要領が悪い人の特徴!改善する方法・イライラしないために

この世の中には要領が良い人がいれば悪い人がいるものです。

同じ人間なのにどうして差が出てしまうのかは不明ですが、要領が悪い人はいろいろなところで影響が出てしまいます。

一番は仕事の同僚で要領が悪い人がいると空気が悪くなることです。

今回はそんな要領が悪い人の特徴を詳しく紹介していきます。

ぜひ周りの要領が悪い人に当てはめて参考にしてみてください。

要領が悪い人の特徴

要領が悪い人

身の周りに要領が悪い人はいませんか。

何においても不器用で空気の読めない人は必ずどこにでもいます。

そんなドン臭さも愛嬌であると思えれば良いですが、実際はそんな気持ちにはなれません。

そこでここで要領が悪い人とはどのような特徴があるのか紹介していきますので、要領が悪い人との付き合い方の参考にしてみてください。

要領が悪い人は本質を理解する能力に欠けている

要領が悪い人

要領が悪い人の特徴として、本質を理解する能力に欠けているということが挙げられます。

このようなタイプの人はとにかく理解力がありません。

人の本質とはその本来の姿とされていますが、漠然と本質の言葉を理解しようと思ってもほとんどの人はできないかもしれません。

物事の本来の姿を見抜く力というのは未来を予測できたり、ある程度のことの成り行きを想像できることが本質を理解するということになります。

要領が悪い人にとっては自分の現状を理解できずにいるため社会に取り残されることもあり得るのです。

要領が悪い人は片付け・整理整頓ができない

要領が悪い人の特徴として、要領が悪い人は片付けや整理整頓ができないということが挙げられます。

これが要領が悪い人の一番当てはまることかもしれません。

要領が悪いということは頭の中でいろいろなことをまとめて考えることが難しいため、片付けや整理整頓もどのようにするべきかまとまらないのです。

いざ片付けようと片っ端から物を出して整理整頓しようと試みますが、どう整理して良いのか分からなくなってしまいます。

それによってそのままに物を放置したり、乱雑に物を積み上げて置いただけでも整理整頓をした気持ちになります。

要領が悪い人は時間配分ができない

要領が悪い人の特徴として、時間配分ができないということが挙げらえらます。

つまり時間の逆算をすることが苦手です。

何をどのように進めれば間に合うのか、終わるのか、そのためにペースをどのようにすれば良いかなど時間の使い方を理解できていない場合が多いです。

仕事においては時間との戦いであることもあります。

要領が悪い人は自分のペースで仕事をする傾向があるので、重要な仕事のときは周囲も気にしてあげるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク



要領が悪い人は常に慌てている・混乱している

要領が悪い人の特徴として、要領が悪い人は常に慌てていたり混乱しているということが挙げられます。

次から次へとやるべきことがあると頭の中が混乱している状態です。

そのためいろいろなことに手を付けても全部をきちんと終わらせるまでにかなりの時間を要します。

慌ててやるわりにはまったく進んでいなかった、などという状況も考えられます。

このような人は自分の進めるペースを考え、早めにやるべきことを始めておくべきでしょう。

要領が悪い人は自分に自信がない

要領が悪い人の特徴として、自分に自信がないということが挙げられます。

意外と要領が悪い人は自覚があるため、自分が重要な仕事を任されたり、責任を持たされることは自分に自信がないためとても嫌がります。

それでも社会人として避けては通れないこともあります。

自信がないからと言って避けることは無理があります。

またこのような人は最後までやり遂げるということが人よりも劣っていることがあるので、周囲も理解をしてあげるべきです。

要領が悪い人は他人の目を気にしすぎている

要領が悪い人の特徴として、他人の目を気にしすぎているということが挙げられます。

要領が悪いわりには他人の視線を感じたり気にする傾向があるため、緊張が増して自分が何をやっているのか分からなくなったりすることがあります。

要するに集中力が無いと言えます。

誰かの目を気にして集中力が途切れてしまうので自分のやるべきことが中途半端になってしまいます。

要領が悪い人は悪いなりに自覚を持つべきでしょう。

スポンサーリンク



要領が悪い人は自分の能力を把握できていない

要領が悪い人の特徴として、自分の能力を把握できていないということが挙げられます。

この場合、把握できていないこともありますが、自分自身を過信しているとも言えるでしょう。

どこかで自分はやればできるというような過信があるため、結果自分の能力を活かし切れずに終わってしまうことが多いです。

その場合は他の誰かの手助けを要しているので、自分ひとりでできることには限界があることを認識するべきでしょう。

要領が悪い人は全てを自分でしてしまおうとする

要領が悪い人の特徴として、全てを自分でしてしまおうとするということが挙げられます。

要領が悪いのにも関わらず仕事なども自分で抱え込み、結果全うできずに周囲の協力を得ることになってしまいます。

抱え込むと言ってもこのような人は周囲からも見下されている傾向があるため、誰でもできるような簡単な仕事を押し付けられ、その仕事が山積みになっていきます。

要領が良ければ仕事はさばいていけるはずですが、何せ時間の配分も苦手であることから抱え込む量が増えていきます。

要領が悪い人は無意味なこだわりがある

要領が悪い人のとくちょうとして、無意味なこだわりがあるということが挙げられます。

そのこだわりが要領の悪いさをより悪くしていきます。

要するに自分なりのポリシーがあるため曲げられないのです。

また決して自分にとってはそのポリシーは無意味ではありません。

周囲には滑稽に見えると思いますが、本人的にはいたって真剣です。

スポンサーリンク



要領が悪い人は何でも後回しにして仕事が終わらない

要領が悪い人の特徴として、何でも後回しにして仕事が終わらないということが挙げられます。

要領が悪い人は仕事の段取りができません。

段取りとは早く片付けられることは早く終わらせて、ボリュームのある仕事は後からじっくりとするなど、自分の中で折り合いを付けながら仕事をしていくものです。

その際もちろん仕事の期限や時間的なことも考慮しなければなりません。

ですが要領が悪いと嫌な仕事に手を付けることができずに後回しにしてしまいます。

それでは効率がとても悪く、急ぎの仕事であった場合は相手に迷惑を掛けてしまいます。

要領が悪い人は仕事を丁寧にしすぎる・効率が悪い

要領が悪い人の特徴として、仕事を丁寧にしすぎたり効率が悪いということが挙げられます。

仕事を丁寧することはとても大切なことです。

また丁寧な仕事は相手の信頼も得られます。

ですが要領が悪い人がやる丁寧すぎる仕事とは、単なる仕事が遅いだけの話しです。

サッと仕事をこなすことができないので、よって効率が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク



要領が悪い人は仕事が終わっていないのに他の仕事を受ける

要領が悪い人の特徴として、仕事が終わってないのに他の仕事を受けるということが挙げられます。

これは周囲も気を付けるべきでしょう。

急ぎの仕事は要領が悪い人には任せず自分でするべきです。

とは言っても、周囲もそれくらい分かっているはずです。

要領が悪い人に回す仕事は期限が長かったり、急ぎの仕事ではありません。

それを要領が悪い人も分かっているのです。

そのためどんどん仕事を引き受けることをしてしまいます。

自分の要領の悪いさを甘んじている証拠です。

要領が悪い人は経験値が浅い

要領が悪い人の特徴として、経験値が浅いということが挙げられます。

経験値が浅いとは言っても長く働いている人もいるわけです。

経験が浅いという言葉は当てはまりません。

ですが長く働いているにも関わらず要領が悪い人はスキルが身についていないということが当てはまります。

新しい仕事なども吸収することができていないので、過去にやった仕事でもまるで初めてやったかのような要領の悪いさを露呈してしまいます。

要領が悪い人は言われたことしかできない

要領が悪い人の特徴として、言われたことしかできないということが挙げられます。

これが一番のネックになります。

ですが最近このタイプの人は増えています。

必要以上の仕事をしたがない人が多くなっているのです。

つまり自分のスキルアップのチャンスを自ら拒否しているとも言えます。

要領が悪い人は自分自ら導いていると言ってもよいでしょう。

要領が悪い人は場当たり的で全体像が見えていない

要領が悪い人の特徴として、場当たり的で全体像が見えていないということが挙げられます。

こうなってしまうと性格的なものもあるので仕事に不向きな人であると言っても過言ではありません。

ですが人は仕事をしていかなければいけないのです。性格的なものだと言って片付けてはいけないことです。

要領が悪い人が職場にいると周囲が苦労することは目に見えています。

職場的にそういう人をフォローできる体制である会社はとても良い会社です。

要領が悪い人がいたらできる限り理解をしてあげることが大切でしょう。

要領が悪い人が改善する方法

要領が悪い人が改善できる方法はあるでしょうか。

要領が悪い人は自分で気付いていれば良いですが、気付いていてもどのように改善すべきか悩むところでしょう。

ここでは要領が悪い人が改善する方法を紹介していきます。

要領が悪い人は目的を意識する

要領が悪い人が改善する方法として、目的を意識するということが挙げられます。

要領が悪い人は今自分が何をしているのか、何をすべきなのか、このさきどのようにするべきかということが理解できていません。

理解はできてもそれをどのようにしていかなければならないのか見えていません。

まずは自分の今の目的を意識して集中してみることが必要です。

ただ集中しても答えは見えてきません。

きちんとした順序を立てて取り組むんでいくように努力しましょう。

要領が悪い人は相手が求めていることを考える

要領が悪い人が改善する方法として、相手が求めていることを考えるということが挙げられます。

仕事は常にギブアンドテイクということを念頭に置くことが大切です。

誰かに仕事を任されたら相手が何を求めているのか、また想像を膨らませていくことが必要になってきます。

要領が悪い人は想像力が貧弱です。

もっと想像力を付けていくこともしていきましょう。

スポンサーリンク



要領が悪い人は今するべきことだけをする

要領が悪い人が改善する方法として、今すべきことだけをするということが挙げられます。

要領が悪い人は頭の中で整理がつかないことが多いので今していることをまとめる力が乏しいです。

そして頭の中はとっ散らかってしまいます。

まずは今すべきことに集中して整理することをしてみましょう。

それはメモに書き出してみることも方法です。

他人にはできて自分ができないということがないように力を付けていってください。

要領が悪い人は無理をしない

要領が悪い人が改善する方法として、無理をしないということが挙げられます。

要領が悪い人はなぜか無理をします。

ですがその無理は無駄です。

要領が悪いのに無理することは必ず誰かに迷惑を掛けています。

つまり要領の悪さが他人にしわ寄せされて行っているのです。

できることだけをまずやって、いろいろなことを抱え込まないようにしていきましょう。

要領が悪い人は人に任せることを意識する

要領が悪い人が改善する方法として、人に任せることを意識するということが挙げられます。

意外と要領が悪い人は謙虚さが足りないことがあります。

またプライドが高いこともあり、要領の悪いさを指摘されることを嫌います。

ですが自分の要領の悪さを周囲に理解してもらうためにも人に任せることも大切です。

人には限界があります。

限界を感じたとき、誰かに助けてもらうことでやり遂げられることは確かです。

変なプライドは捨てて謙虚になりましょう。

スポンサーリンク



要領が悪い人は職場環境を変えてみる

要領が悪い人が改善する方法として、職場環境を変えてみるということが挙げられます。

要領が悪い人にとって周囲が理解してくれる環境は必要です。

職場のカラーは入ってみないと分かりません。

アットホームな職場もあれば、ただ協調性もなく仕事をこなすだけの人が多いところもあります。

自分にとって居心地の良い職場を選択することも大切です。

また職場が変わって要領の悪さから脱することができたという人もいることでしょう。

自分を活かしてくれる職場は必ずあります。

ぜひ職場環境を変えてみることをお勧めします。

要領が悪い人は経験をたくさん積む

要領が悪い人が改善する方法として、経験をたくさん積むということが挙げられます。

要領が悪いなりにたくさんのことを吸収してスキルアップすることが必要です。

そのためには自分はできないという諦めは一切捨て、前向きにどんどんなりふり構わずやってみることです。

経験は必ず自分を上げてくれます。

できないとばかり言っていても何の解決にもなりません。

自分を高めていくこともしてみましょう。

要領が悪い人にイライラしないためには

周囲にいる要領が悪い人にはイライラさせられます。

いくらイライラしても本人はどこ吹く風という人もいます。

そんなイライラさせられる要領が悪い人とどう付き合っていくべきか紹介していきますので参考にしてみてくだい。

単純作業を任せる

要領が悪い人にイライラしないための方法として、単純作業を任せるということが挙げられます。

そんな人に仕事を頼んでイライラするよりは自分でやってしまえば早いですし、イライラすることはありません。

ですが要領が悪い人はそれでは仕事がなくなってしまいます。

そのようなときは簡単な単純作業を頼んでみましょう。

案外そうした作業は得意かもしれません。

要領が悪い人に段取りをさせない

要領が悪い人にイライラしないための方法として、段取りをさせないということが挙げられます。

仕事の段取りほど要領が悪い人に任せて失敗することはありません。

要領が悪い人にとって段取りということが一番難しいのです。

それができないために段取りが悪くなっています。

もし仕事を頼むであれば、段取りは自分でしてその途中段階の仕事を少しずつ頼んでみましょう。

要領が悪い人と自分を比べない

要領が悪い人にイライラしないための方法として、自分を比べないということが挙げられます。

これは要領が悪い人と自分を比べて同じ土俵に乗っているということになります。

同じ土俵に乗るということは、良く言えば人を尊重しているとは言えますが、悪く言えば自分が勝っていると感じるための自己満足でしかありません。

イライラしたくないのであれば自分が相手よりも上手になって操るような懐の広い人になりましょう。

スポンサーリンク



自分が苦手な仕事を任せる

要領が悪い人にイライラしないための方法として、自分が苦手な仕事を任せるということが挙げられます。

自分が苦手な仕事とは個人差がありますが、多くの人は単純で細かい繰り返し作業が苦手です。

そんな作業ほど要領が悪い人にとって得意分野と言えます。

得意な仕事はそういう人に任せてしまうほうが楽です。

要領が悪いから、と匙を投げるのではなく、任せても大丈夫な仕事を見つけてあげることも周囲の心遣いとして大切です。

褒めてあげて自信をつけさせる

要領が悪い人にイライラしないための方法として、褒めてあげて自信をつけさせるということが挙げられます。

要領が悪い人にとっては自分はどんな仕事に長けているのか見失っている人が多いです。

ですが人は働かなくてはいけないので雇ってくれる職場があれば見つけて働きます。

そこに順応できない人は要領が悪いと思われてただ毎日職場に通うだけの生活になってしまうのです。

要領が悪いと言っても本当に要領が悪いのか定かではありません。

もしかしたら新しい仕事で要領が良い人に化けるかもしれないのです。

そんな優秀な原石を掘り当てるためにも褒めて自信を付けさせてあげましょう。

要領が悪い人に向いている仕事

要領が良い悪いに限らず、人には向き不向きの仕事というのがあります。

事務が苦手だという人がいますし、接客が嫌いだという人もいます。

ですがもし自分が要領が悪いことによってどんな仕事が向いているのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そんな人に向いている仕事を紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

職人

要領が悪い人に向いている仕事として、職人はいかがでしょうか。

職人にもいろいろな仕事の職人がいますが、職人はコツコツと人のためになる仕事を客と向き合うことができるます。

誰かの役に立つというのは仕事であればすべてがそうですが、特に職人は直接的な場合が多いです。

職人はスキルが必要です。

今日始めてすぐに一人前になるわけではありません。

ですがコツコツ積み重ねてじっくりと仕事をしていくことが好きな人にはおすすめです。

データ入力

要領が悪い人に向いている仕事として、データ入力が挙げられます。

データ入力は膨大なデータを処理していく仕事です。

今はデジタルの時代です。

そんなデジタル化には人が入力したデータが役立つことになります。

ただデータ入力はずっと座りっぱなしであったり、同じ態勢での仕事が多いのでじっと仕事をすることが苦手な人には向いていないかもしれません。

ですが同じ作業を続けることが苦にならない人にはおすすめです。

自営業

要領が悪い人に向いている仕事として、自営業という仕事を選ぶことができます。

当然自営業は自分が経営するわけですから、経営能力が必要です。

ですが誰かにイライラされながら仕事をしなくても良いことを考えると自営業は気楽かもしれません。

その分同僚からイライラされなくても客にイライラされては意味がありませんが、同僚と客とではまた気持ちが違ってくることも考えられます。

自営業で自分の能力を発揮できることもありますので、どんどん自分を変化させていってみるのもおすすめです。

研究者

要領が悪い人に向いている仕事として、研究者ということが挙げられます。

要領が悪い人=仕事ができないと決めつけることがすでに間違っているのかもしれません。

要領が悪いのは何かを突き詰めていく性格であることもあるのです。

そんな人には研究者という仕事は向いています。

ただこの仕事としてはずっと何かに興味があって、その興味に向かって研究をしていきたい人には向いていますが、ただ漠然と研究したいという気持ちだけでは時間が過ぎていくだけです。

研究者は何か心を動かされるものがあればそれに突き進んで研究したい人にはおすすめです。

清掃

要領が悪い人に向いている仕事として、清掃の仕事があります。

清掃の仕事は誰でもできる、と思われがちですがそれはまったく違います。

清掃の仕事ほど大変な仕事はありません。

例えばトイレの清掃をしてくれる人には頭が下がります。

人は自分の関わりのない場所では綺麗に使おうとする気持ちはまったくおきません。そのため公衆トイレや色々な場所のトイレで汚いトイレに出くわしたことがある人がいるのではないでしょうか。

そうしたトイレを清掃してくれる人はただ綺麗にすることだけに集中しています。要領が悪い人は一心に仕事をすることを得意とする人が多いので綺麗にすることが得意な人にはおすすめです。

レジ打ち

要領が悪い人に向いている仕事として、レジ打ちの仕事があります。

これはどうしても接客が入ってくる仕事なので接客が苦手な人にはおすすめできませんが、単純作業が好きな人には向いている仕事です。

ですがレジ打ちという単純作業に接客がプラスされる仕事はたとえ要領が良い人でもできるということでもありません。

まずレジ打ち以前に接客が得意である必要があります。そこへ単純作業が入ってくるということです。

要領が悪いと思われがちな人は人当たりが良い人が多いです。

接客は人当たりが大切なので接客に抵抗がない人にはぜひおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

要領が悪い人と思われる人はよくいますが、生活環境によって要領の良し悪しは関係ない場合があります。

職場でも要領が悪くて使えない人とされる人も職場が変わるだけで大きく自分の立場が変わる場合もあり得るのです。

自分が要領が悪い人と思っている人は今の環境を変えてみましょう。それによって違う自分を見付けることができるかもしれません。

自分は要領が悪いから、と開き直るよりも周囲が認めてくれる想像力のある人になれるように努力していきましょう。

【関連記事】

不器用な人の特徴・仕事・適職・克服する方法・恋愛・上手くいく方法は?

不器用な人の恋愛の特徴・モテる理由・脈ありのサイン・付き合うときの注意点

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク