{夢占い}うさぎの夢をみたときの意味!抱く・飼う・助ける・出産?

ペットとしても人気が高いうさぎですが、小学校の片隅にウサギ小屋があって飼育当番や生物係など、担当を決めて世話をしていた思い出がある人もいるのではないでしょうか?

うさぎは寂しいと死んでしまうといわれたりしていますが、12時間以上餌をあげない状態が続くと胃腸の働きが停滞してしまい、命の危険性が出てくるためと、弱っていくことで捕食のターゲットにされやすくなるためで、寂しさが原因ではないようです。

つぶらな瞳に見つめられるととてもかわいく保護欲を刺激され、寂しいと死んでしまうといわれても納得してしまう要素があることから、噂が真実味を持って広まったのではないでしょうか?

夢にうさぎが出てきた時、どんな意味をもっているのか、夢占いにおける解釈をシチュエーションや数、色などから紹介します。

スポンサーリンク



夢占いにおけるうさぎの基本的な意味・暗示

うさぎは多産であることから豊穣や子孫繁栄の象徴であり、伝説から月の精ともいわれており、「ツキを呼ぶ」縁起の良い生物とされてきました。

このことから夢占いにおいて、物事の成就や幸運、女性、優しさ、満たされた愛情をあらわす意味を持ちます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク