睡蓮の花言葉の意味・英語や誕生花などを紹介!

「睡蓮の花」と聞いて最初に思い浮かべるのは世界的に有名なあの絵画か、仏教由来のエキゾチックな姿か大きく分けるとこの2つではないでしょうか。でもそうであればなおさら、あなたは睡蓮と蓮(ハス)の花の違いにお気付きでない一人かもしれません。

ここでは睡蓮の花言葉だけでなく、もちろん睡蓮と蓮の花の違いについても細かくふれていきます。花言葉の意味だけでなく裏に隠された神話のエピソードも興味深い睡蓮の世界。さっそく基本的なところからお話を始めて参りましょう。

睡蓮の花言葉

https://www.flickr.com/

睡蓮の花言葉には、「優しさ」「清純な心」「清浄」「信仰」「甘美」「信頼」といった清廉な印象のものと、とても暗く深い闇を感じさせる「滅亡」の意味とがあります。まずビジュアル的に言って、水面から顔を出した睡蓮の花はまさに清らかで美しく優しさをまとったような姿をしていますね。

「清純な心」などは野生の睡蓮が白く可憐な花を咲かせることからきていますし、「信仰」という花言葉は古代エジプトにおける太陽信仰にもとづくものと解釈されています。古代の人々は陽が傾くとまるで眠るように花を閉じ、翌朝には再び目覚める睡蓮の姿をシンボリックな目でとらえていたに違いありません。

では美しい睡蓮には不釣り合いな「滅亡」の花言葉はどこから誕生したかというと、そこには何ともおそろしいギリシャ神話のエピソードが隠されているのです。

英雄ヘラクレスと妖精(ニンフ)の物語

まずギリシャ神話に登場するニンフとは、山や川など自然の中に暮らす階級の低い女神のことを指しています。この名は花嫁や新婦を表すとも言われますが、なんと今回の主役である睡蓮の学名ニンファー(Nymphea)の由来ともなったものです

神話では英雄ヘラクレスと恋仲にあった一人のニンフが別れを告げられ、ナイル川に身を投じた話が紹介されています。自らを憐れむ気持ちと同時にやりきれなさを感じたのでしょうか、そのニンフはナイル川の水辺の妖精と化し人が近づくと睡蓮の花に姿を変え、誰もいなくなるとまた妖精の姿に戻るといった暮らしをしていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク