【夢占い】迷子の意味34選!子供・探すなど

夢占い迷子の記事へようこそ。子供の頃、旅行などであまり知らない場所に来て、迷子になってしまった、なんて経験のある方は結構多いのではないでしょうか? どこに行けばいいのか分からないし、頼れる人もいない。その時はとても心細い思いをした事でしょう。進学や就職などといった人生の節目での選択で迷う時にも「迷子」という表現を用いる場合がありますよね。

このように、意外と聞く機会の多い迷子ですが、夢占いにおいて迷子の夢は、どのような意味や暗示を持ち、どんな解釈をされる夢なのでしょうか? 今回は迷子の夢占いについて紹介します。

Contents

夢占い迷子の意味

まずは迷子の夢占いの基本的な意味について紹介します。

迷子の夢占いの基本的な意味は下記の5つです。

夢占いで迷子は気持ちが揺れているのを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の1つ目は『精神的なブレ』『不安』などです。実際に迷子になった時の状態を想像してみてください。どの道を行けば良いのか分からず、自分の位置さえ把握できてない、人がいない場合は道を聞く事もできません。そんな何も分からない状態が続くのです。心の中は不安で一杯になってしまうでしょう。迷子になった不安が大き過ぎて、判断力も思考力も低下しているはずです。そんな状態を暗示している夢占いと言えます。

精神的に不安定で気持ちもブレてしまい、判断力や思考力といった能力も低下してしまっている危うい状態を表しています。

夢占いで迷子は決断できない気持ちを意味する

迷子の夢占いの基本的な意味の2つ目は『迷い』『悩み』『自分自身を見失っている状態』などです。迷子とは言葉が示す通り、道に迷っている状態をいいます。夢占いにおいても、迷子の夢は将来や目標について迷っていたり、悩んでいる暗示と解釈される事が多いとされています。

迷うがゆえに、はっきりと決断する事ができず、先送りにしようとしている可能性を表す夢占いであるとも言えます。何かを決断する事には責任や結果が伴うもの。決断を延ばしたい気持ちが生まれるのは仕方ないでしょう。ですが物事によっては、早めに決断しないと状況が悪化してしまう場合もあります。そんな事にならないように、ちゃんと現実に向かい合うようにと夢占いは教えています。

夢占いで迷子は孤独な気持ちを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の3つ目は『孤立』『孤独な気持ち』などです。これは迷子になった時、周囲に誰もいない状態を思い浮かべると分かりやすいでしょう。誰かに道を尋ねる事もできず、そもそも自分がいる場所すらも分からない。このような状況に置かれた時はきっと、心細さと共に強烈な孤独感、孤立感を感じるはずです。

同じ様に夢占いにおいても迷子の夢は、状況によっては精神的な孤立や、自分が周囲に認められてないと感じる孤独な現状を暗示するものと解釈される場合があります。

夢占いで迷子は誰かを助けたい気持ちを意味している

迷子の夢占いの基本的な意味の4つ目は『誰かを助けたい気持ち』『あなたの優しさ』などです。例えば迷子になった人をあなたが助ける夢を見た場合、夢占いではあなたが誰かに助けを求めている事を意味するものと解釈されます。夢の中であなたが助けた迷子は、現実で何らかの問題を抱えて悩んでいるあなた自身の暗示と診断されるからです。

また、迷子を助けるという行為から、あなたの優しさや人を思いやる心が問題解決のきっかけとなる可能性を暗示する夢占いと解釈される場合もあります。この夢占いには「優しさや人を思いやる心を忘れないように」というメッセージも含まれているのかもしれませんね。

夢占いで迷子はストレスが溜まっているのを意味する

迷子の夢占いの基本的な意味の5つ目は『ストレスが溜まっている状態』です。これも実際に迷子になった状態を想像すると分かりやすいでしょう。どこへ行けば良いのか、どう動けば良いのか分からない。いつまでたっても目的地へ辿り着けない。そんな状態がずっと続けば疲れるしストレスも溜まるでしょう。ゆえに迷子の夢占いは、現実のあなたがかなり強いストレスを抱えている状態である事を暗示するものと解釈される場合もあります。

こう書くと、ストレスの蓄積を警告する夢占いと思うかもしれません。ですがあなたの現状やシチュエーションによっては、ストレスを抱えながらも頑張っている、または何か新しい物事にチャレンジしようとしている暗示と解釈される事もあります。ストレスを抱えている事を意味する夢占いも、全てが悪い意味という訳ではないのですね。

とは言え、強いストレスを抱え続ける事が心身にダメージを与える事には変わりありません。この夢を見たら、できるだけで良いですから自分を労わる時間を作ってくださいね。

それでは、ここからシチュエーション別の迷子の夢占いを紹介します。

夢占い迷子の意味2:迷子になって道に迷う夢

迷子になって道に迷う夢占いは、夢の中のあなたが目指す場所・目的地がはっきりしているかどうかで意味が変わります。目的地を目指していたら迷子になってしまったのなら、現実のあなたが何か決断に迷っている状態を暗示しています。夢に出てしまうほど決断する事に迷っているのは、あなたにとって非常に重要な問題なのかもしれませんね。制限時間がないのなら、じっくり考えるのも良いでしょう。

反対に特に目的地がある訳でもなく、ただ道に迷っていたのなら、あなたが人生の目標も方向性も見失っている状態である事を意味します。夢占いにおいて目的地とは、人生の目標や目的の象徴です。よって、目指す目的地がないのに迷子になった夢は、明確な目標も方向性も持たず、将来の展望もない事から不安でいっぱいな状態の暗示と解釈されます。自分自身を見失っている暗示と解釈される場合もあるので注意が必要です。

なお、道に迷う夢占いは、迷っている場所に重要なヒントが隠されている事が多いので、どんな場所だったかよく覚えておきましょう。

夢占い迷子の意味3:迷子になって迷宮で迷う夢

迷子になって迷宮で迷う夢占いは、現実のあなたが混迷のあまり、自分自身を見失っている状態を意味します。迷宮は文字通り迷いやすい場所です。そこで迷子になるという事は、夢占いでも自分を見失うほど混迷している状態の暗示と解釈されます。夢の中の迷宮のように、現実のあなたを取り巻く環境も混迷化しているのでしょう。

現実の迷子のように、自分自身のいる位置も把握できておらず、どこへ行って良いのかも分からない状態で心身共に疲弊し、やる気も失っている状態である事を夢占いは教えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク