字が汚い人の特徴!頭が良い?デメリット・改善する方法は?

字が汚い人

誰にでも美しい文字には憧れがあります。汚い字を直したい人もいることでしょう。

履歴書を書くときも間違いなく丁寧な字を集中して書くのが面倒くさいと思う人も多いと思います。

綺麗な文字の人の美文字に対して汚い文字の人を汚文字という言葉も近年では使われるようになりました。

字を奇麗に描けるようにしたいと思っている人も多いでしょう。

字が汚い人の理由や性格、社会に出てからの字を綺麗に書くポイントを見ていきたいと思います。

字が汚い人の特徴とはどんなものなのでしょうか。そして字が汚い理由や原因を調べていきたいと思います。

字が汚い人はなぜ汚い?

なぜ字が汚いのか、字が奇麗に書けるようになりたい。

そういった人も多いと思います。字が汚い原因や理由をしっかり確かめていきたいと思います。

字の汚い人の特徴などについての理由なども突き詰めていきたいと思います。

字の汚い人の原因の一つは字の綺麗さを意識せず、どうでもいいと思っているからです。

読めればいいと思っているのです。字が汚い人は、なぜ字を奇麗に書こうとしないかというと、字が汚い人は、物事を早く終わらせたいのです。基本的に字の汚い人はせっかちな人が多く、自分が読むのだから良いだろう。丁寧に書くよりも早く終わらせたいという強い気持ちを持っています。小学生の頃から早く終わらせたいと色々なことをすると、字が汚くなります。字が汚い原因の一つとして、字の美しさを気にしていない人が多いのです。字は読めればいいという考え方の人がです。女性の方が綺麗さや可愛らしさを追求するので、男性の様が汚い文字が多いようです。一方字が汚い人は仕事が早いという気がします。

字が汚い人の特徴

字が汚い男性の特徴として手が大きいことです。

手が大きく文字が書きずらいのに、急いで書くので余計汚い字になってしまいます。

字が汚い男性は、男性は字が汚くても良いと思っています。

女性は奇麗な字を書いて、男性は字が汚いものと思っています。他人に読みにくいということをあまり気にしないので、思いやりがありません。

字が汚い男性は頭の回転が速いのです。

体よりも頭の方が早く動くので字が汚くなってしまいます。字が汚い女性は可愛らしさを意識していません。

可愛らしさよりも効率を意識している可能性が高いのです。

字が汚い女性は個性が強く、可愛らしさを意識するあまり読みづらくなるということもあります。

女性は様々なストレスを抱えやすく、そのためどうでもよくなって字が汚くなるということもあります。

中には字を重要視していなくて字が汚いということもあります。字を奇麗に書くとか、誰かに読んでもらうという意識がないのです。

字が汚い人は他人の目をあまり気にしない

字が汚い人はそれほど他人の目を気にしません。

平気で自分のノートを人に見せたりします。文字とは記録するたものものです。

他人が見ることが本来なら前提になりますが、字の汚い人は周りを気にしません。

文字は他人が読むということを重視しないのです。

女性でも可愛らしさをあまり意識していない人が多いようです。

可愛らしさより効率を意識しているので字が汚くなってしまうのです。

とにかく早く済ませたいのです。

字が汚い人は自由奔放で好きなことをしている

字が汚い人は、字が汚いということを全く気にしていません。

自分の好きなようにメモやノートを取るので自由奔放と思われているようです。

字を奇麗に書くということは他人に見やすく書くということでもあります。

なので、思いやりがない人と思われてても仕方のないことです。

反面字が綺麗な人は分かりやすく綺麗にノートを取るので真面目で几帳面で先のことまで考えている人だと思われます。

字が綺麗な人はしっかりとした技術がないと務まらない職人が多いようです。

スポンサーリンク



字が汚い人はせっかち

字が汚い人はゆっくり書こうとしないので、せっかちな性格の人が多いのです。

天才肌というわけでもなく、勉強があまり得意ではないということでもと言う特徴があります。

字が下手な人は、せっかちで面倒臭がりという特徴があります。

ゆっくり書けば人に読める字も書けるのです。字を奇麗に書く方法は、とにかく落ち着いて字を書くことです。

字が汚い要因として急いで書いているということがあります。

字を落ち着いて書くということはとても大切なことです。

字を奇麗に書くということに落ち着いて書けないと言いうのもおかしな話で、落ち着いて丁寧に書いてるうちに速度を上げることも出来てくるはずです。

しっかりとした積み重ねが重要です。

字が汚い人は頭の回転が早い

字が汚い人の中には頭の早い芸術家気質の性格の人も多くいます。

著名な作家の中にも手書きの頃は何を書いているのか分からない達筆すぎる作家もいました。

現代ではPCなどで執筆しているのでそのようなことはあまりありませんが。

頭の回転の速い人はなぜ字が汚いかというと、頭の回転に手が追い付かないのです。

そのため字が汚くなってしまうのです。字が綺麗な人は字を奇麗に書くことに意味を感じてしまうので頭の回転頭の回転が悪くなるということがあるようです。

字が汚い人は天才肌とも言われることもあり、少しでも他のことに時間をかけるようにしています。

字が汚い人は自己中心的な性格の可能性

字の汚い人は、多少他人に読みづらくても構わないという自己中心的な態度が隠れています。

字を書くという一つの作業が性格を現せることがあります。

他人が読むと思えばもう少し読みやすい字をゆっくり丁寧に書く他人に読める字が書けるはずです。

字が汚い人はそういうことを考えていません。

とにかく字の綺麗さを気にせず早く書くことを優先します。字が汚いというだけでガサツと捉えられてしまうことがあります。

スポンサーリンク



字が汚い人は大雑把・めんどくさがり

字が汚い人は面倒くさがりの人が多いのです。

読めないような字を書いても、普通の人は手直しをするところが、前後を読めばわかるだろうと書き直したりしません。

字が汚い人は単純にせっかちなだけで、勉強があまり得意でもなく、面倒臭がりという特徴の人もいます。

面倒臭がり屋の人は字を書くスピードも速くはなく、単純に字が汚いのです。

字が汚い人はガサツ

字が汚い人はガサツです。

よく言えば細かいことを気にしないおおらかな性格とも捉えられます。

ゆっくり書けば他の人も読めるのにそうしません。

少しくらい読みづらくても構わないという他人に思いやりのないところが見えてしまい、

字が汚いというだけでガサツな人間というレッテルが貼られるかもしれません。

字が汚い原因

字が汚い人はなぜ、字を奇麗に書くことができないのでしょうか。

字が汚い人は全てのことを早く終わらせたいというせっかちな人が多いのです。

字が汚い人は仕事が早い人が多いような気もします。

字の綺麗な人はある程度の技術を身につけてから物事に取り組む姿勢があるようです。

脳の障害である「発達障害」である場合もあります。

発達障害は生まれつきの脳の障害です。

そのような場合字を奇麗に書くのは難しいことです。

その人にあった方法で文字を奇麗に書けるような体制を整えてあげることも必要です。

ストレスで体や文字に現れることともあります。

ストレスと開放で出来るようにしてあげることも必要です。

字の書き方を知らない

字の汚い人の原因として、書き順や止めはねが理解できていません。

とにかく早く書くことに意識がいっているので殴り書きしてしまっているので、上手に書けないことを理解していないのです。

綺麗な字を書くことが出来ない人はペンを正しく持っていないことも原因のひとつです。

字が汚いというだけで損をすることは沢山あります。

企業側にしてみると、字が汚いというだけで読まずに不採用ということも稀にあるようですので、字の書き方をもう一度見直すことです。

キレイな字を理解していない

字が汚い人は字の綺麗さを気にしていません。

読めれば問題ないと思っています。

字の美しさはどうでもよいのです。

綺麗な字というものを理解していないのです。

綺麗な字というものを理解していないと綺麗な字を書くことはとても難しいものです。

書き順や形を分かっていても、美しく見える綺麗な字というものを理解していないと見本なしに綺麗な字を書くのはとても難しいものです。

綺麗な字を理解していないのは字が汚い原因と繋がります。

綺麗な字を書くには綺麗な字とはどういうものかを理解する必要があります。

見本になることはインターネットにもあるはずです。

殴り書きをする

字が汚い人は、早くことばかり集中して殴り書きをしてしまいます。

殴り書きでは字は上手に書けるわけがありません。

落ち着いて書き順を守り、とめ、はね、はらいを意識して書くことが大事です。

字を書く練習をしていない

字が汚い人は字を書く練習をしていません。

書き方の基本を意識して文字を書いていないのです。

小学生の最初の頃は字を書く練習をしていたでしょうが、その後はしていない人がほどんどではないでしょうか。

しっかりとポイントを押さえて練習すれば身に着きます。

字が汚い人の原因や理由は字を書く練習をしていない可能性が高いのです。

綺麗な字を理解していないわけではなく、練習をしていないのです。

スポンサーリンク



効率を意識している

字の汚い人は効率を意識していて、文字を書くスピードを意識しているので、文字は読めればいいと思っているので、綺麗さを考えていないのです。

早く書こうとすれば文字の綺麗さも求められないのです。

字が汚い原因になります。

効率を意識してパソコンを使う事で文字を書く機会が減って、結果的に字が汚い原因になってしまうこともあります。

早く書こうとすると綺麗な字は失われてしまいます。

それは当たり前なことです。

字が汚い人は頭が良い?

学生の頃に、字がすごく汚いのに成績はトップクラスの人がいます。

字が汚い人たちはノートをとる時間が短く、先生の話をじっくり聞けるのです。

授業中に先生の話をじっくり聞くことで先生の言っていることを理解できるのです。

黒板は先生の補助の役目でしかないことを気が付いているのです。

授業中に先生の話を理解しないと成績は上がりません。

字が汚い人は字が綺麗なことに意味を見出せないのです。

ノートを取る時間を短く先生の話を他の人より長く取れるのです。

しかし、字が汚いから頭が良いかと言えば全てには当てはまりません。

字が汚いことのデメリット

日本語は、かな、カタカナ、漢字などで出来ていて、日本語自体がとても美しいのです。

字が綺麗なことに価値を見出している少ない国に日本が入っているのです。

字が汚いということは奇麗な人や真面目そうな人が字が汚いことで、悪い意味でのギャップを生みます。

恋が覚めてしまうこともあるでしょう。

ですが、その程度で覚める恋ならその程度のものなのでしょう。

周りから字が汚いと思われる

周りから字が汚いというイメージがつけられますが、仕方のないことです。

字の汚い人は周りの人の目を気にしないので、会社でもマイナスの評価を得てしまうこともあります。

見た目が綺麗な女性の字が汚いと男性はショックを受けることもあります。

お付き合いする人は字の綺麗な人の方がいいと思っている男性も少なくないはずです。

また、入社面接のときに、履歴書の字が汚い人と、字が綺麗な人が面接に来たらあまり変わらない二人だとすると、字の綺麗な人が採用されるでしょう。

字が汚いというだけで、履歴書さえ読まれないというケースも稀にあるようです。

人は目に見える情報から相手の人間性を判断してしまうことが多くあります。

字の汚い人はガサツであまり勉強もしてこないので頭のあまり良くないだろうと思われてしまいます。

字の汚さと人間性はあまり関係ないのにそういったイメージを与えてしまいかねません。

スポンサーリンク



「これなんて書いているの?」と聞かれることが多くなる

字の汚い人は自分のためにメモを取るので、他人には読めないことがあります。

「これはなんて書いてあるの?」と言われることが多いと思います。

会社で書類を提出しても、読めないので書き直してほしいと言われることもあるでしょう。

そんな時は二度手間になってしまいますね。

もしも一度でも読めないと言われたことがある場合は、相手に読めるように意識して字を奇麗に書くことに心がけましょう。

自分のためにも相手のためにもなります。

自分が書いた字を読めなくて困る

字の汚い人は、沢山の情報を自分で読めればいいと殴り書きでメモをとります。

しかし、後で自分で見てもなんて書いてあるか分からないことがあります。

そんなことになっては元も子もない結果になってしまいます。

仕事での評価が悪い

字が汚いデメリットで仕事での評価が悪いことがあります。

字が汚いと仕事が出来ないと思わるイメージに繋がるという悪い評価を受けやすいのです。

そういった場合の回避方法はしっかりと仕事ができることです。

字が汚くてもしっかりと結果を出していれば問題はありません。

仕事が出来ない人はせめて文字だけでも奇麗に書く努力をしましょう。

評価が少しでも良くなるように、文字で人柄が分かるという人もいるので、字を奇麗に書くということは、人間関係を上手くやる一つの方法です。

字が汚い人への周りの反応

美文字に対して汚文字という言葉があります。

誰しも美文字に憧れますが、汚文字の人に対する周囲からの反応は、繋げ字やミミズ文字で書いた本人にも読めないということがあります。

字が汚い人への周りからの反応はどのようなものなのでしょうか。

読めないと思われる

繋げ字や、ミミズ文字など、自分では読める字でも、汚い字では相手が読めません。

読めない部分を聞かれたり、最悪やり直しになる場合もあります。

誰かに見せる時は奇麗な読みやすい字で書くことです。

相手から読めないと言われてことがある人は、出来るだけ普段から意識をして自分の為にも相手のためににも綺麗な読めるような字で書くようにしましょう。

時には困ったことに相手だけではなく自分も読めないことがあります。

見た目とのギャップがある

奇麗なルックスやファッションが素敵な人であればあるほど、周りの人はそのギャップに驚くことでしょう。

真面目そうに見えても字が汚いと悪いイメージのギャップに繋がります。

綺麗な人が汚い字を書いていると抱いていた恋心も覚めてしまうかもしれませんが、そんなことで覚めてしまうようならその程度のものですのであまり気にする事はないでしょう。

幼稚・幼い

汚文字のイメージは幼い子、幼稚と評価されてしまうことがあります。

幼い子が書いた文字は読みづらいのでイメージでそう評価されてしまいます。

スポンサーリンク



人間性を判断

字の汚い人は、面倒くさがり屋の場合身だしなみに気を遣わない髪の手入れもあまりせず、衣服も乱れている人も少なくありません。

適当と思われてしまうこともあります。

字が汚いというだけで頭が悪いイメージも付けられます。

字の汚さで判断するなんてと思う人もいますが、あまり良いイメージがないのは確かですね。

適当とガサツというイメージが付いてしまいます。字の汚い人に発達障害の人が多いのです。

発達障害の人は、落ち着きがなかったり、独り言を言ったり、集団に馴染むことが不得意です。

授業中も落ち着いて聞くことができません

字が汚いのを改善する方法は?

少しでも綺麗な字を書くための方法として、落ち着いて字を書くことです。

汚い字の原因として急ぎすぎという可能性があります。字の綺麗さを意識しているなら落ち着いて書いていないとおかしな話です。

落ち着いて書くことを続けていると、綺麗な字で速度を上げることができるようになります。

しっかりとして積み重ねが大事になります。

綺麗な字を書くためには正しい書き順で書くことが大切です。

書き順には意味があります。綺麗な文字を書くために面倒でも書き順を守って書くことです。

字が汚い人は美しい字をイメージして書いていません。

早く済ませたいの精神では決して字は奇麗になりません。綺麗な字を書くためには丁寧に注意深く気を配って書くことが大事です。

字が下手で発達障害を持っている人の場合は、字を奇麗に書かせようとするとストレスになってしまうこともあります。

大きな目のノートや方眼ノートを使用し、決してプレッシャーを与えないことです。

正しいペンの持ち方で書く

字の汚い人の多くは、ペンを持つ手が強すぎたり、逆に力が全く入れてなかったりします。

親指、人差し指、中指の三本でしっかりとペンをホールドするようにしましょう。

字を奇麗に書くためには、正しいペンの持ち方で書くことが大事です。

姿勢を良くして書く

奇麗な字を書くには姿勢を正しくすることです。肘を机の上から少し浮かせます。

椅子は深く腰掛けずに浅く腰掛けます。肘と脇の間にスペースを作ることが大事です。

字が汚い人は肘をあまり動かそうとせずに書こうとします。

他人の目を意識して字を書く

字が汚い人は他人の目をあまり気にしていません。

他人に普通にノートを見せられるのです。字の汚さを自覚していても平気でノートを見せられるのです。

それはあまり、他人の目を気にしていないからです。

自分のメモでも他人が読むと思って書くと確実に字は変わってきます。

自分の好きな人に書いていると意識をして書くと自然と字が綺麗になっていきます。

好きな人に地が汚くてガサツな人だと思われないように丁寧に読めるような字で書くことを心がけましょう。

とめ、はね、はらいをしっかり書く

とめ、はね、はらいを意識した文字は奇麗です。

字の汚い人はこの、とめ、はね、はらいを無視して抑揚のない文字になってしまいます。

書き順を守って、とめ、はね、はらいの位置を正しいお手本をみておぼえていきましょう。

まっすぐな線を書く練習をする

字は線で構成されています。

まっすぐな線を書くことは奇麗な字を書くことは、嫌いな字を書く基本になります。

字の汚い人はまっすぐな字や円も汚くなってしまいます。

まっすぐな線を書くことは奇麗な字を書く基本的なことです。

字が真っすぐになるように意識して書く

字が汚い人は、字が等間隔ではなかったり、波打ってしまっていることがあります。

字のサイズを揃えて、まっすぐに等間隔に字を書くととても読みやすくなります。

筆圧をゆっくり強く書いてみる

筆圧は強い方が丁寧に見えます。

字を丁寧に書くことで筆圧は強くなります。

字の汚い人は、早く書くことを終わらせたいので、ゆっくり書くことが難しいのですが、ゆっくり濃く書くことは、丁寧な字を書くことでとても大事なことです。

スポンサーリンク



ひらがなは小さく書く

ひらがなを漢字より少し小さく書くことで、文字全体のバランスが良くなります。

ですが、漢字が大きくなり過ぎないように注意が必要です。

バランスが良い文字はとても読みやすいものです。

字を書く姿勢を正してペンの持ち方を見直す

姿勢を正してペンの持ち方を正しくするだけで文字は変わってきます。

中指は添えるだけでいいのです。

小学生の頃に教わったことを思い出して正しい椅子の座り方を思い出して姿勢はとても大事なことです。

成長と共にペンの持ち方も適当になってきます。

もう一度初心に戻って姿勢やペンの持ち方を見直して丁寧に字を書くことを心がけましょう。

まとめ

字を奇麗に書くには、丁寧に書くことを意識してひたすら書くことです。

意識して書くことで自然に普通に綺麗な字を書くことができるようになります。

字の汚さを直すことも、何かを改善することも努力なしに直すことはできません。

目標を達成するための努力を怠らないことが必要です。

ひたすら練習を続けますと変化が見えてきます。

他人に見られるということを意識して文字を書くことで綺麗な字に近づきます。

【関連記事】

おっちょこちょいな人の特徴!直す方法は?

保守的な人の特徴!性格や心理・恋愛の傾向や付き合い方は?

つまらない男の特徴!会話・行動・デート・見極め方や対処法は?

コミュ症の特徴!心理や共通点・原因や改善する方法は?

大雑把な性格の人の特徴!長所・短所・モテる?仕事や改善する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク