付き合う前にスキンシップする男性心理は?メリットやデメリットは?

付き合う前 スキンシップ

まだ付き合っていない相手とのデートはとにかくドキドキするものです。

最初はお互いに探り探り会っていても、次第に気ごころが知れてくると男性から突然手を繋がれたり、体に触れてきたり、その行動に困惑したことはありませんか?

男性からのスキンシップは「もしかしてこれって付き合ってる?」といろいろな気持ちが交錯することでしょう。

今回はそんな付き合う前の男性のスキンシップやそのメリットデメリットについて取り上げていきます。

付き合う前にスキンシップするの男性心理

付き合う前なのに男性からスキンシップをはかってくるのは女性には気持ちが揺れ動くばかりです。

どう受け止めれば良いのか分かりませんし、かと言って直接聞くのも怖い…。

ではここではそんな付き合う前にスキンシップする男性の心理を取り上げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分を恋愛対象として見てほしいから

付き合う前にスキンシップする男性心理として、自分を恋愛対象として見て欲しいからということが挙げられます。

女性の心理からすると男性から告白して欲しいものです。

そしてもし男性からのスキンシップをなんとなく恋愛感情かも、として感じ取ってはいます。

感じ取ってはいますが、確信は持てません。

その反対に男性も葛藤しています。

男性は誰でも良いわけではなく、スキンシップをはかるのはある程度気持ちがある女性に対してにしかしません。

ですがそこにはもしかするとそれは恋愛対象なのか、下心かという違いがあることが懸念されます。

女性はそこを見極めることが必要ですが、少なくとも恋愛対象として見ている男性は思い余っての行動としてスキンシップを取ってきます。

女性が自分をその他大勢の中の一人として見ているのかも、というモヤモヤした気持ちを行動に移したのがスキンシップなのです。

もちろん男性みんなが行動に移せるとは限りません。

気持ちを奮い立たせての思い切っての行動であるということを理解してあげましょう。

女性の反応を見て脈あり・なしを見極めている

付き合う前にスキンシップする男性心理として、女性の反応を見て脈ありかなしかを見極めているということが挙げられます。

男性からすると付き合う前にある程度の脈ありかなしかを知っておきたいと思います。

もし何も考えず体当たりすると気持ちが通じるかも、という男性は意外と少ないです。

告白してフラれたときのダメージが大きいことは男性は好みません。

できる限りダメージを受けないためにも脈ありかどうかを確かめるためにスキンシップとして行動に移すことをするのです。

そのスキンシップで相手の反応が良ければ告白のチャンスへとつなげることができる見極めとしていると言えるでしょう。

好意があるから付き合う前にスキンシップしている

付き合う前にスキンシップする男性心理として、好意があるから付き合う前にスキンシップしているということが挙げられます。

ここで女性が知っておくべきことは、あくまでも多くの男性は好意がある女性にしかスキンシップをしないということです。

好意がある女性だからこそスキンシップをはかるのであり、スキンシップを取ることで思いが届いて欲しい、女性との距離を縮めたいとした意図があります。

そしてそのスキンシップは女性だけに向いているのではありません。

他の男性に知らしめるという意図もあります。

自分はこの女性に好意を抱いているので手を出すな、というような心理があるのです。

そのことからも女性に本気で好意を抱いているということが言えるでしょう。

スポンサーリンク



誰に対しても優しい

付き合う前にスキンシップする男性心理として、誰に対しても優しいという人がいます。

どんな人の周囲にも誰にでも優しいという人はいることでしょう。

ですがそんな優しい人は誤解をされることも多いです。

まったく意図もなく、そして悪気もなく、はたまた計算ではまったくないという行動が女性に対するスキンシップとして表れます。

よくボディタッチを何気なくする人がいますが、誰に対しもそのボディタッチができてしまう人がいるのです。

だからと言って特別な関係と考えず、優しい人なので例えば少し高めの階段から降りるときに手を取ってくれたり、男性としてエスコート的なことをするときにボディタッチをしてくることも何気なくしてきます。

女性にとってはなかなかレディファーストの態度をしてくれる男性がいないので勘違いしてしまうかもしれません。

スキンシップするのは普通だと思っている

付き合う前にスキンシップする男性心理として、スキンシップするのは普通だと思っているということが挙げられます。

男性の中には分け隔てなく誰とでもスキンシップを取ることができる人がいます。

例えば帰国子女であったり、育つ環境がスキンシップが普通な生活であったり、それが当たり前として過ごしてきた人にはスキンシップは人と気持ちを通わせるコミュニケーションと考える人もいることでしょう。

海外ではハグやキスはあくまでも挨拶ですし、あくまでも相手とのコミュニケーションです。

日本ではそうした風習はほとんど無いので、男性からのスキンシップはドキドキしてしまうことでしょう。

最初はこのようなスキンシップで女性も誤解してしまうかもしれませんが、女性もこのような男性がいることも頭に入れておいてください。

スポンサーリンク



勘違いしている

付き合う前にスキンシップする男性心理として、勘違いしているということが挙げられます。

お互いに一緒にいるととても楽しく、何回も会っていると別に告白もしていないし付き合ってもいないのに、まるで付き合っているような勘違いをしてしまう人もいることでしょう。

ですが男女の友情とはあると思っている女性も意外といます。

女性は男性を友達や親友と思っていても男性はそうは受け止めていない場合もあるわけです。

勘違いしてしまった男性はハグや手をつなぐことは普通に感じていきます。

またそれを受け入れている女性に対して両想いであると次第に思っていくことでしょう。

そんな気がない女性はまるで同性の親友のように感じている場合もあり、ハグや手をつなぐことはごくごく自然に受け入れていることもあります。

男女の気持ちが交錯していった結果、男性の勘違いを加速させてしまうのです。

付き合っていると勘違いさせてしまうと体の関係を求めてくることも考えられます。

もし女性は好意に気付いて受け入れることがあれば良いですが、そうではないときはきちんと拒否することをしましょう。

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理は?

付き合う前にスキンシップをする男性はどのような心理から女性の身体に触れたいと思うのでしょうか。

またその触れる部分によって気持ちの差はあるのでしょうか。

ここではそんな付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理を取り上げていきます。

思い当たる女性はぜひ参考にしてみてください。

頭を優しく撫でるのは可愛い、守ってあげたい気持ちの現れ

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理として、頭を優しく撫でるのは可愛い、守ってあげたい気持ちの現れということが挙げられます。

人は可愛く愛おしいと感じる対象に手っ取り早くその愛情表現をするときによく頭を撫でることをします。

例えば子犬や子猫などの頭を撫でることをする人は多いことでしょう。

また赤ちゃんや小さな子供の頭をポンポンと優しく撫でることもすると思います。

そして撫でるのと同時にこの愛おしい対象を守ってあげたいという心理状態にもなっているのです。

男性が女性の頭を優しく撫でるのはとにかく可愛く守ってあげたい、そんな気持ちが頭を撫でるというスキンシップで表現します。

特にいつも強がっていたり、弱さを見せないような女性が落ち込んでいたり、急にお茶目な面を見せたときなど、男性は心理的につい可愛く見える女性の頭をポンポンとしてあげたくなります。

顔にタッチするのは好感度が高くキスしたい気持ちの現れ

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理として、顔にタッチするのは好感度が高くキスしたい気持ちの現れであるということが挙げられます。

ただ可愛いと思っただけでは顔にタッチするということはまずありません。

男性が女性に顔タッチするということはかなりの好意を抱いているという心理と言っていいでしょう。

そして高い確率で顔にタッチするという行為はキスをしたいという気持ちがあります。

女性にとっても顔に触れられただけでもドキドキですが、男性もその気持ちを抑えられずに少しでも触れて近寄りたいという気持ちの現れでしょう。

スポンサーリンク



肩に手を置くのはスキンシップしてもOKか確認している

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理として、肩に手を置くのはスキンシップとしてもOKか確認しているということが挙げられます。

よく肩などにボディタッチする人がいますが、それは肩だから許されるであろうという心理があります。

男性が女性の肩に手を置くことも肩だから許されるという気持ちと共に、スキンシップをして受け入れてもらえるかどうかを確認したいという気持ちがあるためです。

女性に好意を持っているけれどいきなり頭をポンポンする

手にタッチするのは手を繋ぎたい気持ちの現れ

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理として、手にタッチするのは手を繋ぎたい気持ちの現れということが挙げられます。

手にタッチするようなスキンシップをするのも男性がかなり好意を持っている現れと言えるでしょう。

手を繋ぐと2人が常に一緒にいるということが実感できます。

そのことからも隣を歩く好意ある女性の手に触れたいと思うことは自然な流れと言えます。

手をタッチすることで手を繋ぐ前触れである、という認識を女性に持たせたいと思っています。

意外と手は簡単に繋げると思えるかもしれませんが、手を握るのは相当な勇気を持たなければできないことなのです。

もし手を握って手を振りほどかれたり、嫌がられるのではないかという気持ちにもなります。

手を繋いで女性が振りほどかなければ女性も悪い気がしていない証拠と言えるので脈ありと判断できるかもしれません。

女性もドキドキしながら手を繋いでいることは想像できます。

手をタッチしてくるスキンシップはかなり好意を持たれていると女性は認識して良いでしょう。

腰にタッチするのは下心の現れ

付き合う前にスキンシップする体の部分別男性心理として、腰にタッチするのは下心の現れということが挙げられます。

腰にタッチしてくるスキンシップはかなりの下心のある行為であり、性的な気持ちの現れであると言えます。

また腰に手を回してくるような男性は好意を持っているというよりも女性として見ているという傾向があります。

これは他の部分を触るより純粋さはあまりない心理かもしれません。

もし女性は腰にタッチされたときはどのような対処をするか考えておくべきでしょう。

付き合う前のスキンシップのメリット

付き合う前のスキンシップのメリットはあるのでしょうか。

実はそのスキンシップによって相手が自分に好意があるのかないのか、ということが認識できるかもしれません。

またスキンシップの部分によっても男性の心理が垣間見れることから、付き合う前のスキンシップはある程度の男性との関係との目安になります。

ここではそんな付き合う前のスキンシップのメリットを取り上げていきます。

自分に対する好意を確認できる

付き合う前のスキンシップのメリットとして、自分に対する好意を確認できるということが挙げられます。

男性が女性の身体に触れてくる、これは女性としては意識せずにはいられません。

なぜならスキンシップは好きな人とすることが当たり前のことだからです。

もちろんそういう関係性ではない場合もありますが、やはりスキンシップは男性からのアプローチと受け取ることができるでしょう。

立場を下げずに自分の好意を伝えることができる

付き合う前のスキンシップのメリットとして、立場を下げずに自分の好意を伝えることができるということが挙げられます。

立場とはいったいどういうことかと言うと、女性は自分よりもステータスが上の人を求める傾向があることから尊敬できる相手であると立場が上であると感じることができます。

そのことからも男性は女性よりも立場が上であるということ知らしめることが必要であり、それを維持しながらアプローチすることがなにより大切です。

ですが男性は必死なアプローチをすると女性が優位になることは目に見えています。

つまりそれでは立場を下げてしまうことにもなり兼ねないのです。

そうならないためにはアプローチしているという相手に見え見えの行為は避け、スキンシップ程度にとどめておくほうが立場を落とさず好意を伝えることができるということです。

それはなかなか難しいことではありますが、女性にとってはスキンシップは特別なことと考える人が多いのでこのチャンスを逃さないように男性はしていきましょう。

付き合う前のスキンシップでドキドキした気持ちになれる

付き合う前のスキンシップのメリットとして、付き合う前のスキンシップでドキドキした気持ちになれるということが挙げられます。

思いもよらず相手からのスキンシップはドキドキするものです。

そしていろいろなことを考えることでしょう。

もしかして「アプローチされてる?」「好意を持たれてる?」と頭の中はグルグルと思いが巡ります。

そしてその先を想像せずにはいられません。

そうなると意識して見てしまうことから、付き合う前のスキンシップは何かしらの影響を与えることでしょう。

スポンサーリンク



スキンシップでお互いの関係を進展させることができる

付き合う前のスキンシップのメリットとして、スキンシップでお互いの関係を進展させるということが挙げられます。

恋愛はお互いの気持ちが大切です。

そのことからもお互い探り合いとなってきます。

だんだんとその探り合いが停滞していき、なかなか進展することができなくなるのです。

スキンシップはその停滞を促すことができることができる方法と言えるのです。

例えば二人で会って歩いているときに何気なく手を繋いでみたり、女性が可愛いく見えたときに頭をポンポンとするだけで女性の気持ちは一気に動くことに成功するかもしれません。

そして女性の気持ちをより意識させることができることもできます。

お互いの関係を進展させるためにもスキンシップはエッセンス的な作用をしてくれるかもしれません。

男性からスキンシップされることでリードしてくれると感じる

付き合う前のスキンシップのメリットとして、男性からスキンシップされることでリードしてくれると感じるということが挙げられます。

女性のほとんどは男性にリードして欲しいと思っています。

付き合う前のスキンシップは前段階です。

スキンシップをどんどん重ねていくと女性の中の気持ちはある程度男性の好意を認識させることができるようになります。

つまり男性リードで女性の気持ちを確信へと変えていくことができるということです。

女性にも好意があればすんなりとその過程はうまくいくはずです。

男性のスキンシップがもしキスまでに繋がるとすでに女性の気持ちは付き合っている状態へと変えていくことできることでしょう。

常に男性主導であると女性はそれに従っていくことができるのでリードされていると安心することができます。

付き合う前のスキンシップのデメリット

付き合う前のスキンシップはメリットばかりではありません。

デメリットがあるからメリットがあるわけですが、ここではそのデメリットを取り上げていきますので、ぜひデメリットを知ってメリットへとつなげていきましょう。

付き合う前のスキンシップで下心を感じさせてしまう

付き合う前のスキンシップのデメリットとして、付き合う前のスキンシップで下心を感じさせてしまうということが挙げられます。

いくら2人の距離が近くに感じるとは言ってもまだ付き合う前です。

付き合う前には女性の心はまだ不安でいっぱいな時期です。

そんなときにスキンシップが多いと女性には下心として感じることもあるでしょう。

男性の好意は感じてはいるものの、その好意を素直に受け入れることができなくなるということもあるのでスキンシップはほどほどにしておくべきかもしれません。

スキンシップを受け入れることで「軽い女」と思わせてしまう可能性がある

付き合う前のスキンシップのデメリットとして、スキンシップを受け入れることで「軽い女」と思わせてしまう可能性があるということが挙げられます。

女性にとって相手を受け入れるということはそれなりに自分を正当化したいと思っています。

つまり男性のスキンシップによって相手の気持ちを受け入れるということは確信を持って受け入れたいという気持ちがあります。

その中でもしスキンシップによって相手の気持ちに確信を持てずに体の関係になってしまうことなどは許しがたいことなのです。

体の関係になって相手の手中に落ちてしまった、となると軽い女と思われてしまうのではないか、と後悔の念を持つことにもなり兼ねません。

男性にとってはそう思わせることはチャンスであると思うかもしれませんが、女性にとってはデメリットとして感じることもあるということです。

スキンシップを受け入れないと嫌われると思い込んでしまう

付き合う前のスキンシップのデメリットとして、スキンシップを受け入れないと嫌われると思い込んでしまうということが挙げられます。

女性が男性に少なからず好意を持っているとすると、男性からのスキンシップを受け入れないともしかすると嫌われてしまうのではないか、と不安な気持ちにさせることにもなり兼ねません。

人には個人差があるので、スキンシップをされることが嫌な人もいます。

体にボディタッチされることが苦手な人がいるので、男性は女性の性格を見極めてからスキンシップすることも大切です。

付き合う前のスキンシップでの注意点

付き合う前のスキンシップでの注意点を知ることで対処の仕方も分かってきます。

女性は特に注意点を理解し参考にして男性との距離の取り方もぜひ学んでいきましょう。

触われるのがイヤな場合はNOを言う

付き合う前のスキンシップでの注意点として、触られるのがイやな場合はNOを言うということが挙げられます。

男性からのスキンシップを嬉しく感じる女性もいれば、不快に感じる女性も当然いることでしょう。

もし好意を持っている男性にスキンシップをされて受け入れることができれば良いですが、それでもあまり触られることに抵抗がある女性もいます。

スキンシップに不快を感じるようであればNOと言う勇気も必要です。

はっきり言わなければ男性は女性が受け入れてくれていると感じもっとスキンシップをはかってくることでしょう。

女性はNOと言える勇気もときには必要です。

スキンシップのやりすぎは「軽い女」と思われてしまう

付き合う前のスキンシップでの注意点として、スキンシップのやりすぎは「軽い女」と思われてしまうということが挙げられます。

スキンシップは男性からとは限りません。

当然女性も好意のある男性にはスキンシップをすることでしょう。

ですがここで注意すべきことは、好意があまりない相手にもボディタッチをするようなスキンシップはするべきではないということです。

多くの男性は女性からのボディタッチにドキッとするものです。

過度にスキンシップとしてボディタッチなどをしていると誰にでもしているのか、と「軽い女」に思われてしまう可能性もあります。

それによって体の関係を求めてくる男性もいることもあり得ます。

女性からのスキンシップはコミュニケーションとして効果的ではありますが、ボディタッチをすることは過度にはしない方が良いかもしれません。

スキンシップに流されてエッチしてしまわないようにする

付き合う前のスキンシップでの注意点として、スキンシップに流されてエッチしてしまわないようにするということが挙げられます。

スキンシップによって2人の距離が近づき、それによって流されるようにエッチしてしまった経験のある人はいないでしょうか。

もしかするとエッチしたことで2人は付き合うのではないか、とどこか思うことはごくごく自然なことではありますが、まずは流されてしまう前にちょっと立ち止まってみてください。

いくら気持ちが盛り上がっていても付き合う前のエッチはとても危険なことです。

スキンシップだけでエッチをしてしまうことは後から後悔することにもなり兼ねません。

女性はリスクを考えて男性と付き合うことを考えましょう。

付き合う前のスキンシップはどこまでOK?

では女性は男性からのスキンシップをどこまで受け入れることがOKなのでしょうか。

女性にも考え方に個人差があります。

ましてや付き合っていない男性からのスキンシップですからどこまで受け入れて良いものなのかも考えてしまうことでしょう。

ここではそんなスキンシップを取り上げていきますので、自分はどこまでOKであるのか参考にしながら考えてみてください。

手を繋ぐ

付き合う前のスキンシップとして、まずは手を繋ぐということが挙げられます。

ただ手を繋ぐだけであれば受け入れやすいスキンシップでしょう。

お互いに好意があることを感じているとなんとなく、そしてどちらからともなく手を繋ぐことはごくごく自然なことかもしれせん。

女性にとっても手を繋ぐというスキンシップに抵抗がある人は少ないことでしょう。

ただ注意すべき点は、手の繋ぎ方です。

いわゆる“恋人つなぎ”は2人の関係を飛躍させる可能性があります。

恋人つなぎは親密な関係にさせることからも気を付けるべきでしょう。

ハグ

付き合う前のスキンシップとして、ハグが挙げられます。

ハグは最近ではある程度のコミュニケーションを取るシチュエーションです。

ですがそのハグのコミュニケーションでOKなのは軽めのハグである場合でしょう。

しっかりと抱き合うようなハグはその先へ進んでしまうこともあり得ます。

女性はしっかりと抱きつくようなハグは避け、軽めのハグ程度にしておくことが無難でしょう。

キス

付き合う前のスキンシップとして、キスが挙げられます。

女性の多くは付き合う前であっても意外とキスはOKという人がいます。

もちろん好意があり、付き合いたい、または付き合ってもいいという相手に限られますが、気持ちが傾いていればキスは受け入れられる人は多いのです。

ただキスをしてしまうと男性に対する思いは加速することもあるでしょう。

キスをスキンシップとしてOKだとする女性はあくまでも自分次第です。

後悔しないようスキンシップを取るように心がけていきましょう。

身体の関係

付き合う前のスキンシップとして、身体の関係が挙げられます。

いくら信頼している相手でも部屋に誘われたり、そこから身体の関係になることは時期尚早です。

身体の関係になるのはノリであることも多々あります。

ですが一度関係を持ってしまうと、その後は身体だけの関係になるということも無きにしも非ずです。

まだ付き合う前の関係ではできる限り相手の部屋へ簡単に行ったり、身体の関係を持つことは避けるべきでしょう。

女性は自分の身は自分でしか守れないということをつねに感じて過ごしてください。

付き合う前のスキンシップでお互いの距離を縮める方法

スキンシップによってお互いの距離を縮めることは双方の受け止め方次第でしょう。

またその受け止め方によって今後の2人の在り方を決めると言っても過言ではありません。

ここでは付き合う前のスキンシップでお互いの距離を縮める方法を紹介していきますので参考にしてぜひ2人の距離を縮めていってください。

スキンシップされて嬉しいときは気持ちを伝えて受け入れる

付き合う前のスキンシップでお互いの距離を縮める方法として、スキンシップされて嬉しいときは気持ちを伝えて受け入れるということが挙げられます。

意中の男性にスキンシップをされるとドキドキするのと同時に嬉しさを感じる女性もいることでしょう。

2人の距離を縮めたいときはその嬉しさを直接相手に伝えてみることをしてみてください。

男性はよほどの勇気を振り絞ってスキンシップしています。

そんな男性に嬉しい気持ちや自分の気持ちを伝えることで男性からの告白を得ることもできるかもしれません。

なかなか告白できずにいる男性にチャンスを与えてあげることも大切です。

彼の身体を褒めて二の腕にタッチする

付き合う前のスキンシップでお互いの距離を縮める方法として、彼の身体を褒めて二の腕にタッチをするということが挙げられます。

特に鍛えている男性であれば身体を褒められることは何より嬉しいことです。

身体を鍛えている男性は二の腕の力こぶに自信もあることでしょう。

女性から身体を褒められると鍛えていることへの喜びも感じますし、好意を持っている女性から二の腕にタッチされて褒められると嬉しさで舞い上がってしまうかもしれません。

もし相手の男性が身体を鍛えて自信を持っている人である場合は、筋肉にボディタッチすることもしてみてください。

自分から腕を絡めてみる

付き合う前のスキンシップでお互いの距離を縮める方法として、自分から腕を絡めてみることが挙げられます。

いつもは男性からスキンシップを取られていてドキドキしている女性は今度は自分からボディいタッチをしてみましょう。

女性側から腕を絡めてみるのです。

いきなり後ろから腕を絡まれて男性は驚きと嬉しさで舞い上がってしまうのは間違いありません。

男性の気持ちに拍車がかかることでしょう。

これをきっかけに男性からの告白もある可能性もあるので、女性はぜひ2人の距離を縮めることを女性側からもしていってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スキンシップは2人の関係を動かすために大切なコミュニケーションです。

不器用な男性はなかなかスキンシップを取ることが苦手かもしれません。

ですが女性は男性からのアプローチを待っています。

男性は不器用だからこそ不器用なりのスキンシップで女性の心を動かすことができることもあるのです。

ぜひ男性は2人がより近づけるようにスキンシップをしてみてください。

そして女性はそんな男性の勇気を汲み取ってあげましょう。

【関連記事】

付き合う前の食事で男性・女性が見ているのは?マナーや成功させるポイントは?

付き合う前にホテルに誘う男性心理は?本気か知る方法は?

付き合う前に会う頻度は?学生や遠距離恋愛の場合は?

付き合う前はどこまでOK?手を繋ぐ・ハグ・キス?

付き合う前にドライブに誘う男性心理は?見極め方や誘われたときの対処法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク