優男の特徴!外見・損をする理由・モテる&モテない人の違いは? 

最近は優男が人気があるって知っていますか? 男らしい男よりも、優しい男の方が評価される時代なのです。

今回は、そんな優男の特徴や性格などについて突っ込んで考えてみたいと思います。

優男って何?

優男

さてさて、優男っていったいどんな男たちなのでしょうか? 一言で優男と言っても、さまざまなタイプの優男がいます。

優男の読み方

優男

「優男」は、「やさおとこ」と読みます。「やさお」では、ありません。略して「やさお」と呼ぶ人もいますが、正確には「やさおとこ」が正解です。

もしかすると「優男」と書いて、「まさお」と読ませる名前の男の人もいるかもしれません。そんな名前だったら、つい性格も「やさおとこ」なのかな?って想像してしまいそうですね。

優男の意味

「優男」の意味は、文字通り「優しい男」です。女性に対して、この言葉を使うことはありません。あくまでも男性に対する評価です。難しいのは「優しさ」に対する基準は人それぞれであることです。優しさについて好意的に受け止める人もいますが、「優男」について、ナヨナヨっとしたイメージを持つ人も少なくありません。

優男の特徴

さて、優男にはいったいどんな特徴があるのでしょうか。優男の優しさについて詳しく解説して、優男を大解剖していきますね。

優しい

優男はズバリ、何よりも「優しさ」を大切にする男です。なので、基本的には物腰が柔らかく、簡単に感情を荒ぶらせたりはしません。女性に命令をすることもないでしょう。いつもニコニコして、優しさにあふれた雰囲気を持っています。

優男は聞き上手

優男が具体的にどんな風に優しいのかを見ていきましょう。まず、優男は聞き上手です。自分の主張を押し付けるようなことはしません。ひたすら人の話を、うんうんと適切に相槌を打ちながら聞くことができるタイプです。

優男は怒らない・穏やかで安心できる

聞き上手な優男は、穏やかな性格です。感情のコントロールが上手で、あまり怒ったり、イライラしたりしません。いっしょにいると安心できるという人も多いでしょう。

感情が不安定な人といっしょにいると、周囲も不安になってしまいますよね。その点、優男は安心です。

スポンサーリンク



優男は人に慕われている

穏やかな優男は、人に慕われやすいタイプでもあります。いつも穏やかなので敵を作らず、味方になってくれる人が増えています。簡単に取り乱したり、激昂したりしないため、「自分も優男のようになりたい」と、憧れの対象になることも少なくありません。

優男はいざというときに頼りになる・困っているときに助けてくれる

優男は優しいので、困っている人を放っておけません。そのため、「いざというときに頼りになる存在だ」と周囲から認められることも多いでしょう。

優男には困っている人を助けることに喜びを感じたり、人から頼りにされると嬉しく感じる善人タイプが多いようです。

スポンサーリンク



優男はいつも冷静

優男は感情の起伏が穏やかです。つまり、どんな時でも冷静でいられるという長所があります。口の悪い人とコミュニケーションを取るときも、簡単に挑発には乗りません。少しムカッとするようなことがあっても、冷静に受け流すことができる性格です。

優男は芯がある

優男は優しいだけでなく、自分自身の中に芯を持っています。優しいことが、最も強いことだという価値観こそ、優男の芯です。

ですから、徹底して人に優しくいられるわけです。

優男は何かと気が付きやすい

人に優しくするには、周囲にいる人が何に困っているのか、気が付かないと優しくできません。その点、優男は何かと気が付きやすいという長所もあります。

よく周囲を観察しているので、ちょっとした変化を感じ取って、困っている人がいることを察知します。言葉で「助けて」と言えない人に対しても、その気持ちを感じ取ることができて、なおかつ、優しくケアできるのです。

優男は相手を優先して話をすることができる

優男は、常に相手を優先できるタイプでもあります。

多くの人は自分の話を優先したがるものですが優男は、自分の利益にこだわらないのです。相手をまず優先し、相手の立場に立って物事を考えられるというわけです。

スポンサーリンク



優男は相手を受け入れることができる・尊重できる

優男が常に周囲に優しさを振りまける根底には、「相手を受け入れることができる・尊重できる」という態度があります。基本的に相手を尊重し、否定しません。相手の良いところを見ようとするので、優しくいられるのです。

優男は言葉を考えて選んで使うことができる

優男の優しさは、言葉づかいにも現れます。優男は、人を傷つけるような言葉づかいは避けようとします。なので、かなり言葉を選んで会話をします。

何か厳しいことを指摘するときも、やんわりと、相手が傷つかないように伝えようとしますので、どちらかというと回りくどい印象を与えるときもあるかもしれません。

優男は悩みを聞くのが上手

優男は、人の悩みを聞くのが上手です。相手の立場に立って物事を考えることができるので、相手の悩みに寄り添って話を聞けるからです。

優男に悩みを聞いてもらうと、本当に親身になってもらえている感じがします。だからこそ悩みを打ち明ける方は安心して相談できるのです。

スポンサーリンク



優男はアドバイスが上手

優男は、人の悩みを聞くだけでなく、アドバイスをすることも上手です。相談者の悩みをしっかりと聞くので、悩みの内容をきっちりと理解して、アドバイスができるからです。

しかも、アドバイスの内容が的確なだけでなく、伝え方も上手です。相手が受け入られるような言葉を選びながら、自分の意見を押し付けることなく、謙虚に伝えることができるからです。

優男はときに注意するのが上手

優男は、注意するときも上手です。相手を尊重しつつ、相手が受け入れやすいかたちで注意内容を伝えることができます。

何かを注意するときに、相手の人格まで否定するような厳しい態度は決してとりません。優男は相手の立場に理解を示し、フォローを入れながら、的確に「どこをどうすればいいのか」を伝えるようにします。

優男は褒め上手

多くの優男は、褒め上手な性格です。優しいので、どんどん人を褒めて、人をいい気分にさせたいのです。そうした意味では、サービス精神が旺盛だといえるでしょう。

また、自分をひけらかすことへの欲望や、人よりすぐれていたいという気持ちは低いので、純粋な気持ちで相手を褒めることができます。

スポンサーリンク



優男は純粋な性格

つまるところ優男は純粋な性格なのです。ピュアなのです。世の中の人すべてが、自分のように優しい人たちだという性善説の元に生きているかのようです。

なので、純粋に人に優しくできるわけです。

優男は感受性が豊かだから怒らない

優男は感受性が豊かであるという一面もあります。これは、優男が「怒らない性格」であることに、深く関係しています

感受性が豊かであるということは、自分以外の人の気持ちを感じ取る能力が高いということでもあります。なので、普通の人よりも簡単に他者の立場に立ち、その気持ちに寄り添うことができるというわけです。

優男は傷つかない言い方を考えて発言する

優男は、自分の態度によって、誰かが傷つくことを気にします。なので、常に誰かを傷つけてしまわないように気にしています。発言するときも、誰も傷つけないような言い方を考えて発言するように心がけます。「傷つける」ということに対して、人一倍敏感なのです。

スポンサーリンク



優男は相槌が上手

人に寄り添う力が高い優男は、相槌が上手です。人の話を聞くときは、相手の会話に合わせて、興味を深く持っているような態度を見せますので、話す方はとても良い気分になれます。さらに、優男は自分がすでに知っている話を相手がしている時も、あえて「ああ、それなら知ってるよ」なんで野暮な返答はしません。話を知らないふりをして聞き続けられるという、深い優しさも持ち合わせているでしょう。

優男は誰にでも平等に接する

優男は誰にでも平等に接することを心がけています。贔屓をすることや、相手の立場によって態度を変えることは、優男にとって「悪いこと」だからです。

繰り返しますが、優男は自分の態度によって傷つく人がいることが許せません。さらにその傷つく人が立場の弱い人であるときは、もっと許せない気持ちになります。

優男は空気が読める

優男はよく気がつくタイプであるので、どちらかというと空気が読めるタイプです。その場の空気を読みつつ、場の雰囲気を良くすることを心がけます。

敵対する者同士が集う場所でも、優男の存在によってなんとなく場が和むということも、あるかもしれませんね。

スポンサーリンク



優男は動物に優しい

感受性が豊かな優男は、動物にも心を寄り添うわせることができます。なので、動物にもとっても優しい人が多いのではないでしょうか。

近所に飢えた野良ネコが捨てられていたら、つい拾ってしまったり、餌をあげたりしてしまいます。

優男は常識がある

優男は基本的に常識があるといえるでしょう。場を平和的に保つためには、常識を持った行動が重要だと考えています。

また感情のコントロールが上手なので精神的に大人な部分がありますし、あえて常識を破るような行動はとりません。

優男は感謝の気持ちを現わすことができる

優男は、「ありがとう」という言葉をよく使います。常に、感謝の気持ちを現わすことが習慣になっているタイプも多いでしょう。

優男の根底には「人と人とは支え合って生きている」という考えがあるので、自然に感謝の気持ちを現わすことができるのですね。

スポンサーリンク



優男は自分の周りの人を大切にできる

優男は自分本位ではありません。周囲の人があってこそ、自分は生かされていると感じています。なので、自分の周りの人を大切にしています。

とても謙虚な性格であるといえるでしょう。

優男は感動系の映画で泣く

優男は「感動屋さん」でもあります。人の気持ちに簡単に感情移入してしまうので、感動系の映画を見ると、すぐに泣いてしまうという特徴もあるでしょう。実話ドキュメンタリーなどにも弱い傾向があります。

優男は包容力がある

周囲の人を大切にし、場を平和的に保とうとする優男に対して、包容力があるという印象を持つ人も多いでしょう。実際、優男には包容力があります。それは、さまざまな価値観を認め、受け入れる素地があるので、簡単に物事を否定しないことにも理由がありそうです。

優男は困っている人を助ける

優男の優しさは、困っている人に対して最も向けられます。困っている人がいる時、優男は決して見過ごしません。

例えば電車の中で、妊婦さんやお年寄りに必ず気がつき、自分がいくら疲れていても席を譲ることができる性格です。

優男の外見

ここからは、優男の外見に迫ってみましょう。内面的に多くの優しさを持っている優男は、外見においても人に優しさを与えます。では、優男が好む優しい外見とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

髪型が優男スタイル

まず優男の髪型は、ソフトな印象が多いでしょう。坊主や角刈りなど、刺激の強い、インパクトのある髪型は好みません。

髪型からも、ふんわりとした無造作なヘアで、優しさを演出するのが優男スタイルです。

黒or茶色系の髪形

優男の髪の色は、黒or茶色系の落ち着いたものが多いと言えます。

優男には、金髪などの奇抜な髪色で相手を威嚇したり、個性を主張する必要はありません。

落ち着いた色のファッション

優男のファッションについても、常識的で落ち着いた印象を与えます。

選ぶ服の色は、白、黒、茶、ベージュ、ネイビーなど、地味なものが多いでしょう。

柔らかそうな素材の服装

優男は服装の素材に関しても、ソフトな印象を好みます。キラキラ光る素材や、アニマル柄などで、人に威圧感を与えるような素材は好みません。

ニットや自然素材など、ベーシックなものを選びがちです。

優男が損をする理由

優しい優男には、幸福でいてほしいですよね。しかし困ったことに、優男は優男であることによって損をしてしまうこともあります。

例えば、優男の優しさを悪用するような人もいるわけです。仕事上では怒らないと思って無理難題をいつも押し付けてくる人や、失敗を優男のせいにしたりする人もいるでしょう。恋愛においても、好きな人が友人とかぶった時に友人に譲ってしまうタイプです。

モテる優男の特徴

優男にはモテるタイプと、モテないタイプがいます。

ここでは「モテる優男」の特徴をリストアップしていきます。

行動力がある

モテる優男は優しいだけでなく、行動力があります。

例えば誰かがつまづいて転んだとき、「大丈夫?」と声をかけるだけでなく、急いで消毒をして絆創膏を貼ってあげるなど、行動して、相手にとって本当に嬉しい行動をすることができるのです。

相手のミスを許すことができる

モテる優男は、とても寛容な性格の持ち主です。相手のミスをどんと受け止めて、許すことができます。「人間はミスする生き物」だという前提の上で、ミスをした後にどうカバーし合うかを重要視しています。なので、小さなミスを根に持ったり、怒ったりはしないのです。

女性の変化に気が付くことができる

モテる優男は、女性の変化に気が付きやすいという特徴もあります。髪型や服装の変化はもちろん、体調の変化にも敏感に気がつきます。そして、少しでも体調が悪そうであれば、「大丈夫? 無理してない? 少し休んだら?」と優しく声をかけられるのが、モテる優男です。

損得で行動しない

モテる優男は、損得で行動しません。行動の基準はいかに「人を幸せにするか」ということにあります。自分だけが損するような行動をすることに、価値観を見出せないのです。

心が広い

モテる優男の心は、とても広いといえるでしょう。小さなことにイライラしたり、怒ったりすることは滅多にありません。優男は、たいていこのことは良いように解釈し、前向きで、広い心を持っています。

感情を顔に出さない

モテる優男には、感情を表に出さないという特徴もあります。人間ですから、優男だってイラっとすることはあります。けれど、そのイライラの感情を顔に出さないようにできてこそモテる優男なのです。

モテない優男の特徴

「優男だからモテる」ということはなく、モテない優男もいます。優しさが裏目に出て、周囲を不快にさせるタイプです。

モテない優男にはどのような特徴があるのか見てみましょう。

優柔不断

モテない優男は優柔不断な性格です。優しいからこそ、決断をすることが苦手です。どちらかを取れば、どちらかは捨てなければならないという状況の中で、1つを選ぶことができません。それは優しいようで、かえって周囲を不快にしてしまうことがあります。

責任をとらなくていいように動く

優柔不断なモテない優男にとって、決断を任せられるようなリーダーになることは、最も苦手なことの1つです。責任をとるような立場には、極力立ちたくないと考えています。なので、常に周囲の顔色を伺いながら、責任をとらなくていいように動いているように見えることもあるでしょう。

媚びている

モテない優男は人を褒めることを進んでしますが、それが媚びているように見えることもあります。常にやたらと人を褒めるので、それを本心から言っているのか疑わしく思ってしまう人もいるでしょう。

スポンサーリンク



イエスマン・断れない・いい顔をしてしまう

モテない優男は相手の立場に無条件に寄り添いすぎてしまうが故、つい、いい顔をしてしまいます。具体的には、誘いやすすめを断れないという一面があります。常にイエスマンで、特に主張が強いタイプの人から見ると、まるで自分の意見がないようにうつることもあるでしょう。

押しに弱すぎる

モテない優男は押しに弱すぎるため、自分の意見を貫けません。一度決めたことを、簡単に翻してしまうこともあります。そうした面は、男として頼りなくうつることもあるでしょう。

何事も中途半端になってしまう

モテない優男は何かを成し遂げようとするときに、周囲の意見に耳を傾けすぎてしまう傾向があります。そのため、意見を取り入れすぎて、最初に何をしようとしていたのかが見えなくなり、中途半端になりがちです。

スポンサーリンク



自分の意見がない

モテない優男は自分の意見がないのかもしれません。人のことばかり考えていて、人の意見は何かということにばかり興味があります。

それは意地悪な見方をすれば、自分に意見がないからこそ、簡単に人の意見を受け入れられるということかもしれません。

女性に頼っている

モテない優男は女性を頼りにしています。女性の意見こそ最重要だと捉えていて、女性に嫌われることを極端に恐れています。そのため、強い女性に弱く、時には甘えるようなそぶりを見せることもあります。

ナヨナヨしている

モテない優男には割とナヨナヨしている印象があります。割と中性的なタイプの優男も、モテない優男に分類されます。

モテる優男とモテない優男の違い

モテる優男とモテない優男は、どちらも優しいことは変わらないのに、女性に与える印象が全く違います。いったいどこが違うのでしょうか。

コミュニケーションの違い

モテる優男とモテない優男では、コニュニケーション能力に決定的な違いあります。モテる優男は、人とコミュニケーションをとることが非常に上手です。一方で、モテない優男は優しい気持ちはモテる優男と同様に持っているのですが、それを上手に表現できません。変にオドオドしてしまったり、気を遣いすぎたりしがちです。

人への指摘の仕方の違い

モテる優男とモテない優男では、人への指摘の仕方も決定的に違います。

モテる優男は落ち着いた雰囲気で、相手が受け入れやすいような表現でやんわりと伝えることができます。

ところがモテない優男は、同じようにやんわりと伝えようとするのですが、ナヨナヨしていたりして、何を言っているのかわかりにくく、相手に真意が伝わりにくかったりします。

フォローの仕方の違い

モテる優男とモテない優男では、誰かが失敗した時のフォローの仕方も違います。

モテる優男は適確な行動で、押し付けがましくなく、自然にフォローができます。

一方でモテない優男は、フォローしなければいけないときにフォローしてあげたいと感じていても、適確に行動ができません。周囲であたふたしながら見ているだけになりがちです。

リーダーシップの取り方の違い

モテる優男は、自分から前に出ることはありませんが、気がつくと人の上に立ち、リーダー的な役割を任されていたりします。

モテない優男も同様に自分から前に出ることなく、さらに人から前に押し出されることもなく、あまり目立たなくてもいいポジションで、リーダーシップをとることもなく生きています。

人への協力の仕方の違い

モテる優男は、人への協力の仕方が上手です。目立つことなく、さりげなく、相手にとってベストなかたちで手助けをしようとします。

モテない優男は、協力をしたいという気持ちはあっても、うまく手助けができません。どのようにすれば助けられるのかがわからなかったり、助けるための知恵や技術を持ち合わせていなかったりします。

モテない優男がモテる優男になるために

ここからは、モテない優男がモテる優男になるために必要なポイントをリストアップしていきます。せっかっく素敵な心を持っている優男の皆さんですから、できることならモテないよりも、モテる優男になってほしいと思います。以下の3つのポイントを押さ流ことから始めてみましょう。

自分も人も甘やかさないこと

モテない優男がモテる優男になるために必要な第1のポイントは、【自分も人も甘やかさないこと】です。

優しい優男は、いつでも何でも「まあ、いいか」と許容する範囲を広げがちです。その甘さは、ときどき自分にも向けられます。いつでも自分に厳しくしている必要はありませんが、「うまくできなかったけれど、まあいいか」ということが繰り返されると進歩がないのは事実です。

周囲に対しても「いいよ、いいよ」といい顔ばかりしていると、その場ではいいかもしれませんが、結局周囲が成長のチャンスを失い、本質的なところでは「優しくない」と言えることもあります。

なので、優しさと甘やかしは違うということを、まずは意識しましょう。

自分の言動に責任を持つこと

モテない優男がモテる優男になるために必要な第2のポイントは、【自分の言動に責任を持つこと】です。

モテない優男は、責任を持つことが苦手です。誰かに何かを責められると、必要以上に落ち込んでしまうのです。なので何かを決定するときにいつも「どれでもいい」「おまかせします」と、自分の言動に逃げ道を作りがちです。

しかし、そういった態度は無責任に見えることがあります。モテる優男になるためには自分の言動に責任を持ち、決断が求められる場面では決断する勇気を持つことも必要です。

目配りをする

モテない優男がモテる優男になるために必要な第2のポイントは、【目配りをすること】です。

目配りとは、相手の様子をきちんと見て、観察をすることです。相手が言葉で訴えなくても、表情や様子を見て、相手の立場に立って行動ができるようになれば、モテる優男になれることでしょう。

まとめ

今、世の中の人は皆、肯定されたがっています。だからこそ周囲に優しくて穏やかな優男は、行動力さえあればモテる最強の男になれます。もしかすると、優しさこそ世の中ではもっとも必要とされることの1つだからです。

しかし、優しくても毅然とした態度と行動力が伴わないとモテる優男にはなれません。ただ優しいだけでなく、人から必要とされるモテる優男を目指していけるといいですね。

【関連記事】

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛

優しい人の特徴・心理25選!損をする?優しい人の顔の見分け方・冷たい?

かまってちゃんの特徴・心理!対処法は?

自分勝手な人の特徴・心理24選!付き合い方・原因・直す方法

謙虚な人の特徴14選!&好き・好かれる理由&モテる?モテない?おすすめの仕事は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク