{夢占い}水の夢をみたときの意味!飲む?かけられる?あふれる?

夢に水がでてきたときは何を暗示しているのでしょうか?

水は消えてなくなりません。消えたように見えても、見えなくなっただけで空気中に漂い、空に上って雲を作り雨を降らし、川になって流れ、人間の口に入り、また汗として出て、それが蒸発してと、形を変えながら、循環しています。永遠の命を持っているといえるでしょう。比べたら人間はちっぽけな存在に思えますが、人間もまた体の半分以上が水でできています。だから、体が滅んでも、その水はまた永遠のサイクルに混じって、死ぬことはないでのす。また普段から、水を体内に取り入れては、体外に出している人間は、自然界から独立した存在のようで、ちゃんと自然とも動物ともつながっていると言えるでしょう。そう考えると、一人ぼっちでも寂しくないし、死ぬことも怖くないと、夢は教えてくれているのかもしれません。

夢占い水の基本的な意味

https://www.flickr.com/

水は変幻自在に姿や性質を変えます。滴になり、結晶になって空から降り、氷って固くなり、熱くなり、冷たくなり、沸騰したり、流れたり、波になったり。こうやって考えてみると、人の心情にも似たところがあります。涙を流して悲しみ、気が散ったり、心が凍りついたり、逆上し、冷静になり、怒りの沸点に達して、周りに流され、人の波に飲み込まれる。人の半分以上は水でできているので、その心情を水の揺れのように感じるのかもしれません。その揺れを夢では見るものと思われます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク