強がりな人の心理・特徴は?原因・接し方・止める方法は?

あなたの周りにも、おそらく1人はいるであろう、「強がりな人」。

強がりなことは別に珍しいことではないため、もしかしたらあなた自身が強がりな人という場合もあるでしょう。

強がりなことは、必ずしも悪いことではありません。

しかし、あまりにも強がりな人は短所としてとられてしまうこともあります。

そもそも、どんな人のことを強がりな人と言うのでしょうか。

ここでは、強がりな人の心理や特徴、接し方の他、強がりを止める方法について紹介していきます。

周りに強がりな人がいる、もしくは自分自身が強がりだという人、必見です。

強がりの意味

強がりな人

まずは、「強がり」の意味から見ていきましょう。

強がりにはどんな意味があり、どんなふうに使われるのでしょうか。

強がりの類義語についても見ていきます。

1,意味

強がりな人

強がりの意味には、

・周りに弱みを見せないこと

・虚勢を張った態度でいること

などがあります。

虚勢とは、うわべのみ、見せかけだけの威勢の良さという意味。

文字通り、偽物の、作り上げた勢いという意味ですね。

本当は辛いのに、辛いと口には出さず、あくまでも平気なふりをしている人を強がりな人というのです。

2,類義語

続いて、強がりの類義語について紹介します。

強がりの類義語には、

・片意地をはる

・気丈に振る舞う

などがあります。

片意地をはるとは、譲る姿勢がなく無理矢理でも自分の意見や意思を押し通す様子のこと。

気丈に振る舞うとは、気持ちをしゃんと保つように振る舞うということ。

辛くても落ち込んでいないふりをする、もしくは落ち込んでいないように振る舞うという意味です。

どちらも、強がりと似ていますね。

・強がり

・片意地をはる

・気丈に振る舞う

この3つの言葉は、どれも同じような意味合いとして使われることが多いようです。

強がりな人の心理

では早速、強がりな人の心理から見ていきましょう。

強がりな人はどんな心理から、強がってしまうのでしょうか。

1,強がりな人は意地っ張り

強がりな人の心理には、強がりな人は意地っ張りなことが挙げられます。

強がりな人は、周りの人から「大丈夫?」と聞かれたとき、無意識に平気、大丈夫だからと言います。

本当はあまり大丈夫ではないとしても、とっさに口から出てきてしまうのです。

一度「大丈夫」と言ってしまったら、あとから撤回することはできません。

大丈夫と言ってしまったことを後悔するものの、毎回他人からのサポートをはね除けてしまうのは、強がりな人が意地っ張りな性格だからだといえるでしょう。

意地っ張りだから素直になれず、意地っ張りだから結果として強がってしまうのです。

2,強がりな人は人に頼めない

強がりな人の心理には、強がりな人は人に頼めないことが挙げられます。

強がりな人というのは、相手が誰であっても「人に何かを頼む」ということができません。

頼むことに対して、強い苦手意識を持っているのです。

職場の人はもちろん、親しい友人や家族であっても、その気持ちは変わりません。

強がりな人は、「自分が頼ったら相手が困るかも」と思い込んでいるところがあり、辛さを自分の中にとどめるようになるのです。

3,強がりな人は完璧主義で自分に厳しい

強がりな人の心理には、強がりな人は完璧主義で自分に厳しいことが挙げられます。

強がりな人は完璧主義で、少しでも失敗することに嫌悪感を抱くもの。

失敗すること、理想通りに物事が進まないことを何よりも嫌うので、常に完璧を求めるようになるのです。

他人に対しても完璧を求める傾向はありますが、強がりな人は特に自分に対して厳しくなることが多いです。

自分に対して厳しい態度をとろうとして、知らないうちに自分を追い詰めていることも。

強がりな人は自分の中に譲れない計画があり、他の人の手を借りることでその計画が崩れることを恐れるので、人を頼ることができません。

スポンサーリンク



4,強がりな人はプライドが高い

強がりな人の心理には、強がりな人はプライドが高いことが挙げられます。

強がりな人というのは、とにかくプライドが高いです。

プライドというとは生きるためには必要なものですし、高いことも決して悪いことではありません。

しかし、強がりな人のプライドの高さというのは、他人と比べて生じるものであるため、正直あまり良いものとは言えないのです。

他人に負けたくない、他人よりも上でいたいという気持ちから、強がっているだけの話。

初めのうちはプライドが高くて負けたくないと思っていたものが、次第に「高いプライドをキープする」ことに必死になっていることも少なくないようです。

5,強がりな人は勝ち負けで物事を考える

強がりな人の心理には、強がりな人は勝ち負けで物事を考えるということが挙げられます。

強がりな人は、何につけても「勝ち負け」を重視します。

勝つことが何よりも大事だと思っているので、負けることは許せません。

強がりな人にとって、人に頼るということは自分の負けを認めているのと同じこと。

自分でできないから人の手を借りるという認識なので、勝ち負けにこだわる強がりな人は、他人を頼ることができないわけです。

常に勝ち負けを意識して行動していますから、自分のキャパシティを超えても無理をし続けてしまいます。

自分のキャパシティを超えて体調を崩すことよりも、強がりな人にとっては「負けること」のほうが耐えられないことなのかもしれません。

スポンサーリンク



6,強がりな人は人よりも優位に立ちたいと思っている

強がりな人の心理には、強がりな人は人よりも優位に立ちたいと思っていることが挙げられます。

強がりな人には、「他と自分を比べる癖」のある人が多いです。

誰よりも自分が一番、自分が優位な立場にいたいと思っているので、人に頼ることをしません。

人に頼るということは、すなわち「その人よりも自分のほうが下」と言っていることと同じですからね。

そのため強がりな人は、人に頼ることを恥ずかしいことと思っており、「人に頼るなんて絶対に無理!」と思っていることも少なくありません。

これらはすべて、頼ることで自分の立場が下がるのを恐れているからなのです。

7,強がりな人は自分を過信している

強がりな人の心理には、強がりな人は自分を過信していることが挙げられます。

強がりな人は「自分は何でもできる」と思い込んでいるところがあります。

実際のスキルと理想にかなりの差があるにも関わらず、根拠もなく「できる」と思い込んでいるのです。

もちろんそれはただの思い込みに過ぎませんから、実際にやってみればうまくいかないことは一目瞭然。

しかし、たとえできなくても強がりな人は素直にそれを認めません。

ああだこうだと言い訳をしたりして、自分の実際のスキルや実力を認めないのです。

根拠のない自信はどこからくるのか不思議ですが、強がりな人は大抵の場合、自分を過信しているといえるでしょう。

8,強がりな人は周りに頼ることに躊躇いやトラウマがある

強がりな人の心理には、強がりな人は周りに頼ることに躊躇いやトラウマがあることが挙げられます。

なぜ頑なに人に頼ることをしないのか?というと、それには躊躇いやトラウマがあることも。

たとえば、以前に人に頼ったことがあり、そのときに相手に嫌な顔をされたり、結局解決できずに状況がひどくなった、といった経験をしていたとしたらどうでしょう。

そういう経験をしていると、「人に頼ったってうまくいくはずがない」「余計にややこしくなるだけだ」と思ってしまう気持ちもわかりますよね。

「頼るよりも1人でやったほうが楽だ」と思うため、強がりな人は人に頼ろうとしないのかもしれません。

スポンサーリンク



9,強がりな人は人前で泣きたくない

強がりな人の心理には、強がりな人は人前では泣きたくないことが挙げられます。

悔しくて泣く、悲しくて泣く、感動して泣くなど、同じ「泣く」でも意味合いは様々。

しかし強がりな人は、そのどの意味合いの「泣く」も人前ではやりたくないと思っています。

強がりな人にとって、泣くことはすべて弱い人間のすることだという認識なのです。

数年前に「男性の涙」というのが注目されましたが、あっという間にブームは去ってしまいましたよね。

これはやはり、泣くことは弱いことという認識が抜けきれていないからでしょう。

男性は弱みを見せることを嫌がりますから、泣きたくても我慢する、すなわち強がってしまうわけです。

強がりな人も同じ考えなので、人前では何があっても泣きたくないと思っています。

強がりな人の特徴

では続いて、強がりな人の特徴について紹介します。

強がりな人には、共通するいくつかの特徴があるのですが、それは一体どんなことなのでしょうか。

強がりな人に共通する特徴は、こちらです。

1,強がりな人は他者の評価を気にしがち

強がりな人の特徴には、強がりな人は他者の評価を気にしがちなことが挙げられます。

強がりな人というのは、自分が他の人からどう思われているか、どう評価されているのかが気になって仕方がありません。

周りの目を、常に気にしているのです。

「ここで頼ったら、仕事ができない人だと思われるかも」

「頼ったら嫌われるかもしれない」

こんなことを考えてしまうので、強がりな人は人を頼ることができません。

周りの目を気にしすぎるというのは、自分に自信がない証。

気が弱くて自分に自信がないので、こんなことをしたら(言ったら)相手にどう思われるだろうか?と気になってしまうわけです。

自信があれば、そんなことくらいでどうにかなるわけない!と思えるものですが、強がりな人ほど自分に自信がないのかもしれませんね。

2,強がりな人は責任感がとても強い

強がりな人の特徴には、強がりな人は責任感がとても強いことが挙げられます。

強がりな人は、人一倍責任感が強いです。

そのため、責任感が邪魔して素直になることができません。

たとえば仕事で上司から何かを頼まれた場合、「自分が引き受けたのだから、自分がやらないといけない」と思うわけです。

もちろんこの考えは正しいのですが、できないことまで「自分一人で」抱え込んでしまうのが強がりな人の特徴。

たまには他の人を頼ってもいいのですが、責任感が強すぎるあまりそれができず、何がなんでも自分でやらなくてはと思い込んでしまいます。

3,強がりな人は他人を信用できない

強がりな人の特徴には、強がりな人は他人を信用できないことが挙げられます。

強がりな人が、なぜここまで人を頼ろうとしないのかというと、それはずばり「他人を信用していない」から。

昔、人と関わったことで嫌な気持ちになった、もしくはいじめられた過去があるなど、人との関わりの中で「信用できない」と思えることがあると、どうしてもトラウマになってしまうもの。

頼ったらまた自分が傷つくかもしれない、頼ったらバカにされるかもしれないと、いざ頼るべき場面になると相手に対して不信感が募ってしまうのです。

他人を信用できないタイプの強がりな人にとって、どんなに辛い場面に遭遇したとしても、「人を頼る」という選択肢はありません。

このタイプは、自分で何とかする以外に選択肢はないのです。

4,強がりな人は「大丈夫」が口癖

強がりな人の特徴には、強がりな人は「大丈夫」が口癖であることが挙げられます。

強がりな人は、周りの人から何かを聞かれたり心配されたとしても、咄嗟に「大丈夫」と答えてしまいます。

それがどんなに、危機的状況だとしても、です。

普段から人に頼ることがなく、頼り方も分からないので、自然と「大丈夫」と言ってしまうのでしょう。

周りから見て「辛そうだな」と思うときでも、常に大丈夫という人がいるのなら、その人は強がりな人なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



5,強がりな人は察してちゃんな一面がある

強がりな人の特徴には、強がりな人は察してちゃんな一面があることが挙げられます。

強がりな人は、どんなに辛い状況であったとしても、自分から「助けてほしい」とは言いません。

自分から言わずとも気づいてほしいと思っているのです。

「言わなくても察してほしい」つまり、「察してちゃん」というわけ。

しかしながら、強がりな人の困ったところは、たとえ周りが察してくれて「大丈夫?」と声をかけたところで、「大丈夫」と断ってしまうことが大半なのです。

じゃあ何がしたいの?と思うかもしれませんが、強がりな人はプライドが高く、人に頼ることは恥だと思っています。

察してほしいと思っているくせにサポートを申し出られても断ってしまう、歪んだ察してちゃんなところがあるといえるでしょう。

6,強がりな人はナルシスト

強がりな人の特徴には、強がりな人はナルシストなことが挙げられます。

強がりな人は、自分に酔っているナルシストな性格であることが多いです。

自分が大好きであり、自分が一番だと思っているため、他者を頼ろうとしません。

なぜなら、他の人は自分よりも立場が下だと思っており、自分よりも下の人に頼るなんて恥だと思っているからです。

自分しか信用しないということもあり、ナルシストな強がりな人は、絶対に人を頼ろうとしないのです。

7,強がりな人は認めない

強がりな人の特徴には、強がりな人は認めないことが挙げられます。

強がりな人は、相手を認めません。

なぜなら、自分が一番だと思っているからです。

自分が一番なのに、他の人の意見を認めたら自分が一番ではなくなってしまいますよね?

強がりな人にとって、人を認めることは自分の負けを認めるようなもの。

そんなことプライドが許しませんから、強がりな人は自分以外の他の人を認めないのです。

8,強がりな人は実は純粋

強がりな人の特徴には、強がりな人は実は純粋なことが挙げられます。

限りなく少数派ではあるのですが、強がりな人は実は純粋なこともあるのです。

物事に対して疑いを持たないため、自分でも知らないうちに競争世界に入り込んでしまうことも。

そうなると、わけがわからないまま強がるしかなくなってしまうのです。

純粋な強がりな人は少数派ではありますが、真っ向から立ち向かうためやや厄介といえるかもしれません。

9,強がりな人は人を受け入れられない

強がりな人の特徴には、強がりな人は人を受け入れられないことが挙げられます。

強がりな人にとって、自分と別の意見を持っている他の人を受け入れることは、今の自分を否定するのと同じこと。

「そこは○○のほうがいいんじゃない?」

というアドバイスを受け入れてしまったら、今の自分は否定されたと思ってしまいます。

強がりな人が人のアドバイスを聞かない、人を受け入れないのは、今の自分を否定されて変わるのが怖いからです。

強がりな人には気が弱い人も多いので、今の自分を変えないためにも人を受け入れることはありません。

強がりな人になる原因は?

強がりな人になる原因について紹介します。

強がりな人の心理や特徴について見てきましたが、なぜ強がりな人になってしまうのか、その理由やきっかけとは一体何なのでしょうか。

生まれたときから強がりな人などいませんので、何かしらのきっかけが原因になっていることは明らか。

その原因として考えられるのは、こちらです。

周りの人がひねくれていた

強がりな人になる原因は、周りの人がひねくれていたことが考えられます。

幼少期の記憶や経験というのは、大人になってからも引き継がれるというのはよく聞きますよね。

小さい頃、自分の周りに「ありのままの自分」を受け入れてくれる人がいなかった、もしくは少なかったりすると、強がりな人になる可能性が高いです。

たとえば、

・親が厳しく、弱音を吐くと叱られていた

・褒められた経験がほとんどない

・素直に言っても共感してもらえなかった

・本音を言ったらバカにされた

このような経験があると、「どうせ無理だから」「本当の気持ちを言っても無駄だから」と諦めてしまうようになるのです。

周りの人がすべて悪いとは言いませんが、強がりな人になるきっかけとなっていることは間違いないでしょう。

周りの人がひねくれていて、その中で育つとどうしても強がりな人になる傾向は高くなるといえます。

強がりな人との接し方

では、周りにいる強がりな人との接し方についてお話しします。

職場や友人などに強がりな人がいる場合、どのように接すれば良いのでしょうか。

強がりな人と接するときには、以下のことをポイントとして抑えておきましょう。

1,強がりな人に「大丈夫?」と心配しない

強がりな人との接し方では、強がりな人に「大丈夫?」と心配しないことが挙げられます。

強がりな人は、本当に大丈夫かどうかは関係なく、反射的に「大丈夫」と答えてしまいます。

そのため、強がりな人に「大丈夫?」と聞くのはやめましょう。

大丈夫?と聞く代わりに、強がりな人がヘルプを出しやすくなる聞き方をするのがベスト。

たとえば、

「今、どんな案件をいくつ抱えてるの?」

「大丈夫そうじゃないよね?」

「それなら私分かるから、手伝おうか?」

このように聞かれると、大丈夫?と聞かれたときよりもヘルプが出しやすくなると思いませんか?

強がりな人と接するときは、大丈夫?と心配しても意味がないので、大丈夫?以外の言葉をかけてあげましょう。

2,強がりな人でも頼れる雰囲気を作る

強がりな人との接し方では、強がりな人でも頼れる雰囲気を作ることが挙げられます。

強がりな人は、何かしらの理由があってなかなか人に頼ることができません。

・頼るのは恥ずかしい

・頼ったら嫌な顔をされるかも

そのため、強がりな人が自分から本音を話せるような雰囲気を作りましょう。

にこやかな笑顔、おだやかな表情など、強がりな人が「この人になら何でも話せるかも」と思えるような人を目指すのです。

逆に無愛想な返事、無表情、怒っているような低い声、マウントをとるような発言はNG。

強がりな人のプライドを、良くない方向に刺激してしまいます。

強がりな人と接するときには、ぜひ強がりな人が頼りやすい雰囲気を心がけてみてください。

3,強がりな人に頼ることは良いことなのを知ってもらう

強がりな人との接し方では、強がりな人に頼ることは良いことなのを知ってもらうことが挙げられます。

強がりな人は、人に頼ることをデメリットばかりだと思い込んでいます。

人に頼る=自分が劣っているから、という意識があるため、なかなか頼ろうとしません。

しかし、実際には人に頼ることはメリットの方が多いと思いませんか?

・頼ったほうが仕事が早く楽に終わる

・クオリティが高くなる

・時間を有効に使える

・周囲に好かれやすくなる

このような頼ることで生じるメリット、良いことを強がりな人に知ってもらいましょう。

頼ることはデメリットばかりではないんだと納得することができれば、強がりな人も周りの人を頼りやすくなるはずです。

強がりな人を止める方法は?

最後に、強がりな人を止める方法について紹介します。

自分は強がりな人間かも…と思っても、どうしたらいいのか分からないなんてこともあるでしょう。

強がりな人を止める方法は、こちらです。

1,素直に受け入れる

強がりな人を止める方法には、素直に受け入れることが挙げられます。

人の好意や手助けを、素直に受け入れましょう。

「助けを受けたらできない人間だと思われるかも」

など、つまらない憶測をするのはやめます。

とはいえ、すぐに素直に受け入れるのは難しいと思うので、まずは「自分自身に嘘をつかない」ことなら始めましょう。

自分にだけは、心の中で「つらい」「助けてほしい」と本当の気持ちを言うのです。

そうしているうちに、次は信頼できる人に心を開いていく…という具合です。

素直に気持ちを言えたという成功体験が、素直なコミュニケーションに自信をつけてくれることでしょう。

2,遠回りしていたことに気づく

強がりな人を止める方法は、遠回りしていたことに気づくことです。

強がってばかりいると、主に人間関係で損をします。

仕事でも恋愛でも友達でも、強がることで損をしている、遠回りをしているということに気づきましょう。

強がるよりも上手なやり方、近道があることが分かれば、自然にそちらに足が向くはずですよね。

強がるのは遠回りでしかない、ということを自分の潜在意識に教えてあげることで、徐々に強がるのを止めることができるようになるでしょう。

まとめ

強がりな人の心理や特徴、接し方、そして強がりな人を止める方法について紹介しました。

強がりな人は自分に自信がないことが多く、なかなか人を頼ることができません。

ヘルプサインを上手に出せないので、身体を壊すまで頑張りすぎてしまうこともあるでしょう。

そんな強がりな人の心理や特徴を知り、身近に強がりな人がいるときは上手に助けてあげてください。

自分が強がりな人だと自覚している人は、ぜひ止める努力をしてみてくださいね。

【関連記事】

強がりな女性の特徴・心理は?

要領が悪い人の特徴!改善する方法・イライラしないために

不器用な人の特徴・仕事・適職・克服する方法・恋愛・上手くいく方法は?

嫉妬深い人の特徴・心理25選!行動・恋愛・性格を直す方法は?

【媚びる人】性格や特徴・心理・周りの人からどう思われているか

【威圧感のある人】特徴・付き合い方・メリット・出す失くす方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク