動物占いゾウの男性・女性の性格や相性を紹介!

動物占い ゾウ

動物占いとは、生年月日から割り出した数字を動物キャラに当てはめて、性格や恋愛傾向などを占う方法です。意外と的中率が高いのもあって、人気の高い占術の1つでもあります。今回は、動物占いで動物キャラがゾウと出た場合の解釈をご紹介します。

この世に数多存在する動物の中でも最も大きな体を持ち、長い鼻が特徴的な外見とゆったりとした動きから、動物園でも人気の高いゾウですが、動物占いではどのような性格を持つキャラクターだと診断されるのでしょうか? また、男性と女性で解釈の違いはあるのでしょうか? 動物占いゾウについての解釈を色々とまとめてみました。

また動物占いゾウの種類別の診断については(株)ノラコム様が運営する動物占いRのサイトをご覧ください。

動物占いゾウの性格・男性・女性の場合

まずは動物占いゾウの性格と、男性と女性で解釈に違いはあるのかどうかについて見ていきましょう。

動物占いゾウは努力家

動物占いゾウの特徴として、努力家である点が挙げられます。手抜きや妥協を嫌い「為せば成る」をモットーに、ひたむきに何かの道を極めようとする努力至上主義者です。

また、男性は努力と根性で自らを鍛えて成長していく大器晩成型、女性はその根性と責任感の強さから、時に自己犠牲精神を発揮するタイプが多い傾向があります。

動物占いゾウはプライドが高い性格

動物占いゾウは、上記の通り妥協を許さない努力家である事から、自分がする勉強や仕事などに関しては完璧を求めるタイプでもあります。責任感も強いので、最初からプロ根性が備わっているとも言えるでしょう。故に態度がいい加減な人や、すぐ他人に頼ろうとする人には厳しいため、「潔癖症」「窮屈」と思われる事も多いようです。

敵味方の区別がはっきりしている分、味方への面倒見は良く、周囲との協調も大切にできるのですが、反面仕事に対するこだわりやプロ根性から、他人にあれこれと指図されるのを嫌うため、「プライドが高い」と見られる事も。良くも悪くも勉強や仕事に対する一途さやプロ意識の高さが、周囲からの評価に大きな影響を与えています。

動物占いゾウは孤独に強い性格

動物占いゾウは、孤独に強い性格だと言われています。周囲との協調を大切にし、人見知りもあまりしませんが、実は自分と他人との境界線をきっちり引いているタイプ。他人への甘えや依存も少なく、どちらかと言えば自分のペースで仕事や計画を進めたいという思考の持ち主なので、集団行動よりも単独行動のほうが得意です。また、男性・女性問わず、束縛を嫌い、ベタベタした付き合いも苦手としています。

スポンサーリンク



動物占いゾウは寡黙・弱音を吐かない性格

動物占いゾウは、寡黙で弱音を吐かない性格だと言われています。一度何かに打ち込むと決めたら最後までやり通す努力至上主義者で、仕事に完璧を求める職人気質もあるため、無駄口をたたいたり、弱音を吐いたりしてはならない、と無意識的に自身を厳しく戒めているのです。

動物占いゾウは心配性・不安になりやすい性格

動物占いゾウは、心配性、もしくは不安になりやすい性格とされています。常に冷静で穏やかで、安定した精神の持ち主に見えるゾウですが、妥協を許さない完璧主義で、融通の利かない性格の裏返しなのか、想定外の事態に弱く、他人に適当にあしらわれたりするとすぐに不安にかられるといった脆い一面を持っているのです。

また、一度やると決めたら徹夜してでもやり抜く性格の反面、不安を感じたり、「駄目だ」と思ったものには最初から挑まないという、良く言えば慎重、悪く言えば臆病なところもあります。

動物占いゾウは口数が少ない性格

動物占いゾウは、口数が少ない性格だと言われています。その理由は既に何度も触れている通り、プロ意識が高く仕事に完璧を求める職人気質なところから。決して弱音を吐かない性格でもあるため、無駄口をたたくのも嫌っているのです。ぐちぐち言ってる時間があるなら、しっかり働いて実績を積み、実利を増やす事を優先する合理性もあります。

スポンサーリンク



動物占いゾウは妥協できない性格

既に何度も触れていますが、動物占い象は妥協できない性格です。何事にも熱心に取り組み、完璧な結果を求めるプロ根性と責任感の強さから、手抜きや妥協を激しく嫌います。「これくらいでいいや」と、適当に済ませるなんて選択肢は最初からありません。それ故に周囲から一目置かれ、信頼されますが、場合によっては融通が利かないと敬遠される事もあります。

動物占いゾウは記憶力が優れている

動物占いゾウは記憶力や吸収力に優れているとされています。そもそも妥協を許さない努力至上主義者であるため、打ち込んでいる学問や仕事に関する知識・技術を磨く事を苦痛に思いません。それこそ周囲が驚くほど貪欲に吸収し、己の物としていくでしょう。その結果、人一倍高い知識と技術を修得し、その道のプロと呼ばれるようになるケースもあります。

スポンサーリンク



動物占いゾウは気分が変わりやすい

動物占い象は他人への依存や甘えがなく、自身の精神状態のコントロールにも長けているため、常に冷静で周囲の状況や意見にも惑わされにくい一方で、気分やテンションが変わりやすいとも言われています。その理由は既に説明した通り、意外と繊細で心配性な一面があるので、予想外のアクシデントに見舞われたり、素っ気ない対応をされたりすると、すぐに落ち込んでしまうからです。また、これも意外なのですが短気なところがあり、待つのも待たされるのも大嫌い。そのため、状況によっては他人に頼むよりも自分の力で解決しようとする場合もあるようです。

さらに言うと普段はあまり怒らない分、キレると物凄く怖いとされています。動物のゾウも穏やかなイメージが強いのですが、実際は非常に執念深く、仲間や子ゾウを殺されると逆上して大暴れするそうですから、普段穏やかな人ほど怒ると怖いというのは真実のようですね。

動物占いでゾウの人はどんな生き方をしたらいいのか?

ここでは、動物占いでゾウの恋愛の特徴や他の動物キャラとの相性を紹介します。人生に大きな影響を及ぼす仕事も恋愛も、周囲の人達との繋がりがあって初めて成立するもの。より良い人生を生きるためには、性格だけではなく、周囲の人達との相性なども重要になってくるからです。

動物占いゾウの恋愛の特徴

動物占いでゾウの恋愛は、傍から見るとドライな関係に見えるかもしれません。と、言うのも象は男性・女性共通で、ベタベタした付き合いを苦手とし、束縛するのもされるのも嫌う特徴があります。好きな人ができても自分から行動しないため、秘めた恋となる人も多いとか。あっさりした付き合い方を好むので、同性からは好印象を持たれますが、肝心の異性からはあまり意識されず、友達以上の関係になりにくい…なんて残念な展開になるのも珍しくありません。

恋愛のきっかけについても、元々冷静に相手をよく観察してから理解を深めていくタイプなので、一目惚れから進むパターンはほとんどなく、友人・知人の関係から恋人へと少しずつステップアップしていくパターンのほうが多いようです。

敵味方の区別が明確で、身内に甘いとされていますが、恋愛関係に関しては他人には見せない感情を相手にぶつけたり、我がままになったりする傾向も見られます。ある種の甘えかもしれませんが、あまりにも我がままが過ぎると相手を困らせてしまうので注意が必要です。親しくなればなるほど相手の感情や気持ちに鈍感になるタイプでもありますので、気をつけましょう。

動物占いゾウとの相性

当たり前の話ですが、動物占いにはゾウ以外にも様々な動物キャラがいます。ゾウと相性が良いのはどの動物キャラでしょうか? 動物キャラ別の相性を見ていきましょう。

動物占いゾウとヒツジとの相性

動物占いでは、一人ぼっちが苦手で、気配り上手ですが感情的になりやすい一面を持つとされるヒツジとの相性はどうなのでしょうか。

仕事面では周囲へのフォローをしっかりとするヒツジは、仕事に全力投球する象を応援していこうとするでしょう。一方、象のほうは、ヒツジのフォローに対して感謝はしますが、元々人間関係はあっさりしているだけに、仕事仲間以上の関係に発展する可能性は低そうです。

また、単独行動を好む象と、一人ぼっちが苦手で周囲の和を乱すのが嫌いなヒツジとでは、一緒にいると互いに窮屈な思いをする可能性が高く、恋愛の相性はあまり良くないようです。

動物占いゾウとイヌとの相性

動物占いでイヌと、ゾウとの相性はどうでしょうか?

コミュニケーション力が高く、コツコツと努力を積み上げていくタイプでもあるイヌは、人当たりの良い努力家である象とは一見タイプが近く、相性は悪くないように見えます。

しかし、集団行動が得意でない象に対して、イヌはどちらかというと組織の中で働く事で力を発揮するタイプである上に、楽観的で考えるよりも先に行動するため、慎重な象とは衝突してしまう可能性があります。

恋愛についても対照的です。自分からは行動しない象に対して、イヌは好きな人ができたらストレートに告白します。また、恋愛関係にはドライなようでいて、恋人になると他人には見せない感情や我がままをぶつけてくるのが象の特徴。好きな人には献身的なイヌですが、この変わりようにどこまで対応できるかが問題です。

スポンサーリンク



動物占いゾウとチーターとの相性

穏やかでゆったりとした動きが特徴のゾウに対して、凄まじいスピードを誇るチーター。イメージとしては正反対の動物キャラですが、動物占いでの相性はどうなのでしょうか?

チーターはスピードに優れたイメージの通り、チャレンジ精神が旺盛で、ポジティブ思考の見本のような性格の持ち主です。負けず嫌いでもあるので、あらゆる物事に果敢に挑戦していきます。仕事も恋愛も先制攻撃で早々にケリをつけるのが得意で、じっくりと挑む持久戦は大の苦手。また、飽きっぽくてプライドが高いのもあって、無理だと思うとすぐに諦めてしまうところがあります。

そんなチーターとの相性ですが、目標を目指して進むスピードは違いますが、プライドが高く1位を取りたい気持ちが強い点は共通しています。また、チーターは象のコツコツと努力を積んで確実に仕事をやり遂げるところに憧れ、象はチーターのポジティブで華やかなところに魅力を感じるなど、お互いに自分にない長所に惹かれる場合があるので、うまくいけば仕事でも恋愛でも、互いの弱点を補い合える良い関係を築けるでしょう。

ただし、どちらもプライドが高いため、互いに歩み寄る努力ができなければ激しく衝突してしまう結果に終わりそうです。

スポンサーリンク



動物占いゾウとペガサスとの相性

動物占いのキャラの中には実在しない動物も存在します。ここで紹介するペガサスがそうです。ペガサスはギリシア神話に登場する伝説の動物で、その姿は背に大きな翼を持つ馬。空を自由に飛ぶ事ができる、とても神秘的でカッコイイ動物です。

動物占いによると、ペガサスの性格は一言で言えば「自由人」。背中の翼で自由に空を飛べる特徴に由来しているのか、束縛を嫌い、枠にはめられるのを苦手としています。しかも気分屋でせっかちな一面もあるため、何か物事を始めても、あまり長続きしません。しかし基本的には穏やかで優しく、才気煥発でコミュニケーション力もあるので、色々な人と付き合う機会が多く、恋愛経験も豊富な人が多い傾向があります。そんなペガサスとゾウとの相性はどうなのでしょうか?

自由人のペガサスと、真面目で努力家の象というと、何か合わないイメージがありますが、実は意外と良かったりします。と言うのも、象は人を見極めるのが上手でコミュニケーション力もあるので、気分屋で個性の強いペガサスともうまく合わせられるのです。また、自身が短気で待たされる事が嫌いなため、物事の説明なども簡潔・明快に済ませる特徴があります。これがせっかちで長話が嫌いなペガサスには丁度良いのです。目的が同じなら、良いパートナーとして共に進めるでしょう。

恋愛の相性も良いほうです。束縛されるのを嫌うペガサスは、恋愛でも自分が好きで追いかけるのはともかく、自分が追いかけられる立場になるのを嫌がります。そんなペガサスにとって、自分からは積極的にアピールしない象は好印象。友達としての相性も良いので、友達から恋人へステップアップする可能性もあります。

動物占いゾウと猿の相性

動物占いで猿は、明るくて行動力があり、褒められると伸びるタイプ。頭の回転が早く、細かいところにもよく気がつく一方で、落ち着きがなくて早合点や早とちりも多いと言う、そそっかしい一面を持っています。そんな猿との相性はどうなのでしょうか?

良く言えば臨機応変、悪く言えば落ち着きがなく、1つの場所にいられない猿にとって、どっしりと構え、じっくりと1つの物事に集中するゾウの姿勢は憧れの対象。一方、コミュニケーション力はあるけど集団行動は苦手な象にとって、相手の細かいところによく気が付き、人間関係に関してのフォローが上手い猿は、その点では信頼できる相手と見てくれます。仕事面では、うまくかみ合えば互いの弱点を補い合える仲間として良い関係を築けそうです。

ただし、恋愛の相性となると話が違ってきます。落ち着きがない猿に象がキレる、何事にも全力投球な象に猿が振り回されるなど、互いの性質の違いから衝突しやすくなる上に、どちらもプライドが高いので一度拗れると取り返しがつかなくなってしまう可能性が大。この2人が付き合う場合は、最初から仕事だけの関係と割り切ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク



動物占いゾウとライオンとの相性

「百獣の王」と呼ばれるライオン。動物占いでは、その威厳のあるイメージ通り、礼儀礼節にうるさく、自分にも他人にも厳しい完璧主義者です。実は甘えん坊なところもあるのですが、プライドが高く警戒心も強いため、本当に心を許した人間にしかそういった一面を見せません。そんなライオンとの相性はどうなのでしょうか?

仕事面での相性は悪くありません。どちらも妥協を許さない完璧主義者なので、お互いの足りないところを補い合い、共に高みを目指していく良好な関係を構築できます。

ただし、恋愛面での相性は仕事面ほどではありません。華やかなものを好むライオンは、恋愛においても華やかな人に惹かれる傾向があります。そのため真面目で地味な象への印象は薄く、恋愛対象として見る可能性は低いと言わざるを得ません。恋愛関係になったとしても、象が頑張ってフォローし続けるか、愛情を与え続けていかないと長続きしないでしょう。

動物占いゾウとコジカとの相性

動物占いでコジカは、正義感が強くて嘘と駆け引きが大嫌い。明るく無邪気な性格ですが好奇心も警戒心も強いために思いきった行動ができず、初対面の人に対しては受け身になってしまう人が多い傾向があります。一方で、甘えたがりで独占欲も強いため、好きな人には我がままになってしまう一面も。そんなコジカとの相性はどうなのでしょうか?

親しくなるとどんどん甘えてくるコジカと、面倒見が良い反面、人に甘えるのが苦手な象の人との相性は、一見良いように見えますが、実際は互いに歩み寄る努力をしなければ長続きしない関係にあります。と言うのも、コジカは親しくなればなるほど他人任せになってしまう事が多く、他人に振り回されるのを嫌う象にとっては大変なストレスとなってしまうからです。関係を保ちたいのなら、相手の気持ちをよく考えて、お互いに歩み寄る努力をしましょう。

動物占いゾウとネコとの相性

動物占いでネコは非常に珍しく、何百人に一人の確率という貴重な動物キャラなのだそうです。そんなネコは自由気ままで容易に人に懐かないネコのイメージ通り、自分のペースや世界を大切にし、余程の事がないと他人に甘えたり頼ったりしない性格の持ち主が多い傾向があります。一方で礼儀正しく人当たりは良いので、男性・女性問わずモテる人が多いようです。そんなネコとの相性はどうなのでしょうか?

マイペースなネコは人当たりは良いのですが、仕事面でも恋愛面でも、他人に簡単に気を許しません。その一方で、一度気を許した相手には甘えたり、弱い面を見せたりと、同一人物とは思えないほど態度が変わります。

また、ネコは動物占いで貴重なキャラだというのもあってか、たまに特別扱いされるのが当然といった行動に出る事があり、それを注意すると激怒します。そんなネコを諭す事ができるのは、包容力があり、明快な説得ができる象。そしてネコも象もマイペースでベタベタした付き合いは苦手という共通点があるので、仕事面でも恋愛面でも、互いのペースを無駄に乱さずに上手に付き合っていける、良好な関係を構築できます。

スポンサーリンク



動物占いゾウとコアラとの相性

動物占いでコアラは、一見おっとりとしていて大人しい印象を受けますが、実は頭の中では色々と戦略を練っている策士タイプ。競争意識は強いのですが負ける戦はしない主義で、常に最悪のケースを考えて行動します。そんな現実的な考え方を持つ一方で、常に自分の理想を追うロマンティストな一面もあり、楽しい事が大好きでサービス精神も旺盛です。そんなコアラとの相性はどうなのでしょうか?

コアラと象は、おっとりとした雰囲気を持つ慎重派という点は共通しています。仕事でも恋愛でも、ゆったりとしたお付き合いになる可能性が高いでしょう。ただし、集団行動が得意で緻密な計画を練るコアラと、単独行動が得意で自らの趣味や得意分野に没頭する象は意見が合わない事が多く、しかもあまり自分の意見を主張しません。そのため、下手するとお互いにストレスを感じる存在となってしまう可能性があるので、その点は注意が必要です。

動物占いゾウとクロヒョウとの相性

動物占いでクロヒョウは、正義感が強くて情熱的な行動派。男性・女性問わずスマートな人に見られたいという願望が強いため、お洒落で新しいもの好きな人が多いのも特徴です。本能的直感に優れているので臨機応変な対応が得意。そして誰に対しても素直に誠実に接します。反面批判精神が強くナイーブな一面があるので、攻撃的なのに諦めやすいという相反した性格の持ち主でもあります。そんなクロヒョウとの相性はどうなのでしょうか?

実はクロヒョウと象は、とても相性の良いコンビなのです。仕事面では、理想が高く負けず嫌いだけど諦めるのも早いクロヒョウの弱点を、努力家で高いプロ意識を持つ象がカバーしてくれます。そして、集団行動が苦手な象を、リーダー気質で立ち回るのも上手なクロヒョウがフォローするという風に、互いの弱点を補い合える関係なのです。クロヒョウの豊かな発想力と高い芸術的センスを、職人気質のゾウが形にできれば、素晴らしい成果が生まれる可能性も。

真面目で一途な点が共通しているので恋愛面の相性も良いほうです。多感で傷つきやすい一面を持つクロヒョウを、包容力のある象がしっかりと受け止めてくれます。また、心配性で不安にかられやすい一面がある象にとっても、世話好きで情に厚く、愛する人には誠実なクロヒョウは頼れる存在です。結婚しても互いの足りないところを補い合って、堅実で安定した家庭を築けるでしょう。

動物占いゾウとタヌキとの相性

動物占いでタヌキは、男性女性問わず所謂天然な人が多く、ドジなところが愛されるキャラクター。特に目上や年配の人に可愛がられる傾向があります。その一方で相手の性格と嗜好を見極めるのを得意としており、相手に合わせたキャラクターを演じられるという強かな一面も。また、歴史と伝統を重んじ、古くて良質な物を好むなど、何事にも経験と実績を重視する傾向が強く、自身もひたすら経験を積んでいく事で成功を収める職人タイプが多いという特徴があります。

経験と実績を重んじるタヌキにとって、職人気質で黙々と自分の仕事に励む象の人の姿は尊敬の対象。ただし、プロ意識も技術も高い象にとってタヌキは、印象は悪くはないけど協力者としては力不足だと感じる場合があります。恋愛面についても、どちらも恋愛に関しては誠実ですが、奥手で消極的な点も共通しているため、信頼関係までは築けても、それ以上の関係に進展するのは難しいと言えます。

動物占いゾウとウサギとの相性

動物占いでウサギは、倫理や道徳を重んじ、社会のルールに従って生きる善良なタイプ。ですが、人生を楽しむ事にかけては天才的な才能があるので、堅苦しさを感じさせません。また、未知の分野に挑戦する事が大好きで、失敗しても「良い経験をした」と、次に向かえる勇気と度胸の持ち主です。反面ある程度のレベルに到達すると、すぐに別のものに興味が行ってしまいます。1つの道を極めるよりも、浅く広く多くの物事を知りたいタイプだと言えるでしょう。そんなウサギとの相性はどうなのでしょうか?

1つの道を極めたい象と、次々と興味の赴くままに道を広げるウサギとは、性質の違いから共に歩むのは難しいかもしれません。恋愛面でも、個性的でチャレンジ精神旺盛なウサギにとって、真面目で落ち着いた象は頼りにはなるけど、一緒にいると退屈しそうだと思われがち。また、象にとっても、好奇心旺盛で話題に事欠かないウサギは一緒にいると楽しいけれど、自分のペースを乱されそうでちょっと苦手なタイプだと思われる可能性が高く、恋愛関係になるのも難しそうです。

まとめ

動物占いゾウについて色々と紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 努力家で常に堂々としているイメージが強い象の人。地道にコツコツと努力を積み重ねて実績を上げるところや、強い意志と信念があるところは素晴らしいですね。ただ、怠け者や時間にルーズな人には厳しいので、象の人に対しては迅速な対応と、いつでも真剣な姿勢で臨む事を心がけましょう。

最後までご拝読いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

【動物占い】トラの性格や相性&適職・芸能人を解説!

【動物占い】ライオンの相性&性格や相性を解説!

【動物占い】黒ひょうの相性性格!男女の恋愛の傾向を紹介!

【動物占い】チーターの性格・相性&男性・女性の性格診断!

【動物占い】コアラの性格・恋愛・相性を紹介!

【動物占い】ペガサスの性格・恋愛・相性を紹介!

【動物占い】こじかの性格・相性や恋愛傾向を解説!

【動物占い】たぬきの相性&性格や恋愛の傾向

【動物占い】狼の性格・相性・恋愛の傾向を紹介!

【動物占い】ひつじの相性や相性を解説!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


×