【夢占い】好きだった人の意味44選!話す・会う・抱きしめられる・電話するなど

夢占い好きだった人の記事へようこそ。初恋の相手や昔付き合っていた人など、好きだった人が夢に出てきたら、あなたはどう思うのでしょうか? 当時の事を思い出して、何とも甘酸っぱい気持ちになるのでしょうか。それとも「まだ未練があるのだろうか」と複雑な気持ちになるのでしょうか。いずれにせよ、好きだった人が夢に出てきたら、色々と気になると思います。

では好きだった人が夢に出てきた場合、夢占いではどのような意味を持つ夢と解釈されるのでしょうか? 今回は好きだった人の夢占いの基本的な意味や、シチュエーション別の解釈など、色々と紹介します。

Contents

夢占い好きだった人の意味

まずは好きだった人の夢占いの基本的な意味から紹介します。

好きだった人の夢占いの基本的な意味は、下記の2つです。

夢占いで好きだった人は恋愛観を意味する

好きだった人の夢占いの基本的な意味の1つ目は『あなたの恋愛観の原点』です。あなたにとっての理想の異性像や、「こんな相手と恋愛したい」という願望を表しています。

「好きだった人」と言われると、元彼やモトカノといった、昔お付き合いしていた人を思い浮かべる方は多いかもしれませんが、夢占いでは初恋の相手、憧れていた先生や先輩、好意を持っていたけど、お付き合いするまでには至らなかった、または片思いで終わった相手も含まれます。

初恋の相手や憧れていた異性とは、あなたの理想が多分に投影された存在であり、夢占いでも本人ではなく、理想の異性像の象徴として解釈される事がほとんどです。現在の恋愛に対して悩みを抱えている方や、今の恋人に不満がある方も、昔好きだった人の夢を見る事が多いと言われています。

夢占いで好きだった人は未練を意味する

好きだった人の夢占いの基本的な意味の2つ目は『未練』『過去の恋愛に関する囚われた感情』です。過去の恋愛を美化するあまり、新しい恋を探すのに消極的である事を意味します。過去の記憶が美化される事は珍しくありませんし、まして好きだった人の事は、よほど嫌な思い出がない限りは、悪く思いたくないでしょう。ですが、いつまでも過去の思い出に浸って立ち止まったままでは何も始まりません。そろそろ新たな一歩を踏みだそう、と夢占いは教えています。

既に新しい相手がいる人が昔好きだった人の夢を見る場合は、今の相手に不満がある事を暗示しています。今の相手への不平や不満から「好きだった人と交際を続けていれば、こんな思いはしなかったかもしれない」と、あなたは心のどこかで思っているのかもしれません。その思いが夢に表れたものと解釈されます。

それではここから、シチュエーション別の好きだった人の夢占いを見ていきましょう。

夢占い好きだった人の意味2:話す

好きだった人と仲良く話す夢占いは、あなたがその人に未練を残している事を意味します。自分自身では既に未練を断ち切っているつもりでも、心のどこかで「好きだった人と、またこんな風に楽しく話ができればいいな」という気持ちが残っているのかもしれません。今、あなたは新しい恋愛へ踏み出せていますか? 既に過去のものと割り切っているのなら、新しい相手を探すのにも躊躇しないはずです。

自分の気持ちを今一度見つめ直し、未練があるのなら素直に認めるように、と夢占いは教えています。昔好きだった人に未練がある事自体は決して恥ずかしいものではありません。素直に認めて正面から向き合いましょう。

既に新しい相手がいる場合は、ただ昔の恋を懐かしんでいる事を暗示する夢占いと解釈されます。現実で相手を見つけているという事は、過去の恋愛に未練がない事を表しているからです。ただし、恋人がいる人が昔好きだった人の夢を見る場合、夢占いでは今の恋人に不平不満がある暗示とされています。心当たりがあれば、信頼できる友人に相談したり、思い切って恋人と話し合うなど、早い内に不満を解消するように行動する事をおすすめします。

夢占い好きだった人の意味3:会う

好きだった人に会う夢占いは、あなたが好きだった人に会った時、どんな印象を抱いたかで意味が異なります。好きだった人と会った時、良い印象を抱いたのなら、あなたが現実の恋愛関係に不満を持っていることを意味します。なかなか良い相手が見つからなかったり、既に恋人がいる場合は、恋人との関係が、思うように進んでないのではないのでしょうか?

夢占いにおいて、好きだった人は理想の異性像の象徴です。ゆえに、現実の恋愛関係を煩わしく思い、過去の恋愛を懐かしむ気持ちが表れたものと解釈されます。

反対に好きだった人と会って、あまり良い印象を抱かなかった場合は、あなたが現在の恋愛関係に満足している事を意味します。過去の恋愛と完全に決別して未練もない事を暗示し、恋人がいる場合は、今の恋人をとても大切に思っている事を表しています。そのまま今の幸福を大切にしましょうね。そしてより幸福な未来へと進んでいくようにと夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味4:抱きしめられる

好きだった人に抱きしめられる夢占いは、あなたの現状、もっと正確に言えば恋人がいるかどうかで意味が異なります。あなたに決まった相手がいない場合は、あなたが昔の恋愛を忘れられず、今でも好きだった人に抱きしめて欲しいと思っている事を暗示しています。しばらくは新しい恋愛を始める気持ちにはなれないのかもしれませんね。

反対に恋人がいる場合は、あなたが今の恋人にもっと構って欲しいと思っている事を意味します。夢占いにおいて好きだった人が出てくる夢は、今の恋人への不満の暗示と解釈される場合があります。もしかしたら相手の都合なども考えて、寂しくても我慢してるのかもしれませんね。相手の都合や立場を考えるのは大切な事ですが、我慢し過ぎるのも問題です。時には気持ちをちゃんと伝える事も、恋人同士の絆を深めるために必要と夢占いは教えています。

夢占い好きだった人の意味5:電話する

好きだった人に電話する夢占いは、あなたが人と繋がっていたい、周囲の人達に認められたいと願っている事を意味します。夢占いにおいて電話は心と心の繋がりや周囲との人間関係を象徴しています。もしかしたら好きだった人と別れた寂しさから、まだ立ち直れていないのかもしれませんね。

また、好きだった人との電話が良い印象なら、悩みから解放される日が近い暗示、良くない印象だったなら、しばらく悩み事やトラブルが続く事を暗示しています。恋愛運など運気が下がっている暗示もあるので、当分は言動・行動に注意が必要です。

なお、この夢占いには別の意味もあります。人によっては現実で人間関係のトラブルが発生し、それに悩まされている暗示と解釈されます。

夢占い好きだった人の意味6:初恋の人

昔好きだった人の中でも、初恋の相手というのは特別な存在ではないでしょうか。初恋の人が出てくる夢占いは、初恋の人の状態で意味が異なってきます。恋愛の中でも初恋といえば、多くは子供の頃か若い頃にするものです。相手も夢に出てくる場合は、当時のままの子供か若い頃の姿で出てくる場合もあれば、当時から考えて相応の年を取った姿のどちらかでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク