【洞察力が鋭い人】特徴26選!恋愛の傾向・本当にモテるの?&洞察力の鍛え方を紹介!

こんにちは!洞察力が鋭い人の記事へようこそ!

この記事では洞察力が鋭い人の特徴や恋愛の傾向やモテるのかどうか、洞察力を鋭く、鍛える方法について解説していきます!

洞察力を鋭くしていきましょう!

洞察力が鋭い人の特徴

洞察力が鋭い人

それでは洞察力が鋭い人の特徴について解説していきます。

洞察力が鋭い人の特徴1:何が本質かが分かっている

洞察力が鋭い人

洞察力が鋭い人は何が物事の本質なのか?何が一番大事なことなのか?ということが分かっています。

何が大事なことなのかがはっきり分かっていると何をするべきなのかが分かります。

例えば仕事での本質はお金を稼ぐことです。

お金を稼ぐためには人に必要とされるサービスを行い対価としてお金をもらわなければなりません。

人が必要とするサービスとは何なのか?そのためにはお客さんに買ってよかったと思えるサービスを作らなければなりません。

そのためにお客さんが求めていること、お客さんのことを知らないといけませんし、

お客さんを知るためには数多くのお客さんに出会い、話を聞き、提案をしなければならない……そのためには人が何人必要で……といった本質をしっかりと明確にすることで自分が何をしなければならないのかが分かります。

洞察力が鋭い人は何が本質かが分かってるので本質から外れた事をしません。

シンプルに物事を考えて本質だけに集中していくので人生で成功しやすいのが特徴です。

人生で成功している人の多くが本質を見抜く能力があるので洞察力が鋭いです。

成功している人がどんな考えをしているのか一度勇気を出して話を聞きに行ってみると良いでしょう。

洞察力が鋭い人の特徴2:「なぜ?」が口癖

洞察力が鋭い人の特徴に「なぜ?」が口癖なのがあります。

物事に対して疑問を持つ習慣がありよく人に「なぜ?」「どうしてそう思うの?」と尋ねています。「

なぜ?」と問う事は理由、原因と問うことです。

理由や原因があるから結果が出るので理由や原因はいわば本質的な部分であるのでしっかりと掘り下げる必要があります。

「なぜ?」と問うことで本質的な部分を理解する経験になります。本質的なものを理解しようとする姿勢が洞察力の高さにつながります。

リクルートという会社の就職試験に「なぜ?なぜ?」面接というのがあります。

就職希望者の言葉に対して「なぜ?」「なぜ?」と質問することでその人を掘り下げ本質を掴むことができるという理由です。

自動車メーカーTOYOTAも製品を作るときには「なぜ?」を5回繰り返すそうです。

「なぜ?」と問うことで人、モノの本質を掴み洞察力が鍛えられて成功へと導くことに繋がるのです。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴3:相手を主体にして物事を考える

洞察力が鋭い人の特徴に相手を主体にして物事を考えるのがあります。

「相手が何を求めているのか?」「相手は何を考えているのか?」と相手を中心にして物事を考える意識を持っていているので相手が求めているものが分かります。

相手の求めている事を捉えようとする癖が身につくと洞察力が鋭くなっていくのは自然の流れです。

洞察力が優れると営業成績が大きく伸びてくるのを実感できるでしょう。

また相手の中心に物事を考えるとものの見方が大きく変わります。

ものの見方が変わることで自分と相手という二つの方向から物事を考えることができるようになるために考える能力が上がってきます。

洞察力がなく相手の求めているものが全く分からない、例えば道で通行人とよくぶつかりそうになる人などは自分の立場でしか物事を見ていません。

自分が基準になっていると相手が見えなくなるのです。

洞察力をつけるためには相手を主語にして考える癖をつけましょう。それだけでも洞察力が鋭くなっていくはずです。

洞察力が鋭い人の特徴4:思いつきで行動しない

洞察力が鋭い人は思いつきで行動しません。

一度何が大事なのか、本質なのかを考えてから理由を説明できる段階になってから行動します。

また物事を見極めようとする姿勢も洞察力を鍛えてますます洞察力が高まっていくのです。

思いつきで行動する人は根拠もなしに頭に浮かんできたことを行き当たりばったりで行動して観察することがないので洞察力が高まりません。

いつかまぐれで成功する場合もありますが失敗も多くなり苦労の多い人生といえます。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴5:問題解決能力が高く仕事ができる

洞察力が鋭い人は問題解決が高く仕事ができます。

仕事をしていれば次々と問題や改善しないといけない点にぶち当たります。

洞察力がある人は本質を見極める能力がとても優れているために「なぜこのような事態になったのか?」と考えて原因を突き止める思考が身についています。

問題の原因をみつけて論理的に問題解決の方法を探っていくので仕事ができて頼りにされて自然にリーダーとしての役割を任せられることになります。

鋭い洞察力でリーダーとしても結果を出せばどんどんキャリアアップにつながります。

洞察力が鋭い人の特徴6:好きなことをしている

洞察力が鋭い人の特徴に自分の好きなことをしているのがあります。

人間は好きなことをしていると目が輝いてきて人生を楽しむようになります。

好きなものこそものの上手なれで好きなものに対しての色々と観察していくことを繰り返していく内に洞察力が鋭くなっていきます。

好きなことをすると人生の喜びを感じられるようになるなど良いところづくしです。

もちろん人生は好きなことばかりできる訳ではありませんがその中でも好きなことをする時間を持っていたり好きな事をしている未来を意識することが洞察力の鋭さに繋がります。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴7:苦労して人間界の裏表を見てきた

洞察力が鋭い人の特徴に苦労して人間界の裏表を見てきたのがあります。

例えば学歴がない、お金がないなど不遇の境遇にあると人間は自分が求める地位や境遇を得られなかったりします。

「なぜ自分はこんな風になるのか」と思いながらも「何とかして上に登りたい、のし上がりたい」と思えば、自分はどうすればよいのかを真剣に考えるようになります。

そうすれば自分の五感をフルに活用して人間関係を観察したり、自分にないものを身に着けようと色々なことを観察して自分の血肉にしようとしていきます。

そうすると自然に洞察力が鋭くなっていきます。苦労して人間界の裏表を見た人間の洞察力の鋭さには恐ろしいものがあります。

また物凄い人物であることが多いです。

洞察力が鋭い人の特徴8:とても勉強家

洞察力が鋭い人はとても勉強家です。

好奇心旺盛で向上心がとても強い人は「もっともっと色々なことを知っていきたい」と思っているので目が見開いていきます。

観察眼、本質を見抜く力が大きく養われていきます。

一生懸命に勉強することで人間としての力をつけていくので洞察力は自然に鋭くなります。

洞察力が鋭い人の特徴9:人見知り

洞察力が鋭い人には人見知りが多いです。

人見知りをする人は相手がどんな人が、良い人なのか悪い人なのかを鋭くチェックしていきます。

日常的に人を観察する癖がついているのです。

日々人を観察しているとイヤでも洞察力は高まります。

人見知りをすることでチャンスの数は少なくなるかもしれませんが人間的にしっかりとした人と仲良くなり質の高いチャンスを掴んだり、恋愛でも良い異性と恋仲になっていくことができます。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴10:海外留学経験がある

洞察力が鋭い人には海外留学経験がある人が多いです。

海外に留学すると日本人以外と人と会話をしなければなりません。

出生、信条、環境がまるで違う人間と一緒に暮らし話をしなけばならず日々が新しい発見です。

相手によっては言ってはいけない事もあるでしょう。

「こんな考え方をしているんだ」と思う気持ちが人をしっかり見ることになりますので洞察力は鋭くなります。

洞察力が鋭い人の特徴11:孤独・一人の時間が多い

洞察力が鋭い人は孤独だったり1人で過ごす時間が多いのがあります。

孤独になり1人の時間が増えると自分以外の世界を客観的に見ようとしていきます。

物事を客観的に見るようになると「ああした方が良いのではないか」「こうした方が良いのではないか」と考えるので洞察力が鋭くなりなります。

また孤独になると今まで自分にとって必要だと感じていたものがそうではなかったことに気が付くことが多いので余計なものを削ぎ落してシンプルになります。

シンプルな状態は本質的なものしか残っていない状態です。

本質的なものだけを身に着けていればその状態が居心地が良い、しっくりとくる状態なので高まった洞察力で本質的なものだけを取り入れてより大きな人間になるのです。

洞察力が鋭い人の特徴12:失敗経験から多くを学ぶ

洞察力が鋭い人は失敗経験から数多くのことを学ぶことができます。

人間は失敗をすると悩み、苦しみ、落ち込みます。

失敗が「もうこんな思いは絶対にしたくない」と言う決意に変えていきます。

決意が備われば失敗から数多くのことを学ぶようになり、また「もっともっと勉強いしなくてはいけない」と思うので洞察力は鋭くなっていくのです。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴13:空気感を読むのが得意

洞察力が鋭い人は空気感を読むのが得意です。

その時の雰囲気、人間関係の変化、機微を鋭く察知する事ができます。

空気感を読むのが得意なので、危ない状況だと感じれば近づいていきません。

それが自分の身を守る事に繋がります。

また洞察力が鋭い人は流れを読む能力にとても長けています。

今が自分の流れかどうかをしっかりと見極めていきます。

本質を捉える力が強いので自分の流れにないと感じれば身を引くしたたかさを持ち合わせています。

自分の流れになっていると感じると一気に攻勢を強めていきます。

洞察力が鋭い人の特徴14:ズルする・騙す人を見極める

洞察力が鋭い人はズルをする人や騙そうとしてくる人を見極めることができます。

洞察力が鋭い人は人に対する観察眼が鋭いので本質を見極めることができる人ですが、人生の本質のひとつに真面目に生きるのが挙げられてきます。

洞察力が鋭い人は真面目を意識しているのでズルする人、甘い言葉をかけて人を騙そうとする人に対して本能的に違和感を感じてしまいます。

ズルをする人は「楽して儲けよう」「人に使われて働くのはバカらしい」といった発言をするのも洞察力が鋭い人に違和感を感じさせる理由になります。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴15:感受性が高く第六感が優れている

洞察力が鋭い人は感受性が高く第六感が優れています。

洞察力が鋭い人は感じる力が強いです。

自然が芸術作品などが好きです。自然や芸術作品を見たりするのは何かを感じることです。

何かを感じると感性が鋭くなり繰り返しているうちにどんどん感受性は高まっていきます。

また目に見えないものを捉える第六感も強くなるのも特徴です。

洞察力が鋭い人の特徴16:大きく考えて細かく実行する

洞察力が鋭い人の特徴に大きく考えて細かく実行するのがあります。

洞察力が鋭い人はどんどん上を向いて努力していく勉強家なので目標がとても高いです。

ただ目標が高いと実際の現実が違うということになり現実との大きなギャップを感じてしまうことが多くなります。

その現実とのギャップを埋めるために本質的な部分を注視しながら現実を細かく考えて的確に実行していきます。

細かく実行するためには細かな視点が必要でそれも洞察力が鋭くなっていく理由になります。

洞察力が鋭い人の特徴17:分析が的確

洞察力が鋭い人は分析が的確です。洞察力が高い人は自らの勘だけで物事を判断しているのではないです。

数々の経験、失敗などから学んだことを活かして論理的に考えた結果判断を下しています。

多くの分析を積み重ねれば積み重ねるほど分析の精度はどんどん増していくので適格な分析になっていき「あの人は鋭いな」と思われるようになります。

また洞察力が鋭い人は数字で物事を考える癖もあります。

自分が実行したことを感覚で掴み、実際の数字を見て感覚と実際の値の乖離を比べる行為を繰り替えして経験を積み重ねてギャップを小さく小さくしていくのです。

洞察力が鋭い人の特徴18:常識に捉われない

洞察力が鋭い人の特徴は常識に捉われません。常識は思考を停止させる一面を持っています。

「なぜ?」「どうして?」という考え方を人から奪っていきます。

洞察力が鋭い人は人々が常識と思っていることに対しても疑問を持って鋭い観察眼で本質を掴もうとしていきます。

常識の本質を掴もうとする中で「これは本当なのか?」といった常識さえも疑うようになります。

物凄い業績を残した企業家には常識外れの人が行わない事を形にすることで莫大な資産を築いた人もいますがそのような人は鋭い洞察力があったからこそ自分の道を信じる道を進むことができたといえます。

洞察力が鋭い人の特徴19:お金持ちになりやすい

常識を疑う力を持っている洞察力が鋭い人はお金持ちになりやすいです。

物事の本質を捉え的確な分析力を持っていて行動力があればお金持ちになるのは普通のことと言っても良いかもしれません。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴20:人の話を聞いて総合的に考える

洞察力が鋭い人は人の話をしっかりと聞いてから総合的に考える能力に長けています。

洞察力や観察眼がない人は自分の意見が絶対だと思っているところがあるので人の話を聞きません。

人の話を聞かないために物の見方が一方的になり結果的に失敗しやすいです。

洞察力が鋭い人は人の話をしっかり聞いて情報を集めてから判断します。そのため失敗も少ないのが特徴です。

洞察力が鋭い人の特徴21:本を読むのが好き

洞察力が鋭い人は本を読むのが好きです。本は人生においてとても役に立つ言葉がたくさん書かれています。

本に書かれている人生において大事な言葉に出会ううちに人生で必要な事を自然に知るようになります。

人生で必要なことが頭の中に入っていると本質的な部分を見ようとするので洞察力も鋭くなります。

また本を読むときは1人になります。人間は1人の時間にならないと物事をじっくりと考えません。1人になる時間が深く考え本質的なことを掴む能力を高めていくのです。

洞察力が鋭い人の特徴22:運動習慣がある

洞察力が鋭い人には運動習慣があります。

人間は動物です。元々は体を動かして獲物を奪い取るのがDNAとして刻まれています。獲物を捉えて危機から逃れるためには洞察を鋭くする必要が求められました。

運動をして汗を流すことは人間としての本能を呼び覚ます行為です。筋トレやランニングを継続することによって自然に洞察力が鋭くなります。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の特徴23:駆け引きが好き

洞察力が鋭い人の特徴に駆け引きが好きなのがあります。人と人との心理戦、駆け引きが上手な人は常に相手の気持ちをしっかりと捉える、掴むように意識をしています。

相手の気持ちを捉えよう、揺さぶろうと思ったならば目と心を見開いて相手の心や仕草などをしっかりと観察しなければならないので嫌でも洞察力は高まっていくのです。

洞察力が鋭い人の特徴24:過去の記憶が脳内に残っている

洞察力が鋭い人は過去の記憶が脳内に残っている人です。

その時その時を一生懸命に生きようという思いが強いために色々なことを映像や写真のように頭の中に記憶します。

写真や映像のように覚えている過去の記憶は長い間記憶として頭の中に残っていきます。

その行為自体が洞察力を高めることに繋がるのです。

洞察力が鋭い人の特徴25:醒めた目をしている

洞察力が鋭い人の中には醒めた目をしている方がいます。

周囲の雰囲気を醒めた目で見ています。一歩引いて見ているために物事が見える、人が気が付かないことに気が付くといった感じになります。

自分自身の事も醒めた目で見ているのかもしれません。

自分自身までも醒めた見方をしていると洞察力が高いながらも人が集まらない、今一つ信頼されないという悪い状態になりやすいです。

ただ醒めた目をしている人は一歩引いて物事を見ることが習慣になっていて落ち着かないと感じている場合もありなかなか変えることは難しいかもしれません。

全てを自分事と捉えて責任を持って生きていくのが大事といえます。

洞察力が鋭い人の特徴26:人を見下している場合がある

洞察力が鋭い人の特徴に人を見下している場合があるのがあります。

あなたが大人の場合、子供の考えていることは何となく分かるでしょう。

それは子供を自分よりも立場が低かったり、弱い立場と考えているからこそ子供のことを余裕を持って見ることができると感じているからでしょう。

洞察力が鋭い人の中にを相手をバカだとか、弱い人間、自分よりも下の人間だと思ってるからこそ相手の一挙手一投足を見逃さない観察眼があるのかもしれません。

一緒にいる相手は嫌な気分を感じてしまうかもしれません。

ただこのような人を見下すタイプの人間は上の人間にはヘコヘコしたり従順になるところがあり本当の意味での洞察力は養われていきません。

洞察力が鋭い人の恋愛

ここまで洞察力が鋭い人について解説してきましたがでは人生の大きなテーマ、大事なことの1つである恋愛においては洞察力が鋭い人はどのような行動をとったり心理が働いているのでしょうか?

また恋愛においてメリットやデメリットはあるのでしょうか?

洞察力が鋭い人の恋愛1:相手が求めているものが分かる

洞察力が鋭い人は恋愛においては相手の求めているものが分かります。

洞察力が鋭い人は相手を主体にして物事を考えることができます。

そのため今目の前にいる異性が恋人が何を求めて自分に何を望んでいるのかを理解する能力に長けています。

特に人間は異性に対しては好奇心が強くなる、もっと知りたいと思うのでより観察眼が増していきます。

人間恋愛になると自分の望みを叶えたい、自分の思うように行動してほしいと思うので洞察力が鋭い人は「この人は他の人とは違う」と思われます。

お互いに洞察力が鋭い人であれば息がぴったり合った恋愛関係になる可能性が高いです。

洞察力が鋭い人の恋愛2:相手に合わせがち

洞察力が鋭い人は相手を主体に物事を考えて相手の求めているところが分かります。

そのため相手に合わせがちになることがあります。

相手が自分の求めているものを理解してくれるのは素晴らしいことですが、不思議と人間は恋愛に対しては矛盾した考えを持っています。

「もっと強引にしてほしい」「ただ同調してくれるだけではおもしろくない」といった考えを持つ場合もあります。

そのように思うと相手に対しては不満を持つことがあります。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の恋愛3:本当にモテるのか?

洞察力が鋭い人は良くモテると言われますが、本当でしょうか?

洞察力が鋭い人は恋愛においては一般的にはあまりモテません。

特に男性で洞察力が鋭い人はあまりモテなくなります。

洞察力を発揮するためには相手を観察しないといけません。

相手を観察するのは素晴らしいことのように思いますが女性としては「分析されている」と感じます。

女性は何かしら嘘をつく生き物です。自分を守るために嘘をつきます。

ただその嘘がバレにくいので「男性を騙すのは簡単」「男はバカ」と思います。

ただ洞察力が鋭い人といると「この人は嘘を見破るのではないか」と恐ろしく不安な気持ちになります。

嘘や自分を見破られそうな危機を感じると女性は逃げていきます。

女性は「男はバカ」といいながらバカな男を求めているのです。

洞察力の異常な高さで有名なメンタリストのDaigoさんを見てください。

メンタリズムによつて見破られた相手は「すごーい!」と驚嘆の声はあげますがその声のトーンはやや低い、暗いのが分かると思います。

その声にはどこか不安が隠れています。

特に普段から相手を観察しようとしているタイプの人はモテません。

かなり恋愛では苦戦を強いられるでしょう。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の恋愛4:モテるのはいつ?

しかし洞察力が鋭い人はすごくモテるときがあります。

それは相手が悩んでいるとき、助けてほしいときに相手の心を掴んだときです。

人間生きていると色々と悩みがあると思います。

そして女性が会話の節々で自分の悩みを話そうとしたりそのような雰囲気を見せるときがあると思います。

そんなときモテるタイプの洞察力が鋭い人は相手の求めている言葉をかけたり態度を示したりすることができます。

そんなときは女性は「私の心を分かってくれる人!」と心を許していくでしょう。

洞察力が高い人は大きくモテる可能性があります。

そのためには普段は洞察力の鋭さを見せない工夫が必要です。

バカなフリをする、笑って相手と楽しくお話をすると良いです。

また普段洞察力の高さを見せないことによって相手の心を掴むことに成功したときにはギャップになりよりあなたに心を開いていくでしょう。

洞察力が鋭い人の恋愛5:無理に異性を追いかけない

洞察力が鋭い人は無理に異性を追いかけていきません。

洞察力が鋭い人は一回相手と食事をして会話をした段階で相手が自分に興味を持っているかどうかの大筋を判断します。

ただまた食事をしたりちょっと話をした段階では確証を持てないのでLINEで「次いつ遊ぶ?」とジャブを打ちます。

LINEの返事が早かったり続くようであればそのまま続行しますし、自分に気がないなと感じたのであれば早々に撤退します。

時間を置いて様子を見る場合もあるでしょう。

「無理なものは無理」と冷静に考えているのが洞察力が鋭い人なのです。

これは普通のこと見えてなかなかできる事ではありません。相手を欲しいと思えば相手に気に入られようとします。

恋愛が下手な人は一方的に追いかけて自爆していくのです。

また洞察力が鋭い人は自分を向上させることに時間をかけたいと思っているので恋愛に執着しないのが特徴です。

スポンサーリンク



洞察力が鋭い人の恋愛6:他の異性とは段違いにセックスが上手い

洞察力が鋭い人とそうではない人の大きな違いがでるのがセックスです。

洞察力が高い人と2回ほどセックスをすると他の異性とは段違いにセックスがうまいことに気が付くはずです。

洞察力が鋭い人はセックスの時に相手の性感帯がどこなのか、どこを触るとどんな反応をするのかをしっかりと観察します。

相手を鋭く観察する姿勢はセックスに大きく活きてきます。

相手を主体に考えて相手が気持ちよくなるようなセックスを心がけているので洞察力が鋭い人とセックスをした人は「こんなに自分のことを見てくれているんだ」「私の気持ちが分かってくれるのかな」とメロメロになるでしょう。

洞察力や観察眼に疑問がある人は自分を性欲を満たす、自分の好きなプレイに固執します。

もちろん相手のされるがままが良い方もいるかもしれませんが、AVのようにすればよいと思っている人が多くタッチがガサツで痛い思いをするかもしれません。

また一度洞察力が高い人とエッチをすると他の異性とセックスしても物足りなさを感じてしまうでしょう。

洞察力が鋭い人の恋愛7:愛情が薄いと思われる場合も

洞察力が鋭い人は恋愛においては愛情が薄いと思われる場合があります。

物事を観察するのは基本的には頭を働かせる行為です。

そのため頭で考える恋愛になりパッションの部分がやや弱くなります。

また洞察力が高い人は感情的にならず取り乱したりすることが少ないのも「冷たい」「愛を感じない」と思われてしまう原因かもしれません。

それが原因で別れに至る可能性も。

洞察力を鋭くする・鍛える方法

読者様の中には自分が洞察力がないと感じている方もいらっしゃると思います。

ここからは洞察力を鋭くする、鍛える方法について解説していきます。

洞察力を鋭くする・鍛える方法1:相手を軸とする訓練を

洞察力が鋭い人は基本的に物事を相手を主体、相手を軸をして考えています。

相手を主体をするから「相手は何を考えているんだろう」と人や物事を観察することになります。

洞察力が弱いと感じている人は自分に余裕がなかったり自己中心的だったり相手が見えていません。

相手が見えていないと観察もクソもないですね。まずは「相手」を主語として相手が何を考えているか考える癖をつけましょう。

世界観が大きく変わるのを実感できるはずです。

洞察力を鋭くする・鍛える方法2:たくさんの情報を取り入れる

洞察力を鋭くしたり鍛えるためには普段からたくさんの情報を取り入れる癖をつける必要があります。

先ほど洞察力が鋭い人は孤独になり自分に無駄がないシンプルな状態であると解説しました。

それと矛盾するように感じるかもしれませんが、シンプルな状態になるために何が有益な情報なのか、必要がない情報なのかを正しく判断する必要があり判断力をつけるために多くの情報を手に入れて物事を見極める訓練をする必要があります。

仕事でも最初は何が大事なのか分かりませんが多くの情報に触れれれば触れるほどに何が本質的なものなのかを判断できるようになるのと理屈は同じです。

情報を大量にインプットする訓練をすればするほど本質的なものを見極めることができます。

スポンサーリンク



洞察力を鋭くする・鍛える方法3:瞑想する

洞察力を鋭くする、鍛える方法に瞑想をするのがあります。

瞑想は胡坐をかいて目をつむって5~15分間何も考えない行為です。

人間は活動していると頭の中に様々な考えが浮かんできます。考える行為が人を悩ませて五感を弱くしていきます。

瞑想をすることは一定期間脳をまっさらな状態にして脳のノイズを取り除く状態です。

いわば脳のメンテナンス行為なので五感が研ぎすまされて集中力が増していきます。

人間としての能力を高めるので洞察力も高くなります。

洞察力を鋭くする・鍛える方法4:孤独な時間を作る

洞察力を鋭くする・鍛えるためには孤独な時間を作りましょう。

孤独な時間を作り1人になって考える時間を作ることによって自分にとって何が大事なのかを考えることができます。

孤独になると無駄なものが減っていき自分に必要なものしか残らないので本質を捉える能力が高まり洞察力が鍛えられていきます。

洞察力を鋭くする・鍛える方法5:本を読む

洞察力を鋭くするには本を読むことです。

本を読むことで1人で考える時間が大幅に増え洞察力を高めていきます。

小説や漫画は人生で愛、生きる、恋愛、孤独、嫉妬など人生において大事なテーマを主題として執筆されています。

小説や漫画を通して人生のテーマに触れることでそれについて考えて洞察力が鋭くなります。

また伝記はまさに愛や思いやり、努力することについて書かれていることが多く伝記を通して生きる本質を学び洞察力を鍛えていくことになります。

スポンサーリンク



洞察力を鋭くする・鍛える方法6:旅をする

洞察力を鋭くする・鍛える方法に旅をするのがあります。

旅は自分の知らないところに足を運ぶことです。自分の知らない場所に行くと自分の今までの経験や五感を研ぎ澄ませてその土地に適応していかなければなりません。

知らないものを知ろうとするときに観察眼や適応能力、コミュニケーション脳力などの様々な力が養われていきます。

あなたを大きく成長させることに繋がるでしょう。ただあまりにも危険な場所は止めておきましょう。

洞察力を鋭くする・鍛える方法7:SNSを止めてみる

洞察力を鋭くする・鍛える方法にSNSを止めてみるのがおすすめです。

SNSは一度ハマれば楽しいものです。相手からの「いいね!」を貰えば承認欲求が満たされるでしょう。

ただSNSはあまりに嘘の情報や見せかけの画像などが散乱していて何が本質なのかを掴みにくいです。

SNSにはまると自分が良く思われる事ばかり考えてしますので流されやすく自分が無くなって相手の立場に立つことができなくなるので洞察力どころではありません。

また本質を知っているとSNSが気持ち悪いものに感じるでしょう。

SNSを止めてみることは孤独になることにもつながります。

洞察力を鋭くする・鍛える方法8:オナニーを止めてみる

洞察力を鋭くする・鍛えるためにはオナニーを止めるのも1つの方法です。

オナニーは1人で全てを完結することができます。1人で快楽にふけるようになるはある意味では経済的です。

ただオナニーは1人の行為なのでそこには相手がいません。相手がいない行為を繰り替えしている人に洞察力を鋭くするのは不可能と言ってよいです。

画面の女優がいるという意見もあるかもしれませんがAVは演技なのであなたの洞察力を高めることにはなりません。

またオナニーをすると体が生物としての役割を終えたと錯覚するので動物的な能力も落ちていきます。

まとめ

ここまで洞察力の鋭い人についてまとめましたがいかがだったでしょうか?

洞察力が鋭くなれば今までの見える景色が変化していきます。

そうすればあなたに新しい人生の扉が開けてくるでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

【感受性が強い人】15つの特徴&感受性が強い原因&快適に日々を過ごす方法&適職は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク