付き合う前が楽しい!特徴や瞬間や理由は?

付き合う前が楽しいのはなぜでしょうか。

付き合う前の友達関係でうまくいっていたはずなのに、恋愛感情を持った途端にその楽しい関係が辛くなってしまうのはなぜ?好きになってはいけないの?

そんな関係になったことはありませんか。

お互いの気持ちはなんとなく分かっているのに、付き合う前の楽しい時間が永遠に続けばいいのに、と思うことでしょう。

今回はそんな2人の付き合う前の楽しい特徴や理由を紹介していきます。

付き合う前が楽しい2人の特徴

なんとなくお互いの気持ちには気づいているのだけれど、この楽しい時間をもう少しんでいたい、そう思えるのはすでに2人の距離が近づいている証拠です。

付き合う前が一番楽しい時期はなんて楽しいのでしょうか。

ここではそんな付き合う前が楽しい2人の特徴を取り上げてみます。

LINEの内容が恋人みたい

付き合う前が楽しい2人の特徴として、LINEの内容が恋人みたいということが挙げられます。

とにかく楽しい時期は何をしても楽しいものです。

そしてLINEのやり取りも待ってましたとばかりにすぐに返事がきます。

既読スルーなどのようなことは絶対にあり得ません。

返事をしようとすると相手から被るくらいの速さで返事がくるので休む暇がないくらいですが、それも楽しいと感じるくらいです。

この時期にどんどん相手のことを知ることができるとその先付き合ってもうまくいくことでしょう。

ぜひ2人の時間を楽しんで、お互いを知り尽くしましょう。

2人きりで楽しく話をしている

付き合う前が楽しい2人の特徴として、2人きりで楽しく話をしているとうことが挙げられます。

付き合う前の2人には何を話しても意気投合し話題が尽きません。

まるで友達との会話が永遠と続くような感じのイメージです。

この時期の2人の会話は肯定し合うことができるので楽しく話ができるのです。

つまり相手のことを決して否定しないということです。

想像してみてください。

カップルの会話はだんだんお互いを尊重することができくなっていきます。

相手に求めるものが多すぎることが原因であるわけですが、依存していることが2人の関係性を変えてしまいます。

次第に2人の関係性は否定し合うことになっていきます。

それが付き合う前であるとそのようなことがないのでくったくなく楽しく話すことができるのです。

話をしていなくてもアイコンタクトで気持ちが通じている

付き合う前が楽しい2人の特徴として、話をしていなくてもアイコンタクトで気持ちが通じているということが挙げられます。

すでの付き合うまでもそれなりにお互いの気持ちに気付いていますし、気持ちが通じ合っていることもあり、ついついお互いを目で追ってしまうことでしょう。

もちろんお互いの目線を意識していることもあり、目が合うことはごくごく自然な流れです。

そこまでいくとアイコンタクトをすることも必然です。

相手の目で言わんとしていることも感じ取れるようになってきます。

そんな関係になれると気持ちはウキウキしてくることでしょう。

お互いの視線がぶつかったとき、幸せを感じることは間違いありません。

スポンサーリンク



「好き」「愛している」と甘い言葉を使う

付き合う前が楽しい2人の特徴として、「好き」や「愛している」という甘い言葉を使うことが挙げられます。

「そんなの、付き合っても言えるのでは?」と思った人は大きな勘違いをしているかもしれません。

確かにカップルになって甘い言葉を言い合える人もいますが、意外とカップルになってしまうと言わなくなる人が多いのです。

付き合う前だからこそ甘い言葉が言えるのです。

またこの期間だからこその最大限のアピールができると言っても良いでしょう。

付き合う前の一番楽しいときだからこそ、盛り上がっているこの時に甘い言葉が自然と口から出てきます。

思い切り甘い言葉に酔ってみるのも良いかもしれません。

付き合う前が楽しいと感じる瞬間

付き合う前というのはいろいろな妄想を駆り立てます。

デートをしている場面やキスをするなどの妄想が止まらないかもしれません。

そんなドキドキは付き合う前だからこそ味わえるものです。

ここではそんな付き合う前が楽しいと感じる瞬間を紹介します。

付き合うことを想像しているとき

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、付き合うことを想像しているときではないでしょうか。

付き合う前は想像力が掻き立てられます。

もし2人が付き合ったらどんなデートをして、どんな会話をするのか、と考えるだけでワクワク感が止まりません。

もしかすると付き合う前の想像は良いことしか思い浮かばないかもしれません。

ですがその想像は自分の理想の恋愛です。

想像上の恋愛は喧嘩したり、相手を疑ったり、悪いことは何一つ浮かぶことはありません。

付き合う前はすべてがうまくいくと思えるものです。

楽しい時期は何もかもが薔薇色です。

この時期はぜひ存分に想像して頼んでみてください。

デートが楽しい

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、デートが楽しいということでしょう。

お互いに意識しつつデートをしていると恋人気分にはなっています。

ですがまだ恋人未満の状態です。

そんな恋人未満のデートはお互いを思いやりつつ、けれど大胆になることができるのです。

恋人になってしまうとできないことが付き合う前であるとできてしまうことがあります。

付き合ってはいないけれど恋人気分で手をつないだり、抱きついたり、本当の恋人以上にじゃれ合うことがなぜかできてしまうのが付き合う前です。

はめをはずしてデートできる付き合う前だからこそたくさん恋人気分を味わうことができます。

恋人になってしまうといろいろな気持ちが交錯し合い、それがお互いを傷つけあうなどしてしまうことで関係が壊れることもあるのです。

ですが付き合う前はそうした駆け引きや探り合いがない分、ナチュラルなデートができるでしょう。

スポンサーリンク



デートのお礼をしてくれる

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、デートのお礼をしてくれることもあるでしょう。

付き合う前は何の駆け引きもなく接することができます。

その関係をずっと続けていけることは何よりも嬉しいことなのですが、人の感情はそうはいかないものです。

デートをしたらお礼をしたりされたり、お互いの気持ちが交錯していますが、とても前向きな状態です。

デートの後は必ずお礼のメールを入れたり、お互いを思いやることができると精神面でも大人になることでしょう。

美味しそうに食事をしてくれる

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、美味しそうに食事をしてくれるということでしょう。

初めから好きだというお互いの認識をしている状態で食事に行くときは、女性は食事が喉が通りません。

このとき女性は胸がいっぱいになっているのですが、それ以上にたくさん食べる女だと思われたくないと控えめな感情もあります。

ですがまだ友達関係からスタートした2人にとっては食事は楽しく過ごせる時間です。

気兼ねなく食べて、さらにモリモリ食べ、そして何でも美味しそうに食べる姿は見ていて気持ちが良いですし、とにかく楽しいです。

すぐお腹いっぱいと言って箸をおいてしまう人よりもお腹いっぱい食べる姿に好感が持てることでしょう。

見つめ合う・気持ちが通じる瞬間がある

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、見つめ合う、気持ちが通じる瞬間があるということでしょう。

付き合う前というのはお互いをつねに意識している状態です。

そして相手のことが気になるあまり相手に気付かれないようにいつも目で追ってしまうのです。

視線に気付いて目を向けると目線が合うのはそのためです。

ですがいざめが合うと視線を外されてしまうかもしれません。

相手は見るともなく見ているので意識していない状態です。

そこへ目線が合うと驚きと恥ずかしさで我に返って目線を外してしまいます。

そんなことが繰り返されるうちに今度は意識して相手を見るようになっていきます。

まるで相手が見ていることに気付いて欲しいと言わんばかりの心理状態へと変化していきます。

そういう心理に変化していくことで付き合う前はもっと気持ちが通じ合っていくことでしょう。

スポンサーリンク



手を繋いだりキスするかもしれなくてドキドキする

付き合う前が楽しいと感じる瞬間として、手を繋いだりキスするかもしれなくてドキドキするということがあるでしょう。

付き合う前なので手を繋ぐことなどしたくても絶対にできません。

何の意識もないほうが意外と手を自然に繋いだりじゃれ合ったりできるものなのです。

相手が好きだという意識があるからこそドキドキが加速していきます。

付き合う前に手を繋ぐ行為は決断が必要なのです。

意識して手を繋ぐことでより相手にこの気持ちが通じて欲しいという心理もあります。

手を繋ぐことも決断が必要なのにキスすることなどドキドキしてすることができません。

キスしてしまうと相手に誤解を誤解させるのではないか、はたまた気持ちがはっきりと通じるのではないか、といろいろな気持ちが交錯するに違いありません。

付き合う前はいろんな思いでいっぱいになることが多いのでつねに意識せずにはいられないでしょう。

付き合う前が一番楽しいと感じる理由

付き合う前が一番楽しいと感じる理由は一体何なのでしょうか。

それは例えば何かイベントがあると決まったらそのイベントの日はもちろんですが、その日までの日々や準備が楽しいと感じることにも似ているかもしれません。

人はその過程を楽しむことをすると充実感を味わうことができます。

付き合う前が2人にとって充実な期間とも言えるでしょう。

ここではそんな付き合う前が一番楽しいと感じる理由を探っていきましょう。

別れるのがイヤだ・付き合うのがめんどくさい

付き合う前が一番楽しいと感じる理由として、別れるのがイヤだ、付き合うのがめんどくさいということが挙げられます。

付き合う前にいい雰囲気になっていて確実に両想いだ、と確信が持てるようになってくると次の告白して付き合う段階へと進むのは自然な流れです。

ですがそれはお互いに両想いという確信があっても想いは違う方向へ向かっていることもあるのです。

確かに好きでずっと一緒に居たい、という気持ちは一緒です。

なのに本格的に付き合うということは躊躇する人がいます。

それは付き合ってしまうとその先は見えてくることもあるからなのです。

また付き合うという定義が人によって違うこともあります。

付き合って幸せな気持ちになるのは当然のことなのですが、付き合うことで嫌な思いをしたり歯車が狂ってくることがあることを敬遠する人もいます。

恋愛に対する極端な思い込みが恋愛のそれ以上に踏み込むことを思い留ませるのです。

両方の思いがぶつかりつつも、お互いが噛み合うのは意外と大変なことなのかもしれません。

スポンサーリンク



過去の交際にイヤな思い出がある

付き合う前が一番楽しいと感じる理由として、過去の交際にイヤな思い出があるということが挙げられます。

付き合ってその先に別れありきで考える人は過去に痛い恋愛を経験していたりトラウマがある傾向が見られます。

過去の苦い思い出はその人の未来にも影響する場合があるのです。

つまりトラウマというキーワードがいつも付きまとい、付き合う前の楽しいひと時にさえいつもトラウマがいろいろな思いを躊躇させます。

多くの人は今が楽しくそれを未来に繋げたいと思うのですが、一度辛い思い出に見舞われた人はそれが払拭されなければいつまでも影響されてしまいます。

もし相手のそうした思いに気が付いたら、今のこの状態の先にもっと楽しい充実した世界が広がっていることを感じさせてあげることも必要です。

そしてそのトラウマを一緒に乗り越えるつもりで付き合うことに繋げることが大切でしょう。

人の想いは一筋縄ではいきませんが、そうした問題も付き合う前に解決しておきましょう。

恋愛をゲーム・駆け引きだと思っている

付き合う前が一番楽しいと感じる理由として、恋愛をゲームや駆け引きだと思っているということが挙げられます。

恋愛をゲームや駆け引きという感覚でいる人はあまり真剣に恋愛を捉えてないひとかもしれません。

まだ付き合ってはいなくてもそれなりに付き合う前の楽しい時間でお互いの意思確認をしていくことになります。

それがゲーム感覚で楽しんでいるのだとすると、一人だけに絞って付き合うきが無いかもしれません。

そして付き合う前から駆け引きをするのは相手からアクションを起こさせる心理があるとも言えますが、相手からの行動を待っているようではなかなか先へは進まないということもあり得るわけです。

もし相手が楽しい時間をゲーム感覚で過ごしていると気付いたときはその真意を問いてもよいかもしれません。

付き合う前の時間があまりにも長く続き過ぎてしまったとき駆け引きに出ることもしても良いでしょう。

女性は特に他の男性と仲良くしてみたりして相手の気持ちを焚きつけることをしてみるとゲーム感覚からその先へ進むこともあり得ます。

スポンサーリンク



恋愛に対する自信がない

付き合う前が一番楽しいと感じる理由として、恋愛に対する自信がないということが挙げられます。

恋愛に対する自信がないのは多くの人が抱えている感覚です。

最初から恋愛がうまくいくとは思っていないのが現実です。

そうであるならば付き合う前が一番楽しく感じるのはもっともなことなのです。

それは付き合う前というのはしがらみが一切なく楽しむことができるからです。

しがらみというのはお互いの思いをせき止めたり、邪魔をしたりします。

つまり恋愛が辛くなるのはそうしたしがらみのせいもあります。

多くの恋愛を経験して人であればそれも受け止められますが、恋愛経験が少なければ少ないほどしがらにに対する免疫は備わっていません。

ですが付き合う前はお互いの思いだけで楽しむことができ、束縛などもなく屈託なく接することができるため楽しいと感じることは当然のことでしょう。

自分の勝手なイメージで恋愛ができる

付き合う前が一番楽しいと感じる理由として、自分の勝手なイメージで恋愛ができるということが挙げられます。

恋愛に対するイメージは多くの人がある程度頭の中に漠然と思い巡らせていることでしょう。

それは決して悪いことではありませんし、自由な感覚です。

よく妄想や空想が好きな人がいますが、恋愛も相手とこうなりたいな、きっと相手はこんな恋愛をしていくだろう、と想像力を持っているうちはとても楽しいものです。

付き合う前は意外と先入観なしで相手を見ることができるのでそのイメージもあながち遠からずということになるかもしれません。

付き合う前というのは想像力もそうですが観察力もある時期です。

好きになっていれば相手をもっと知りたい、もっと見ていたいという思いが強くなります。

そしていろいろな思いを巡らせていくこともしていくと思います。

ですがそれはあくまでも自分の中だけの勝手なイメージですし、それを相手に押してつけることはしないでおきましょう。

付き合う前の楽しさを持続させるために

この付き合う前の楽しさを持続させたい、もし付き合ったとしてもこんな風に楽しくしていきたいと思うことでしょう。

付き合う前というのはそれほど充実した時間です。

ではもっと充実させていけるにはどうするべきでしょうか。

ここではそんな付き合う前の楽しさを持続させるためにどうするべきか紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

付き合う前に相手との相性を見極めておく

付き合う前の楽しさを持続させるためにするべきこととして、付き合う前に相手との相性を見極めておくということが挙げられます。

これはとても大切なことですし、それが可能なのはこの付き合う前の時期だからこそです。

付き合う前に相手の多くを見ることで2人の未来がある程度は分かってくるはずです。

相手の癖や性格も見えてくることでしょう。

自分が見極めている間にも必ず相手も自分を見極めているはずです。

この付き合う前にお互いのすべてを見せ合うことでカップルになれるか否かが決まります。

恋愛は好きだという気持ちだけでうまくはいかないことがたくさん出てきます。

付き合う前はそれを見極めることができる与えられた時間です。

ぜひこの期間を無駄にせず、お互いを知っていきましょう。

付き合うと倦怠期が訪れるのを理解しておく

付き合う前の楽しさを持続させるためにするべきこととして、付き合うと倦怠期が訪れるのを理解しておくということが挙げられます。

不思議と付き合う前はあんなに倦怠期などなくとにかく楽しいことばかりだったのに、付き合ってしばらくすると倦怠期が訪れるのはなぜなのでしょうか。

いざ付き合って深く相手を知れば知るほど付き合う前よりもっと多くのことを知ることになります。

つまりほとんど付き合う前に理解したと思っていたことはごくごく一部だということを認識しておくべきでしょう。

そして付き合う前に実際ほとんどのことを知っていたのは本当だとしても、時間は現在進行形です。

新たな問題やしがらみが出てくるのは当然です。

それは人と付き合っていくという現実に直面することによって高いハードルとなることもあるのです。

付き合う目はお互い思いが通じ合っていたはずなのに、それが一方通行になってしまっていると感じるのは自然な流れですし、気兼ねなくお互いに接することができたのにそれも躊躇する自分に気付いたらそれは倦怠期が訪れた証拠です。

ですがそれに決して悲観せず、むしろ2人の関係性が進んでいることを実感していきましょう。

付き合うと嫉妬や束縛が強くなることを自覚しておく

付き合う前の楽しさを持続させるためにするべきこととして、付き合うと嫉妬や束縛が強くなることを自覚しておくということが挙げられます。

これはごくごく自然な心理状態と言えるかもしれません。

付き合う前というのはお互いにテンションが高くなっている状態です。

そんな時期は何かと見えるはずのものも見えていないことがあります。

付き合う前の楽しいことばかりがすべてであるという誤解が生じているのもいたしかたありません。

そんな状態からいざ付き合ってみると急に冷静になりテンションは落ち着くことになります。

冷静になると多くのことが見えてきます。

お互いが自分のものとなったという気持ちが切り替わることで嫉妬や束縛が生じるのです。

つまりお互いを独占することができるカップルになったからこその悩みが持ち上がってくるということでしょう。

そうなってしまうと嫉妬や束縛は加速する場合があります。

付き合う前はお互いが異性と会話をしていたり遊びに出かけることなど許せていたのがそれができなくなっていきます。

なぜ付き合う前はあんなに許せる心があったのに、いざ付き合うとこんなにも許せなくなるのかと自分に対し嘆くこともあるでしょう。

それも恋愛が投げ込んでいるカップルの試練と言えるのかもしれません。

その試練があるからこそ乗り越えていけることも知りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

付き合う前の“超”が付くほどの楽しい日々はあっという間に過ぎていきますし、毎日充実しているに違いありません。

ですがなぜ付き合ってしまうとあの楽しい日々はなんだったのか、と嘆くこともあるでしょう。

それは決して今が楽しくないわけではありません。

お互いの立場が付き合う前と後で気持ちが変化するとのは仕方がないことなのです。

そして必ず恋愛は現在進行形です。

付き合う前の楽しい時期にばかり思いを馳せてしまうことは今の自分たちを否定することにもなり兼ねません。

それよりも常に前向きで付き合う前よりも楽しい自分たちになろうと気持ちを切り替えることが大切です。

また現在付き合う前の楽しい時間を過ごしているみなさんはぜひこの記事を参考に恋愛を充実させていきましょう。

【関連記事】

付き合う前の旅行はOK?誘う男性心理は?対処法やお泊りの場合の対処法

付き合う前のハグの男性心理は?女性からはOK?Goodなタイミングは?

付き合う前の恋人繋ぎはあり?男性心理や盛り上げる方法やシチュエーションは?

一目惚れされた!男性心理や行動・女性の特徴や付き合うメリットは?

【手を繋ぐタイミング】付き合う前のデート・一緒に歩いているときは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク