めてのデートとなるとドキドキのピークを一番感じることは間違いありません。

もちろん付き合ってからのデートもドキドキはしますが、付き合う前は付き合ってからでは味わえないドキドキ+トキメキも感じることができることでしょう。

ドキドキしてうまく話せることはおろか、目を合わせることすらもできないかもしれませんが、この時期だからこどのドキドキをぜひ味わってみてください。

スポンサーリンク



好きな人にボディタッチされたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、好きな人にボディタッチされたときにドキドキすることが挙げられます。

メールや電話でもドキドキするのにデートをしてさらにボディタッチされるともう気持ちはどこかへ行ってしまうことでしょう。

軽く手が触れたりするのでもドキドキするのに、2人の会話がどんどん弾んで身近に感じてくると相手から頭をポンポンされたり、肩に手を置かれたり、さらには髪をそっと触れられるともう倒れそうになるかもしれません。

目が合うだけでもドキドキする付き合う前の時期ですが、ボディタッチによってより2人が繋がったような気持ちになることは間違いないです。

そして好意のある相手だからこそ触れたいという感情が沸いてくるのです。

ボディタッチされてドキドキするのはいくつになってもしますが、若ければ若いほど恋愛に対する免疫がないので恋愛初心者ほどドキドキは激しく感じます。

それでもドキドキ感は年齢問わずあります。

ただ、恋愛を重ねていくとドキドキに慣れていくのはいたしかたありません。

ボディタッチのキュンキュンエピソードは良い思い出に変わっていくことでしょう。

いくつになってもドキドキ感を忘れたくないものです。

女の子扱い、レディーファーストされたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、女の子扱い、レディーファーストされたときにドキドキすることが挙げられます。

最近は自立した女性がとても増えています。

女性であっても特別扱いはされたくない、そういう男女の差がない時代になってきたのは事実です。

そうは言っても女性はやはりレディーファーストな精神の男性にとても惹かれますし、ドキドキします。

例えばさりげなくドアを開けて先に通してくれたり、一緒に買い物へ行って荷物を持ってくれたり、何気なく道路側を歩いてくれたり、そんな自然な心遣いは自分が女性であるという自覚をさせてくれます。

そしてナチュラルにレディーファーストで接してくれる男性にはドキドキしてしまうことでしょう。

なかなかレディーファーストな精神を持つ男性に出会うことはできないのでよりときめいてしまうはずです。

ですが心配は誰にでもレディーファーストで接しているのではないか、と思ってしまうことです。

自分だけにしてくれているのなら嬉しいことですが、そのような疑問も含めて男性の行動をチェックしてみることも良いかもしれません。

スポンサーリンク



付き合う前に手をつながれたドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、付き合う前に手をつながれたドキドキということが挙げられます。

もう手をつながれることなどは心臓が飛び出しそうになるかもしれません。

男性から手をつないでくるシチュエーションはいろいろあります。

信号が変わりそうになっているときに手を握られて走って信号を渡ったり、段差が激しい階段から降りるときに手を差し出してくれてそのまま手をつながれて歩いたり。

もしかしたらいきなりつないでくることもあるかもしれません。

そのときは男性も勇気を持って手をつないできていることが想像されます。

女性にとって男性から手をつながれるということはいろいろなことを考えてしまうことでしょう。

「もしかして好きだと思ってくれてる?」「私たち付き合っているの?」と想像はどんどん膨らんでいきます。

女性からは確かめてみることもできず、ドキドキ冷めやらぬ日々を過ごすことになるかもしれません。

手つなぎのキュンキュンエピソードは思い出しただけでもドキドキしてしまうことでしょう。

もしなかなか手をつないでくれない男性である場合は女性からも行動に移してみてください。

例えば彼の服の端を持ってみるなどしてみると、それに気づいた彼が手をつないできてくれるかもしれません。

キュンキュンのシチュエーションは女性から作ってみることも方法です。

ぜひ参考にしてみてください。

頭・肩をポンポンされたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、頭や肩をポンポンされたときにドキドキすることが挙げられます。

もし気がある相手から頭をポンポンされたら、もうドキドキは止まらないかもしれません。

頭ポンポンは一気に女性の心をわしづかみにする威力ある行動です。

普段頭をポンポンされることなどほとんどありません。

ましてや大人になってからなどそうそうあるシチュエーションではないでしょう。

それが落ち込んでいたり、あるいは子供っぽい行動をしたときなど、男性から見て可愛く見えたり、守ってあげたくなると頭や肩をポンポンして繋がりたいという心理になることはごくごく自然なことです。

男性から頭ポンポンされることなど想像だにしてなかった女性にとって、もうそれまで悩んでいたり考えていたことが一気に吹っ飛んでしまうに違いありません。

ここで男性が気を付けることがあります。

頭をポンポンするときは軽く数回にすることです。

何回もすると髪型が崩れるのを嫌がる女性もいますし、ポンポンではなく撫でるようにしてしまうと逆に気持ちが下がる女性がいるということにも気を付けましょう。

そうは言っても、なかなか頭ポンポンのシチュエーションなどない女性はドキドキするに違いありません。

ぜひ女性が悩んでいたりしたら優しく頭ポンポンをしてあげてください。

スポンサーリンク



突然下の名前で呼ばれたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、突然下の名前で呼ばれたときにドキドキすることが挙げられます。

これはあまり名前で呼ばれず苗字で呼ばれていた相手から突然下の名前を呼ばれるという大きな変化があるとドキドキしてしまうことでしょう。

それまでは苗字で呼ばれていたのに…なぜ、と思うと同時に「もしかして好意を持ってくれている?」と思ってしまいます。

突然下の名前で呼ばれてドキドキするのはもちろんですが、男性にとっても大きなアプローチと考えているのかもしれません。

もしかするとただ下の名前で呼ぶだけではなく、少し名前を変化させて自分だけのニックネームで呼んでくれたらさらに2人の距離は縮むことでしょう。

そのときは思い切って男性をどう読んだら良いのかも聞いてみることもしてみてください。

2人だけの呼び方で呼び合うとなるとどんどん2人の関係性は変わってきます。

最初は下の名前で呼び合うのはドキドキしてなかなか言えないかもしれません。

勇気を出して、そして親しみを込めて呼び合うと新鮮に感じることでしょう。

力強くハグされてドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、力強くハグされてドキドキすることが挙げられます。

突然のハグ、もう心臓バクバク状態です。

付き合う前の時期のデートでハグされるなど想像だにしていないことでしょう。

デートの帰り、いきなりの力強いハグ、きつくハグされて息苦しさと同時にドキドキの息苦しさもあり何がなんだか考えられなくなるかもしれません。

ハグにもいろいろな意味合いがありますが、力強いハグは抱きしめられているという実感を得ることもあります。

彼の思いを感じ取ることができるのが力強いハグだからこそです。

このときもしかすると彼の心臓もドキドキしていることが伝わってくるかもしれません。

彼も思いあまってハグしてきたに違いないのです。

それがついつい力が強くなってしまって、彼も自分の行動に戸惑っている状態です。

お互いにドキドキを感じながら2人の思いはどんどん加速して通じるものがあるのは必然です。

女性にとっても力強いハグにメロメロになってしまうことでしょう。

しばらくは抱きしめられた余韻が残ることは間違いありません。

マッサージされたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、マッサージされたときにドキドキすることが挙げられます。

マッサージはボディタッチされたり、ハグなどとはちょっと違ったシチュエーションかもしれません。

最初はあまりドキドキシチュエーションとはならないのがマッサージです。

単なる仲の良い相手でもマッサージをし合うこともありますから、とっかかりはじゃれ合っているという感覚かもしれません。

「なんか肩凝った~」とか「疲れちゃったなぁ」とつぶやいていると彼からマッサージしてもらえるかも。

そんな彼女をマッサージしながら身体に触れていると彼はいつしか思いがこみ上げてきてそのままハグなんてこともあるかもしれません。

肩だけにとどまらず首筋や腕などマッサージされるともうドキドキで気持ちは動揺してしまうことでしょう。

もしかしてハグされて抱きしめられちゃうかも、そんなことを妄想しながらマッサージされるとドキドキが爆発なんてことにもなり兼ねません。

どんどん妄想を膨らませて、マッサージのシチュエーションを作っていっても良いでしょう。

女性の行動が彼を目覚めさせることがあります。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



遠まわしに告白されたときにドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、遠まわしに告白されたときにドキドキすることが挙げられます。

男性は面と向かって、そして告白の言葉を言うことが苦手です。

もしそれが自然にできたらとっくに言っているはずです。

なんとかして彼女にこの気持ちを伝えたい、その気持ちが遠回しの告白としてその思いを伝えたいと思います。

例えば彼女の誕生日の日に「これからも毎年お祝いしていい?」など遠回しにこれからも一緒にいたいという気持ちを伝えられたら、女性はドキドキするに違いありません。

彼女は最初は「え?」と何を言っているのか分からないかもしれません。

ですがすぐに彼なりの告白だと気が付くことでしょう。

でも駆け引きすることもしてみると良いかもしれません。

「そんなこと言って、他の女性のお祝いもしているんじゃない?」など言ってみてください。

それを聞いた彼が「ずっとお祝いしたいのは1人だけだよ!」などと言わせることができると大成功かも。

ドラマチックなシチュエーションは2人を近づけてくれるのは間違いないでしょう。

ぜひそんな駆け引きでドキドキを楽しんでみるのも良いかもしれません。

待ち合わせに待ってくれたときドキドキ

付き合う前にドキドキする瞬間として、待ち合わせに待ってくれたときドキドキすることが挙げられます。

女性はデートのときオシャレしたい、綺麗な自分を見て欲しい、そう感じてついつい時間が掛かって待合せの時間に少し遅れてしまうことがあるでしょう。

そうではなくてもトラブルはつきもの。

交通機関の遅れで間に合わなかったり、いろいろな事情はやむを得ないものです。

しかもデートという大切な日にあまりにも偶然は重なるものです。

そんなとき、不満を言わず待合せにずっと待っていてくれる彼の姿を見たときドキドキしてしまうことでしょう。

遅れるときは今はLINEやメール、電話をするなど連絡手段はあります。

なのでいくらでも遅れることを伝えることができますが、それでもデートを先延ばしせずに待っていてくれる彼の姿にキュンキュンすることは間違いありません。

もし遅れてきた彼女に文句を言うような男性はいくら待っていてくれたとしても脈なしかもしれません。

それよりも労ってくれたり、気遣ったりしてくれたらさらに彼に対する思いは強くなることでしょう。

ボディタッチやハグなどのキュンキュンシチュエーションではありませんが、彼に対する思いをはっきり確信できるシチュエーションとなるはずです。

こうした彼とのスキンシップもぜひ大切にしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドキドキのシチュエーションはたくさんあります。

ですが確実に自分がそのシチュエーションに出くわせるとは限りません。

少しでもそのドキドキ感を味わいと思うことは自然な流れでしょう。

女性は特に意中の相手がいるだけでちょっとしたことがドキドキします。

付き合う前の時期だからこそのドキドキ+ときめきは特殊な感情です。

それは付き合ってからでは感じられないかもしれません。

だからこそ付き合う前のドキドキ感を味わってみてください。

そして相手への思いを大切にしていきましょう。

【関連記事】

付き合う前に元カノの話をする男性心理は?

付き合う前にスキンシップする男性心理は?メリットやデメリットは?

付き合う前の食事で男性・女性が見ているのは?マナーや成功させるポイントは?

付き合う前にホテルに誘う男性心理は?本気か知る方法は?

付き合う前に会う頻度は?学生や遠距離恋愛の場合は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク