好きな人に嫌われたサイン・LINE・嫌われるタイプ・対処法

好きな人 嫌われた

好きな人と両思いになりたいとは誰もが思うことですが、残念ながらうまくいかないこともあります。

好きな人に頑張ってアピールをしても、嫌われてしまうこと、思いが報われないこともあるでしょう。

ここでは、「もしかして好きな人に嫌われた?」と女性が感じる、男性のサインについて見ていきたいと思います。

恋愛はうまくいくことばかりではありませんが、せっかくなら成就させたいもの。

好きな人に嫌われたサインや、好きな人に嫌われるタイプ、そして、もしも好きな人に嫌われてしまったときの対処法について紹介していきます。

自分では気がつかないことも多いので、自分を客観視する参考にしてみてください。

好きな人に嫌われた?男子が嫌いな人に出すサイン

好きな人 嫌われた

まずは、好きな人に嫌われた?と女性が感じる、男子が嫌いな人に出すサインを紹介します。

人間ならば、好き嫌いがあるのはある程度は仕方がないもの。

度を超えた鈍感女子でなければ、なんとなく「嫌われてるかも…」という男性のサインを感じ取ることができると思います。

具体的に、どんなサインを男性は嫌いな人に出すのでしょうか。

男性が嫌いな人に出す9つのサインは、こちらです。

1、性格や外見に文句を言う

好きな人 嫌われた

男性が嫌いな人に出すサインは、性格や外見に文句を言うことがあります。

ただし、あなたの目の前で「○○ってほんとブスだよな!」などとからかうような言い方をするときは、好きの裏返しである可能性が大。

特に思春期の男子なら、好きな女子のことをからかうというのはよくあることですからね。

ここでの性格や外見に関する悪口というのは、あなたのいないところで言っているかどうかが重要。

嫌われているときは、あなたがいないところで友達とあなたの悪口を言っていることが多くなります。

好きな人が自分の悪口を言っていることを人づてに聞いたとしたら、残念ながら嫌われているのかもしれません。

2、言葉遣いが悪くなる

男性が嫌いな人に出すサインは、言葉遣いが悪くなることが挙げられます。

ただしこちらも、誰に対しても言葉遣いが悪いときには、特に嫌われているとは限りません。

しかし、明らかに自分にだけ言葉遣いが悪いときには、嫌われている可能性が高いでしょう。

なぜなら、嫌われていないのなら言葉遣いを悪くする必要がないからです。

人は、イライラしているときに言葉遣いが悪くなるもの。

彼はあなたに話しかけられたこと、あなたと話すことが嫌でたまらないのかもしれません。

スポンサーリンク



3、挨拶しても返事がない

男性が嫌いな人に出すサインには、挨拶しても返事がないことがあります。

大人になれば、多少ウマが合わない人であっても挨拶くらいは交わすもの。

それが社交辞令というやつです。

それなのに挨拶をしても返事がない、挨拶を無視するというのは、明らかにわざとしている可能性が高いですよね。

他の人と話していたり、何かに夢中になっているときに話しかけても気がつかないことはあるかもしれませんが、「おはよう」や「お疲れ様でした」に対しても返事がないとしたら、挨拶を交わすことさえ嫌なのかもしれません。

4、話しかけても返事が小さい・やる気がない

男性が嫌いな人に出すサインは、話しかけても返事が小さい、やる気がないことが挙げられます。

あなたが話しかけたとき、嬉しそうな表情ではなく、なおかつ返事が小さいときには、あなたに呼ばれくない、話しかけられたくないという気持ちが強いと言えるでしょう。

人は、嫌いな人には呼ばれたくない、話したくないと思うもの。

本心では「返事をしたくない」と思っているので、必然的に返事をする声も小さくなるというわけです。

あなたも嫌いな人に声をかけられたら、嫌そうな表情で、小さな声で返事をするのではないですか?

嫌いな人に声をかけられたときに返事が小さくなるのは、男女共通のサインなのです。

5、目を合わせてくれない

男性が嫌いな人に出すサインは、目を合わせてくれないことがあります。

好きな人と話すときに、恥ずかしくて目を合わせない(目を合わせられない)という男性もいますが、その違いは誰が見ても一目瞭然。

照れているのなら、目を合わせなくても表情にしっかりと現れているからです。

しかし嫌いな人には、目を合わせないだけでなく表情も変わりません。

話しかけても自分の方を一向に見てくれないときには、残念ながら嫌われていると思った方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



6、笑顔がない

男性が嫌いな人に出すサインは、笑顔がないことが挙げられます。

普通、好きな人と話すときには自然と笑顔になりますよね?

あなたもそうだと思います。

しかしその逆で、嫌いな人と話すときには嫌なので笑顔がなく、対応も冷たくなることでしょう。

笑顔を見せると好意があると受け取れることからも、嫌いな人には「好意をもってほしくない」という気持ちから、あえて笑顔を見せないなんてケースも。

好かれたくない、好かれたら迷惑という気持ちがあるので、笑顔がなく対応も冷たくなっていくのです。

7、要件しか話さない・余計な話をしない

男性が嫌いな人に出すサインは、要件しか話さない、余計な話をしないことも挙げられます。

嫌いな人とは、長く話をしたいとは思いませんよね?

それは男性も同じなので、最低限話さなくてはならないことを話したら、会話はそれで終わります。

早々に会話を切り上げようとしたり、要件だけを淡々と話して終わりという雰囲気が出ているとしたら、彼はあなたとはあまり話したくないと感じているのでしょう。

そういう雰囲気を感じ取ったら、むりに会話を続けようとせず、早々と立ち去った方がよさそうです。

8、誘っても断られる・スルーされる

好きな人を誘っても断れる、スルーされることが続いたら、それは嫌われているサインと言えます。

もちろん、一度や二度断られただけでは、単純にその日に都合が悪いということも考えられるでしょう。

しかし好きな人に誘われたのなら、その日がダメなら「じゃあ○日はどう?」と新たな提案をしてくるはず。

そういった別の日の誘いもなく、常に「忙しい」ことを理由に断られるのだとしたら、嫌われているのかもしれません。

どうしても予定が合わないときには、きちんと理由を言ったり、先ほども述べたように別の日を提案するなどしてくるはずです。

それを一言「忙しい」だけで片付けられることが数回続くのなら、あなたとは一緒に遊びに行きたくないのかもしれません。

9、嫌いだと言われる

好きな人に、はっきりと嫌いだと言われるのなら残念ながら嫌われている可能性が高いです。

ここまでくると、もはや致命的かもしれません。

人は、なかなか面と向かって「嫌い」とはっきり言うことはないからです。

この場合は、あなたがあまりにもしつこいことをしたり、相手を怒らせるようなことをしてしまったのかもしれません。

嫌いと言われたらショックだと思いますが、一度好きな人のそばからは離れた方が懸命だと言えるでしょう。

男性が嫌いな人に出すサイン【LINE編】

男性が嫌いな人に出すサイン、LINE編を紹介します。

今やメールに代わり、コミュニケーションや連絡の主要ツールとなったLINE。

みなさんも利用していることと思います。

そんなLINEにも、嫌いな人に出すサインがたくさんあるんですよ。

早速見ていきましょう。

1、LINEの返事は要件のみ

男性が嫌いな人に出すLINEでのサインには、LINEの返事は要件のみで済ますことが挙げられます。

顔の見えないやり取りであるとはいえ、嫌いな人とは必要なこと以外では関わりたくないと思うもの。

LINEでもその傾向は強く現れます。

そのためあなたがLINEをしても、必要なこと以外は一切送ってくることはありません。

もちろん質問させることもなく、要件さえ終わればLINEも終わるということが続くときは、嫌われているサインです。

2、LINEの返事が一言

男性が嫌いな人に出すLINEでのサインは、LINEの返事が一言のみだということがあります。

あなたがどんなに話題を振っても、彼からの返事が「うん」「了解」などの一言のみ、もしくはそういう文字の入ったスタンプのみでしか返ってこないときは、嫌われている可能性が高いです。

好きな人や興味がある人とのLINEなら、少しでも長く続けたいと思うもの。

あなたが今、好きな人とLINEをしたいと思う気持ちを相手も抱いているはずなのです。

それを一言のみで返すということは、それだけLINEを続けたくないという気持ちが読み取れますよね。

ただ、元々男性はこまめにLINEをする人ばかりではないため、他の人への対応はどうなのか?も参考にしてみましょう。

3、既読・未読スルーをする

男性が嫌いな人に出すLINEでのサインは、既読スルーや未読スルーをするというもの。

これは、非常に分かりやすいサインと言えるでしょう。

好きな人からのLINEであれば、どんなに忙しくても時間を作って返信するはずです。

返信が遅くなってしまったときには、「ごめん、仕事で忙しくて返信遅くなった!」などと、遅れたことを詫びた上でその理由を説明するのが普通です。

なぜなら、きちんと弁解しておかないと相手に誤解されてしまう恐れがあるため。

しかしながら、嫌いな人からのLINEなら返事をするのも面倒なので、後回しにしてしまうこともあるでしょう。

その結果、既読スルーや未読スルーという結果が生まれるのです。

このとき、追い討ちをかけるように「ねぇ、見てる?」「おーい」「なにかあったの?」などと連投してしまわないようにご注意を。

しつこく連絡をし続けると、しまいにはブロックされるということにもなりかねません。

スポンサーリンク



4、いつも自分からLINEをする

いつも自分からLINEをすることが続くのは、好きな人に嫌われているサインかもしれません。

気づけばいつも、自分の方から彼にLINEをしていませんか?

好きな人へは、なんとか話題を作ってLINEをしようと思うものです。

しかし向こうからは一切LINEが来ることはなく、自分からばかり送っている、さらに返事が一言などその他のサインも当てはまるのなら、嫌われていると考えた方がよさそうです。

好きな人から嫌われるタイプ

好きな人から嫌われるタイプの女性とは、どんな人なのでしょうか。

もしかしたらあなたも、自分では気がついていないだけで、「嫌われるタイプ」になってしまっているのかもしれません。

嫌われるには、大抵きちんとした理由や原因があります。

これをきっかけに、自分のことをもう一度見直してみましょう。

1、lineや連絡やデートのお誘いがしつこい

lineや連絡、デートのお誘いがしつこいと、嫌われやすいです。

好きな人とlineをしたい、一緒に出掛けたいと思う気持ちはわかります。

自分の気持ちに正直になっている結果なので、自分が「しつこい」のかどうかは自分では気づきにくいもの。

しかし、しつこいことで嫌われる人は意外と多いです。

好きな人からlineの返事が来れば、待ってましたと言わんばかりに速攻で返事をする、そして何度も何度もデートに誘っていませんか?

これでは、相手も嫌になってしまいます。

また、「しつこかったかも」と思い直すのはいいことですが、必死に謝るのは逆効果。

さらにしつこさに拍車をかけてしまいます。

2、悪口やネガティブな発言が多い

悪口やネガティブな発言が多い人も、嫌われるタイプといえます。

悪口をいう人やネガティブな発言ばかりの人は、はっきり言って嫌われやすいです。

なぜなら、悪口やネガティブな発言は周りの人に良い印象を与えることがないから。

悪口は聞いていて気分のいいものではないですし、ネガティブなことばかり言われると自分まで気が滅入ってしまいそうになりますよね?

ネガティブなオーラは同じような人を集めやすいと言われていますから、自分の周りも含めて悪口やネガティブ発言とは縁を切りたいものです。

3、自分をよく見せようとする・ぶりっ子

自分をよく見せようとする、ぶりっ子であることは、嫌われるタイプといえます。

好きな人の前で自分をよく見せたい、かわいく見せたいと思うのは、当然のこと。

しかしながら、自分本意な考えで相手に気に入られようと思うと、ぶりっ子になってしまうことも多いです。

特に、自分の価値観や恋愛観を押し付けてしまっている人は、知らず知らずのうちに相手に嫌われている可能性がありますので、気をつけましょう。

4、下ネタが多い・下品

下ネタが多い、下品であることは嫌われるタイプといえます。

もちろん、女性が下ネタを言ってもかまわないという男性もいるでしょうが、やはりそれは少数派。

女性には恥じらいを持っていてほしいと思うのが、男性なのです。

スカートなのに足を開いて座る、言葉遣いが悪い、人前であくび(手で口元を隠さない)をするなども、嫌だなと感じる男性が多いのだとか。

これらの行為を「私はサバサバしているから」とサバサバと勘違いしてしまっていると、嫌われる一方かもしれません。

スポンサーリンク



5、相手によって態度を変える人

相手によって態度を変える人は、男性から嫌われるタイプです。

女性の前では威張っていたり陰口を言ったりしているのに、男の前では態度がコロッと変わる、上司と部下への態度が180度違うなど、あなたの態度は結構見られているもの。

相手によって態度が変わるのは、多少は仕方がないことだと思いますが、明らかに違う、あからさまに違うと嫌われる理由になりやすいようです。

6、あれこれ詮索してくる

あれこれ詮索してくる女性は、男性に嫌われるタイプです。

人には、誰にだって言いたくないことの1つや2つはあるでしょう。

あなたの「好きな人のことはなんでも知りたい」という気持ちも分かりますが、言いたくない彼の気持ちも考えてみてください。

家庭環境のこと、元カノのことなど、プライベートなことは親しい人にしか言いたくないと思うのが普通です。

むしろ、親しい人にだって言いたくないかもしれません。

それをあれこれと詮索されては、嫌になる気持ちも分かりますよね。

もしも詮索しすぎて相手が引いていると思ったら、「ごめん、余計なこと聞いちゃった」「言いたくないならむりに言わなくていいよ」と切り返しましょう。

7、自分中心・協調性がない

自分中心で協調性がない女性は、男性から嫌われやすいです。

どんな組織の中でも、我が強すぎる人って煙たがられますよね。

何でもかんでも自分中心で、自分のミスも素直に認めずに他人のせいにする、自分の意見を曲げることがない人は、はっきり言って嫌われます。

自分の意見がある、意見が言えるというのは長所でもありますが、周りと合わせることも大事なのです。

8、SNSと普段の対応に差がある

SNSと普段の対応に差がある人は、男性から嫌われるタイプといえます。

普段は明るいのにSNSではおとなしいタイプなら、特に問題はありません。

むしろギャップがあって効果的なアピールができるかもしれません。

しかし、その逆で普段はおとなしいのにSNSでは騒いでいるタイプは要注意。

このタイプは、男性から「SNSで悪口を言われていそう」「本当はすごく性格が悪いのかも」と警戒されてしまうのです。

好きな人へのアピール手段としてギャップを見せることは有効なのですが、やり方を間違えると嫌われる理由にもなってしまうので、気を付けなくてはなりません。

スポンサーリンク



9、かまってちゃん

かまってちゃんは、男性から嫌われるタイプといえます。

なぜなら、しつこくて面倒であり、ウザイから。

かまってちゃんは、基本的に自分が大好き。

そのため、「かまってもらうのが当たり前」だと思っているところがあります。

「暇ー。」「ねぇねぇ」など特に用もないのに一言だけLINEを送ったりするのも、かまってちゃんの特徴の1つ。

世話好きな人であっても、毎回毎回「かまってアピール」をされ続けたら、嫌になってしまうでしょう。

次第にLINEをブロックされたり、SNSのフォローを外されたりと事態は深刻になりかねません。

10、自慢話が多い

自慢話が多い人も、男性から嫌われやすいです。

自慢話ばかりしていると、「また自慢か」とうんざり。

「だから何?」と思わず言い返してしまいたくなる気持ちも分かりますよね。

人間は承認欲求が強いので、人の自慢話ばかり聞くのはストレスになってしまうのです。

11、上から目線・説教臭い

上から目線で説教臭い人は、男性から嫌われやすいです。

人の話を何でも否定したり、見下す、「だから○○なんだよ」とバカにしたような発言は、相手を不快にさせることはあっても良い気持ちにさせることはありません。

自分は正しいと思っているため、自然と上から目線で説教臭い話し方になってしまうのでしょう。

相手の意見を否定するときには、「そういう考えもあるよね。でも私は…」と、まずは一言、相手の考えを認めてあげることが大切です。

12、男性をステータスで判断する

男性をステータスで判断する女性は、間違いなく男性から嫌われるタイプといえます。

「背が高くて高学歴で優しくてスポーツができて一流企業に勤めていて年収は1000万以上で…」など、男性を見るときにその人のステータスを真っ先に気にしてしまっていませんか?

確かに、誰にでも譲れないポイントというのはあると思いますが、上記のようにステータスの条件ばかり並べてしまうと、男性は間違いなくうんざりしてしまいます。

「じゃああなたはそんな高ステータスの男にふさわしい女性なの?」と、思われてしまうことでしょう。

ステータスや外見も大切かもしれませんが、人間はそれらよりも中身が重要。

男性への見方を変えないと、いつまでたっても男性に嫌われたままになってしまいますよ。

13、人前でメイクをする

人前でメイクをする女性が嫌いという男性は、意外と多いです。

そもそもメイクは、人前でするものではありません。

人前に出るときには、すでに仕上がっていなくてはいけないもの。

それを人前でするのは、マナー違反でありだらしない印象を与えるのも頷けます。

メイクは身だしなみの1つですから、人前でメイクをするのは「人前で着替えること」と同じと感じている男性もいるのです。

好きな人に嫌われたときの対処法

好きな人に嫌われたときの対処法について、紹介します。

男性が嫌いな人に出すサインがいくつも当てはまる、もしかしたら嫌われているのかもと感じているとき、どうすればいいのでしょうか。

ここでやり方を間違えると、修復不可能なまでに嫌われてしまうこともありますから、正しい方法で好きな人と付き合っていかなくてはなりません。

1、追いかけない・そっとしておく

好きな人に嫌われたときは、追いかけない、そっとしておくことが鉄則です。

好きな人が離れてしまうと不安かもしれませんが、ここでしつこく追いかけるのは絶対にNG。

しつこいと思われ、余計に嫌われてしまいます。

嫌われたかもと思ったら、追いかけずにそっとしておきましょう。

距離をとることで、相手が「やりすぎたかな?」と罪悪感を抱いてくれるかもしれません。

2、自分の何が問題だったかを反省する

好きな人に嫌われたときは、自分の何が問題だったかを反省するようにします。

何も理由がないのに、嫌われることなどありません。

特にこの間までは普通に話していたのに、いきなり無視されるようになったなどの場合は、必ず嫌われた理由があります。

嫌われた原因は自分では分からないことも多いので、好きな人との関わりをもう一度思い返してみましょう。

何が問題だったかが分かれば、改善することもできますからね!

3、好きな人の友達に原因を聞いてみる

好きな人に嫌われたときは、好きな人の友達にその原因を聞いてみるのもいいでしょう。

先程も述べたように、嫌われた理由は自分では分かりにくいもの。

考えても理由が思い付かないときには、好きな人の友達に「私、○○くんに何かしたかな?」と聞いてみましょう。

言われて初めて気づくことは多いので、相談してみるのはおすすめですよ。

また、きちんと相談することで、被害妄想ばかりが膨らむのを阻止することもできるでしょう。

4、好きな人に謝ってみる

好きな人に嫌われたときは、好きな人に謝ってみるのもおすすめ。

嫌われたきっかけや原因が分かっているときは、「○○してごめんなさい」と素直に謝ってみましょう。

一度心を込めて謝ることで、今までのことが帳消しになることだってあるんですよ!

ただし、相手がどんな反応であっても、しつこく謝り続けてはいけません。

5、悩みすぎない

好きな人に嫌われたときは、悩みすぎないようにしてください。

好きな人に嫌われたというだけでもショックが大きいのに、その理由が分からないと余計にモヤモヤと考えてしまいますよね。

もしかしたら、ただ単に彼の気分が良くなかったとか、イライラしていただけという可能性もあります。

悩みすぎるとどんどんネガティブになってしまいますから、悩みすぎないようにすることも大切です。

6、半年は距離を置いてみる

好きな人に嫌われたときは、半年は距離を置いてみるようにしましょう。

あなたのしつこさが原因で嫌われているのなら、まずは関係をゼロに戻すため、半年は距離を置くことをおすすめします。

彼の中で「あなたのしつこさ」が払拭されるまでには、半年ほどはかかることが多いです。

途中でコンタクトをとってしまうと、数ヶ月間連絡を取っていなかったとしても、「またアイツから連絡が来た!」と思われてしまうかもしれません。

半年は長いですが、その間に自分磨きをするなど彼に興味をもってもらえるような努力をしていきましょう。

7、ダメなら諦める

好きな人に嫌われたときは、ダメなら諦めるのも1つの方法です。

もうどうしようもないなと感じたら、きっぱりと諦めて次の恋愛を探しましょう。

関係を修復できそうな兆しがないのなら、諦めも重要です。

好きな人に嫌われたと思っても仲直りをする方法

好きな人に嫌われたと思っても、仲直りをする方法もあります。

好きな人に嫌われたからといって、落ち込まないでくださいね!

状況にもよりますが、彼と仲直りできる可能性はゼロではありません。

1、好きな人を喜ばせることに徹する

好きな人に嫌われても仲直りする方法は、好きな人を喜ばせることに徹するということ。

今まで自分の気持ちを伝えることに必死だったことと思いますが、相手を思いやる気持ちを持ってみましょう。

好きな人のために何かをする、好きな人が喜ぶようなことをする、好きな人の気持ちを思いやるなど、相手のことを第一に考えることができるようになれば、彼もあなたへの印象が変わってくるかもしれません。

2、明るく前向きでポジティブになる

好きな人に嫌われても仲直りする方法は、明るく前向きでポジティブになるということも挙げられます。

好きな人に嫌われてしまう原因は様々ですが、共通しているのは、どれも「あなたの行動や考え方」に原因があるということ。

つまり、あなた自身が変わらなければ仲直りすることなどできないのです。

まずは、ネガティブな考えをやめて明るく前向きになることを心がけましょう。

明るい人と一緒にいるのは楽しいので、好きな人もあなたといることを楽しいと感じるようになるかもしれません。

3、周りの人と仲良くする

好きな人に嫌われても仲直りする方法は、周りの人と仲良くすることが挙げられます。

好きな人だけでなく、好きな人の周りの人への態度も改めてみましょう。

外堀を固めておくことで、周りの友達からあなたのいい印象を彼にも伝えてもらえるかもしれません。

誰にでも優しく、そして思いやりの心を持つことが大切です。

まとめ

男性が嫌いな人に出すサインやLINEでのサイン、男性に嫌われる女性のタイプなどについて紹介しました。

男性は、意外と分かりやすく「嫌い」というサインを出しています。

嫌われていることを認めるのは勇気が必要ですが、見て見ぬふりをしていたのでは、いずれ修復不可能なまでにあなたと好きな人の関係は悪化してしまうでしょう。

まずは彼のサインをしっかりと受け止め、その上で何が原因なのかを探っていくことが大切です。

好きな人に嫌われたと思っても、あなた次第で修復できることも多いですから、諦めないで努力していきましょう。

【関連記事】

好きな人の脈なしパターン!脈ありにする方法・LINEでの注意点

好きな人を嫌いになる方法22選!理由・リスクは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク