【夢占い】車椅子の夢の2つの基本的な意味&友達が押してくれるなど20選

夢占い車椅子

夢占い車椅子の記事へようこそ。車椅子は怪我や病気などで動けない時、貴重な移動手段となります。その分、怪我や病気に直結するイメージが強いので、自分や自分の身近な人が車椅子に乗っている夢を見たら「何か不吉な出来事の前兆ではないか」と不安に思う方もいるかもしれません。

車椅子の夢は、夢占いにおいてはどのような意味を持ち、どのように解釈されるのでしょうか? 今回は車椅子の夢占いについて、様々な解釈を紹介します。

夢占い車椅子の基本的な意味

車椅子 夢占いまずは、車椅子の夢占いの基本的な意味について紹介します。夢占いにおける車椅子が暗示するものは、大きく分けると下記の2つがあります。

夢占い車椅子はコンプレックスの暗示

車椅子の夢占いの基本的な意味の1つ目は『コンプレックス』『劣等感』などです。一般に車椅子に乗る人は体に何らかの大きな支障があって、自分で立ったり歩いたりする事が困難な状態にあります。

そこから車椅子の夢占いでは、自力で歩く事ができないもどかしさや不安感を、心の中で「自分は他人と比べて劣っている」と思う感情から生まれる劣等感やコンプレックスと重ねて解釈しているのです。

コンプレックスの原因が何なのか、誰に対して持っているものなのかなどの詳細は、夢の中の状況によって異なります。

夢占い車椅子は弱い気持ちの暗示

車椅子の夢占いの基本的な意味の2つ目は『弱い気持ち』『自信のなさ』『自分の心身の弱さを自覚している事』などです。この意味も上記の1つ目の基本的な意味と同じく、車椅子が自力では立つ事も困難な人が使う物である事に由来しています。

また、車椅子は段差に弱く、移動する時には誰かに車椅子を押してもらう必要があります。この事も、車椅子の夢占いが弱さや自信が持てない状態を意味する象徴物とされる理由でしょう。

ですが、自分の弱さを自覚する事は決して悪い事ではありません。誰かの補助が必要という点も、見方によってはあなたを助けてくれる心強い存在がいるという解釈が成り立ちます。実際に、車椅子の夢占いも夢の中の状況や乗っている人の様子によって意味や解釈が変わってきます。

それでは、ここからは車椅子の夢占いのシチュエーション別の解釈を紹介します。

スポンサーリンク



夢占い車椅子の意味2:印象的な夢

車椅子にのっている人 夢占い車椅子に乗っている人が印象的、または妙に印象に残る夢占いは、あなたが無意識の内に自分よりも地位や立場が下の人を見下している事を意味します。車椅子は夢占いにおいては、劣等感や弱点などの象徴物。よって、あなたの心の中に、そうした弱点や劣等感を持つ人間よりも、自分が優位であるという思いや考えがある事を暗示するものと解釈されます。

この夢占いは、あなたに自分よりも強い人間に対しては従順で大人しいが、弱い人間に対しては強気に出る傾向がある事を教えています。車椅子に乗っている人があなたに対して笑顔であったり、好印象だった場合は、さらにこの弱者を見下す傾向が強い暗示となります。

しかし、欠点や弱点のない人間など存在しません。何よりも、人を見下す態度はいつか必ず露見して、大きな衝突を生んでしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク