【ツインソウルランナー】気持ちの変化・逃げる理由は?

ツインソウル、という言葉を聞いたことがあっても、「ランナー」と「チェイサー」分かれていることまでを知っている人はなかなかいません。

魂の片割れ同士なので呼び名が違うのはイメージできますが、それぞれ与えられた役割が違うんです。

今回は「ランナー」に注目して、「チェイサー」との関係性をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ツインソウルのランナー

ツインソウルにおいて、ランナーとはどのような存在のことを示すのでしょうか?

もともと、ツインソウルというのは1つの魂が2つに分かれて、それぞれが誕生することを指します。

1つをランナー、もう1つをチェイサーと呼び、それぞれで生きている役割が違ってきます。

魂の向上が生きている上で必要になってくるツインソウルですが、ランナーに与えられた役割とは何か?についてお伝えします。

ツインソウルと出会った時、自分の与えられた役割を理解していなければ、せっかく出会ったとしてもわかり合うことはできません。

そのため、しっかりと役割を理解しておきましょう。

ツインソウル「ランナー」「チェイサー」

ツインソウルには、「ランナー」と「チェイサー」がいます。

同じ魂が2つに分かれて生まれる、ということはわかっていてもツインソウルが「ランナー」と「チェイサー」に分かれていることを知っている人は少ないです。

名前が分かれている通り、2つの魂になったツインソウルはそれぞれ役割を与えられています。

「ランナー」は追われる側で「チェイサー」は追う側です。

そう言われると、一般的な人同士の恋愛でも、どちらか一方がとにかく相手に惚れ込んで追いかけ回して手に入れようとする光景は目にします。

ですが、ツインソウルの場合は逃げる側の「ランナー」の方が「チェイサー」に対して非常に愛情を大きく持ちます。

あまりにも大きな愛を抱きすぎて、自分でどうするべきなのかがわからなくなって怖さが上回るため、逃げ出してしまうんです。

傾向としては「ランナー」が男性で「チェイサー」が女性という場合が多いことも特徴的です。

ツインソウルの「ランナー」とは?

ツインソウルにおいて、「ランナー」とは何か?ですが、チェイサーが「追う人」という名前の通り、ランナーは「逃げる人」という意味です。

ツインソウルというのは、ランナーとチェイサーが出会った瞬間に、衝撃が走るほど惹かれ合い、導かれるように惹きつけられます。

今まで生きていて「こんな感覚は初めて!」と思うくらいに、ツインソウルに出会った時の衝撃は凄まじいものです。

そういう今までにない感情を味わう、というのはそれだけ感情が揺らぎ高ぶり、色めき立ちます。

ツインソウルに出会うこと自体が奇跡のようなものなので、出会った時には嬉しいとか「この人がもう1人の自分だ!」と激しい感情に揺さぶられます。

しかしその一方で、「本当に今の自分でいいのだろうか?」という不安感も強く押し寄せてくるのです。

「今の自分では相手にふさわしくない」という自己否定感が強くなり、自分の感情がコントロールできないことが怖くなって、逃げ出してしまいます。

怖いとか不安といったマイナスの感情が沸き起こっている時、人間が逃げ出したくなるのは本能です。

ランナーの場合、その逃げるという感情が自分の気持ちに向き合うより先に選択されてしまい、相手から逃げる人なのです。

ツインソウルは男女によって役割が違う

ツインソウルは、1つの魂が2つに分かれて生まれるので、必ず男女というわけではなくて、同性同士ということもありますし、生まれる国が違うとか年代がまるで違うということもありえます。

ただ、男女のツインソウルの場合は「ランナー」と「チェイサー」が偏ることが多いんです。

前出しましたが、男性の場合は「ランナー」が多く、女性の場合は「チェイサー」が多いんです。

普通は男性が追いかけるんじゃないの?と思うかもしれませんが、ツインソウルは一般的な関係性では説明のつかないことが多いんです。

特に、男性の場合は基本的に理論的で、ある程度落ち着いて行動することができます。

でも、普段からそういった行動をしている人はなかなか自分の気持ちと向き合う機会を設けていないため、いざツインソウルに出会った時には、その衝撃で精神が不安定になってしまう人が多いです。

一方で女性は、感情で行動することも多く、好き嫌いも自分の直感に従う人が多いので、普段から感情と向き合っています。

なので、「チェイサー」になっている可能性が非常に高いんですよ。

ツインソウルのランナーには様々な感情が芽生える

ツインソウルの「ランナー」には、様々な感情が芽生えます。

「ランナー」は「チェイサー」と出会うことによって、今まで感じたことのない昂揚感と不安感を抱き、一気に心の中がパニックに陥るのです。

ツインソウルと出会っているわけですから、奇跡が起きたことと同等なので、様々な感情が芽生えるのは変なことではありません。

すぐに気持ちの処理ができなくて、結果的に逃げ出してしまうんです。

急速に抱いた愛情や相手のことを考えた時に「自分でいいの?」という不安感は、ある種運命の人に出会えたからこそ芽生える感情です。

もちろん「ランナー」同様に「チェイサー」も苦しい思いをしているので、お互いがお互いを愛する決意や覚悟を決めることが大事になってきます。

そういった心の準備をすることで、一層関係性を深くできますし、魂の向上に向けて行動することができます。

【ツインソウルランナーの変化】サイレント中の気持ち

ツインソウルの「ランナー」は、「チェイサー」に出会うとあまりにも好きになりすぎて怖くて逃げ出していってしまいます。

そこで、「ランナー」が「チェイサー」から逃げた出した後、ツインソウルの2人はサイレント期間と呼ばれる会わない期間が生じるんです。

この期間は、ツインソウルの2人からすると非常に辛くて苦しい試練の期間ですが、必要な期間でもあるので必ず乗り越える必要があります。

サイレント期間中に「ランナー」はどのように心が変化していくのかをしっかりと理解しておくと、自分の気持ちや相手の気持ちに対して分かり合えるはずなので、覚えておきましょう。

どうしても好きだから逃げ出すという矛盾した気持ちの真ん中にいるので、葛藤が生まれてしまいますが必要なことだと理解してくださいね。

ツインソウルのランナーは苦しみの中にある

ツインソウルの「ランナー」は、サイレント期間中は苦しみの中にあります。

本当は好きでたまらなくて、会いたくてたまらないツインソウルの「チェイサー」と離れて過ごすサイレント期間は、「ランナー」にとってくるしさしかない時期です。

好きだからこそ逃げ出してしまっているわけですから、離れている間もずっと相手のことを考えているような人も多いです。

愛情が大きすぎるから、相手を幸せにできないのでは?という不安がうまれますし、自信が消失します。

サイレント期間は、愛情が大きい裏返しだと言えますし、その分苦しさは大きいのです。

ツインソウルのランナーはチェイサーの幸せを願っている

ツインソウルの「ランナー」は「チェイサー」の幸せを願っています。

サイレント期間だったとしても、「ランナー」はツインソウルである「チェイサー」のことを考えない日はありませんし、本来なら一緒にいたいなと思っています。

幸せになってくれることだけを願っているので、その幸せを実際に自分が叶えてあげられるかどうかが不安なわけです。

自分に自信を取り戻すことができたら、しっかりと愛情を注ぐことができますし、より良い関係を築くことが可能です。

サイレント期間が終わってしまえば、あとはお互いの気持ちを伝え合うだけなので、苦しい日々が愛情につながります。

ツインソウルのランナーは愛しているけど逃げ出したくなる

ツインソウルの「ランナー」が、サイレント期間中に思っていることは「チェイサー」のことを愛しているけど逃げ出したくなるということです。

ツインソウルなので、「ランナー」は「チェイサー」と出会った瞬間に雷に打たれたような衝撃を受け、そして激しい感情の波に飲まれます。

その感情は、今まで感じたどの感情よりも激しく、愛情が強いものです。

そんな初めての感情に揺さぶられるわけですから、愛しているからこそ逃げてしまいたくなるんです。

人間は非常に矛盾した生き物で、自分の感情のコントロールができない、と感じると怖くなり、愛している相手の前から消えてしまいたいと思います。

サイレント期間に突入するのは、とっても好きで愛しているからこそ逃げてしまった結果なのです。

ツインソウルのランナーは自分の気持ちと向き合うことが大事

ツインソウルの「ランナー」がサイレント中は、まず自分の気持ちと向き合うことが大事です。

どうしても、「チェイサー」を自分では満足させられないのでは?といった不安を抱えてしまっているので、「ランナー」は自分の気持ちを後回しにしてしまう傾向があります。

ツインソウルと出会ったことによって、当然普段の生活が一変するので、そのことに恐怖心や不安感を抱えるのは何も不思議なことではありません。

だからこそ、しっかりと自分の気持ちと向き合うことが大事になってくるのです。

サイレント期間中は、「チェイサー」と離れて、気持ちを乱すことなく自分の気持ちはどう考えているのか、を理解することが大事になります。

その先には、愛情の向き合い方を考える時間にもつながりますので、必要な期間です。

【ツインソウルランナーの変化】ランナーが逃げる理由・目的

どうして、ツインソウルである「チェイサー」と出会っているのに、「ランナー」は逃げてしまうのでしょうか?

ツインソウルに出会えるというのは、非常に奇跡に近い話なので、本当だったら出会えたことに対してとても感謝し、離してはいけない存在に感じます。

しかし、「ランナー」の場合はどうしても愛情が大きくなりすぎて、自分や相手が怖くなって逃げ出してしまいます。

そのほかにも、「ランナー」が「チェイサー」から逃げる理由や目的があるので、理解しておくとびっくりしませんし、自分でも自分がどうして逃げてしまうのかわかっておけば安心ですよね。

ツインソウルのランナーは愛情の深さによる自分の変化を恐れる

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」から逃げる理由や目的は、愛情の深さによる自分の変化を恐れるからです。

ツインソウルに出会うと「ランナー」は特に今まで感じたこともないような大きな感情に揺れ動き、自分自身が壊れてしまうのでは?と不安に感じる人もいるくらいです。

そうなると、今までの自分じゃなくなり、別の自分になってしまうのでは?という変化を恐れる気持ちから、自分をそんな風に思わせる「チェイサー」から離れたくなります。

変化の大きさが激しいと、戸惑うのは仕方がないことなので、自分は臆病だと嫌になる必要はありませんよ。

ツインソウルのランナーはチェイサーを幸せにできるか不安を感じている

ツインソウルの「ランナー」は、「チェイサー」を幸せにできるか不安を感じています。

ツインソウルなので、「ランナー」にとって「チェイサー」はまぎれもなく運命の人です。

かなり魅力のある相手だと言えるため、「チェイサー」にとっては自分ではなくてほかの相手の方が「チェイサー」を幸せにできるのではないか?と感じてしまいます。

その感覚が、どんどん自分を不安にさせていくので、真の幸せを掴むのは自分とではないのではないか?と不安なんです。

「チェイサー」は追いかけることが役割なので、離れようと思ってしまうのが素直な気持ちです。

相手の幸せをしっかりと願うからこそ、自分が幸せにできないかもしれないという不安でいっぱいになります。

ツインソウルのランナーは愛情の深さによる自分の気持ちに自信が持てない

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」から逃げる理由や目的は、「ランナー」自身があまりにも「チェイサー」への愛が深くなってしまって、自分の気持ちに自信が持てなくなっているからです。

ツインソウルに出会うと、感情の変化が急激に襲ってきて、こんなに好きになって愛しているのは本当の感情なのか?と不安に感じてしまいます。

人間は、基本的に自分の知らない世界をすぐには受け入れられないので、急速に人を好きになることによって、今までの自分の常識が変わってしまうことが怖くなるんです。

だから、本当に「チェイサー」を好きなのかどうかを確かめたくて、一旦離れて自分の気持ちと向き合いたくなります。

距離を置くことで、少し冷静になれますし、その愛が本物だと確信できた時、2人のツインソウルとしての関係が覚醒すると言えるため、辛く苦しいかもしれませんが2人の関係をしっかりさせるために必要な時間だったと思いましょう。

【ツインソウルのランナーの変化】ランナーがチェイサーに戻るとき

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」から逃げ出した後、そのまま逃げっぱなしということではありません。

きちんとしたタイミングで、「ランナー」は「チェイサー」のもとに戻っていくことが多いんです。

そういう意味で、関係をしっかりと築ける自信が持てたとき、ツインソウルとして関わりが強くなっていきます。

ただ、そのタイミングはどんな時なのだろう?と思いますよね。

そこで、ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」に戻るのはどんなときなのか、ということをお伝えするので、参考にしてください!

運命を受け入れることができない迷いの時期

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」に戻るまで、「ランナー」は迷い続けます。

ツインソウルとしての運命を受け入れることができない迷いの時期に、どれだけ考えたかが結果につながっていきます。

「チェイサー」の元に戻ろうか、それとも関係を断つのか、せっかく出会えたツインソウルのことを受け入れたいのに、相手を受け止められないのかな?とか幸せにできないのかな?と怖くなっています。

離れている時だとしてもしっかりと心の中に「チェイサー」がいるので、心が離れていっているわけではないのです。

だから、戻ろうと思う時は運命を受け入れることができない迷いの時期を乗り越えたと思いましょう。

変化を受け入れる気持ちが強くなる

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」に戻るときは、「ランナー」としてツインソウルと出会った変化を受け入れる気持ちが強くなったときです。

出会った瞬間に感情が波打ち、激しく愛情を感じて、相手を求めるようになります。

でも、あまりにも感情が強くなりすぎて苦しくなり、思わず逃げ出してしまいたくなります。

そこから生じるサイレント期間を経て、自分の気持ちと向き合うようになるとその変化に対して受け入れる体制が整う場合があるんです。

その時、愛情に対してしっかりと自信を持つことができているので、感情の変化を受け入れ、「チェイサー」と向き合うことができると自分で感じるからこそ、戻っていきます。

自分の全てをチェイサーに捧げる覚悟ができる

ツインソウルの「ランナー」が「チェイサー」に戻るときは、自分の全てを「チェイサー」に捧げる覚悟ができているときです。

「ランナー」はツインソウルに出会った時、非常に深く悩み迷い、苦しみます。

本当に運命の人と一緒にいていいのか、それともこんなに激しく愛してしまえばいつか身を滅ぼすのではないか?そんな不安の中で葛藤します。

ですが、サイレント期間を経て、「チェイサー」の元に戻るときは、どんな状況になっても自分の全てを捧げて、相手を幸せにしたいという覚悟ができるときです。

環境の変化、感情の変化、全てにおいて恐怖心や不安感は払拭されて全ての行動や感情に自信を持つことができています。

「チェイサー」を幸せにできるのは自分だけ!とむしろ大きな自信を持って戻ることも多く、愛情豊かな人生を送れるようになりますよ。

【ツインソウルランナーの変化】ツインソウルが覚醒するとき

ツインソウルの「ランナー」が覚醒する瞬間は、どんな時でしょうか?

「チェイサー」と出会い、ツインソウルとして意識が強くなったとき、非常に「ランナー」の心は震え、恐怖と感動に困惑します。

そして、あまりの感情の変化に全てを投げだし、「チェイサー」からも背を向けて逃げ出すのです。

そういった期間をサイレント期間と呼び、会わない期間を設けて、しっかりと自分の気持ちと向き合ったり、「チェイサー」にとって自分はどういう存在なのか、一緒にいてもいいのだろうか?という考える時間になります。

その期間を経て、ツインソウルとして覚醒するときは、どういう風に変わっているのか?をご紹介します。

相手の気持ちが伝わってくる

ツインソウルの「ランナー」が覚醒するときは、「チェイサー」の気持ちが伝わってくるときです。

サイレント期間がそろそろ終わる、という時には相手の気持ちが自然と伝わってきて、手に取るように愛情を感じることができます。

離れていても、「ランナー」は「チェイサー」の気持ちがわかりますし、大きな愛情を相手から感じることができます。

こうした感覚は、ツインソウル同士じゃなければなかなか感じられませんし、それだけ運命的なつながりを感じずにはいられません。

お互い、連絡を取り合わなくても不思議と出くわす回数が増えたり引き寄せられるように再会します。

こうした運命のような偶然の重なり合いが、お互いの関係をより良いものにしていくのです。

ランナーも自分に自信が持てるようになる

ツインソウルの「ランナー」が覚醒するときは、「ランナー」がツインソウルとして「チェイサー」に対しての気持ちを強く持つ自分に自信が持てるようになります。

それまでは、不安で仕方がなかった感情も、すっかり自信を取り戻すことができているので、自分の愛情が本物だと確信しています。

「チェイサー」と一緒にいてもいなくても、自分は相手を愛しているのだ、幸せにしてあげられるのだというポジティブな感情が「ランナー」の全てを覆い尽くしているので、ツインソウルとしての魂を向上するような行動ができるんです。

その気持ちは、相手にも伝わるので絶大な信頼感のもと、愛情を育むことができますよ。

昔からいたような穏やかな気持ちになることができる

ツインソウルの「ランナー」が覚醒するとき、昔から一緒にいたような穏やかな気持ちになることができます。

ツインソウルの「チェイサー」に出会った頃は、あまりにも好きになりすぎて、穏やかな気持ちとは反対側にいたかもしれませんが「ランナー」として覚醒するときには、一緒にいるだけで穏やかなきもちになります。

それは、本当にずっと昔から一緒にいたような、不思議な感覚で情熱的な関係というよりも穏やかで優しい、リラックスした時間を一緒に過ごすことができます。

デートをしても、どこに行きたいとか何が食べたいとか口で言わなかったとしても、全てを分かり合うことができる、そんな不思議で理想的なカップルになれるんですよ。

ツインソウルのランナーの気持ちを知ったらどうするべき?

ツインソウルの「ランナー」は逃げる人、だということはわかりましたが、一方で追いかける側の「チェイサー」はそんな「ランサー」に対してどうすることが大事なのでしょうか?

逃げられてしまえば、追いかけたくなるのが人間心理というものですが、ツインソウルはそんな簡単な話ではありません。

むやみに追いかけて、相手を傷つけてしまうような事態にならないとも言えないので、注意してください。

もちろん、逃げられる側も逃げられたことによって傷ついているので、これ以上お互いを傷つけないような行動が非常に大事になってきます。

追いかけず距離を置いてあげる

ツインソウルの「ランナー」の気持ちを知ったら、追いかけずに距離を置いてあげましょう。

「チェイサー」の役割としては、追いかけることですが、ツインソウルに出会った「ランナー」は自分の昂ぶる気持ちに心がついていけず、混乱している状態にあります。

そんな時に「チェイサー」が追いかけてきてしまうとさらに混乱するので、まずは相手が冷静に自分の気持ちと向き合うことができるまで、距離を置いてあげることが大事です。

嫌われているから逃げられているということではなくて、好きすぎるからどうしたらいいのかわからない、怖い!という気持ちになっていることを大前提に考えてください。

「ランナー」の立場になって考えてあげることがとっても大事になりますよ。

ランナーと距離を置いている間自分磨きを行う

ツインソウルの「ランナー」の気持ちを知ったら、自分磨きを行うことも大事です。

どうしても、「ランナー」が逃げてしまっている間、「チェイサー」は孤独な時間を過ごすことになります。

ただその孤独感をまとったまま日々を過ごしていても、何も向上しません。

ツインソウル同士が出会う意味は、お互いの魂が向上することが必要になるので、時間をやり過ごしているだけでは結果的にお互いにとって良い関係を築くことはできません。

なので、離れている間はまず自分磨きを行なって、ポジティブな生活を続けることがもっとも大事なことだと言えます。

離れている時間を有効的に使うことは、自分の魂レベルを向上させ、相手と再会した時に素敵な自分を見せることができるので、良いことしかありません。

「ランナー」と再会する時は、「ランナー」自身も気持ちを切り替えていることが多いため、より良い自分を見せるチャンスでもあります。

ランナーに対する執着心を捨てる

ツインソウルの「ランナー」の気持ちを知ったら、執着心を捨てましょう

ツインソウルに会えたことで「チェイサー」も嬉しくて、ついつい「この人しかいないんだ!」と思いしつこくしてしまうかもしれません。

「ランナー」は逃げてしまうわけですから、この人しかいないのに逃げられたらもう自分はどうしたらいいの!と不安な気持ちを「チェイサー」も抱くと思いますが、そういった態度がどんどん「ランナー」を追いつめていきます。

もちろん、ツインソウルなのに執着心を捨てろ、というのは酷な話ですが魂の向上を考えた時に、相手の幸せを願うことができるのは非常に大事なポイントです。

好きだからこそ、相手の幸せを1番に願い、結果的に自分の幸せにもつながるという良い循環になるので、執着心は早めに捨てることが大事です。

まとめ

ツインソウルの「ランナー」についてご紹介しました。

「ランナー」と「チェイサー」の2つに魂が分かれているツインソウルは、お互いに出会うと猛烈に惹かれ合うので、自分自身でもびっくりするくらいです。

もともと1つの魂が分かれ分かれになり、再会したわけなので、まるでもう1人の自分に出会えたようなそんな感覚になります。

ですが、「ランナー」の場合、自分の感情についていけなくなり、結果的には不安が上回ってしまって、「チェイサー」から離れていきたくなってしまうんです。

そんな「ランナー」の気持ちを理解しなくては、ツインソウルとしての魂の向上は目指せませんし、この先一緒にいたとしても、幸せになることはできません。

「ランナー」が逃げ出して、「チェイサー」と会わない期間であるサイレント期間が発生することもありますが、そのような時の心構えも十分に理解しておきましょう。

【関連記事】

ツインソウルと結婚するために大事なことは?

ツインソウルとの出会いの前兆&あなたが感じること&出会う場所・受ける影響は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク