好きな人に冷める瞬間は?男女別で紹介!

好きな人 冷めた

あんなに好きだったのに冷めるのは一瞬…そのような経験をした人はいませんか。

好きで好きでずっと好きだと思っていたのに…人の気持ちはいつどうなるか分かりません。

一体どのような瞬間に冷めてしまうのでしょうか。

一気に冷めてしまうと再び好きになることはほとんどありません。

その先は別れることばかりが頭の中を駆け巡ります。

ですがもし冷めてしまう理由が分かれば回避できるかもしれません。

恋愛を長続きさせる秘訣はいかに相手を思い続けていけるかがネックになってきます。

今回はそんな好きな人に冷める瞬間を男女別に紹介していきます。

ぜひ恋愛をうまく長く続けさせていけるように参考にしてみてください。

女性が好きな人に冷める瞬間

好きな人 冷めた

女性は意外と好きな人に冷める瞬間が顕著かもしれません。

冷める瞬間はそれまではぜんぜん気にしていなかったのに、ある日突然好きな人の嫌なところがピンポイントで入ってくることで急激に心が冷めていきます。

ではここではそんな女性が冷める瞬間を取り上げていきます。

自分に当てはまることがあるかぜひチェックしてみてください。

好きな人のマナーが悪かったときに冷める

好きな人 冷めた

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人のマナーが悪かったときに冷めるということが挙げられます。

やはりマナーに対しては多くの人がシビアに捉えることが多いことでしょう。

特に食事のマナーが悪いと一気に好きな人に対する気持ちが冷めてしまうことがあります。

食事は育ってきた環境によって身に付くことが多いため食事のマナーを見ただけでその人の育ちが分かってしまいます。

例えば食べるときに音を立てて食べたり、箸の持ち方、テーブルに肘を付いて食べたり、好き嫌いが多いなど自分のマナーと大きくズレているのを感じるとげんなりしてきてしまうことでしょう。

またマナーは食事だけとは限りません。

公共の場でのマナーの悪さが目立つと他人にどう思われるか恥ずかしさがこみ上げてきて、一気に好きな人に対する気持ちが冷めていくことは間違いありません。

注意しようにも相手との価値観を感じる瞬間でもあります。

ある程度のマナーはわきまえるべきですが、人によってはマナーに対する認識が違うことがあるためとても難しいことかもしれません。

好きな人が付き合った途端に上から目線になったときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が付き合った途端に上から目線になったときに冷めるということが挙げられます。

男性の中には付き合った途端に上から目線になる人がいます。

付き合う前はそのようなことはなく、常に同等で逆にあなたをあなたの気持ちを持ち上げることをしてくれていたはずです。

それが付き合った途端、自分のものになったと感じた瞬間に彼女を見下すようになるなっていきます。

それは自分が優位に立ちたいという気持ちがありますし、なんでも言うことを聞いて欲しいという心理があります。

その心理には束縛ということも含まれており、あなたを縛りつけることで自分から逃げていかないようにコントロールしようとしているのです。

あなたを好きだからこその心理ではあるのですが、女性にとっては甚だ迷惑であり、引いてしまうことでしょう。

好きな人が店員に対する当たりがキツイときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が店員に対する当たりがキツイときに冷めるということが挙げられます。

勘違いしている人の中にはお店の店員を見下し、キツイ態度を取る人がいます。

それは男女ともにいますが、特に男性の中には一緒にいる彼女にいいところを見せようとして店員に対する当たりがキツイ人がいます。

キツイ態度というよりも偉そうな態度と言うほうが正しいかもしれません。

店員さんは客からは立場が弱い存在です。

たとえ店員さんとは言え人に対する態度はその人の本性が現れます。

自分よりも立場が弱い人に対してキツイ態度を取るのは見栄を張っているということもあります。

見栄を張る人というのは実は劣等感の塊でもあるのです。

それに気づかないでいる彼はとても器が小さな人と言えるかもしれません。

そのうち店員さんに対する態度はあなたに対しても同じような態度を取るようになることでしょう。

人はそうそう変わることはありません。

ぜひ彼の性格を見極めるポイントとしてみてください。

スポンサーリンク



好きな人が女性をモノ扱いするときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が女性をモノ扱いするときに冷めるということが挙げられます。

男性の中には女性をモノ扱いにする人がいます。

そのような男性が居ないことを願いたいものですが、女性を自分の欲を満たすだけの相手と感じていたり、自分のステータスとして女性と付き合っている男性もいます。

女性をモノ扱いをする男性は自分のことしか考えていません。

またこうした男性はとてもプライドが高いので付き合う女性にとってはどんどん肩身が狭くなっていくことでしょう。

女性は彼から大切にして欲しいという気持ちがあるので、モノ扱いをするような男性はどんどん加速して気持ちが冷えていくことは間違いありません。

彼女の気持ちが完全に冷えてしまう前に男性には彼女を大切にする気持ちを持って欲しいものです。

好きな人の体臭が気になるときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人の体臭が気になるときに冷めるということが挙げられます。

女性が彼に対して意外と敏感に感じてしまうのが臭いです。

臭いと言ってもいろいろとありますが、一番顕著なのが体臭でしょう。

例えば香水などは付けなければきついニオイは防げます。

お風呂に入っていなければお風呂に入ることで臭いニオイは消すことができます。

ですが体臭はそうはいきません。

こまめにお風呂に入っていればある程度の体臭は抑えることができるかもしれません。

体臭は遺伝子レベルの問題へと繋がってしまうわけです。

女性の中には彼の体臭が好きだという人もいます。

つまり体臭にも相性があると言えます。

そんな体臭が気になり出したら、彼女も一緒にできるようになるとカップルとして長続きすることにつながります。

体臭が嫌で冷めてしまうのはとても悲しいことです。

2人で解決できるようなことはぜひ乗り越えていけるようにしましょう。

好きな人の束縛が激しいときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人の束縛が激しいときに冷めるとうことが挙げられます。

LINEやメッセージの返信が遅いと怒られたり、誰かと遊ぶ予定があっても逐一報告させられたり、誰と行くのかどこへ行くのかいつも聞かれたり、何かと束縛してくる彼にはある日突然冷めるかもしれません。

最初こそは彼の愛情を感じて束縛されていても嬉しく感じていたものが、ある日ドン引きするときがやってくることでしょう。

そんな彼の束縛に次第に嘘をついて遊びに行くようになったり、家族や友達に協力してもらって彼からの束縛から逃れることを考えるようになることもあるのではないでしょうか。

あまりの束縛にだんだんと疲れてきますし、そこには愛情が無いことに気付いていきます。

男性の中には愛情と束縛を履き違える人がいるので、あまり彼女に束縛を押し付けるようなことはしないようにしていきましょう。

スポンサーリンク



好きな人に常識がなかったときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人に常識がなかったときに冷めるということが挙げられます。

女性は特に常識やモラルのない人に対して敏感になることがあります。

時事問題に関してはもちろんですが、社会一般のことに対して常識がないと一気に冷めてしまうことがあるかもしれません。

例えば赤信号を無視して歩いて行ったり、たばこを平気でポイ捨てするなど、モラルの低さはとても引いてしまう行為です。

このような男性は自分がルールだとどこか思っている人がいます。

ですが自分は常識的だと思っていることは世間から見ると非常識と言わざるを得ません。

あまりに世間一般の常識が無い人は社会の中に溶け込んでいくことができなくなっていきます。

ある程度の社会常識は常に身に付け、その上で彼女との関係性も良くしていけるようにすることが大切なことかもしれません。

好きな人から連絡がなかったときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人から連絡がなかったときに冷めるということが挙げられます。

連絡がないというのは約束をしていたにも関わらずすっぽかされたされたり、何かしらの連絡待ちなのに一向に連絡をしてこないなど、約束を守らない態度に次第に冷めていくかもしれません。

約束を守らないということは信頼関係が崩れる可能性がとても大きいです。

つまり相手が期待をして待っているのに期待を裏切られるということは信頼を失うきっかけとなることでしょう。

彼女にとっては彼からの連絡はいつも待っている状態です。

いつ連絡が来てもいいようにスマホを常に肌身離さず持ち歩くほど彼からの連絡は大切なことなのです。

そんな彼女の気持ちも考えず連絡をしてこない彼の態度には次第に冷めていくことになっていくかもしれません。

男性は彼女が待ってくれているということを常に念頭に置いて、彼女の気持ちを裏切らないように心がけましょう。

好きな人が他の女性とイチャイチャしているとき

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が他の女性とイチャイチャしているときが挙げられます。

もし彼が他の女性と話をしているだけでも強いジェラシーを抱く人もいるのに、さらにイチャイチャしているのを見ることは何よりも辛いことです。

彼がフレンドリーだと理解できるうちは彼女お寛容でいることができますが、イチャイチャがさらにエスカレートしていく可能性も否めません。

かと言って彼を束縛することも好まない女性にとってはジェラシーを感じることより、気持ちが冷めていく人がいます。

つまり強いジェラシーは度を超すと激しい怒りとなっていくことがあるのです。

激しい怒りに変化すると彼に対する憎悪が芽生えることになります。

ただまだ憎悪が芽生える状態のときは彼が気持ちを入れ替えることで収まることができます。

もし憎悪より先に行ったとき、もう彼女が彼に何も求める気持ちはなくなっていきます。

要するに彼への気持ちが一気に冷めるということだということです。

男性はまだ彼女にジェラシーを感じてもらっているうちが幸せなのだと肝に銘じておきましょう。

好きな人から大事にされていないと感じたときに冷める

女性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人から大事にされていないと感じた時に冷めるということが挙げられます。

男性は彼女が自分のものになった瞬間に彼女に対して努力することを止めてしまう人がいます。

これは彼女が自分のものになるまでは必死に彼女を大事にしようとする気持ちをアピールするのですが、いざ自分のものになってしまうと大事にする気持ちなどどこかへ行ってしまうことがあるのです。

当然付き合ってからが2人にとって大切な時間であるはずですが、彼が自分勝手であったり、彼からの愛情を感じられなくなると気持ちは冷めてしまうかもしれません。

自分の方へ向いてくれていない彼といても彼女は幸せではないのです。

女性は幸せにして欲しい気持ちが常にあります。

付き合う前はあれほど幸せな時間を過ごし、付き合っても幸せにしてくれると思っていたのに、いざ付き合ってみるとまったく自分を見てくれないどころか大事にすらしてくれない、と感じたとき彼から気持ちが離れていくことは間違いありません。

ですが男性は大事にしていないのではなくお互いを尊重することを優先する人が多いのです。

彼女と程よい距離感で過ごして行くほうがうまく行くと思っていることもあります。

男女の関係性は思い違いをしている場合が多いので、女性は大事にされてないと感じたときは彼と向き合っていくこともしていきましょう。

いい感じの雰囲気なのにいつまでも告白されないとき

女性が好きな人に冷める瞬間として、いい感じの雰囲気なのにいつまでも告白されないときが挙げられます。

せっかく付き合う前で「もうこれは付き合ってるでしょっ」と自分自身でも周囲も完全に思っているのになかなか彼から告白されずにいることはヤキモキしてしまいます。

もしかするともうすでに彼は付き合っている気持ちでいるのかも?そう疑ってしまうかもしれません。

彼からの告白のはっきりした言葉がないのに、彼女気取りすることはできませんし、どうしてよいのかも分からなくなることでしょう。

思い切って「私たち、付き合っているんだよね?」と聞いてみるのも良いかもしれませんが、せっかくなので彼からはっきり言って欲しいものです。

でも時間だけが過ぎていき、彼女の気持ちも次第に冷めていくことは目に見えています。

男性は女性が分かっているであろう、という前提で接することがあります。

つまり付き合っているのは彼女は理解してくれていると勘違いをしてはっきり告白しないケースも多いのです。

ですがやはり女性ははっきりとした言葉が欲しいもの。

いくらいい雰囲気であって心の中で付き合っている気分であっても、男性ははっきりと彼女に告白をしてあげましょう。

男性が好きな人に冷める瞬間

ここでは男性側の立場に立って好きな人に冷める瞬間を紹介していきます。

彼との恋愛が長続きできるように女性は大いに参考にして男性の気持ちを理解できるようにしてみてください。

好きな人が女性らしくないガサツな面を見たとき

男性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が女性らしくないがさつな面を見たときが挙げられます。

男性はガサツな女性が苦手な人が多いです。

例えば自分の前ではとても丁寧で綺麗にしてすべてにおいて良いイメージがあるにも関わらず、部屋が汚かったり、綺麗にしているのは表面的なことだけで自分のイメージが大きく違ったときは一気に冷めていくかもしれません。

また人の悪口を言っているのを見ると一瞬で嫌になることもあるのです。

もちろん人には性格があるものですが、裏表が激しいなどの一面を見るとそれだけで彼女に対する気持ちが冷めていきます。

特に人の悪口やバカにするような言葉を言う女性は男性は不快に感じます。

確かに女性はストレスを発散する目的で文句を言ったり、つい悪態が口から出てしまう人もいます。

男性はガサツな女性が苦手であるのは、悪いイメージを感じるのもそうですが、適当感があると自分も適当にあしらわれるのではないかと思ってしまうこともあります。

ガサツは性格的なものもあるので無理に性格を変えていくことは難しいですが、女性はぜひガサツを前面に出すようなことはしないように気を付けるべきでしょう。

好きな人が金目当てで近づいてきているのではないかと感じたとき

男性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人が金目当てで近づいてきているのではないかと感じたときが挙げられます。

女性の中には男性をステータスの高さで選ぶ人がいます。

ステータスの高さは職業や収入の高さに反映されることが多く、そういうブランドのような男性を選ぶ女性がいるのは確かです。

そういうことに敏感な男性はいるのです。

彼女の誕生日のプレゼントで高いものをねだられたり、いつも食事の会計は彼持ち。

別にお金に困っているわけではないけれどいつも食事のお礼すらしない彼女に対していつしか金目当てで付き合ているのでは?と彼は疑心暗鬼になっていくかもしれません。

だんだんそのようなことが続くと彼は彼女に対して冷めていくことになります。

女性はもし男性が支払いをいつもしてくれたときには必ずお礼を忘れないこと、そして彼が女性にお金を出せない人であったならば、お返しにプレゼントをするなど思いやることをしてみましょう。

そうすることで恋愛は長く続けていけるようになります。

好きな人と付き合う前に体の関係を持ったとき

男性が好きな人に冷める瞬間として、好きな人と付き合う前に体の関係を持ったときが挙げられます。

好きであれば付き合う前であっても体の関係を持つことはごく自然なこと、そう思っている女性はいませんか。

もちろんお互い合意のもとで体の関係になることはありますが、男性はそうしたことにこだわる人もいます。

つまり付き合ってもいない男性に簡単に体を許してしまう女性なのではないか、と疑ってしまう男性がいるのです。

男性は一度相手に疑う気持ちを持つとどんどん引いていく傾向があります。

男性の中には体の関係だけが先行する人もいますが、きちんと付き合ってその先も考えている男性にとっては付き合う前に体の関係を持ってしまう女性はどこか冷めて目で見てしまう人もいます。

ただ女性にとっては好きな男性に体の関係を求められると告白と同等に考える人がいるので、男女の体の関係に対する思いの相違は少しずれているかもしれません。

とは言っても女性はもし付き合う前に彼から体の関係を求められたら、きちんとした彼の告白の言葉を求めることが賢明だと言えるでしょう。

女性は奢ってもらうのが当然のような態度をされたとき

男性が好きな人に冷める瞬間として、女性は奢ってもらうのが当然のような態度をされたときが挙げられます。

食事やデートなどで割り勘か奢るか、という意外とシビアな問題があります。

最近では女性は割り勘派が非常に多く、その理由として男性から奢られると同等ではなくなる、何か見返りを求められる、などいろいろな考えを持って割り勘を選ぶ人が増えているのです。

ですがそれでも女性の奢られ上手な人はまだまだ健在です。

当然割り勘と思う人と、男性が奢るのが当たり前と考える女性は多くいます。

男性が奢って当たり前と考える女性は男性に対して求めるものが多く、むしろ男性から割り勘を告げられたり、少しでも出してくれるように言われると引いてしまう女性はいます。

逆にそんな女性にドン引きしてしまう男性も当然います。

いつもいつも男性がデート代や食事代を出して女性はお礼すらしない、そんな状況では好意のある女性でも冷めていくことは目に見えています。

女性は今回奢ってもらったら、次回は自分が払うなどデートを気兼ねなくできる状態にすることが大切です。

奢ってもらうのは当然、という考えは今の時代には合っていないかもしれません。

好きな人から男として見られていないのを感じたとき冷める

男性が好きな人に冷める瞬間として、好きな男性から男として見られていないのを感じたときに冷めるということが挙げられます。

どんなに仲が良くて女性に対して好意を抱いていた男性がそろそろ告白しようとしていた矢先・・・彼女の気持ちが自分には向いていなかったとき彼女への思いは冷めるのと同時に悲しくなるかもしれません。

彼女の思わせぶりな態度でどんどん好きになっていき、実は男として見られていなかったと分かった瞬間、気持ちが引いていくのと彼女が好きだと思った気持ちが恥ずかしくなっていくことでしょう。

女性は男性から良く見られたい思いがあります。

もちろん良く見られたいのは人として好きな相手だからです。

また男女の友情は成立すると思っている女性だった場合、こうした感覚のずれが生じていくことになります。

男性はこうした悲しい気持ちにならないように好意ある女性を見極める力を備えることも必要なのかもしれません。

スポンサーリンク



相手に興味がなくなってきたときに冷める

男性が好きな人に冷める瞬間として、相手に興味がなくなってきたときに冷めるということが挙げられます。

これは顕著な冷める瞬間と言えるかもしれません。

男女の関係は常に気になる存在同士でなければならず、それが空気のような存在になってしまうと一気に相手に対して興味がなくなっていきます。

つまりたとえ喧嘩を毎日のようにしていたり、相手の心に触れるような存在で居続けることが恋愛を長続きさせるポイントとなるわけです。

それが喧嘩することが面倒になったり、彼女の相手は自分ではなくてもいいんだ、と思った瞬間に冷めていくことになることは必然です。

恋愛はいつも刺激し合える存在にならなければ続いてはいきません。

いかに相手の気持ちを自分に惹きつけていけるかが女性にとって課題となることでしょう。

また男性も彼女ばかりに負担を負わせず、お互いに刺激できるように努力していくことが恋愛の秘訣となっていくことを忘れないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当然恋愛はどちらか一方の気持ちだけではなく、お互いの気持ちが通い合わなければ長続きはしません。

それがどちらかの気持ちが通じ合わせることを止めたとき、それが冷める瞬間です。

ただ通じ合わせることを止めることになるのは新たな恋愛の予感がするに他なりません。

恋愛が長続きできるのは成り行きでしかありませんが、あくまでもお互いにお互いの気持ちを惹きつける努力をしていくことは必要かもしれません。

どちらかの気持ちだけでは恋愛は長続きできないことを頭に置いてこれからの恋愛を冷めないようにしていきましょう。

【関連記事】

好きな人の気持ちを知りたい!見極めるポイントやサイン・知る方法は?

好きな人にむかつく理由や原因や対処法は?

好きな人がモテる男!心理や本命の彼女になる方法は?

好きな人と連絡するときのポイント!脈ありサインは?

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク