人望がない人の特徴・理由や原因・厚い人になるためには?

仕事でも友人関係でも人望のない人とある人で分かれます。

自分では一生懸命に人と関っているつもりでも、なぜか人望のない人っていますよね。

人望がない、と思われるとなんだかとても辛いですし、人間関係で悩むかもしれません。

実は、人望があるなしは自分でもわからない特徴があります。

そこで、人望がない人の特徴や原因、人望が厚い人になるためのポイントをご紹介するので、参考にしてみてください。

人望とは?

そもそも、人望って何?と思うかもしれませんが、人望というのは周囲から信頼されているかいないか、ということです。

つまり、人望がない人というのは周囲から信頼されていない人となるので、人望がない人になるとなんだか悲しい気持ちになります。

人望がない人がいくら頑張ったとしても、周囲から信頼されません。

自分で気づいていないことも特徴的なので、まずは客観的に自分を見つめるところから始めましょう。

人望がない人の特徴

人望がない人の特徴をご紹介します。

自分のことをどうしても人望がない人だなんて思うことができないので、なかなか気づきにくいですが、特徴があるのでまずは知っておいてください。

自分で振り返ってみてもなかなかわからない場合は、周囲に相談して見る事も大事ですよ。

その際、気を使って本当のことを言ってくれないような付き合いの浅い人ではなく、仲良くしている人に相談しましょう。

もしも信頼できる友人がいなければ、家族や兄弟でも良いです。

人望がない人は人の話を聞かない

人望がない人の特徴は、人の話を聞かないことです。

人望がない人は、自分の意見が全てという考えを持っていることが多く、自分がこう思っているのだからこう!という我の強い面があります。

人望のある人は、多くの人から相談されるような人でもあるので「この人なら話を聞いてくれそう」という雰囲気があるんです。

しかし、人望がない人は人の話を聞かずに自分の意見を通すような人は周囲から信頼されなくても仕方がないですよね。

まずは、相手との対話を大事してみましょう。

人望がない人は自慢が多い

人望がない人の特徴は、自慢が多いことです。

人望がない人に限って「人望が厚いから、みんな頼ってきて困る」なんて発言をするような人が多いです。

ただ、実際に人望がある人は、自分が人望があるなどとは言いません。

つまり、全く自分を客観視できていない上に自己評価が高い事が特徴です。

そんな話を聞けば聞くだけ、周囲からの人望が失われていく事に気づいてください。

基本的に普段の言動が謙虚な人ほど、周囲から評価されます。

人望がない人は意見を求めるが取り入れない

人望がない人の特徴は、人に意見を求めても取り入れません。

人望がない人は、自分に人望があると思い込んでいる人も多く、とりあえず人の意見を聞いてフラットな人間をアピールします。

しかし、基本的に自分の心の中には結果が決まっているので、どんな意見を聞いたとしてもその意見を取り入れることはありません。

そんな様子を見れば、誰だって「話したのは無意味だった」とあきれてしまい、結局周囲から人が遠ざかっていく原因になります。

最初に期待させた分、叶わないと人はガッカリして失望するものなので、注意しましょう。

人望がない人は自分勝手な性格

人望がない人の特徴は、自分勝手な性格です。

ただ単に好き勝手に動く人もそうですが、人望がない人は気分のムラが激しいことです。

機嫌が良い時は親切ですが、機嫌が悪いとまるで人が変わったように横柄になります。

人望がない人は、他人に当たったりするような人も多いでの、知らぬ間に人が周りからいなくなってしまいます。

人望がない人はいつも悪口ばかり言っている

人望がない人の特徴は、いつも悪口ばかり言っています。

人望がない人は、自分の気持ちを最優先にしているので、他人の気持ちを想像する感覚に欠如しているんです。

なので、人の良さよりも嫌な面ばかりが気になって、そのことを自分の心に留めておくことができないんです。

自分のことを棚に上げて、人の悪口を言っているので周囲からすると非常に不快感があります。

でも、自分の話していることで他人がどう思っているかを想像する能力に欠けています。

人の悪口ばかり言っていると結局自分の評価を下げる結果になるので、悪口を言いがちな人は避けた方がいいですよ。

スポンサーリンク



人望がない人は異性に媚びる

人望がない人の特徴は、異性に媚びることです。

人望がない人で、自分に人望がないことを理解している人の場合、人望がある人に取り入ろうとします。

男性が女性に媚びることはありませんが、女性の場合は大いにありえます。

例えば、上司に媚びて可愛がってもらった上で何か自分の思い通りに仕事を進めようとしたり、上司に可愛がってもらっているからといってちょっと偉そうな態度をとっている人もいます。

ただ、媚びる媚びないはあくまで周囲の印象任せにもなりますので、媚びているつもりはなくて、空気を読んでいるだけということもありえます。

この点は難しいです。

人望がない人は性格が悪い

人望がない人の特徴は、性格が悪いです。

仕事ができても自信があっても、性格が悪ければ人望がない人になります。

人望がある人は、性格が温和で優しい人が多く、周囲のことをしっかり見ています。

ですが、人望がない人は自分が仕事ができると思っていると、部下や後輩に対しての物言いがきつくなったり、ほかの人の失敗が許せないという心の狭い人間になってしまいます。

誰でもみんな入社したての頃は仕事ができません。

失敗を繰り返してこその知識です。

しかし、人望がない人は自分が失敗したことなど忘れてしまって、最初から仕事ができたような感覚になって、自分より下の人に対して横柄な態度になってしまいます。

結局、人望がない人は信頼がされていないだけではなくて、嫌われてもしまうんです。

スポンサーリンク



人望がない人は仕事ができない

人望がない人の特徴は、仕事ができないことです。

人望がない人は、基本的に自分で責任をとることや成果に向けて一生懸命になるということがありません。

給料さえもらえたら良い、という気持ちが強いのも特徴でそんな仕事ぶりは周囲の人もわかっています。

人望がない人は、基本的に与えられた仕事をそれなりにこなして、求められている以上の結果を残すことはできません。

仕事、というのは与えられた仕事にたいしてどんな結果を求められていて、自分に出来る最大限の力を発揮するものです。

しかし、人望がない人は自分に自信もないですし、自分で出来る範囲の仕事というものをよく理解していません。

なので、周囲からの評価は「あの人は仕事ができないよね」というものになっていきます。

そして、頼まれる仕事などもだんだん減っていてしまうんです。

人望がない人は細かいことにこだわる

人望がない人の特徴は、細かいことにこだわります。

人望がない人は、自分が気になることだけ、執拗にこだわるんです。

本当であれば、細かい部分に目が配るということは周囲の人をよく見ているとか周りの状況をよく見ているということにつながります。

でも、人望がない人は客観性がありません。

ただ単に自分が気になることだけに対して執着します。

プライベートで自分だけの問題なら全く問題はないかもしれませんが、仕事になると細かいことにだけこだわる人は非常に働きにくいんです。

なぜなら、細かい指示を出してくるわりにその細かくこだわった部分に従ったとしても対して仕事のペースがはかどらないです。

全体像をつかめていないので、細かい指示出しをしたところで仕事の成果をつかむことができません。

こういう人が上司にいると部下は苦労しますし、どんどん「あの人は頼りにならない」「言ってることがわからない」と言われて、人望がなくなります。

仕事上で人望がない人は、仕事ができないこととイコールなので自分がそうならないように気を付けましょう。

人望がない人は約束を簡単に破る

人望がない人の特徴は、約束を簡単に破ります。

普通、自分がした約束は守りますし、守れない約束はしません。

しかし、人望がない人はプライドが高くて自分の能力を過信しているため、なんでも受け入れます。

また、友達との約束も平気で破ることもあります。

人望がない人は、どうしても人間同士のコミュニケーションに欠如している部分があるので、約束を破ることもなんとも思いません。

約束を守らないことに対しても、全く悪びれることもなく、人によっては謝罪すらしないこともあります。

人望がある人は、自分がした約束はきっちりと守ろうとしますし、守れなければ謝罪もします。

人望がない人の特徴として、約束の大小で優劣をつけることです。

自分にメリットのある人との約束はきっちりと守りますが、そうでもない人や破っても別に大丈夫そうな人には、簡単に破ります。

そんな部分は、相手にすぐ伝わってしまうので、嫌われてしまいますよ。

スポンサーリンク



人望がない人は嘘をつく

人望がない人の特徴は、すぐに嘘をつくことです。

人望がない人に限らず、嘘をつく人が好かれるわけがありません。

嘘、というのは自分の保身のためにつくものですし、誰のためでもないです。

結果的に、嘘をつくたびに人を傷つけてしまって、どんどん自分の周りから人がいなくなってしまうので、人望を得ようと思った時には、人に対して正直になりましょう。

嘘を一度ついてしまうと、ずっと嘘をつき続けなければいけなくなり、どんどん自分の中で苦しみが増していきます。

苦しい、と思うだけ良い方ですが嘘ばかりついていると知らぬ間に嘘をつくこと自体に違和感を感じなくなってしまう可能性もあるので注意してください。

人望がない人は八方美人

人望がない人の特徴は、八方美人なところです。

人望がない人に限って、他人からの評価が全てだと思っている傾向が強く、自分を良く見せたがります。

なので、人前では良い顔をしたがるのです。

誰にでも良い顔をする人もいますし、自分にメリットがある人にだけ良い顔をする人もいます。

また、人望がない人の多くが、他人の悪口や愚痴を言いたがる傾向が強いので、周囲から「言ってることとやっていることが違う」と評価されて、だんだん信用を失ってしまうんです。

本当は嫌いなのに、自分に利益があるからといってその人の前では良い顔をするような人の行動を周囲の人はすぐに見抜きます。

見抜かれてしまうと「八方美人だ」と言われて、だんだん信頼を失っていき、どれだけ他人に良い顔をしても「どうせ本当のことを話してないんでしょ」と思われてしまいますよ。

人望がない人になる理由は?

人望がない人になる理由をご紹介します!

人望がない人というのは、無意識に自分を守っていたり空気が読めない人も含まれます。

自分ではわかっていてもいなくても人望がなくなる時には特徴があるので、理解しておきましょう。

人望はないよりもある方がなにかと自分のためにもなりますから、人望がなくなる理由となる行動をしていたら、その点は改めることが必要になります。

人望がない人はルーズだから

人望がない人になる理由は、ルーズだからです。

ルーズというのは人望だけではなくて、信頼すら失われてしまいます。

時間や約束などを守れない人は、自分の都合で物事を進めていくことが特徴的で、プライベートだけではなくて仕事上でも同じようなルーズさが出てくることが多いです。

仕事の場合は、友達ではないので責任感が非常に重要になります。

そんな中で、物事に関してルーズな人は当然信頼されません。

何も仕事を任されなくなって、知らぬまに孤立しているなんてことも多いです。

人望がない人は愚痴や悪口が多いから

人望がない人になる理由は、愚痴や悪口が多いからです。

人望がない人じゃなかったとしても、いつも人の悪口を話している人や些細なことで愚痴を言う人というのは、あまり好かれません。

ネガティブ要因の強い話は、誰が聞いたとしてもいい気分はしませんし、愚痴や悪口ばかり聞かされていると、「この人は陰で自分のことも悪く言ってるんじゃない?」と他人から疑心暗鬼の気持ちを引き出してしまいます。

そうなると、人望や信頼はどんどん損なわれていきますが、それでもぺらぺらと自分の思うまま話していくのが、人望がない人の特徴です。

人望がない人は言い訳が多いから

人望がない人になる理由は、言い訳が多いからです。

誰しもが失敗した時ミスをおかした時に、そういうつもりじゃなかったとかこうだからこうしたら失敗したとか言い訳をしたくなります。

言い訳全てが悪い、というわけではありませんが、人望がない人は特に言い訳が多いことが特徴です。

自分の非を認めることができない人が多く、我慢もしません。

悪くない、ミスをしたのは誰かがこうしたからミスにつながったなど言い訳が多くなります。

言い訳をして、自分が悪くないと主張したとしても結果は変わりません。

大人なら、我慢をすることができなければ、人からの信頼や評価を受けることはできないです。

人望がない人は無責任で人におしつけるから

人望がない人になる理由は、無責任で人におしつけるからです。

人望がない人というのは、自分で何かを背負うことを極端に嫌います。

それは、自分に自信がない特徴を持っている人が多いから必然的な感情ですが、ただ仕事でこの特徴が出てしまうと、周囲からの信頼は失われていきます。

特に後輩や部下からの人望はありません。

社会人としての意識が足りない人が人望がない人には多く、自分は悪くないという思い込みが激しいので、失敗は全て誰かのせいです。

それでは、信頼されるわけないですよね。

スポンサーリンク



人望がない人は口先ばかりで行動が伴いから

人望がない人になる理由は、口先ばかりで行動が伴わないからです。

立派な夢や理想を語り、自分の考えがどれだけ広い世界なのかということを話すわりに、蓋を開けてみたら何もしてなくない?という人が多いことも、人望はない人の特徴です。

夢や理想を持つことはとっても素敵なことですし、誰しもが持っています。

でも、人望がない人に限って、絶対に叶わないような大きな夢や理想だったり、目標に向けて行動もしないのにただ口先だけで良いことを言っているんです。

人望がなくなると、言葉に重みがなくなり、みんなから「どうせいつもの」とバカにされてしまいますよ。

人望がない人は出たがりで周囲の和を乱すから

人望がない人になる理由は、出たがりで周囲の和を乱すからです。

理想が高く、夢みたいなことばかり話しています。

人望がない人に限って、自分の能力を過信している特徴があり、思い込みが激しいので、どうしても人よりも目立ちたい、結果を残したいという気持ちばかりが先に出てしまいます。

自分さえよかったらそれでOKという意識が強いので、周囲の和を乱し、「あの人がいると場が乱れる」と思われて、徐々に誘いがなくなりますし、仕事で言えばリーダーになるような仕事は任せてもらえません。

人望がない人になる原因は?

人望がない人の特徴は理解できても、どうしても人望がない人になってしまうのか、原因を知らない人がほとんどです。

自分でも無意識に思ってしまうことや、感じていることが原因になっている可能性が非常に高いので、しっかりと理解しておきましょう。

人望があるなしに関らず、自分を持つことや誰にどう思われてもいい、という強い気持ちはとても大事なことです。

自分に自信がない

人望がない人になってしまう理由は、自分に自信がないことです。

消極的な態度をとる人多いのも、人望がない人の特徴で人に対して迷惑をかけたくないし、何か失敗して傷つくことも怖いので自分では一切行動しないです。

そういう人は、自然と「頼りにならない」と思われて、どんどん人望がなくなっていきます。

人望がある人は、堂々とした振る舞いで「頼りになりそう」という印象を周囲に与えるので、真逆なタイプだと言えます。

スポンサーリンク



人望を求めて評価ばかりを気にしてしまう

人望がない人になってしまう理由は、人望を求めて評価ばかり気にしてしまうからです。

人望がある人になりたいという強い気持ちから、いつしか人の評価ばかりを気にして、自分の意見がなくなる人もいます。

そうなると、周囲から逆に「自分の意見我ない人」と思われてしまって、結果的に人望がない人になります。

自分に対して、明確なビジョンがないことも特徴なのでこうなりたい自分をもっと意識することが大事ですよ。

傷つきたくないと臆病になる

人望がない人になってしまう理由は、傷つきたくないと臆病になっているからです。

傷つきたくないと思うのは、誰でも同じですが、自分にとって聞きたくないことや見たくないものに対して、拒絶反応が激しいことが特徴的です。

自分にとって不都合なことだとしても、しっかりと聞き、改善できるものであればして、できない可能性があれば相談し合うことができるような人が人望を手に入れる秘訣です。

話に耳を傾けてくれないと周囲も自然と話をしなくなくなってしまいますよ。

人望がない人から人望が厚い人になるためには?

自分に人望がないな、と思ったときに人望がない人が人望が厚いひとになるためにはどうしたらいいのだろう?と思いますよね。

人望がない人が人望を厚くするためには、それなりにしっかりと自分の考えや人望がなくなる特徴を排除していく必要があります。

そこで、人望がない人から人望が厚い人になるためにどうしたらいいのか、という点をお伝えしていきます。

人望を得て何をしたいのか考えてみる

人望がない人から人望が厚い人になるためには、人望を得ることによって何をしたいのかを考えてみましょう。

人望がない人だから人望が欲しい!と思うだけでは、結局自分勝手な特徴が残ったままです。

そうではなくて、自分が人望を得てどうなりたいのだろう?ということを考えてください。

人望を得ることができたら、仕事のチャンスに恵まれるかもしれませんし、もっと明るい性格になれるかもしれません。

なので、人望を得て何をもらえるのか、何ができるのかよりも何がしたいのかといった自分のアクションとして考えるといいですよ。

周囲の人との関わりや交流を恐れない

人望がない人から人望が厚い人になるためには、周囲の人との関わりや交流を恐れないことが大事です。

人望がない人は、どうしても自分のことばかりを見ている特徴があるので、普段から周囲の人の動きや表情などをよく見るようにしてください。

周囲の人と関わり、交流を繰り返していくうちに自分がどんな人間になりたいのかを考えるようになります。

そのように考えが変化していくと、自然と自分を守るための嘘をつかなくなりますし、相手のことを考えて行動するような人になれますよ。

誰にでも公平に接する

人望がない人から人望が厚い人になるためには、誰にでも公平に接しましょう。

八方美人という特徴がある人望がない人なので、人によって態度を変えるという印象が染み付いてしまっています。

そのため、誰に対してもしっかりと公平に接するようになると、周囲の人も話しかけやすいですし、自分としても頼られているような気持ちになるので人望を得られた気分になります。

ここで大事なことは、ちょっと信頼を得られそうだな、と感じた時に気分のムラで態度を変えないことです。

人間なのでどうしても、気持ちの浮き沈みはあります。

ですが、人望を得られるような人間性を持っている人は、気分のムラがなく、自分が辛いことがあっても、周囲の人に気を使えます。

人望がない人は、最初の頃は気を使えたとしても、徐々に態度が変わる可能性があるので、注意しましょう。

スポンサーリンク



自分の仕事をおろそかにせずしっかりする

人望がない人から人望が厚い人になるためには、自分の仕事をおろそかにせずしっかりとすることです。

人望がない人は、特徴として自分のことを良く見せたいという思考を持っているので、人目がある時だけ仕事を頑張って、その時以外はほとんど仕事をしない傾向が強いです。

しかし、人望がある人は、人が見ていてもいなくてもしっかりと仕事で成果をあげようとしますし、そういう姿を周囲の人はちゃんと見ています。

なので、自分の仕事に対してはしっかりとプライドを持って行動するようにしてください。

人からの評価だけを考えてしまうとどうしても偏った頑張りになるので、それは努力とは言えません。

人が言ったことはしっかりとメモをとって厳守する

人望がない人から人望が厚い人になるためには、人が言ったことはしっかりとメモをとって厳守しましょう。

当たり前じゃない?と思うかもしれませんが、人望がない人はあまり人の話を聞かない傾向があり、自分の都合よく話を変えてしまいます。

そうなると、言ってたことをやっていないとか言われたことをやっただけなのにミスだと言われた、などと揉め事に発展してしまうので、メモをとって言われたことは厳守するクセをつけてください。

人望がない人は、手抜きをしがちなので注意してくださいね。

利他的な行動を意識する

人望がない人から人望が厚い人になるためには、利他的な行動を意識してください。

人望が厚い人は、とにかく人のことを優先して考えられます。

人間というのは、自分本位に物事を考えがちですし、自分が傷つかないように生きていたいという特徴があります。

そんな部分が強くでていると人望がない人になってしまうので、まずは利他的な行動を意識してください。

なにもかもを人のために行動する、というのは難しいかもしれませんがちょっとずつでも行動することによって、周囲から徐々に信頼を得ることができますよ。

人が見ているかいないか関係なしに努力する

人望がない人から人望が厚い人になるためには、人が見ているかいないか関係なしに努力してください。

人望がない人は、表面的な努力はしますが根本的に自分のレベルを上げるような努力までに至らない特徴があります。

人が見ている時だけ頑張って、人が見ていなかったら怠けてしまうことも多いので、結果が伴わずに「行動していない」と思われてしまうんです。

結果を出すためには、人が見ているいないに関わらずしっかりと努力する必要があります。

多くの人から「頑張っているね」と言われるようになれば、人望がだんだんと得られるようになりますよ。

嘘をつかない

人望がない人から人望が厚い人になるためには、嘘をつかないことです。

誰しも、嘘をつく人を好きにはなれません。

自分を守るための嘘はもうやめて、しっかりと相手と向き合うことが大事です。

人望がない人は、どこか他人とのコミュケーションを避けたがる特徴があって、そうなると自分をよく見せることだけに集中して、本当の自分を出すことはなくなります。

結局寂しい思いをするのは自分なので、嘘をつかずに本当の自分を見せられる人を増やしていきましょう。

まとめ

人望がない人の特徴や原因、人望が厚い人になるためのポイントをご紹介しました!

人間なので当然、みんなに好かれることなんて不可能です。

ただ、人望がない人になってしまうと、自分の将来が寂しいものになってしまうので、今だけのことを考えるのではなくて、しっかりとこれから自分がどんな人間になりたいのかを考えながら、周囲の人と関わってくださいね。

【関連記事】

オーラがある人の特徴!なるためには?

お茶目な人の特徴!

器が小さい人の特徴や心理は?セリフや付き合い方・対処法は?

精神的に弱い人の特徴!原因や強くなる方法・接し方は?

健気な人の特徴!愛される理由・なるには?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


×