【寡黙な人・男性】性格の傾向・恋愛やモテる理由&アプローチ方法・攻略法や出世する?

こんにちは!寡黙な人の記事へようこそ!

あなたの周りに寡黙な人・男性はいませんか?無口な人と仲良くなりたいと思っていても話しかけにくい雰囲気をしていて仲良くなるのを躊躇っている方もいらっしゃると思います。

この記事では謎めている寡黙な人の性格や付き合い方、恋愛、モテる理由やアプローチ・攻略法、仕事や出世するかどうかについて解説していきます!

寡黙な人の性格のタイプは?

寡黙な人には2つの性格のタイプがあります。

1つは自分から寡黙になる人、もう1つは内向的・消極的な性格から寡黙になる人のタイプです。ここからは寡黙な人の性格を自分から寡黙になる人、内向的・消極的な性格から寡黙になる人に分けて解説していきます。

自分から寡黙になる人の性格・心理の特徴

それでは自分から寡黙になる人の性格・心理の特徴について解説していきます。

自分から寡黙になる人の性格・心理1:大人しい

自分から寡黙になる人は大人しい性格をしてます。自分から寡黙になる人はベラベラと話したり、自分を打ち明けていくタイプではありません。普段は大人しく目立たないようにしています。大人しいので安定感や信頼感があると思われている傾向にあります。

自分から寡黙になる人の性格・心理2:ミステリアス

自分から寡黙になる人の性格・心理としてミステリアスというのがあります。自分から寡黙になる人は大人しいので周囲の人からは「謎めいている」「ミステリアス」と思われています。自分から寡黙になる人はミステリアスな雰囲気をしているので色気を発している方が多いです。色気はペラペラと話したり軽い人間からは生まれてきません。

色気は自分の人生をしっかりと生きている人から生まれてきます。自分から寡黙になる人はもっと喋る事ができますが自分の哲学の中に「喋るのはかっこ悪い」という気持ちがあります。「喋らない」という自分の哲学を貫いているのでそれは人生の様々な方面に出てきます。自分から寡黙になる人は自分を貫いていくのでそれが色気になっていくのです。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理3:そっけなく思われる

自分から寡黙になる人の性格・心理の特徴としてそっけなく思われるというのがあります。自分から寡黙になる人は会話をしていて大げさに反応する事が少ないです。反応は薄いために素っ気ないと思われがちです。反応が素っ気ない自分から寡黙になる人ですが別にそっけなくしようと思って素っ気なくなっているのではなく普段自分の自己表現が足りないために自然に素っ気ない反応になってしまうのです。

自分から寡黙になる人の性格・心理4:周囲の状況を見ている

自分から寡黙になる人の性格・心理として周囲の状況をしっかりと観察しているのが挙げられてきます。自分から寡黙になる人は集団行動において自ら盛り上げていくタイプではなく醒めた雰囲気で状況を観察しています。「今の空気感はこうだな」とか「あいつとあいつは仲がよくてあいつは仲が悪い」といった風に空気を読んでいます。自分から寡黙になる人は一歩引いて物事を見る事によって全体の主導権を握っていきたいと考えているのです。したたかな性格だといっても良いです。

自分から寡黙になる人の性格・心理5:嘘はつかない・誠実

自分から寡黙になる人は嘘をつきません。自分から寡黙になる人は物事の一本筋が通っている方が多いです。そのため嘘をつく事に対して物凄く抵抗を感じています。嘘をつく事で自ら寡黙にしているスタイルに嘘が生じてしまうのではないかといった恐れの気持ちも感じています。自分から寡黙になる人は自分を守っていくためにも誠実であろうとしています。そしてその誠実さは自分の武器になっていきます。最後に残るのは真実なので自分から寡黙になる人は最後には勝利を収めていくのです。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理6:プライベートな部分には触れられたくない

自分から寡黙になる人はプライベートな部分には触れられたくないという気持ちを持っています。自分から寡黙になる人がなぜ敢えて黙っているのかというと自分と他人と一定の距離感を保っていきたいという気持ちが強いからです。プライベートな部分には触れられたくないと思っている、自分の大事なところは徹底的に守っていこうと考えています。自分から寡黙になれば周囲の人はプライベートな部分を聞きづらいものです。「聞いてくれるな」といったオーラを発散している人もいます。自分の大事なプライベートを守るために自ら寡黙になっていきます。

自分から寡黙になる人の性格・心理7:マイペース

自分から寡黙になる人はマイペースな性格です。自分から寡黙になる人は自分のペースをとても大事にしています。仕事も勉強も自分のペースで黙々とこなしていく事に喜びを感じています。他人のペースに合わせようという気持ちが少ないので協調性は薄いかもしれません。

ただ自分のペースで黙々と行動していく人は恐ろしい存在でもあります。他人に流されずに一歩一歩進んでいく事ができるので着実に着実に前進していきます。着実に前進する事は成長性の高さを表します。自分から寡黙になる人は自分が望む限りどこまでも伸びていく事ができるのです。

自分から寡黙になる人の性格・心理8:人に相談しない

自分から寡黙になる人の性格の特徴として人に相談しないというのがあります。自分から寡黙になる人ももちろん悩みはあります。内向的なので色々と考える事が多く外交的な人よりかは悩みは多いかもしれません。ただ自分から寡黙になる人は自分の悩みを人に相談しません。自分から寡黙になる人はそもそも相談するのを苦手だと感じています。また自分の悩みを明かす事は自分の内面を相談相手に対してさらけ出す事で自分をさらけ出すのを苦手としていて更に自分の内面を見せる事は弱みを見せる事に繋がっていくと考えているために相談という行為をしません。

自分から寡黙になる人が人に相談するというのはよっぽど切羽詰まった状況、SOSを発しているときでしょう。ただ普段自分の相談をしないために相手にうまく伝える事ができないといったデメリットもあります。的確なアドバイスを受ける事ができずに「相談しなければよかった」と悩んでしまう場合もあります。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理9:自分の中の完璧を求める

自分から寡黙になる人は自分の中の完璧をひらすら求めていきます。自分から寡黙になる人は職人気質の完璧主義です。普段無口で口が動かない分、手が動きます。そして内向的で色々と悩む性格なので自分の中の完璧を常に求めていくのです。常に完璧を求めていく性格でかなりの凝り性。

そのためどこまででも完璧を突き詰めようとするために物事に対して満足する事がありません。満足できないので自分に自信はありません。悩みも多くなってきがちに。ただその完璧を貫く性格なので他人と比べた時には抜きんでた結果を出している事が多いのも事実です。ただ自分から寡黙になる人は他人と比べて結果を出しても満足せず更に自分の中の完璧を目指していく非常にストイックな性格です。

自分から寡黙になる人の性格・心理10:無駄な事が嫌い

自分から寡黙になる人は無駄な事が嫌いな性格です。自分から寡黙になる人は極端な話、ベラベラと言葉に出す事を無駄だと思っているところがあります。自分から寡黙になる人にとって大事な事は本質的な話です。本質的な話は長く話をする事ではないと思っています。そのため長い=無駄だと考えています。無駄を徹底的に省く合理主義者が多いです。

ただ自分から寡黙になる人は無駄な効用を理解していない一面があります。無駄は全てが悪い訳ではありません。たわいもない打ち解けた会話から面白い発見、発想が生まれてくる場合もあれば、無駄が深みを生み出す場合もあるのです。自分から寡黙になる人は深みのある人間が多いですが、無駄を毛嫌いせずに愛してみてもよいかもしれませんね。無駄を句読点のような存在と認識できれば新しい発見が生まれてくるでしょう。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理11:他者に対する関心が薄い

自分から寡黙になる人は他者に対する関心が薄い一面があります。自分から寡黙になる人はぱっと見は分かりませんが自ら無口になっているために自分の気持ちを優先する傾向にあります。人は無口な沈黙を求める事もありますが基本的には明るく楽しくお話をしたいと思っているときも多いでしょう。

自分から寡黙になる人はその点が分かっていないために他者に関する関心も薄いです。人に対して質問をする機会は少ないですし、周囲の状況を観察するのはある意味では自分勝手といっても良いかもしれません。外交的な人よりは他者に関する関心が薄く意識が自分に向いている傾向にあります。

自分から寡黙になる人の性格・心理12:一言が重い

自分から寡黙になる人は一言が重いです。ベラベラと喋らず本質を見極めるのを得意としています。そのためにたまに発せられる一言が非常に重く発言力がある傾向にあります。いわゆる鶴の一声といった感じで実権を握っていく存在だといえます。

自分から寡黙になる人の性格・心理13:不言実行

自分から寡黙になる人は不言実行型の人間です。表立って自分の夢や目標を人に話していく事はありません。そもそも自分の夢や目標を口に出す事がかっこつけ、自分を着飾っていく人間がする事だと思っていてかっこ悪いと感じています。

自分から寡黙になる人はまさに「言うよりやる人」といったタイプです。「俺の行動を見ていてくれ」と言わんばかりに実行していくのが特徴なのです。

自分から寡黙になる人の性格・心理14:長考する

自分から寡黙になる人は物事を長く考える長考タイプの人間です。自分から寡黙になる人は即断即決タイプではありません。その場で物事を決める事を苦手としていて1つの決断を下すまでに時間がかかるタイプです。慎重な判断を持ち味としていてギリギリまで決断しないためし失敗は少ない傾向にある模様。ただ行動力に欠けていて一気に大きなチャンスをものにしていくというのは少ないでしょう。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理15:突然行動する事がある

自分から寡黙になる人は行動力があるタイプではありませんが突然行動する事があります。普段は無口で落ち着いていて安定感がある人間だと思われていますが、ある時、リミッターが外れたかのように突然行動していく場合があります。寡黙な人としては色々と考えた上での行動であったとしても自分の考えを話さないので周囲から「大胆な人間だ」とびっくりされる事もあるでしょう。

自分から寡黙になる人の性格・心理16:よく喋る同性が苦手

自分から寡黙になる人はよく喋る同性が苦手です。自分から寡黙になる人はポリシーとして寡黙になっているところがあります。そのため自分のポリシーとは対極にあるよく喋る同性が苦手なのです。自分から寡黙になる人は喋ろうと思えば喋る事ができるためにそのような良く喋る人間とは知り合い程度にはなれますが心が深く通じ合うという事にはなりにくいでしょう。

自分から寡黙になる人の性格・心理17:気取っている

自分から寡黙になる人は気取っている、カッコつけているという一面があります。自分から寡黙になる人の中には無口で黙っている事がカッコいいと思っている方もいます。そして気取っている理由としては異性にモテたいからです。硬派な男がかっこいいと思いその真似をしている面があります。モテたいという事は素直で欲深いです。本当は女性と打ち解けてもっと話していきたいと思っていますがそのような態度を見せる事はかっこ悪いと思っているために気取って無口になっていくのです。

スポンサーリンク



自分から寡黙になる人の性格・心理18:人の話を聞く

自分から寡黙になる人は人の話を聞く性格です。自分から寡黙になる人は自分の話をするのを躊躇うために場を持たせるために人の話をしっかりと聞いていこうとします。場を持たせて自分のプライベートに踏み込ませないために人の話を聞くという一面がありますが、だからといって人の話を聞くのは嫌いではありません。人の話を聞いてアドバイスしてあげたいと思っているところもあります。自分から寡黙になる人は一言一言が重いので話を聞いてくれた人は普段無口な人のアドバイスをかなり真に受けるといった傾向にもあります。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理の特徴

それでは寡黙な人のもう1つのパターンの内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理の特徴について解説していきます。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理1:自分から話しかけない

内向的・消極的な性格から寡黙な人は自分から人に話しかけていきません。内気で社交的ではないので初対面の人に対しては緊張してしまいます。気が弱く相手に話しかけなければ失礼だと思う気持ちよりも緊張が勝ってしまうので自分からは中々話しかけていく事ができません。そのため内向的・消極的な性格から寡黙な人は人脈も広がりにくいです。人脈が狭くなかなかチャンスが広がりにくいです。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理2:話しかけてほしい

内向的・消極的な性格から寡黙な人は自分から話しかけるのは苦手としていますが本心ではもっと人と話したいと思っていて、「話しかけてほしい」と思っています。本当はもっと人と仲良くなりたいと思っています。ただ緊張したり人見知りであったりするために自分からは話しかけられません。

内向的・消極的な性格から寡黙な人は話しかけられると嬉しい気持ちになって少しずつ自分の事を話すようになります。寡黙な人に話しかけた人も相手の心を開いたような気持ちになって仲良くなっていきます。

スポンサーリンク



内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理3:1人で何かをするのが好き

内向的・消極的な性格から寡黙な人は1人で何かをするのが好きな性格です。自分の意見がなかなか反映されない、言う事ができないので集団行動を苦手としています。ただ内向的・消極的な性格から寡黙になる人も自分の意見はちゃんと持っています。

集団では自分の意見をいう事は難しいので自分の意見が100%反映される個人での行動を好む傾向にあります。1人での行動が好きなので趣味に没頭したり、ゲームを1人で楽しんだりするのが好きです。ただ1人で何かに没頭するのが好きで益々内向的な性格になってしまって人とのコミュニケーションをとるのが面倒になったり引きこもりになってしまうといった恐れもあります。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理4:真面目

内向的・消極的な性格から寡黙な人は真面目です。内向的・消極的な性格から寡黙な人は自分が不器用な人間だと思っています。自分の不器用な性格を自覚していて「悪い事をしても自分はどうせバレてしまう」と悪い事をするのを諦めています。悪事を働かないので正しい事を行うようになり性格は真面目になっていきます。人に対して卑屈な行動はとったりしませんし、礼を尽くしていく正直さがあります。

内向的で寡黙な人はその消極的な性格から人生において色々と損をするケースも多いですが真面目なので他人からは好かれやすく人望があります。困っているときには助けられる事も多いです。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理5:自己表現が苦手

内向的・消極的な性格から寡黙な人は自己表現がとても苦手な性格をしています。普段自分の気持ちを現していくのを苦手としています。自分の気持ちを表現するのを避けていますのでどんどん自己表現が下手になっていきます。「君はいつも自分の事を話さないけど、どう思っているの?」などと聞かれると言葉に詰まってしまいます。一度質問をされて自分の気持ちを言えないともう再び気持ちを問われる事は少なくなります。そうなると益々自己表現の機会を失うという悪循環に陥りやすいです。

スポンサーリンク



内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理6:会話が止まる

内向的・消極的な性格から寡黙な人は会話が止まってしまいます。人と話していても途中途中で会話が止まってしまい、沈黙が発生します。沈黙が発生してしまうと「何か話が噛み合わない人だな」と思われる機会が多くなる可能性があります。

内向的な性格から寡黙になってしまうのは性格的な問題だけではありません。歯並びが悪かったり、舌が短かったりして滑舌が悪くて話すのが苦手だったり、頭が回っていないという身体的な問題もあります。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理7:外交的な人に憧れている

内向的・消極的な性格から寡黙になる人は外交的な人に憧れています。消極的な性格から寡黙になる人も本当はもっと流暢に話ができるようになりたいと思っているのです。外交的な人に憧れていてYouTubeなどで演説、喋りがうまい人の動画を見て憧れているといった一面も持ち合わせています。喋りの技術は後天的に身に着ける事ができると言われています。自分を変えたいと思っている方はきっと外交的になる事ができますよ。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理8:自信がない

内向的・消極的な性格から寡黙な人は自分に自信がありません。基本的に挑戦する事を避けている傾向にあり、自分の殻に籠ってしまっているので本当の自信がありません。自信がなくオドオドしているのが特徴としてあります。最初から本当の自信を持っている人はいません。みんな挑戦して失敗しながらどんどん大きくなってきたのです。失敗は挑戦の証だと考えてどんどん行動していきましょう。失敗したからといって特に誰も気にしてはいないのです。

内向的・消極的な性格から寡黙な人の性格・心理9:頑固

内向的・消極的な性格から寡黙な人は頑固な性格をしています。自分の消極性を自覚しています。そしてこのままではダメだと考える人程、他人に左右されたくないと思って頑固になっていきます。どんなに論理だてて話をしたところで頑として動かないという一面があります。

寡黙な人との付き合い方

それでは寡黙な人との付き合い方について解説していきます。

寡黙な人との付き合い方1:思いやりが大事

寡黙な人との付き合い方として思いやりが大事というのがあります。寡黙な人は自分の意識が内に向いています。自分の気持ちが内向きなので感情が多いです。感情が多く繊細な性格という特徴があります。寡黙な人と付き合う場合には思いやりの心を持ちましょう。寡黙な人は基本的に自分の感情を表に出していかないので思いやりのある人にしか自分の心を開いていきません。

寡黙な人との付き合い方2:適当な発言はやめよう

寡黙な人のとの付き合い方として適当な発言は止める必要があります。軽いその場その場を取り繕ったような発言をする人を嫌う傾向にあります。適当な発言をされると「この人は自分にはちゃんと向き合ってくれない」と不信感を募らせていきます。

スポンサーリンク



寡黙な人との付き合い方3:2人で飲みに行こう

寡黙な人との付き合い方としては2人で飲みに行く方法があります。寡黙な人は心を割ってお話しをすれば自分の気持ちを開いてくれます。ただ普段は自己表現の機会が少ないのでなかなか気持ちを開けません。寡黙な人と2人で飲みにいく事で一対一の言葉のキャッチボールの機会が設けられますし、酔いが回って自分の話をしてくれる可能性があります。

また寡黙な人は「自分の話は受け入れてもらえないのではないか」と不安を抱いているところもあるので寡黙な人と飲みにいくときには褒めてあげる必要があります。褒めてあげる事で満たされたかのような気持ちになって心を開いていきます。

寡黙な人との付き合い方4:プライドを傷つけないようにしよう

寡黙な人との付き合い方としてプライドを傷つけないようにする必要があります。寡黙な人は結構プライドが高いです。特に自ら寡黙になった人は過去にプライドを傷つけられたために寡黙になっているようなところもあります。相手を刺激しない発言をする必要があるのです。

寡黙な人の恋愛の特徴

ここからは寡黙な人の恋愛の特徴について解説していきます。

寡黙な人の恋愛1:内面を大事にする

寡黙な人の恋愛の特徴として内面を大事にするのが挙げられてきます。寡黙な人は内面重視です。元々本人が人間の内面を大事に思うから無口になっている節もあります。男性、女性の内面をしっかり見てからお付き合いを考えるタイプです。

寡黙な人の恋愛2:自分からアピールしない

寡黙な人の恋愛ですが自分から異性に対して積極的にアピールはしません。元々不器用な性格で自分の感情を表に出していくのを苦手としています。特に寡黙な男性はプライドの高さもあって自分からは女性に好意を示していくのは稀です。ただ自分からアピールしない姿を「余裕がある」と思う女性もいるでしょう。

寡黙な人の恋愛3:連絡はマメ

寡黙な人の恋愛の特徴として連絡はマメというのがあります。寡黙な人は物事を適当にするのが苦手な完璧主義な性格をしています。完璧主義な性格なので連絡も日常的にマメにしてくれます。

スポンサーリンク



寡黙な人の恋愛4:駆け引きはしない

寡黙な人の恋愛の特徴として駆け引きはしないというのがあります。心と心で繋がる恋愛をしたいと思っています。そのため駆け引きにそこまで価値があると思っていません。駆け引きされるとダメなタイプです。

寡黙な人の恋愛5:反応が分かりやすい

寡黙な人は恋愛においては反応がわかりやすいです。寡黙な人は普段の会話は素っ気ない印象を人に与えていますが、恋愛においては自分の気持ちの変化が表に出やすいです。あからさまに笑顔になる事は少ないですが、少しニコッと笑ったりして可愛らしい一面を持ちあわせていいます。

寡黙な人の恋愛6:行動は遅い

寡黙な人の恋愛ですが行動は遅いです。物事をじっくりと考えるタイプで本能のままに行動ししていくタイプではありません。そのため恋愛においては行動が遅くなりがちです。自分から告白するタイミングも遅いので告白を待っている方からすればイライラしたり幻滅してしまうといった可能性があります。

スポンサーリンク



寡黙な人の恋愛7:恋人を心から思いやる

寡黙な人の恋愛の特徴ですが恋人を心から思いやるというのがあります。寡黙な人は心と心の繋がりを大事にするタイプなので恋人を心で愛していきます。とても優しく恋人の事だけを見ている純情さです。恋愛には安らぎを求めています。

寡黙な人の恋愛8:言葉の表現が不器用

寡黙な人は恋人を心から思いやりますが言葉の表現が不器用です。自己表現が下手なので「愛してる」といった言葉がスラスラと言葉になりません。自分の感情を表現が苦手なので誤解させてしまう可能性があり、もったいないところがあります。

寡黙な人の恋愛9:束縛しない

寡黙な人は恋愛においては束縛をしません。寡黙な人は束縛をする事を自分の弱みを見せる事、情けない行動だと思っています。そのため束縛はせずに余裕がある感じを醸し出してはいますが内心は浮気されていないかヒヤヒヤです。

寡黙な人の恋愛10:振られるとかなり落ち込む

寡黙な人の恋愛ですが振られるとかなり落ち込んでしまいます。寡黙な人は恋人を愛する気持ちが強いです。不器用な優しさで恋人を愛していきますが、その不器用さ故に振られてしまう事もあります。振られるとかなり落ち込んでしまって次の恋愛にまで時間がかかってしまう場合が。

寡黙な人・男性がモテる理由・イケメン?

寡黙な人・男性はモテるのでしょうか?結論を言えばモテます。ここからは寡黙な人がモテる理由を解説していきます。

寡黙な人・男性がモテる理由1:色気がある

寡黙な人・男性がモテる理由に色気があるというのがあります。寡黙な人・男性は色気がある人が多いです。黙っていて思慮深そうなのでミステリアスな雰囲気を醸し出しています。そのミステリアスな雰囲気が色気を感じさせるので女性からモテます。積極的な女性だとアプローチしてくれる事も多いでしょう。

寡黙な人・男性がモテる理由2:女性のペースに合わせてくれる

寡黙な人・男性がモテる理由として女性のペースに合わせてくれるのがあります。寡黙な人・男性は聞き上手です。寡黙な人・男性は黙って女性の話を聞いてくれます。黙って話を聞いてくれる男性に女性は自分の事を理解してくれていると感じて惹かれていきます。

寡黙な人・男性がモテる理由3:信頼できる・安心感がある

寡黙な人・男性がモテる理由に信頼できるというのがあります。寡黙な人・男性は口が堅いです。女性は一般的に口が軽い男性を毛嫌いします。口が軽い男性は「結局は自分の事を裏切るのではないか」と思われてしまうのです。その点寡黙な人・男性は口が堅いので女性からの信頼は高まっていき本命の男性と思われる事が多いのです。

スポンサーリンク



寡黙な人・男性がモテる理由:一言が重いために心にグサッとくる

寡黙な人・男性がモテる理由としてたまに発せられる一言が重いために心にグサッときて落ちてしまうというのがあります。寡黙な人は普段は無口であまりしゃべりません。そのため女性からしたら「本当に自分を愛してくれているのか」ヤキモキしてしまうでしょう。

ただ寡黙な人のたまに発せられる愛の言葉は普段口に出さない分かなりの重みを増してきます。「愛しているよ」とボソッと言われると別れを考えていた女性でも考え直す、また自分が勘違いをしていたと思うようになるでしょう。

寡黙な人・男性がモテる理由:いざという時守ってくれる

寡黙な人・男性がモテる理由にいざという時に守ってくれるというのがあります。寡黙な人は武士のような男性が多いです。一本気が通っていて信念を持っています。そのため女性が困っているときには助けてくれるでしょう。

寡黙な人の好きなタイプ

寡黙な人の好きなタイプについて解説していきます。

寡黙な人の好きなタイプ1:明るく楽しい人

寡黙な人は明るくて楽しい人がタイプです。寡黙な人は受動的で自分を引っ張ってほしいと思っています。そのため明るく楽しい人に引っ張られて仲良くなっていきます。明るく楽しい人も自分にないところを持っている寡黙な人には興味を抱きやすい特徴があります。

寡黙な人の好きなタイプ2:誠実な人

寡黙な人は誠実な人がタイプです。寡黙な人は自分が誠実なので相手にも誠実さを求めています。誠実な人とおしとやかに愛を育んでいきたいタイプで浮気をするような人は嫌いです。

寡黙な人の好きなタイプ3:寡黙な人は苦手

寡黙な人は自分と同じタイプの寡黙な人が苦手です。寡黙な人同士であれば会話の中で沈黙が多くなってきます。どちらも自分の内面や感情を表すのを苦手としているのでお互いの事をしっかりと理解する事ができません。当然お互いを理解できない人との関係が発展する事はないです。また寡黙な面で多少は気があうかもしれませんが、物事が前に進んでいかないので結局は離れていく関係になりやすいです。

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法について解説していきます。

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法1:話しかけよう

寡黙な人へのアプローチ・攻略法としてはまずは話しかける事です。寡黙な人は内気でシャイなので自分から話しかけていく事はありません。そのため仲良くなりたかったら節度を持って話しかけてみる事が大事になってきます。寡黙な人も話しかけられたいと思っている傾向にあるので会話はまだ進まないかもしれませんが気軽に応じてくれるでしょう。

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法2:プライベートには踏み込まないようにしよう

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法としてプライべートにはズケズケと土足で踏み込まないようにするのが大事です。寡黙な人は自分の事について考える機会が多いので少々プライドが高いです。自分を守るために敢えて寡黙になっている場合もあります。そのためプライドを傷つけるような発言をしたりするのは控えましょう。プライドを傷つけられるともっと無口になってしまう恐れがあります。

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法3:目を見て話そう

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法として目を見て話をするのがあります。寡黙な人は誠実な人を望んでいます。目を見て話すことで誠実さをアピールする事ができます。ただし目を見て話すことは恋愛テクニックとして使えますが前提として誠実に向き合う事がとても大事です。

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法4:話を聞いてあげよう

寡黙な人へのアプローチ方法・攻略法として話をしっかりと聞いてあげる必要があります。寡黙な人は自ら話をするのを好まないのもありますが人の話を聞いてばかりで自分の話をする機会を奪われています。そこで寡黙な人からうまく話を引き出してあげると無口な人はいつもと違った感覚を覚えます。いつもと違う感覚は恋愛に発展する可能性をグッと増やすきっかけになっていくのです。

寡黙な人の仕事の傾向・出世する?

ここからは寡黙な人の仕事の傾向・出世するかどうかについて見ていきましょう。

寡黙な人の仕事・出世の傾向1:黙々とマイペースに仕事をする

寡黙な人は黙々とマイペースに仕事をする傾向にあります。寡黙な人は職人気質で自分のペースで堅実に仕事をしていきます。周囲の状況をそこまで気にせずに着実に仕事を進めていくので最初遅れをとったとしても最終的には追い抜いてしまう粘り強さを持っています。

寡黙な人の仕事・出世の傾向2:ホウレンソウを怠る可能性が

寡黙な人の仕事の傾向として報告、連絡、相談のホウレンソウを怠ってしまう可能性があります。寡黙な人は人とのコミュニケーションをとるのが苦手です。陰では「コミュ障」とバカにされているかもしれません。報告、連絡、相談をするのが「面倒だな」と思っているためにそれが原因で問題が発生してしまう可能性が。寡黙な人は報告、連絡、相談を仕事の義務だと徹底する意識を持つ必要があります。

寡黙な人の仕事・出世の傾向3:口ではなく行動で示す

寡黙な人の仕事の傾向としては口ではなく行動で示すという傾向があります。口より手が動くタイプで仕事量はかなり多いです。派手さはないですがやっている仕事量はかなり多いので「あいつ見かけによらずかなり仕事をしているな」と好意的に思われる傾向にあります。

寡黙な人の仕事・出世の傾向4:上の人に一気に引き上げられる

寡黙な人は上の人に一気に引き上げられて出世しやすいです。基本的に上の人間はよく喋ったりウンチクを語る人間よりは黙々と仕事をする実直な人間を好むものです。寡黙な人は実直に仕事をしていくので上の人間から高く評価されて一気に引き上げられるケースが多いです。寡黙な人間は一気に出世していくので同じ立場や周囲の人間からしたら「なんで?」と思われてしまうかもしれませんね。

寡黙な人の仕事・出世の傾向5:部下に対する思いやりがある

寡黙な人は部下に対する思いやりがあります。寡黙な人は優しい心を持ち合わせています。また誤解されたりする事も多かった人生の方が多いので下の立場や弱い人間には優しく仕事を教えてあげます。下の人間からの人望はある方です。

まとめ:寡黙な人になりたい

ここまで寡黙な人について様々な視点から紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

寡黙な人は得する事が多いです。特に人間として大事な信頼を得る事に繋がっていきます。人脈が狭く不器用でも信頼があればそれは大きな力になっていきます。浅い人脈よりも素晴らしいものが待っているでしょう。

寡黙で悩んでいる方も無理に明るくなろうとせずに自分の良いところをしっかりと探していってくださいね。最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク