夢占い寝る夢を見たときの意味・解釈・暗示するものとは?

人間にとって寝る・眠るという行為は肉体的・精神的疲労を取り除き、明日への活力を養うためのもの。生きる上で非常に重要な行為の1つです。夢も寝ている間に見るものですから、夢占いをする上でも重要な行為と言えるでしょう。

では夢の中で寝る行為を見た場合、夢占いではどのような意味を持つのでしょうか? 夢占いにおける寝る夢の基本的な意味やシチュエーション別の解釈などをご紹介します。

寝る夢占いの基本的な意味

夢占いにおける寝る夢の基本的な意味は、肉体的・精神的疲労、エネルギーやパワーの充電、無防備、現実逃避願望などです。寝ている時の状態や、誰が寝ているのかなどといったシチュエーションによって、夢占いの解釈が異なります。

また、人間の三大欲求の1つに睡眠欲があることからも分かるように、寝ることは人間が生きる上で重要な行為の1つ。それが不足していると、心身共に重大なダメージを受けてしまいます。そのため、睡眠不足から寝ることを欲する気持ちが強く出た時にも、この夢を見ることがあるようです。この場合は願望夢に分類されるので、夢占いにおける意味はあまりありません。

寝るシチュエーション別夢占い

https://www.flickr.com/

シチュエーション別の寝る夢占いを見ていきましょう。

スポンサーリンク



寝る準備をする夢占い

寝るために必要といえば、まずは布団やベッドといった寝具の準備。これら寝具の状態も寝る夢占いの解釈に影響します。

清潔で肌触りの良い寝具を準備できた夢なら、心身共に健やかな良い状態であることを暗示しています。布団やベッドのシーツを洗う夢や干す夢も、心身の回復や浄化を意味し、健康運アップの暗示と解釈されます。

反対に寝具が汚かったり、乱れていた夢だったなら、心身の不調もしくは精神的なダメージを受ける問題やトラブルが発生する暗示ですので注意が必要です。

スポンサーリンク



寝て起きる夢占い

寝て起きる夢は、基本的には新しい発見やアイデアの閃きなどを意味しますが、起きた時の状態によって夢占いの解釈が異なります。

朝になって起きる夢だったなら、実力を発揮して成果を挙げることを暗示する吉夢です。何らかの問題を抱えている人の場合は、問題が解決して物事が前進する暗示と解釈されます。

反対に夜に起きる夢だったなら、運気が低下してタイミングを逃したり、大切なものを失ってしまう可能性を暗示する警告夢となります。チャンスを逃したりすることのないように、注意しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク