夢占い死んだ人の夢を見たときの意味・解釈・暗示するものは?

夢の中で死んだ人・亡くなった人に会ったというと、少し怖い感じがしますが、見たことがある人は意外と多いようです。

では、夢の中で死んだ人が出てきた場合、夢占いではどのように解釈されるのでしょうか? 夢占いでの基本的な意味や、シチュエーション別の夢占いなど、色々と見ていきましょう。

死んだ人の夢の基本的な意味

https://www.flickr.com/

死んだ人の夢を夢占いで解釈する場合、死んだ人が誰だったのかが重要なポイントとなります。故人、つまり家族や友人など生前に面識のあった人だった場合は、愛情や感情の象徴と解釈されます。

状況によっては、その人を懐かしく思う気持ちの表れと解釈されることもあります。この場合は願望夢の1つとされ、夢占い的にはそれほど深い意味はありません。特に、その人と死別して間もない時期などに多いようです。

死者、つまり生前にあまり面識のなかった人だった場合は、重要なメッセージの暗示と解釈されます。夢の中の状況次第で吉にも凶にもなりますが、どちらの意味でも非常に重要な意味を含むことが多いので注意が必要です。

このように、故人か死者かで夢占いでの診断が大分異なってくるので注意しましょう。その他、シチュエーションや死んだ人の様子なども解釈のポイントとなります。

また、夢占いにおいて、死は再生と復活の象徴とされることから、新しい状況への変化や人生の転換期、あるいは大きな事件や急な出来事が訪れる前兆と解釈されることもあります。

シチュエーション別死んだ人の夢占い

https://www.flickr.com/

シチュエーション別の死んだ人の夢占いを見ていきましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク