要領がいい人の特徴はシンプルな考え方?

要領がいい人

要領がいい人とはどのような人でしょうか。

漠然と考えると頭が良くて、少々ずるい人というイメージを抱いている人が多いかもしれません。

世の中要領がいいと生きていきやすいかもしれませんが、要領だけでは生きてはいけないことも然りです。

今回は要領がいい人の特徴を紹介していきます。

周囲の要領がいい人と照らし合わせてみてください。

要領がいい人の特徴

要領がいい人

要領がいい人は何においても得をしていると感じている人は多いことでしょう。

また要領がいいと思い通りに生きている気がします。

自分が要領が良かったらな、と思ったことがある人は多いはずです。

ここでは要領がいい人の特徴を紹介していきますので、自分が要領よくなるための参考にしてみましょう。

要領がいい人は手際が良い

要領がいい人

要領がいい人は手際が良いということが挙げられます。

つまり頭の回転が速いため行動も伴って手際がよくなるわけです。

要領がいい人は先を見通すことに長けているので普通の人よりも一歩先へ速く出ることができます。

ですがそれがときには周囲の反感を買うことがあります。

とにかく一歩先へ出るということは、出る杭は打たれるという言葉がある通り妬まれることもあるわけです。

要領がいい人はできれば謙虚に、そして前へ出る時は控えめにするほうが良いでしょう。

要領がいい人はモノ覚えが良い

要領がいい人はモノ覚えが良いということが挙げられます。

モノ覚えが良いということは自分の中のキャパシティがあります。

つまり頭の中の容量が大きいので取り入れれば取り入れるだけどんどん吸収できる力があるということです。

そして頭の中に収容された記憶は引き出しからすぐに取り出すことができ、無駄なく対応することができるのです。

要領がいい人はモノ覚えがいいのもありますが、記憶力に長けています。

一度会った人の名前もすぐに覚えてるのでいつ会っても対応することができます。

仕事ではそうした記憶力が役に立つことが得をします。

要領が良い人というのはそうした収容力があることによって能力が発揮できると言えるでしょう。

要領がいい人は柔軟な考え方ができる

要領がいい人は柔軟な考え方ができるということが挙げられます。

柔軟な考え方とは臨機応変にこなすことができる、要するに器用な人だと言えます。

要領がいい人は頭が柔かくどんなことにも対応できる力があります。

逆に要領が悪い人は頭が固く自分の考えを曲げることができません。

要領がいい人と悪い人とでは柔軟さに大きな違いがあるのはこのようなことからでしょう。

もし自分が要領が悪いと気づいたときはまずは一歩引いてみてください。

要領がいい人がいかに自分の考えの切り替え方が上手いことがわかります。

要領よく過ごしていくためには自分の考えだけにとどまらず周りを見渡してみることが大切です。

要領がいい人はシンプルに考える

要領がいい人はシンプルに考えるということが挙げられます。

つまりまずは普通にありきたりの方面から見て考えてみることです。

要領がいい人はそこからの想像力がとても良いと言えます。

想像力は人の可能性を広げます。

逆に通り一辺な考えだけでは浅いことしか得ることはできません。

仕事では特に想像力が必要とされます。

シンプルから想像力を高めていけることがポイントとなります。

想像力が乏しい人はいつまでも向上することなくただの普通の人どまりで終わってしまいます。

ぜひシンプルから想像力で膨らませて要領よくなりましょう。

要領がいい人は相手が何を求めているか理解している

要領がいい人は相手が何を求めているか理解しているということが挙げられます。

要領がいい人は人のちょっとした表情を読み取る力があり、洞察力に優れています。

逆に要領が悪い人は相手の顔や目を見ることが苦手な人が多いため、相手の少しの変化に気付くことができません。

これではいつまでたっても空気の読めない人になってしまっても仕方がありません。

要領がいい人になるためには、相手の顔や目を見て話すこと、そして敏感になるようになっていくことが必要です。

相手が何を求めているか、そんなことは超能力者ではないので誰もが分かるものではありませんが、日ごろから相手を観察していることでいざというときに相手の言いたいことやしたいことが理解できるようになっていきます。

まずは相手を知るということからしてみましょう。

要領がいい人は目標やゴールを意識している

要領がいい人は目標やゴールを意識しているということが挙げられます。

要領の良さはいつも先を見ていることが関係しています。

先を見ているということはことの流れを敏感に感じ取っています。

そして目標やゴールを意識していることでどのような流れで辿り着けるのかも想像しています。

もちろんその流れが正解なのか否かは誰も分かりません。

ですが目的もなく進んでいくよりは目標を意識することで答えを見つけやすくなります。

やみくもに進んでもゴールが見えてこないのであれば意味がないと言えます。

自分なりの目標を立てることで自分のやるべきことが見えてくることを知りましょう。

要領がいい人は自分ができることから始めていく

要領がいい人は自分ができることから始めていくということが挙げられます。

これはまったく当然のことですが、要領が悪い人はこれができていません。

その理由として要領が悪い人は自分を過信している傾向があり、できもしないのにそのうちできるであろうという安易な考えでものごとを進めてしまいます。

ですが大切なことは仕事は確実にできなければならないということです。

仕事には相手が必ずいます。

その相手のために確実にものごとを進めなければならないのです。

まずは確実性をもってできることから始めることが必要です。

そのためには自分ができることをまず把握し、どのように進めていくことで自分ができることが広がっていくのかを意識的に考えてみましょう。

要領がいい人は優先順位をつけるのが上手

要領がいい人は優先順位をつけるのが上手であることが挙げられます。

優先順位を付けるのは決して嫌な仕事を後回しなどということではありません。

速く終わらせることができる仕事やじっくり考えてやりたい仕事など順番を決めることで仕事のペース配分が上手になっていきます。

優先順位をつけて仕事が早く終わることができれば、その分早く帰ったり、何か新しいことをすることに役立つことになります。

要領が悪い人はその優先順位の付け方が自分本位になっています。

要領がいい人と差が出てしまう理由として、自分の気分次第で優先することを決めてしまうことです。

優先順位というのはその人の仕事の優秀さをある意味決定付けてしまいます。

まずは自分の能力を過信せず、確実にできる仕事からこなしていくことから始めてみましょう。

要領がいい人は完璧を目指そうとしてない

要領がいい人は完璧を目指そうとしていないということが挙げられます。

すべてを完璧にできることは当然理想です。

ですが完璧を目指す限り能率は悪くなります。

それよりもできる限り完璧に寄せつつ、広くもっとたくさんのことをできるのが要領がいい人のやり方です。

だったら完璧に仕上げればいいのでは?と思われがちですが、完璧を追求してしまうときりがなくなってしまいます。

完璧ということには天井がないことがあるので、完璧に寄せる程度が一番良いのです。

また完璧主義者に徹してしまうと常に完璧を求められてしまいます。

そうした心理的負担を背負わないことも大切です。

要領がいい人は関心を持って取り組むことができる

要領がいい人は関心を持って取り組むことができるということが挙げられます。

これは全く興味がなかったり、苦手な分野のことでも関心を向けることで克服していくことができます。

要するに食わず嫌いをしているといつまでたってもできることもできないままだということです。

何事にも関心を持って取り組むことで新しい自分に気付いたり、案外得意なことであるという発見があるかもしれません。

いろいろなことに関心が持てるという気持ちが自分を向上させることができるということでしょう。

要領がいい人は集中するところと手を抜くところが分かっている

要領がいい人は集中するところと手を抜くところが分かっているということが挙げられます。

ここでも臨機応変さが役に立つということです。

要領がいい人は柔軟であることから常に集中してやり続けることよりも、どこかで手を抜くというメリハリがモチベーションを保たせることができることを知っています。

ずっと集中していると士気が下がります。

要領が悪い人といい人との差がここでも出てくるのです。

要領が悪い人は手を抜くという抜きどころが分からないため息切れしてしまいます。

もっと気楽に、そして力を入れるところは力を入れるというメリハリが大切だということでしょう。

要領がいい人はオンオフの切り替えが上手

要領がいい人はオンオフの切り替えが上手だということが挙げられます。

人はスイッチが入ると集中力が高まりますが、それを継続することは困難です。

集中力は必ず切れるときがきます。

そこでオンオフを上手く切り替えることができると、次の集中力も劣ることなく高めることができるのです。

オンオフは自分のモチベーションを保つためにとても大切なことです。

もし自分なりのオンオフが上手にできないと感じたら、一度スイッチを完全にオフにしてみてください。

人にも充電が必要だということでしょう。

要領がいい人は時間を決めて行動する

要領がいい人は時間を決めて行動するということが挙げられます。

要領がいい人は時間の逆算をしながら仕事なりを進めていくことができます。

そうしていくことで時間配分ができるからです。

仕事は特に時間との戦いです。

要領がいい人は時間を考えながら行動できるので要領よくものごとを進めていくことができるのです。

もし時間配分ができないと与えられた仕事を時間内にこなすことができません。

要領が悪い人はこの時間配分をうまくできていないということがあります。

一日の時間は限られています。

その時間の中でどうして進めていくことができるのかが要領よく仕事をしていくポイントとなります。

要領がいい人はマルチタスクをしない

要領がいい人はマルチタスクをしないということが挙げられます。

マルチタスクとは複数に同時の作業を並行しながら進めることです。

要領がいい人はマルチタスクは得意です。

ですがマルチタスクをしないのはどのものごともおざなりにしたくないという気持ちがあります。

人には一人でできる量の限度があるものです。

要領がいい人は器用なので難なくマルチタスクですすめることは可能ですが、一つ一つを終わらせて進めていくことのほうが確実に、そして丁寧に進めることができるのです。

逆に要領が悪い人はマルチタスクをしがちです。

処理能力が劣っているにも関わらず、マルチタスクをしてしまうのは誰からも自分に期待をされていないことを感じているからです。

それによってあまり急ぎではない作業を与えられていることを理解しています。

普通であればそのような職場での扱いは嫌になるはずですが、要領が悪い人は仕事に対する執着があまりないので自分の立場に甘んじているのです。

職場では誰もが後回しにする仕事をまとめて仕事をする人は重宝されます。

要領が悪い人は重宝されるように積極性を持つことも必要でしょう。

要領がいい人は音楽を聴きながら仕事しない

要領がいい人は音楽を聴きながら仕事しないということが挙げられます。

職場によってはラジオ放送を流したり、有線での音楽によって仕事の効率を上げていこうという試みをする場合があります。

また個人的にスマホで音楽を聴きながら作業をしても良いという職場もあることでしょう。

そんな音楽でリズムを作りながら作業できる人もいる一方で、まったく音をシャットアウトしなければ集中できない人がいるものです。

要領がいい人は集中力があるのでたとえ音楽が流れていたとしても音楽が聴こえてこないほど集中することができますが、できる限り音をシャットアウトして仕事をします。

音楽はときによって癒しになりますが、休憩中に聴くなどひとそれぞれで有効に音楽を使ってみましょう。

要領がいい人は捨てることはあっさりと捨てる

要領がいい人は捨てることはあっさりと捨てるということが挙げられます。

あっさり捨てるというのは潔いですが、何でもかんでも捨てているわけではありません。

つまり不必要なものはずっと持っていても意味がないということです。

人は捨てることが苦手です。

自分で買ったもの、もらったもの、思い出深いもの、とにかく何でも捨てることはもったいないと感じ結局部屋の中はもので溢れている状態です。

ですがよく考えてみてください。

1年のうちで使ったものはどれくらいあるでしょうか。

結局は同じものばかりを使い、自分が何を持っているのでかさえ忘れているのです。

不要なものはどんどん捨て、必要で大切なものだけを残してすっきりさせましょう。

要領がいい人は周りに頼ることができる

要領がいい人は周りに頼ることができるということが挙げられます。

要領がいい人は人たらしです。

人たらしという言葉は聞こえは悪いかもしれませんが、要するに人の懐に入ることが上手くできます。

また仕事などでも人を上手く使うのが得意です。

手がけている仕事が大きければ大きいほど誰かの協力が必要です。

自分だけではとても手に負えないと感じたときは、それぞれの得意分野を振り分けて手伝ってもらうことで大きな仕事を成立させることができます。

そうした誰がどんな分野を得意としているのか常に観察しているので人を上手に使うことができるのです。

周囲の人が手伝ってあげたくなるような人当たりの良さも要領がいい人の特徴です。

要領がいい人は他人のいいところから学ぶ

要領がいい人は他人のいいところから学ぶということが挙げられます。

他人の自分にはない良いところを羨ましいと感じたことがある人は多いでしょう。

普通であれば羨ましいという感情にとどまりますが、要領がいい人はそういう他人のいいところを自分に吸収しようとします。

ただ羨ましいと思っているよりは自分がそれに近づくことができれば他人に自分も羨ましいと思われるかもしれません。

他人のいいところをどんどん吸収して魅力ある人間になっていくのはとても良いことでしょう。

要領がいい人は相手に取り入るのが上手

要領がいい人は相手に取り入るのが上手であるということが挙げられます。

人は誰でも好かれたいものです。

嫌われたいと思って生きている人はいません。

ですが他人と上手くやっていくことはとても難しく、人間関係はストレスになってしまいます。

ですが要領がいい人は難なくさらりと他人に取り入るのが上手であるのですぐ相手と仲良くなることができます。

要領がいい人は話題が豊富でどんな人の話にも合わせることができます。

人への先入観がないので相手を選り好みしない姿勢が相手からも好かれるということでしょう。

要領がいい人は無駄なことが嫌い

要領がいい人は無駄なことが嫌いであるということが挙げられます。

無駄なこととは、あれこれ悩んで遠回りすることです。

要領がいい人はそんな遠回りは決してせず、直球勝負であるということが言えます。

真っ直ぐな姿勢は仕事でも必要なことですし、決断力がある人は誰からも頼られる存在になります。

ただ多くの人は無駄なことばかりの毎日を過ごしています。

頭の中では分かってはいるのですが、無駄なことも良しとして甘んじていることで頭の中では時間の流れが遅く進んでいます。

人の時間は実質的には流れが速いにも関わらず、無駄なことが多く時間を有効に使っていない人はぜひ無駄なことに費やす時間を削って時間を大切に過ごしてみましょう。

要領がいい人は判断力がある

要領がいい人は判断力があるということが挙げられます。

判断力に長けていなければ要領良く生きてはいけません。

人は要所要所で必ず判断しなければならない場面がやってきます。

ですが実際には判断できずに流されたままでいる人がとても多いのです。

つまり他人が流れを作ってくれたレールに乗っかることで人に嫌わることなく楽に生きていく方向を選択する人ようなありきたりの生き方をする人がいかに多いということでしょう。

自分で判断することは責任を背負うことにはなりますが、自分で一度決めたことは必ず自分のためになります。

人に流されるよりも自分で判断力と決断力でぜひ生き抜きましょう。

要領がいい人はスケジュール管理が上手

要領がいい人はスケジュール管理が上手であるということが挙げられます。

要領がいい人は時間の使い方が上手であるので当然スケジュール管理が上手になります。

特に仕事のスケジュールとなると能力を発揮します。

自分が抱えている仕事や自分以外の仕事を手伝うことも視野に入れてスケジュール管理をしているので職場では頼れる存在です。

また要領がいい人は職場全体のスケジュールを把握しています。

誰のスケジュールが空いているのか、自分が手伝って欲しいときに頼める人がいるのか、そのスケジュールが頭に入っています。

スケジュールは自分の予定が主ですが、周囲の人のことを考えたスケジュールを立てることをしてみると自分の中での余裕が出てくるので気持ちを落ち着けて毎日を過ごすことができるでしょう。

要領がいい人は料理が得意

要領がいい人は料理が得意であるということが挙げられます。

料理は要領が良くないと手際よく作ることができません。

料理は時間との戦いです。

美味しいものを作るには要領よく、また手っ取り早く作っていかなければ出来立ての美味しい料理が出来上がりません。

また料理をしながら洗い物をこなしていくということも要領がいい人はしています。

料理を作って食べ終わってからの後片付けはとても面倒です。

要領がいい人は食べ終わってからのことも頭に置いて料理を楽しんでいます。

何を置いても一番美味しい状態を贅沢に食べられることはとても幸せなことです。そして食べることは生きる源です。

時間を上手に使って美味しい料理を幸せな気持ちて食べましょう。

要領がいい人は整理整頓が上手

要領がいい人は整理整頓が上手であることが挙げられます。

なんでも要領よくものごとを進めるには環境が整っていなければなりません。

ですがいざ必要なものを取り出そうとして机の上が乱雑になっていては取り出すことに時間がかかってしまいます。

ここで時間のロスが発生するわけです。

要領がいい人は時間のロスを嫌います。

常に整理整頓しながら快適に過ごせることができるとストレスなく過ごすことができるでしょう。

時間のロスはびびたるものかもしれませんが、ぜひ整理整頓を心がけてみてください。

そのことで自分のストレスが軽減できることは間違いありません。

要領がいい人は経験値が豊富

要領がいい人は経験値が豊富であるということが挙げられます。

要領がいい人は誰よりもスキルアップを目指しています。

自分のためになることはどんどんチャンスがあればチャレンジすることを怠りません。

自分がスキルアップしていくためには経験を積み重ねるしかないのです。

経験を積み重ねていくことは苦労も多く大変ですが、必ず自分の身になっていることは疑いようがありません。

良いことも悪いことも経験を重ねて経験豊富な頼れる人は誰からも認められる存在になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

要領がいい人は世渡り上手です。

ですがこの世の中は世渡りがとても下手な人が多く、その人たちは日々もがきながら生活していることが想像できます。

要領がいい人になることは自分を少し楽にすることができる方法です。

少しでも要領が良くなることができれば必ず生きることが楽になります。

ぜひ要領がいい人になれるようにシンプルな考え方で過ごしていきましょう。

【関連記事】

要領が悪い人の特徴!改善する方法・イライラしないために

不器用な人の特徴・仕事・適職・克服する方法・恋愛・上手くいく方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク