疎まれる人の特徴!

疎まれる人

なんとなく周りの人から距離を置かれたり、避けられたりしてしまう「疎まれる人」。

嫌われる人と似ているのですが、嫌われる人はあからさまにみんなから避けられるのに対し、疎まれる人は少しずつ距離を置かれていく、という違いがあります。

はっきりと嫌いとまでいかなくても、「迷惑だな」「関わりたくないな」と思われてしまうのが、疎まれる人なのだといえるでしょう。

あなたの周りにも、疎ましいな‥と感じてしまっている人がいるのではないでしょうか。

もしくは、気づいていないだけで、あなた自身が周りの人から疎ましいと思われてしまっている可能性も否定はできません。

ここでは、疎まれる人の特徴について徹底的に紹介しますので、自分に当てはまるものがないか、よくチェックしてみてくださいね。

疎まれる人の特徴

疎まれる人

では早速、疎まれる人の特徴について見ていきたいと思います。

冒頭でも触れたように、疎まれる人は、はっきり嫌いとは言われなくても、ちょっとめんどくさいな、できることなら関わりたくないなと思われてしまう人のこと。

一体、どんな特徴があると、周りから疎まれる人になってしまうのでしょうか。

疎まれる人に共通する特徴は、こちらです。

1,疎まれる人はよく首を突っ込む

疎まれる人

疎まれる人の特徴には、疎まれる人はよく首を突っ込むことが挙げられます。

自分とは無関係であっても、会話が耳に入ればすかさず首を突っ込んでくるでしょう。

たとえば誰かが好きな人の話をしていたとき、疎まれる人本人は関係ないのに、いつの間にか会話に参加しているのです。

そうして「私だったら‥」と自分の話を便乗し始めてしまい、話の流れをややこしくしてしまうことも。

それだけではなく、無関係であるにも関わらず、余計なアドバイスをして優越感に浸っていることもあるので、厄介としか言いようがありません。

疎まれる人は、いつでも自分が話の中心でいたいという気持ちがあるため、他人の会話に強引に首を突っ込み、話の腰を折ってしまうわけです。

さらに、無関係であっても首を突っ込んできますから、自分とはあまり関係ないグループや誘われていないイベントなどにも、無理やり参加してくることもあるでしょう。

「私も行っていい?」と面と向かって言われたら、ダメとは言いづらいですよね。

こんなことが続けば、ウザいから距離を置こうと思われてしまうのも、仕方ないかもしれません。

2,疎まれる人は頼んでもいないのに世話を焼く

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は頼んでもいないのに世話を焼くことが挙げられます。

疎まれる人は、「自分は何でもできる」と思っていることが多いもの。

また、「私が世話を焼いたからこの場がうまく回ったんだ」と図々しく思っていることもあるので、困ったものですね。

疎まれる人というのは、頼んでもいないのに勝手に世話を焼いているにも関わらず、恩着せがましいところもあります。

「自分のおかげでうまくいったんだから、私に感謝して!」と思っているため、お礼がないと急に不機嫌になったり、怒り出すこともあるでしょう。

勝手に焼いた世話やアドバイスが的を射ているのならまだしも、疎まれる人の世話の焼き方は、大抵が的はずれなものばかり。

だからといって、「余計なことしないで」なんて言っておせっかいを断ろうものなら、泣いたり怒ったりするので、余計にめんどくさいことになりかねません。

3,疎まれる人は物事を否定的に考える

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は物事を否定的に考えることが挙げられます。

疎まれる人というのは、人の言動や仕草など、何でもかんでも否定的に考えてしまう癖があります。

たとえば、職場で「○○さんは完璧に仕事をこなして凄いね!」と話題になったとしましょう。

こういうとき、疎まれる人は素直に「○○さんは凄い」と言うことができません。

「運が良かっただけでしょ」

「どうせ何もしてないくせに」

なんて、否定的なことばかり言うのです。

人の努力や頑張り、凄さなどを素直に認められないというのは、なんとも悲しいものですね。

4,疎まれる人は人の悪い面ばかり見る

疎まれる人の特徴は、疎まれる人は人の悪い面ばかり見ることが挙げられます。

人は、どうしても良いところよりも悪いところの方が目についてしまいがち。

それは仕方がないことなのですが、わざわざ人のあら探しをしたり、悪いところをからかったりはしませんよね?

しかし疎まれる人は、わざとあら探しをしたり、人前でその人の悪いところを指摘したりするのです。

あえて悪いところに注目して、ここぞとばかりに攻撃するとしたら、それは疎まれてしまっても仕方がありませんね。

スポンサーリンク



5,疎まれる人は実績もないのに自信過剰・上から目線

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は実績もないのに自信過剰、上から目線であることが挙げられます。

疎まれる人というのは、根拠のない自信を持っています。

どこからそんな自信が出てくるの?と周りが思ってしまうほど、疎まれる人は自分のことを凄いと思っていることも少なくありません。

自分にあり得ないほどの自信があるからこそ、自分のことを褒めてくれない人に対しては冷たく振る舞うこともあるでしょう。

それだけではなく、疎まれる人は自分のせいで失敗したとしても、決して自分の非を認めることがありません。

「私にやらせて!」とでしゃばったにも関わらず失敗したとしても、です。

見苦しい言い訳をしたり、他の人や環境のせいにしたりなど、態度を改めることはありません。

また、疎まれる人は自分のことを凄いと思っていますから、必然的に「周りの人は自分よりも下」だと思っています。

それゆえ、話すときに上から目線になりがち。

態度が偉そうであったり、人を見下した発言をするので、周りが不快に感じてしまいます。

6,疎まれる人は自己主張しない

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は自己主張しないことが挙げられます。

自己主張しない人というのは、人に合わせることができる人。

いわゆる争いを好まない、平和主義な人ですね。

自己主張が強すぎる人も問題ですが、自己主張がまったくないというのも考えもの。

明日はどこに行く?、何を食べる?なんてことを決めるときにも、いつでも「なんでもいいよ」と言われていたのでは、段々と腹が立ってきてしまいますよね。

なんでもいいと言われたら、自分ですべて決めなくてはなりません。

一緒に話し合って決めたい、一緒に楽しみたいと考えているのだとしたら、自己主張がなくて「なんでもいい」としか言わない人は、付き合いにくいと感じてしまうのでしょう。

最初のうちは「自分の好きなことができてラッキー」と思っていたとしても、徐々に自分とは合わない、嫌だなと思うようになるのです。

スポンサーリンク



7,疎まれる人はいい人すぎる

疎まれる人の特徴には、疎まれる人はいい人すぎることが挙げられます。

本当に性格がいいだけなので、このケースでは疎まれる人に落ち度はありません。

それなのになぜ、疎まれてしまうのでしょうか。

それはずばり、極端にいい人すぎるから。

人は、いい人すぎる人も、悪すぎる人も両方合わないと感じてしまうことが多いです。

どういうことかというと、世の中の大半の人は、様々な経験をしてきた結果、「特別いい人でもなければ、特別悪い人でもない」のです。

半々であることが多いので、いい人すぎる人がいると、まるで「自分が悪い人のよう」「自分の心が汚いよう」に感じてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、いい人すぎる人とは距離を置きたいと思うようになり、疎ましいと思ってしまうようになるのです。

8,疎まれる人は愚痴が多い

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は愚痴が多いことが挙げられます。

人は、誰しも多少の愚痴をいうことはあるもの。

特に女子会など女性ばかりが集まると、愚痴大会になることも少なくありませんよね。

誰もが一度は言ったことがあるであろう愚痴ですが、愚痴は言う方はすっきりしますが、聞く方はあまり良い気分にはなりません。

それを分かっているから、延々と愚痴を言うことなどないわけです。

愚痴をずっと聞いていると、ストレスが溜まりますからね。

しかしながら、疎まれる人というのは愚痴を聞く方の気持ちなど考えないため、延々と愚痴を言い続けるのです。

話題をそらそうとしても、すかさず愚痴に戻してしまうので、一緒にいても時間の無駄だと思ってしまいます。

9,疎まれる人は一緒にいると疲れる

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は一緒にいると疲れることが挙げられます。

一緒にいても全く苦ではなく、何時間でも一緒にいられるという人もいれば、たかが1時間でも一緒にいるのが辛いという人もいますよね。

相手が気を使う人であったり、振り回されたりするタイプであるなら、一緒にいたくないと感じるのも無理はありません。

人にはフィーリングの合う合わないがありますが、まさに「自分とは合わない」のがこのパターンでしょう。

お互いにそう感じているのなら、自然とどちらからともなく距離ができてくるものですが、疎まれる人は「一緒にいて相手が疲れている」ことに気づいていません。

自覚がないとは厄介なもので、そのためなぜ自分が避けられるのか、疎ましいと思われているのかも分からないのです。

スポンサーリンク



10,疎まれる人は時間に超ルーズ

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は時間に超ルーズなことが挙げられます。

時間にルーズな人というのはいますが、あからさまに疎まれてしまうのは時間に「超」ルーズな人。

ルーズな人が10分程度遅刻してくるとしたら、超ルーズな人は数時間から半日近く遅刻してくることも珍しくはありません。

遅刻をする時点で常識に欠けていると思われてしまいますが、誰でもたまになら遅刻をするのも仕方がないと、相手も分かってくれることでしょう。

日常的に時間に超ルーズであると、相手の信頼を失うだけではなく、今後の付き合いにも影響を及ぼしかねません。

遅刻してきても当たり前のように振る舞われたり、その後の謝罪やフォローがないとしたら、一緒にいてもイライラするだけですね。

これでは、疎ましいと思われても仕方がありません。

11,疎まれる人は金銭感覚がめちゃくちゃ

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は金銭感覚がめちゃくちゃであることが挙げられます。

金銭感覚というのは生活に直結する部分でもあるため、感覚の近い人同士で自然と集まるようになります。

金銭感覚が違いすぎると、段々と距離ができてくるものですよね。

たとえば、毎日ランチに5,000円も払える人など、そうそういるものではありません。

もしもここまで裕福でリッチな人がいたのなら、妬みから疎まれてしまうことでしょう。

またはその逆で、ケチすぎる人やお金にシビアすぎる人も疎まれてしまいがち。

みんなでランチに行ったのに何も頼まなかったり、毎回1円単位で割り勘を求められたりしたのでは、ちょっと憂鬱ですよね?

これでは場の空気が悪くなる‥という理由から、次からは声をかけてもらえなくなることは目に見えています。

世間一般が「普通」と思う金銭感覚から、あまりにもかけ離れすぎていたりすると、「自分とは住む世界が違うようだ」と思われ、結果として疎まれてしまうのです。

スポンサーリンク



12,疎まれる人は不潔

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は不潔なことが挙げられます。

見た目というのは、私たちが考えている以上に重要なもの。

あからさまに不潔な人には、近づきたくないと思いますからね。

それは当たり前の感覚ですから、仕方がありません。

たとえば毎日お風呂に入らない、髪を洗わない、洗濯をしない、着替えをしない、歯を磨かない‥なんて生活をしているとしたら、どうでしょう。

これでは体臭もきつくなりますし、口臭もするようになります。

髪の毛や肌は脂でベタベタしていますし、フケもあるかもしれません。

そんな人のそばには近寄りたくありませんから、疎まれるのも当然でしょう。

疎まれてしまう理由は必ずしもその人本人にあるとは限りませんが、このケースでは間違いなく本人に原因があります。

ただし、災害時などの非常時であるのなら、たとえ見た目が不潔であっても話は別。

この場合は、やむを得ず不潔な状態になってしまっているのであって、好きでお風呂に入らないわけではありませんよね。

ここでいう不潔は、あくまでも「自分の意思で」不潔にしている場合に限ります。

13,疎まれる人は不愛想

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は無愛想なことが挙げられます。

あなたの周りにも、無愛想な人っていませんか?

怒っているのか不機嫌なのか分からず、思わず周りが「何かあった?」と気を使ってしまうような人。

話しかけても表情が変わらず笑顔がなかったり、返事がぶっきらぼうに一言だけだったりすると、一緒にいる人はあまり良い気分ではないですよね。

むしろ不愉快に感じたり、イライラしてしまうこともあるかもしれません。

気を使うだけでなく、フォローが必要になってしまったり、自分が理不尽にその人の面倒を見るはめになるかもしれません。

人は、誰でも面倒ごとには関わりたくないというのが本音でしょうし、面倒なことになることが分かっている人とは付き合いたくないと思うもの。

そんな理由から、無愛想な人は疎まれてしまうのです。

スポンサーリンク



14,疎まれる人は自分中心

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は自分中心であることが挙げられます。

人は、誰でも自分中心なところがあるもの。

自分が辛いときや余裕がないときまで、自分を犠牲にして誰かのために行動しろ、とは言いません。

しかしながら、集団生活を送る上では、いつもいつも自分中心というわけにはいきませんよね。

時には他人を優先することが必要ですし、場合によっては自分よりも弱い立場の人に優しくするべきときもあるでしょう。

お年寄りや妊婦さんに電車やバスの席を譲る、なんてケースがそうですね。

疎まれる人は、どんな場面であっても自分を第一に考えます。

何よりも自分が優先であり、自分のためなら他人がどうなろうとかまわない、と思っていることもあるでしょう。

そのためお年寄りや障がい者、子供などの弱者に優しくできなかったり、周りの人と協力する、なんてことができません。

周りの人を蹴落としてでも、自分が勝ち上がることだけを考えているのです。

こんな自分勝手な人は、疎まれるのは当たり前ですよね。

人に優しくできない人は人からも優しくされないものですが、疎まれる人は自分が困っているときは平気で人の助けを借りようとするので、余計に疎ましく思われてしまうのです。

15,疎まれる人は人との距離が測れない

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は人との距離が測れないことが挙げられます。

人は、誰でも「パーソナルスペース」を持っています。

パーソナルスペースというのは、不快に感じない距離感のこと。

親しい人とは身体が触れるような距離にいても不快にはなりませんが、初対面の人やあまりよく知らない人と身体が触れるような距離にいるのは、不快に感じる人がほとんどでしょう。

もしそういう人がいたのなら、「何、この人‥」と引いてしまうのではないでしょうか。

親しい人と初対面の人とでは、パーソナルスペースが違うのは当たり前なのですが、疎まれる人はこのパーソナルスペースの違いが分かりません。

仲良くないのにぴったりとくっついてきたり、ベタベタとボディタッチをしてきたりすることもあるよう。

よく言えば「人懐っこい性格」ですが、悪く言えば「空気が読めない人」「疎ましい人」というわけです。

そういう人とは一緒にいても不快になるだけですから、徐々に避けるようになるのは当然ですね。

16,疎まれる人は礼儀やマナーがない

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は礼儀やマナーがないことが挙げられます。

特別な礼儀やマナーが身に付いている人は、ごく限られた人だけだと思います。

しかし、ごく当たり前の礼儀やマナーすらもないとしたら、どうでしょう。

たとえば食事のときにクチャクチャと音を立てたり、お茶碗やお皿を持たずに口をつけて食べたり‥。

小さな子供でも、親がしつけとしてきちんと教えているであろうマナーですよね。

こういうレベルの礼儀やマナーすらない人、一般常識がない人と一緒にいるのは、苦痛以外の何物でもありません。

また、「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、当たり前の礼儀やマナーがない人と一緒にいることで、自分も同類と思われてしまうこともあるでしょう。

特別なことではなく、誰もが知ることができないというのは問題ですよね。

・歩きタバコやタバコのポイ捨て

・深夜に外で騒ぐ

・店員に威圧的な態度をとる

こういった迷惑行為をする人も、例外なく疎まれる人といえるでしょう。

スポンサーリンク



17,疎まれる人は嘘つき

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は嘘つきなことが挙げられます。

嘘には、優しい嘘と悪意のある嘘の2種類があります。

前者は相手のためを思ってつく嘘ですが、後者は相手を騙すためであったり、自分が優位に立つための嘘。

優しい嘘の場合は、あとからきちんと説明をすれば相手も分かってくれることがほとんどでしょう。

あくまでも相手のためについた嘘なので、きちんと説明をすれば分かってくれるもの。

しかしながら、悪意のある嘘はそうではありません。

悪意のある嘘は、自分のための嘘ですから、決して許せるものではないのです。

何の意味もない嘘は、つかれたほうは不快でしかありませんよね。

嘘をつく時点で信頼を失う行為ですが、そんな嘘をしょっちゅうついていたり、悪びれる様子がないとすれば、それはそれで問題でしょう。

信頼がなくなれば、今後の人間関係にヒビが入ることは避けられません。

18,疎まれる人はわがままで我慢できない

疎まれる人の特徴には、疎まれる人はわがままで我慢できないことが挙げられます。

疎まれる人は自分中心に物事を考えていますから、何よりも自分が一番でなければ気が済みません。

そのため、ちょっとしたことでも思い通りにならないと嫌で、少しのことも我慢することができないのです。

たとえば、ファーストフード店で注文してから商品が手元に来るまでに5分かかるとしたら、「なんでこんなに待たせるんだ!」と怒ったり。

友人や恋人がサプライズでお祝いをしてくれたときも、「これじゃなくて○○が良かった。サプライズより、一緒に選びたかった」と文句を言ったりするのです。

あらかじめ「約○分待ち」と書いてあっても待てない、レストランの予約をしておいたときは、1分でも過ぎたら許せないなど、疎まれる人は本当に我慢ができません。

疎まれる人は自分は他人を振り回しても何とも思わないのに、自分が他人に振り回されるのは嫌という、かなりわがままな性格をしています。

19,疎まれる人は被害妄想が激しい

疎まれる人の特徴には、疎まれる人は被害妄想が激しいことが挙げられます。

誰かが何か言おうものなら、すぐに自分と関連付けてネガティブな考えをしてしまいます。

あらぬ妄想をして、どんどんネガティブに陥っているのだといえるでしょう。

たとえば女性が集まって噂話をしていれば、「私のことを噂しているのかも」と思ったり、笑い声が聞こえれば「自分のことを笑っている」と思ったり。

「○○さんって仕事ができて美人で、憧れるよね」と他の人の話をしていたら、「それって、私のことは仕事もできないブスってこと?」なんて思ったりするのです。

こういう被害妄想をしていることは、態度などで相手に伝わりますから、周りの人が「めんどくさい」「関わりたくない」と思ってしまうのも無理はないでしょう。

まとめ

疎まれる人の特徴について、お話ししました。

いかがでしたか?

疎まれる人は、その人自身に原因がない(いい人すぎる、など)こともありますが、何かしらの原因があることがほとんど。

他人から疎まれてしまうと徐々に距離を置かれてしまい、気がついたら一人だった、なんてことにもなりかねません。

そんなことにならないよう、疎まれる人の特徴をしっかりと理解し、そういう人にはならないように気をつけていきましょう。

【関連記事】

最低な男の特徴・行動は?好きになる理由・見分け方・別れ方

陰湿な人の特徴!上手に付き合う方法や対処法は?

感情がない人の特徴!原因は?

豆腐メンタルな人の特徴!克服するためには?

仕事しない人の心理や特徴!対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク