【夢占い】火の意味29選!やけど・つける・消す・消えないなど

夢占い火の記事へようこそ。火は私たちの生活に欠かせない物であると同時に、使い方を誤れば、火事のように恐ろしい災いを齎す物でもあります。ギリシャ神話でも、プロメテウスが人間に火を与えた後、人間は火を使って様々な技術を生み出して文明を発展させましたが、同時に武器を造り、戦争を引き起こすようにもなった事が語られています。

このように、良くも悪くも人の営みに大きな影響を与える火は、果たして夢占いではどのような意味を持っているのでしょうか? 今回は火の夢占いについて、基本的な意味やシチュエーション別の解釈など、色々と紹介します。

Contents

夢占い火の意味

まずは火の夢占いについて、基本的な意味を紹介します。

夢占いで火は情熱・願望の高まりを意味する

火の夢占いの基本的な意味は『情熱』『意欲』『願望』『欲望』『運気』『エネルギーの高まり』などです。創作作品では情熱の表現として、燃え盛る火炎がよく用いられてますよね。火を生命力の象徴とし、神聖なものとして信仰している宗教も存在します。

夢占いでも同じように、火をエネルギーや情熱、願望の象徴としています。火の夢には様々な意味とシチュエーションがありますが『情熱』や『エネルギーの高まり』など、ポジティブな意味が多いため、吉夢と解釈される場合が多いようです。

ただし、冒頭で触れたように火は火事などで大きな被害を齎す場合もある事から、シチュエーションによっては凶夢・警告夢と解釈される例もあるので気をつけましょう。

それでは、ここからシチュエーション別の火の夢占いについて紹介します。

夢占い火の意味2:火の粉の夢

火の粉が飛び散る夢占いは、夢の中の状況や、火の粉の状態などによって意味が異なってきます。様々な場所に飛び散っていく火の粉は、夢占いでは「思いがけないところにエネルギーが飛び散っている状態」を表しています。また、現実では飛び散った火の粉でケガをしたり、火事による被害が拡大する原因になりやすい事から、あまり良くない暗示として解釈される場合が多いので注意が必要です。

火の粉が飛び散る夢占いの多くは、あなた自身は安全圏にいるつもりでも、飛んできた火の粉でケガをする可能性を暗示しています。つまり、本来は無関係なトラブルに巻き込まれてしまったり、好きでもない人に追いかけられたりと、思わぬところから問題が発生する可能性が高いので気をつけましょう。

一方、火事の夢などで火の粉が飛び散っているのに見惚れている夢占いは、自分が夢中になって取り組んでいるものが昇華するというように、シチュエーションによっては良い意味を持つ夢と解釈される場合もあります。

夢占い火の意味3:火をつける夢

火をつける夢占いは、基本的に運気の上昇を意味します。夢占いにおいて火は情熱やエネルギーの象徴なので、あなたが何かに情熱を傾けようとしている事を暗示する夢と解釈されます。仕事や勉強、恋愛に趣味と、何に情熱を傾けるのかは分かりませんが、新しい物事を始めるのには最高のタイミングである事を夢占いは教えています。積極的に取り組めば良い結果を出せるでしょう。

特につけた火が勢い良く燃え上がっていたのなら、さらなる運気上昇と事態の好転を暗示しています。

夢占い火の意味4:火を消す夢

火を消す夢占いは、上記の「火をつける夢占い」とは逆に、新たに始めようとしていた物事、または今取り組んでいる事柄を諦めてしまう事を意味します。夢占いにおいて火は情熱や願望、意欲などを暗示するため、自ら火を消す行為は意欲を失ってしまう暗示と解釈されるからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク