付き合う前の雰囲気の特徴は?チェックする・作る方法

付き合う前 雰囲気

恋愛経験があまりない人にとって恋愛の雰囲気が分からないことがあるでしょう。

それと同様に付き合う前の雰囲気はどのような感じなのか、恋愛を意識しても良いのか悩むかもしれません。

また2人だけの間で感じる雰囲気と周囲から見える雰囲気とでは意外と温度差が生じることもあるでしょう。

では今回は付き合う前はどのような雰囲気になるのかを紹介していきます。

もし付き合う前の雰囲気がよく分からないと感じているときは参考にしてみてください。

付き合う前に感じる雰囲気の特徴

付き合う前 雰囲気

付き合う前の雰囲気はどのような感じか分かりますか。

他の人はカップルになる前にどんな雰囲気になっているのか、あまり聞く機会はないことでしょう。

ここではそんな付き合う前に感じる雰囲気の特徴を紹介していきます。

ぜひ自分に置き換えて自分はうまくいっているのか参考にしてみてください。

心がドキドキしてしまう

付き合う前 雰囲気

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、心がドキドキしてしまうということが挙げられます。

会うと心がドキドキしてときめいてしまう、そんな自分に気付いたことはないでしょうか。

もしそうだとしたらもう心は相手に向いているに違いありません。

ドキドキしてうまく話しができなかったり、目を見ることができなかったり。

ですがそんなあなたを見て相手は「もしかして嫌われてる?」と思ってしまうことにもなり兼ねません。

彼も意識してくれているとすでにお互い両想いになっているかもしれないのに、こんなドキドキして話せない状態では彼は気まずい雰囲気と勘違いしてしまうかも。

ドキドキする気持ちはなるべく出さないようにしていきましょう。

お互いに優しくなる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、お互いに優しくなるということが挙げられます。

当然好意ある人といればお互いに悪い印象を持たれたくない心理になりますし、むしろ付き合う前には気持ちがいつもと違っておおらかになっているかもしれません。

相手に対しての感情も今まで感じたことのないものが沸いてくることもありますし、不思議と付き合う前というのは誰に対しても優しくなれるものです。

そしてさらにはお互いを思い合う気持ちが気持ちの中で確信に変わったとき、もっと相手を大切にしたいという気持ちになるでしょう。

これは付き合う前だからこその雰囲気と言えますが、いつまでも優しい気持ちは持ち続けたいものです。

スポンサーリンク



好きな人といるときは普段とは別の感情が沸いてくる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、好きな人といるときは普段とは別の感情が沸いてくるということが挙げられます。

別の感情が沸いてくるのはそれによって優しい気持ちになることに通じます。

何より相手に好意を抱くということは普段には感じない特別な感情が沸いてくるものです。

それによって誰かを守ってあげたいという感情にもなりますし、さらには幸せを感じるのもこのことからでしょう。

恋愛をしたり誰かを好きになるというのはこうした普段感じることができない気持ちにさせることです。

それが思いやりというものなのかもしれません。

一緒にいるととても楽しい

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、一緒にいるととても楽しいことが挙げられます。

なぜだか気が付くと一緒にいて楽しくて、気持ちが落ち着くということはないでしょうか。

そんな気持ちに気付いたら、それはもう心を開いている状態と言えます。

ここまでくると何をしていても楽しいですし、何より会話が途切れても気まずい雰囲気にはなりません。

逆に会話がなくなって気まずくなるようではまだまだお互い心が開いていない状態と言えます。

何の会話がなくてもお互いを意識し合っていることができる、そんな雰囲気になれることはある意味理想です。

スポンサーリンク



2人で会話する回数が多くなる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、2人で会話する回数が多くなるということが挙げられます。

これは例えばグループで話をしていて、気が付くと2人だけで会話をして2人だけの世界を作っていた…そんな状態です。

そうなると周囲が2人の雰囲気に気が付くのは時間の問題です。

付き合う前で気持ちが通じ合ている2人にとってたくさん会話する話題があります。

話題が尽きることがなくてLINEやメール、もしかすると電話でのやり取りもあるかもしれません。

ここまでになると職場やグループなどで会話をすることよりも2人だけの時間を作ったほうがより2人の距離が縮まることは間違いありません。

2人での会話の回数が増えたら、ぜひともデートに誘って思う存分話をしてみましょう。

居心地が良くて雰囲気が落ち着く

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、居心地が良くて雰囲気が落ち着くということが挙げられます。

特に会話がなくても2人の間の空気感に居心地が良いと感じたことがある人はいることでしょう。

そうなるとすでに2人の距離はかなり近づいていて、お互いに心が開いている状態です。

何より安心感があることでまるでずっと2人が一緒にいたかのような気持ちになります。

付き合う前にこうした状態になれるとその先も自然な流れで恋愛関係へと進むことは必然です。

お互いの空気感の居心地の良さを感じられる相手はそうそういません。

ぜひ大切にしてください。

スポンサーリンク



友達になった後で急激に距離が縮まる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、友達になった後で急激に距離が縮まるということが挙げられます。

男女の関係はいつどう転がるかは分かりません。

最初から付き合いたいと思う人もいれば、最初は好意がなくても気の合う友達関係からスタートする場合もあるでしょう。

ですが友達関係で過ごすうちに急激に2人の距離が縮まることは多いです。

不思議と同性の友達よりも男女の友達関係のほうが一気に加速して仲良くなる傾向があります。

それは男女の価値観が大きく違うことによりある意味新鮮さがあり、同性よりもお互いに興味を持つ速さが違うことにあります。

そういう時期は2人にとってとても新鮮でただただ一緒にいることが楽しく、友人という関係から恋愛感情へと進むことにもなります。

ただ男女の友情は成立する人と成立しないと考える人もいることから、この時期に進展がない場合はその先へ進むことはないかもしれません。

男女の友達関係はそれを見極める時期となると言えるでしょう。

距離が縮まってボディタッチが多くなる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、距離が縮まってボディタッチが多くなるということが挙げられます。

付き合う前の男女にとってどんどん親密度が増していくとより距離感が縮まります。

そして気が付くと2人の気持ちが近寄れば近寄るほどもっとお互いに近づきたい、と感じるようになります。

その気持ちが肩に手を置いたり、頭をポンポンしたりと2人の距離が縮まるとボディタッチが増えていきます。

付き合う前ですので軽めのボディタッチでそれ以上になることはまずありませんが、ボディタッチが増えることで2人の親密度を測ることができるでしょう。

そんなボディタッチが増えて感じることは「もしかして付き合ってる?」「好きのサイン?」と思うはずです。

ボディタッチはお互いのスキンシップとして意識することが高くなっていきます。

このボディタッチを恋愛テクニックとして利用する人も中にはいます。

ただ純粋にスキンシップとして好きな人に触れたい、という気持ちが起きるのは自然なことです。

相手からのボディタッチが増えてきたら、2人の気持ちが近づいてきていることを感じてみましょう。

喧嘩腰になってもツイツイ気になってしまう

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、喧嘩腰になってもツイツイ気になってしまうということが挙げられます。

いくら仲が良い間柄でも喧嘩をすることはあります。

そして喧嘩腰になってしまったり、実際に喧嘩になってしまったり、その時は「絶交だ」と思うこともあるかもしれません。

数日はもう会わない、と決めていても次第に気になって仕方がなくなるという経験はないでしょうか。

そうなるということはすでにもう相手が気になる存在として自分の中で大きくなっていることに気が付いてください。

気になって好意があるからこそ相手の些細な言葉に傷つき、怒り、とにかく腹が立つかもしれません。

ですが考えてみましょう。

別に何とも思ってない相手に言われたとしたら、そんな気持ちになるでしょうか。

まったく思わないはずです。

好きになっているからこそ喧嘩腰にもなるし、喧嘩をしてしまったら後から後悔もするのです。

このことから、すでに2人の関係は進んでいると言えるでしょう。

スポンサーリンク



別れた後に寂しさが襲ってくる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、別れた後に寂しさが襲ってくるということが挙げられます。

会っているときは特に何も感じていなくても、別れた後にジワジワと寂しくなってきてまたすぐに会いたくなるということはありませんか。

それはもう相手がなくてはならない存在となっている証拠です。

今までさほど好意などは感じていなくて、一緒にいて居心地が良い存在。

それがいつしか自分の中でどんどんと大きな存在に変化している、それは恋愛の自然な流れです。

ですが別れてから寂しさが押し寄せてくるということを感じた人は、意外と自分の気持ちを意識していなかった人かもしれません。

こうして自分の中の変化が相手の存在が大きくなっていることに気付かせてくれるのです。

アイコンタクトが多くなる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、アイコンタクトが多くなるということが挙げられます。

2人の雰囲気がかなり良くなっている状態ではアイコンタクトはどんどん多くなっていきます。

不思議と大勢の中に居るのに目が合う、それは相手が見ていて視線を感じてのこともありますし、自分もつい気になる相手を目で追っているということで目が合うことになります。

アイコンタクトは目で会話する、状態です。

ただ目が合うだけではアイコンタクトとは言えません。

目で会話ができるからアイコンタクトが成立するわけです。

そしてアイコンタクトができるということはもうお互いに何を言わんとしているのかが理解できているということになります。

それほど2人の気が合っていると言えますし、2人の雰囲気はもう周囲にバレているかもしれません。

それほどアイコンタクトは気持ちが通じ合っているということが言えるのです。

スポンサーリンク



好きな人のことについて覚えていることが多い

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、好きな人のことについて覚えていることが多いことが挙げられます。

不思議と好きな人のことは頭の先から足の先まで覚えていることは多いかもしれません。

好みの食べ物はもちろんのこと、自分が言った覚えがないことも相手が覚えていてくれている、そんな場面になったことがある人はいることでしょう。

「え~覚えていてくれたんだ」と嬉しさもひとしおかもしれません。

仲が良くなって会話が多くなると以前の話を後からすることもあるでしょう。

そのときに過去の話題を覚えていてくれると話の盛り上がりがあるものです。

ですが「そんな話したっけ?」となると会話は続きません。

お互いに興味を持つと相手の経験したことや動作もインプットされていき、そのときの話をずいぶん後になってからでもできるのはお互いに興味を持っているという証拠です。

まったく興味のない人のことは覚えていないのに、好きな人のことは覚えていることが多い、それはもう相手との共通の話題を持ちたいと思っている心理になっているということです。

周りから冷やかされるようになる

付き合う前に感じる雰囲気の特徴として、周りから冷やかされるようになるということが挙げられます。

これはもうすでに2人の世界ができ上っている状態といいかもしれません。

2人がコソコソ話していたり、他人が入ることができないようなオーラがあったり、アイコンタクトをして2人で消えてしまっていたり、もうこれは付き合うカウントダウンへと入っている状態です。

そんな2人を見て周囲は「まだ付き合っていないの?」と逆に驚くかもしれません。

まだ付き合っていないのに周りが付き合っているような感覚で2人を冷やかしたりして、周囲から盛り上がっている状況になっていくこともあり得ます。

周囲から冷やかされるようになったら、2人が付き合うことはもう決定でしょう。

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気は?

もう周りが認めている2人の仲。

どう見ても「2人は付き合っているのでは?」そんな雰囲気をすでに醸し出しているかもしれません。

2人にとって周囲にどのような目で見られているのか気になるところです。

では周りは付き合う前の2人にどんな雰囲気を感じているのか紹介していきましょう。

付き合いそうな雰囲気が出ている

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気として、付き合いそうな雰囲気が出ているということが挙げられます。

2人の世界に周りは入り込めなくなっている雰囲気やオーラが漂っていると、付き合うのも時間の問題、そう周囲は感じているかもしれません。

2人でいると近くにいるのか恥ずかしくなるくらいラブラブオーラを放ち、周囲のほうが見ていられなくなっている状態はすでに付き合っているかのような雰囲気です。

また2人もまったく周りの視線など気にならず、まるで誰も居ないかのような世界観を作ってしまっていてはもう周囲の誰も寄せ付けないでしょう。

心を開いて素の自分を出している

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気として、心を開いて素の自分を出しているということが挙げられます。

人はなかなか他人に素の自分を見せることはできません。

とは言っても自分の知らない自分を他人が知っている場合もあります。

そんな自分の素を見せることができる相手は心を開ける相手と言えます。

心を開けるのは相手を信頼している証拠ですし、安心している状態でもあります。

そんな素を出し合っている2人を周囲は見ています。

周囲には見せることがない表情を2人で見せ合っているのを見ると、付き合うのはそろそろかも、という雰囲気に感じさせます。

とは言っても、2人の世界は意外と他人は見て見ぬふりしているのでほどほどにしておきましょう。

2人だけの雰囲気を作り上げていっている感覚

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気として、2人だけの雰囲気を作り上げていっている感覚だということが挙げられます。

2人が揃うと一気に2人の世界感が出来上がります。

それは特に何をしているわけではなくても2人が顔を合わせるだけで独特なオーラを醸し出すのです。

そんなオーラは誰から見ても感じ取ることができます。

そんなスピリチュアリーな才能がない人でも不思議とこの2人の世界観オーラは必ず感じ取れのが不思議なくらいです。

それだけ恋愛に突入するカップルは独特な世界を作り上げていっているということでしょう。

周囲はそれが分かるのでカップルになるのは時間の問題だと気が付くのです。

スポンサーリンク



2人の距離が他の人と比べて近い

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気として、2人の距離が他の人と比べて近いということが挙げられます。

人にはそれぞれパーソナルスペースがあります。

その距離感で2人の親密度が分かるわけですが、あまり親しくない人や好きではないと感じる人との距離はどんどんと広くなっていくわけです。

ですがそのパーソナルスペースを短くできる相手というのはやはり好意を持っている相手と言えます。

つまり心を許していて、さらには安心できる親密度が高い人でなければ近づける距離ではありません。

周囲から見るとその距離感が一目瞭然です。

その距離を見ると2人がより親密な関係だということが分かるでしょう。

良くも悪くも周囲の人を巻き込む

周りから見える付き合う前に感じる雰囲気として、良くも悪くも周囲の人を巻き込むということが挙げられます。

付き合う前はいろいろな不安を感じるものです。

そして信頼できる人に相談をしたりすることでしょう。

好きな人ができると気持ちが不安定になる人もいます。

そんな辛い気持ちを打ち明けたりしながら好きな人と近づいていきたいと思うのが付き合う前の心理状態です。

そうやって周囲を良くも悪くも巻き込みながら2人の距離が縮まっていくのを見ると周囲も感慨深いものがあるでしょう。

付き合う前の雰囲気かどうかをチェックする方法は?

2人はこの先付き合うことができるの?と不安になる人はいることでしょう。

なんとなくいい雰囲気になってきていてもお互いの気持ちはなかなか分かりません。

ここではそんな付き合う前の雰囲気かどうかをチェックする方法を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

過去に付き合った人と雰囲気を比べてみる

付き合う前に雰囲気かどうかをチェックする方法として、過去に付き合った人と雰囲気を比べてみるという方法が挙げられます。

不思議と人は好みのタイプが潜在意識の中にあります。

つまりいつも好きになる人はどこか印象が似ていたり、顔の好みなど過去と似ている場合が多いことがあります。

そしてやはり一番のポイントはフィーリングかもしれません。

そのフィーリングが過去に付き合った人と比べてみるともしかしたら今付き合う前の人と似ていると感じたらその先へ進むこともあると言えます。

まずは過去の恋愛を思い返してみましょう。

今まで付き合ってきた人と付き合う前はどうだったのか、意外と思い出せないかもしれませんが、フィーリングが合ったかどうかは思い出せるのではないでしょうか。

ぜひ過去の恋愛を思い返しながら今の雰囲気が似ているかどうか比べてみてください。

スポンサーリンク



共通点だけでなく自分と違う部分を持っているかどうか

付き合う前に雰囲気かどうかをチェックする方法として、共通点だけでなく自分と違う部分を持っているかどうかという方法が挙げられます。

もちろん共通点が多ければ多いほど自分と相手の価値観が同じという実感があることでしょう。

ですがここで大切なのは、価値観が違う部分を探すということです。

よく価値観が違ったから別れた、というカップルがいますがそれは後日談であり、一緒にいる間は価値観が違って当然です。

そしてその価値観をどう自分の中で折り合いを付けていけるか、ということにつきます。

その中で相手の尊敬できる部分を探すことも重要なポイントです。

尊敬するということは自分の持っていない部分があり、そこに感動するということです。

まったく同じような価値観の人はいませんが、方向性が一緒の人はいます。

ですがまったく違う方向の人といることは自分を成長させてくれることもあり得ます。

何より常に新鮮な気持ちにさせてくれる人は付き合いがいがあります。

ぜひ相手の尊敬できる部分を探して、みてください。

話し方や立ち振る舞いが自分の好みに合っているかどうか

付き合う前に雰囲気かどうかをチェックする方法として、話し方や立ち振る舞いが自分の好みに合ているかどうかという方法が挙げられます。

人は個性が違います。

なのでもちろん考え方が違うのはもちろんですが、話し方に特徴があったり、立ち振る舞いが違うのは当然のことです。

付き合う前にデートをしたりLINEやメールなどでお互いを知ることはそうしたこともチェックしていると言えます。

何回も会いたいという気持ちになるのは相手の話し方や立ち振る舞いが嫌ではないという証拠が挙げられます。

また言葉のチョイスも重要なポイントです。

会話の中で知ったかぶりをしたり、やたらと英語を交えるなど、相手に対して引いてしまうような部分があるとその先へ進むことは考えてしまうこともあり得ます。

そんなことが気にせず会話やデートができるということは大きなチェックポイントとなるでしょう。

このチェックポイントでクリアすることができればその先へ進める相手であるということが言えます。

付き合う前の雰囲気を作る方法は?

付き合う前の雰囲気作りは意外と苦労している人は多いのかもしれません。

自然な流れでデートなどを回数を重ねて行ければよいのですが、並々ならぬ雰囲気作りで相手とのデートをしていると疲れてしまうこともあるでしょう。

ここでは簡単に雰囲気作りができる方法を取り上げてみます。

ぜひ参考にしてみてください。

相手のことを真似してみる

付き合う前の雰囲気を作る方法として、相手のことを真似してみるということが挙げられます。

相手のことを深く知るためには相手を知ること、これに付きます。

真似するといってもあからさまにしてしまうと嫌がる人もます。

まずはとっかかりいとして相手が好きな食べ物を食べてみたり、お気に入りの小物を身に付けてみたり、自分が今まであまり興味を持ってこなかったことを知ってみることで相手の反応も変わってくるかもしれません。

一緒に食事に行って相手の好きな料理を食べることで親近感が沸くことは間違いありませんし、もし何か趣味などがある人であればその趣味について調べたり実際にやってみるなど、共有することができればより2人の距離は近づけます。

あまりわざとらしい真似をするというよりは、相手を知る、ということから始めてみてください。

自分に素直になってみる

付き合う前の雰囲気を作る方法として、自分に素直になってみるということ挙げられます。

好きな人には自分の変な面を見せたくはない、と思うのが普通です。

ですが理想の自分を演技し続けることは難しいことですし、疲れてしまいます。

恋愛では理想の自分を演じる必要はありません。

素の自分を見せて本当の自分を好きになってもらう、それはとても大切なことです。

自分らしさを見せる、つまり自然体の自分になってみることで自分自身にも素直になることができるでしょう。

ですがあまり砕け過ぎた自分を見せると相手に引かれてしまうこともあるので、ほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク



真剣に相談や話を聞いてあげる

付き合う前の雰囲気を作る方法として、真剣に相談や話を聞いてあげるということが挙げられます。

人の話を聞く耳を持っている人は誰からも好かれます。

特に好きな人の話はじっくり聞いてあげることは信頼されますし、心を開いていろいろな話しをしたくなります。

最近は受け身になることが苦手な人が多くなってきました。

自分が自分が、という自我が強い人が目立つようになりました。

ですがしっかりと相手の話を聞ける人は好感が持てますし、そういう人はコミュニケーション能力が高いので一緒にいると気持ちが楽になれます。

好きな人の話を聞くときは、じっくりと頷きながら、まずは話をよく聞いてあげましょう。

最後まで話を聞いて、同調やアドバイスなどをしてあげてください。

そのときは決して相手を否定するようなことは言わないようにしましょう。

付き合う前の良い雰囲気の2人がする話題は?

付き合う前でも良い雰囲気になった2人の会話は周囲が理解できないような2人の世界だけの会話になっていることでしょう。

つまり2人だけの特別な会話になっていると言えます。

では付き合う前の良い雰囲気の2人がする話題を取り上げてみます。

この話をするようになったら2人の距離はかなり近づいています。

ぜひ参考にしてみてください。

近い2人にしかしない話題

付き合う前の良い雰囲気の2人がする話題として、近い2人にしかしない話題が挙げられます。

2人の関係が近くなると2人だけの話題が増えていきます。

2人にしか分からない話題、そして信頼のおける人にしかしないような話が2人の話題にのぼるようになります。

それだけ信頼し合っている関係になっていっていると言えるでしょう。

個人的な話題

付き合う前の良い雰囲気の2人がする話題として、個人的な話題が挙げられます。

個人的な話題はいろいろとありますが、自分のこと、家族のこと、仕事のこと、相手に知って欲しいという気持ちからお互いの個人的な話しをするようになっていくことでしょう。

お互いの個人的な話題は周囲の人には言えるような話ではありません。

それを2人で共有するということは親密度が増していると言えるでしょう。

悩み相談

付き合う前の良い雰囲気の2人がする話題として、悩み相談が挙げられます。

悩み相談までできるようになるとかなりの進展が想像できます。

悩み相談は誰にでもできる話ではできません。

お互いに信頼し合える仲だからこそできる話が悩みなのです。

親密な関係になっていくとどんどん話題は深いものになっていきます。

そうした会話が増えていくのは2人の関係のバロメーターと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

付き合う前は2人の関係の方向性が決まっていく時期でもあります。

2人の雰囲気が良いものなのかどうなのか、当事者にはなかなか分かりようがないかもしれません。

恋愛には答えがないように、付き合う前の2人の状態にもこの先付き合うことができる雰囲気なのか否か明確な答えはないものなのです。

ですがある程度の雰囲気を理解できていればこの先の2人の方向性は見えてくることでしょう。

なんとか良い雰囲気へと導くことができれば2人の距離はどんどん縮まっていきます。

今付き合う前の状態である2人はどのような雰囲気であるのか、ぜひ照らし合わせて2人の雰囲気を良いものへと導いていってください。

【関連記事】

付き合う前のドキドキする瞬間は?

付き合う前に元カノの話をする男性心理は?

初デートでの告白はあり・なし?成功させる場所やタイミングは?

初デートのキスはあり・なし?男性心理や理由を解説!

付き合う前にスキンシップする男性心理は?メリットやデメリットは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク