【夢占い】実家の意味28選!火事・引っ越し・雨漏りなど

実家が夢に出てきた場合、夢占いでは心身の状態を意味しています。

家族という存在が集まる実家ですが、自分にとって居心地が良い場所でもあります。

そんな場所が出てきた場合は、どんな状況なのか誰がいたのか、というような部分からも細かく夢占いの方向が変わっていきます。

1つ1つ、お伝えしていくので、参考にしてみてくださいね。

夢占い実家の意味

実家という身近な存在が夢に出てきた場合、夢占いではどのような意味があるのか、お伝えしていきます!

夢占いで実家はあなたの心身の状態を意味している

実家が夢に出てきた時、夢占いとしては心身の状態を意味しています。

多くの人にとって実家というのは、自分らしくいられる場所なので、夢占いの結果を知らないと、虫の知らせなのだろうかと不安になります。

ただ、心身の状態というのはあらゆる面で考えられるので、夢に出てきた実家の状態や出てくる人物によってかなり細分化されています。

また、夢の中での行動は自分に対するメッセージ性が強くなります。

夢占いで実家はけじめをつけるべきタイミングを意味している

夢占いで実家が出て来た場合、人生のけじめを意味しています。

実家の夢占いの結果が、全てけじめを暗示しているわけではありませんが、家族はずっと同じ場所にはいません。

結婚をしたり、就職をしたりすると、実家を出て行くことになります。

そのため、実家に出入りをするような夢は人生の節目、もしくはけじめをつけるという暗示に繋がります。

夢というのは、すぐに忘れてしまいがちなので、よく思い出しながら暗示を読み取っていくようにしてください。

夢占い実家2:火事になる

実家が家事になる夢は、夢占いだと願いを叶えたい気持ちや欲求が高まっていることを意味しています。

そのため、運気の上昇を期待できる夢だと言えます。

火事の燃え方として、静かにくずぶるような燃え方だと突然のトラブルを示しています。

特に実家が火事の場合は、家族に何かがある予兆でもあるので、配慮が必要です。

逆に燃え上がるような炎であれば、自分を向上させたい、願いを叶えたいという思いが強くなっているので、何か新しいことを始めるには良い暗示です。

火事というのはあまり良いイメージを抱きませんが、この炎の強さが願いへの実現度を暗示していて、燃えていれば燃えるだけ実現しやすくなります。

何か願いがある人や新しいことをしてみたいと思っている人は、火事の夢は非常に良いチャンスですよ。

夢占い実家3:引っ越す

実家が引越しする夢は、夢占いでは自立を意味しています。

何か気持ちの変化があった時や、もっとしっかりしなくてはと自分で決意した時に実家が引越しをする夢を見がちです。

家族なので、離れたとしても帰る家があります。

そうした安心感のもと、自立をしたいと思っていると夢占いは暗示しています。

必ず自立しよう!という意味ではなく、自立をするための意識や環境作りをしていくなど、自立の準備をし始めるタイミングと思っても良いです。

ずっと一緒にいたいと思うかもしれませんが、実家というのは付かず離れずの距離感が最も関係性を円滑にします。

一緒にいることがだけが全てではないので、夢を見たことをきっかけに、自立に向けて行動してみても良いのではないでしょうか。

夢占い実家4:雨漏り

実家が雨漏りしている夢は、夢占いだと不安定になっていることを意味しています。

特に精神的に不安定となっている場合が多く、全ての考えがネガティブになりがちです。

家族と一緒におらずに一人で頑張っている人であればなおさら、このままどうなるのか、未来に対しての不安感が強く押し寄せている時に夢となって現れます。

夢占いの結果としては、精神的に不安定になる原因を考えなさいと警告していると考えてください。

もし、将来の不安や疲れが溜まっているというのであれば、一度実家に帰って、少し休むということもある意味リフレッシュできますよ。

一人で悩んでいてもどうしようもないことが多いので、相談してみたり、話をするだけでも救われるので、行動することも大切です。

どうしても無理だ、と感じる時はとにかく自分の好きなことをして、好きな物を食べて、リラックスしてくださいね。

夢占い実家5:実家で楽しく過ごす

実家で楽しく過ごす夢は、夢占いでは家族や友人との絆が深まることを意味しています。

夢は時々、占いとは関係なく現実とリンクしていることがあり、楽しい夢というのは現実になりやすいと考えられています。

実家で家族と楽しく過ごしている姿は、そのまま現実になると暗示されています。

そして、友人関係も同様に今までの縁を大切にしながら、友人達と共に素晴らしい人生を歩けるように努力をしなさい、と暗示されていると思ってください。

楽しい気持ちは目覚めても続くものなので、久しぶりに会いたい人、懐かしい人に連絡してみるのも一つの手ですよ。

夢占い実家6:実家がつまらない・嫌な気持ちになる

実家がつまらない・嫌な気持ちになる夢を見た場合、夢占いでは自分の行動を否定されるとことを意味しています。

実家での夢なので、夢占いとしては家族間の不和を暗示しています。

自分の気持ちや行動に対して、否定され反感を買うかもしれないということなので、もし何か伝えようと思っているのであれば、伝え方や本当に正しいかどうかを今一度自分でも見直してみる方がよいです。

やはり、せっかく自分が行動しようとしていることや判断しようとしていることにたいして、身内には理解してもらいたいですし、味方になって欲しいですよね。

そのため、少しでも不安があるのであれば、まずは身内間の絆を深める努力をしてからでも遅くはありません。

血が繋がっているので、絶対に理解されず、分かり合えないということはないはずですよ。

夢占い実家7:実家を出る夢

実家を出る夢を見た場合、夢占いでは過去との決別を意味しています。

例えば、何か昔の出来事がトラウマがある場合は、トラウマを乗り越えて、未来に向けて動けるようになるという暗示です。

トラウマや過去の傷というのは、人間だと無意識に覚えていて、何かしらのきっかけでその傷が開いてしまう…ということもありえます。

そうならないためにも、過去を忘れる努力をする必要がありますし、時間が解決する部分もあります。

せっかく新しい未来を築き、生まれ変わるチャンスの暗示がきたとすれば、そのチャンスはしっかりと活用してください。

明るい未来に向けて進もうと暗示をしてくれているので、前向きに受け止めてください。

夢占い実家8:大きくて立派な実家

実家が大きくて立派な家になっている状態で夢に出てきた時は、夢占いの意味としては、運気の上昇を暗示しています。

実家は自分のルーツであり、家族は自分にとって大きな存在です。

そんな居場所が大きくて立派になって夢に出てくるというのは、夢占いでは目標の達成や苦労が実ることを暗示します。

もし今、悩んでいることや挑戦してみたいと思っていることがあるのであれば、チャレンジしてみなさいと夢が教えてくれれていると思いましょう。

こうした運気が上昇している時は、物事がスムーズにいきやすいので、チャンスだと思って行動的になると良いですよ。

夢占い実家9:実家の中が汚れている・すさんでいる・ボロボロになる夢

実家の中が汚れている・すさんでいる・ボロボロになる夢は、夢占いでは心身の状態が下降気味になっていることを意味しています。

夢というのは、通常ならマイナスイメージのことでもプラスイメージとしてとらえることはよくあります。

しかし、この場合は夢占いのでは良くない状況と判断されます。

家族が住む実家が、汚れ・すさみ・ボロボロになっている状態というのは、心を表しています。

さらに、この状態からわかることは、本人が意識していないところで、状態が下降しているということです。

潜在的な心身状態の下降は気付いた時には手遅れになりかねないので、体調不良があれば早急に病院へ行くようにしてください。

夢占い実家10:実家がきれいな夢

実家がきれいな夢は、夢占いでは心身の安定を意味しています。

現実でも夢でも、実家が汚いという状態は良い状態とは言えません。

綺麗な状態であれば、夢占いから判断すると、体調が良好で、心のコンデションが整っている状態です。

家族に対しても優しくできますし、人を思いやる余裕が出てきます。

コンデションが良いという状態は、仕事も私生活も良好に進みやすいので、今まで尻込みしていたことにチャレンジできる機会かもしれません。

夢に後押しされる状態で行動するのも一つの手ですよ。

夢占い実家11:古びた実家

現実よりも実家が古びてしまっている夢は、夢占いとしては心が苦しんでいることを意味しています。

この場合、本人に意識がなかったとしても、非常に大きなストレスを抱えていることが多く、心身ともに疲れ切っている状態になっています。

ある種、全てが崩れ落ち、自分を保つだけで精一杯のような、それくらいの危機感を体や心が感じている暗示です。

夢占いでも、不安定な精神状態や不満、ストレスというのは古く、今にも壊れそうな状態となって現れます。

どうしても落ち込んでしまうことや、日常・仕事で自分ではどうすることもできない何かに悲しく息苦しくなることもあります。

心の挫折感や苦しみというのは、家族ですらわかってもらうことは難しく、自分1人で背負っているような感覚になります。

ただ、挫折や苦しみ、悲しみというのはいつまでも続くものではありません。なので、少しでも心を晴れやかにするために、リフレッシュをすることが大切です。

夢占い実家12:実家を改装・改築する

実家を改装・改築する夢は、夢占いでは生活の改善、もしくは人間的な魅力の上昇を意味しています。

真逆の結果ですが、実家を改装・改築する規模によって、夢占いの暗示が変わります。

例えば、少し台所を手直ししたというレベルではなく、仕切りを壊して広くするなど非常に大掛かりな改装を行っている場合は、どこか改めなくてはいけない部分があることを暗示しています。

食生活の乱れ、不規則な生活などがそれらの要因です。

家族が過ごしている場所で不具合のある部分を壊し、改めて直すというのは自分自信の改善に繋がります。

一方で、改築する夢の場合は、逆にとても良い暗示とされています。

自分の魅力が大きく上昇し、新たな人との出会いを期待できます。

また、恋人がいる人は2人の間に絆が深まるというような暗示でもあります。

夢占い実家13:長期休暇で実家に帰る夢

長期休暇で実家に帰る夢は、夢占いでは人生の岐路に立っていることを意味しています。

実家に帰る夢というのは、初心に帰るということも表していて、今まで悩んでいたことや、固執していたことに対して視野が広くなる暗示を示しています。

家族は懐かしい感覚や考えを取り戻そうとしている暗示です。

人生に置いて決断をしようとしている人が、こうした夢を見た場合、しっかりとした判断ができると考えられています。

夢占い実家14:突然、嫌な事があって実家に帰る夢

突然、嫌なことがあって実家に帰る夢は、夢占いだと心が疲れていることを意味しています。

実家というのは安心できる、居場所です。

そのような家族がいる場所に頼りたいと思っているから、夢を見ると占いでは判断できます。

そのため、心が疲れていると感じていなかったとしても、好きなことをしたり、ゆっくりと眠るなどしてリフレッシュするようにしましょう。

夢占い実家15:実家に恋人を連れていく夢

実家に恋人を連れていく夢は、夢占いでは良い知らせがやってくる暗示です。

恋人と一緒に実家に行くというのは、家族に紹介することなので、良い知らせを届けているのと同じです。

そのため、夢占いの場合も同様で良い知らせが届く意味があります。届けてくれる相手は恋人本人なので、もしかするとプロポーズをされたり、何かサプライズを計画してくれているなど、嬉しいことがある予兆です。

夢占い実家16:実家に友達と行く夢

実家に友達と一緒に行く夢は、夢占いでは幸運が舞い込んでくるという意味と体調不良の暗示の2つがあります。

どうやって夢占いの判断するのかというと、実家に一緒に行く友達との現時的な関係によって変わってきます。

遠方に住んでいる友達は、自分に幸運が舞い込んでくる暗示です。

また、努力していることに対しての結果を期待することもできます。

逆に近くにいる友達であれば、体調不良の予兆という暗示です。そのため、体調管理には十分に気をつける必要があります。

自分の家族と友達が楽しく過ごしている夢だったとしても、身近な友達が出てきた時は、その友達と何らかのトラブルになる警告でもあるので、注意が必要です。

なので、直近でその友達と会う約束があるのなら、人数変更したり、会わないという選択をしても良いです。

夢占い実家17:実家が新築になる夢

実家が新築になる夢の場合は、夢占いの意味としては運気の上昇を意味しています。

現実でも、実家が新築になるというのは、家族にとっても素晴らしい門出になるので、喜ばしいことです。

そのため、夢の中でもより素敵だと感じる内装や外装であればあるほど、これからの運気の上昇や幸せの大きさを暗示しています。

また、もう一つ夢占いの結果としては、恋愛関係にも大きく影響するという暗示を指しています。

例えば、好きな人がいるのであれば進展が望めたり、恋人がいるのであればお互いにとって良い方向に進むというようなことです。

新築、というのは非常に心のモチベーションがあがることなので、幸せに繋がっていると考えられています。

夢占い実家18:実家を売る夢

実家を売る夢は、夢占いでは今の状況や生活環境を変えてしまいたいということを意味しています。

実家を売る、というのは新しい家を購入し、新しい毎日が始まることを暗示しています。

夢占いの分析では、そうした自己の環境を変えることによって、状況が好転したり、願いを叶えるということに繋がります。

自分が望んでいたような幸福のチャンスが現れていると理解しておくようにしてください。

ただ、悪い暗示としては、金銭的な出費が多くなりそうという予感を示しています。例えば、欲しいものが重なっていたり、飲み会が続くなどお金が出て行きやすい状況になるので、財布の管理はしっかりと行うようにしてください。

夢占い実家19:実家で喧嘩する夢

実家で喧嘩する夢は、夢占いでは吉夢とも呼ばれるほど良い暗示です。

通常であれば、実家で家族や自分が喧嘩しているシーンというのは非常に嫌な思いをしてしまいます。

しかし、こうした夢占いの場合は、マイナスイメージのものだったとしても、意味合いでは非常に良い場合が多いです。

喧嘩している相手よっても暗示が変わってきますが、家族同士で喧嘩しているのであれば、家族の絆が深まっている、恋人であれば、関係性の再構築ができる、知らない人であれば自分と向き合う警告だととらえられます。

また、喧嘩している相手へ実際に不満を感じていることも多いようなので、喧嘩をすることによって知らぬ間にストレス発散をしていることも考えられますよ。

夢占い実家20:実家で泣く夢

実家で泣く夢は、夢占いでは心の健康が回復されたり、問題の解消や障害を乗り越えることを意味しています。

もともと、現実でも『泣く』という行為自体がデトックス効果を感じられ、ストレス発散にも繋がります。

それが夢にも反映されることは、珍しい話ではありません。夢占いでも、事態が好転するという暗示の表れだとも言われているので、今まで自分を阻んでいた障害が除かれて、色々な事柄が円滑に進むことがわかっています。

泣くということ自体は、家族であれ自分であれ悲しい気持ちになりますが、良い意味としてとらえて問題ないです。

そして、号泣するほど運気が上昇し、大きな幸運を手にする予兆だと考えられています。号泣だと心の中が晴れ渡って、すっきりした気持ちにもなれます。

逆に静かに泣いている時は、人間関係の悩みを表しています。特にコミュニケーションに問題を感じている傾向にあります。

夢占い実家21:実家が壊れる夢

実家が壊れる夢を見た場合は、夢占いでは過去を清算したという意味です。

実家が壊れる夢というのは、夢占いの暗示を知らないと非常に怖いですし、不安を感じます。

しかし、こうした物が壊れる、古い物がなくなる、捨てる、というのは過去を清算し、過去と別離できたという暗示です。

自分では無意識かも知れませんが、過去に起きた出来事というのは自分にとって非常に深い傷を作ることもあります。

さらに、そうした悲しい記憶を些細なことでよみがえらせて落ち込んでしまう、というようなことだってあります。

ただ、こういった過去をいつまでも考えて悩んでいても仕方がありません。

そのため、古い物がなくなるというのは、自分の心の邪魔になっていた過去を捨てることに繋がります。そして、今度は心晴れやかに未来に向かって歩き出すことができます。

壊れる、というのはある種リセットなので、もしも、恋愛で過去を引きずっていたり、未練がある場合はこうしたタイミングで新しい恋を探しても良いですね。

もういない誰かを思っても、心が満たされることはありません。

その時が良いタイミングだと考えて、過去を忘れるようにしてください。

夢占い実家22:実家のトイレの夢

実家のトイレにいる夢の場合、夢占いでは自分の運気が上昇することを意味しています。

家族の皆が必ず行く場所であり、余分なものを流すことができるので、悪いものを取り除くという暗示に繋がります。

特に、トイレは夢占いでは仕事やお金に通じているので、臨時収入が入ったり、仕事で認められるような嬉しいことがある暗示でもあります。

ただ、トイレが詰まってしまったり、汚いというトラブルがある場合は、生活習慣の見直しを警告しているので、自分の生活を振り返ってみてください。

夢占い実家23:実家の自分の部屋の夢

実家の自分の部屋が夢に出てきた時は、夢占いでは精神状態を意味しています。

多くの場合が、現実の実家にある自分の部屋と夢は違います。

夢占いとして最も注目すべき部分は、その部屋が綺麗なのかどうかです。

家族が入ってくることはできない自分の部屋というのは、完全にプライベートな空間であり、自分の日常生活を映し出す鏡だとも言えます。

そのため、自分の部屋が綺麗な状態であれば、精神面でもしっかりと落ち着いた状態であり、心に余裕があると考えられます。

逆に自分の部屋が汚いと言う場合は、ストレスが溜まっている状態だったり、心の状態が不安定になっていることを示しています。

自分の部屋が汚いと現実でも落ち着きませんし、せっかく実家にいても安らげません。

夢も同様に汚い部屋にいる、というのはストレスの象徴です。部屋の印象が暗かったり、不安になるような印象であれば、生活環境を見直す必要があります。

また、ストレス解消をしっかりと行わないと、心や体のバランスが崩れてしまうので、自分の部屋が汚れている時は自分を労わってあげるようにしてください。

夢占い実家24:実家のリビングの夢

実家のリビングにいる夢は、夢占いとしては心のリラックスを求めているという意味になります。

実家のリビングは家族が自然と集まる場所ですし、自然とリラックスできる場所です。

そのため、リビングにいる夢というのは、夢占いではリラックスしたい、休みたい、という思いの表れです。

こうした夢を見る時は、仕事でうまくいなかったり人間関係で孤立してしまったり、寂しいと感じているときが多いです。

そのため、本当に実家に顔を出してみたり、気心知れた友人と出かけたりするなどして、ストレスを解消してください。

心がリラックスしたがっているというのは、ストレスが溜まっている証拠なので、自分の時間、楽しい時間というものをしっかりと作る必要がありますよ。

夢占い実家25:実家に元彼・元カノがいる夢

実家に現在の恋人ではなく、元彼・元カノがいる夢の場合は、夢占いでは未練を意味しています。

心のどこかで会いたいと思っていたり、復縁をしたいと思っていないでしょうか。

深層心理が夢には現れてくるので、実家に家族以外でいるはずのない元彼・元カノがいるというのは、思いが断ち切れていないことを夢占いは教えています。

こうした思いというのは、新しい恋愛に向き合えない理由にもなっているので、そうした心の状態を暗示してくれています。

しかし、もうずっと前に別れて思い出すこともなかった元彼・元カノが出てきたという場合は、どうしているのかと懐かしく思っている状態を暗示しています。

夢占い実家26:実家に好きな人がいる夢

家族でもないのに、実家に自分の好きな人がいるという夢は非常に喜びのある夢ですし、夢占いとしても前向きな暗示を示しています。

好きな人との会話が弾んでいたり、楽しい思いをしているのであれば、より進展を望めます。

一方で気まずい思いをしたり、全く話をしないというような場合は、進展を望むことができないと暗示しています。

現実同様、一緒にいる時の雰囲気というのはなんとなくわかるものなので、どうだったよく思い出して分析するようにしてください。

夢占い実家27:実家に不審者がいる夢

実家に不審者がいる夢は、夢占いでは不安感や恐怖心を意味しています。

この感情というのは、得体の知れない不安感や恐怖心というわけではなく、自分の何か大切な物を失ってしまうのではないか、という不安感や恐怖心です。

実家に不審者がいて、何もできずに不審者が逃げ出してしまった場合は、何か大切な物をしなってしまう暗示です。

一方で家族や自分が、不審者を捕まえて実家を守ることができたとしたら、良い暗示だと言えます。

自分が今取り組んでいることに対して、良い結果を望むことができ、努力の成果を得て自分に自信を持つことができます。

また、不審者を捕まえられなかったとしても、何も盗まれることがなければ、良い暗示だと言えます。

仕事のプロジェクトがうまくいったり、旅行の計画がスムーズに進むなど何か現在頑張っていること、楽しみにしていることがあるのなら、積極的に進んで問題ないです。

まとめ

夢というのは、見た状態のイメージと同じ意味とは限りません。

そのため、実家が夢に出てきた時には、自分だけで判断してしまうと不安になることもあるので、占いを頼りに分析してみるとわかりやすいです。

占いを参考にしながら、今の自分の心身状態を認識してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク