付き合う前のライン!頻度・恋愛関係になりやすい内容は?

付き合う前のラインというのは、女性としても非常に気を使うものです。

相手の気持ちがわからない状態でラインをするということは、迷惑かな?とか連絡しても大丈夫なのかな?と気になります。

そこで、LINEはどのくらいの頻度が良いのか、付き合う前の男性とのやりとりで恋愛に発展できそうな内容はどんなものなのかをお伝えしていきます!

付き合う前のラインで大事なことは?

付き合う前 ライン

付き合う前に気になる相手のラインIDをもらって、とっても嬉しくて連絡したい!と思うと思います。

ですが、女性の中には付き合う前にラインIDをもらったからといって、そんなに気軽に連絡して大丈夫なのかな?と不安になる人もいます。

ここでは、まだ付き合っていない時のLINEで大事なことは何かをお伝えします。

 付き合う前のラインで付き合うかどうか決まる

付き合う前 ライン

付き合う前のラインで付き合うかどうかが決まります。

付き合う前のラインをただダラダラと続けていたとしても、恋愛関係には発展しないと理解している女性は意外に少ないんです。

女性は、とにかく好意のある男性と連絡のやりとりを続けていることが嬉しい!と思うかもしれませんが、男性側からすれば「暇だからLINEの返信をしている」というだけのことかもしれません。

ラインのやりとりを始めて結構経つのに、なかなか恋愛関係に発展しないな?と感じた場合、内容やポイントを理解していないことがほとんどです。

ラインのIDをゲットしたらしばらく毎日送ろう

付き合う前のラインで大事なことは、ラインのIDをゲットしたらしばらくは毎日送りましょう。

女性は、「ラインIDをもらったけど、毎日連絡していいのかな?」とか「すぐにLINE送ったら変かな?」といろいろ考えてしまいます。

ですが、男性というのは付き合う前はそこまでいろいろ考えることはありません。

なので、何もしないことには何も始まらないのでしばらく毎日送ってみましょう!

男性も教えてすぐに連絡をくれた方が、自然な会話になりやすいですし、毎日毎日やりとりをしていると、今度遊ぼうよ!という流れになりやすいので、会話をすることはとっても大事なことになります。

 付き合う前のラインの頻度

付き合う前のラインの頻度について、お伝えします。

付き合う前の連絡の頻度ってかなり気になりますよね。

女性としては、毎日送りたいしいつでも連絡したいと思うものですが、相手にとって迷惑だったり、うるさいなと思われたくないです。

そこで、適度なラインの頻度やLINEを送るポイントについてご紹介していくので、参考にしてください。

付き合う前にラインは相手の生活リズムに合わせる

付き合う前のラインの頻度は、相手の生活リズムに合わせることから始めてください。

まず、相手の生活サイクルを知り、それらに合わせてラインを送りましょう。

付き合う前は、まだ友達止まりなので女性の印象を強く持っていないことも多いです。

なので、友達だとしても自分という存在を強くアピールするためには、時間差でLINEを見られるのはあまり良くないのです。

やはり、レスポンスが重要になるので自分と同じ生活スタイルだと感じることが、「話しやすい人」へ昇格するチャンスなんです。

同じ生活スタイルだと、「この時間起きてるかな?」とか「今は仕事かな?」なんて考えながら相手も連絡をしてくれるようになるので、意識してもらいやすくなります。

付き合う前のラインは夜が良い

付き合う前のラインの頻度は、比較的夜と良いと考えられています。

なぜなら、夜であれば相手も仕事が終わり一息ついているような時間だからです。

やはり、付き合っている女性というわけではないので、男性は自分の時間が空いている時や手の空いている時に連絡をしてきます。

そのため、生活サイクルを考えずにラインをしていると付き合う前からすれ違いを感じてしまうのです。

なので、LINEはお互いがゆっくりと時間をとることができる夜にしましょう。

連絡のみでも大丈夫

付き合う前のラインの頻度は、連絡のみでも大丈夫です。

例えば、「おはよう」のラインの返信がなかったとしてもお昼や夜にまた、何かしらのLINEを送ることによって2回目は返信がくるかもしれません。

ラインのやりとりをしていくうちにすぐに会いたいと思ったり、デートに誘って欲しいと思うかもしれませんが、付き合う前の女性には男性も慎重になりやすいので、連絡だけを続けていることも大事なポイントになります。

スポンサーリンク



1日数通ぐらいがベスト

付き合う前のラインの頻度は、1日数通がベストです。

もちろん、相手との会話が盛り上がってぽんぽん返信がくるのであれば別ですが、スローペースな場合は、1日3通くらいがベストかもしれません。

その時、相手からも連絡の返信がくることがポイントです。

朝の移動・昼の休憩・夜の帰宅後の3回は、何かしらラインを送りたいので、朝の移動の時に相手からの反応を待ちましょう。

もしも来なければ、昼はちょっとお休みして夜にまたLINEを送ってみてください。

付き合う前なので、たくさん送るのは女性としても気が引けると思いますが、恋愛に発展させるには最初が肝心なので、できる限り相手の日常に溶け込む必要があります。

好きであれば連絡の頻度は気にしない

付き合う前のラインの頻度は、気にしなくったって大丈夫です。

好きなら、付き合う前だからこそラインを多く送りましょう。

全く返信がない、というような状況じゃなければLINEは毎日送っても問題ありません。

男性も女性もよく連絡が来る人に親近感や親しみが湧いてくるので、挨拶だけでも近況報告だけでもいいので、連絡をしましょう。

簡単なメッセージの方が案外返信をもらいやすいこともあるので、そこまで真剣に内容を考え抜いたものじゃなくても大丈夫ですよ。

決まった時間帯に送ると良い

付き合う前のラインの頻度は、決まった時間帯に送ると効果的です。

相手の生活サイクルを知っているいないに関わらず、「おはよう」と「おやすみ」は必ず決まった時間にラインをしましょう。

付き合う前なのに、朝と夜に連絡するのっていいのかな?と思うかもしれませんが、挨拶って男性は意外に気にしているんです。

しっかりと毎日挨拶してくれる女性というのは、自分のことを生活の一部のように感じているのかな?と好意を受け取りやすくなります。

逆にその日朝や夜に相手から連絡がこなくなると「どうしたのかな?」と気になってくれるようになるんですよ!

なので、LINEというのは何か用事がなくては送ってはいけないというわけではなく、挨拶をすることによって自分を相手に印象付ける良い方法でもあります。

 付き合う前にラインをするときに大事なこと

付き合う前にラインをするときに大事なことをお伝えします。

付き合う前のラインというのは、女性と相手のこれからを左右する大事な連絡手段です。

LINEが?と思うかもしれませんが、現代のコミュニケーションツールの代表格でもあるので、それだけLINEは多くの人が連絡方法として大事にしていることを意味しています。

そこで、男性と恋愛関係に発展させられるような大事なポイントを覚えておいてください。

 感謝の気持ちをしっかり伝える

付き合う前にラインをするときに大事なことは、感謝の気持ちをしっかり伝えることです。

付き合う前、というのは女性は自分の人柄をアピールする絶好のチャンスです。

ラインを通じて、男性に「この人はちゃんとしている」と思ってもらうためにも、何か気遣ってもらったり、してもらったときは感謝の気持ちをしっかりと伝えてください。

LINEでは感謝が伝わらないのでは?と思うかもしれませんが、思いを連絡するという行為が必要なのです。

読みやすい内容のLINEをする・長文を送らない

付き合う前にラインをするときに大事なことは、読みやすい内容のLINEをする・長文を送らないということです。

付き合っていても女性から長文のラインが送られてくることは男性にとって負担ですし、付き合う前だったらなおさらです。

連絡の手段だと男性は思っているのに、長文で自分の気持ちを伝えてくるような行動は、相手のことを考えていないと思われてしまいます。

また、女性の中には絵文字を多用する人もいますが、可愛いを通りこして読みにくく何を伝えたいのかわからないと男性は読む気がなくなります。

適度に絵文字を使うことは好意をアピールするために大事なことですが、頻繁に使うと「こういうLINEをしてくる人なんだ」という認識になってしまって、効果がなくなります。

質問をする

付き合う前にラインをするときに大事なことは、質問をすることです。

自分の話ばかりや相手の会話に対して質問もしないのであれば、相手に対して「あなたに興味はありません」と言っているようなものです。

女性の気持ちがしっかりと好意であると伝えるためにも、質問のラインをするこが付き合う前には重要なポイントになります。

質問は、何か相手が困るようなものではなく、比較的返しやすい質問をしたあと、自分のことも話しましょう。

全て、とは言いませんがLINEの最後の文章はできる限り、疑問形で送り返すと連絡のやりとりが続きます。

毎日連絡をするきっかけづくりにも役立ちますので、質問は大事だと理解しておいてください。

スポンサーリンク



相手の話を肯定してあげる

付き合う前にラインをするときに大事なことは、相手の話を肯定してあげることです。

男性というのは、女性から褒められたり共感されることが大好きです。

なので、付き合う前のラインのやりとりでは、とにかく相手の話を肯定してください。

「なんか違うんじゃない?」と思うこともあるかもしれませんが、そういうときはさりげなく話題を変えましょう。

LINEの連絡で相手の全てを知ることは不可能なので、討論のようにならないよう、相手の話を肯定し、好意を積み重ねていってください。

自分の情報も伝えてみる

付き合う前にラインをするときに大事なことは、自分の情報も伝えてみることです。

相手の話をしっかり聞くことはもちろんですが、自分のことも知ってもらわないと始まりません。

女性は自分の話をしだすと止まらない傾向にありますが、そこはラインという一拍置ける連絡ツールを利用しているので、やりとりを見返しながらLINEを続けましょう。

付き合う前に、自分の情報をさりげなく伝えることによって「会話が上手な人だな」という印象をつけることができますよ。

相手の趣味や好みの話を意識する

付き合う前にラインをするときに大事なことは、相手の趣味や好みの話を意識することです。

男性でも女性でも、自分が好きなことに興味を持ったり肯定的に考えてくれる人が好きです。

なので、付き合う前のラインで当然相手の趣味や好みを聞く機会があると思いますが、その時はきちんと共感しましょう。

そして、LIENをしていない時に、きちんと相手の趣味や好みの分野を勉強し、違う日に連絡した際には「この前言ってた◯◯なんだけど〜」と話してみてください。

自分の話したことをきちんと覚えてくれていただけではなく、興味も持ってくれたんだ!と好感を抱かれること間違いなしです。

次に繋がる内容のライン

付き合う前にラインをするときに大事なことは、次に繋がる内容のラインを送ることです。

スポンサーリンク



男性は、女性と違いLINEを連絡手段の1つとしか考えていない傾向があります。

そのため、付き合う前に内容のないラインを送り続けていると「面倒だな」と思われてしまう可能性があるからです。

なので、きちんと次に繋がるような内容のラインを送らなくては、やりとりが続きません。

用件というほどの内容じゃなかったとしても、男性が「返信をしよう」と思える内容にしなくてはいけないことは確かです。

写真を使ってもOK

付き合う前にラインをするとき、写真を使ってもOKです。

自分の写真もそうですが、その日食べたものや買った物などの写真でもいいです。

女性と男性は、異性を見ている五感が違い、男性は視覚から入る生き物だと言われています。

なので、付き合う前だとしてもラインで写真を送って連絡をしていると、まるで近くにいるような感覚になり、親近感が湧くんです。

自撮りが恥ずかしい人は、カフェなどの写真が効果的で、見た相手から「今度一緒に行こうよ」というLINEがくるかもしれませんよ。

プライベートな話は段階を踏んでから

付き合う前にラインをするときに大事なことは、プライベートな話は段階を踏んでからの方がいいです。

プライベートって何?と思うかもしれませんが、お互いの趣味や好み、考え方などといった深い部分をさしています。

付き合う前だから早く親密になりたい!と思うかもしれません。

ですが、女性からどんどん踏み込んでこられると男性は心を閉ざしてしまいがちです。

ラインは連絡手段として考えている男性が多い中で、早々にプライベートな話をされてしまうと、LINEの頻度が低くなってしまう可能性があります。

自分にしかできない内容を送って特別な存在に

付き合う前にラインをするときに大事なことは、自分にしかできない内容を送って、特別な存在になることです。

自分にしかできない内容というのは、男性とラインのやりとりをしていることがとても幸せであることやその時間がとても大切だということを伝えるという意味です。

女性からこういった内容のLINEを送るのは気恥ずかしいかもしれませんが、1度でいいから送ってみましょう。

かなり、男性は恋愛モードになると思います。

男性は、恋愛に消極的な人も多く、付き合う前のラインで相手の気持ちを見極めたいと思っている節があります。

そこで、脈ありだよ!と丁寧に伝えることによって、恋愛関係に発展しても大丈夫かな?と男性を行動的にさせるのです。

 付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインについて、お伝えします。

どのようなラインが男性の心をつかむのだろう?と女性の多くが思っています。

LINEは文章のやりとりになるので、送り方によってはただの連絡にもなりますし、気持ちを伝える十分な方法にもなります。

特に付き合う前の男女は、やりとりの内容によってずっと友達か気になる相手に昇格するかが大きく変わってくるので、きちんとポイントを把握しておくといいです。

デートの後のお礼のライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、デートの後のお礼のラインです。

付き合う前に何度か2人で出かける、なんていうことはよくあることなので、その際別れたすぐ後や自宅に帰って「今帰って来たよ」というLINEを送りましょう。

まだ女性と一緒にいた余韻が残っている状態で男性に連絡をすると、すぐにその日のデートが頭の中に浮かび、楽しかったなとかまた会いたいなとか今度はどこに行きたいなというような感覚になります。

女性の方からデートのお礼を言われるということは、脈ありだと意識させられるのでだんだん男性も自分は他の男性とは違う、と特別な存在になっていることに気付いてくれるので、恋愛関係に発展しやすくなります。

褒める内容のライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、褒める内容のラインを送ることです。

ガツガツと好意をアピールすると、逆に男性は引いてしまうので、そこは女性らしいさりげないアピールが重要です。

例えば、連絡のやりとりを続けた時に「話してるととっても楽しい」とか「LINEがこんなに続くなんて初めて」といったような、相手を褒めつつ好意を伝えることがポイントです。

女性から「あなたに脈ありです」と遠回しに言われている気になるので、徐々に男性側も恋愛対象として見てくれるようになるかもしれません。

こうした、褒める内容を送り続けていると、付き合う前からデートの誘いを受けることも多くなるので、試してみてください。

たまにラインで甘えてみる

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、たまにラインで甘えてみることです。

普段は、しっかりとした印象の女性が好きな人とのLINEで行うと、かなり効果的です。

付き合う前なので、相手とは友達同士という関係性がほとんどですが、たまには「寂しい」とか「疲れたから遊びに連れてって」なんて言ってみるのも1つの手だと言えます。

いつもと違う雰囲気の女性を感じ取ると男性は、途端に恋愛モードになるなんてこともよくある話だからです。

直接会ったときに甘えるのが難しかったとしても、ラインでの連絡だったら比較的甘えやすいですよね。

スポンサーリンク



好き・惚れた

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、好き・惚れたなど本来だったら恋人にしか送らないようなラインを送ることです。

例えば、「そういうところ好きだよ」とか「きっと周りの女の子も惚れちゃうんじゃない?」なんていうちょっと冗談めかしていうことがポイントです。

あまりに真剣な口調だと付き合う前なのにちょっと怖い、と思われてしまうので可愛い感じに言うようにしましょう。

こうしたLINEのやりとりが何度も行われた後、「私達の会話ってカップルみたいだね」と女性から言ってみてください。

この一言はかなり男性がドキッとする言葉になるので、そのあとの連絡のやりとりもなんとなく恋愛を意識したやりとりに変わっていきます。

もしも、変わらない場合は軽い男性なのかもしれません。

写真+今度一緒に○○しない?

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、写真+今度一緒に◯◯しない?というような内容を送ることです。

例えば、女性から「今日オープンのカフェに行ったんだけど、美味しかったよ」とラインが来たとします。

付き合っている女性からのLINEであれば「今度俺とも行こう!」というような会話に発展するかもしれませんが、付き合う前の女性だと「そうなんだ」で済まされてしまいます。

むしろ、内容のないLINEを送ってくる人として、面倒だと思われるかもしれません。

そこで、同じ内容だとしてもカフェで飲んだコーヒーの写真と味の感想、今度はケーキや違う種類のコーヒーを飲んでみたいから一緒に行かない?と送ってみてください。

それだけで、相手には自分の好意をアピールすることができますし、うまくいけばデートの約束だってできてしまいます。

やはり連絡のやりとりも大事ですが、実際に会って同じ時間を過ごすことも大事なので、こうした内容を送るのは効果的ですよ。

頼っているのを伝えるライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、頼っているのを伝えるラインです。

付き合う前の女性の行動は、全て付き合った後のことを想像させるので、かなり大事な部分です。

そのため、男性に対しての連絡はいろんな面で考えなくてはいけません。

効果的なのは、頼っていることを伝える内容です。

例えば、「◯◯のことで相談したいんだけど、いいかな?頼りにしてるんだ」というようなLINEだとかなり印象が良いと言えます。

男性は頼られることが大好きなので、その気持ちを伝えてみましょう。

スポンサーリンク



写真+おやすみライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、写真+おやすみラインです。

ペットを飼っているのであれば、ペットと一緒に写った写真と「おやすみなさい」の一言を添えてLINEを送ると、女性の私生活を覗き見てるような気分になって、男性はドキドキしてしまいます。

そういった連絡は、毎日されても男性は嫌だと思わないどころか、来ないと寂しいと思うようになるので、付き合う前に送ると効果抜群です。

酔っているのを伝えるライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、酔っているのを伝えるラインです。

本当に泥酔しているわけではなかったとしても、ちょっと酔っちゃったというような内容のLINEを送ると、普段とは違う女性の一面を見ることができたような気持ちになって好感を持てます。

ただ、何度も酔っているラインを送ると「いつも連絡がくるたびにお酒を飲んでいる」というイメージにつながるので、付き合う前の場合は控えめにしてくださいね。

秘密の共有

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、秘密の共有です。

女性も男性も、自分しか知らないことがあると嬉しいと感じやすく、秘密があるということはお互いしか知らない会話ができるので、好感が増します。

恋愛関係になるためには、脈ありアピールと特別感が大事になるので、意識してみてください。

付き合う前に秘密の共有をラインでするのは重たいのでは?と思うかもしれませんが、実はそういうわけでもないので、LINEを続けて少し仲が親密になった頃、どんなことでもいいので秘密の共有の連絡をしてみましょう。

体調を労う内容のライン

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、相手の体調を労う内容のラインです。

いつも仕事で忙しくしていたり、LINEの内容から体調が思わしくないというようなことを感じていたら、唐突でもいいので体調を労うようなラインを送ってください。

付き合う前の女性からそういうLINEが来たらウザいのでは?と思うかもしれませんが、男性は癒し系の女性が大好きです。

体調を労う内容は、相手のことを心配していることにつながるので好意があると受け取れますし優しいと思われますよ。

連絡ツールとして利用すると、LINEは味気ないものに感じますが、こうした気軽に相手のことを心配していると伝えられる方法として利用すると、かなり使いやすいツールだと言えます。

相談事をしてみる

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、相談事をしてみることです。

普通の仕事や友人関係の悩みでもいいですが、特に恋愛関係の相談をしてみましょう。

付き合う前だから、何も思わないなんてイメージせずに、されていてもされていなくても「男性からこの前告白されて困っている」というような趣旨の相談をしてみましょう。

その時点で女性に対して好感が高い男性であれば、ラインを見て焦ると思います。

そうじゃなくても、しっかりと相談に乗ってくれるような男性であれば自分を大事にしてくれる人なんだと認識することができます。

なので、LINEを送るときは「本当は好きな人いる」ということも伝えてください。

なんなら、会って相談したい連絡するきっかけに使ってもいいかもしれませんよ。

お互いの恋愛観の話

付き合う前に送ると恋愛関係に発展しやすいラインは、お互いの恋愛観の話をすることです。

ラインだと、過去の話やこれからどんな恋愛をしたいか、など聞きやすいと思うので、女性からそれとなく聞き出してみましょう。

男性は比較的聞かれたことには素直に答える人が多いので、相手の知らなかった恋愛感を知ることができます。

また、付き合う前のLINEで恋愛や恋人というワードが出てくると、なんとなく相手の恋愛モードを引き出すことができ、また恋愛したいなという気持ちを湧き起こすことができます。

恋愛に発展していない時だからこそ、相手の本音を聞ける機会でもあるので、連絡のやりとりが長期間になってきた頃、ふっと聞いてみてください。

そして、最後の方で自分も恋愛をしたい、とか恋愛モードになっているというようなアピールも忘れずにしましょうね。

女性が付き合う前に送るとNGなライン

女性が付き合う前に送るとNGなラインについて、お伝えします。

相手とのラインのやりとりが長くなったり、日課のようになってきた時、ついつい女性は男性に気を許してしまうということが多いです。

そこで、気が緩んで送ってはいけないNGなLINEを送ることもあるかもしれません。

知らぬ間にやってしまうと徐々に連絡が少なくなってきてしまうので、注意しましょう。

恋人気取り・私のこと好きなんでしょ?

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、恋人気取り・私のこと好きなんでしょ?というイメージのラインです。

女性が意外にやりがちなLINEで、付き合う前にたくさん連絡のやりとりをしているとどこか「自分は特別なんだ」と思っている節があります。

しかし、男性としては恋人になるまでは友達という意識があるので、ちょっと返信が遅れただけでも「何してたの?」「なんで連絡くれなかったの?」といった内容のラインが来ると嫌だと思われてしまいます。

ネガティブな内容のライン

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、ネガティブな内容のラインです。

男性に相談事をすると、効果的だという話はよく耳にしますが、ちょっと間違うとネガティブな内容になってしまいます。

連絡を毎日続けていた2人であれば、少し親密になった頃に話題が相談事にばかりなって、その内容がネガティブな内容だと男性はLINEを送りたくなくなります。

付き合っている女性ですら、ネガティブな内容は受け入れられにくいのに付き合う前であればなおさらです。

絶対に避けましょう。

スポンサーリンク



自分勝手な話

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、自分勝手な話です。

ラインというのは、基本的に文字のやりとりになるので、書き方や伝え方次第で相手が受ける印象が変わります。

自分のことを知ってもらいたいからと言って、自分の話だけをして相手の話は置き去りというようなことはしないようにしましょう。

あくまで会話のキャッチボールの中に、少し自分の話をして、基本的には相手の話を聞く姿勢を持つことが大事です。

付き合う前なので、相手のこともたくさん知りたいと思うでしょうし、質問もしたくなります。

相手の話を主体的に聞いていると、連絡のやりとりも続きますし、恋愛関係に発展しやすくなりますよ。

疑問形なしのLINE

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、疑問形なしのLINEです。

相手からの質問に答えるだけのラインのやりとりをしている人にありがちなことで、返すだけの場合は話が続きません。

最初のうちはいいかもしれませんが、そのうち男性も話すことがなくなって連絡をしてこなくなります。

付き合う前は、自分の印象をいかにアップさせられるかによって恋愛関係に発展するかしないかが決まるので、楽しい気持ちでラインを続けるためには内容は慎重に考えてください。

連投・返事を促されるようなライン

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、連投・返事を促すようなラインです。

男性は、仕事モードに入っていると女性のことを考えていられません。

それは、付き合う前だけではなくて付き合っているときもそうです。

しかし、そういった男性の気持ちを理解していない女性は相手の私生活も入り込みたがります。

返信がないときにLINEで何度も内容があるようなないような文章を送ったり、どうしたの?など返事を促すようなラインをしてしまいます。

そうされると、ストレスに感じてどんどんれなくは来なくなりますよ。

スポンサーリンク



独り言のようなライン

女性が付き合う前に送るNGなラインは、独り言のようなラインです。

これも女性が送りがちで、「お腹すいたー」とかどこかすらわからない場所の写真だけを送るというようなLINEです。

これでは、どう返信すればいいかわからずに返信をしない、という判断になってしまいます。

それでは、連絡のやりとりが止まってしまうので、意味がありません。

とにかく何か伝えたいと思うかもしれませんが、付き合う前はきちんと内容があるものにしましょう。

返信をしようと相手が思ってくれなければ、気持ちは一方通行のままです。

下ネタの連発

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、下ネタの連発です。

男性はラフな会話ができる女性が好きですが、実は下ネタはNGなんです。

どうして?と思うかもしれませんが、付き合う前は恋人にするしないの見極め期間なので、下ネタをラインで自分から送ってくるような女性は下品だと思われてしまいます。

親密になった頃に男性の下ネタに付き合って笑う程度ならいいですが、自分の連絡で積極的にはに下ネタのLINEを送るのは良くありません。

人の悪口のライン

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、人の悪口のラインです。

ネガティブな内容のLINEと同様、人の悪口というのはあまり気持ちの良いものではありません。

たまにであれば別ですが、毎回毎回連絡の内容が人の悪口だとつまらないですよね。

付き合う前にそういうラインを送ると、恋人にしたくないと思われてしまいます。

スタンプだけのライン

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、スタンプだけのラインです。

男性は、LINEを連絡手段として捉えているのでスタンプだけ送られてきても返信がしにくいんです。

可愛いので、ついつい女性は送りがちですが、付き合う前に送るラインとしてはNGです。

相手に好意を持ってもらいたいのであれば、やめましょう。

夜中など非常識な時間にラインをしない

女性が付き合う前に送るとNGなラインは、夜中など非常識な時間にラインをしてしまうことです。

女性は、寂しかったり眠れなかったりすると好きな人に連絡してしまいがちなので、相手のタイミングを考えずにLINEを送ってしまうこともあります。

付き合う前の段階でこういった行動をすると、非常識だとか自分のことしか考えていないと思われてしまうので、恋人になる前は慎みましょう。

即レスは「暇なのかな?」と思われてしまう

女性が付き合う前にしてしまうNGなラインは、即レスをすることです。

好きな人なので、どうしても早く連絡しなくては!と思うものですが、付き合う前だと男性からは「この人いつもスマホ見てるのかな?」とか「暇なのかな?」と思われてしまいます。

男性は自分を持っている女性が好きな人が多いので、1人の時間や仕事の時はきっちりとしている方が好感を持つのです。

また、ラインがすぐに返ってくると自分も返信をしなくてはいけないのかと男性は普段に感じてしまうので、適度な感覚でLINEは返信するようにしましょう。

 付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断をお伝えします!

普段のラインのやりとりから、付き合う前に脈ありかどうかが判断できたらいいですよね。

ラインというのは、誰でも使っている連絡手段なので違いがないと思うかもしれませんが、意外に男性は気になっている女性に送るラインは他の人とは微妙に違うものです。

スポンサーリンク



ラインの頻度が多い・男性から連絡が来る

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断でわかりやすいのが、ラインの頻度が多い・男性から連絡が来る場合です。

ラインの頻度が高いということは、それだけ好意があるということです。

男性はむやみに自分からラインを送ることはありません。

しかし、付き合う前の好意がある女性に対しては積極的に自分から送るので、比較的わかりやすいです。

SNSに投稿していない写真や動画が送られてくる

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断は、SNSに投稿していない写真や動画が送られてくることです。

最近では、男性も女性も関係なくあらゆるライン以外にもSNSを利用しています。

みんなで写真を共有して、会話をするというのが日常的なコミュニケーションになっている人も多いです。

なので、付き合う前の相手に投稿した写真を送って来る人もいますが、好意がある場合は誰にも見せたことがない写真や、同じ状況で撮った写真だとしてもSNSにはアップしていない写真をラインで送ってきます。

もしくは、その場にいるときに連絡をしてくるなどするので特別感を感じますよね。

名前やあだ名で呼んでくれる

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断は、名前やあだ名で呼んでくれることです。

女性は案外気軽に「◯◯くん」などと名前で呼ぶことはあると思います。

ですが、男性側から名前やあだ名で呼ぶことは珍しく、もしもラインで呼ぶのであればとても好意があると判断できますよ。

付き合う前からラインで名前を呼ぶというのは、自分の好意に気付いて欲しかったり、親密度をアピールしたいと思っていることの表れです。

なので、名前で呼ばれるようになったら、自分も連絡をするときに男性を名前で呼んでみてください。

デートに繋がる話をされる

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断は、デートに繋がる話をされるかどうかでも判断できます。

女性も男性も、好意のある人とは付き合う前からデートをしたいとかいつも会いたいとか思うものです。

ですが、直接ラインで「デートに行こう」というのはさすがに男性でも恥ずかしいと思います。

そこで「ここの店が気になってるんだけど」というような内容のラインを送ってくるかもしれません。

これは、一緒に行きたいとか行ってみたいと言ってもらいたいから連絡しているので、その気持ちは汲み取ってあげましょう。

過去の恋愛経験や彼氏の有無を聞かれる

付き合う前に好きな人からのLINE脈あり診断は、過去の恋愛経験や彼氏の有無を聞かれることも好意の表れです。

男性も女性も、好きな人の過去の恋愛というのは聞きたくないけど気になるものだと言えます。

さらに、彼氏がいては好きになっても無理だと思うので、早めに相手がいるかどうかを聞いてくるものなんです。

こうした質問は、ラインのやりとりを始めてすぐに言ってくるので、こうした連絡がある場合は脈ありなのかも?と思っていいです。

そのため、ラインの返信としては素直に答えることも大事ですが、相手に対してあなたに脈ありですということをさりげなくアピールしてみてください。

 付き合う前のラインで既読・未読無視をされたら

付き合う前のラインで既読・未読無視をされたら、女性はどのような対応をすると良いのでしょうか?

付き合う前と言えども、好意のある男性からラインを既読・未読無視されてしまうととても不安になりますよね。

その時、LINEを使用して連絡をしていいのか心配になると思いますが、良い対処法をお伝えしていくので、いざという時に思い出してください。

 慌てない・時間を置く

付き合う前のラインで既読・未読無視されたら、慌てない・時間を置くことを理解しておきましょう。

既読が付いた、ということはラインの内容は読んだということなので、少なくとも当日は何度も連絡をするようなことはやめましょう。

彼女でもない女性からの連投LINEは男性の負担になります。

一方で未読状態のまま、という場合は相手が体調を崩していたり仕事でかなり忙しくしていて見る暇がないということも考えられます。

なので、どちらにせよ、慌てて何度も連絡したり数時間しか経っていないのに「どうしたの?」というようなラインを送ることはやめてください。

どうしても待てない場合は3~4日後にラインをしてみる

付き合う前のラインで既読・未読無視されて、どうしても待てない場合は3〜4日後にラインをしてみましょう。

その際は、LINEの返信をくれなかったことを責める内容は絶対に送らず、「体調でも悪い?」というような連絡内容にしてください。

心配しているよ、という相手を気遣う内容じゃないと、付き合う前の女性なのにどしてこんな言われ方をしいなくてはいけないのだ、と男性は嫌になってしまいます。

逆に言えば、既読・未読無視の時の対応によって、恋愛関係に発展するしないの参考にされるとも言えます。

優しさをもって、相手に接することを心がけましょう。

未読無視をされたら恋愛対象外の可能性が

付き合う前のラインで既読・未読無視をされた場合、既読無視よりも未読無視をされたら恋愛対象外の可能性があります。

既読の場合は、一旦メッセージ内容を確認して「あとで連絡しよう」と思っているかもしれませんが、未読無視の場合はそれすらしていません。

男性は、とても態度に出やすい生き物なので、気になっている女性からのラインを何時間も何日も読まないということがないのです。

すぐに返信するしないはあるかもしれませんが、付き合う前の気になっている相手からのLINEは読まずにはいられません。

ですが、未読無視状態が続いている、ということは脈がない可能性もあるので、その後のやりとりなどから相手の気持ちを見極める必要があります。

まとめ

付き合う前のラインについて、頻度や恋愛関係になりやすい内容についてお伝えしました。

付き合う前のラインというのは、時に大胆になる必要もありますし、相手を思いやる繊細さも必要になってきます。

なので、女性ならではの可愛らしいLINEを送って男性が連絡を待ち遠しいなと思ってくれるようになりましょう!

【関連記事】

付き合う前のデートの場所おすすめ22選!行かない方が良い場所は?

好きな人とのLINEの話題・特徴・脈あり診断・テクニック・注意点

好きな人の誕生日のline・プレゼント・祝い方を紹介!

好きな人とのlineのきっかけ23選!嬉しかったきっかけ・注意するべきこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク