夢占い指輪の夢をみたときの意味!薬指?彼氏?人物・色・大きさ別の解釈を紹介!

指輪の夢は何を暗示しているのでしょうか?

指輪というと、結婚を連想させますが、宝石がついている婚約指輪、ついていない結婚指輪では、意味合いは違ってきます。婚約指輪なら、近いうちにプロポーズされることを、結婚指輪なら、たとえ付き合いはじめでも、また付き合っていなく気になるような人がいるというだけでも、結婚するような縁のあるのを示しているのかもしれません。恋愛運が上昇しているし、関係をさらに一歩踏み込んだものにするのに、いい時期だと考えられます。

夢占いにおける指輪の基本的な意味

ロマンチックな印象のある指輪ですが、首輪が小さくなったような感じもするあたり、相手が自分を束縛するものにも思えます。他の人にたいして、誰かの妻であり旦那であるのを、示す部分もあるから、そういう発想はあながち間違っていないでしょう。また、結婚では神仏の前で、誓いあったり、書類を書く事から、指輪を交換する事が、契約の成立を意味するものに思えます。互いに裏切ったり、不義を働くのは、法律違反ではないとはいえ、契約違反には変わらず、何らかの裁きが罰が与えられるべきだと、互いも思うし、周りも思うでしょう。そう考えると、契約した証である指輪は、幸せを誇示するものでありながら、契約に縛られた、呪われたものでもあるのかもしれません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク