好きな人が泣くときの男性心理は?

悲しいことや辛いことが起きた場合、あなたは人前でも泣いてしまうタイプでしょうか?

しかもそれが自分の好きな人の前でという場合はいかがでしょうか?

好きな人の前で何かの事情で泣くという行動は、はたして有効的な方法なのでしょうか?涙は武器として好きな人の前で活かすことができるのでしょうか?

よく、女の涙は武器だという表現を耳にしますけれど、実際のところは本当にそうなのかを追求していくのが今回のテーマです。

もしあなたが好きな人の前で泣くことがあるとしたら、どのようなシチュエーションを想定し効果をもたらすことができるのかも考察しながら、男性側の本音にも迫った内容を含めながらお送りします。

好きな人が泣くとき男性はどのように思っている?

やはり女性として気になるのは、もし好きな人の前で泣くとしたら、相手の男性はあなたの事をどう率直に思っているのかが気になるところでしょう。

そこで知っていただきたいのが、女性が泣くことについての、正直な男性の本音の部分です。

女性が泣く姿を目の当たりにした時の男性というのは、どのようにそれを感じて受け取っているのでしょうか?

女性にも泣きたいことはたくさんあるけど、きっと面倒に思われるのかな?という意見が多いかもしれません。

そこで、男性の本当のところの気持ちを知っておくことによって、女性の涙の効果について理解ができると言えます。

男性は目の前で女性がいきなり泣いてしまった時に、一般的にどう感じているのかをご紹介します。

好きな人が泣くとドキッとする

自分にとって好意的な女性が、目の前で泣くという状況を見たら、多くの男性は気持ちが揺らぐようです。

特にいつも明るい彼女がいきなり泣くところを見てしまい、すごくドキッとしたという声が圧倒的に多いと言います。

好きな人の前ではいつも元気ではしゃいでいるイメージを与え続けている彼女なのに、そのギャップを見せることでドキッとさせるという効果があるようです。

ギャップというのはとても効果的な方法です。

しかもそれが女性の涙というのであればかなり強力な手段ではあります。

女性の涙を見てしまった場合、大概の男性は好意的に反応を示している傾向があると見なされています。

そこでは普段とのギャップというのが生じていることがポイントです。

そのギャップをいきなり見せられることで、男性側としては良い意味でドキッとさせられるということです。

好きな人が泣くと「嫌なことしたかな?」と不安・心配になる

好きな人と話していた時に急に女性が泣きだすといったことが生じたら、目の前の男性は、自分が何か悪いことをしてしまったのかと心配になってしまうものです。

泣くという現象は、誰にでもネガティブな状態を想像させるものです。

必ずとは言い切れませんが、泣く女性を街中で見かけると、何かあったのかと不安と心配が募るのは当然なことです。

しかも目の前の女性が何の前触れもなく急に泣きだされてしまうのですから、何か自分に対する理由があって泣かせてしまったのかと、ついつい余計な心配をさせてしまうものです。

これは実際には、あまり好意的ではない反応になってしまいがちです。

その女性のことを気になって仕方がなくなるのも事実ですが、それはどちらかと言えば、同情に近いものになってしまいます。

好きな人が泣くと「守ってあげたい」と思う

泣くというのは何か悲しい出来事や辛いことが遭って、感情が表に出ている状態です。

偶に仕事などで辛いことがあると、好きな人の前で泣いてしまいたい気持ちに駆られることもあると思います。

そんな姿を見てしまった相手の男性は、もしあなたに好意があるとしたら絶対に守ってあげようという感情が芽生えているはずなのです。

例えば、付き合い始めた女性が泣いているのを見ると、男性はその女性の弱い部分を初めて知れたことで、自分が彼女を守ってあげたいという男性特有な気持ちで取り組もうとし始めます。

こうなれば、その後も好意的な発展になるかもしれません。

ただし、あまりにもあざとい態度や同じ手を何度も使えないと思っておいたほうが良いでしょう。

本当に感情が高ぶって泣くという自然な在り方だからこそ、男性は女性を守ってあげようという本能が働くのです。

好きな人が泣くとどうしたら良いのか分からなくなる

多くの場合、目の前の女性にいきなり泣かれてしまうと、男性は困り果ててしまう傾向のほうが多いと言えます。

どうにかして解決の糸口を探し出そうとして慌てふためいてしまいます。

なので、好きな人の前で涙を口実にしだすことはあまり良くありません。

度が過ぎてしまうと男性のほうでも意図を読み取って、女性の都合のよいテクニックだと解釈してしまいます。

何かがある度に泣く姿を見せられては、何でも泣けば許されると考えている女性なんだと思われてしまいます。

正直言って、そのような時の男性は泣く女性にどう対応していいのか分からないというよりも、呆れ果てている状態に陥っています。

これは好意的ではない反応と言えます。

このような時、男性のほとんどは、その女性のことを面倒だと感じています。

ずるいと思う

これは男性女性の両方に言えることです。

好きな人の前で泣く女性はずるいと思う人は、結構多く存在していると言えます。どちらかと言えば、同じ女性同士からすると、そのような態度を頻繁に出す女性はずるがしこい性格だとして嫌われています。

好きな人の前で泣くことが常習化しているというのは、自分のかわいらしさのアピールのようなものです。

自己愛や自己顕示欲が強い証拠だと言えます。

ちょっとしたことを追求されるだけで、自分が責められているのだという認識に陥ってしまい、悔しかったり悲しくなって涙がでてしまうという癖がついています。

このタイプの女性も、やはり面倒なタイプと言えるのではないでしょうか?

ウソ泣きと思う

好きな人の前ですぐ泣くという女性は、本心で泣いているのならまだしも、単にウソ泣きをしているという場合もあり得ます。

これも前述のとおり、自己顕示欲の強い女性に見られる現象です。

ついつい自分を優位に立たせようとしてわざと弱さを見せています。

言い方を変えれば、そのような女性は「かまってちゃん」な性格の持ち主です。

泣けばなんとかなる、弱さを見せびらかすことでどうにか助けてくれるだろうという、やや思い上がった気持ちがあるので、涙を武器の一つとして利用しているに過ぎません。

毎回すぐ泣く女性というのは、あざとい心理が丸見えになっていると言えますから、ぜひ気をつけたいものです。

好きな人が泣くとチャンスだと思う

好きな人に良い印象を与えるような、泣く方法があります。

それは、いつもは全然涙を見せないけれど、ふとした出来事の際に、うっすら悲しい気持ちを前面に出すということです。

好きな人へのアプローチをするタイミングを狙っているとしたら、その相手が何かの事情で泣くようなことがあると効果的だと言われています。

例えば、普段は涙を見せることがめったにない男性だったとしても、身内に不幸が遭ってふと気が緩んだ時に涙に溢れている姿を見かけたら、きっとあなたは彼のことを真摯に受け止めることができるのではないでしょうか?

ポイントは、普段は涙を見せることがないようなタイプの人物であることです。

好きな人の前で泣く姿を印象良く見せたいのであれば、ぜひ泣くタイミングを見計らってみてはいかがでしょうか?

好きな人の前で泣くことで距離を縮める方法は?

好きな人の前で泣くと、お互いの距離感はどうなっていくのでしょうか?

好きな人の前で泣くというのは、好意的な反応として受け取ってもらえる場合と、面倒に思われるような否定的な反応を示す場合に分かれていきます。

それぞれ感じ方が違っていくように思われます。

それらを踏まえた上で、もし泣くことで好きな人との距離感を縮めることができれば、きっと彼へのアプローチもうまくいくはずです。

ここでは、好きな人の前で泣くことで、マイナスにしない方法、距離を縮める方法についてご紹介していきましょう。

うれし涙を流して喜んでいることをアピールする

泣くというのはネガティブな印象だけではなく、ハッピーだからこそつい泣いてしまうことだってあり得ます。

うれし涙を流している女性は、男性からしてみるとかわいい女性だと思われる確率が高いと言えます。

もし嬉しいと本心から感じているのならば、思い切り泣いてみてもいいのではないでしょうか?

好きな人から誕生日にプレゼントをもらった、サプライズを受けたというような場合などがそれに該当します。

そのような嬉しいハプニングには思わず泣いてしまうというケースはあり得ますし、本当に喜んでくれているんだと分かるので、男性のほうとしても嬉しいはずです。

気取らずに、くれぐれも本心で喜ぶということが大切です。

涙をこらえてみる

好きな人の前で涙を見せて好印象を与えてみたいのであれば、すぐに涙を流してしまうのではなく、少しだけ我慢してこらえる姿を見せるほうが良いでしょう。

泣くことを我慢している姿、あるいは泣いてることをバレないようしている姿は、健気でいじらしいと感じてもらうことができるからです。

基本的に男性のほとんどは女性の涙に脆いものです。

いじらしく涙をこらえるところに、思わずギャップを感じてしまうのです。

いつもなら明るく元気な女性が、ふとした時に涙を我慢する姿を見せられると、ついドキッとしてしまいます。

目の前でわんわんと泣かれてしまうと面倒に思われるけど、ちょっと涙をこらえる姿を見せておくことで、かわいい女性だという印象を与えます。

好きな人が大事な話をしてくれたときに泣く

誰しも特別感があるものに惹かれます。

その意味で好きな人の前で泣くという場合、とても大切な話を自分にしてくれた時に涙を流すと、相手の心にも印象的に残ります。

例えば、プロポーズなどを好きな人がしてくれるとしたら、そんな時は嬉しさを表わす意味でも、大いに目の前で泣いていいのではないでしょうか?

二人にとってとても大事なシチュエーションとなる瞬間というのは必ず訪れるはずですので、そんな時にこそ、好きな人へのアプローチとして心から泣くという姿勢は意外と重要です。

ただし、これもあまりわざとらしくやり過ぎてしまうと、単なる気を引くテクニックだと思われるので、本当にここぞという時だけ、しかも心からそう感じた時に泣くということです。

相手を操作しようと考えてしまうと、必ずその報いがやってきますので、気をつけておきたいところです。

大事な場面で涙を見せる

泣くのであれば、自分にとって最も大切な瞬間にだけ泣くと決めておくこともいいでしょう。

好きな人の前で泣くシチュエーションとして大切なことは、女性の涙が特別なものという演出をすることにあります。

普段からしょっちゅうめそめそと泣いてばかりいる姿を見せているようだと、前述したように、泣けば許されると男性に思われてしまい、「またか」とうんざりしている状態が続いてしまいます。

女性の涙に男性がグッとしてしまう本当の理由は、その涙が特別なものだからなのです。

絶対に涙の安売りだけはしてはなりません。

大切なシーンの時に見せる涙にこそ、誰しもが心打ち震えるものなのです。

相手を陥れるような意味で泣くことだけはNGと言えるでしょう。

好きな人のことを考えて泣くときの対処法

女性が好きな人の前で涙を流す場合、涙を武器にすることができるとは言われていますが、その際、シチュエーションがいかに大切になってくるかによりけりだと言えます。

辛いからといってただ悪戯に泣けばいいわけではありません。

とは言っても、泣き上戸な女性というのも意外と多いようです。

もし、好きな人のことを考えると辛くて泣きそうになると感じた場合には、どのような対処をしたらよいのでしょうか?

ここでは、好きな人のことを考えてしくしくと泣いてしまいそうになる時の、最善な対処方法についてご紹介していきます。

1人でいるときは思いっきり泣く

泣くのであれば大切な瞬間を選ぶことです。涙の安売りなどはしてはならないと先述してはいますけれど、それも時と場合によりけりです。

例えば、自分の中でモヤモヤとしたまま気持ちを溜め込んでいては健康上良くはありません。

それを発散させる意味で、一人で思いっきり泣くこと自体は全く問題のないことです。

あえて自宅などで一人の時間には、思いっきり涙を流すことがあってもいいのです。

それを行うことでストレス発散にもなります。

好きな人へのやるせない思い、辛くて悲しい気持ちをただ抱えているのではなく、部屋の中で一人で思いっきり泣いてしまうことによって何かが吹っ切れます。

いつの間にか感情を解放できてスッキリします。

好きな人の目の前ではなかなか感情的になって泣けないものなので、せめて一人だけの時にこそ、存分に泣くような自分であってもいいのではないでしょうか?

友達に話を聞いてもらう

好きな人のことを思うと切なくなってくるのは、今も昔も変わりのないことです。

好きな人のことを考えれば考えるほど、泣きたくなるくらい胸がいっぱいになるようなら、その気持ちを友達へ言葉にして伝えてみることもおすすめします。

好きな人への思いを友達に打ち明けてみることで、気分的にもスッキリできるはずです。

ただし、それはあくまでも聞いてもらうだけの相手として考えておきましょう。

友達にそのことを解決してもらうという目的を持ってはなりません。

それに一方的な自分の話ばかりをしてしまうのが女性の悪い癖でもあります。

相手の友達の話にも付き合ってあげなくてはなりません。

あなたのほうからも聞いてあげるという行為が大切です。

自分が逆の立場になれば分かるはずです。

ずっと相手のプライベートな話ばかりを聞かされてばかりでは正直しんどいものです。

自分がされたら嫌なことを、友達ならば許してくれると考えるのは浅はかです。

相手の話を聞くことも心得て接していかなくては会話は成立しません。

まとめ

以上、好きな人の前で泣く時の男性の心理や、つい泣いてしまうような時にどのような対処方法があるのかなども併せてご紹介してきました。

感情が高ぶってつい涙をこぼしてしまうことは人間である以上はあって当然なことです。

泣きたい時に泣けないことのほうが実はしんどくてとても辛いのかもしれません。

ただし、あまりにもテクニックとして泣く姿を好きな人の前で晒してばかりいると、どこかでその本性がバレてしまい、かえって相手との関係性が崩れてしまいかねません。

泣くこと自体が駄目ということではありません。

泣くべきシチュエーションがあるということを、常に念頭に置いておくことが大切ではないでしょうか?

あなたが泣く時は、傍に誰がいてどのような大切な意味があるのか、ぜひ一度考えてみてはどうでしょうか?

【関連記事】

好きな人が冷たくなったのはなぜ?男性心理や対処法・NG行動は?

好きな人を嫌いになった理由やシチュエーションは?

好きな人に振られたときに考えるべきことは?

好きな人を諦めたいときの方法は?理由やタイミング・職場は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク