【夢占い】迷子の意味34選!子供・探すなど

夢占い迷子の記事へようこそ。子供の頃、旅行などであまり知らない場所に来て、迷子になってしまった、なんて経験のある方は結構多いのではないでしょうか? どこに行けばいいのか分からないし、頼れる人もいない。その時はとても心細い思いをした事でしょう。進学や就職などといった人生の節目での選択で迷う時にも「迷子」という表現を用いる場合がありますよね。

このように、意外と聞く機会の多い迷子ですが、夢占いにおいて迷子の夢は、どのような意味や暗示を持ち、どんな解釈をされる夢なのでしょうか? 今回は迷子の夢占いについて紹介します。

Contents

夢占い迷子の意味

まずは迷子の夢占いの基本的な意味について紹介します。

迷子の夢占いの基本的な意味は下記の5つです。

夢占いで迷子は気持ちが揺れているのを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の1つ目は『精神的なブレ』『不安』などです。実際に迷子になった時の状態を想像してみてください。どの道を行けば良いのか分からず、自分の位置さえ把握できてない、人がいない場合は道を聞く事もできません。そんな何も分からない状態が続くのです。心の中は不安で一杯になってしまうでしょう。迷子になった不安が大き過ぎて、判断力も思考力も低下しているはずです。そんな状態を暗示している夢占いと言えます。

精神的に不安定で気持ちもブレてしまい、判断力や思考力といった能力も低下してしまっている危うい状態を表しています。

夢占いで迷子は決断できない気持ちを意味する

迷子の夢占いの基本的な意味の2つ目は『迷い』『悩み』『自分自身を見失っている状態』などです。迷子とは言葉が示す通り、道に迷っている状態をいいます。夢占いにおいても、迷子の夢は将来や目標について迷っていたり、悩んでいる暗示と解釈される事が多いとされています。

迷うがゆえに、はっきりと決断する事ができず、先送りにしようとしている可能性を表す夢占いであるとも言えます。何かを決断する事には責任や結果が伴うもの。決断を延ばしたい気持ちが生まれるのは仕方ないでしょう。ですが物事によっては、早めに決断しないと状況が悪化してしまう場合もあります。そんな事にならないように、ちゃんと現実に向かい合うようにと夢占いは教えています。

夢占いで迷子は孤独な気持ちを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の3つ目は『孤立』『孤独な気持ち』などです。これは迷子になった時、周囲に誰もいない状態を思い浮かべると分かりやすいでしょう。誰かに道を尋ねる事もできず、そもそも自分がいる場所すらも分からない。このような状況に置かれた時はきっと、心細さと共に強烈な孤独感、孤立感を感じるはずです。

同じ様に夢占いにおいても迷子の夢は、状況によっては精神的な孤立や、自分が周囲に認められてないと感じる孤独な現状を暗示するものと解釈される場合があります。

夢占いで迷子は誰かを助けたい気持ちを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の4つ目は『誰かを助けたい気持ち』『あなたの優しさ』などです。例えば迷子になった人をあなたが助ける夢を見た場合、夢占いではあなたが誰かに助けを求めている事を意味するものと解釈されます。夢の中であなたが助けた迷子は、現実で何らかの問題を抱えて悩んでいるあなた自身の暗示と診断されるからです。

また、迷子を助けるという行為から、あなたの優しさや人を思いやる心が問題解決のきっかけとなる可能性を暗示する夢占いと解釈される場合もあります。この夢占いには「優しさや人を思いやる心を忘れないように」というメッセージも含まれているのかもしれませんね。

夢占いで迷子はストレスが溜まっているのを意味する

迷子の夢占いの基本的な意味の5つ目は『ストレスが溜まっている状態』です。これも実際に迷子になった状態を想像すると分かりやすいでしょう。どこへ行けば良いのか、どう動けば良いのか分からない。いつまでたっても目的地へ辿り着けない。そんな状態がずっと続けば疲れるしストレスも溜まるでしょう。ゆえに迷子の夢占いは、現実のあなたがかなり強いストレスを抱えている状態である事を暗示するものと解釈される場合もあります。

こう書くと、ストレスの蓄積を警告する夢占いと思うかもしれません。ですがあなたの現状やシチュエーションによっては、ストレスを抱えながらも頑張っている、または何か新しい物事にチャレンジしようとしている暗示と解釈される事もあります。ストレスを抱えている事を意味する夢占いも、全てが悪い意味という訳ではないのですね。

とは言え、強いストレスを抱え続ける事が心身にダメージを与える事には変わりありません。この夢を見たら、できるだけで良いですから自分を労わる時間を作ってくださいね。

それでは、ここからシチュエーション別の迷子の夢占いを紹介します。

夢占い迷子の意味2:迷子になって道に迷う夢

迷子になって道に迷う夢占いは、夢の中のあなたが目指す場所・目的地がはっきりしているかどうかで意味が変わります。目的地を目指していたら迷子になってしまったのなら、現実のあなたが何か決断に迷っている状態を暗示しています。夢に出てしまうほど決断する事に迷っているのは、あなたにとって非常に重要な問題なのかもしれませんね。制限時間がないのなら、じっくり考えるのも良いでしょう。

反対に特に目的地がある訳でもなく、ただ道に迷っていたのなら、あなたが人生の目標も方向性も見失っている状態である事を意味します。夢占いにおいて目的地とは、人生の目標や目的の象徴です。よって、目指す目的地がないのに迷子になった夢は、明確な目標も方向性も持たず、将来の展望もない事から不安でいっぱいな状態の暗示と解釈されます。自分自身を見失っている暗示と解釈される場合もあるので注意が必要です。

なお、道に迷う夢占いは、迷っている場所に重要なヒントが隠されている事が多いので、どんな場所だったかよく覚えておきましょう。

夢占い迷子の意味3:迷子になって迷宮で迷う夢

迷子になって迷宮で迷う夢占いは、現実のあなたが混迷のあまり、自分自身を見失っている状態を意味します。迷宮は文字通り迷いやすい場所です。そこで迷子になるという事は、夢占いでも自分を見失うほど混迷している状態の暗示と解釈されます。夢の中の迷宮のように、現実のあなたを取り巻く環境も混迷化しているのでしょう。

現実の迷子のように、自分自身のいる位置も把握できておらず、どこへ行って良いのかも分からない状態で心身共に疲弊し、やる気も失っている状態である事を夢占いは教えています。

ただし、迷宮のどこかに光が見えていたり、ヒントになりそうな人や景色が見えていたのなら、近い内に解決の手がかりが見えてくる暗示です。もう少しだけ頑張ってみましょう。

夢占い迷子の意味4:迷子が街で迷う夢

迷子が街で迷う夢占いは、あなたが刺激的な体験を求めている事を意味します。夢占いにおいて、街は華やいだ場所や新たな人との繋がりなどを暗示する場所。そこで迷子になる事は、あなたが現状に不満を持ち、新しい出会いや行った事がない場所などを求めている暗示と解釈されます。

もしかしたら、代わり映えのしない日常生活に飽きているのかもしれませんね。ただ機会が来るのを待つのではなく、普段行った事がない場所に行ってみるなど、自分から動いてみてはいかがでしょうか。ただ待つだけでは何も変わりません。自分を取り巻く環境を変えたいのなら自分から動くようにと夢占いは教えています。ただしその時は、本当に迷子にならないように、ちゃんと場所と道筋を調べてから行く事をおすすめします。

夢占い迷子の意味5:学校で迷子になる夢

学校で迷子になる夢占いは、あなたが「自分の居場所がない」と思い込んでいる状態を意味します。夢占いにおいて学校は普段生活している社会を象徴し、迷子になる事は不安や迷いを象徴しています。よって学校で迷子になる夢は、あなたが今の環境に自分の居場所を見出せない、または今の環境が自分に合っていないと思っている事を暗示するものと解釈されます。

この夢には、将来に対する不安や迷いなどで気持ちが不安定になっているという暗示もあります。このような状態では自分一人で考え込んでいても、良い考えは浮かばないでしょう。思いきって信頼できる人に相談してみてはいかがでしょうか。

社会人がこの夢を見た場合、夢占いでは今の仕事や職場が自分に合っていないと感じている事を暗示し、昔を懐かしむ気持ちが表れた夢と解釈されます。強いストレスで心身が疲弊している事も暗示しているので、早めに休憩を取って心身の疲れを癒しましょう。

夢占い迷子の意味6:山の中で迷子になる夢

山の中で迷子になる夢占いは、あなたが新しい目標、または違う何かを求めている事を意味します。夢占いにおいて山は目標や向上心を象徴する自然物です。よって山の中の道で迷子になるという状況は、あなたが新しい目標や、自分の人生観を変えるような価値を持つ物を求め、違う道を探している状態を暗示しています。

また、迷子の夢占いには孤独・孤立の意味もあるので、強い孤独感を抱えている暗示もあります。今のところ理解者がおらず、一人で新たな道を模索しているのかもしれませんね。

新しい目標を求めてはいるものの、何をやりたいのか漠然としている事を夢占いは教えています。色んな事にチャレンジして、「これだ」と思う事を見つけましょう。

人によっては大きな目標を前に、色々と悩んでいる状態を暗示する夢と解釈される場合もあります。

夢占い迷子の意味7:暗い水辺で迷子になる夢

暗い水辺で迷子になる夢占いは、あなたが何らかの罪悪感を抱いている事を意味します。夢占いにおいて水辺は潜在意識(無意識)の世界を意味し、水辺の状態や夢の中の状況は潜在意識の様子を表しています。そして迷子は悩みやストレスなどの象徴です。よって暗い水辺で迷子になる夢は、あなたが過去に何らかの過ちを犯し、その事に悩み苦しんでいる事を暗示する夢と解釈されます。

水辺の波が大きかったり、水辺そのものが大きいものであればあるほど、あなたの抱える罪悪感が大きく悩みも深い事を表しています。過去は消せませんが、これから同じ過ちを繰り返さないようにする事はできます。いつまでも過去の過ちに苦しむよりも、二度と過ちを繰り返さない事を誓い、今後の自分と、自分の大切な人達を幸福にする事のほうが大切だと夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味8:森の中で迷子になる夢

森の中で迷子になる夢占いは、今のあなたが視野狭窄に陥っている事を意味します。森は似たような木や植物が多いので方向感覚を失いやすい場所です。しかも生い茂る枝や葉で視界が悪く、落ち葉や木の根などで足元も悪いため、進む事も容易ではありません。非常に迷子になりやすい場所であると言えるでしょう。

よって森の中で迷子になる夢を見た場合、夢占いでは視野が狭くなって多角的に物事を見る力が低下している暗示と解釈されます。森の中で失いやすい方向感覚と視界の悪さは、夢占いでは視野が狭くなり、多角的に物事を見る能力が低下してしまう事を表しています。迷子になる状況は、それによってどう行動すれば良いか決断できなくなる可能性の暗示です。

迷子の夢にはストレスや不安定な精神の暗示もあるので、まずは休息して心身の回復に努めましょう。心身が回復し落ち着きと余裕を取り戻せば、狭まっていた視野も戻ります。それによって多角的に物事を見る力も取り戻せるでしょう。

夢占い迷子の意味9:廃墟の中で迷子になる夢

廃墟の中で迷子になる夢占いは、あなたが過去の出来事やトラウマに引きずられている事を意味します。夢占いにおいて廃墟は過去の思い出、夢や理想の消滅を象徴し、本来の機能を失った建物という事から多くの場合、凶兆として解釈されます。

そして迷子は悩みや迷い、気持ちのブレなどの象徴です。よって廃墟の中で迷子になる夢占いは、過去のトラウマに引きずられ、立ち直れないまま今に至る状態を暗示するものと解釈されます。

今のあなたは過去に囚われるあまり、目の前の現実が全く見えていない状態にあります。現実が見えていない状態が続くのは危険な事です。何らかの問題やトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。「目の前の事をよく見るように」という夢占いからの警告だとも言えます。

ここまで引きずって来た過去を割り切るのは、簡単にできる事ではないでしょう。ですが、いつまでも過去にこだわり、自分で自分の可能性を閉ざすのは、あまりにも惜しいと思いませんか? 自分のこれからの人生を考える事を重視して、少しずつでも前へ歩いていけるように努力しましょう。

夢占い迷子の意味10:広い家で迷子になる夢

家で迷子になるなんて、現実ではちょっと考えられない話ですね。広い家の中で迷子になる夢占いは、あなたが心安らぐ場所を求めている事を意味します。本来心落ち着く場所であるはずの家で迷子になるのは、夢占いではあなたが家庭に対して愛情を感じられていない状態、もしくは家庭的な愛情に飢えている状態を暗示するものと解釈されます。

あなたは今の家庭に閉塞感を感じていて、心安らぐ事がないようです。ストレスが溜まっている暗示もあるので、自覚している以上に心身が疲れているかもしれません。

可能であれば家族や友人や恋人とコミュニケーションを増やしたり、話し合う時間を取って、思っている事を話してみてはいかがでしょうか。自分から動いていかないと状況は改善されない事を夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味11:子供が迷子になる夢

子供が迷子になる夢占いは、あなたが何かに思い悩み、混迷している状態である事を意味します。迷子の子供は、あなた自身の精神状態を表しています。

子供はその未熟さゆえに、大人よりも精神状態が不安定な存在です。迷子になれば大人以上に混乱するでしょう。よって夢占いにおいて迷子の子供は、あなたが何か大きな問題を抱えて、非常に精神状態が不安定になっている事を暗示するものと解釈されます。この夢が示す悩みや不安は非常に大きい事が多いため、現実に行き詰まりを感じている方もいるかもしれません。実際に子供がいる方の場合は、子育てに関しての不安や悩みが大きい事を暗示する夢占いと解釈される場合もあります。

ただし、迷子の子供が無事に保護されたのなら、状況が好転する事を教える夢占いとなります。

夢占い迷子の意味12:迷子を探す夢

迷子を探す夢占いは、あなたが迷子になっている人物に何らかの不安を持っている事を意味します。例えば迷子になったのが、あなたの子供だったなら、現実でも「どこかで迷子になっていないだろうか」「事件や事故に巻き込まれていないだろうか」と、子供の事を心配し過ぎて不安が大きくなっている状態を暗示しています。それほど親しくない人物が迷子になった場合は、その人への接し方が今一つ分からないために、不安や迷いの気持ちが強いという暗示と解釈される場合があります。

人によっては、自分では答えが出ない問題に対して、誰かが答えを出してくれないかと思っている事を意味します。自分で答えを出す事を諦めて、誰かに決断を委ねようとしている事を暗示しています。問題の内容によっては、自分の人生を決める重要な選択を人任せにしてしまう事になるでしょう。重要な決断を簡単に他人に委ねないように、と夢占いは教えています。

なお、この夢占いは、迷子が見つかったかどうか、迷子を探している際の状況などによっても解釈が異なってきます。詳しくは下記をご覧ください。

夢占い迷子の意味13:迷子を探して見つかる夢

上記の迷子を探す夢占いで、迷子が無事に見つかったなら、あなたの不安が解消される事を意味します。夢占いにおいて、迷子はあなたの悩みや迷いを象徴する存在。よって迷子を探して見つける夢は、あなたが迷い悩んできた問題や事柄に対して正面から向き合い、自分で答えが出せる事を暗示しています。

あなたが出した答えが正しいのかどうかは分かりませんが、自分で決断した事で、人間的に成長する事ができるでしょう。どんな結果が出ても、しっかりと受け止めてくださいね。

ちなみに、あなたが迷子の子供を見つけて手を差し伸べていた夢だったなら、あなたも今後、誰かの助力によって救われる事を表しています。夢占いにおいて迷子の子供は、あなた自身を表す場合もあるからです。

夢占い迷子の意味14:迷子を探しても見つからない夢

迷子を探す夢占いで、迷子が見つからなかった場合は、あなたが抱えている不安や問題の解決にはまだ時間がかかる事を意味します。自分の気持ちに整理がついていない暗示もあるので、重要な決断を下すだけの度胸や判断力もないのかもしれません。

迷子が見つからないという事は、未だにどこかをさ迷っているという事です。夢占いにおいて、迷子がさ迷うのは悩みやストレス、迷いがあるという事を象徴しています。残念ながら、あなたが抱える悩みや問題は、当分は今のまま続くでしょう。

また、重要な決断が下せないという事は、一人で責任を負う事もできない未熟な人間である事を表しています。今のままでは人間的な成長も見込めない事を警告する夢占いでもあると言えるでしょう。

夢占い迷子の意味15:たくさんの人が迷子を探す夢

たくさんの人が迷子を探す夢占いは、あなたは何の根拠もなく、周囲の人達を自分と同じようなものと思っている事を意味します。もっと言うと、自分よりも下だと思う人を見て、心の安定を得ている状態を暗示しています。

あなたには悪い意味での甘えが心のどこかにあり、もっと自分を高めようという気がないため、上を見ようとしていないのです。そして誰もがそうであると思い込んでいます。たくさんの人が迷子を探す夢占いは、そんなあなたの甘えと思い込みの表れです。

今のままでは、人間として成長できず、それどころか常識の歪んだ、偏屈な人間になってしまう可能性が高いでしょう。根拠のない思い込みをやめて、周囲の人達やあなたを取り巻く現実世界をしっかりと見つめ直すようにと夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味16:会社・職場で迷子になる夢

会社や職場で迷子になる夢占いは、あなたが今の職場や組織の中で、自分の存在が認められてない、もしくは今の職場の環境や仕事が、自分には合っていないと感じている事を意味します。夢占いにおいて、迷子の夢が象徴する意味の中に孤立や孤独があります。この場合、会社というたくさんの人間がいる組織の中にいながら、精神的に孤独を感じている状態を暗示する夢と解釈されます。

この夢占いは、最終的に目的地へ辿り着いたどうかで意味が違います。目的地へ辿り着けたなら、今後の進路に関わるヒントが、目的地に隠されている可能性があります。詳しく思い出して今後の参考にしましょう。反対に辿り着けなかったなら、今はまだ行動を起こす時ではない事を暗示しています。

ただし、迷子の夢占いには強いストレスの暗示もあり、思った以上に心身に疲れが溜まっている事を警告する夢と解釈される事もあります。もしも体調が気になるようでしたら、早めに休息する時間を取って心身を癒してくださいね。

夢占い迷子の意味17:迷子になって目的地に行けない夢

迷子になって目的地へ辿り着けない夢占いは、あなたが今、非常に焦っている状態である事を意味します。色んな事が自分の思い通りに進まず、結果を出せない自分に苛立っているのかもしれません。その苛立ちがさらに焦りを生む、という悪循環に陥っている可能性もあります。

夢占いにおいて迷子は精神のブレや迷い、不安などの象徴です。今のあなたが焦りや苛立ちで精神的に不安定な状態になっている事を暗示しています。目的地に着けない事から「道を間違えてしまったのでは」と、自分の記憶力や判断力に自信が持てなくなった迷子のように、今のあなたも「自分の今までの選択が間違っていたのでは」と、自分の進んできた道に自信が持てなくなってきているのかもしれませんね。

ですが、どんな人でも必ず一度や二度は失敗しているものです。むしろ、その失敗を糧にして成功を収める人こそが真の勝利者と言えます。焦らずに精神的な安定を取り戻し、着実に事を進めていこう、と夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味18:迷子になっても前に進んでいく夢

迷子になっても前へ進んでいく夢占いは、あなたが間違った判断をしている可能性が高い事を意味します。普通、迷子になるとどうすれば良いのか分からず、その場にしゃがみこんだり、余計に迷ってしまう事を恐れて、その場を動けないという人が多いでしょう。

それに反してどんどん前へ進む行為は、一見勇ましいように見えますが、実は不安感や弱気になっている自分を隠すために、無理して動いているのに過ぎません。ですが自分が今どこにいるのかもよく分からない状況で闇雲に動くのは危険です。目的地やあなたを助けようとしている人から離れてしまう可能性があります。同様に夢占いにおいても、迷子になっているのに前へ進む夢は、不安感や自信のなさを無視して無謀な行動に出る暗示とされています。

焦りや無謀を警告する夢占いです。まずは冷静さを取り戻しましょう。その上で自分と向き合い、仕事や計画など見直すべきものがあれば最初から見直してみてください。思わぬ改善点が見つかるかもしれません。仕事や計画などについて、アドバイスしてくれる人を探すのもおすすめです。

夢占い迷子の意味19:自分が迷子になって誰かに会う夢

自分が迷子になって誰かに会う夢占いは、その人があなたにとって非常に頼りになる人物である事を意味します。迷子になった時に会う人や探しに来てくれた人は、とても頼もしく映るものです。夢占いにおいても、迷子になった時に会う人は、現実世界のあなたにとって精神的な救いとなっている暗示と解釈されます。精神的な悩みを聞いてもらったり、問題解決について的確なアドバイスをしてくれたりと、既にかなり助けられているのかもしれませんね。

こう書くと吉夢のようですが、実はそれほど良い意味の夢占いではありません。と言うのもこの夢には、あなたがその人と対等な関係を築けていない暗示があるからです。あなたとその人とでは人間的なレベルに差があり過ぎて、かなり一方的な関係になってしまっています。あなたはその人に助けてもらってばかりで、その恩義に対して何も返していません。

ゆえに対等な関係とは言えず、あなたに恋心が芽生えていたとしても、対等な関係を築けていないため、恋愛関係に発展する可能性は低い事を表しています。

また、この夢には人間的な成長を望むなら、その人と距離を置く事を考えなければならないという暗示もあります。今のままではその人に甘える気持ちが抜けず、いつまでたっても自立できない可能性が高いからです。

このように厳しい意味を持つ夢占いですが、人間的な成長を促しているものと捉えて、受け入れてみてはいかがでしょうか。

夢占い迷子の意味20:迷子になって同じ道・場所を何回も通る夢

迷子になって同じ道や場所を何回も通る夢占いは、あなたが今目指している目標や進路、もしくは抱えている問題に悩みや迷いがある事を意味します。ただし、この夢は、悩みや迷いはあっても、最終的なゴールの姿は既に自分の中で固まっている事を暗示しています。

ですが、ゴールの姿は決まっていても、そこに辿り着くのは容易ではありません。夢占いにおいて迷子は迷いや悩みの象徴。その迷子が同じ道や場所を何回も通っているのは、どうやっても抜け出せない、八方塞がりの状態である事を暗示しています。

八方塞がりの現状から抜け出すには、新しい道や場所を見つけ出さないといけません。ですが、そこに至るためには大きな壁が立ち塞がっている事を夢占いは教えています。大きな壁はあなたが越えなくてはならない試練、もしくはあなたが今まで先送りにしてきた問題を暗示しています。これを越えれば目指す目標に到達できるでしょう。

夢占い迷子の意味21:迷子になって不安を感じる夢

迷子になって不安を感じる夢占いは、あなたが焦りや不安などから、気持ちが定まらない内に決断を下してしまう可能性を意味します。夢占いにおいて、迷子は主に不安や迷いを象徴するものですが、間違った答えを意味する場合もあります。

迷子の精神状態とは、多くの場合不安定なもの。不安定な精神状態では良いアイデアや答えが浮かぶ可能性は低く、実際に焦って動き回り、さらに道に迷ってしまう話もよく聞きます。夢占いでも同様に、焦りや不安から性急に答えを出してしまう可能性を暗示するものと解釈されます。

時には素早い決断が必要とされる事もあります。しかし不安定な精神状態、または気持ちが定まっていない状態で出す答えが、良いものであるとは考えにくいものです。結果的に悪くない場合でも、悔いが残ってしまう可能性もあるでしょう。

そういう事態にならないように、日頃から常に、何が起こっても対応できるように準備を整えておきましょう。また、制限時間がないのなら、ゆっくりと熟考してから決断できるように、心に余裕を持つ事も大切です。

夢占い迷子の意味22:迷子になっても不安ではない夢

上記の迷子になって不安を感じる夢占いとは逆に、迷子になっても不安を感じない夢占いは、あなたが答えを先送りにしようとしている事を意味します。夢占いでの意味も上記の夢占いとは逆になります。

この夢占いは、あなたの甘えやずるい考え方を暗示しています。夢の中の迷子が不安な気持ちになっていないのは、「最後には自分の思い通りになる」という確信があるから、と解釈されます。その確信とは、あなたの相手に対する甘えです。問題を先送りにする行為には、時間がたてば相手が許してくれるという、相手の優しさにつけ込むようなずるい考え方が根底にあります。

ですが「仏の顔も三度まで」という諺があるように、いつまでもそういった甘えやずるさが通用するとは限りません。どんなお人好しでも限界というものがあるでしょう。むしろ、あなたのその甘さ、ずるさから、さらに大きな問題を引き起こしてしまうかもしれません。早急に考え方を改めるように、と夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味23:ビルの中で迷子になる夢

ビルの中で迷子になる夢占いは、あなたの仕事や計画が思う通りに進んでいない現状を意味します。会社や組織の中で自分の希望や企画がなかなか通らず、苛立っているのではないでしょうか。

夢占いでビルは組織や会社を象徴し、迷子は不安や焦りを象徴します。よって、ビルの中で迷子になる夢は、自分の要望や企画を認めてもらえない現状に不安を抱いている、もしくはストレスを抱えている暗示と解釈されます。「自分は認めてもらえてない」と精神的な孤独も感じているのかもしれませんね。

ですが、これはあなたに才能がないのではなく、伝え方やプレゼンテーションに問題があったのかもしれません。どんなに良い企画やアイデアであっても、伝え方が良くないと相手にきちんと理解されないでしょう。また、単に今はまだ実行に移す時期には至っていないと見られているのかもしれません。

今一度全てを見直し、伝え方やプレゼンテーションなど全般的なスキルを磨いてから、再度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。諦めずに時機を待ちながら実力を磨き続ける事で、必ず報われる日が来る事を夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味24:迷子を助ける・保護する夢

迷子を助ける、または保護する夢占いは、あなたが今抱えている問題や悩み事などが解決する事を意味します。夢占いにおいて迷子は迷いや悩みの象徴ですが、悩みを抱えるあなた自身を暗示する場合もあります。よって、迷子をあなたが保護する夢は、あなたが自力で、または他人からの助力によって、問題や悩み事が解決に向かう暗示と解釈されます。

今はまだ苦境になるのかもしれませんが、あと少しで解決できる事を夢占いは教えています。ここが踏ん張りどころです。運気上昇の暗示もあるので、問題解決後は今まで悩んでいたのが嘘のようにうまくいく日々が待っているので、もう少しだけ頑張ってくださいね。

夢占い迷子の意味25:迷子の犬を助ける・保護する夢

迷子の犬を助ける、または保護する夢占いは、あなたが素直になる事で人間関係が良くなる事を意味します。人間にとって身近な動物である犬は、夢占いにおいても身近な人間関係を象徴しています。そんな犬が迷子になる夢は、あなたの対人関係が悪化する暗示、そして迷子の犬を助ける行為は、あなたが理想と現実との差に悩んでいる事を暗示する夢占いと解釈されます。

この夢を見たあなたは、つまらない意地を張って素直に謝らなかったりした結果、対人関係の悪化を招いているのかもしれませんね。自分を見つめ直し、自分が悪いと思うところは素直に謝りましょう。

なお、迷子の子犬を助ける、保護する夢だった場合は、あなた自身が何らかの大きな問題を抱えており、誰かに助けを求めている気持ちがある事を意味します。自分一人で解決できない問題だと分かっているのなら、素直に周囲に助けを求めましょう。

夢占い迷子の意味26:迷子の猫を助ける・保護する夢

迷子の猫を助ける、または保護する夢占いだった場合は、あなたの直観力が冴え、良いアイデアが浮かぶ事を意味します。夢占いにおいて猫は直観力を象徴する動物です。迷子の猫を助ける夢は、今まで眠っていた直観力が目覚め、形にならなかったアイデアが一気に具体的な計画となる事を暗示しています。

忘れないようにメモをとって、しっかりと形にしましょう。実行に移せるように頑張りましょうね。

夢占い迷子の意味27:自分以外の人が迷子を助ける・保護する夢

自分以外の人が迷子を助ける、または迷子を保護する夢占いは、あなたが自分に甘く他人に厳しい人間である事を意味します。自分以外の人が迷子を助けるのを見るというのは、あなたも迷子の事を知っていたのに、他人に任せて知らん振りを決め込んできたと、とれる行為です。夢占いにおいても、面倒事には関わらない人間である事を暗示するものと解釈されます。

ただし、夢にでてきた迷子はあなた自身を暗示する場合もある事から、あなたは自分が困っている時は、他人に頼る人間でもある事を表しています。ゆえに、自分に甘く他人に厳しい人間である事を暗示する夢占いと解釈されるのです。

このような態度を続けていたら、いずれは人が離れていくでしょう。今の内に考え方を改め、対等な人間関係を築ける人になるように、と夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味28:迷子が泣いている夢

迷子が泣いている、または迷子を保護したのに、ずっと泣き続けている夢占いは、問題を解決したものの解決方法が間違っていたなど、あなたが何らかの物事に間違った答えを出した事を意味します。

夢占いにおいて迷子は、不安や迷いの他にも間違った答えという意味があります。不安定な精神状態では正しい答えを出す事は難しいものです。また、問題は解決できても、その問題が起こった原因を解消できなかったなら、また新たな問題が起こってしまうでしょう。このように、一応解決はできても、本質を見誤っていたり、原因をどうにかできなかったりで、正しい解決方法とは言えない場合があります。

本質を見抜く目を養い、正しく解決できる方法を見つける力をつけるように、と夢占いは教えています。同じ間違いを繰り返さないように、さらに精進していきましょう。

夢占い迷子の意味29:迷子が泣きながらいなくなる夢

迷子が泣きながらいなくなる夢占いは、あなたが精神的に追い詰められている事を意味します。夢占いにおいて迷子は迷いや不安を意味し、泣く行為は不安などの感情が大きい事を意味します。

そして泣きながら迷子がいなくなる、遠ざかっていく事は漠然とした不安や孤独感で心がいっぱいである状態を意味しています。その場から逃げ出したいと思うほど、精神状態が限界にまで追い詰められているという暗示です。

それほど追い詰められるような事態になっていないという場合は、これからそういう状態になるような出来事が起こる事を暗示する夢占いと解釈されます。少しでも精神への負担を軽減するためにも、今から覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

夢占い迷子の意味30:迷子を見つける夢

迷子を見つける夢占いは、あなたが抱えている問題が解決される事を意味します。夢占いにおいて何かを見つける夢は、新しい才能の発見や問題の解決などを暗示する吉夢とされており、迷子を見つける夢占いも、迷子が迷いや不安を意味する事から、迷いや不安の原因となっている問題や悩み事が間もなく解決する暗示と解釈されます。

人によっては、これまで抱えてきた問題や悩み事に対して、答えを出さなければならない時期に来た事を暗示する夢と解釈される場合もあります。いずれにせよ、問題や悩み事に正面から向き合う時が来ている事を夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味31:迷子を見つけたけど逃げる夢

迷子を見つけたけど逃げる夢占いは、あなたが追い詰められた状態にあっても、まだ答えを先送りにしたい気持ちがある事を意味します。夢占いにおける迷子の意味の1つに、決断を先送りにしたい気持ちがあります。そして迷子を見つける夢占いは、上記でも説明したように、問題や悩み事に向き合う時期が来ている事を暗示しています。そこから逃げる、逃げようとしているのは、期限が迫っているというのに、まだ答えを先延ばしにしたい気持ちの表れです。

ですが、答えを出す期限を逃すという事は、自分の気持ちや本当にやりたい事を打ち明けるチャンスを潰すという事でもあります。そうなれば、また同じ問題に悩まされ続ける事になり、後悔し続ける事にもなるでしょう。覚悟を決めて、自分の正直な気持ちを打ち明けてください。

夢占い迷子の意味32:子供の迷子を見つける夢

子供の迷子を見つける夢占いは、あなたが子供の頃から感じていた問題や悩み事が無事に解決する事を意味する吉夢です。あなた自身が迷子の子供を見つけた事から、自力で解決の糸口を見つける暗示があります。自力で問題を解決する姿勢から、協力者や支援者が現れる可能性の暗示もあります。運気も上昇しているので、これを機会に人脈を広げるのも良いでしょう。

夢占いでは迷子の子供はあなた自身を暗示する事もあるため、誰かの助力によって問題が解決する暗示と解釈される場合もあります。どちらにせよ、長年抱えてきた問題や悩み事が解決する方向へ導かれる事を喜び、最後まで気を抜かないようにしましょう。

人によっては完全な解決とはいかなくても、重要なヒントが見つかる暗示と解釈される事もあります。この場合も気落ちせずに最後までやり遂げましょう。諦めずに努力を重ねる事で事態の好転につながる事を夢占いは教えています。

夢占い迷子の意味33:大人の迷子を見つける夢

大人の迷子を見つける夢占いは、あなたが自分で自分の悩みを深めてしまっている状態である事を意味します。夢占いにおいて、迷子は迷いや不安の象徴です。大人が迷子になるという夢は、自立や独立などといった大人特有の問題から、不安で心がいっぱいになっている状態を暗示しています。

もしくは何か嫌な事があると、それをずっと覚えていて、後から怒りや悲しみに苛まれてしまう性格なのかもしれません。大人になって経験が増えていく事で、そういった怒りや悲しみが積もりに積もって、悩みを余計に深くしてしまったのかもしれませんね。

いずれにせよ、今のあなたはかなりネガティブな状態に陥っています。まずはネガティブな考えを払拭する努力をしてみましょう。ネガティブな考えに囚われていては、運気も下がってしまう事を夢占いは教えています。ポジティブな友人と会話したり、趣味に没頭したりして、気分と思考をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

夢占い迷子の意味34:迷子を見過ごす夢

迷子を見過ごす夢占いは、あなたが問題があるのにも関わらず、見て見ぬふりをしている事を意味します。夢占いでは不安や迷いの象徴である迷子を見過ごす、または迷子がいるのに保護しないという行為は、あなたが問題や悩み事に向き合っていない事を暗示しています。よって迷子を見過ごす夢占いは、あなたが問題の解決を後回しにしようとしている事を表すものと解釈されます。

そうやって面倒事を後回しにする態度は、無責任で問題解決能力がない人間だと周囲に思われてしまう原因となります。このままでは味方も協力者も失ってしまう可能性を夢占いは教えています。早急に対応して、問題やトラブルの解決に尽力しましょう。

まとめ

迷子の夢占いについて様々な解釈を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

不安や迷いを象徴する迷子の夢占いは、警告の意味合いが強いものがほとんどですが、正確に意味を受け取り、対処すれば新たな道が開かれる事を暗示する夢でもあります。夢占いを活用して、あなたの今後の人生を良いものとするための参考にしてくださいね。以上、夢占い迷子の記事でした。

最後まで拝読いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク