薄っぺらい人の特徴!ならない方法は?

薄っぺらい人

薄っぺらい人というのは、必ず1人は自分の周りにいるのではないでしょうか?

薄っぺらい人ほど、他者に対して横柄だったり空気が悪くなってしまいますよね。

そういう人とは付き合わない方がいいですが、付き合わなくてはいけない環境に置かれていると嫌な思いをする事も多いです。

そこで、薄っぺらい人の特徴を知って、心の平穏を取り戻しましょう。

また、自分が薄っぺらくなっていないかも判断できるので、参考にしてください。

薄っぺらい人の特徴

薄っぺらい人

そもそも、薄っぺらい人とはどんな特徴があるのか?をご紹介します。

薄っぺらい人は、何を言っても説得力に欠けますし、言葉と行動が伴わないことが多いので責任感もないように感じます。

特徴を知ることによって、自分が薄っぺらい人にならないように、注意しましょう!

また、特徴を知っておけば、もしも薄っぺらい人になってしまいそうな時に軌道修正ができますよ。

薄っぺらい人は全ての物事に対して虚勢を張っている

薄っぺらい人

薄っぺらい人の特徴は、全ての物事に対して虚勢を張っています。

薄っぺらい人は、自分に能力がないことに気付いていることがほとんどですが、それでも「能力がある!」と思い込みたいんです。

なので、虚勢を張り、自分は良い人間だとか能力が高いということを主張しています。

1つや2つであれば、虚勢を張ってもバレないかもしれませんが、薄っぺらい人の特徴としてはちょっとしたことだけではなく、全体的に虚勢を張っているということです。

会話の中で、自分のことを大きく見せたがるタイプがほとんどで、正確な話をすることはないと思ってください。

薄っぺらい人は他人から凄いと思ってもらいたいと思っている

薄っぺらい人の特徴は、他人から凄いと思ってもらいたいと思っています。

薄っぺらい人は、他人からの評価が全てという部分があり、とにかく自分の意見を主張というよりも相手からどう思われるのかという部分が重要なんです。

そのため、他人が好感を持ったり興味惹かれるような内容の話ばかりします。

よく言えば、場の空気を読めるという意味にも受け取れますが、あまり良い影響は与えません。

薄っぺらい人だと思われてしまえばそこから周囲とのズレが生じてしまって、自分の価値を下げていることに気付かないのです。

薄っぺらい人は自分と違う考え方を排除しようとする

薄っぺらい人の特徴は、自分と違う考え方を排除しようとするところです。

自分の意見のブレやズレを理解していながらも、自分が正しいと思いたい人がほとんどなので、あまり意見の交換をたがらない傾向が強いと言えます。

また、もしも自分と違う考え方の人が現われた時に、薄っぺらい人は知識も経験もないので反論ができないわけです。

そうなると、自分が薄っぺらい人だということが相手にバレてしまうので、そうならないためにも自分と違う考え方をもっている人に対して冷たく当たってしまいます。

会社でも、自分の業務知識がないのに偉そうにしている人にありがちで、ちょっと間違いを指摘されようものなら、倍の言葉数で言い返すような人が多いです。

薄っぺらい人は考え方が極端

薄っぺらい人の特徴は、考え方が極端です。

良いか悪いだけではなく、固定概念の塊みたいなところがあるので、考え方が極端になってしまいます。

女とはこうあるべき!とか男だからこうだ!というような極端な考え方しかできません。

柔軟な考え方ができないのは、自信の無さとも言えますし、知識不足という意味もあります。

薄っぺらい人は、自分が正解だと思い込んでいるのでそれ以外は全て不正解とみなし、糾弾するようなタイプが多いです。

つまり、表面的なことしか考えていなくて、短絡的な答えを出してしまいがちというわけです。

自分と違う人がいることを受け入れられない、心の狭い人だと言えます。

スポンサーリンク



薄っぺらい人は興味の対象がとても狭い

薄っぺらい人の特徴は、興味の対象がとても狭いことです。

自分のことしか考えることができず、他人からどう思われているのかしか興味がありません。

なので、興味の対象がかなり狭いと言えます。

感受性の豊かな人は身の回りの些細な出来事にも興味を示し、そこから自分の視野を広げていきます。

ですが、薄っぺらい人は、興味があったとしても浅く広くが基本なので、知っていると言うにはレベルが低すぎます。

たしかにたくさんの趣味や興味を持つことはいいことでもありますが、専門的な知識を習得してしまうくらいに深く物事に集中することも人として成長できるポイントです。

薄っぺらい人には、その点で向上心がないので魅力が半減します。

薄っぺらい人は感受性が弱く感情表現のバリエーションが少ない

薄っぺらい人の特徴は、感受性が弱く感情表現のバリエーションが少ないです。

興味の対象がとても狭いので、出来事や物事に対して感じることや心の豊かさとして得られるものも全くありません。

自分が置かれている現状や出来事について、何かを思ったり原因を考えるなどのバイタリティもなく、そのことが自分を深みのない人間にしていることに気付いていないのです。

身の回りで起きていることには全て意味があったり、感じるものがあるということに気付かないことは悪くないと思っているのも薄っぺらい人の特徴だと言えます。

薄っぺらい人はプライドがとても高い

薄っぺらい人の特徴は、プライドがとても高いことです。

自分の中身よりも、自分が素晴らしい人間だと思い込んでいる節があり、周りの人間を見下しています。

薄っぺらい人だと周囲の人間もすぐに気付くので、みんなから「可哀想な人」とか「見苦しい」と思われているんです。

薄っぺらい人なので、何か知識や経験が必要な場合には出し惜しんでいるような言い方をして、プライドを保ちます。

ですがそのプライドの高さが周囲から批難されていることに気付いていません。

スポンサーリンク



薄っぺらい人は知識をひけらかそうとする

薄っぺらい人の特徴は、知識をひけらかそうとします。

大した知識もないのに、自分よりも知らない人に対して、誰でも知っているような知識をあたかもすごい知識かのように伝えてきます。

それは、知らない人には通用するかもしれませんが知っている人にとっては薄っぺらい人だなぁという印象にしかなりません。

例えば、知っている知識は全てインターネット検索をすればわかるようなものだったとしても、すごい話をしているという言い方をします。

本当は薄い知識の中にも自分の意見があれば少しマシです。

ですが、薄っぺらい人は全く自分の意見はありませんので、ほぼほぼインターネット検索と同様の話しかすることができません。

薄っぺらい人は他人の受け売り

薄っぺらい人の特徴は、他人の受け売りだけしています。

誰かから聞いた噂話や知識を自分の知識や経験のようにして話す傾向が強いです。

会社の人から聞いた話を友人にするのであれば、バレることはありませんが、友人同士や会社の人同士での会話だとすぐに「あれって◯◯さんが言ってたことだよね?」と噂されてしまいます。

目の前で指摘されることはないかもしれませんが、必ずどこかで噂されることでしょう。

他人の言葉のコピーでは、全く重みも説得力もないので誰も薄っぺらい人の話を聞いてくれません。

勝手に自分の手柄にしてしまわず、きちんと誰かから聞いた話という前置きをして会話をしてください。

薄っぺらい人は自慢話が多い

薄っぺらい人の特徴は、自慢話が多いです。

薄っぺらい人じゃなかったとしても、自分の自慢話って気持ちが良いものですよね。

何かしら自慢できるポイントがあれば、その話を人にしたくなる気持ちはわかります。

ですが、薄っぺらい人の場合は、とにかく毎日似たような自慢話を繰り返すんです、

そもそも、他人にとって自慢話というのは全く面白い話ではありませんし、毎回毎回聞いていたい話でもありません。

なので、時々聞く自慢話くらいであれば問題ないかもしれませんが、いつ会っても似たような自慢話を繰り返す人は、薄っぺらいと思われても不思議ではないです。

薄っぺらい人はすぐに意見を変える

薄っぺらい人の特徴は、すぐに意見を変えるところです。

自分の意見や考えを持っていない人が多く、浅い知識しかないので、有効だと思う意見が出たらすぐに寝返ります。

周囲の意見が自分とは違う方向に進んでいけば、すぐに意見を変えてみんなと合わせますし、流行りものにはすぐに影響を受けます。

どれだけ好きだと言っていたものでも、人が持っているものの方が良いと思えば薄っぺらい人はすぐに乗り換えてしまうんです。

自分の趣味嗜好に対して自信がなく、優柔不断な人が多いからこそ、すぐに意見を変える傾向が強いです。

薄っぺらい人は言動が一致しない

薄っぺらい人の特徴は、言動が一致しないことです。

口ではできると言っていても、ほとんどの場合はできませんし、口では真面目なことをたくさん並べて、いかにも自分はすごい人のような言い方をしてきますが、ほとんど行動とは一致しません。

薄っぺらい人は、話をしているうちにどんどん大きな方向に進んでいってしまうので、周囲の人は「口だけ」とか「どうせできない」という評価になります。

言葉に重みや信頼性がないので、誰からも信用されなくなってしまいます。

そういった言動の不一致はプライベートだけではなくて、仕事でも同じ評価なので全然出世もしません。

スポンサーリンク



薄っぺらい人は言葉と行動が一致しない

薄っぺらい人の特徴は、言葉と行動が一致しないことがほとんどです。

どんなことに関しても、とにかくぺらぺら口先ではそれらしいことを言っていても、結局行動はしません。

偉そうなことを話しているのに、何もせずにただ見ていたり、誰かが動いてくれることを待っています。

できる、と言ってもできていないことがほとんどですし、大丈夫、と言っても大丈夫じゃないことがほとんどです。

そのため、徐々に周りの人からの信頼が失くなっていくことも、薄っぺらい人の特徴だと言えます。

自分の力を過信しているのか、それとも本当はできないとわかっているのに嘘をついているのかのどちらかです。

薄っぺらい人は人の中身を見ようとしない

薄っぺらい人の特徴は、人の中身を見ようとしません。

自分もそうですが、とにかく他人の外見にばかり目がいって、中身を見ようとしません。

見た目がいいからOKという意識が強く、その人本来の魅力や輝くものに気付こうともしないのです。

それは、自分も外見だけがよかったり自信がないからこそ、薄っぺらい人は中身を見ないと言えます。

基本的に、物事を深く考える能力に欠けているのであまり他人からも期待されず、周囲の冷ややかな視線に気付かない鈍感な面があります。

他人に対しても外見といった短絡的な部分でしか評価ができないので、良好な人間関係が築けない可能性も高いです。

薄っぺらい人は面倒な人はすぐに投げ出してしまう

薄っぺらい人の特徴、面倒な人はすぐに投げ出してしまいます。

会社の場合、顕著にわかりますが、薄っぺらい人は自分の部下の失敗に責任をもちません。

面倒なことは対処できないからです。

自分の能力がないことを棚にあげて、部下が仕事できない!という言い方をして投げ出します。

また、友人関係でも似たようなことが言えて、自分が困っている時にはたくさん話を聞いてもらうのに、友人が困っている時にはまり親身に対応しません。

そうなると、薄っぺらい人だという印象になり、大事な時に助けてもらえなくなります。

薄っぺらい人は自分を守るために嘘をつく

薄っぺらい人の特徴は、自分を守るために嘘をつきます。

薄っぺらい人は、基本的に口先だけのことが多く、言ったことを守れなかったり、嘘を平気でつくことが多いです。

そのため、他人に嘘をつくことに対してさほど罪悪感もないまま生きているので、何か自分の失敗や自分が大袈裟に話したことがバレそうな時、さらに嘘をつきます。

自分の保身のために嘘をつくので、結果的に辻褄が合わなくなってバレてより一層悪い印象を持たれてしまう、なんてことも多いです。

薄っぺらい人は経験が浅い

薄っぺらい人の特徴は、経験が浅いことです。

薄っぺらい人は、自分のポリシーなどが全くないので、何かに熱心になったこととか深く物事を追求するということはしてきませんでした。

1つの物事に集中できず、なんでもかんでも手出ししては全てが中途半端に終わっていることも薄っぺらい人の特徴です。

なので、経験値としては「ちょっと触ってみた程度」のことしかありません。

そうした経験しかないくせに、人にはまるですごく追求してプロフェッショナルにまでなっているような言い方をします。

ですが、結局深い部分まで話をさせられたり、質問されたとしても全然答えられないのです。

スポンサーリンク



薄っぺらい人は実力が伴わない

薄っぺらい人の特徴は、実力が伴わないことです。

自分はものすごく物事を知っているとか、経験があるような言い方をしてきますが、実際はありません。

こうした自分を過大評価する点で言えば、周りの人に本当に自慢できたり自信をもっていることがないのでどうしても自分を魅力的に見せるために嘘をつきます。

過大評価をして人から「すごい」と言われたいんです。

でも、結果的に見栄を張っていることがバレてしまって、周囲からの信頼を失っていきます。

本当に実力のある人は、いざという時にその実力を発揮することができますし、人のためにその実力を使います。

通常であれば人に自慢することもないので、薄っぺらい人の特徴としてわかりやすい特徴です。

薄っぺらい人は苦労してない

薄っぺらい人の特徴は、苦労をしていないことです。

周囲の人間に恵まれていて、実家がお金持ちだったり、あまり自分で努力をしなくても周囲がお膳立てしてくれる人生を歩いてきた人は特に薄っぺらい人になりやすいです。

自分の考えを持って行動したり、自分の意思で問題をクリアしていくことをしないまま大人になっています。

さらに問題なのは、そんな恵まれた状況に自分が置かれていることに気付いていないのです。

恵まれているのではなくて、自分の能力があると過信しているのが薄っぺらい人です。

薄っぺらい人は努力していない

薄っぺらい人の特徴は、努力をしていないことです。

薄っぺらい人は、基本的に向上心がなく、努力をして何かを得たいと思うことがありません。

趣味や興味も浅く広くが基本なので、ある程度できたらいいとかそこそこ知っていたらいいというようなイメージで生きています。

自己満足のレベルで全ての物事を進めていくので、周囲から見ると「大した事」程度のものでも、自分では「すごくできた」という印象になるので、周囲とのズレが出てきます。

この考え方は自分に甘い薄っぺらい人にありがちで、努力して失敗することを恐れているとも言えるんです。

薄っぺらい人の人生

薄っぺらい人の人生って、楽しいのでしょうか?

周囲から薄っぺらい人と影で言われ、それでも自分に対しての自己評価が高い薄っぺらい人は、人生を謳歌させることができるのか。

自分が薄っぺらいなと思って生きている人はあまりいないかもしれませんが、少しでも心当たりがある人は、どんな人生を生きていくのか今一度考えるきっかけにしてください。

薄っぺらい人の人生は誇れるものがない

薄っぺらい人の人生は、誇れるものがありません。

幼い頃からずっと、何か打ち込んできたものや努力してきたものがないので、自分にはこれがあるという自信や誇りがないのです。

趣味や特技も浅い知識しかないので人に誇れることはできません。

部活などをやっていたとしても、功績を残さないけどできないわけではない、というような中途半端なことばかりしているので、薄っぺらい人は他人に対して胸を張れる何かがないと言えます。

薄っぺらい人の人生は目標がない

薄っぺらい人の人生は、目標がありません。

誇れるものがないのと同様に、何かに打ち込んだことや努力したこと、熱意を持って生きたことがないので、生きている中で目標を持ったことがありません。

とにかく毎日をただ過ごしているだけ、流れに沿って生きているだけです。

もともと、薄っぺらい人は目標を立てたところで自分に甘く設定したり、無理な目標を立ててなし崩しになってしまうので、目標に向かって努力することがないのです。

薄っぺらい人の目標は、憧れや願望に近いので自分の能力以上のことを求めてしまいがちなので、全く達成飲み込みはありません。

目標設定の方法から、見直さないと薄っぺらい人はいつまでも目標に向かって努力することはできないのです。

薄っぺらい人の人生は外見磨きばかりする

薄っぺらい人の人生は、自分の外見磨きばかりします。

本来の人間の良さというのは、見た目ではなく内面から湧き上がってくるものですが、薄っぺらい人にとってそういった内面磨きは目に見えないものなので、どうしても不安に感じます。

なので、わかりやすくて手っ取り早い外見磨きを徹底するんです。

肌や髪のケア、ファッショ誌を片手に流行をチェックするなど、手軽に開始できることだけするので、若いうちはいいかもしれませんがある程度年齢を重ねると、痛々しいという印象になります。

外見しか磨いていないと、大人の余裕が出ずに若い子に負けたくない!という気持ちしか芽生えないので、魅力がないんです。

薄っぺらい人の人生は本物に会っていない

薄っぺらい人の人生は、本物に会えません。

本物というのは、本当の意味での友達や成功、心から愛する人や愛してくれる人に出会うことができないという意味です。

薄っぺらい人は、他者との関わり合いも希薄で、自分の都合で物事をすすめたがります。

そうなると、豊かな人生とは程遠いものになるのですが、あまりそのことにも気付いていません。

口先だけで生きているので、友人に対しても恋人に対しても誠意のある態度をとることができないんです。

そのため、結果的に軽い関係しか築くことができず、簡単に離れられる人間関係しか築けません。

スポンサーリンク



薄っぺらい人の人生は周囲を気にしすぎる

薄っぺらい人の人生は、周囲を気にしすぎています。

他人からどう思われるのか、他人が良いと言ってくれるかどうかがもっとも気になってしまい、自分が良いと思うものやこだわりのあるものを決めることができません。

つまり、流行だけを追いかけたり、周囲で人気の物をとにかく多様するという人がほとんどです。

そこに、自分の意思というものがないので、周囲からは薄っぺらい人という印象をもたれてしまいます。

薄っぺらい人の人生は評価に左右される

薄っぺらい人の人生は、評価に左右されます。

SNSで言えば、いわゆる「イイネ」をもらうことだけに一生懸命になって、本来すべきことを疎かにするような人が多いです。

他人がイイネと評価してくれなかったものは、自分が気に入っていたとしても一切使用しなくなります。

全ての人に好感を持ってもらえるものや人というのは現実的に存在しません。

どれだけ素晴らしいものや人でも誰かに批判されることは必ずありますし、それは真理だと言えます。

ですが、薄っぺらい人はそれらの評価に左右されて自分というもっとも大事な部分を見落としているので、もったいない人生の過ごし方をしているんです。

薄っぺらい人の人生は熱中するものがない

薄っぺらい人の人生は熱中するものがありません。

向上心をもったり、信念をもって熱中したことや継続したことがないので、薄っぺらい人は、趣味がないのです。

薄っぺらい人は、自分が興味惹かれるものというよりも、他人が良いと言っていたものに興味を示す傾向が強いので、なかなか続かないと言えます。

一通りやってみて、こんなものかな?と思うレベルでやめたり、飽きてしまうことも多いので、自分の経験値として残るものが何もありません。

スポンサーリンク



薄っぺらい人の人生は思い出せることが少ない

薄っぺらい人の人生は、思い出せることが少ないです。

薄っぺらい人は、不意に今まで生きてきた人生を振り返った時、何か思い出に強く残っていることはあるのかと言えば特にありません。

なぜなら、本気で何かに集中したり、熱中するようなことがないので、思い出と言える思い出がないのです。

例えば、旅行に行った思い出などはあるかもしれませんが、その他の自分が何か頑張ったとか功績を残したというような思い出はあまりありません。

自分で、何か努力することを重要視していないからこそ、思い出に残らないと言えます。

薄っぺらい人の人生は本気を出したことがない

薄っぺらい人の人生は、本気を出したことがありません。

そつなくなんでもこなせるという意味では、とても良いことかもしれませんが、そのせいで本気で人とぶつかったり、本気で物事に取り組んで失敗を繰り返した先の成功などを知らないのです。

薄っぺらい人は、自分のプライドが1番なので人と深く関わることはどこか「かっこ悪い」と思っています。

相手を理解しようと努力することはせず、浅い関係しか築けないので、チームワークにも向いていませんし、1人でできることだとしても継続できないので本気を出したことがないんです。

薄っぺらい人にならない方法は?

薄っぺらい人にならない方法をご紹介します。

薄っぺらい人ではない、と思っていたとしても周囲がどう思っているかはわかりません。

少しでも薄っぺらい人にならない方法を繰り返しておけば、自分に自信を持つことができますし、周囲からも評価がアップするかもしれませんよ。

自分を成長させるためにも、薄っぺらい人にならない方法を試してみてください。

自分の視野を広げる

薄っぺらい人にならない方法は、自分の視野を広げることです。

薄っぺらい人は、周囲1mくらいしか視野がありません。

狭い世界で生きているからこそ、自分を甘やかして生きていることにもつながります。

自分の力を過信してしまいがちな人が多いので、広い視野を持っていろんな感性に触れ合うことがとても大事なことです。

自分をしっかりと持つ

薄っぺらい人にならない方法は、自分をしっかりと持つことです。

薄っぺらい人は、基本的に自分の考えというものがありません。

なので、他人の発言によって自分の意見をコロコロ変えるので信頼されないわけです。

他人の意見をまるで自分の意見のようにして発信する人も多いので、自分はこう思う!という強い意思も必要なことですよ。

新しいことに挑戦する・経験を積む

薄っぺらい人にならない方法は、新しいことに挑戦する・経験を積むことです。

自分の得意なこと他人から評価されそうなことにしか興味がありません。

それでは、薄っぺらい人と思われてしまって、結局評価には繋がらないのです。

誰かから良く思われたいという気持ちはわかりますが、それだけではなく、自分のためにしっかりと知識や経験を積むことだって大事なんです。

嘘をつかない

薄っぺらい人にならない方法は、嘘をつかないことです。

薄っぺらい人の特徴として、口先だけで簡単に嘘をつくことがあるので、周囲からの信頼がかなり低いんです。

そうならないためにも、自分や相手に正直であることは、大事なポイントだと言えます。

嘘をつくと、どうしても嘘の上塗りをして体裁をはかりたくなってしまうので、そもそも嘘をつかないことを意識してください。

周りの人から学んでいく

薄っぺらい人にならない方法は、周りの人から学んでいく姿勢が大事です。

薄っぺらい人は、特に周りを見下したり、自分を上に見たくなるタイプが多いので、視野が狭く、成長しません。

ですが、しっかりと周りの人の良い部分を吸収し、次に活かせるような人になれば、自ずと評価はあがりますし、自分に対しても自信がつきます。

ここで勘違いしてはいけないのは、他人の言葉や実績をあたかも自分が成し遂げたように言うことはやめましょう。

周囲の功績はきっちりと認めることが大切です。

周囲を尊敬する

薄っぺらい人にならない方法は、周囲を尊敬することです。

自分のことだけを考えがちな薄っぺらい人は、周囲の人に気を配り、今まで気づかなかった周囲の良い面を見ることができます。

自分にはない他人の良さを尊重し、尊敬することによって、中身の充実した人間になることができるんです。

有言実行を心がける

薄っぺらい人にならない方法は、有言実行を心がけることです。

いつも、言いっ放しで一向に実行できない人が多い薄っぺらい人は、必ず自分の話したことは実行しよう!という気持ちを強くもってください。

やると決めたら、やり遂げるという意識をしっかりと持っていないとどうしても信頼してもらうことが難しくなってくるので、着実に叶えられるものを目標にしましょう。

まとめ

薄っぺらい人についてご紹介しました!

他人からの評価はやはり気になるものですが、そればかり考えていても結果的に薄っぺらい人だと低い評価を受けることになります。

自分が正しいと思うこと、一生懸命できることを見つけて、人間としての心を磨くようにしてください。

自分に対しての自信をつけることが薄っぺらい人にならない良い方法ですよ。

【関連記事】

口が軽い人の特徴や心理!男女別の違い・対処法は?

霊感がある人の特徴!性格・手相・チェックする方法は?

かっこつける男の特徴!性格・言動・仕草・行動は?

頑固な人の特徴!心理や原因・付き合い方・止める方法は?

意識低い人の特徴!職場や働くデメリット

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク