【夢占い】好きだった人の意味44選!話す・会う・抱きしめられる・電話するなど

夢占い好きだった人の記事へようこそ。初恋の相手や昔付き合っていた人など、好きだった人が夢に出てきたら、あなたはどう思うのでしょうか? 当時の事を思い出して、何とも甘酸っぱい気持ちになるのでしょうか。それとも「まだ未練があるのだろうか」と複雑な気持ちになるのでしょうか。いずれにせよ、好きだった人が夢に出てきたら、色々と気になると思います。

では好きだった人が夢に出てきた場合、夢占いではどのような意味を持つ夢と解釈されるのでしょうか? 今回は好きだった人の夢占いの基本的な意味や、シチュエーション別の解釈など、色々と紹介します。

Contents

夢占い好きだった人の意味

まずは好きだった人の夢占いの基本的な意味から紹介します。

好きだった人の夢占いの基本的な意味は、下記の2つです。

夢占いで好きだった人は恋愛観を意味する

好きだった人の夢占いの基本的な意味の1つ目は『あなたの恋愛観の原点』です。あなたにとっての理想の異性像や、「こんな相手と恋愛したい」という願望を表しています。

「好きだった人」と言われると、元彼やモトカノといった、昔お付き合いしていた人を思い浮かべる方は多いかもしれませんが、夢占いでは初恋の相手、憧れていた先生や先輩、好意を持っていたけど、お付き合いするまでには至らなかった、または片思いで終わった相手も含まれます。

初恋の相手や憧れていた異性とは、あなたの理想が多分に投影された存在であり、夢占いでも本人ではなく、理想の異性像の象徴として解釈される事がほとんどです。現在の恋愛に対して悩みを抱えている方や、今の恋人に不満がある方も、昔好きだった人の夢を見る事が多いと言われています。

夢占いで好きだった人は未練を意味する

好きだった人の夢占いの基本的な意味の2つ目は『未練』『過去の恋愛に関する囚われた感情』です。過去の恋愛を美化するあまり、新しい恋を探すのに消極的である事を意味します。過去の記憶が美化される事は珍しくありませんし、まして好きだった人の事は、よほど嫌な思い出がない限りは、悪く思いたくないでしょう。ですが、いつまでも過去の思い出に浸って立ち止まったままでは何も始まりません。そろそろ新たな一歩を踏みだそう、と夢占いは教えています。

既に新しい相手がいる人が昔好きだった人の夢を見る場合は、今の相手に不満がある事を暗示しています。今の相手への不平や不満から「好きだった人と交際を続けていれば、こんな思いはしなかったかもしれない」と、あなたは心のどこかで思っているのかもしれません。その思いが夢に表れたものと解釈されます。

それではここから、シチュエーション別の好きだった人の夢占いを見ていきましょう。

夢占い好きだった人の意味2:話す

好きだった人と仲良く話す夢占いは、あなたがその人に未練を残している事を意味します。自分自身では既に未練を断ち切っているつもりでも、心のどこかで「好きだった人と、またこんな風に楽しく話ができればいいな」という気持ちが残っているのかもしれません。今、あなたは新しい恋愛へ踏み出せていますか? 既に過去のものと割り切っているのなら、新しい相手を探すのにも躊躇しないはずです。

自分の気持ちを今一度見つめ直し、未練があるのなら素直に認めるように、と夢占いは教えています。昔好きだった人に未練がある事自体は決して恥ずかしいものではありません。素直に認めて正面から向き合いましょう。

既に新しい相手がいる場合は、ただ昔の恋を懐かしんでいる事を暗示する夢占いと解釈されます。現実で相手を見つけているという事は、過去の恋愛に未練がない事を表しているからです。ただし、恋人がいる人が昔好きだった人の夢を見る場合、夢占いでは今の恋人に不平不満がある暗示とされています。心当たりがあれば、信頼できる友人に相談したり、思い切って恋人と話し合うなど、早い内に不満を解消するように行動する事をおすすめします。

夢占い好きだった人の意味3:会う

好きだった人に会う夢占いは、あなたが好きだった人に会った時、どんな印象を抱いたかで意味が異なります。好きだった人と会った時、良い印象を抱いたのなら、あなたが現実の恋愛関係に不満を持っていることを意味します。なかなか良い相手が見つからなかったり、既に恋人がいる場合は、恋人との関係が、思うように進んでないのではないのでしょうか?

夢占いにおいて、好きだった人は理想の異性像の象徴です。ゆえに、現実の恋愛関係を煩わしく思い、過去の恋愛を懐かしむ気持ちが表れたものと解釈されます。

反対に好きだった人と会って、あまり良い印象を抱かなかった場合は、あなたが現在の恋愛関係に満足している事を意味します。過去の恋愛と完全に決別して未練もない事を暗示し、恋人がいる場合は、今の恋人をとても大切に思っている事を表しています。そのまま今の幸福を大切にしましょうね。そしてより幸福な未来へと進んでいくようにと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味4:抱きしめられる

好きだった人に抱きしめられる夢占いは、あなたの現状、もっと正確に言えば恋人がいるかどうかで意味が異なります。あなたに決まった相手がいない場合は、あなたが昔の恋愛を忘れられず、今でも好きだった人に抱きしめて欲しいと思っている事を暗示しています。しばらくは新しい恋愛を始める気持ちにはなれないのかもしれませんね。

反対に恋人がいる場合は、あなたが今の恋人にもっと構って欲しいと思っている事を意味します。夢占いにおいて好きだった人が出てくる夢は、今の恋人への不満の暗示と解釈される場合があります。もしかしたら相手の都合なども考えて、寂しくても我慢してるのかもしれませんね。相手の都合や立場を考えるのは大切な事ですが、我慢し過ぎるのも問題です。時には気持ちをちゃんと伝える事も、恋人同士の絆を深めるために必要と夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味5:電話する

好きだった人に電話する夢占いは、あなたが人と繋がっていたい、周囲の人達に認められたいと願っている事を意味します。夢占いにおいて電話は心と心の繋がりや周囲との人間関係を象徴しています。もしかしたら好きだった人と別れた寂しさから、まだ立ち直れていないのかもしれませんね。

また、好きだった人との電話が良い印象なら、悩みから解放される日が近い暗示、良くない印象だったなら、しばらく悩み事やトラブルが続く事を暗示しています。恋愛運など運気が下がっている暗示もあるので、当分は言動・行動に注意が必要です。

なお、この夢占いには別の意味もあります。人によっては現実で人間関係のトラブルが発生し、それに悩まされている暗示と解釈されます。

夢占い好きだった人の意味6:初恋の人

昔好きだった人の中でも、初恋の相手というのは特別な存在ではないでしょうか。初恋の人が出てくる夢占いは、初恋の人の状態で意味が異なってきます。恋愛の中でも初恋といえば、多くは子供の頃か若い頃にするものです。相手も夢に出てくる場合は、当時のままの子供か若い頃の姿で出てくる場合もあれば、当時から考えて相応の年を取った姿のどちらかでしょう。

初恋の人が当時の姿で出てきた場合、夢占いでは恋愛運の低迷を意味します。なぜなら昔好きだった人が当時の姿で出てくる事は、あなたが未だに過去の恋愛を引きずっている暗示と解釈されるからです。

反対に初恋の人が相応に年を取った姿で出てきた場合は、恋愛運上昇を暗示する吉夢となります。昔好きだった人が相応に年を取った姿で登場する事は、過去の恋愛に未練がない暗示と解釈されるからです。素敵な異性と出会う可能性を表し、既に恋人がいる人の場合は、今の恋愛がうまくいく事を暗示する夢占いとなります。

夢占い好きだった人の意味7:Line・メールする

好きだった人とLineやメールをする夢占いは、あなたがもっと人と繋がっていたい、コミュニケーションを取りたいと思っている事を意味します。上記の「好きだった人に電話する夢占い」と似ていますが、これは電話もLineもメールも連絡手段の1つである事から、いずれも夢占いでは人との関わりや心の繋がりを象徴するものと解釈されているからです。

人と繋がっていたいと思っているという事は、あなたが今、とても寂しいと感じている事を暗示しています。好きだった人が夢に出てきたのも、寂しさから楽しかった過去の恋愛を懐かしみ、当時のような日々を過ごしたいという思いが表れたのでしょう。恋人がいる人の場合は、今の恋人にもっと構って欲しいと思っている事を表す夢占いと解釈されます。

なお、この夢占いは、好きだった人と別れた時期も解釈に影響します。別れて間もない場合は、あなたにまだ未練が残っている事を意味し、随分前に別れている場合は、その好きだった相手から、本当に連絡が来るかもしれないという可能性を暗示する夢占いとなります。

夢占い好きだった人の意味8:デートする夢

好きだった人とデートする夢占いは、あなたが現在の相手や恋愛関係に不満がある、もしくは物足りなさを感じている事を意味します。夢占いにおいて好きだった人は、理想の異性像の象徴です。ゆえに好きだった人とデートしたり、お喋りをしたりと楽しく過ごす夢は、現在の恋愛関係への不満を夢の中で解消しようとしていると解釈されます。

そういった自覚がない場合は、単純に過去の恋愛を懐かしんでいるだけなのかもしれません。ですが夢の世界は潜在意識・深層心理と呼ばれる無意識の世界と深い繋がりがあります。自覚がないだけで、心の奥底には不平や不満が蓄積している可能性は0ではないでしょう。放置していると、今の恋愛関係が崩壊の危機を迎える可能性がある事を夢占いは教えています。不満を解消するためにも、恋人との相互理解に努めましょう。

夢占い好きだった人の意味9:キスする

好きだった人とキスをする夢占いは、好きだった人が誰だったのかで意味が異なってきます。初恋の人とキスをする夢だったなら、あなたが現在の恋愛関係に疲れていて、現実逃避願望がある事を意味します。好きだった人は夢占いにおいて理想の異性像を象徴していますが、特に初恋の人は理想の度合いが強い存在と解釈されるため、この夢占いのように現実逃避願望を暗示する場合もあります。

元彼・元カノとキスをする夢だったなら、その人への未練が残っている事を意味します。特にあなたのほうからキスを求めていた場合は、本気で復縁を望んでいる暗示と解釈されます。

また、好きだった人とキスをする夢は、あなたの現在の恋愛関係も夢占いの解釈に影響します。あなたに決まった相手がいない場合は、恋をしたい気持ちが強くなっている事を意味し、恋人がいる場合は今の恋人に不満がある事を意味しています。どちらの場合でも、「寂しい」「人恋しい」という気持ちが強くなっており、精神的に少し不安定な状態になっている暗示があるので、つけ込まれないように注意しましょう。

夢占い好きだった人の意味10:セックスする夢

好きだった人とエッチ・セックスをする夢占いは、あなたに決まった相手がいるのかどうかで意味が異なります。恋人がいない場合は、昔好きだった人にまだ未練がある事を意味します。エッチやセックスの夢は、夢占いにおいては性的願望や欲求、好奇心や生命力の高まりを象徴していますが、この場合は好きだった人への未練の他にも、性的欲求が高まっている事を暗示しています。未練から新しい恋愛へ踏み出す事に躊躇していますが、寂しさから人恋しい気持ちが強くなってるようです。危険な誘惑にのりやすい暗示もあるので注意しましょう。

恋人がいる場合は性的な意味を含め、今の恋人に不満がある事を表しています。相手の言動や行動に対して不満があるのか、または「もっと自分に構って欲しい」「もっと自分の事を理解して欲しい」という気持ちがあるのかもしれません。ですがどんなに近しい関係でも、言葉にしなくては伝わらない事はたくさんあります。相手の気持ちや立場に配慮する事は大切ですが、時には自分の素直な気持ちを伝える事も必要だと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味11:プレゼントをもらう・あげる

好きだった人にプレゼントをもらう・またはあげる夢占いは、あなたが恋愛に対して積極的になっている事を意味します。夢占いにおいてプレゼントは、恋愛や人間関係、愛情を象徴しています。ゆえに好きだった人にプレゼントする、またはもらう夢占いはあなたが今の人間関係を良くしようとしている事を意味し、良好な人間関係の構築のために積極的に行動している暗示と解釈されます。

この人間関係への積極性には、恋愛に関する積極性も含まれています。そしてこの夢占いの場合、好きだった人は恋愛運の上昇を暗示します。というのも、この夢に出てくる好きだった人は本人ではなく、あなたが現実で頻繁に会っている人、つまりあなたの恋の相手となる可能性がある人物の代役と解釈されるからです。気になる相手がいるのなら、積極的にアプローチしてみましょう。もちろん、相手の立場や気持ちに配慮する事も忘れないでくださいね。

夢占い好きだった人の意味12:告白される

好きだった人に告白される夢占いは、あなたが好きだった人といつ別れたのかで意味が異なります。好きだった人と別れて間もない時期だったなら「こうなれば良いのに」「できる事ならよりを戻したい」という、あなたの好きだった人への未練と、失恋で傷ついた心が見せた願望夢と解釈されます。夢占い的に深い意味はありません。

反対に、好きだった人と別れてかなりの時間が経過していたのなら、新しい恋の始まりを暗示する夢占いと解釈されます。特に夢で告白してきた人が、あなたが片思いしていた相手だったなら、恋愛運上昇を表しています。

夢占い好きだった人の意味13:再会する

好きだった人と再会する夢占いは、好きだった人に再会した際、あなたが相手にどんな印象を抱いたかによって意味が異なります。

好きだった人に再会した際、良い印象を持ったのなら、あなたが現状に不満を持っている事を意味します。現在の人間関係や恋愛関係、恋人がいる場合は恋人に対して不満やストレスを抱えている暗示です。好きだった人は夢占いにおいては理想の異性像や未練などを象徴し、現状への不満から、過去の恋愛を懐かしむ気持ちを表しています。特に好きだった人が笑顔で表れた場合は、あなたが心身共に疲弊している事を暗示しているので注意が必要です。

反対に良くない印象を抱いたのなら、恋愛運の上昇を意味し、新しい恋の始まりや、恋人がいる場合は今の恋人との関係の進展を暗示する吉夢と解釈されます。

なお、好きだった人と別れてそんなに時間がたってない場合は、相手への未練が夢に表れたものと診断される事があります。この場合、夢占い的には深い意味はありません。

夢占い好きだった人の意味14:会えない

昔好きだった人に会えない夢占いは、あなたが未だに好きだった人に強い未練がある事を意味します。過去の恋愛に引きずられるあまり、好きな人ができても「また失敗してしまったらどうしよう」と、不安のほうが先に立ってしまい、新たな恋に踏み出せない状態を暗示しています。

理想的な相手が見つかる、好意を持った相手のほうから告白してくるなど、絶好の恋のチャンスが訪れても、不安な気持ちが強過ぎてチャンスを逃してしまう可能性が高いでしょう。好きだった人への未練や過去の恋愛経験が、あなたを臆病にしてしまっているようです。でも、それではいつまでたっても成長する事ができません。「過去にばかり目を向けるのを止めて、現在とその先の未来に目を向けるように」と夢占いは教えています。

ちなみにこの夢占いの好きだった人は、元彼である事が多い傾向があります。その場合、既に元彼には新しい恋人がいる可能性を暗示しています。そのため、夢の中でもあなたに会えないと解釈されます。この意味でも「新しい恋愛へ進むように」と、あなたを促す夢占いであると言えるでしょう。

夢占い好きだった人の意味15:家の夢

好きだった人と家にいる夢占いは、あなたが孤独感に苛まれている現状を意味します。夢占いで好きだった人は、現在の恋愛関係に対する不満や理想と現実のギャップを象徴し、家はあなた自身の身体と心、運気、生活基盤などを象徴しています。家の状態も夢占いの解釈に影響します。特に家が一人暮らしの自分の部屋だったなら、孤独で寂しい気持ちが強くなっている暗示です。

また、恋人がいない場合は恋人が欲しい願望が強く、いる場合は今の恋人への不満が強くなっている暗示と解釈されます。

夢占い好きだった人の意味16:怒られる夢

好きだった人に怒られる夢占いは、あなたが今の恋愛関係において、愛情不足を感じている事を意味します。夢占いにおいて怒られる夢は、相手から愛情をもらえる、またはあなたが愛情を求めている気持ちを象徴しています。そして、おそらく今は会う事もない昔好きだった人があなたを怒るのは、あなたが愛情に飢え、誰かに甘えたい、甘やかされたいという気持ちが強くなっている状態を暗示する夢と解釈されます。

現在恋人がいる場合は、もっと相手に甘えたいという願望がある事を表しています。好きな人に甘えたいと思うのは自然な感情ですが、一方的に甘えてばかりでは相手に大きな負担をかけてしまいます。相手の気持ちも考えましょうね。

なお、この夢占いには別の意味もあり、人によっては夢や技術、資格など、新しい何かを手に入れたくなっている欲求が強まっている暗示と解釈される場合もあります。この場合は、あえて自分に活を入れるために、好きだった人に夢に登場してもらったと考えられます。

夢占い好きだった人の意味17:追いかける夢

好きだった人を追いかける夢占いは、あなたが好きだった人に強い未練を残している事を意味します。夢占いにおいて何かを追いかける夢は、求めているものを得ようと必死になっている様子や、目標を達成しようとする意欲、または求めているものが得られず欲求不満になる事を暗示しています。好きだった人は過去の恋愛や当時の相手への未練を暗示しているので、過去の恋愛への未練から、復縁したいと願っている事を暗示する夢占いと解釈されます。

この夢占いは、好きだった人に追いついたかどうかで解釈が異なります。追いついたなら復縁する可能性がある事を表し、途中で相手を見失ったなら、相手への未練はあなたにとってマイナスにしかならない事を表す夢と解釈されます。いつまでも過去の恋愛にしがみついている事で新しい恋愛のチャンスばかりか、自分の運気までも下げてしまっている暗示です。辛くても、未練を断ち切るように努力しようと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味18:同級生

好きだった人の夢占いで、夢に出てきた好きだった人があなたの同級生だった場合は、その人とあなたの現実での関係性で意味が変わります。

同級生とあなたが実際に付き合っていたのなら、あなたが新しい恋愛に対して積極的になっている事を意味します。好きだった人の夢は、シチュエーションによっては恋愛運上昇を暗示する夢占いとなりますが、この夢がまさにそれ。新しい相手を探そうと、恋愛に前向きなあなたの姿勢を応援する夢占いです。

反対に、同級生とは何もなかったのなら、恋愛したいという気持ちがあっても、「どうせうまくいかない」と最初から諦めている、または恋愛に消極的である事を暗示しています。

夢占いにおいて好きだった人には、過去の恋愛に囚われている状態という意味があります。好きだった同級生への想いが叶わなかった過去が、新しい恋愛へ踏み出す勇気を失わせているのでしょう。もうそろそろ、過去の恋愛から脱却して、新しい恋の相手を探してはどうか、と夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味19:外国人

人によっては、昔好きだった人が日本人ではなかったという事もあるでしょう。夢に出てきた好きだった人が外国人だった夢占いは、あなたが良縁に恵まれる可能性を意味し、恋愛運上昇を暗示しています。特に相手が金髪の西欧人だったなら、あなたに大きな幸運が舞い込む暗示と解釈されます。

好きだった人の夢占いは、シチュエーションによっては恋愛運上昇を暗示する場合がありますが、この夢もその1つという事です。なお、この夢占いには恋愛運だけではなく、仕事運など他の運気も上昇する暗示があります。仕事やプライベートなど、恋愛以外でも幸運が舞い込むかもしれませんので、期待して待ちましょう。

夢占い好きだった人の意味20:片思いで終わった人の夢

昔好きだった人で片思いで終わった人の夢占いは、あなたの恋愛運上昇を意味する吉夢です。新しい恋の相手との出会いや、好きな人との関係が進展するなど、恋愛面で良い事が怒る可能性が高いでしょう。

この夢占いの大きな特徴として、好きだった人がどんな年齢で出てきても、解釈が変わらない点が挙げられます。「好きだった人・初恋の人の夢占い」で紹介したように、好きだった人の夢は、相手の姿が当時の若いままか、相応に年を取っていたのかによって夢占いの意味が異なる事が多いのです。

ですが「好きだった人・片思いで終わった人の夢占い」の場合は、どんな姿で出てきても、恋愛運上昇を暗示する夢占いに変わりありません。安心して見られる夢とも言えるでしょう。

夢占い好きだった人の意味21:同性

同性で好きだった人の夢占いの意味は少し特殊です。というのも、あなたに何かが起こる事を意味するものではなく、夢に出てきた相手のほうに何かが起こっている事を意味する夢占いと解釈されるからです。

なお、「同性で好きだった人」と言っても恋愛対象という訳ではありません。前にも少し触れましたが、好きだった人の夢占いが示す「好きだった人」とは、実際にあなたが交際していた人だけではなく、片思いで終わった人や、恋愛感情ではないけど好きだった人も該当します。親戚の人や、近所でお世話になったお兄さんやお姉さんなど、思い当たる人がいるのではないでしょうか。

そんな同性で好きだった人が夢に出てきた場合、夢占いではその人が非常に寂しい状況になっている、または非常に苦しい状況に追い込まれている可能性を意味します。冷静に相手の近況を探りつつ、連絡を取ってみたほうが良いかもしれません。

夢占い好きだった人の意味22:車

好きだった人が車に乗って現れる夢占いは、基本的にはあなたが未だに相手に未練がある事、または過去の恋愛に囚われている状態を意味します。特に好きだった人と別れて間もない時期にこの夢を見たのなら、未練の度合いが強い事を暗示しています。

また、夢占いにおいて車はその圧倒的スピードから、勢いや自信、そしてセックスの象徴とされています。よって好きだった人に対して、あなたが未だに性的な魅力を感じている事を暗示する夢占いとも言えるでしょう。

なお、この夢で好きだった人が乗っていた車は、あなたが現実で好きだった人に抱いていた印象を意味します。車が派手なものだったなら、好きだった人は自信家で華やかな人物、地味な車なら朴訥な人物だった事を暗示しています。

また、この夢占いは、夢の中の状況で解釈が異なります。好きだった人と車でドライブする夢占いについては、下記をご覧ください。

夢占い好きだった人の意味23:ドライブする

好きだった人と一緒にドライブする夢占いは、あなたが一緒に乗っている相手と復縁できる可能性を意味します。夢占いにおいて、ドライブする夢は現実に対する満足感や成功、次のステップへと繋がる前進を暗示し、一緒に乗る人は人生を共にする、もしくは大きく影響する人を暗示しています。そして好きだった人の夢は、相手への未練や過去の恋愛を引きずっている現状の象徴です。ゆえにこの夢占いは、あなただけではなく、相手もあなたともう一度付き合いたいと思っている可能性を暗示するものと解釈されます。

ただし、これは好きだった人が運転手だった場合の解釈です。あなたが車を運転していた場合は、あなたが相手との関係を修復するために試行錯誤している暗示と解釈されます。車の夢占いは、誰がどの席に座っていたかで意味がかなり異なってくるので注意が必要です。

夢占い好きだった人の意味24:結婚する

好きだった人と結婚する夢占いは、あなたが現在の恋愛関係や今の相手に不満を持っている事を意味します。現状への不満から、昔の恋愛や当時好きだった人の事を懐かしむ気持ちが夢に表れたものと解釈されます。

夢占いにおいて、好きだった人は理想の異性像や過去への未練の象徴です。ゆえに、好きだった人への想いをまだ忘れていない暗示と解釈される場合もあります。特に夢に出てきた人が、告白もできずに終わった相手だったなら、「あの時告白していれば」という気持ちが心のどこかにあるのかもしれませんね。

この夢占いには別の意味もあり、人によっては結婚願望の高まりや恋愛観の安定を暗示する夢と解釈される場合があります。特に夢から覚めた時に幸せな気持ちになれたなら、あなたの精神状態が安定していて、恋愛も順調に進む暗示と解釈されます。

夢占い好きだった人の意味25:恋人がいる・できる

好きだった人に恋人がいる、またはできる夢占いは、あなたが昔好きだった人が、誰かに取られていないか気にしている事を意味します。もっと正確に言うと、あなたの中に「好きだった人だけが新しい恋人と幸せになって、自分は取り残されてしまうのではないか」という不安な気持ちがある事を暗示しています。今のあなたは未だに過去の恋愛を引きずっていて、新しい恋の相手を探すような状態ではないのでしょう。そのため、他人の幸福を喜べない心境にある事を夢占いは教えています。

ただし、夢の中であなたが好きだった人に恋人ができた事を素直に喜んでいたのなら、この夢占いの解釈は全く違ったものとなります。この場合は恋愛運上昇を暗示し、恋愛面で良い報せが舞い込む可能性が高い事を表す吉夢と解釈されます。他人の幸福を喜べる優しい心が幸福を引き寄せる点は、夢の世界も現実世界も変わらないようですね。

夢占い好きだった人の意味26:探す夢

好きだった人を探す夢占いは、あなたが昔のような恋愛をしたいと思っている事を意味します。夢占いにおいて、探すという行為は欲しいものを手に入れたいと切望している事を暗示しています。よって好きだった人を探す夢は、あなたが昔のような恋愛をしたいと願う気持ちを暗示する夢占いと解釈されるのです。

ただし、これは裏を返せば、あなたが昔の恋愛を理想としていて、現実の恋愛関係や今の相手に不満を感じている事を意味します。恋人がいない場合は、過去の恋愛を美化し、恋愛に関する理想も高過ぎる事を暗示しています。

どちらも過去や理想にこだわるあまり、現実を見ていない危うい状態である点は共通しています。何よりも過去と現在では、年齢も置かれている状況も違います。その現実に目を瞑り、過去と理想を追っているばかりでは、良縁も本当に大切なものも見落としてしまうでしょう。過去と現在を比較せずに行動する必要がある事を夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味27:誘われる夢

好きだった人に誘われる夢占いは、あなたが現在の恋愛関係に不満がある事を意味します。夢占いにおいて好きだった人は、理想の異性像や過去の恋愛に囚われた状態、そして単純に未練を暗示する場合もあります。特に決まった相手がいる場合は相手への不満から、好きだった人が理想の異性像として夢に出ていると解釈されます。

反対に恋人がいない場合は、良い出会いがない事への不満を暗示する夢占いとなります。この場合は、良縁に恵まれない現状を嘆き、過去の恋愛や好きだった人との良き思い出を懐かしむ気持ちが夢に表れたと解釈されます。

過去を懐かしむ気持ちは誰にだってあります。特に現状に不満があるのなら無理もないでしょう。ですがこの時、自分自身にも問題はなかったか、改善すべき点はないか振り返ってみる事も重要です。特に恋人がいる人は、相手への不満を溜め込む前に、互いに理解し合うために話しあったり、コミュニケーションをもっと取る事をおすすめします。

夢占い好きだった人の意味28:避ける夢

好きだった人を避ける夢占いは、あなたが好きだった人との別れ方や、その後の関係に後味の悪さを感じている可能性を意味します。夢占いにおいて人や物を避ける行為は、都合の悪い事や面倒事から目を背けている事や、偏ったものの見方や考え方から誤った判断をしている暗示です。

そして好きだった人の夢占いは、過去の恋愛に囚われた感情や、当時の相手への未練を象徴する事から、あなたが過去の恋愛や好きだった人に未だに固執し、好きだった人と別れた現実をきちんと受け止められていない状態を暗示しています。後味の悪さは後悔と、未だに恋心を断ち切れず、うまく気持ちを整理できない自分への苛立ちから来ているのかもしれません。

過去を振り返るのは悪い事ではありませんが、自分を悩ませ、歩みを止めてしまうのでは本末転倒です。そろそろ過去は過去と割り切り、次の恋愛へと進む準備に入るように、と夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味29:手をつなぐ夢

好きだった人と手をつなぐ夢占いは、基本的には好きだった人への愛情や信頼関係を意味します。夢占いにおいて手をつなぐ夢は愛情や信頼、コミュニケーションなどを象徴しています。ちなみに、つないだ手が温かかったなら相手への信頼が深い暗示です。よって、好きだった人と手をつなぐ夢も、恋愛の相手としてだけではなく、友人としても信頼できる相手である事を暗示する夢占いと解釈されます。

ただし、好きだった人の夢占いには、好きだった人への未練という意味があるため、人によっては好きだった人と、その後の関係に未練や後悔がある事を暗示する夢と解釈される場合があります。今のあなたは過去の恋愛に未練を残すあまり、現状に不満があるのかもしれません。好きだった人と復縁するのか、それとも諦めて次の恋を探すのか。どちらの道を取るのかはあなたの自由です。とにかく気持ちを切り替えて前へ進むようにと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味30:怖いと思う夢

好きだった人を怖いと思う夢占いは、あなたが今の相手に対して罪悪感を抱いている事を意味します。結論から言うとこの罪悪感の正体は、好きだった人への未練と今の相手への不満です。夢占いにおいて好きだった人の夢は、過去の恋愛に囚われた状態と未練、現在の恋愛関係や恋人への不満を象徴しています。

あなたは昔好きだった人にまだ未練がある事と今の相手への不満から、「今の恋人よりも昔好きだった人のほうが良かったのではないか」と考えてしまう事があるのではないでしょうか? そしてそんな考えが浮かぶたびに、今の相手に対して罪悪感を抱いてしまうのでしょう。

このような状態が続くようでは、いつか相手にも気づかれてしまい、そこから交際がうまくいかなくなるかもしれません。実際にこの夢占いは、今の恋人と仲違いする可能性を暗示しています。罪悪感を抱いてしまうのは、不満があってもあなたが今の相手を好きだと言う証拠でもあります。今の内に相手と話し合って、互いの理解を深めていきましょう。

なお、この夢占いには別の意味もあり、昔好きだった人のほうが、あなたに未練を残している暗示と解釈される場合があります。夢の世界は無意識の世界、潜在意識の世界と言われています。潜在意識とは、非常に深いところで他の人と繋がっていると言われている神秘の世界です。その事からあなた自身の意識ではなく、あなたに関わる人の意識を表したり、予知夢と言われる不思議な現象を起こしたりする事もあります。

この夢占いも人によっては、他人の想いをあなたに伝える不思議な夢と解釈される訳です。ただし、潜在意識は無意識の世界なので、相手のほうも自覚していない可能性があります。ゆえに藪を突くような事はせず、スルーしておくのが賢明だと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味31:逃げる夢

好きだった人から逃げる夢占いは、あなたが過去の恋愛に未だに囚われている状態を意味します。そしてそれが原因で、新しい恋の相手を探す事もできない状態が続いている事を暗示しています。

好きだった人の夢は、夢占いにおいては、昔好きだった人への未練や過去の恋愛に囚われている状態の象徴です。この夢にはそのまま当てはまっていますね。ですが、好きだった人から逃げるという行為は、少なくともあなたの中には「このままでは駄目だ」という気持ちがある事を表しています。

今のあなたに必要なのは、過去にけじめをつける勇気である事を夢占いは教えています。思いきって好きだった人に会い、気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。どんな結果が出ても、自分の中ではっきりと決着をつける事ができれば、新しい一歩を踏み出す事ができるかもしれません。

夢占い好きだった人の意味32:怒る・喧嘩する夢

好きだった人に怒る、または好きだった人と喧嘩する夢占いは、あなたが過去の恋愛に未練はない事を意味します。好きだった人を相手に怒ったり、喧嘩する夢というとあまり良くないイメージがありますが、夢占いにおいては逆夢で、今の恋愛がうまくいく事を暗示しています。

既にあなたの中では過去の恋愛と完全に決別ができているため、今の恋愛を楽しみ、充実した日々を送っている事を表す夢占いです。恋愛運など運気も上昇しているので積極的に行動すると、さらに良い運気を呼び込む事ができるでしょう。

夢占い好きだった人の意味33:死ぬ夢

好きだった人が死ぬ夢占いは、恋愛面で素敵な出会いがある可能性を意味します。死ぬ夢というと不吉なイメージがありますが、夢占いにおいては復活や再生を暗示する吉夢です。そして好きだった人の夢は過去の恋愛や当時の相手に対する未練や後悔などを象徴しています。

よって好きだった人が死ぬ夢は、あなたが過去の恋愛と完全に決別し、新たな恋愛関係を築ける可能性を暗示する夢占いと解釈されます。特に恋人がいない人の場合は、素敵な恋のチャンスが近づいている事を表す吉夢と言えるでしょう。ぜひともチャンスをものにして、素敵な恋愛をしてくださいね。

ただし、この夢占いは、既に恋人がいる人にも出会いのチャンスがある事を暗示しています。本来は喜ぶべき出会いが、思わぬ恋愛トラブルにしかねないので注意が必要です。また、今の恋人との関係が悪くなっている時にこの夢を見たのなら、絆の復活を意味する夢占いと診断される場合があります。

夢占い好きだった人の意味34:写真

好きだった人の写真を見る夢占いは、その人があなたの今後の恋愛関係に関わってくる可能性を意味します。なお、この夢占いの解釈は、写真の中の好きだった人の表情によって変わってきます。

好きだった人が笑顔で、一人で写っている写真だったなら、あなたが未だに過去の恋愛と当時の相手に未練がある事を暗示しています。もしかしたら未練を引きずるあまり、新しい恋愛を始める気にもならない状態なのではないでしょうか? 辛いでしょうが、新たな人生の一歩を踏み出すために、好きだった人への未練を断ち切る努力をしようと夢占いは教えています。

好きだった人が真顔で正面を見ている写真だったなら、相手のほうがあなたに未練がある事を暗示する夢と解釈されます。最悪の場合、相手がつきまといなどのストーカー犯罪に走る可能性を暗示している警告夢なので注意が必要です。

好きだった人とあなたが一緒に写っている写真だったなら、あなたと相手の両方が未練を持っている可能性が高いという暗示です。復縁を望んでいるのなら、一度連絡を取ってみてはいかがでしょうか。もしも復縁が叶った場合は、過去の付き合いを思い出して、お互いに改善すべき点があれば一緒に直していきましょうね。

夢占い好きだった人の意味35:食事する

好きだった人と食事する夢占いは、その時のあなたの気分と料理の状態で意味が変わります。好きだった人との食事が楽しかったなら、あなたの恋愛運の上昇を暗示しています。既に新しい恋人がいる場合は、相手との絆が深まり、関係が順調に進展する事を暗示し、恋人がいない場合は、近い内に素敵な出会いが訪れる可能性を暗示する夢占いと解釈されます。

なお、料理が温かかったなら、友人や知人など周囲の人間関係を大切にすると、さらに恋愛運が上昇するでしょう。

反対に好きだった人との食事が楽しくなかったなら、現状に不満が多く、恋愛運も下降している事を意味します。料理が冷たかったなら、運気の下降など良くない兆候がさらに高まる暗示なので注意が必要です。

夢占いにおいて、好きだった人の夢は過去の恋愛への未練を暗示する場合が多いため、上記の「好きだった人とデートする夢占い」のように、楽しく過ごす夢は良くない意味を持つ夢と解釈される場合がほとんどです。ですが、この夢占いに関しては楽しく過ごすほうが吉夢と解釈されるので注意しましょう。

夢占い好きだった人の意味36:すれ違う夢

好きだった人とすれ違う夢占いは、基本的には恋愛運上昇を意味し、近い将来、新しい出会いがある事を暗示しています。対照的に夢の中ですれ違った好きだった人は、あなたから離れていく可能性があります。

夢占いにおいて誰かとすれ違う夢は、すれ違った人物があなたに何らかの影響を与える可能性、もしくはあなたとすれ違った人物との意思疎通ができていない、関係性の破綻を暗示するとされているからです。好きだった人とすれ違う夢の場合は、あなたの中で好きだった人の存在が薄くなっている事を表している夢占いであるとも言えます。

夢占い好きだった人の意味37:好かれる夢

好きだった人に好かれる夢占いは、あなたが現実でも異性から好かれたい、愛されたいと思っている事を意味します。既に相手がいる場合は、相手からもっと愛されたいと思う気持ちが強まっている事を暗示する夢占いと解釈されます。

恋人がいる人が昔好きだった人の夢を見た場合は、夢占いでは今の恋人に不満がある事を暗示する場合が多いとされています。もしかしたら、最近多忙だったりして恋人になかなか会えず、寂しい思いをしているのかもしれませんね。

好かれる夢は運気の上昇を意味する事が多く、異性から好かれる夢占いは、基本的には恋愛運上昇を意味します。好きだった人に好かれる夢占いも、恋愛運上昇を暗示する場合があるので、所謂モテ期が来る可能性を暗示するものと解釈される事もあります。恋人がいない人にとっては素敵な恋人を得るチャンスといえるでしょう。ただし、調子に乗って一度に複数の人と付き合ったり、既に恋人がいるのに浮気なんて事態にならないようにしましょうね。

夢占い好きだった人の意味38:付き合う夢

好きだった人と付き合う夢占いは、あなたが理想的な恋愛をしたい、もしくは理想的な相手と付き合いたいという願望を持っている事を意味します。夢占いにおいて好きだった人の夢は、理想の異性像を象徴しています。特に初恋の人のようにかなり昔に好きだった人や、長い間会っていない人の場合は、かなり美化された形で夢に出てくる可能性が高いです。ゆえに好きだった人と付き合う夢占いは、あなたが理想的な相手との恋愛を夢見ている暗示と解釈されます。

この夢占いは、あなたの現状で少し意味が変わります。恋人がいない場合は寂しさから昔の恋人を懐かしみ、理想的恋愛を夢見る気持ちを暗示し、恋人がいる場合は今の恋人に不満があり、昔好きだった人との恋愛を懐かしむ気持ちの暗示と解釈されます。どちらも過去の恋愛を理想化し、高望みし過ぎている傾向があるので注意しましょう。理想を持つのは良いのですが、あまり現実を軽視していると良縁や幸運を逃してしまうので気をつけてくださいね。

夢占い好きだった人の意味39:泣く夢

好きだった人が泣く夢占いは、あなたの恋愛での悩みや不安が解決する可能性を意味します。夢占いにおいて、誰かが泣く夢は感情やストレスの解放を暗示し、泣いている誰かは、あなた自身を反映したものと解釈される場合があります。

ゆえに、好きだった人が泣く夢は、主に恋愛面での悩み事や不安が解決される暗示となります。また、好きだった人は夢占いでは恋愛運上昇の暗示とされる場合もあるので、悩み事や不安が解消された後は、恋愛関係で何か進展があるかもしれません。特に恋の相手がなかなか見つからなかったり、恋人がいても喧嘩をして気まずくなっていたりと、現在恋愛関係がうまくいっていない人の場合は、今後事態が好転する可能性を表しているので、前向きにとらえましょう。

この夢占いには別の意味もあり、人によっては、昔好きだった人が何かに悩み苦しんでいる事を伝える予知夢と解釈される場合があります。その人について良くない噂があなたの耳に届く事もあるかもしれません。

夢占い好きだった人の意味40:寝る夢

好きだった人と添い寝する夢占いは、あなたが好きだった人に強い未練を残している事を意味します。夢占いにおいて添い寝する夢は、あなたが寂しさを感じている事を暗示し、特に恋愛面で寂しさを感じている時に、この夢を見る事が多いと言われています。

なお、この夢占いは、あなたと好きだった人との関係で意味が変わります。好きだった人が片思いで終わった相手の場合は、あなたが片思いで終わった過去の恋愛を後悔している事を暗示しています。現在のあなたは出会いがないなど寂しい想いをしているのかもしれません。「あの時告白して両想いになっていれば、今こんな寂しい思いをしていなかったかもしれない」と、片思いで終わった恋愛を悔やむ気持ちが表れた夢占いと解釈されます。

好きだった人が元彼など過去に交際していた人だったなら、あなたが今は一緒にいられない寂しさを感じている事を意味します。好きだった人への未練も強く、叶うなら復縁したいと思っている気持ちも暗示しています。気持ちを無理に抑え込んでいると、かえって精神状態に悪影響を及ぼしてしまいます。自分の気持ちを素直に認め、復縁したいなら復縁に向けて努力して見ましょう。もちろん、相手の気持ちや立場に配慮するのを忘れない事が前提です。

夢占い好きだった人の意味41:一緒にいて楽しい夢

好きだった人と一緒にいて楽しい、または好きだった人と楽しく過ごす夢占いは、あなたが望み通りの恋をしていない現状を意味します。夢占いにおいて、好きだった人の夢は理想の異性像や現在の恋愛関係や今の相手への不平不満を象徴しています。よって、好きだった人と一緒に楽しく過ごす夢は、あなたが現在の恋愛関係に不満を感じている事を暗示する夢占いと解釈されます。

この夢占いは逆に言えば、あなたの理想が高過ぎて現実を見ていない事を表しています。レベルが高過ぎて到底手の届かない相手や、既に恋人や配偶者がいる相手に片思いをしたりと、恋愛成就する可能性がほとんどない異性ばかりに目がいってませんか? ない物ねだりは止めて、もう少し現実味のある恋愛をするようにと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味42:冷たいと感じる夢

好きだった人に冷たくされる、または好きだった人の態度が冷たいと感じる夢占いは、あなたが今の恋人に対して不安を持っている事を意味します。夢占いにおいて、好きだった人は本人ではなく、今の恋人への不満や不安をいった感情の象徴として出てくる場合があります。好きだった人に冷たくされる夢占いも、あなたが今の相手から「冷たくされるのではないか」「愛想をつかされるのではないか」と不安に思っている事を暗示しています。

交際を続けている中で、不安にかられてしまう事があるのは仕方ないでしょう。ですがいつまでも不安を抱えていると、相手に気持ちを察知されて、本当に気まずい関係になってしまいかねません。実際にこの夢占いは、恋愛トラブルが発生する可能性も暗示しています。あなたの気持ちを素直に伝えて、相手の気持ちも聞いてあげてください。互いの気持ちや本音をきちんと受け止めあって、理解を深めていく事でトラブルも回避できるでしょう。

夢占い好きだった人の意味43:今も愛している夢

好きだった人を今でも愛している夢占いは、あなたが今の恋人に対して「もっと愛して欲しい」と思っている事を意味します。「好きだった人を今でも愛している」というシチュエーションから、今も好きだった人に未練があるのだろうかと思うかもしれませんが、夢占いでは今の相手を愛しているからこそ、もっと愛されたい、愛して欲しいと願っている事を暗示する夢と解釈されます。

好きだった人の夢占いは、今の恋愛関係や恋人に対しての不満を表します。「もっと愛して欲しい」と望むのは、現実での扱われ方に不満があるという事です。ですが、この夢は夢占いでは逆夢の1種と解釈されるので、相手もまたあなたの事をちゃんと愛している事を暗示しています。

あなたは自分が愛されたい願望が強過ぎて、相手の気持ちが見えなくなっているなんて事はありませんか? 相手の気持ちも汲みとって、大人の行動をとるようにと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味44:香水の夢

好きだった人と香水を買いにいく夢占いは、あなたが今の相手に魅力的と思われたい事を意味します。夢占いにおいて香水は性的魅力や自己アピールを象徴し、香水を買いにいく夢はあなたの性的魅力、または異性や恋人へのアピール力が不足している事を暗示しています。

そして好きだった人と一緒に香水を買いにいくという行動は、夢占いでは自分に魅力が不足している事から、今の恋人に愛想をつかされるのではないかと不安に思っている気持ちの表れです。好きだった人は夢占いでは今の恋愛関係や恋人への不満や不安を暗示している場合があります。ゆえにこの夢占いは、あなたが今の恋人、いない場合は意中の異性や片思い中の相手に魅力的に思われたい気持ちを暗示する夢と解釈されるのです。

現実でもお洒落や容姿を磨く努力をしてみたり、内面を充実させるために色んな本を読んだり、話術を磨いたりと色々とチャレンジしてみましょう。相手もきっと、あなたの努力に気づいてくれますよ。

まとめ

好きだった人の夢占いについて色々と見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

初恋の人や憧れの先輩や先生、憧れた同性も該当する好きだった人の夢占いは、シチュエーション次第で意味も解釈も変化する事が多い夢です。あまり良い内容でなくても、実は良い意味の夢だったり、その逆だったりという例もあります。どんな夢を見ても冷静に正確な意味を読み取って、今後に活用してくださいね。以上、夢占い好きだった人の記事でした。

最後まで拝読いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク