【夢占い】離婚の意味27選!離婚届・旦那・父親・浮気など

夢占い離婚の記事へようこそ。

「夫婦関係は円満なのに、最近離婚の夢ばっかり見てしまう・・・」
新婚の友人からこんな悩みを打ち明けられたのですが、夢だといってもやっぱり気になりますよね。

昔ほどではないかもしれませんが、離婚というと、やはりネガティブなイメージが強いでしょう。既婚者はもちろんの事、まだ結婚していない方も離婚する夢なんて見たくありませんよね。離婚する・される対象が自分でなかったとしても、自分の父親と母親だったり、知り合いの夫婦だったりしたら、やはり嫌な気持ちになってしまうでしょう。

また、結婚生活について悩み事があったり、相手と喧嘩してる方が離婚の夢を見た場合は「まさか正夢になるのでは」と考えて落ち込んでしまうかもしれません。そんなネガティブなイメージが強い離婚を夢に見た場合、夢占いではどのような意味を持ち、どのような解釈をされるのでしょうか? 今回は離婚の夢占いについて、基本的な意味やシチュエーション別の夢占いの解釈を紹介します。

Contents

夢占い離婚の意味

まず最初に、離婚の夢占いの基本的な意味について紹介します。

離婚の夢占いの基本的な意味には、下記の4つがあります。

夢占いで離婚はこれまでの人間関係が一変するのを意味する

離婚の夢占いの基本的な意味の1つ目は『人間関係』や『良くない状況』、もっと正確に言うと『それまでの人間関係や環境が変化する事に対して、あなたが抱く恐れや不安』を意味します。

現実で離婚すると、今までの人間関係や生活環境が一変しますよね。あなたと配偶者だけではなく、あなたの父親や母親、親戚との関係にも大きな影響を及ぼすでしょう。また、お互いの収入や財産の問題、子供がいれば親権や養育費などといった問題も出てきます。「こういった事を考えると、離婚したくても離婚に踏み切れない」という方もいるでしょう。

ゆえに夢占いでも離婚する夢は、人間関係や環境の変化と、それに対する恐れや不安を意味する夢占いと解釈されます。

夢占いで離婚は夫婦関係が悪化しているのを意味する

離婚の夢占いの基本的な意味の2つ目は『夫婦関係の悪化』です。現実で夫・妻と喧嘩をしてしまったり、夫婦の将来を不安に思うような出来事があった時に、離婚する夢を見てしまう場合があります。

人間には夜眠っている間に、蓄積された記憶の整理を行う機能があり、その過程でその記憶や感情を元にした夢を見る事があるとされています。ゆえに、夫・妻と喧嘩したり、愛情が揺らぐような事があった場合に離婚する夢を見てしまう事が多いのです。

夫や妻と気まずくなった後に、離婚する夢を見てしまうと「正夢になってしまうのでは」と、不安にかられる方もいるでしょうが、この場合は「逆夢」とされています。夢占いでは喧嘩したり、気まずくなった事を気にしているのは、それだけ相手への愛情が深い証と解釈されるからです。

ちなみに離婚する夢以外にも、夢占いで「逆夢」と解釈されるケースはたくさんあります。怖かったり、良くない感じの夢を見ても、むやみに怯えずに夢占いで正確な意味を調べてみましょうね。

夢占いで離婚は変われない自分に対するもどかしさを意味する

離婚する夢占いの基本的な意味の3つ目は『変身願望』『脱却願望』などです。これは「離婚する夢占いの基本的な意味の1つ目」で挙げた『それまでの人間関係や環境が変化する事に対して、あなたが抱く恐れや不安』が関係しています。

「離婚する夢占いの基本的な意味の1つ目」でも触れたように、現実で離婚すると人間関係や環境が大きく変化します。何よりも離婚後は、経済的にも精神的にも自分自身の力で生きていかねばなりません。それを考えてしまい、離婚に踏み切れないという方も少なくないでしょう。ゆえに夢占いでも、急激な変化と、それに対する気持ちや不安感の暗示と解釈されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク